ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

雅子様、お大事に2

2017-05-31 07:00:00 | 皇室報道

 ここまでくるともう誰も信じない・・・・というか、こんなに体が弱いのに皇后陛下になれるのか?って思う。

「体が弱いからといって皇后になれないのは差別です」とか言うのかな。

「体調の波があっても皇后になれる」「公務しなくても祭祀しなくても養蚕ダメでも赤十字大会でなくてもーーー皇后にはなれるっ!」

 

まず。

皇太子のデンマーク行きが決定しました。

しかし、雅子妃は同行しないそうです。

日程とか行事とか色々考えてやめたそうですが、本当にそれだけなの?

だって、今年になってから結構意欲的に公務に励んでいたのは全てデンマーク行きの為じゃなかったっけ?絵画展にまで行って。

なのに、やめた・・・・

スイスに軟禁されているとかいうお父様の事をほじくり返されたり、噂にされたりしたらまずいから?外国のマスコミってかなりやっちゃったもん勝ちで書くからね。

まあ、お出かけの時はにこやかに手なんか振るんでしょうけど。

 

そして「お大事に」の意味は

 5月31日。皇太子夫妻のこどもの日公務が予定されたいた。

 雅子妃は同行せず。

 雅子妃は29日から発熱30日も微熱なので、侍医が東宮御所での治療と静養を勧めた。

散々「こどもの日の公務はどうなった?」と言われ続けてやっと・・・・と思ったら5月の最終日。それも眞子さまのブータン出発にあたりをつけた。

 雅子妃の風邪が長引いているのが真実かどうかは別として、とにかくやりたくない事はやらない雅子さんが復活したという事ですね。

また潜りに潜って、「●●ヶ月ぶり」に顔を出したらマスコミがこぞって「マンセー」って言い出すんだもの。全然同情出来ません。

デンマークも巷で噂の皇太子妃に会えなくて残念・・・じゃなくてほっとしているでしょうね。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

一夜にして女性宮家を検討ーー陛下の願いは政治より重い

2017-05-30 07:00:00 | 皇室報道

 全く、毎日毎日皇室話題はネガティブなものばかり。

一体なんでこうなった?両陛下と東宮夫妻だけがにっこにこで「やったーー!」状態?

ネット見てないの?

こんなに政府の態度が一夜にして変わるというのは、はっきり言って天皇制そのものを理解していない証拠だし、どうでもいいやーーな人が多いのです。

そんなに作りたいなら作ったらいいじゃん」的な話ですよね。

 天皇は125代男系男子でつないできた歴史

 天皇の最重要な仕事は宮中祭祀。ついで国事行為。しかしこれを代行を出来るのは皇太子のみ。

 女性皇族の役割はチャリティや文化部門での活動。プラスしていうなら男系男子と婚姻し、子供を産むことで男系男子を増やす。

これらをふまえると、女性宮家など作っても何の役にも立たない事がわかります。

この「女性宮家」なるものが果たして内親王限定なのか、女王まで入れるのか、そこでまた話が変わります。

三笠宮彬子女王や高円宮承子女王などが当主になっても正直言って税金の無駄ですよ。

じゃあ、本気愛子内親王に皇太子や天皇が務まると思うのですか?

摂関政治の頃ならどんな幼い天皇が出ようと構わなかったけど、21世紀の天皇はコミュニケーション能力、社交性がないと絶対に生きていけません。

場を読む力、相手への気遣い、当意即妙な受け答え。これらは語学力や授業の成績より大切なんです。

 女帝は独身

これまた125代の中で繋がれてきた慣習です。

なぜなら、女帝というのはそもそも「ごり押し」「男子がいるのに外戚の思惑で無理に即位させる」「男系男子のつなぎ」

なんです。

本当に男系男子が不足して女帝になったのは後桜町天皇くらいでは?

つまり、女帝のあとに即位する男系男子は決まっていた、あるいは最有力候補がいた、だから、女帝が誰かと結婚して子供を産んでは困るんです。

なぜなら余計な皇位継承争いが起こるからです。

民進党や共産党などがいう「愛子内親王が女帝になれないのは男女差別」とか「女帝が結婚出来ないのは男女差別」とかいうのは間違っていて、全ては皇位継承をスムーズに、争う事なく行う為の寝られた政策だったといえるでしょう。

 仁賢天皇の娘である手白香皇女は継体天皇と結婚。

弟・武烈天皇の後を引き継ぎましたが、これは女帝ではなく、あくまで皇后になったのです。

光格天皇の妃、欣子(よしこ)内親王は後桃園天皇の娘で、こちらは本当に男子がいなくて閑院宮家から婿養子をとった形で光格天皇が誕生しました。

男系が途絶えそうな時、内親王はあくまで「后」としてそこにあるのです。

だからどうしても愛子内親王を立てるなら、男系男子と結婚し、その人が即位する形でなければいけないのです。

しかし、現在秋篠宮殿下、悠仁殿下がいらっしゃいますので、愛子内親王が婿取りする必要はないし、女性宮家を作る必要もないのです。

 

民進党らが言っている「女性宮家」はまさに女性皇族を当主とする宮家で、これは過去にはありません。

例えば三笠宮彬子女王が当主となって、誰かと結婚しても彬子女王家として存在するわけで。父が天皇でない男性が皇族になるという前代未聞の事になるのです。

また、愛子内親王が旧皇族として結婚した場合、これこそ秋篠宮、悠仁殿下の皇位継承を阻む存在になり、軋轢を生みます。

幕末にただ一人存在した「女性宮家」当主、桂宮淑子内親王は孝明天皇のお姉さまでしたが、婚約の次の日に婚約者が死ぬという憂き目にあって。しかもちょうどそのころ、桂宮家が途絶え、仁孝天皇には他に男子がなく、この場合「尼さんになるよりよろしいかも」という感じで女性宮家当主になったものと思います。

いずれ孝明天皇に沢山の男子が生まれればそちらに譲るつもりだったでしょうが、孝明天皇には明治天皇しかいませんでしたので、位は孝明天皇の后とほぼ同じの女性としては最高位でありながらもずっと独身だったのです。

皇室が独自に血筋を守り絶やさぬように、江戸時代の男子皇族の相次ぐ死にも取り組みつつ、だからといって皇族を増やしもせず庶子は次々寺に預けるという、国家の財政に考慮した絶妙なことをやってのけた。

その歴史を考えずに「女性宮家」など笑止千万!言語道断!

明治の皇室典範で女性天皇がダメになった背景には、

近代国家の中で女性に独身を強いるのは後進国と言われるから」だったと何かに書いてありました。

確かにイギリスではヴィクトリア女王が、ロシアはエカテリーナ女帝が・・・の中で、日本だけ「女系天皇は認めていないので」と言っても世界に納得させるのは難しかったと思うし、面倒だったと思うんです。

もう一度日本史を勉強しなおせ!と言いたいけど、戦後教育を受けた私達は天皇について考える機会がないし、民進党はかの国の人が多いのでした。

天皇は武力によって王位を獲得した権力者ではありません。

その根本は「天照大御神の子孫」という神話に基づく血筋だけが頼りなのです。

八百万の神を、伊勢も全部否定したら天皇など存在しなくなりますよ。

何でそれがわからないかなあ。

っていうか、ちゃんと勉強しろよ!!!!野田!

県立船橋出てるんだろ!!今や千葉の汚点です!!

という事でしまきさまなどが教えてくださった通り、小室圭氏の出自についてさらに情報が出てまいりました。

 週刊現代によると、父親は明治大卒で横浜役所勤務。 8歳の時に自殺

 ショックで一週間後に祖父も自殺。
藤沢市にある本家は地元の大地主の分家で小室家は大豪邸。

親族もアパートや駐車場を経営。
 小室氏は三菱東京UFJ銀行は一年ほどで辞めたとのこと。

 大地主の小室家の分家の家柄。土地と家はあるけど父と祖父がいなくなったら財産は順当にいけば祖父の妻と圭氏とその母になるわけですが、多分、その相続でもめたと思われ。

 親子二代で自殺の家柄。だからなんだ偏見だと言われればそれまでですが、皇室は穢れを嫌うものです。

こんな人をよく秋篠宮殿下が許したと・・・なぜ許したのかと問いただしたい気持ちです。

 

 小見出しには「皇室史上初の完全な恋愛結婚」
  太字で「秋篠宮ご夫妻が報道で初めて知って驚く事実もあるだろうが、
二人は愛の力で乗り越えてほしい」

 宮内庁幹部OBは戸惑いを隠せず。
  現在の大学院生という立場に(将来の経済的な面で)「ご夫妻をはじめとする皇室関係  者は気をもんでいるという」(記者)

 わかっていなかった?わかっていて許したのか?それが問題です。

  旧皇族も旧華族もこの結婚には難色を示しているし・・・っていうか、難色を示すだけまだ関心を持たれているという事で、ここで無理に結婚したら、それこそ「やっぱり正田さんの・・」って言われて終わる感じがします。

正田美智子さんも母方の血筋がイマイチはっきりしないようですし、それは小室氏も同じで、母方の情報がさっぱり出てこない。探っても出てこないなら余計に怪しいでしょ。

眞子さま・・・・お願いだからもう一度考え直して

っていうか、小室家から辞退するのが筋です。

 

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

民進党の「女性宮家」創設は詐欺だから信じてはいけない

2017-05-29 07:50:00 | 政治

 やっと2017年版「エリザベート・ガラコン」DVD買ったの~~

私のマリコさんは勿論、白城あやかの美しさにどっきり。あーー高嶺さんはどうしてあんなになった?

どっか悪いの?いや、とにもかくにも笑顔で見てたけどーーー

 龍真咲のエリザベートなんかみたくない これだけで5000円は引ける。

ずーーん 私のマリコさんと映っている時は顔をそむけろと?

上記のタイトルのように、人に話す時は要点をわかりやすく言う事。

民進党の野田さんってさあ、なんであんなに女性宮家に拘るかなあ」

「え?そうなの?」

「そうなのよーー女性宮家を入れないと法案審議に応じないとかいってるわけ

へーー」(・・・・そこで沈黙)

あ、皇室、興味ないっか

 というような会話で終わる事が多いかと。

  そこで私、先日はこんな方法で言ってみました。

あーーどんなに一生懸命育てた娘でも眞子ちゃんみたいにろくでもない男にひっかかってしまうんだわ。子育てしてる甲斐がない」

眞子ちゃんってだあれ?」

「眞子さまのこと!秋篠宮家の」

ああーいいじゃん。icuの同級生なんでしょ?」

眞子さまは日本一のご夫婦に育てられて、しっかり躾けられ、あの年齢にしては本当に落ち着いて公務をこなされて理想的な姫なのよ。皇室ウォッチャーの話からするとね。でも、あのkkは週刊誌にあれやこれや書かれて。いくら恋愛でもあんな相手じゃ一族が不幸になるもん

そんなものかなあ」

そんなものよ。嫁が来てから家が傾く話はよく聞くでしょ。婿も同じだって。おまけに民進党がこの期に乗じて女性宮家なんて言い出すしね。女性宮家を検討しないなら法案を受け入れないんですって」

でも皇族が減っているから必要じゃないの?」

いくら皇族が減っても天皇陛下のお仕事を女性皇族が担う事は出来ないのよ。特に祭祀に関しては。

それに民進党とか共産党とかやたら男女平等とか看板にして「愛子様に皇位継承権がないのは差別だとかいうけど、あの人達が目指しているのは女性の男性化であって、本当の意味の男女平等じゃないし。

女性宮家だって、そんな事すれば皇室の血が穢れる事をわかっていてやるんだもの。まるで韓国とか中国と一緒だよ。だからそんな話に騙されちゃだめ。また東日本大震災の時みたいなとんでもない政治になるから」

皇室なんて私達から遠い存在だし、どうなろうといいけど

そう思っているのに税金だけ3億もとられるのはおかしくない?全部私達の税金だよ。日本人は自分達の税金が何に使われているか、あまりにも無関心だし、政治に口出ししてはいけないとか思っている人多いけど、それじゃ政府に甘くみられるんじゃないかな

「そりゃあそうだけどさーー」

皇室は大切なんだよ。日本国が建国されて以来、なくなった事がないんだもの。」

と言いつつ、話に引っ張り込んでみてはいかがでしょう?

 

BSプライムでやってた「世界のプリンス・プリンセス」を見ていたら、うちの旦那様がハリー皇子のアフリカでの活動や福祉活動を見て「日本の皇族もアフリカ行ってボランティアして来いよ。何でしないの?」

っていうから「当たり前でしょうがっ!日本の皇室は何の為にあると思う?国家の安泰を祈る為にあるの。王室と皇室では役割が違う!」と大声で言ってしまいました。

そう、王族と皇室では役割が違う。

違うのに同等にしようとしたのが今上です。週刊誌に「究極のイメージ産業」なんて書かれちゃったらもう、おしまいですよ。

一体だれが皇室をそんなものに変えてしまったんでしょうか?

あっちこっち行かなくても昭和天皇も香淳皇后も私達の心の中にきちんとインプットされているというのに。

 

 

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

スカーレットピンパーネル

2017-05-28 10:25:00 | 宝塚コラム

土曜日に見に行きました。

日比谷は宝塚ファンとジャニファンで大層な人出。ここにあの巨大なビルが出来たらもっと人が増えるのよねーー

道路は狭いからすごい事になりそうで。

 スカーレット・ピンパーネル 

やっぱり大劇場では紅ゆずるの体調があまりよくなかったんだなあと思います。

それというのも、紅の声の伸びが違う事と、フィナーレのダンスの1回リフトがちゃんとしてたという点が新しかったからです。

全体的に大劇場よりパワーアップしています。

「マダム・ギロチン」のパワーアップ度が半端なく、星組生一丸となって頑張ってます!みたいな感じがよく出ていました。

一言でいうと冒険活劇。大昔見たスポ根アニメのような出来栄えです。

わかりやすくて感情移入しやすいの。

「私がスカーレットピンパーネルだからだ!」のシーンでは思わず場内が割れんばかりの拍手で、ああ、これって時代劇などの見せ場によく似ているなあと思ってみてました。

つまりそういうノリなんだと思います。

 

例の「星組はダメでした~もう星はみません」ブログの人いわく、あんなのミュージカルじゃないっていう部分は共感しますね。

歌が全てのミュージカル作品において、たしかにみんな歌が下手だし。

でも、これを「宝塚歌劇」としてみたらどうでしょうか?

ミュージカルと宝塚歌劇というのはまた別物なんです。

私達、海外ミュージカルの上演に慣れていて、歌ありきの作品が全てと思いがちですが、宝塚歌劇というのは「芝居」重視です。

歌も大事だけど、そこに至るまでのセリフや感情に重点をおいているのです。

かつて雪組初演の完璧ウイーンミュージカル「エリザベート」を見た人は、星組の「エリザベート」は全然受け入れられないという人もいました。

「あれはミュージカルとして失敗だった」とすら言う人もいたと思います。

歴代エリザベートの中で、今でも星組版っていうのはかなり異端な存在に見えます。

雪組育ちの安蘭けいが演じた「スカーレット・ピンパーネル」はミュージカル作品としては完璧。まるで教科書のようでした。

次の月組も同じパターンでしたが、こちらは霧矢以外、大して歌える人がいなかったからある意味不完全?

で、今回の紅版に関しては、やっぱり星組伝統の「宝塚歌劇」として見るのが妥当ではないかと思います。

 宝塚歌劇というのは大衆演劇なのであり、高尚なミュージカルとは一線を画した存在です。

だからガラコンに麻路さきが出演しても立派なトート閣下になるわけですよね。

 

歌唱力が全てと言われたら、今の星組は太刀打ちできないものがあります。

しかしながら見ている私達が紅パーシーに思い切り感情移入して泣いたり笑ったりできればそれで成功ではないでしょうか?少なくとも初演ではそういう事なかったし。

 

大劇場と東京を通して、やっぱり一番泣けたのはルイ・シャルルと会うシーンです。

可愛いシャルルが「僕は殿下なんかじゃない」と膝をかかえてうずくまる。

それに対してパーシーが「殿下・・・おいたわしい」と声を詰まらせる。ここで私達はぐっと着てしまいます。紅は本当に泣いているんですね。

そして「ひとかけらの勇気」を教えるシーンが引き立つ事で2幕のマルグリットの歌がより鮮明になってくるのです。

思えばパーシー達はルイ・シャルルを救い出す為に活動しているわけで、過去の2作、そこらへんはあまり大事にされてなかったという印象が。

そしてもう一つ、ロベスピエールの凋落が描かれる「栄光の日々」

ギロチンの前に立っているロベスピエールが最初は理想に輝いた顔をしているのに、一瞬で絶望になり、やがてギロチンの後ろに消える・・・・まさにこれこぞ革命が失敗に終わった事の象徴です。

そしてもう一つ、「栄光の日々」の民衆たちも過去2作品に比べて、革命を自分達の出来事として深くとらえ、何とかしようという意気込みが見えるようになりました。

パーシーは外国人ですから、本来はフランスがどうなろうとあまり知ったこっちゃない立場なのです。

安蘭けいはそこらへんは一歩ひいていたと思うんですが、紅になるとフランス人に同化しているなーーという印象が。

だからこそより「正義の味方」度アップなんでしょうね。

今回は脇役の小芝居も目立ちました。そこらへんも「やりすぎ」と思う人もいるでしょうが、個人的にこれは大いにありです。

スカーレットピンパーネル団がそれぞれ恋人を持ちつつ、その出会いから完結まできちんと考えつつ芝居をしているのがわかりますし、

我が家の姫はアンドリューが披露宴でシュザンヌに一直線にダンスを申し込みにいい、その後、母親と踊る事で外堀を埋めていくシーンにうなっておりましたし、「我が家」のでれでれシーンに胸をときめかせ、舞踏会ではシュザンヌを守っている姿にうっとりしておりました

そうそう、プリンスの演じ方もまるっきり過去2作品とは違い、東京では大劇場より、はっきりと「私はスカーレット・ピンパーネルを知っているし、彼の味方だ」がアピールされていました。思えば王族のプリンスがショーブランに共感する事などありえないのですよね。

 

また、絵を描いているシーンでのパーシーと女性達の粋な語らいは、イギリス貴族の王道を見るようで、一体何を話しているのかなと毎回気になります。

 

ショーブランの部下の兵隊から民衆までとにかく一丸となっていますよね。

 出演者について 

紅ゆずる・・・東京より断然歌が上手になってて嬉しいです。いつも思いますけど綺咲愛里を 見る時のくしゃっとした笑顔がいいなあと。その場その場で色々考えている風は相変わらずですが、それが幸運にも当たっているって感じですかね。

綺咲愛里・・・・若いなりに頑張っているし、パーシーへの愛があふれているので歌が少々危なかったけどよしとします。ドレスがもっとも似合っていたし、そこにキュートさも加わってやっぱり可愛いんだなあと実感。ここまで可愛いからショーブランとパーシーに同時に愛されてもしょうがないかと。

礼真琴・・・「ボンソワール マダム・ブレイクニー」の低い声がやたら耳に残るストーカー・ショーブラン。ショーブランってかなるドジな男で、そういう滑稽さもきちんと表現されている部分がよかったかなと。

七海ひろき・・・・ロベスピエール。七海のよさはやっぱり素顔の綺麗さとモデルのような表情ではないかと思います。毎回、演技をしたり歌ったりするととたんに存在感が薄れてしまうという問題があります。なんでそうなのかはわかりません。素顔が美しすぎるからなのかなあ。

天寿光希・・・初演では涼紫央が演じたアンドリュー。今回は恋人の為にも頑張るという主体性を持ったアンドリューで、しかもあくまでもパーシーの味方として存在する事で壱城あずさ演じるデュ・ハーストと対照的に演じていました。初演のデュハーストは立樹遥で個人的にはこっちが好きですけどね。

瀬央ゆりや・・・アルマン。抜擢です。口が軽いアルマンです。でも背が高いし、それなりに存在感があるなあと思いました。

星蘭ひとみ・・・歴代のルイ・シャルルの中で最も可愛い。っていうか、思わず助けたくなるシャルルです。

 

今の星組は綺咲愛里・小桜ほのか・星蘭ひとみという3人のめちゃ可愛い娘役を有しています。音波みのりという綺麗なお姉さまを加えると4人。

過去に映美くららや陽月華をよそに取られた経緯がありますので、紅時代はぜひこの可愛い娘役達が動きませんようにとお願いします。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

皇室ウイークリー

2017-05-28 07:00:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

5月19日・・・天皇陛下 → 通常業務

5月20日・・・両陛下 → アルゼンチン大統領夫妻と会見

                 プリツカー建築賞授賞式出席

5月22日・・・皇后陛下 → 養蚕

        天皇陛下 → 田植え

5月23日・・・両陛下 → 在京外国大使夫妻と午餐

               勤労奉仕団に会釈

               眞子内親王ブータン訪問主席随行員に会う

 5月24日・・・皇后陛下 → 養蚕

         天皇陛下 → 信任状奉呈式

                  田植え

5月25日・・・皇后陛下 → 赤十字全国大会

         両陛下 → 日本赤十字社各都道府県支部の有功会代表者に会う

                  勤労奉仕団に会釈

                 全国植樹祭について説明を受ける

                国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業「ミュシャ展」)鑑賞

 

皇太子同妃両殿下

5月19日・・・皇太子殿下 → ポーランド外務大臣に会う

        両陛下 → 外務省から進講を受ける

5月22日・・・皇太子殿下 → マンスフィールド研究員に会う

5月23日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

5月24日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

5月25日・・・皇太子殿下 → 全日本中学校長会総会に出席する中学校長に会う

 

秋篠宮家

5月20日・・・両殿下 → 「2017年プリツカー建築賞受賞記念晩餐会出席・懇談

5月22日・・・両殿下・眞子内親王 → 特別展「大英自然史博物館展鑑賞

5月23日-24日・・・秋篠宮殿下 → 高知県訪問

・日本動物園水族館協会「平成29年度通常総会」出席

・高知県立高知城歴史博物館視察

・情報交換会出席

・高知県立のいち動物公園視察

5月24日・・・眞子内親王 → 第45回伝統工芸陶芸部会展鑑賞

5月25日・・・紀子妃殿下 → 日赤全国大会出席

        両殿下 → 外務省から進講を受ける

 赤十字大会には華子妃も腰痛の為にご欠席でした。親王がいないという事は当然「妃」もいないという事で内親王よりも大変な問題だと思います。

 「退位したい」といいつつ、本当にフットワークが軽いというか元気というか。

  「退位したい」といいさえしなければ温かく見守ってあげられたのに。

 

連日、小室圭氏の醜聞が広がっているわけですが、彼の父親の自殺については新聞には載らなかった?のかな・・・みつからないみたいですが。

婚約前にここまで女性との写真やあられもない写真、お母さんとのツーショットや出自疑惑が出る人も珍しい。雅子妃並っていうか、ある意味それ以上かも。

こうまで出たら普通は婚約破棄だよね。

過去にそういう例がなかったわけじゃありません。

大正天皇だって久邇宮朝融王だって・・・昭和天皇だって一時危なかったし。

噂に出たからって絶対に結婚しなくちゃいけないというものではない。

婚約破棄したからって傷になる事もない筈。

お願いしますよ。意地悪で言っているんじゃありません。心配しているんです。

家柄・血筋・財産、それをとっても釣り合わない人と一緒になるというのは、思っている以上に大変な事だし、受け入れるのが大変なんです。降嫁してからご両親の立派さに気づいてももう遅いんですよ。

住む世界が違っているんです。

天の羽衣も持った乙女は結局地上界では生きていけないのです。

眞子さまにはもっとふさわしい人が必ず出てきます。

外見ではなく内面的に眞子さまだけを愛し、眞子さまを大事に出来る人がきっと。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

パンフレットで見る3つのスカーレットピンパーネル2

2017-05-27 21:45:00 | 宝塚コラム

 主役としてのグラビア

パーシー

安蘭けいはと霧矢大夢はいわゆる自然体スタイルで、こういう写真に慣れていたので紅ゆずるの「いかにもポーズ」にはちょっと驚きました。

指輪を強調する為なのかな。真正面向いているのも珍しいですよね。

 

マルグリット

こうしてみると娘役の衣装の違いがくっきり。

遠野あすかは大人っぽいというか、ちょっと平民的なドレスですよね。

蒼乃夕妃は明るいけど、あまり高そうに見えない?

綺咲愛里のはレースたっぷりで見事。年齢も遠野を筆頭にどんどん若返っている。

遠野と蒼乃は仮面を持ってパチリ。でも綺咲は「うふっ」って感じ。

可愛らしさ満載で、いかにも綺咲っぽいですよね。

 

さて、安蘭けい版はここで写真が終わってしまいます。

月組の霧矢大夢と紅ゆずるはお披露目だったから?

パンフレットの終わりに沢山の写真が。

息がぴったりの同士カップル。二人とも同じことを考えている感じがします。

霧矢もいかにも正義の味方っぽくて。安蘭とはまた別な知的な部分が出てますよね。

こっちはビジュアル系「スカーレットピンパーネル」です。

 

今回の星組の衣装はほとんど新調でストライプが共通のモチーフになっています。

このストライプが紅に良く似合っているのと、グラビアでは手袋で手の大きさを強調していますよね。

パンフレットだけ見るなら今回の星組がなんといってもダントツに美しいと思いますが、皆さまはいかがでしょう?

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

パンフレットで見る3つの「スカーレット・ピンパーネル」 1

2017-05-26 17:30:00 | 宝塚コラム

つらつらとスマホを見ていたらものすごく、今回の星組「スカーレット・ピンパーネル」が受け入れられないというブログが出てきて。

星組はもうみません」とまで書いてあって、何でそこまでーーって思ってしまったんですが。

私もかなりキツイ事を書くけど、これは批判じゃなくて悪口だなあと思いました。

何でダメかというと歌が下手という事らしいです。

「紅ゆずるはパーシーじゃない」って書いてあったような?

歌かあ・・・・それをいわれちゃおしまいよね。

まともに歌っていたのは礼真琴だけだったそうです。

ピンパーネル団の面々今回はやりすぎているとか。

まあ、それについては後日書きますが、今回は歴代「スカピン」のパンフレットを紐解いて比較してみたいと思います。

 2008年 星組初演

あ・・・膝が写っちゃった・・・・それはいいとしてまだ写真がない。

 2010年 月組

 

霧矢大夢のお披露目で、どどーーん! 何だか若く見えますよね。

 

 2017年 星組

大劇場

東京

真正面向いての2枚。スカピンが進化しているなあという感じ?

では見開きにいきましょう。ぱっと1ページを開くと

ああ・・・パーシーだなあって感じですが、本編のひょうきんさはなく真面目すぎる顔。

月組は

何だか走ってる感じ。目的に向かって一直線ですよーーみたいな?

そして星組は

パワーアップ!衣装も仮面もド派手っ!目的に向かってまっしぐらというよりは、ひたすらナルシストなパーシーでありました。

とても安蘭けいと同じ役とは思えない・・・・

 で・・・次。

まず安蘭版の方。我が家の姫に言わせると「肖像画」のようだそうです。

冷たい夫婦?笑顔がないから。

多分、このグラビア撮りのシーンではおおまかなストーリーしか知らされておらず、表情をつけづらかったのかもしれません。

最初に話が来た時、安蘭は「どうなっちゃうんだろう」と思ったと言っていますが、これはいい意味というよりはちゃめちゃなストーリー展開に「こんなのやって大丈夫?」だったのだと思います。

確かに、初演を最初に見た時は疑問符が一杯!!

 

で、月組。

この時は作品が云々より96期問題の方が大きくて苦情の電話が殺到し、VISAは降りるしふんだりけったりの中での上演。

安蘭パーシーに比べて霧矢の方が明るく見えます。本来の「遊び人」にちょっと近づいたかな。蒼乃夕妃ははっきりいって美人じゃないし。遠野あすかの真似と言われたらそれまで。

でもこの二人には「同士愛」を感じますよね。

で、紅版になると、二人はくっつきすぎ!な位ラブラブモード。

つまりここで「スカピン」のストーリーが変わっているという事に気づかされるのです。

安蘭・霧矢はルイ・シャルル奪還が主目的。

でも紅版はパーシー・マルグリット・ショーブランの三角関係が主であると。

 

ドレスについてですが、遠野あすかのドレスは赤にもっと濃い色のリボンがついています。

最初見た時は、あまり上品に見えなかったんですけど。

月組の蒼乃の衣装は明るい赤に供布のリボン。そして綺咲愛里のドレスがレースが多い。

もっとも可愛いドレスだなあと思いました。

 

 ショーブランの扱い

帽子を持っている柚希・龍・明日海。

帽子を持たずに勲章をつけている礼真琴。同じポーズだけど柚希の方は大柄さをいかしたデザインで、礼の方は首回りまできっちり黒づくめ。

みなさんにはどう見えますか?

 ストーリー紹介のページ

安蘭版が遠野あすかも一緒というのは、いわゆるトップの娘役としての格が高かったという事ではないかと思うのですが、それにしたって肖像画みたいですよね。

霧矢の方は冒険活劇を強調するかのような写真で、霧矢の赤いベルベッドの衣装が映えます。

紅版はまるでマジシャンのような感じで衣装にストライプが入ってミステリアス。

その場その場で色を変える紅パーシーならではというか。

 

 出演者紹介ページ

剣を持っている安蘭パーシー。やっぱり貴族的というか、やっと動きのあるポーズというか。

一方の霧矢パーシーはここで優等生っぽさを発揮。

何気にベルベッドのコートが豪華。

紅版はこのページに写真はなし。

その代わり、上二人の時は歌詞が書いてあるところに写真がなかったけど、紅版では大幅に写真が。

 

衣装が新調。同じ赤でもこんなに違います。

 とりあってます。

 愛し合ってます。

携帯の待ち受けにしちゃうほどこの写真は好きです。

パーシーの衣装のストライプがいいよねーー

 

 場割りページのラスト

紅版はこのページに写真はなし。

それにしても安蘭けいってどれも同じ写真に見えてしまうんです。衣装が同じだから?

なんていうか、無表情っていうか?どれがどれやら。

霧矢&蒼乃コンビは新トップ誕生で初々しくも息があってる気がします。

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

夏に発表予定・・・でもやだな。

2017-05-26 07:00:00 | 皇室報道

 どんなお相手でも娘が幸せであればいい。

これはどの母親も同じことを考えると思うけど、今回の眞子さまのお相手は・・・

ごめんなさい。私には心から「よかったね」とはいえない。

あまりに皇室から遠すぎて、小和田家と同じじゃないのか?

またしてもしてやられたのかと思うだけで悲しい。

だって・・・・これだよ。服装がーーとはいいません。ヒゲも両脇の女もいいわ。でも目つきがさーー眉のせいなのかわからないけど、裏表ありそうじゃないですか。

女の子とばかりの写真が出回る怪。

お母さんも・・・・芸能人の母ならこれでも「若い」って言えるけど。

この女性と秋篠宮夫妻は普通に会話して「うちの眞子をよろしく」っていうの?

週刊誌を鵜呑みにしたくないし、お相手にもプライバシーがあるし。とは思うけど、結婚するあいては皇族であるし、身辺調査になんら不備のない、傷がないかたを選んで頂きたかったと思います。

それこそ、今頃になって外務省関係者が

「世間では皇太子が初志貫徹したように言われているけど、本当は小和田氏が乗り気で「ぜひぜひ」という態度だった。その血筋もあって雅子妃は父親似の峻厳な態度をする」

といい、

「だから愛子内親王のお相手には非の打ち所がない人を選びたいだろう」なとど書かれ

「究極のイメージ産業である皇室の中で急に秋篠宮家に注目が集まりだす事は雅子妃にとって複雑な心境」

なんて書かれるわけですから、余計にそれこそ「非の打ち所のない」人であってほしかったです。

 小室家のお父さんは役所務めだったが、体調を崩して実家に帰った。

 家族のもとに戻った途端、河川敷で自死(2002年)

 小室母と小室家に大きな溝が走り、仲介人を頼む程

 小室母は息子を「うちの王子」と呼ぶ

 

思うに、小室家は小室母のせいで父が死んだ・・・と責め、そこで相続などに支障をきたし・・・と妄想が膨らむわけで。

今も絶対に小室家とは仲が悪いんじゃないかと。

苦しい生活で頑張った→インターからICU、留学に大学院。保険金でそこまで出来る?

                遺族年金でそこまで出来る?

                ケーキ屋さんでそこまで出来る?

バイトしながら母を助ける青年→ 資産家令嬢が元カノ

                      ロレックスの腕時計

                      パラリーガルと大学院。

どうにもちぐはぐで。

ちょっとマスコミが調べただけでも、この程度の情報はバンバン出てくるのに、宮内庁や秋篠宮家はきちんと調べなかったのか?

秋篠宮ご夫妻にはマーガレット王女の結婚を許さなかったエリザベス女王になって頂きたかった。

  眞子内親王・・・・日本一のお家柄

              仲がいい両親と妹弟

              長女

              勤務するも公務優先

              身分のわりには質素なお育ち

 小室圭氏・・・・庶民

            母一人子一人祖父あり

            正職につかず

どこに共通点が?

 

だけど、眞子さまが育った環境を考えてみよう。

眞子さまが生まれてすぐに東宮が結婚し、その後は身をひそめるような生活。

思春期の頃に母が身ごもったら「計算」「素直におめでとうとはいえない」「紀子妃は策略家」

「雅子様がおかわいそう」と散々、本当に嫌になるほど毎日週刊誌に叩かれ。

そうでなくても「紀子妃は堕胎した」などの噂も絶対に耳に入ってると思います。

普通の子供なら「嘘なら嘘って抗議したらいいじゃん!何で黙ってるの?」って思うでしょう。

でも両親はだんまり。

それもこれも将来、天皇になる弟の為と言われ、じゃあ、私達って何?

大学に入った頃、はっきりいって妹はグレてた。

眉は剃るわ、何かと反抗的。言うべきことはいえばいいじゃないのスタンス。

でも妹はそうやって発散出来てた気がする。姉である自分は・・・・

皇太子夫妻が好き勝手やる度に傷ついていたのは秋篠宮夫妻だけではなく、眞子さまや佳子様もそうだったのではないかと思われ。

産児制限の話も聞いているだろうし、愛子内親王の状況もおyく知っている筈で、そういう納得できない人種がそばにいる事がどんなにストレスになるか。

そういう意味では今回の事も仕方なかったとは思います。

思いますけどねーーーため息・・・・

心からおめでとうといえないのでごめんなさい。

              

コメント (41)
この記事をはてなブックマークに追加

雅子様 お大事に

2017-05-25 07:00:00 | 皇室報道

狼少年という話があります。

「オオカミが来たぞ」と村人を脅かして、嘘に振り回される大人を見ていた少年。

しかしある日、本当に狼が現れて「オオカミが来たぞ!」って叫んだのに、誰も信じてくれなかった。

何度も同じ嘘をついていると、真実を言っても信じられなくなるというお話。

 

 雅子様、公務とりやめ 

 内庁は24日、皇太子妃雅子さまが37度台後半の熱やへんとうの腫れを伴う風邪の症状があるため、25日に明治神宮会館(東京都渋谷区)で開かれる全国赤十字大会への出席を取りやめられたと発表した。

 雅子さまは日本赤十字社の名誉副総裁を務めている。

  同庁東宮職によると、雅子さまは23日夜からへんとうが腫れ、

  24日朝から高熱が出た。

 同大会には14年ぶりに出席する予定だった。とても楽しみにしていたといい、取りやめを残念に思っているという。

 出席が発表されてからネットでは「絶対にドタキャンする」という話が広がっていました。

  なぜって長時間座っている事が出来ないから。

  まさか本当になるなんてねーー14年ぶりだったのに残念です。雅子様。

 仮に今回は本当に高熱を出して扁桃腺が腫れたとしても、誰も信じません。

  「体調の波だよーー」って何度も言って来たけど、本当に風邪をひいてももはや国民は「やっぱりね」としか・・・

 本能的に体が拒否してお熱が出るんです。

   それとも「種まき」には元気だったから?寒かった?暑かった?

 それにしても「楽しみにしていた」はないよね。

  楽しいから公務に出るのか? 

コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

明日海りお主演で「ポーの一族」

2017-05-24 07:30:00 | 宝塚コラム

 いやはや・・・・

 萩尾望都作「ポーの一族」を明日海りお・仙名彩世主演で上演決定

 小池修一郎脚本演出の2幕もので30年かけて交渉

 2017年1月~3月

 みりお君のさよなら公演じゃないの?(不吉なっ)

  だって・・・紫吹淳の「薔薇の封印」の大元は「ポーの一族」だったじゃない?

 「はいからさんが通る」に「ポーの一族」ですか・・・・我が家の姫いわく「2次元風のトップはやっぱり明日海りおだわ」って事だけど、柚香光も2次元風?

 1972年から始まった「ポーの一族」は今や古典で、今時の若い人は読みこなすのが大変ではないかと思うんですが。

 まだ「ヴァンパイヤ」とか「ドラキュラ」なんて呼ばれていた吸血鬼を「ヴァンパネラ」と呼んだのは萩尾望都が最初。

 この子がエドガー・ポーツネル。

極度のシスターコンプレックスで寂しがり屋。

彼と旅をするのが

右側のアラン・トワイライト。恐ろしくわがままでマイペースで甘えん坊。

 そして右がメリーベル。

エドガーが唯一愛した妹です。

恋愛要素はゼロよ。妹と恋を演じるの?

むしろエドガーとアランの関係の方が。

いやいや、問題はどのエピソードを脚本化するかという事。

すきとおった銀の髪」

「ポーの村」

「グレン・スミスの日記」

「メリーベルとぎんのばら」あたり?

それなりの登場人物をおかないといけないしね。

明日海がエドガーなら芹香斗亜がアランで仙名がメリーベル?

「るろうに剣心」をスカステで見たけど、そんなに面白くなかったのですよ。

日本物は範疇になかっただけかもしれないけど、小池先生、大丈夫か?

「薔薇の封印」もちょっとはちゃめちゃだったしね。

ああ、彩輝直だったらアランがぴったりだったのになあ。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加