ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

今年を振り返る・・・皇室

2009-12-28 09:29:37 | 皇室報道

 亀井静香おじさんったら、陛下に「京都か広島にいくべき」と

言ったらしい。

陛下は「京都は好きです」とお答えになったけど・・・

一体何様のつもりなのーー 京都御所に住めって?

それとも広島に宮殿を造ってくれるわけ?

 呆れてものが言えないわ。

 

 今年を振り返る・・・皇室 

さて・・・今年も色々あった皇室です。

 

 昭和天皇20年祭

 両陛下、即位20周年、成婚50周年

 皇后陛下靭帯を損傷

 皇太子ベトナム訪問

 秋篠宮夫妻東欧・オランダ訪問

 両陛下カナダ・ハワイご訪問

 東宮夫妻WBC観戦

 東宮一家野球観戦・皇太子甲子園開会式に

 眞子内親王 ICU入学決定

 悠仁親王御茶ノ水幼稚園に入園決定

 東宮家の静養一ヶ月

 両陛下と悠仁親王、和船に乗る

 天皇陛下 習近平と異例の会見

 愛子内親王以外の天皇一家 こどもの国へ

 

今年ほど、皇室が軽く扱われた年はなかったのではないかと思います。

小沢発言、亀井発言、岡田発言・・・どれも「何様」状態の言葉ばかりで

少しも皇室の存在意義を考えもしない 非常に失礼な物言いでした。

けれど、そういう発言に対して面と向って文句が言えない皇室である事も

また確かで・・・

特に「天皇の政治利用」に関しては跡継ぎたる皇太子自身が一端を

担ってしまった為に強くでる事も出来ず。

このまま平成の皇室は政治的に利用されつつ、政治家の身勝手な発言を

容認し、皇太子一家の好き勝手を許す「倫理規定」のない存在になって

しまうのか・・・と、不安になるばかりです

今年の両陛下は公務にしろ静養にしろ薄氷を踏む思いであられたことと

思います。

また、東宮家は今年は静養期間がトータルで1ヶ月に及び、雅子妃の公務は

去年よりさらに減り、祭祀は一回のみ。

この祭祀一回(昭和天皇20年祭)については、皇太子は来年の自分の

誕生日に記者団に質問して欲しいと願っているそうです

要するに「去年は雅子様は祭祀に復帰されましたが」と言わせて

「はい、頑張りすぎました」と答えたいって事ですよね

 

今年の東宮夫妻の両陛下への態度はいつにも増して親不孝で

失礼でした。

新東宮御所に年末になるまで招かなかったり、自ら政治利用されて

陛下に尻拭いをさせたり、先日の天皇誕生日では陛下のお話の間

全く顔を向けない・・・という事まで

国民が想像する以上に東宮家と両陛下の間には溝があるのではないかと

思います

 

正直、世の中は不景気で路頭に迷う人もいるし、人々の忙しさも

増すばかりで

いつまでも「静養」「遊び」を繰り返す東宮妃に優しい目を向けることは

出来にくくなっていますし、このままでは両陛下の評判も落ちてしまいます。

多分、来年あたりは「両陛下の皇太子夫妻教育」についての

責任追及の話が出て来るのではないでしょうか

そうなると、皇后陛下に矛先が向き、また「皇后バッシング」がおきない

とも限りません

誰かが止めないと。でも誰が?

本当に東宮問題は来年が限界でしょうね。それ以降は「皇室廃止論」が

表面化すると思いますよ。

 雅子妃は本当に病気なのか。それとも人格障害なのか。

 廃太子出来るのか、出来ないのか。

 離婚する気があるのかないのか。

 愛子内親王は本当に健常なのか。

 本当に東宮御所から品物が海外に売り飛ばされていないのか。

これらのことを来年はぜひともきっちり明らかにして欲しいです。

そうでないと、悠仁親王の即位にもケチがつくのでは・・・と危惧するから。

 

コメント (2)

今年を振り返る・・・宝塚2

2009-12-27 09:17:28 | 宝塚コラム

 今年、一番面白かった舞台は?

あくまで主観ですが・・・

1位 「太王四神記」(BY花組)

でしょう 星組のも面白かったけど、スピード感にあふれた花組

版は最高でした 小池先生ってすごいっ

真飛タムドクは優しくて私はキハになりたかったなあ

2位 「カラマーゾフの兄弟」(雪組)

ストーリーは原作者が見たら卒倒しそうな程壊れていましたけど

やっぱり面白かったわと思えたので・・・・ 音楽がよかったよね

 

 今年のワースト1は?

1位 「忘れ雪」 (雪組)

    「逆転裁判2」 (宙組)

2位 「ラストプレイ」 (月組)

「忘れ雪」はひどかったっ 音月桂達が気の毒になったもの。

脚本の破綻っていうか、動物を出す舞台の難しさを児玉先生は全く

わかってなかったのね。

「逆転裁判2」は出来がわるすぎて・・・・ もうちょっと演出の勉強を

すべきじゃないですか?

「ラストプレイ」は眠かった

 

 主演男役賞&娘役賞

 

主演男役賞・・・・該当者なし

だって・・・誰かいる?別にこれといって特別素晴らしかったとは

いえなかったような?

 

主演娘役賞・・・・陽月華

「薔薇に降る雨」でついついウメちゃんばかりおいかけてました

 

 助演男役賞&娘役賞

 

助演男役賞・・・凰稀かなめ

「太王四神記2」のホゲ役はとてもいい出来でした。愛すべきキャラに

なってましたよね

助演娘役賞・・・大月さゆ

「ロシアン・ブルー」のロビンちゃんは可愛らしくて的確で最高でした

 

 最優秀ダンサー賞

 瀬奈じゅん

やっぱり瀬奈じゅんといえばダンサー 

さよなら公演でガンガン踊ってくれてすっきりいたしました

 沙月愛奈 (雪組)

「ロシアン・ブルー」のバレリーナは素晴らしかったです。

 

 最優秀歌唱賞

 彩吹真央

「カラマーゾフの兄弟」「風の錦絵」「RIO DE BRAVO」での歌唱に対して。

 純矢ちとせ

「逆転裁判2」に対して。見た目も可愛いし声は綺麗だし。もうちょっと

重宝してもらえないかなあ(色気もあるしね)

 

 新人賞

 七海ひろき (宙組)

「逆転裁判2」での演技に対して。まだまだ課題は多いのですが、

とにかく一生懸命に誠実に演じていました。

 

 最優秀演出家賞&ワースト演出家賞

最優秀演出家賞・・・小池修一郎・斉藤吉正

小池先生は大御所で舞台の作り方を嫌という程知っているし、その

テクニックに脱帽いたしました。

斉藤君は決して上手ってなわけではないけど、ツボを押さえた演出と

盛り上げ方が上手。要するに大衆的で面白いって感じかなあ。

 

ワースト演出家賞・・・児玉明子・鈴木圭

児玉先生は真面目に座付作家を辞めるべき。

だって彼女とほぼ同じ時期にデビューした人達がみんな中堅で

それなりの評価を得ているのに、この方は未だに自分勝手で

偉そうな事ばかり言う割にはなーんも出来ないって姿をさらしているもん。

今や「次は児玉先生なんです」といえば「ああ・・だめだわ」の代名詞。

鈴木圭は演出の仕方を1から勉強しなさい

素人じゃなくてお客からお金をとってやるんですから。

コメント (6)

今年を振り返る・・・宝塚

2009-12-27 09:00:12 | 宝塚コラム

 なーんか年末という気がしません。

ジュニアは塾で姫は補習・・・毎日お弁当だし。

昨日、ヨンジュナに言われました。

ママとヨンジュナ、毎日チュウしてるのに何で赤ちゃん

生まれないの?」

いきなりの質問に言葉が出ず・・・・・・

 

 今年を振り返る・・・宝塚 

年明けは「カラマーゾフの兄弟」から始まった私の観劇ライフでした。

今年は新型インフルエンザのお陰で、休演者が多数出たり、劇場が

マスクだらけになったり、アルコール消毒液があちこちに・・・と、観劇

するのも命がけ?

色々書いていくつもりですが、全ての舞台をみているわけではないので

あくまで主観ですからーお気になさらず・・・

 

 音楽学校提訴事件

11月に起きたこの事件が最も大きい出来事でしょうね

事は単なるいじめ事件や「万引き捏造事件」に終わらず、「音楽学校の

ありかた」「宝塚のあり方」そのものに言及する事件に発展しました。

特に96期の生徒がさらした品のないブログはファンの怒りを買い

マスコミを動かすまでに

その根底にあるのは、今の宝塚が持つ意味不明の人事にファンが

ストレスを抱えていて、それが音楽学校事件から発展し爆発したといって

いいでしょう

「清く正しく美しく」と言いながら、実際の歌劇団の中身はそれと正反対。

金コネ人事があからさまになってきている事実はファンも言葉に出さない

だけで知っていました

東京のファンより、地元の「おばさま」と呼ばれるファンの方々はもっと

シビアに歌劇団を見ていて、生徒のバックの強さと人事は比例するという

事はよく知っているし、「そういうもの」と割り切っている方が多いような

気がします。

私も昔、ちょっとジェンヌさんに関わった事があり、成績のつけ方とか

チケットのさばき方とか・・そういうものにかなりの出費を強いられ、

それについていけなければ役を貰えない事実も聞いてはいましたし

とはいえ・・・タニマチ制度は演劇界では当たり前の事。

歌舞伎界などはもっとシビアで残酷な一面も持っているし

 

でも、どこかで「宝塚は違う」「音楽学校だけは違う」と信じていたかった。

ジェンヌさん達はみな、テレビに出ると他の芸能人に比べて姿勢がいいし

品があるし言葉遣いも丁寧。そういう姿を見てファンは誇らしく思うもの。

音楽学校の生徒にしたって、今時の女子高生とは一線を画す厳しさの

中で磨かれ、精進していくとファンは信じていました。だからこそ、入団して

からのジェンヌを自分の娘のように応援できるわけで・・・・

 

今回の音楽学校提訴事件は、退学させられたが宝塚の予備校出身者でなく、

しかも1発合格という「異色」の存在であった事。

そういうまっさらな存在に「よそ者をはじき出す」力が圧力を加えたという

風に見えたのだと思います

そうでなくても、今年は愛原実香のトップ就任や凪七瑠海の抜擢など

ファンからみると「?」な人事が相次いで行われ、夢を壊すような出来事に

不信感を募らせていた時に、「やっぱりそうだったのか」と思わざるを得ない

事件が歌劇団の元の元「音楽学校」でおきてしまったわけですから。

 

この裁判は来年も引き続き行われるようですし、何がどうあっても

音楽学校や歌劇団のあり方が変わるとも思えないのですが、そうなると

100周年に向けてかなりのダメージになるのではないかと危惧します

 

それは宝塚に限らず、実力や将来性よりも、バックの力と

ネームバリューに引きずられて「チケットが売れればいい」商売ばかり

している他の舞台関係も同じで、そうなるとファンの裾野は広がらないし

チケットだって一定数以上は売れないでしょう?

でも、上層部がそれでいいと思っているなら仕方ないわけで

宝塚に限らず、演劇界全体がお寒い現状だって事、少しはわかって欲しい。

 

 相次ぐトップの退団

今年は

星組・・・安蘭けい・遠野あすか

雪組・・・白羽ゆり

月組・・・瀬奈じゅん

宙組・・・大和悠河・陽月華

の退団があり、それに付随して多数の退団者を生みました。

私が本当に「惜しいな」と思ったのは大和悠河と陽月華で。

大和は再下級生の頃から大事に育てられて来たスターだし、陽月は

その美貌と演技力は群を抜いていたし・・その二人が何でこんなに早く?

と思わざるを得ませんでした

今の歌劇団は人材不足が深刻です。

(上層部は気づいていないのかもしれないけど)

見た目や華やかさだけでは宝塚は成り立ちません。

やっぱり演技力・歌唱力・ダンス力、そしてトップコンビの相性、

トップスターと組のつながりの深さというものが人気を支えてきたのです

 

ところが、新専科制度以降、落下傘トップやら高学年になってからの

組替えが頻繁に起こり、それに伴っての退団も多くなったような気がします。

ゴールデンコンビも見なくなって久しいし

星組は安蘭けいの次に生え抜きの柚希礼音が引き継ぎ、上級生も

それなりの役を全うして退団しましたが、そんなすっきりとした交代劇が

今は珍しいくらいですね

 

 アクア5大活躍 

今年は去年に引き続き、アクア5がメディアに露出し、コンサートまで

行ってしまうというほどの大活躍でした

アクア5を見てヅカファンになりました」って・・そんなファンがいるのか

どうかわかりませんが

でも水夏希のトークは面白いし、テレビの画面の中で、ジェンヌの

かっこいいしぐさを見る事が出来た事は本当に嬉しかったです

コンサートでは熱い空気が流れていて、久しぶりに

「宝塚っていいな」と思いました

もう見る事が出来ないのかーーと悲しくなりますけど、思い出は永遠に

心の中に残っています

 

コメント

今年を振り返る・・・海外ドラマ編3

2009-12-26 19:23:34 | ドラマ・ワイドショー

 衛星劇場

 イ・サン

今、BS2で放送されていますね。イ・ソジン主演。

時代は日本で言う所の幕末に近いあたり?正祖というリベラルな王様が

政治改革に燃える話ですけど・・・

朝鮮の王様は誰もが官僚との戦いで苦しみますが、彼は特別苦しんだ人。

暗殺の危機も何度もあるし、正妻との間には子供が出来ず悩むし。

こんな苦労しても立派に生きた彼は偉いっ

 

 青春の罠

1999年くらいのドラマです。主演のシム・ウナはこれが最後で

あとはドラマに出てないそうです。

出世の為に恋人を捨て、間に出来た娘を死なせてしまった男と

復讐の為にさらにセレブな男と結婚しようとする女の葛藤です。

 

 ファン・ジニ

これまたBS2で放送されましたね。最終回以外は面白かったです。

でも・・・本当にあんな衣装があの時代にあったのか?

私はチニのお母さんが好きだったなあ。

 

 ガラスの城

日本では絶対にありえないお話です。

アナウンサーのミョンジュは財閥の3男、ジュンソンと結婚するのですが

姑がうるさいうるさい・・完璧な長男の嫁、離婚危機の小姑、絶対君主の

舅。この家で仕事を諦め「よりよい嫁」になるべく頑張るんですが

韓国の身分差別って怖いーーー

 

 家門の栄光

これまた名家ならではの風習やしきたりを紹介しつつ、

家と自己との間で悩む人達のストーリーです。

 

 風の絵師

パク・シニャンとムン・グニョンの師弟愛を描いた作品。

ムン・グニョンはここでは男装の絵師で男役なんですけど、非常に魅力的。

それに心を奪われつつ悩むパク・シニャンが楽しいです。

 

 女人天下

時はチャングムの時代。ひどい少女時代を生きて来た主人公が

権力を得るために中殿と結託していく宮廷ストーリー。

全部で150話・・・飽きそう。

でも、ここに出て来る敬嬪という側室が真琴つばさそっくりで、見る度に

笑ってしまう。

 

 クイーンズ

時は前漢時代。中国版「大奥」のようなお話。

宮廷の下働きの女官達が皇太子の正室と側室に・・・そこで繰り広げられる

女の戦いはすごい。

衣装も髪型も華やかです。

 

 燃える呉越

ヅカファンにはお馴染みの「愛燃える」のお話です

呉の王が絶世の美女、西施を愛するがゆえにおちていく様がいいです。

 

 WOWOW

 カインとアベル

ソ・ジソプ主演。兄と弟の熾烈な愛情争いドラマ。

わざわざ中国までロケしに行った意欲作です。

本編は18話くらいで終わってあとの2話はつけたしっぽいなあ。

 

 グレイズ・アナトミー

シーズン4がつまらなかったので見るかどうか悩みましたが

今回はなかなか面白いです

コメント   トラックバック (1)

今年を振り返る・・・海外ドラマ編

2009-12-26 19:21:30 | ドラマ・ワイドショー

 今年見た海外ドラマ 

 

最近は延々とケーブルテレビの海外ドラマばかり見てます。とはいっても

マニアの方々に比べると初心者ではありますが、お正月等、レンタル

しようかなと思っている方々の為に・・・ちょっと紹介します。

 

 BS2及びNHKハイビジョン

 名探偵モンク

シーズン5まで来ましたよねーー初期の頃に比べるとちょっと勢いが

なくなったと思うけど、でもモンクさん好きです

自閉症的なキャラが主人公になるのっていかにもアメリカっぽいです。

 

 デスパレートな妻たち

こちらはシーズン4まで来ました。ブリー役の方が出産して復帰した

1作目。

竜巻の回ではリネットの行動が解せずに嫌いになりそうだったけど、でも

この人が一番苦労してるなあって・・・

ガブリエルはとうとう殺人・・?スーザンとブリーはどうなる?って感じです。

 

 ER

こちらはシーズン14.コバッチュが漸く出てきたーーと思ったらアビーが

アルコール依存症に逆戻り?何だか問題だらけで。

あ・・サムの髪、何で栗毛にしちゃったの?金髪の方がいいよーー

 

 マーリン

イギリスBBC制作ドラマ。

アーサー王伝説に出て来るマーリンという魔法使いが主人公なんですが

これがまためちゃくちゃ面白い

キャメロットの王子アーサーとマーリンの間の友情が素晴らしく、ついつい

夢中に アーサー王子はかなりのイケメンだし。

でもグイネビアが黒人だったとは・・ありえないよねーー

 

 プライミーバル

イギリスBBC制作ドラマ。

地上に突然光の穴が出来て、それをくぐると恐竜がいた古代にタイム

スリップできるのです。当然、恐竜も行ったり来たり出来るので、大騒ぎ。

シーズン2では未来の生物まで登場し、怖かった

我が家のヨンジュナが大好きなドラマです。

 

 LALAテレビ

 王と私

今年一番泣いた韓国ドラマです。

時代はチャングムの二つ前。チャングム1話で毒を飲んで亡くなった

王妃が主人公

この女性に仕える為に自ら宦官になったチョソンとソンファ姫の悲しい愛

全66話だったかな?後半は泣いてばかりいました。あまりに可哀想で。

 

 ラブ・トレジャー

主演のキム・ソナとイ・ドンゴンが秋田にロケに来て話題になった作品。

考古学上の名品を鑑定する博士と警察官のコメディロマンス。

キム・ソナは日本育ちだから日本語が上手ですね

イ・ドンゴンがカッコイイので見てます。

 

 マードックミステリー

カナダ制作。19世紀のトロントが舞台で(イギリス領)マードックという

警視が当時としては珍しい科学捜査を展開。いわば19世紀版CSI?

 

 クローザー

これはめちゃくちゃ面白いドラマです。

甘い物が大好きでそれがないと生きていけない、ちょっと意固地な

ブレンダ・ジョンソンがロサンゼルス市警のボスに。

41歳でFBIの彼氏あり・・そして結婚。

何が面白いって、犯人を言葉で追い詰めていく過程が素晴らしいんです。

又脇を固める人達との交流も面白すぎっ

 

 AXN

 CSI 科学捜査班

今年、シーズン1から放送されているので毎日見てますが、かなりはまります。

ラスベガスが舞台で、そういう街ならではの事件が多いですね。

でも主任のグリッソムさんは虫オタクで・・ゆえにめちゃくちゃ気持ち悪い

場面も多々あり・・

 

 CSIマイアミ

こちらはマイアミが舞台です。ホレイショ・ケインは理想の上司ですね。

顔は怖いけどきめ細かな気遣いをする人で。憧れちゃう

CSI見てて思うのは「アメリカ人ってすぐにエッチするんだなあ」って事。

 

 LOST

やっとシーズン5が終わったところで

毎回「わけわかんない」といいつつ「HEROES」より面白いので見てます。

来年シーズン6でファイナルを迎えますが真田広之ご出演だとか。楽しみ。

 

 ヴェロニカマーズ

セレブの街のネプチューン高校に通うヴェロニカが学校内外で起こる

事件を捜査して解決に導いていく話。

元カレの姉が不審死した事件をずーっと通して追ってます

主役のクリスティン・ベルを見るたびにジュリー・アンドリュースを思い出して

しまう私なのです。

 

 コールドケース

WOWOWではシーズン5ですが私はまだシーズン3です。

舞台はフィラデルフィア。殺人捜査のリリー・ラッシュが過去の迷宮入り

事件を解決していく話で、それは60年前の事件にもあてはまってしまうのね。

しっとりとする泣けるドラマです

ただ著作権の都合でレンタルはなしです。

 

 ブラザー&シスターズ

シーズン3まで来ました。ウオーカー家の5人兄弟がおりなす家族ドラマ。

ここの次男ケビンがゲイでスコッティと結婚するんですけど・・・最初は

ラブシーンに目を背けていたのですが、さすがに慣れました。

スコッティってすごく性格のいい青年で(夫って事らしい)好きなキャラだわ

どんな事もお腹にためずに言葉にして解決をはかるこの家族のあり方は

素敵だなあって思います。

 

 しあわせの処方箋

始まったばかりのドラマ。

医療ドラマは多々あるけど、看護師が主人公のドラマってあまり

ないんじゃない?

看護師から見た病院、医師との関係など面白く描いています。

 

 FOX

 BONES

シーズン4まで来ました。ジェファソニアン法医学研究所のブレナン博士

とFBIのブース捜査官の恋愛に発展しそうでしない関係が楽しいです。

ブレナン博士ってアスペルガーっぽくていつも空気が読めないのね。

それをブースが一生懸命にフォローするのが面白いです

しかもブレナン以外の人達が常に恋愛騒動を起こしていて・・・・

思わず「アメリカ人って・・・・」と呟きたくなるんですけどね

(だって仕事中にSEXするわ、恋愛話はするわ・・)

 

 ドクター・ハウス

最初このドラマを見た時は、ハウスのあまりにも陰険で嫌味な言動に

腹が立って仕方なかったんですけど、慣れるに従って面白くなりました

原因不明の病気の正体を見極めるために「そこまでするかっ」という程

あれこれ試す(医療費が莫大なんじゃないかと心配になります)

ある時は患者を悪化させてまでっていうのが理解に苦しむけど、結果的に

よくなればいいっか と、思ってしまう所が・・・

シーズン4ではハウスが親友の恋人を死なせてしまうというオチが・・

 

コメント

今年を振り返る・・・海外ドラマ編2

2009-12-26 18:52:54 | ドラマ・ワイドショー

FOX

 

 NUMBERS

兄はFBI捜査官で弟は天才数学者。兄ドンと弟チャーリーが協力して

事件を解決します

シーズン4が1月から始まります。

最初は「数学苦手なのに・・・」と思いながら見てたんですけど、非常に

わかりやすく説明してくれるので自分も頭がよくなったような気になれる

シーズン3では出産の為、一時的にいなくなったミーガン役のダイアン・ファール

の美しさが目をひきます。

 

 ジャーニーマン

ただのタイムスリップドラマか・・・・と思いきや、とんでもなかったです。

新聞記者のダンがある日、突如タイムスリップして過去に戻り、

誰かを救って戻ってくるのですが、その間普通に時間が流れているので

戻って来た時には行方不明になったーーっと言って大騒ぎになるのです。

いつどこでどの時代に飛ぶかは本人もわからないので家族も職場の

人も翻弄されっぱなし・・・

でも結構面白かったですよ。

 

 メンタル 癒しのカルテ

精神科医のドクター・ギャラガーが薬に頼らずに患者を治していく

医療ドラマです。

最初はとっても面白かったのですが、最終回に近づくにつれて

意味不明な部分が多くなっていきます。

ギャラガー先生には統合失調症の妹がいるのですが、彼女をめぐる

エピソードはちょっとウザかったかも

でも意欲作なので続けてくれないのかなあ。

 

 スーパードラマ

 GSG-9

何とドイツのドラマです(全部ドイツ語・・・当たり前か)

ドイツの対テロ特殊班のお話なのですが、ロシアやトルコや中近東系の

移民も多く、それだけテロの脅威にさらされているんだなあと実感。

メンバーそれぞれ仕事が忙しく、家庭の問題も抱えており、そこらへんが

面白いですし、テロをしかける側の事情というのも何となくわかるなあ・・・と

 

 ダラス

これって11月から毎朝やってるのでシーズン1から見てますが、全部で

1年かかる名作です

最近、アメリカのドラマといえばCSIみたいなのばかり見てるので

テキサス州の田舎が舞台というのも新鮮に感じます

昔のドラマでドロドロの昼ドラっぽいところがウケたのかしら?

 

 ゴシップガール

ニューヨーク、マンハッタン地区のアッパー・イースト・サイドの名門校に

通うセレブな学生達の御日常を描いた作品。

主人公のセリーナが恋をしたのは身分違いのダン。

セリーナの親友、ブレアは高校の女王様的存在

とにかく並でないセレブぶりに仰天してしまいます。

シーズン1ではセリーナとダンは別れて、同じセレブ仲間のネイトとよりを

戻しそうな雰囲気なんですが・・・

酒ありドラッグあり、恋あり遊びあり・・ものすごいなあと。

 

 ミステリチャンネル

 REX

オーストリアで10年以上ヒットしたドラマです。

REXは優秀な警察犬。そのREXとリヒャルト刑事が事件を解決して

行きます。

何が素晴らしいって、ウイーンの景色が

建物も風景も多分100年前とそんなに変わってないんだろうなあ・・・・

そういう古きよきものを大切にする文化っていいなと

しかもREXは演技力抜群 リヒャルトに恋人が出来ると徹底して

意地悪したり、買い物したり携帯を受けたり・・・とすごい犬です。

 

 ROME

イギリスBBCのドラマ。

カエサル時代のローマの政治的あれこれを壮大な予算でドラマ化。

ヨーロッパのドラマってSEXシーンがやたら露骨なんですけど、これもそう。

子供とは見れません

 

 THE TUDORS

これまたイギリスBBCのドラマ。いわゆるヘンリー8世を新しい視点で

捕らえた画期的なドラマです。

なんと言ってもヘンリーが若くてハンサム しかも精力ムンムン。

アン・ブーリン役の女優は霧矢大夢みたいで可愛い

今、ヘンリーと王妃の離婚裁判が始まったところ。1月からシーズン2に

突入します。

 

 王立警察ニコラ・ル・フロック

フランスのドラマです

時はルイ15世時代のパリに警視として赴任してきたニコラが

事件を解決していくのですが、時は貴族社会でしょう?

一応貴族の血を引いているとはいえ、ニコラは庶民

ここらへんの身分的軋轢が時代を表しています。

 

 

コメント

今年を振り返る・・ドラマ

2009-12-25 07:52:00 | ドラマ・ワイドショー

 不景気な話ですけど、来年の3月までに派遣切りされそうな人は

25万人もいるそうです。1億数千の人口の中の25万人って結構すごい

数字だと思います。

一方で、ポッポ兄の記者会見を見ると、「知らなかった」の一点張りで

しかも辞任する潔さもない

確か、麻生さんとか福田さんとかに民主党の人は事あるごとに

「任命責任が・・・退陣しろ」と迫ったはず。

立場が変わるとこうも言う事も変わるって事かしらねーー

そんな大人になっちゃいけませんって。

しかも、6億だか9億だかになる追徴課税を「速やかに支払う」などと

いえてしまう

ぽっぽ家にとって10くらいはゴミのようなものでしょうか?

思えば安子さんという石橋家の令嬢はとんでもない「超お嬢様」だったわけで。

そんなお母さんに育てられた子供に金銭感覚が育つはずないし。

派遣切りで路頭に迷う25万人なんて「ふーん」なんでしょうね。

 

 総括 今年の国内ドラマ 

 

 ドラマ不振に嘆くテレビ局

というのが、今年もまたあったわけで。

結局、コストがかからずすぐにメンバーチェンジ出来てギャラも安い

お笑い系のバラエティが盛んになってしまい、その結果「倫理規定」

なるものが必要になってしまう程。

一週間のうちにバラエティとスペシャル番組がどれくらいあるか・・・

本当に日本人は「何も考えたくない」民族になってしまったのね。

 

 今年面白かったドラマは

 

視聴率だけでみると

1位・・・天地人

2位・・・JIN

3位・・・MR BRAIN

4位・・・コードブルー新春SP

5位・・・相棒

だそうです

「天地人」で最も視聴率をとったのが、加藤清史郎君が与六役で

出てた回。

わしもこんなところに来とうなかった」が名台詞になりましたね

(昔、「伊達政宗」で「梵天丸もかくありたい」ってのがありましたっけ)

加藤君はその後CM王子になって大活躍

でもドラマ全体としての出来はあまりよくなかったみたい。

坂の上の雲」の為に早く終了させられるし、お気の毒な事でした。

 

JIN」はぶっちぎりの大穴狙いでやってきたみたいなドラマでした

これはやっぱり続編を作るしかない?

MR BRAIN」は1話と2話にあれだけ豪華なゲスト出演者を出して

視聴率が取れなかったらやばいでしょうレベルでしたよね

あざといなあ・・・と思いつつも結構楽しく見てました。

 

相対的にみると、やっぱりジャニーズをキャストにすると強い・・・というのが

ありますが、それも今年までで、来年からはわからないぞーーと。

 

個人的には

 

1位・・・JIN

2位・・・BOSS

3位・・・任侠ヘルパー

4位・・・ラブ・シャッフル

5位・・・コールセンターの恋人

6位・・・ザ・クイズショウ

7位・・・MR BRAIN

8位・・・サムライハイスクール

9位・・・オルトロスの犬

 

ってな感じでしょうか。

BOSS」はお正月に再放送ありで楽しみ。

低視聴率に嘆いた「コールセンターの恋人」も再放送で見ると絶対に

面白いと思います。

ラブ・シャッフル」は野島伸司の脚本ですが、出演者の芸達者ぶりと

内容の濃さっていうか、奥の深さを感じます。これまた再放送でぜひとも

楽しんで頂きたいです

 

今年は天海祐希が大活躍の年でした。前年のアラフォーと「BOSS」

すっかり「強い女」路線が定着して、かっこよくて素敵な女性としての

認知が広まったと思いました。

来年は「JIN」で活躍した綾瀬はるか中谷美紀がブレイクするといいな。

 

俳優では小栗旬がなんと言っても旬でした

でも残念だったのが水嶋ヒロ。せっかく「メイちゃんの執事」でブレイク

したのに、その後は顔に合わない役ばかりでつまづき

来年はノーブル路線で頑張って頂きたい。

 

 今年のワーストドラマは

 

これまた個人的ですが

 

1位・・・婚カツ!

2位・・・僕の妹

3位・・・ギネ

 

かなあ。それと中山優馬主演の吸血鬼ものもひどかった・・・

堀北真希主演のもちょっと・・・・・

堀北・・大河ドラマではいいと思ったけど、今後は大変かも。

 

来年も楽しいドラマを見せてくださいね

 

 

 

 

コメント (2)

のだめカンタービレ

2009-12-24 09:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 TBSに「JIN」の続編があるのかないのか、問い合わせの電話が

沢山かかりすぎて社員がブチきれたとかいうお話です。

一応、現在は予定なし・・・という事だそうですが、映画化に向けてキャストの

スケジュールを押さえにかかっているとも言われ

やっぱりラストの包帯男とホルマリン漬けの胎児についての種明かしが

なかったのが問い合わせの要因かも。

これで「続きは映画で」ってなったら第二の「仮面ライダーディケイド

になっちゃう

何でもかんでも映画化してテレビは再放送で視聴率稼ぎする

あざといなあ・・・来年は「交渉人」「ライアーゲーム」に「のだめ後編」が

あり「任侠ヘルパー」も映画化予定

(「ライアーゲーム」なんて映画で見て面白いかなあ・・・・)

映画とドラマの垣根がなくなってきたような気がします。

 

 のだめカンタービレ 前編 

 

姫ちゃんと見てきました

いわゆる先日再放送されたスペシャル編を見てないとわからないような

私、再放送をみないで行ったのですが、ちょっと忘れちゃってる部分も

あり・・・

それと勝手に吹き替えの場面がちょっとうざいかなあ・・・・

だって日本人は日本語でしゃべってるのにあっちはフランス語でしょう?

でフランス語だけ吹き替えって慣れるのが大変

まあ、ウエンツにしてもベッキーにしてもなだぎさんにしてもエセ外国人

ではあるんですけど・・・・(竹中ミルヒとエリーゼはその最たるもの)

でもそれを日本でやると違和感ないけど、本場フランスでやられたら

さすがに「嘘だらけ」で「違うだろっ」と突っ込みを入れたくなります。

せっかくいい映画なんだし、ドラマも含めてヨーロッパの方々にも見て

欲しいなあと思うけど さすがにエセ外国人と吹き替えで終わったな・・と。

 

 今回は玉木ファンに嬉しい仕上がりになっていました

始めから終わりまで玉木君オンリー って感じ。

色気のあるシーンは皆無で、のだめちゃんはぶん投げられたり

引きずられたりばっかりしてましたけど、でも仲がいい二人だなあと

ちょっとほっこり

 

見せ場はなんと言ってもコンサートのシーンでしょう。

最初に「ボレロ」・・・これでまさか爆笑するとは思わなかったけど

だってーークラシックだよー 名曲だよーー

それが・・・それが・・・・いやーーお腹が痛くなるほど笑い転げてしまって。

指揮をする千秋の顔がまたおかしくて。

いやーー面白かった。

 

でも、その後の仕切りなおしコンサートシーンの素晴らしかったこと。

私は教養がないのでクラシックは苦手ですけど、

チャイコフスキーの「序曲1812」とバッハの「ピアノ協奏曲」は

みじろぎもせず聞いてしまいました

「序曲」を聴くとバスチーユの場面が蘇るのはヅカファンならでは

何が素晴らしいって・・・やっぱり千秋の指揮者っぷりのかっこいいことっ

日本人としては背が高くてもヨーロッパ人の中では決して大きくないのね。

でも、体が細いしすらりとしているから燕尾服がよく似合って

男役も真っ青

しかも指先の滑らかさと表情の素晴らしさは脱帽

ドラマではまだまだ素人っぽいなと思ったけど、映画では名指揮者です。

あんなにイケメンで表情豊かな指揮者がいたら、ホールは常に

満杯だろうなあ (すっかり玉木ファン)

 

美しいのは指揮する姿だけじゃなくてピアノを弾く姿もダビデのようでした。

色が白いので黒の服は似合い、尚且つ真剣な表情と腕の動きの

しなやかさは演技の枠を超えているかも

今、日本に求められているのはこういう俳優さんなんだなあと。

演技派は沢山いるし、イケメンも確かにいます。でも両方兼ね備えた

カリスマ的な俳優は数十年に一人出るかでないか。

玉木宏は間違いなくその一人でしょう

MW」の時も思いましたけど、とにかく外国人の中に混じって

まったくひけをとらない体型と容姿なんですよ

(藤原竜也もそういうタイプだけど、もう一枚皮がむけないと駄目)

憑依型なのかなあとも思いますが、計算も随分働きそうだし。

ミステリアスな雰囲気を持った俳優さんですね。

 

上野樹里ちゃんは今回、映画の展開と同じで、玉木君に引き離された

ような気がします

後編ではばんばんピアノを弾くシーンがあるし、ほぼ出ずっぱりみたい

なので、期待してますけど・・・

かなり芸達者なベッキー  とにかく迫力ある演技でよかったな。

好感度抜群の努力家なのね

日本とフランスを日帰りで往復したとか言ってたけど・・・タフさもいいわ。

 

竹中直人は相変わらずのミルヒで・・・

でも、千秋が自分のピアノの出来を尋ねる場面で

屈折して暗い千秋らしい」と評したのには感服 (台詞ですけどね)

という事はつまりのだめが「陽」で千秋が「陰」なのかあと。

 

今回はライジングスターのメンバーがあまり出てこなかったけど

後編では一杯出てきそうで、それもまた期待。

時間を忘れて楽しませていただきました。

 

コメント

天皇陛下76歳に

2009-12-23 08:22:30 | 皇室報道

 今日は天皇誕生日

陛下は76歳になられました。おめでとうございます

今日は可愛いお孫様達に囲まれて至福の時をすごされますよう。

そしてまた1年、変わらずにお元気でお過ごしになられますように

心からお祈り申し上げます。

 

 さて・・・今年は即位から20年。ご成婚から50年目の節目だった

わけですが、皇室をとりまく環境は厳しいものだったと思います。

東宮家に対する批判はなりやまず「廃太子論」まで出てしまい・・・・

とはもうせ、陛下は「次世代に譲る」「皇太子と秋篠宮の考えが・・」とだけ

話されて、本当の本当は何をお考えになっているのか、庶民にはさっぱり

わかりません

いっそエリザベス女王のように「今年はひどい年だった」とか

はっきり意志表示して下さればいいのにと思ってしまいます

毎年毎年、和歌や文書の裏を読み解くのには疲れてしまいました

何にも変わらない皇室の現実には失望を禁じえません。

 

 両陛下とて、50年前、ご結婚を決意された時にまさかこうなるとは

思いもされなかっただろう事はわかります

結婚されて1年後に浩宮が生まれ、昭和天皇のような跡継ぎがいない

という悩みがなかった事に運命を感じたりしたものです。

しかし、50年後、もうすぐ50歳になる皇太子は誕生の時に受けた祝福

の嵐を見事に「失望」の嵐に変えてしまいました・・・・・

今の状況はご長男によって

 両陛下の結婚そのものが否定されている

 両陛下のありようが否定されている

という事で、苦労して育てた甲斐がなかった 何でこうなってしまった

んだろうとお悩みの日々だと思います。

その根本原因については今年の皇室を振り返る事で長々と語ろうと

思いますが

もう時はすでに沈黙は金ではすまない状況になっているという事だけは

陛下にご理解を頂きたいなと・・・・不敬ながら思うのです。

このままでは秋篠宮妃が命をかけてお産みになった悠仁親王の即位が

阻止され、という事は国民の間にじわじわと

「じゃあ、一体あれは何だったの?頑張っても報われない人生って何?」

みたいな空気が広がります。

政治の上ではすでにそういった絶望感は大きく根を張っています。

せめて皇室だけは・・・と思うのは贅沢な事なのでしょうか?

コメント (4)

まだ言うか小沢!!

2009-12-22 09:41:03 | 政治

 今更ポッポ兄に謝られても国民は納得しません。

 暫定税率 → 名前を変えて維持

今まで自民党がそういう事をやってきて、散々批判して来たのは一体

どなたですか 総選挙前の街頭演説のあれやこれやのビデオを

全部ポッポ兄に送りつけてやりたいです 何度でも。

名前を変えて維持するくらいならやらない方がまし。紙と人件費の無駄。

 

 子供手当て → 所得制限なし

偉そうに「私が決断する」とかいって、出来た事がこれだけ

さすがにこれまで小沢(氏とかさんとかつける気にならないので。ごめんね)

の言いなりでは面子が丸つぶれ・・・という事で出来レースの「ご決断」

でも、結局国費では賄いきれずに地方と企業に半分負担させる?

ポッポ兄は少子化を加速させるおつもり?

自分は子供一人だけだっけ?

じゃあわからないかもしれないけど、企業では妊婦切捨てが平気で行われて

いるし、子供がいる人は疎まれる風潮があります

まして、企業に負担なんかさせたら

「子供産む人いらない」って話になるでしょーがっ

 

 高齢者女性は民主党支持?

橋田女史曰く「だって民主党の人達ってかっこいいじゃない?

自民党も小泉2男を前面に出せば見込みあるわよ」なんて言ってますが

正直、女性が女性をバカにした発言ではないかと

いくらなんでもそこまでバカじゃないでしょう。

じゃあ、何で高齢者女性が支持? それは多分・・・某宗教団体と

某民団の婦人部が頑張っているお陰じゃないかと

(たすきかけてお題目唱えている人とかーー日本語じゃない人とか)

 

さて本題。

 

 小沢「特例会見は国事行為発言を撤回 

 

・・・というようなタイトルをつけてはいますが、中身はとんでもない。

反省するどころか「まだ言うか!どこから来るその傲慢さ」の一言です。

 

 憲法で規定している国事行為にはそれはない。

 しかし、憲法の理念と考え方は、天皇陛下の行動は内閣の助言と

   承認によって行われなきゃならない。

 天皇陛下には全くのプライベートはないに等しい

 天皇陛下の行動の責任を負うのは内閣。

 国民の代表、国民の選んだ政府、内閣が責任を負う。

 内閣が判断されたことを受けて天皇陛下が行動されるのは

  当然のことだと思うし、天皇陛下にお伺いすれば

   当然のこととしてやってくださることだと思う」

 

 こういう屁理屈こねる子供っていませんでしたか?すぐに

  「そんな法律ないもんね」とか「だって法律にあるじゃん」と言い返す

  バカ。いつから小沢大本営が出来たのか?

   彼を見てると東條英機も真っ青。731部隊の石原莞爾に見えてくる。

  教科書に載らない極悪人という事です。

 

 陛下が即位の時から「憲法を遵守する」とおっしゃっていることを

  逆手にとって「それじゃあ政府の言う事をきいて貰おうじゃないの。

  天皇なんだからさ。憲法規定の内閣は国民が選んだんだからね」

  ってな感じ? 今となっては「憲法遵守」なんて言わなければ

  よかったのに・・・・ と、思ってしまう

  「私は憲法の外にいる存在」でよかったんじゃないか?

 

 っていうか、内閣が決めた事をやるとか言ってるけど、今回の

  「特例会見」は内閣に属さない小沢が指示した事じゃないの

  あんたは内閣より偉いのか?

  しかも、この発言を聞くと「内閣の名によって天皇をいいように動かす

  権利がある」と言っているようなもの。

  これこそ憲法違反にならないんでしょうか?

 

 それに「天皇にプライベートはない」っていうのも、あんたが言うべき

  台詞じゃないでしょっ 天皇は内閣のロボットなんですか? 

  こんな失礼な事を言われたら私だって怒る。

  昔ならあっさり「譲位」だよ・・・

  今上が後水尾天皇に見えて来た 泣けちゃう。

  今は怒って譲位すら出来ないっ

  どーすればいいわけ?早良親王の祟りでも呼び込む?

  現代版安倍清明がいて皇居と秋篠宮家に結界を張って欲しいです。

 

 オカルト頼みしか出来ないって事が情けない。

  でも、それもこれも親不孝な東宮のせいかと思うと

  愚痴ばかり出てしまいます。

コメント (6)