ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

ダンディ・ダディ・任侠ヘルパー

2009-07-31 08:03:52 | ドラマ・ワイドショー

 本日もヨンジュナ君、お熱で保育園をお休みです。

朝、塾へ行くにジュニアに甘えんぼして「抱っこ」をせがむと、ジュニアは

ぎゅっと抱っこしてほっぺにキスまで・・・キスしたーーー

ずるいーー ママもーーー 嫉妬ーーー

 

 ダンディ・ダディ 

 

 あかりと小早川は「ロミオとジュリエット」を演じる事に。

 龍之介は自ら脚本を書き直し、ラブシーンカット、死なない設定に。

 実は龍之介と妻もロミジュリのような関係だった。

 

 娘がジュリエットを演じるからって、わざわざ学校に来てあれやこれや

  指図し、コバちゃんが手を取ると怒りだし・・・本当にうざいパパやねん

  このお父さん、仕事ちゃんとしているのか?

  毎日、娘の事しか心配してない癖によく新作を書けるよね。

  しかも、サイン会では人格が変わるし

  言ってることとやってる事が真逆だわーー

 

 龍之介と佐々木が「父親の威厳」について珍しく意見を一致させた

  お店。ああ言う場所、憧れるわ

  重厚な家具と落ち着いた照明。一人っきりでも安心して本を読みながら

  お酒が飲める・・・・そういうお店っていいよね

  安くてそういう場所ないかなあ・・・・

 

 「死を持って恋愛を成就する」事が「素敵」と言う生徒に向って

  「本当に好きなら死に逃げずにお互いの家族を説得すべきではないか

  「ロミオが死んだらジュリエットも死ぬのではなく、ロミオの分まで

  生きるべきではないか」

  という龍之介のセリフは「そう言われてみればそうよねーー」的な感じが

  致しました。

  でも、シェイクスピアの原作を勝手に変えちゃっていいのか?

  娘のラブシーンみて気絶する龍之介・・・・ダメだこりゃ。

 

 いつも龍之介にくっついてる二人にもそれぞれドラマがあるようなので

  それは楽しみにしています。

  それにしても、コバちゃんの父が佐々木?

  まさにあかりとコバちゃんはロミオとジュリエットだわあ

 

 任侠ヘルパー 

 

 介護詐欺の話。

 正規のヘルパーではしてあげられることに限界がある。

  その盲点をついて現金を盗む手口。

 

 なんて言うか・・・彦一って動きがないキャラなのね。

  いつもしゃべっているのはよその人ばかりで。

  しかも、彦一はタバコ吸ってるか、睨みつけてるか・・たまにキレるか。

  主役なんだし、もうちょっと感情をあらわにしてくれないと困るわあ

  すっかり黒木メイサに主役の座を明け渡している感じ。

  他のメンバーは添え物?

 

 綾という詐欺師が自首して・・・でも、鷲津組の借金は残るという話を

  自分とこの若頭に話して解決しちゃう彦一って結構策士?

  でも、どうやって説得したんだろう

  その過程が一切描かれていないので、経過はわからず。

  普通はありえない話だから?

 

 老人達が騙されても細かい親切をしてくれる人が欲しいという気持ち、

  何だかっわかります。

  さみしいという感情、今はあまりない私ですが、きっと家族が離れたら

  究極の「孤独」を感じるでしょうね

  そうなった時「自分を気にしてくれる」人の存在がどんなにありがたいか。

  「だったら家族が面倒みろよ」というセリフがありましたが、

  家族にも事情があるのよーーー

  ヘルパーはそんなことを言っちゃいけないのです。

 

 親切=依存に繋がる事があり、施設のヘルパーは出来る事と

  出来ない事の線引きをしているようですね

  「家族」ではないけど「家族の代わり」でも「甘やかさない」という考え。

  まさに介護は奥が深いなと思います。

 

 でも・・・結局、ヤクザが介護するってどういう事なんでしょうか?

 

コメント

となりの芝生・赤鼻のセンセイ

2009-07-30 09:39:09 | ドラマ・ワイドショー

 本日発売の新潮で仕入れたジェンヌOGネタ

 

 檀れい・・・今最も旬な女優。「待ってるからー」の金麦CMでおじさん達の

         ハートをゲット。でもちょっと高ピー?

         「ゼブラ」は3女が主役なのに、檀ちゃんが出るって事で

        わざわざ2女が主役に書き換えたのに結局降板。

        取材か何かで上座を開けて待ってたら

        「ここに座ったらみんなから見えるじゃない。

       私を誰だと思ってるの

        と言った

まあ・・宝塚ではいわゆる劣等生の檀ちゃん。いくらトップ張ったといえども

同期の中では一番後ろだしね・・・今、ちょっとちやほやされて嬉しいのかな。

でも「上座」の件は同情の余地あり

ジェンヌさんは一般のお店にも多々入りますけど、上と下より周りから

視線が入らない位置に座る癖がついているんですよね

 

 一路真輝・・・白昼堂々ウッチーと大げんか。二人とも発声がよくて

           声は通る。どうやら一路が引っ越しトラックに乗って

           どこかへ行った模様。

           「いかないでくれ」とすがりつくウッチー・・

           まるでドラマのような

           でも、これはウッチーが稽古用に借りた部屋へ運ぶ荷物だった?

現在子育て中の一路さん、高齢出産で3歳児の育児は大変。

そろそろストレスが爆発かもね

 

 となりの芝生 

 

 知子は働きたいと思い、親友の時江の元を訪れるが、反対される。

 しかし、時江が務める会社の社長は知子を会員制クラブの

   支配人として採用したいと言い出す。

 太郎は新しい学校で勉強についていけず落ち溺れている。

 

 泉ピン子姑の気分の変わり方ってうちの姑によく似てて、私はいつも

  戸惑ってばかりなんですよね。

  「たまには実家へ行ってゆっくりしてらっしゃいよ」って言うかと思えば

  外出が自分とかちあっただけで不機嫌になってしまう

  素直に合い鍵持って出かければいいのに、何が面白くないんだろう・・って。

 

 ドラマ冒頭で知子の妹のセリフ。

  「給料が上がるより物価が上がる方が先」っていうのは時代遅れでは?

  今や家も安いけど給料も安いのが現実だもの

  でも・・・旦那さんの手取り37万で15万のローンかあ 半分ローン

  なんて組み方、今はしないんじゃないの

  それに15万の生活費でやっていけないって・・・は?って感じだけどなあ。

 

 息子の成績が悪いのを母親のせいにする夫ってサイテー

   しかもすぐに妻の顔をひっぱたく。これって今でいうなら立派な

   DVだよーー

   なんていうか・・・昔の「夫」って今の70代は夫としてのプライドを

   守るためだけに結婚して家族を持っているのか?という気がするけどね。

  そういう親を見てきた太郎や花子世代が非婚化するのってわかるわあ。

 

 でも結局働く事にした知子さん。

  男性ばかりの会員制クラブの支配人。昔のドラマでは山本陽子さんの

  素敵なドレス姿が印象的でした。瀬戸朝香はそこまで化ける事が

  出来るんでしょうか

 

 赤鼻のセンセイ 

 

 腎臓病を抱える田中はいつも授業中にマンガを読んで無口。

 以前は優等生でソフトボール選手だった。その過去を消せずに

  苦しむ田中。

 石原は田中とソフトボールの試合をする。

 

 腎臓病の子ってもう少し顔がむくんでて黒っぽい印象があるんですけど

  さすがに田中ちゃんにそれを求めるのは無理がある?っていうか、

  神木君以外、誰も病人に見えないのはちょっと問題

  アメリカのドラマなんかだともう少しリアルだけどなあ。

 

 とにかくこの「赤鼻のセンセイ」はショック療法がお好きというか。

  過去を忘れられない子にトラウマになってるソフトボールを持ってくるとは。

  でも確かに乗り越えられないと先はない。

  田中の行く先にあるもの・・・それは生か死

  「人間は誰でも死にます。死ぬ事が素晴らしいんですか」なんて言われた

  日にはドクターじゃなくても落ち込むよね

  病気になる前の何でも出来た自分・・そして先が見えちゃってる自分。

  無気力になるのもわかるなあ。

 

 でもようやく田中は前向きになったみたいでよかった

 

 ソフトボールのグランドに八重樫を座らせるのはちょっと

  喘息だよ?砂埃が最も毒になるんじゃないの?

  普通は感染症が心配な患者は外に出さないけど、まあドラマだから

  仕方ないかなあ

 

 

コメント

3-5歳の教育費無償化って・・・

2009-07-29 09:14:13 | 政治

 おとといの夜から我が家のヨンジュナ君がお熱を出しまして・・・

「もしかして新型インフルエンザ?」と思ったのですが、幸いにして

ただの風邪らしく。

微熱で元気なのはいいんだけど、ずっとお付き合いしないといけないので。

疲れます・・・・

なので簡単に。

 

 自民党のマニフェスト 

 

 財源は消費税等、税制の見直し

 集団的自衛権の行使が出来ないとする憲法解釈の見直し

 3-5歳児の教育無償化

 返還義務のない奨学金設置と低所得者の授業料無料

 2015年までに国家公務員を8万人削減

 2017年までに道州制導入・食料自給率50%

 後期高齢者医療を存続させつつ中身の見直し

   低所得者の外来料金の上限を半減

 中福祉・中負担こそ現実的

 

 いつの時代も「中流家庭」が負担を強いられるのは変わらないんですね。

  低所得者って一体年間いくらの事なんでしょうか?

  シングルマザーや生活保護家庭でなくても、それ以上に家計が苦しい

  家の方が多いのじゃないかと思うのですが、そこらへんはまるっきり

  恩恵なし? (それは民主党も同じ)

 

 3-5歳児の幼稚園・保育園の教育を無料化っていうけど・・・・

  めちゃくちゃ範囲が狭いじゃない?

  幼稚園はともかく保育園は「認可・無認可」平等に扱ってくれるの?

  っていうか、待機児童の方が多いのに、そちらを何とかしてくれるんじゃ

  ないの?

 

 返還義務のない奨学金・・・成績次第って事かなあ。これまためちゃくちゃ

  範囲が狭くて、中程度の学力じゃ無理かも

 

 財源は税制の見直しって・・・・民主党みたいなのも困るけど

  あからさまに「節約しません」といわれるのもちょっと

  消費税を上げる前にする事があるでしょう 

 

 本当に国家公務員を削減なんて出来るんでしょうか?

  結局、自民党も民主党も絵に描いた餅だよなあ・・・・と。

 ワイドショーに出演し、ものすごく切羽詰まった事をおっしゃっていた

  中田市長・・・・何とかしてよ。この国の政治。

コメント (2)

思想が問題かなあ

2009-07-28 09:09:02 | 政治

 昨日も虹が奇麗でしたね。

 

  民主党マニフェストについて 

 

 子育て支援・手当半額支給

 高校無料化

 医師不足対策

 農家に個別手当

 暫定税率の廃止

 高速道路無料化

等など・・・色々「おいしい」予定が詰め込まれていて、これだけで

一般の人は「本当にできるの?」と思いつつ「やってくれるんだろうなあ」

と考えるでしょうね。

麻生さんより鳩山さんの方が優しそうな顔だし、民主党の人達はみんな

「庶民の味方」みたいな顔してるし

 

自民党や識者がいくら

 財源はどうするんだ・・・・ばらまきかい

と言った所で、ばらまきはすでに麻生さんもやってる事で、大きな顔は

出来ないでしょう。

民主党としては

 無駄遣いを無くす

 埋蔵金

で財源確保とか言っているようです。公務員をリストラしよう、公共事業を

やめよう・・・沢山節約して、それで埋蔵金を使えばOKって感じ?

 

 でも・・・それは1年や2年なら出来るかもしれないけど、今後10年を

見据えるとそうはいかないよね。

そうなると、「増税」という話になるわけで。

結局は

 消費税の増税

 独身者・単身者の増税

という事になるのかな・・・結局はかなり不満が残りそうです。

 

それでも、何も知らない一般庶民は「民主党マンセー」って言いそうだよね。

ネット上では、何度も「民主党の危険度」が書き込まれてはいますが

新聞やテレビではそんなこと言わないし。

うーん・・・後の祭りって事になるのかなあ。

 

そう、民主党の問題は政策ではなく「思想」なんですよ。

 日本は日本人だけのものではありません

 外国人参政権・在日援助・国籍法改正等など、日本という国を

日本人以外の人達に有利に動かそうとするわけ。

一見博愛主義のように見えるけど、何となく民族崩壊の危機を

あおっているようにみえます。

 

 中国・韓国・ロシアへのあこがれ

 ゆえにアメリカは嫌いっ (でも今のアメリカは中国が好きだけど)

  民主党が政権を取ると、毎年夏には中国や韓国に謝罪して回り

  竹島や対馬を韓国にあげちゃったり・・・・揚句は「日本は中国の弟」

  とか言い出しかねないような恐ろしさが

  そうそう、村山総理って社会党の人でしたっけ・・・・・

 

だから政治って信用できないのよね。

真面目に民主党が政権をとったら「国を守るより殺される方がいい」とか

言い出しそうで・・・・

何で日本ってこんなに日本を嫌いな人が多いんだろう。

どこの国だって自分の国が一番で有利に導こうとするものなのに、日本だけは

逆に損になるように動かそうという人達が沢山存在するの。

変な国。

 

自民党も民主党もダメだったら・・・・次はどこ?

 

 

 

 

コメント

麻生発言・・・怒る所が違うよ

2009-07-27 08:55:44 | 政治

 全く・・・麻生さんと来たら。

ワイドショーにネタを提供してどないすんのや

ワイドショーは連日の千葉の連れ去り事件も終わって退屈している。

そこに「失言」が来て「やったー」(BYマシオカ)状態じゃないの?

判で押したように「上から目線の総理」「言葉の使い方がわからない」と

コメンテーターの方々は怒ってるけど

でも、私は「怒り所が違うでしょ」と言いたいです。

 

 日本は65歳以上の人たちが元気。

  その元気な高齢者をいかに使うか。

  この人たちは皆さんと違って働くことしか才能がないと

  思ってください

 

 80を過ぎて遊びを覚えても遅い。

  遊びを覚えるなら青年会議所の間くらいだ。

 

 60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。

  働ける才能をもっと使ってその人たちが働けばその人たちは

  納税者になる。日本の社会保障は全く違うものになる。

 

これに対して鳩山さんの発言

 私の母は、85(歳)を過ぎてから韓流スターに会いたいとハングルを

  勉強し始めた。人生はまさにいろいろある。

  働くしか才能がないという言い方はどう考えてもおかしい。

 

社民党の福島さんの発言

 首相は、いろんな人がいるのに十把一からげにして

   人々の生活を見ていない。

  自民、公明両党に政権を担当する資格はない。

 

共産党の志位さんの発言

 (高齢者を)侮辱するような発言だ。国民の苦しみや願い、

  痛みに対してあまりにも鈍感で、そういうものに心を寄せる姿勢がない。

 

 さて・・・・麻生さんが常に上から目線である事は周知の事実で

  しょうがないのね。なんたってそういう「お育ち」なんだもん

  自分も高齢者の中に入ってるのに、ああいう事を言えるって事は

  自分はまだ老人じゃない。ちゃんと仕事してるぞ・・・と言いたいのね。

  まるっきり意識がうちの舅と同じで、こういう人には何を言っても無駄

  なので、苦笑いしているしかない

 

 鳩山さんの「私の母はハングルを習ってる」って発言も、私から見たら

  十分に「上から目線」なのよ

  だって、韓国語を習うお金や韓国にいくお金や付添人に苦労しない

  発言だもんね 

  どんなに元気で意欲があっても金銭的に教室に通えない人やDVDデッキ

  も買えない人が沢山いるんです

  宝塚やヨン様のファンは「お金もちのおばさま」達によって支えられて

  いる部分も多いので、鳩山発言はちっともフォローになってません。

 

 福島さんの発言は「鬼の首をとったかのような」反論で・・・・私は

  好きじゃないのね。論理的に聞こえないので。

 

 麻生発言の根本的問題点は決して、彼のお坊ちゃま的苦労知らずの

  部分ではないのです。これは「差別」なんだという事ですよ。

 

 働くしか能がないと思って下さい。

こう言われて怒る高齢者って実は少ないんじゃないかと。

なぜなら今の高齢者あたりから「濡れ落ち葉」なる言葉が出来たわけでしょ?

定年後、やる事がなくて妻の後をうろうろくっついて歩く夫。

定年後の生活設計が出来ずに家族の負担になる老人。

そう・・・つまりこの発言は「男性限定」で「女性」は含まれてないのです

高度経済成長を支えた男たちは確かに「働くしか能がない」でしょう

女性達は知らない間に自分の生活を確立しているから高齢者になっても

趣味や生きがいに困らない

つまり、ここで問題にしなければならないのは、麻生さんの言う

「65歳以上の高齢者」=男性 って事ですよ

女性は視点に入らない・・・女性差別って事ですよ。

 

 納税者になる

 

これは

65歳以上で働く人 → 納税者 → 年金を半減 → 社会保障費を削減。

65歳以上で健康な人 → 病院にいかない → 健康保険を削減

という事で完璧に政府に都合のよい発言になるんですけど。

ここで問題にしなければならないのは

 老いを認めない事

なんです。

人間は誰でも老いていきます。40歳を過ぎれば体力も衰えて来ます。

あちこち故障する事もあるでしょう。成人病になってしまうこともあるし

足が膝が痛くて歩けない、腕があがらない、早く歩けない、階段が辛い

薬が欠かせない、無理するとすぐに倒れる・・・等など、嫌だけどそれが

老いていく人間の姿なんです

でも、その代わり若い人にはない「知恵」とか「知識」とか「人間性」を持って

尊敬され、敬われる存在が「高齢者」なんですよね。

でも、その「老い」を否定されたらどうですか

 

さらに「納税者になる」という事は国に負担をかけない国民になる事で。

そうでない人は「非国民」であるという事です。

残念ながらどんなに健康に気を使って元気でいても、本当に若い人のように

は動けないし、衰えるのも早いです

三国連太郎も黒柳徹子も森光子もかなり元気だし、立派な納税者で、

しかも人一倍健康に気を使っている人たちでしょう

でも、あの方達は自分のペースで仕事が出来るという特権を持っているし

今や仕事は趣味と実益を兼ねたようなもので、一般国民の「労働」とは

違うと思います。

 

 今時は「アンチエイジング」が流行して、何歳になっても若く見えて

  肌もつやつやで白髪もなく、健康そのものでいようとする動きが

  あるようですが、それでも「老い」るんですよ 確実に。

  人間の自然な流れを否定して労働を強要し、国家の為になる人だけが

  評価されるような国は・・・・・怖いです

  一種のファシズムです。 (麻生さんは自分が健康だからこんな事

  全く意識してないでしょうけど)

  奴隷制度と同じで働けなくなったら殺されちゃう社会になりそう

  マスコミはここを怒るべきなんですよね

  そして鳩山さん達は、本当にそういう考えを持っているのかないのか

  ちゃんと麻生さんに問うべきです

  「上から目線」なんてどうでもいい。

  ファシズム的考えこそが怖いのですから。

 

 

 

 

 

コメント (5)

官僚たちの夏

2009-07-27 08:46:17 | ドラマ・ワイドショー

 YOSHIKIがアメリカで頚椎間板ヘルニアの手術をするそうですね。

手にしびれが出ているという事は相当進行しているって事ですよね。

でも、首って手術できるんですか?

私も同じ病気持ちで、とにかく痛いし肩は腫れているしで辛いけど

痛みどめとシップくらいしか治療法がないような話で

首って難しい場所ですし、失敗したら大変な事になると思うんですよね・・・・

だからアメリカなんでしょうけど

でも彼って腰もヘルニアじゃなかったですか (私もだけど)

腰と首って連動しちゃうのかしら?

 

 官僚たちの夏 

 

 繊維業界の自由化が承諾され、中小企業が潰れていく。

 風越は保護貿易推進派で玉木は自由化を推進。

 

 またまた社会で勉強したような内容が出てきて、今頃になって

  「そうだったのか」と思う事しきりですが、「繊維の自由化は第二の

  黒船だ」という池内さんの言葉が非常に重いです

 

 それと安保闘争が関係しているなんて・・・・歴史って本当にすごいわ、

  風越も玉木もどちらも日本の未来を考えて行動しているけど

  出発点が違うって言うか。

  風越は真の意味で「日本人」なんだろうなあと

 

 繊維がダメで鉄の時代に行くけど、次はコンピューターなのね。

  産業の移り変わりがよくわかって勉強になります

コメント

2回目のエリザベート

2009-07-26 18:18:51 | 宝塚コラム

 先週から外出続きで・・・昨日も今日も連ちゃん。

明日からが怖いっ 今すぐ眠れそうだもん

さて、本日、2回目の「エリザベート」を見てまいりました

 

1回目の感想は  こちら

色々細かい部分も目についたんですけど・・・記憶に残っている部分だけ。

 

 品のないヘレネにがっくり

 

ヘレネ役って誰でしたっけ(プログラムを見るのも面倒なので)

出てきた瞬間から唖然としてしまいました。

あまりにもがさつで品がない・・・・おしりを突き出して転んだり立ったりって

いくら何でもひどすぎる どういう演出なんですか?

ヘレネはエリザベートと違って優等生のお姉さまの筈

なのにエリザベートよりがさつで、お茶を飲んでる時も、フランツが立ちあがって

向かってくる時の控え方も・・・ひどすぎ。

 

 星条海斗に拍手

前回も思ったんですけど、多分今回の公演で一番上手で面白いのが

星条海斗であると思います

声は綺麗だし、演技はコミカルで面白いし

「ミーマイ」博多座の弁護士さんも最高によかったけど、この方はほんと

いい男役になったもんです 期待してます

 

 遼河はるひ・・・・気の毒すぎる

今回、ルドルフを演じたのが遼河はるひなんですけど・・・・・

「迷いのルドルフ」「優柔不断で気が弱いルドルフ」って感じでした。

声も所どころ消えたりするので不安で聞いてられないし、演技も少しも

王子様っぽくないし

まあ・・・わからなくもないけど。

階段おりで下級生に抜かされ、役も3人で替わり・・・一応、上級生として

立てて貰ってはいるけど、内心は冷や冷やもんというか。

諦める潔さもなければ闘志を燃やすわけでも、開き直るわけでもない

まさに迷いのど真ん中。ゆえに演技も何もかも中途半端で素人っぽい。

宙組時代のがんばってるあひるはどこへ行った

私のゆみこちゃんだって苦労してるし今もって危ないけど、でも悟りを

開いて頑張ってる こう言う時こそ与えられた役をしっかり自分のものに

して歌はともかく「まるでルドルフが乗り移ったかのよう」と思われなければ。

 

 あとは・・・・

台詞が増えてるって言うか、「シュテファン」だの「ヴィンディッシュさん」だのって

名前を呼ぶシーン多々。

ちょっと眠くなったかなあ・・・・

その改定がいいのか悪いのか。

私、個人としてが「私が踊る時」の歌もよけいかなあと思うのですが。

 

 

コメント

オルトロスの犬

2009-07-25 10:43:33 | ドラマ・ワイドショー

 水曜の深夜にやってる「帝王」ってドラマ、とっても面白いです

何といっても塚本君がいいなあ

 

 オルトロスの犬 

 

 碧井涼介は高校教師。教え子が麻薬の売人の秘密の話を聞いて

  しまった事を相談。

 その女子高生は階段から落ちて意識不明。警察が動く。

 刑事の長谷部が潜入したパーティに碧井も現れ、銃を撃とうとした

  男を殺してしまう。

 碧井は心は優しいが、触れると一瞬にして人を殺す「悪魔の手」の

  持ち主。自主するが証拠が出ず釈放。

 死刑囚の竜崎臣司は殺人容疑で死刑囚に。しかし、彼は心は氷の

  ように冷たいが触れると怪我や病気を治せる「神の手」を持っている。

 竜崎は碧井を騙して脱獄。

 

 「オルトロス」ってギリシャ神話の頭が二つある化け物?

  つまり、碧井と竜崎は二人で一つという事になるのかしら

 

 この作品は何人もの脚本家を競わせて作っているんだとか。

  1回目としてはダレた部分が一つもなく、集中してみる事が出来たし

  竜崎が碧井に語る「自分たちの存在の意義」は聞きごたえのある

  セリフでした 脚本がいいと本当に素晴らしくなるのね。

 

 で、主役は一応タッキーの名前が一番に出てるわですし、テーマ曲も

  歌い、「真打登場」ってな感じで出てくるあたり、やっぱり主役扱い

  なんですけど、私には錦戸君の方が完璧に主役に見えます

  タッキーって顔だけなんだよねーー 眺めてるだけでいいの。

  あんまりしゃべったりしないでって感じ。

  錦戸君の優しい瞳や、人を殺す瞬間の表情とか、やっぱりこの人は

  演技が上手なんだなあと思いました。

 

 八乙女光君もなかなかいい演技をしてます。

  金八先生以降、いつになったらドラマに出るんだーーっとしびれを

  切らしていたんですけど、久々に見て「かっこいい」と思ってしまいました。

  非常にワルが似合う人ですよね

  今後はドラマ出演が増える? (いつまでもバラエティやってるんじゃない)

 

 水川あさみの役が刑事ってのはいいとして、子持ちって設定は

   何だか早すぎない 何だか気の毒です

   刑事役もイマイチぴんとこないっていうか、ちょっとドジすぎない?

   潜入捜査の仕方も下手だし・・・・もしあの場に碧井が現れなかった

   ら確実に殺されていたのに。

   ラストも一瞬躊躇する理由がよりにもよって竜崎に説得されちゃった

   感じだしね

   (竜崎も人の弱みにつけこむ理論を持ってるすごい奴ですが)

 

 非常に楽しみなドラマなので次回も視聴決定

 

コメント

任侠ヘルパー

2009-07-24 08:46:34 | ドラマ・ワイドショー

 やれシンクロだの26時間テレビだのってドラマが削られてますが

そんな疲れる事しないでよーー

 

 任侠ヘルパー 

 

 ホームを退所して孫と同居する節子さんに虐待疑惑が。

 孫は祖母を傷つけるだけでなく薬の密売もやっていて、りこの

  組が制裁を加える事に。

 りこは孫に自首させ、節子さんをホームに戻す。

 しかし、ホームに戻った節子さんは認知症がエスカレート。

  暴力まで振るうのでついに拘束されてしまう。

 

 随分シビアな話でしたね。高志が何でおばあちゃんとの同居を

  決め、あくまで自分一人で介護すると言ったのか。

  別に寝たきりじゃない祖母に対しての暴力の意味は?と矛盾が

  多々ありますけどね

  薬の密売だけじゃ生活に困ったろうし・・・その割には危機感が

  ないっていうか?

  節子さんがホームに戻る費用は年金から拠出?生活保護?

  戻りたくても普通は戻れないけどなあ。

 

 今回はとにかく黒木メイサがかっこいい これに尽きます

  介護している時の優しさは勿論、黒スーツばしっと決めて、

  部下をなぎ倒し「組長は私だ」と叫ぶ所がなんとも・・・素敵

  今回は彦一の出番はそうそう多くはなかったけど、りこちゃんが

  高志に暴力を振るわれている所に飛び込んできた所は

  非常にかっこよかったです

 

 老人介護は本当に難しい問題です。

  そして経営する側にとっても。

  元々は利益を上げようとしてはいけないのがホームですけど

  それじゃ施設を維持できないし、やりたがる人がいない

  政府の援助はあてにできないし。

  結局は不必要なものを売りつけたり、退所と入所を頻繁にしたり。

  福祉の精神だけではやっていけないですよね。

 

 介護する側にとっては、どんどん体力がなくなっていく老人の

  世話がどこまで続くかわからないというトンネルの中に入るような

  もので、これまた愛情だけではやっていけないですよね。

  真正面からぶつかろうというドラマの意欲は認めましょう

コメント (2)

宮内庁長官・五輪招致問題について

2009-07-24 08:08:43 | 皇室報道

 気温は上がらなくても湿気が多いから暑いですよね。

でもからっと晴れてくれた方がいいなあ

世の中、総選挙一色のようですが裏では「何とか東京五輪を」という動きが

活発化しているようです

10月にコペンハーゲンで行われるIOC総会に皇太子夫妻を出席させて

欲しいとJOC会長竹田恒和・東京都・文科省・厚労省幹部が宮内庁に

正式要請していました。

それに対する宮内庁長官・羽毛田氏の回答。

 

 宮内庁長官「内閣全体の判断」 

 

 2016年夏季五輪の東京招致で、開催都市を決める国際オリンピック

  委員会(IOC)総会への皇太子ご夫妻の出席要請について、

  宮内庁の羽毛田信吾長官は23日の定例会見で

  「皇室活動のありようにかかわることであり、宮内庁だけでなく、

  内閣全体の判断に基づく対応になる」と述べた。

 「宮内庁としての懸念や心配については前から申し上げている通りで、

  首相官邸にも伝えている」

 「皇室の方々のご活動として、政治的との議論が出る

  事柄を政府としてお願いすべきなのか。

  両殿下のお考え次第というのはおかしい。

  内閣としてきちんと受け止めていただきたい」

 

 「なぜプレゼンに皇太子夫妻が出席してはいけないのか」

   ズバリそれは政治問題だからです

   戦後、皇室は政治に関わらない事が義務付けられました。ゆえに

   皇族の外国訪問等も自ら決めることではなく、「政府が決める事」

   としています。

   オリンピック招致問題は政治的であるだけでなく、利害関係も多々

   生む可能性があるので、皇族には似つかわしくないのです

 

 プレゼンに参加する事 → 政治活動 なわけで。

   もしこれで落ちたら誰の責任になるの?皇太子の責任には出来ません。

   そういう「責任」は皇族には負わせない事になっているのです。

 

 じゃあ、イギリスなどではアン王女がやってるじゃないかという意見も

  ありますけど、あちらは全て自己責任ですから

  それに「病気の皇太子妃」をプレゼンに担ぎ出すなんて、あまりにも

  おかしな事ですよね 病気なら行ける筈がない。

 

 「両殿下の考え次第」の意味

  多分、竹田会長は「皇太子夫妻が行きたいと言えばいかせりゃいい」

  と羽毛田さんに言ったんでしょう。

  実はこのプレゼンに行きたいと一番思っているのは皇太子夫妻という

  噂があります

  世界のひのき舞台で皇室外交を繰り広げ、拍手と称賛を浴びたい・・・

  かつての自分を取り戻したいというのが本音かもしれませんが、

  皇族にはそういう個人的理由で外国を訪問する事は許されてません。

  もし、今回これがOKになったら次もまた次も・・・という事になり、

  皇太子夫妻は政治的に利用され、さらに「選り好み」(行きたい国と

  行きたくない国)の存在が明らかになったらそれこそ皇室の権威を

  傷つけることになるのです

 

 水や環境問題もそうですが、どうにも皇太子夫妻は利権が絡む

  公務をやりたいようで・・・・でも、それは今の皇室制度の根本を

  ゆるがすことになるのだとわからないのかなと。

  宮内庁は一生懸命に皇太子夫妻をそういった利権や政治に絡む事から

  守ろうとしているのに、逆に「宮内庁が皇太子夫妻の新しい公務を

  阻んでいる」と週刊誌等に書かせるなんて・・・宮内庁が気の毒です。

 

 そんなことより、皇太子夫妻は山口の土砂災害に目をむけるべき。

  水と環境に関心があるんでしょう?早速避難している体育館に行けば?

  8月から3週間も那須御用邸と御料牧場で静養し、公務の時は

  静養先から東京に通うらしいけど、そんな、昭和天皇の晩年みたいな

  生活をせずにちゃんとお仕事してほしいです。

 

コメント (2)