ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

ジャン・ルイ・ファージョン  2

2012-09-30 17:23:31 | 宝塚コラム

 出演者について

 

紅ゆずる・・・「メイちゃんの執事」の頃に比べると別人のような上達振りに

       嬉しくなります。衣装もよく似合っていたし、こういうごてごてコスチューム物に

       負けない容姿と演技力はありがたいです。

       個性がない役柄で苦労したと思いますが、何とか乗り切りました。

       ただ・・後ろ向きになるシーンが多くて。その時、コルセット(?)の紐が

       おしりにかかっているんですが、その線が何とも「女の子」っぽくて。

       「安産型かも」なんて考えてしまいました。

早乙女わかば・・・・アントワネット。顔が綺麗です。でも演技は学芸会レベル。

            ヒロインで王妃様なのに「プティ・トリアノン自然派」という設定の

            せいで、初登場シーンから普段着の野良着。貴族よりも

            地味な格好というのは可哀想な部分もあったと思います。

          いくらなんでも植田景子さん、ここまで娘役に冷たくしなくてもいいのに。

          彼女の「娘役への冷たさ」は異常だ・・・ここではたとえ「自然派」でも

          華やかドレスで颯爽と登場すべきでした。

          にしても。台詞を噛む、滑舌が悪すぎる。もうちょっと何とかならない?

真風涼帆・・・フェルゼン。見た目はぴったり。軍服姿も素敵。

        でも、何となく「教わった通り」以上に演じている所はなく。

        早乙女とやりとりするとやっぱり「学芸会」になってしまう。

        顔がやつれてきたような気がするけど大丈夫?プレッシャーきつい?

綺咲愛里・・・ヴィクトワール。前回の「ダンサ・セレナータ」で出てきた時は台詞も

        少なく、なかなか可愛いと思ったけど、今回はこれぞ「学芸会」レベル。

 

この学芸会レベルの主要人物の中、紅は一人で頑張ってメンバーを引っ張って

いた印象です。

それを一生懸命に助けたのは美稀千種、美城れん、如月蓮、汐月しゅう、音花ゆり。

この人達がいなかったらどうなったことやら。

涼紫央以下、沢山メンバーがいなくなっていささか不安・・・と思っていたけど

さらに不安になりそうな?

新人公演組がもう少し頑張ってくれないと、せっかく「超ド級トップスター」を

戴く星組でも危なくなるでしょうね。

 

 休憩時間、お友達とついつい「第三次世界大戦が起こったら」みたいな

話をしてしまいました。

というのも、今回のフランス革命話における革命派の言動が何とも中国っぽい

言いがかりで、過去と現在がシンクロするような錯覚を覚えたからです。

いいがかりが通ってギロチンに送られた人、多数・・・

まさに時代の流れは止められないのかな。

私 「中・韓・台・北・露が組むと尖閣・竹島・北方領土がなくなる。日本は

   本州と北海道と九州・四国のみになるわ」

友人 「いいんじゃない?もう知らんわ」

私 「でも島を取られたらそこに軍事施設が建つから、最後は本州もとられるよ」

友人 「そうなるだろうなあ。でも日本人の中にそれでいいと思っている人が

  沢山いるなら仕方ないよ。野中だの加藤だの・・」

私 「大江健三郎に村上春樹。高名な文学者が左翼ってあんまり」

友人 「日本と協力してくれそうな国ないの?」

私 「アメリカ?あとは・・東南アジアかなあ。でもそうなったら第三次世界大戦。

  ヨーロッパの中、イギリスとオランダは反日と考えて。日本につきそうなのは

  東南アジアとインドくらいかなあ。フランス、ドイツは?」

友人 「すごいねーー」

私 「日本がなくなる可能性の方が高い」

友人 「うん。なくなるかも。でもいいや。私は子供もいないし。私が生きている時

   だけ日本があれば。その後の事はしらないもん」

私 「私はそうは言えない。子供達の事を考えると」

・・・とまあ、華やかな舞台にふさわしくない会話の数々。

結論、「日本という国がなくなって初めて後悔するんじゃないの?政府は」

という部分に落ち着きました。

確かに「50年後に日本がなくなっても、何が出来るわけでもない自分には

関係ない。その頃、死んでるもん」と言い切る事が出来たらどんなに楽かなあ。

高度経済成長真っ盛りに生まれた私達の子供が大人になるとき、

日本という国が姿を変えていると思うと本当に恐ろしい

 

そしてついまた「ベルサイユのばら」で一人悶々と悩んでいたオスカル様を

思い出す。

歴史の歯車の前では何も出来ない。無力だ。こんなにも無力だ」

と涙を流すオスカル様の気持ち、私はやっとわかりました。

社会秩序の崩壊、親しい人達の不幸が見える・・・そんな人にとっては

とても「王妃様の人間性に惚れたから・・」といいつつ「守るべき物があるから

協力できない」という思想は何とも許しがたいかもね。

「立憲君主の道へいく筈」なんて能天気なことを考えていると「貴族ボケ」と

言われちゃうかもしれないし。

そういう意味では、今回の作品、色々考えさせられ、大いに楽しませて頂きました。

コメント

ジャン・ルイ・ファージョン  1

2012-09-30 08:53:17 | 宝塚コラム

昨日のTBS・・・一体、いつ宝塚が出てくるのーー?と、思いつつ

録画したのを追っかけ早送りしてました

唐突に出てきた龍真咲・愛希れいか・音月桂・舞羽美海。

スタジオ特設の大階段(全ツで使ってるような感じ?)で「愛あればこそ」を

歌っちゃう龍・愛希のラブラブぶりに胸をなでおろす ヅカファンってこんなもん。

でも「宝塚」といえば、何十年経っても「愛あればこそ」なんだよねえーー

一番宝塚らしい曲なんでしょう。これを作曲した寺田先生はほんと、偉大

で、燕尾のボレロが「ロミジュリ(世界の王)」で「?」って思ったけど

月組と雪組の共通点なんだよね

私と姫はひたすら「紫門ゆりやかっこいい!」ときゃあきゃあやってたら

旦那に「うるさい」と言われてしまいました

勿論、音月の「仁」はいい曲。斉藤君は選曲と作詞の才能はかなりあるよね

美海が後ろから出てきた時の芸能人さん達の反応が面白くて。

さらに音月と手を繋いで降りてきた時の女性達の「乙女」っプリも半端なくて。

いっそ、キスしちゃえーー というわけにはね・・・・・

フィナーレの愛希もそんなに美人ではないけど姿勢のよさとお辞儀の美しさで

世の中の男性方を虜にしたと思いますし。

ヅカファンじゃない不特定多数の視聴者に訴えるには、この程度のさらり感が

いいんだろうなあ

ああ・・・でも、ほんとの宝塚はね、あんなもんじゃないの。

羽根の大きさも衣装もねーーあんなもんじゃないのよーー

こんな風にスタジオで再現出来ちゃう「コンパクト宝塚」が可能になった理由は

 フェアリー系のトップが多くなったから

 メイク技術の向上

これに尽きますね。「ベルばら」の頃のメイクでは出てこられないもん。

でもメイク技術の向上はいい事だけど、テレビの画面にしっくりくるトップが何人も

いるという点はあまり喜ばしくないと思います

なんせ大劇場は広いですから 多分日本一広い舞台を一人で埋める事が

出来なければダメでしょう。

龍も音月も、真矢みきや真琴つばさと一緒に出てたらオーラ負けしそうな感じ

だものね。

ラスト・・・質問された美海がふと音月を見て、音月が代わりに「はい」と答えた

シーンに激萌え

 ジャン・ルイ・ファージョン 

 

 「ベルサイユのばら」が大前提

とにかく「色彩」が美しい舞台でした。まるで中世の絵画を見るようなゴージャス感。

というか、まんまルブラン夫人の絵だし。

対比する裁判シーンの地味さ。この二つを青年館できちんと再現したことは

素晴らしいし、さすが宝塚だなと思います。

 

なぜ「ベルばら」大前提なのかというと、幕開きからすでに「観客はベルばらを

読んでいる筈だ」という前提の下に脚本が書かれている・・・そんな節が見えたから。

 フェルゼンの妹・ソフィアの登場

 ランバール公の奥様

 大蔵大臣・ネッケルの・・・お身内?

 カミーユ・デムーランのシーン

 フェルゼンの帰還

どの場面を見ても、結果的に池田理代子原作「ベルサイユのばら」のストーリーが

思い浮かび、すっかり同じような展開に「わかりやすさ」を感じる?

じゃあ、全く「ベルばら」を知らずに見た人は・・・という視点がないのね。

知らない人がみたら、フェルゼンがどこへ何をしに行ってて、何で帰って来たのに

また出発するか・・というのがわからないと思うし、ネッケル退任後の

デムーランの唐突な出方は

すっかり「ベルばら」第5巻のベルナール・シャトレで、まさに原作を読んでいないと

何がなんだかさっぱりわかりません。

 「ベルサイユのばら」をなぞる

大元の原作に描かれている「思想」をなぞった後は、植田伸爾作「ベルサイユのばら」を

なぞるという手に出た植田景子。

フェルゼンが「王妃様!」と叫ぶたびに私はツレちゃんを思い出し

フェルゼンがジャン・ルイに「王妃様をお守りしてくれ」というシーンでは

「ジャン・ルイは子持ちのオスカル様なのか?」と思い・・・・・

王女と王太子の格好はすっかり「ベルばら」だし・・・「こまどり」が出てくるに

至ってはもうため息しかなく。

さらに王妃処刑のコンシェルジュリのシーンはパクリ?と思う程酷似。

(バスティーユもか・・・)

そりゃあ、全く同じ流れで話が進んでいるんだから、そうなるのは当然だけど

そうなると新しい作家にとっては不利ですよね

 

また、ルブラン夫人の台詞に原作「ベルばら」をパクった部分があり。

登場人物の印象や性格が全部「ベルばら」と同じ。

という事は作家がこの作品を書くに当たって参考資料にしたのは

「ベルサイユのばら」だけだったのではないかと。

もしかして違うんじゃないかとか、ジャン・ルイと関わる時には違う・・という

視点がないので、ジャン・ルイ=オスカルで十分事足りるわけですね。

 

 小さなこだわりと小さな「ありえないこと」

植田景子さんの小さなこだわり。それは・・・

 プティ・トリアノンとテュイリュリー宮などの「チ」の発音を「ティ」にする事

早乙女の発音が聞き取りにくくて

最初なんて言ってるのかわかりませんでした 「チ」じゃだめ?

 

植田景子さんの「ちいさなありえないこと」それは・・・

 海外進出・・・まずはアメリカだ!・・・にはならないでしょう。まずイギリスだって。

  だってアメリカは独立したばかりだよ?

 フランスの話なのに歌詞がやたら英語・・・・

 もしヴァレンヌ事件がなかったら、あるいは成功していたら・・ジャン・ルイが

  言うような「立憲君主制」にはならなかったです。絶対王政を守り抜き、オーストリア

  とフランスが戦争になり、オーストリア勝利、フランス割譲?

 

 植田景子としての「フランス革命史観」は?

目のつけどころはいい作品だったと思います。

香水といえば今や世界的にフランスだし、その基礎を作ったのが王妃の調香師

だった・・・浪費家で嫌われ者だった王妃が愛したフローラル系の香水が

後々フランスの経済を大きく潤したのだ。道楽というのはそんなに悪い物ではない。

っていう話だったらね?

でも実際は、アントワネットとフェルゼンの間で右往左往しつつ、傍観者であっただけ

のお話でした。またジャン・ルイ・ファージョンは平民ではあるけど「ブルジョア」です。

貧しい貴族とブルジョア平民の格差を描きつつ「勝ち組」に入り、爵位こそないけど

金持ちで宮廷に出入りを許された調香師がどのように貴族社会をみていたか・・

(芝居では「見ざる言わざる・・」状態で陰でこっそり批判的)

それこそ王妃の影響を受けてルソーを読んで「香りを作る事に意義があるか」まで

とことん悩めばいい作品になったのにと思います。

平和な時代は片足を貴族社会に突っ込んで、でも貴族ではない悲哀を感じ

逮捕された時には「平民として商売を成功させただけなのに貴族的といわれる」

悲哀を表現できればもっといい作品になったのに。

 「ベルサイユのばら」前哨戦

来年の「ベルばら」上演に向けての「おさらい」

オスカルとアンドレが出ない「外伝」としてみる事ができればヅカファンとしては

いいのかもしれません。

でも、これから大御所になっていくであろう作家の作品が

結果的に植田伸爾の「ベルばら」ってすごい作品だったのね」と思わせるだけでは

あんまりじゃありませんか?

「古い古いと思っていた「ベルばら」だけど、こうして比較してみると、あれは本当に

よく出来た作品だったんだわ」

「植田伸爾の台詞って説明が多いし、すぐに「少しも早く」だけど、こっちの植田先生

だって結局、老植田の台詞を参考にしなくちゃダメだったんじゃん」

って・・・感じです。

「ベルばら」は貴族社会から見たフランス革命史です。

ジャン・ルイ・ファージョンはブルジョアでも身分がない側にいたのに

描き方が貴族社会中心であった為に「ベルばら」と同じになってしまいました。

ゆえにラスト、「なぜ王妃のヴァレンヌ逃亡を政府に通告しなかったのか

と追求された時に「人間的にアントワネット様が好きだったから」なんて

ちぐはぐな答えになってしまうんですよね。

平民のジャン・ルイにとって家族と仕事を守る為には絶対に政府に密告

しなければならなかった・・・なのに、それをしなかった・・・それはなぜ?

という部分の答えが植田景子さん自身、わかっていないからですよね。

そのくせ、フェルゼンが助けを求めてきた時は「自分には守るべき家族がいる」

と言って断る矛盾・・・っていうか、ずるさ・・・みたいなものを感じました。

もしふぶきがこの部分を書いたら?

そうね・・・ジャン・ルイは本当に何も知らされずに、そしてしらないまま

アントワネットと別れた。そして後に「じゃあ・・あの時?そうと知っていたら

香水を持っていかなかったのに・・・」といって逃げますね。

何も相談されず、何も言われず。それが平民である自分というもの。

でも逃亡にあたって半年分の香水を持っていきたかった王妃。

生きるか死ぬかの瀬戸際にそんな事を考えてしまうおちゃめな王妃。

彼女こそミューズ。美しい香水をまとう美学にあふれた素晴らしい女性。

それに比べてそれを生み出している自分はなんて世俗的で泥まみれで・・

永久に彼女には近づけないんだと。

そういう価値観があの時はあったのだと・・・いう話にします。

コメント

皇室ウイークリー

2012-09-29 10:00:00 | 皇室ウイークリー

皇室ウイークリー

両陛下

9月21日・・・両陛下 → 全国老人会創立50周年記念の説明を受ける

        天皇陛下 → 通常業務

                  信任状奉呈式

9月22日・・・両陛下 → 秋季皇霊祭の儀

9月23日・・・両陛下 → 皇后陛下喜寿の内宴

9月24日・・・両陛下 → 岐阜国体出席について説明を受ける

                 日本学士院第二部部長始め学士院第二部会員らとお茶

         天皇陛下 → 稲刈り

         皇后陛下 → 仏蘭久淳子展をみる

9月25日・・・両陛下 → 離任大使夫妻に会う

                 勤労奉仕団に会釈

        天皇陛下 → 通常業務

                  赴任大使らに会う

                  二度目の稲刈り

9月26日・・・両陛下 → マレーシア国王夫妻来日の為、儀典、国家情勢等の

                 説明を受ける

                 新旧外務省儀典長夫妻と昼食

9月27日・・・両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

                 赴任大使夫妻らに会う

        天皇陛下 → 赴任大使らに会う

 

皇太子殿下

9月22日・・・秋季皇霊祭の儀

9月23日・・・両殿下・愛子内親王 → 皇后陛下喜寿内宴

9月24日・・・財務省財務官から説明を受ける

9月26日・・・マレーシア国王夫妻来日の為の説明に同席

         平成24年産業殉職者合祀慰霊式出席

9月27日・・・赴任大使らと会う (2回)

         勤労奉仕団に会釈

 

秋篠宮両殿下

9月21日・・・両殿下 → 赴任皇宮護衛官に会釈

      秋篠宮殿下 → 世界自然保護基金ジャパンの活動の説明を受ける

9月22日・・・両殿下 → 秋季皇霊祭の儀 参列

9月23日・・・秋篠宮殿下 → 第17回山階芳麿賞贈呈式出席

                   財団創立70周年記念シンポジウム出席

         両殿下・佳子内親王・悠仁親王 → 皇后陛下喜寿内宴

9月25日・・・両殿下 → 傘寿記念 上村淳之展を見る

                 在京離任タイ大使夫妻に会う

9月26日・・・両殿下 → 平成24年度全国都市緑化祭及び

                 第29回全国都市緑化フェアTOKYO」について

                 説明を受ける

                 離任パラグアイ大使夫妻に会う

 皇太子が財務省から何の説明を受けたのか気になりませんか?

  「無駄遣いはやめましょう」だったらGJですが。

 

 雅子妃のブルーな明日とはじける笑顔 

 今週発売の週刊新潮 → 皇后陛下喜寿の内宴のブルー

            週刊文春 → 小和田恒夫妻金婚式の弾ける笑顔

 9月15日・・・両陛下、秋篠宮夫妻・悠仁親王が葉山で静養。

            和船をこいだその日。

            東宮一家は高級中華料理店「富麗華」でコース料理を堪能

            小和田夫妻金婚式の祝いで出席者は10名ほど。

            病気療養中とは思えない食欲を発揮。

   9月23日・・・東宮御所で皇后陛下喜寿の宴が開かれ、40名程が参加。

            場所が東宮御所になったのは雅子妃にドタキャンさせないため。

            去年の皇后誕生日 → 午後ドタキャン

            皇后陛下の古希の祝い → 雅子妃の体調に考慮して4年延期

 

            内宴の1週間前に小和田夫妻はオランダへ帰国

            川嶋家からは教授が単独で出席

 10月13日 → 両陛下は被災地の除染活動視察予定

               皇太子は地方公務予定

              去年まで早朝7時から席取りしていた野本侍従はいない

              雅子妃一人で運動会に出るのはブルー

             マスコミシャットアウトか?

   10月20日 → 皇后陛下誕生日。

              皇太子はルクセンブルクでの結婚式出席

              単独で参内するのはブルー・・なのでドタキャンか?

 小和田夫妻金婚式で利用した「富麗華」は小和田家御用達のような高級

   中華料理店で、多分一人当たり35000円くらいのコースだったろうと予想。

   さらに飲み物代を含めると全部で100万近くかかっていると予想。

   その支払いを小和田姉妹で払ったのか、東宮御所に請求書が回ったのか

   明確にして欲しいですね。

 皇太子妃が公の場に出る事が出来ない状態・・・精神的なというよりは

   本当に嫌で面倒なんだと思います・・・であることはガチとしても、学習院の

   運動会を見る事がそんなに大切な話なんだろうかと思います。

   舅・姑・夫が地方公務で忙しい時に嫁はのんきに運動会で応援してたら

   一般庶民でも顰蹙を買う。皇族なら批判される・・なのになぜ

  わざわざそんな事をして国民の反感を買うのでしょうか?

 雅子妃が体力的に問題がない事は今週の週刊朝日にも暴露しています。

   今年の夏(猛暑)、佐藤直子が夫妻と一緒にテニスをしたそうですが、

   妃はかなり元気で汗をだらだらかいていたそうです。

  「人生で一番汗をかきました」とのたまったそうで

   国民としてはカチンと来る一言ですよねーー

   今年の夏は本当に暑くて、両陛下も秋篠宮夫妻も地方公務でどれだけ

  汗だらだらだったか・・・なのに皇太子妃はテニスが一番汗をかいたらしい。

   ちなみに皇太子は「ジョギングよりも汗が出ますね」と言ったそうです。

 9月15日の富麗華でも「病気療養中とは思えない」食欲を発揮したと

   書かれており。

   ネットでは「そろそろ初老の女性なのにねーー」と言われています。

   同年代としては嫌な言葉ですが、確かに30代の時に比べると何でも

  ガンガン食べるというのは無理だよなーーって。

   それが出来てる皇太子妃の胃はかなり丈夫?

 23日の喜寿のお祝いも紀子妃とサーヤが仕切ったろう事は文章になって

  いなくても想像がつきます。始まるまで自室にひきこもっていたとしても

  驚きませんが、着物姿の皇后陛下に「着物、素敵ですね」と言ったというから

  何とまあ・・・・ どこまでも上から目線ですね。  

 

  

コメント (6)

韓国史劇風小説「天皇の母」75(全部フィクション)

2012-09-28 10:31:14 | 小説「天皇の母」61話ー100話

ねえ・・・記者会見の洋服なんだけど、青と黄色とどっちがいいと思う?」

ヒサシが帰ると、家の中は華やかな洋服であふれかえり、女達が騒いでいる。

やっぱり皇室に入るんだから上品にしないと

お姉様は色黒だからはっきりした色の方がいいわよ」

何て事をいうの。レイちゃん。お姉ちゃまは色黒じゃないわよ」

あらお母様。今更ねえ」

疲れて帰って来ているのに、「お帰りなさい」でもなく、いきなり「どっちがいい?」

と聞かれたヒサシは不機嫌な様子で「黄色がいい」と言ってしまった。

まあ、黄色!」

ユミコは大きく頷いた。

私もそれがいいと思っていたの。まあちゃんには黄色がよく似合うって。これって

金色に近い黄色ですものね。ほんと、素敵だわ。帽子も似合ってるし。そうそう

手袋。これを忘れちゃだめよ。ミチコ妃は手袋で文句を言われたんだから」

キコさんの時は紺のワンピースだったじゃない?あれは貧乏ったらしかったわね。

お祝い事なのに色が暗くて。おまけにひどく地味だったし」

レイコがはしゃいでいった。

あの時は喪中だったからよ。レイコ。我が家でも喪中なら黄色は着ないわ」

とセツコが冷静に言う。

もう、何でセッちゃんはそうやって水を差すの。お姉様の結婚は私達にとっても

目出度いことなのよ。これで私達だってそんじょそこらの男と結婚するわけには

いかないんだから」

とりあえず着てみればいい

ヒサシは自らも普段着に着替えて椅子に座った。

黄色・・・中国皇帝の色だ。マサコは皇帝と並ぶのか。

黙っていても笑いがこみ上げてくる。よくぞここまでやってきたものだ。

根回しに根回しを重ねて・・・・でも、あと半年もすれば娘は未来の皇后。

そして自分はその父だ。

ヒサシはすでに次の一手を考えていた。

国連大使への道を。皇太子妃の父親なら政治的な活動は控えよとか

皇后の実家にならって地味にひっそりと暮らせとか言われているのは知っている。

でも自分はその心情がわからない。

一族の誰かが出世したら、その恩恵を家族が受けて何がいけないのだ?

プリンセスの父として一層華やかに生きる事はむしろ当然ではないか。

散々、「頭がいいだけの貧乏人」だの「チッソの家族」だのと悪口を言われて

きたが、やっと・・・やっと恨みを晴らせるのだ。

どう?」

黄色のワンピースを着たマサコは光り輝いていた。

皇室外交するのにふさわしい服よね?」

ああ・・・この娘はまだ「結婚」というものをわかっていない。

「外務省も皇室も同じ外交をする場所」と皇太子は言った・・・らしい。

確かにそうかもしれないが、皇太子妃の務めは外交じゃなくて世継ぎを生むこと。

ヒサシの夢は皇太子妃・皇后の父というだけでなく

「未来の天皇の祖父」にならねば完成したとはいえない。

そのあたり、本当はわかっていないのでは?

私、国家と結婚するのよねーー」

そうよ。まあちゃん、大したものだわ」

マサコとユミコの弾ける笑顔。

後になって「あの時が一番楽しかった」と思えた出来事だった。

 

反対である

皇室会議が開かれている室内に緊張が走った。

皇太子とオワダマサコ嬢の結婚は、天皇・皇后が許した段階ですでに

決まっている。しかし、形式上「皇室会議」を経ないと成立しない。

そして皇室会議は「満場一致」が普通で、今回もまた「満場一致で賛成」に

なる筈だった。

しかし、ただ一人、ミカサノミヤだけは「反対」の立場を表明したのである。

殿下・・・・」

誰かが口を挟もうとしたが、ミカサノミヤは許さなかった。

オワダマサコとの結婚は皇室の歴史を軽視するもの。伝統やしきたりを

破るもの。そもそもオワダマサコの素性がわからない。皇太子の結婚は

本人のみではなく、天皇家、皇室全体の問題である。なのに我々宮家に

一切の報告なし勧めている案件に対して賛成の意を表することは出来ない」

ミカサノミヤの意見は、ほぼ全ての皇族、旧皇族の意見を代弁したものだった。

根回しの一切がなく、唐突に出た「内定」

それをマスコミ報道で知った宮家達の衝撃は大きかったのだ。

しかし殿下」

宮内庁長官がとりなすように言った。

すでに両陛下からご内定があり、それを覆すことは・・・」

それなら勝手に結婚でも何でもするがいい。こんな意味のない会議、やっても

仕方がない。ただ、ミカサノミヤ家としての立場は表明した」

それだけ言うと、ミカサノミヤはユリ君と一緒にあっさりと退出してしまった。

なにやら不吉な・・・・」

誰もがそう思った瞬間だった。

本来、全ての国民はもとより皇室内においても祝福されるべき結婚。

それはただ一人の皇族によってここまで反対されるとは。

事情を知っている宮内庁の面々らは「ああ、やはり」と思ったが、政治家や

たまたまそこに選出されている人には、なにゆえに長老殿下が反対したのか

さっぱりわからなかった。

金持ちの外交官の娘、ハーバード大出で外務省勤務の超エリート官僚。

これこそ次代の皇后にふさわしいではないか。

しかもマサコさんは見た目も派手で外人ウケしそうだ。

キコ妃のようなおっとり型は次男の嫁にこそふさわしいのだ。

「開かれた皇室」には派手で行動力のあるエリートがふさわしい・・・・・と

誰もがそう思っていたのだった。

 

ミカサノミヤが強硬に反対しようが一応、形は「満場一致」の採決が下り

1月19日。正式に皇室会議で可決され、オワダマサコは皇太子妃に内定した。

 

ヒサシは有頂天だった。

早速参内する。ユミコはど真ん中に「福」と書いてある銀色の帯を締めて参内した。

まさに「福福万来」の気分だった。

しかし、それを迎え入れる側の千代田では、終始、憂鬱な雰囲気が漂っていた。

1月19日・・・・この日を持って、天皇家と宮家の間に亀裂が走ったのだ。

仕方がない」と天皇は思った。

自分達の結婚ですらあれほど反対された。でも今はうまくいっている。

アキシノノミヤが結婚する時だって、カワシマ家では身分が低すぎるという反対

意見があった・・・でもうまくいっている。

皇太子だって、今はあれこれ言われても結婚したら変わるだろう。

オワダマサコは優秀な外務省の職員なのだから、きっと立派な皇太子妃になって

くれる。今はそう信じるしかなかった。

 

しかし、その「信頼」が数時間後に見事に崩れ、天皇は激しく後悔する事になる。

 

 

 

 

 

 

コメント (5)

敗戦国が戦勝国の領土を・・・・

2012-09-28 10:10:59 | 政治

 安倍総裁の誕生は嬉しい

頼りにしたいと思います。

しかしっ 政策云々の前にやる事がある

勝手に中国にお詫びした野中広務・・この人をどうするつもり?

ほったらかしかい?

しかもっ

河野洋平・加藤紘一ら「反日」連中がこぞって中国に行って会談

安倍ちゃん、尖閣と竹島を守るんだよね?何を朝貢外交させてるの?

過ちを正しなさい」とか言われて平気?

週刊誌で読んだけど、野中・河野・加藤・・・の反日面々は「中国」に媚びる事によって

自らの存在を証明し、政権の中に入りたい。入れると思っている らしい。

もう一人、藤井なんたらとかいう人はテレビで被害者の「中国」擁護を繰り返して

アナウンサーに「歴史を勉強しろ!」って怒鳴ったって?

ハマコーが言ってたわねーー「日本だけだよ。自分の国を批判する奴」

 

 敗戦国が戦勝国の領土を占領 

 国連総会で野田首相が、中国の船が領海を航行している件について

  「主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試み」と発言。

 記者会見では「妥協はありえない」と発言。

 これを受けて中国側。

  「敗戦国が戦勝国の領土を占領するなど、

  もってのほかだ」という長文の

  文書を発表。

 確かに日本は敗戦国です。でもそれはアメリカに負けたのであって

  中国に負けたわけじゃないし。

  それに65年も前の「敗戦国」という言葉を今頃持ち出すって何様?

  敗戦国だの戦勝国だの、関係ないんじゃないの?世界の力関係は

  刻一刻と変わっているんだし

  それを上から目線で「もってのほか」と決め付ける中国様ってお偉いの?

 日本は聖徳太子の昔から「日いづる国」としてのプライドを持って外交をして

  きたはずです。周辺の部族国家とは違います。特に朝鮮族とは違うの。

  っていうか「敗戦国のくせに」というなら「自称・発展途上国のくせに、ちょっと

  お金が出来たからって偉そうに言うな。自称・発展途上国は先進国のまねが

  好きなだけじゃないか」といいたい。あーすっきり

 冷静に考えて、中国の今回の発言はアメリカとかヨーロッパに脅威を齎す

  のではないでしょうか?

  そりゃあ・・・ケンブリッジ公爵の結婚式の引き出物は中国製だったし、ロンドン

   五輪のメインスポンサーは韓国。

   アメリカ選手団の服も中国製。今や中韓抜きではヨーロッパも成り立たないのか

   もしれないけど、基本、こういう上から目線はナチスを想像させて

   嫌いだと思うんです。

   最終的に、アメリカやヨーロッパの人達の「良識」に賭けるしかないの?

 今、二つの台風が日本に接近。そのお陰で中国船は引き上げています。

   きっとこういうのを「神風」って呼ぶんでしょう。

   今のうちにきちんと対策を立てて海保なり自衛隊なりが何をどうやって国を

   守るか決めないと。その為の猶予の時間だと思うんです。

   そして神風はいつも助けてくれるわけじゃない

   頼りっぱなしでは八百万の神々も見放しますって

コメント (4)

秋ドラ、何を見る?

2012-09-27 11:20:40 | ドラマ・ワイドショー

 夏ドラがあまりに面白くなくて・・・と思っていたら、もう秋なのね

三本、最後まで見る事が出来るか。

 

月曜日

 パーフェクト・ブルー  TBS 20時ー 10月8日スタート

主演・・・瀧本美織

 いわゆる水戸黄門枠のドラマなので、ほのぼの系が多い。

前作「浪花少年探偵団」は東野圭吾のドラマ化。

そして今回は宮部みゆきのデビュー作をドラマ化。

探偵事務所の調査員が愛犬と一緒に事件を解決するというお話。

ちなみに愛犬マサの声は・・・あの船越英一郎さんです

 

 PRICELESS  フジテレビ 21時ー 未定

主演・・・木村拓哉・中井貴一・藤木直人・香里菜

 会社で騙されて無一文になった男がリベンジしていく話。

騙されたのは木村拓哉で悪役は藤木直人で助けるのが中井貴一っと

どこにでもありそうだけど、まあ面白いかも?

久しぶりに「黒の藤木直人」を見る事が出来る?

 

火曜日

 遅咲きのヒマワリ  フジ 21時ー 10月23日スタート

主演・・・生田斗真・桐谷健太・木村文乃・国仲涼子・榎本佑

 「四万十川」を舞台に「北の国から」的な群像劇を目指すお話。

 キーワードは「就職氷河期」ね。スタッフ「リーガル・ハイ」チームがいるらしいので

 期待します

 

 ゴーイングマイホーム  フジ 22時 10月9日スタート

主演・・・阿部・山口智子・宮崎あおい・西田敏行

 父が追っていたのは「謎の生物・クーナ」・・・をれを知った息子は?

  どうやら「わかる人にはわかるけどわからない人にはわからない」ドラマに

  なりそう。

  それにしてもあまりに豪華な共演陣にびっくり。

  山口智子さん、何年ぶりでしょうか? 昔と変わらないお姿を拝見したいです。

 

水曜日

 相棒  テレ朝 21時ー 10月10日スタート

主演・・・水谷豊・成宮寛貴・真飛聖

 今回から右京さんの相棒になった成宮君は、警察庁次長の息子。

いわゆる「おぼっちゃま」って奴ね。で、恋人が真飛姉さん・・・と。

警察庁が「特命」の味方につくのか、敵対するのか・・・前回の失敗は

明確な「敵」がいなかったことにあるので、その辺は変わって欲しいです。

 

 東京全力少女  日テレ 22時ー 10月10日スタート

主演・・・武井咲・渡部篤郎・塚本崇史

 田舎から上京してきた娘が父親の花嫁を探す話。

  よくわからん。武井ちゃんて「Wの悲劇」も「言葉に出来ない・・」も視聴率が

  悪くてコケちゃったんじゃなかった?なのになぜ連続主演。

  まるで第二の上戸彩。ギャラがそんなに高くないし何でも引き受けちゃう旬な

  女優という事でしょうか。脇に上手な人ばかり持ってくるのも・・・気の毒かな。

(前回、江口洋介がすっかりかすんでしまって・・・・)

 

木曜日

 捜査地図の女  照れ朝  20時ー 10月8日スタート

主演・・・真矢みき・石黒賢

 待ってました 京都が舞台(兵庫も近いぞ・・・)地図オタクの刑事さんの役。

  かっこいい真矢さんを見る事が出来るか?

 

 ドクターX  テレ朝  21時ー  10月18日スタート

主演・・・米倉涼子・田中圭・伊東四郎・内田有紀

 いわゆるフリーランスの医者・・・つまり派遣で働いているお医者さんのお話。

  米倉が今まで演じてきた「ナサケの女」とか「交渉人」系定番ドラマ。

  とはいえ、ちょっと興味があるかも。

 

 レジデント  TBS 21時ー 10月18日スタート

主演・・・仲里衣紗

 「ドクターX」と同じ時間帯に持ってきた医療ドラマだけど、設定からして

  負けが決まってそう

  インターンからレジデントに代わったばかりの研修医。仲のイメージに合いますか?

  医者の役って若ければ若いほどイメージを保つのが大変だと思います。

  「37歳・・・」の八乙女光とかーー「サマーレスキュー」のインターンたちとか

  見た目からして頭悪そうなのがレジデントですって言われても

  「ATARU」の弟役やって子は見た目からしてOKだったけど。

 

 結婚しない  フジ 22時ー 10月11日スタート

主演・・・天海祐希・菅野美穂・玉木宏

 正直、天海&菅野が今更「結婚しない」といっても新鮮味がないっていうか

「そりゃそうだろうね」しか思いませんし、それで彼女たちが不幸に見えるかと

いえば、全くそんな事はなく・・・そんな二人が一般ピープルにヒアリングした

「独身の悲哀」を演じても様になるかどうか・・・

あれ?今回は玉鉄でないの?

 

 毒ーポイズン  日テレ 23時5分ー 10月4日スタート

主演・・・綾部佑二・臼田あさみ

 赤川次郎原作のミステリー。証拠を残さず殺すことが出来る毒薬を

   扱う博士に綾部・・毎回ゲストが・・という事なのでビバリさんを呼んで

  下さい。

 

金曜日

 大奥  TBS 22時 10月22日スタート

主演・・・堺雅人・多部未華子

 男女逆転「大奥」映画の出来はひどかったけど、今回はどうなるか。

  多部ちゃんが家光で、堺雅人はお万の方。お万は僧だったのに無理に

  還俗させられて家光の側室になったけど、子供がなく。大奥の総取締りに

  なるんじゃなかったっけ?原作は面白いですよーー

 

土曜日

 高校入試  フジ 23時ー 10月6日スタート

主演・・・長澤まさみ

 湊かなえの作品って・・・基本「性悪説」で出来てるっていうか。人間の心の

仲にはドロドロした悪い物が一杯詰まっているんだよーって自覚させられるのね。

そんな原作。名門県立高校の入試前日と当日に起こる事件なんておいしすぎる。

期待します。私の大好きな徳山秀典君が出るので

 

 悪夢ちゃん  日テレ 21時ー 10月12日スタート

主演・・・北川景子

 北川景子は腹黒い小学校教師(?)で、予知夢を見る転校生と知り合って

  世間を救っていく?はちゃめちゃだけど面白そうな?

 

日曜日

 MONSTERS  TBS 21時ー 10月21日スタート

主演・・・山下智久・香取慎吾

 TBS系「相棒」でしょうか?香取君が嫌われ者刑事。山下君がセレブ刑事。

   それがコンビを組んで事件を解決・・・・ってまんま「相棒」じゃん

   テレ朝、怒らないの?

 

 TOKYOエアポート  フジテレビ 21時ー 10月14日スタート

主演・・・深田恭子・瀬戸康史・時任三郎

 いわゆる「管制塔」が主役のドラマで、今までにない「職業ドラマ」らしいです。

  渋くきめてくれるなら期待大ですが・・この時間帯は難しいよね。 

 

 

 朝ドラ「純と愛」・・・NHK 

舞台は大阪。でも「沖縄出身者」が多く住む町。

主演は夏菜。相手役は風間俊介(悪役専科かと思ってたけど・・・)しかも金八

先生と師弟共演の話題つき。

さらに脚本は「家政婦のミタ」の人。やっぱり見ちゃおうかなあ。

 海外ドラマ 「キャッスル」・・・BSプライム

これ、FOXテレビではすでにシーズン3が終わってます。

人気作家のキャッスルがFBIのコンサルタントになり、女性刑事とコンビを

組んで事件を解決。

キャッスルは豪華マンションにぶっとび女優のお母さんとよく出来た娘と

暮らしてます。離婚歴あり。

相手役の女性刑事は・・・髪の色が違うだけでダイアナ妃そっくり

面白いですよーー

 

 

 

 

コメント (3)

安倍総裁誕生

2012-09-26 15:24:56 | 政治

 とりあえず・・・・・

 

 安倍自民党総裁誕生 おめでとう

石破さんになるかなーーなんてちょっと思ってたりもしたけど

最終的には「清く正しく美しい自民党総裁」って形になったのかも。

とはいえ、安倍ちゃん、体、大丈夫?

潰瘍性大腸炎はストレスで再発するらしい

高熱やら下痢やら・・になったら目もあてられませんよーー

みるみるうちに痩せちゃって点滴ぶらさげて絶食したまま遊説なんて

事にならないようにねーー

 

安倍ちゃんが総裁になったら・・・やっぱり解散総選挙。

ちゃんと、慰安婦・竹島・尖閣問題を強気でやってくれるんでしょうねっ

拉致問題に国の教育のあり方も問題っ

消費税に生活保護受給の問題もあるっ

何か策はあるのか策はっ

 

橋下市長・・・ちょっと期待していたんだけど、竹島や尖閣について

やたらあちらよりなのが気になって「慰安婦と直接話をしたい」に至っては

もうだめかもーー状態です 間違っても手を組んだりするなよ。

それと・・・今日はお酒もそこそこに。大腸炎になったら困るからねっ。

さっぱりしたもので食べ過ぎないように愛する奥さん、管理よろしく!!

コメント (4)

渡る世間は鬼ばかり

2012-09-25 12:26:22 | ドラマ・ワイドショー

 昨日の「TVタックル3時間スペシャル」を見ました。

金慶珠&江川達也の韓国訪問・・・・

まず、日本大使館前の「慰安婦像」を見る所から始まったのですが、あんな風に

常時警察官が取り巻いているのでしょうか

人件費の無駄じゃないかと 失礼にもほどがある。

それから小学校から高校に至るまで「独島部」なるものが存在する不思議。

部に入ると独島名誉市民カードを貰って、島の歴史を勉強する?

それの何が面白いんだ

しかも、高校生に「国際司法裁判所に提訴」の事を聞くと「私達は政治の事は

わかりません。でも韓国の国民だから独島は韓国領なんだ」と平気でいう。

記念館にある地図のでたらめさは世界的に知られているのに、それでも

私は祖国を愛しているから、何が何でも独島は韓国領」というすさまじい感情論

が見えてきます。

こんな国と対等に話をしようと思っちゃいけないんじゃ

返すがえすも「李承晩ライン」を黙認しちゃった事が許せない?

これで「アメリカが独島を韓国領だといった」と金氏の発言に行くんでしょうね。

中国の反日デモに関しては「中国も損をした」から仕方ない・・・みたいな論調で

ムカつきました。

ハマコーさんの生前の台詞はどれも面白いけど、あの当時のTVタックルは

みんな元気で見てて面白かったよね。

彼が言ったこと・・全部あたってる。民主党政権になった時、今以上にダメになる・・・

なんて 神発言ですね。

久しぶりの田母神閣下 もっと発言してくれーーと心の中でひとしきり。

それにしてもみんな、本気で「まさか中国が攻めてくるわけない」と考えているの?

「あれは全部パフォーマンス」と言い切れる根拠は何

TVタックルは比較的保守的な番組だと思っていたけど、ここまでバカな出演者

を出すなら視聴率下がって終了ですね。

 

 渡る世間は鬼ばかり 

先週、今週と2週にわたってのスペシャル番組でした。

初期の頃はよくみていたんですが、最近の展開は全くわからず、理解できるか

どうか心配でしたが・・・何とかついていけた感じ

あれから22年ですか。

5人姉妹、葉子さんを除いてみんな嫁・姑で苦労し、夫婦関係も色々あったのに

22年経ってみたら、キャリアウーマン葉子が双子の母?

超高齢出産か

 

 長女・弥生一家

「里子」を引き取って育てている。実の子供達には裏切られっぱなしで

「血のつながりよりご縁よね」とばかり、親のいない子供をひきとって育てる。

考えてみれば弥生さんが一番苦労したのよ

普通のサラリーマンと結婚した専業主婦が子供達に冷たくされ、夫は仕事を辞め

その時々で心に折り合いをつけようと必死だった感じ。

今が一番全てを達観して楽しそう。

 次女・五月一家

「幸楽」は愛ちゃんが継ぎ、餃子が当たって毎日行列が出来るお店に変身。

(昔から混んでいたけど)

おばあちゃんが毎日店でお客とおしゃべりするのを気に入らない愛が散々

嫌味をいうあたり、「祖母の血が孫に遺伝したか?」って感じ。

信は何でも「父親介護優先」の妻との生活に耐え切れずに実家に帰って来る。

それにも愛はケチをつけると・・・何で、愛ちゃん、あんなに性格が悪くなったの?

信の奥さんも思い込みが激しすぎ。

あのお父さん、半身不随とはいえ、動けるし喋れるし、何でも一人でやらせるように

リハビリをする事が最優先なんじゃ

ラストの「高級料亭で働け、時給1200円」には参った・・・・

今時、そんなバイトにあっさりとめぐり合うことが出来るなんて

 3女・文子一家

この一家が一番謎ですね。

夫婦はとっくに離婚して、旦那は別の人と結婚していたのに借金が理由で

離婚できなかった・・・・しかもハワイに持っていたホテルの経営は一人息子の

望がやってた?

信じられないのは、望君がマウイのホテル王の娘と結婚して借金ちゃらにして

くれた為、お父さんの離婚は成立しホテルも持ち直してめでたしめでたしだった事。

何なんだ?この調子よさは・・・・・

望君もいい歳なのに、まだ「お父さんとお母さんがもう一度結婚して」なんて

言ってるあたり、変なの。

 4女・葉子

いきなり双子の母になって「5歳までは子育てを楽しむ」宣言

考えてみればこの葉子さんほど、男を捕まえては放してきた人はいず。

姉妹の中で一番自分勝手でわがままだったのに・・・母?

 5女・長子一家

英作さんは「在宅医療」を立ち上げた関係で別居状態で忙しい。

母親を施設に入れたいけど支度金900万が・・・というとおかくらのお父さんが

出してくれる気前よさ。

娘の日向子ちゃんは「おかくら」の跡継ぎになるべく修行中。

 

とまあ・・・こんな感じですが。

相変わらず「時々やたら気前のいい人」がぽんと大金を払ってくれるところとか

丁寧すぎる「敬語」の連続に笑わせていただきました。

何でも「お」をつければいいってものじゃないし、「して差し上げて」って言う言い方も

今はあまり使わないし。

「こしらえる」があまり出てこなかったのが幸いかなあ。

 

それでも「嫁」だった側が「姑」側になり、そこに老人介護が出てきた時

悩みがあらやに出てくるという「初めての経験」に戸惑う人達の気持ちは

わかるような気がします

五月はさんざん姑に苛められてきたのに、夫が母のリハビリに付き添うといえば

許し、今度は娘にうるさく言われる「損」な役回り。

実家に戻って来た息子に「やった」と喜んでいたら、さっさと戻っちゃうし。

ラストのナレーション「私の幸せはなんだろう。みんなが幸せな事が私の

幸せなんだと思いました」っていうのが身につまされるなあ。

あくまで自己流を押し通しつつ、自己実現を勝ち得ている文子の清清しい笑顔。

苦労の末に全てを断ち切って新しい繋がりを求めた弥生のさっぱりした顔。

実家べったりであるがゆえに夫に優しくして上げられる長子の甘ったれ度。

自分で選んだ事は一人で頑張る・・やる気マンマンの葉子。

でも、家族に振り回され我慢してばかりの五月は笑顔よりも憂鬱そうな顔が多い。

それでも最後は「仕方ないわ」と思ってやりすごす。

これが一般的な女性の生き方でしょう。

そういう意味でいうと橋田先生の人間観察力とか、家族の問題への目線の

鋭さには頭が下がるというか。

ご本人がちょっと育ちがよすぎて、あまり「苦労」をしていないから、どんなに

「大変」だといいながらも必ず救世主は現われるし、登場人物がみんなどこか

おっとりしているんだなあと納得。

そういう「育ちのいい大家族」を描ける作家は、もう出て来ないだろうと予感してます。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

韓国史劇風小説「天皇の母」74(フィクション・・だな)

2012-09-24 07:53:11 | 小説「天皇の母」61話ー100話

大殿下のお戻りでございます

宮務官に知らされたユリ君は慌てて玄関に出た。

何やらただならぬ雰囲気が漂っていたからだ。

大殿下は先帝の末の弟で、学者肌な所がありなかなか頑固だった。

戦後すぐは生活の為に苦慮し、社会主義に傾倒したこともあった。

以来、先帝とは一定の距離を置いていたし、ましてその息子の今上とは

親戚とはいえ、形だけの付き合いになっている。

その大殿下が自ら望んで参内したのだ。これは大事である。

しかも単独での参内。

(私を巻き込みたくないとのお考えか)とユリ君は思った。

ユリ君だけではない。トモヒト親王ら3人の息子達にも言ってない。

お帰りあそばせ。いかがでしたか

いかがも何も」

ミカサノミヤは憮然とした態度で背広を脱ぎ捨てる。

全く、お上は何を考えているのか。これが今風の「開かれた皇室」なのか。

何もかも民間妃を娶ったからこういうことになるのだ。お上は皇后の言いなりだ」

お茶が運ばれてくる。

熱いっ。もう少しぬるくできんのか。それに茶じゃなくて酒!」

珍しく激高する大殿下に回りはおろおろしはじめる。

昼間からお酒を召し上がるのは体によくありません。お控え下さい。

回りのものも怯えておりますから、お静まり下さい。これ、殿下に紅茶を。

ブランデーを一滴たらしておくれ」

ユリ君のおっとりした喋りにミカサノミヤはやっと人心地ついた。

先帝の時代は終わったんだな。わしたちは時代遅れの人間なのか」

どういう意味ですか?」

お上には言うべき事をきちんと申し上げた。皇太子の結婚が我々親族に

何も知らせないままにマスコミを通じて決定してしまったこと。

どこの誰なのかさっぱりわからないし、こういう事はあらかじめ根回しをして

進めるべきではなかったかと。お上は侘びを入れてきたので、それならすぐに

結婚報道を取り消せと申し上げたら、もうオワダ家を呼んで話を決めたと

言うじゃないか。もうびっくりして驚いて腰が抜けるかと思った」

まあ・・・アキシノノミヤの時はそんな事はなかったのに。おかしいですわね」

アーヤは昔から親族を大事にする子であったし、あの宮妃も控えめなよい

娘だ。父親は学習院の教授だから皇室に関しても勝手を知っているのだろう。

しかし、オワダ家はどこの馬の骨ともしれない外交官一家だ。

何でそんな勝手な事をと詰め寄ると、渋々お上は答えられた。

オワダケに脅されたと」

脅された?まあ、随分とオーバーな言い草で」

だろう?一国の天皇にそのようなことがある筈はないのに。何でも参内させて

事情を聞き、とりあえず保留にしようとしたら、オワダ家が「娘を汚された」と

大騒ぎし始めたとか。やれ責任を取れとかマスコミに天皇の意向で保留に

なったと言えとか、そりゃあまあヤクザのような言い回しだったというのだ」

何て事でしょうか。民間の人間が天皇を脅す?」

全く甘くみられたものだ。先帝が生きておいでだったらこのような事態には

ならなかったに違いない。相手のそんな無茶な論理をお上は「なる程」と

思ってしまわれたのだ。しかも皇太子・・・」

東宮様が?」

皇太子がこれでいいではないかとお答えになったと

なんと」

ユリ君は皇太子の温和な表情を頭に描いてみた。元々空気が読めないと

いうか、回りに動かされがちになる要素はあったと思う。その一方で

妙に頑固だったりする。その融通性のなさが皇后そっくりと思う事も。

結果的に皇室の体面を考え、皇太子の意向を尊重し結婚を認めると。

「もはや本人の希望なしには成立出来ないのが今の結婚制度です」

とまでおっしゃったのだ。皇室に一般の民法を持ち込むなどありえない。

お上は二言目には「今の憲法では」「今の法律では」「今の世の中は」と

繰り返しおっしゃるが、皇室というのはそういうものとは一線を画しておかないと

いけない存在なのだ。それなのに・・・・」

運ばれてきた紅茶を一口すすってみる。温かい中にブランデーの香りがたち

漸く大殿下の怒りもおさまりつつあった。

本人の意思か。皇太子はどうでもチッソの孫と結婚したいらしい。3代前も

不肖でどこから来たのかわからない娘と。本人同士がそうしたいのだから

それでいいとお上は考えている。いや、皇后がそう考えているのだ。

わしは古いらしいぞ」

殿下・・・お上が結婚なさったあの時から、皇室の形が変わったのです。

あれだけの反対を押し切ってミチコ妃殿下を娶られた親王様ですもの。

今回の事くらいどうとも思っていないのでは」

だとするとますますわしらと剥離していくな。いや、お上は皇族方だけでは

ない。旧皇族やそれに連なる者達をも捨てた事になるのだ。だとしたら

我々も心していかなくては」

ミカサノミヤはゆったりと紅茶のカップをテーブルに置いた。

この結婚は皇室にとって毒にしかならない。断固反対する

はい」

ユリ君は静かに、しかしきっぱりと答えた。

コメント (3)

野中広務&岩井俊二

2012-09-23 10:55:58 | 政治

 昨日からニュースを見ていないので、この二つの件がテレビで

報道されているかどうか、どのような報道をしているのか確かめられず

でも、これってすごく大きな事だと思うんですよね。

 

 野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪 

 元内閣官房長官、野中広務氏(86)が中国のテレビに出演。

 取材が行われたのが21日。

 タイトル「日本政府の不法な尖閣購入による中日間亀裂、

   日本の元官房長官が中国にお詫び」

 野中氏「こんな不幸な事件が起きたのは、

  全く日本の人間として恥ずかしい。

  中国のみなさんに大変申し訳ない」

  「長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が

  癒えていないその中国に対して、歴史を知らない

  若い人達はそういうことを抜きにして

  ひとつの対等の国としてやっているんです。

  それは間違っています」

 もう・・ショックを通り越して「日本は終わった・・・」と感じた瞬間です。

   日本の中ではすでに一線を退いた政治家ではありますが、当たり前のように

   中国では持ち上げられ。その発言は「日本の意向」として紹介されています

 デモを起こしたのは中国だし、日本車や日本企業をめちゃくちゃしたのも

   中国。なのに何で「原因」を日本に求めて謝罪するのか。

   尖閣諸島は元々日本の領土でしょう?

   野中氏はそう思っていないということですね

   中国で頑張っている日本の社員やその家族を滅多打ちにする事が彼の

   「愛国論」なのだろうかと。

 一番気になったのは「ひとつの対等の国としてやっている」という部分。

   彼の論理で言うと

   日本が中国を侵略 → ひどい目にあわせた → 81年経ってもまだ心の傷

   は癒えていない → 日本は罪悪感を持ち中国に奉仕すべき

   → なのに日本の若い人は中国人と対等だと思っている → それはちがう。

   日本は敗戦国で中国の弟分。宗主国に逆らうことは儒教に反する。

   ・・・・といいたいのだろうと思います。そうですね?野中さん。

 彼が何でこんな番組に出演したのか。なぜ自民党はそれを許したのか。

  中国がチベットやウイグルを滅ぼそうとしたり、ベトナムの海を侵略しようと

  している事など、「現在」の事は全てちゃら?

 日本が中国を侵略したから今の中国が生まれたのでしょうか?

   少数民族を滅ぼし、アジアの海を独占しようするのも日本のせいか?

   100年経ってもまだ「傷が癒えない」中国様はその傷を癒す為に日本を

   侵略し、少数民族を滅ぼし、アジアの海を独占しましたとさ・・・・・

   馬鹿馬鹿しくて涙が出るっていうか・・・野中氏を何とかしない限り自民党の

   明日はないと思え。

 野田総理は国連で尖閣も竹島も言わないんですって。

   世界に訴える機会を自ら潰し、中国や韓国の論調を世界に広めようとする

   (暗殺されそうで怖いのか?)とんでもない総理大臣。

   これで二つの島はとられたも同然です。

 終戦当時、20歳前後?だったら責任は十分あるし、そこまで罪悪感に

  かられているなら命をもって償うべきではなかったかと。

 

  <!-- 野中 -->

 

 岩井俊二監督、ツイッターで「反日」 

 18日の岩井氏のツイッター

 日本は中国を侵略しようとして最後はアメリカと

  戦い負けた。

   なのに免責された。侵略された国が怒っていても

  当然で、忘れてしまっている日本の方がどうかしている。

   というのが僕の歴史認識です。

  国があの島を買うという行為がどれくらい

  挑発的かを相手の立場でもう少し考えるべきだと思う。

  それと日本はかつて侵略戦争をしかけて

  負けたのだということも忘れすぎている。

  それで相手国ばかりを責めたのでは

  相手だって怒り出すのが道理。

 とにかく日本のメディアは隣国をあしざまに言いすぎ。

  自分の父や母や祖国を悪く言われたらどんな気がするか

  子供でもわかる。

  日本が好きな多くのアジア人が日本を訪れている。

  それはとてもありがたいことなのだ。

 自国びいきに偏った歴史解釈は人間的に受け入れがたい。

 偏った寸足らずな愛国論はこの国とって毒にしかならない。

 私は岩井氏の作品を見ていません。特に興味もなかったし。

  でも韓国では絶大な人気を誇る映画監督で、日本でも若い人達に

  支持されている? (うちのジュニアが好きだったらどうしよう)

 こんなことを呟くって事は、歴史を知らない若い人だろうと思っていたら

  私より一つ上 しかも仙台出身

  西多賀中から仙台一高?中総体とかですれ違っていそうな雰囲気。

   (私は愛宕中だったので)

  横浜国立を出て今に至る・・・・・と。

 高校までの教育の結果が今にいたるとして。

  じゃあ、仙台は「反日」なんでしょうか?っていうと・・・うーん・・・・

  私が通っていた尚絅女学院の倫理の先生は完璧に左翼でしたし、

  学校自体何となくジェンダーフリー思想にハマっていたような気がするし。

  (当時、私学差別が激しくて・・・ナンバースクール以外はバカ扱いよ)

  仙台は在日が多いし

  中学の頃、友達と政治の話をしている時に「社会主義と資本主義とどちらが

  暮らしやすいか」って議論したことがあり・・・友人が説く

  「全ての人に平等な社会主義」にひかれたこともあったけど。

 今はすっかり消えちゃってるけど、私達がいた頃は原理研や中核派の

  本部が東北大にあり、向山小学校の裏が寮でそこに機動隊が来てたことも

  あったかと・・・・あの時は怖かったわ。

  しかし、だからってこういう思想が身についちゃうのか?

 多くの宮城県人はもっと単純で政治よりも米の出来具合だべさ。

 とはいえ、そもそもの思想「日本が中国を侵略しアメリカに負けた」から

  間違っているけど、これって野中氏の考え方とすっかり同じ。

  という事はやっぱり左翼なのね。

 左翼の考えてることさ、さっぱりわからねえ。

  65年も前に終わった戦争のこと、まーだ持ち出して「怒ってる」って

  言うんだべ? その後、、中国は毛沢東とかいう太ったおじさんに

  縛り上げられてよーーうちらよりも貧乏になっちまったし、沢山人が殺された

  っていうでねーか。それさすっかり忘れて60年も70年も前の事ばり

  言うんだもの、なにごしゃいてんの?

 誰でもどこの国でも親兄弟悪く言われたら怒るっちゃ。

  中国人だけが怒ってんでねえ。日本人が悪くいわれんのはいいのか?

  中国も韓国もよーー『自国びいき」なんてもんじゃねえ。歴史さ嘘ついて

  語ってんだよ?

  「愛国無罪」とか言ってデモすんのは「偏った愛国論」じゃないのけ?

  そんな考えかた、間違ってるーー俊ちゃん、おかしいべ。

  あんたがどんな考え方しようと勝手だ。

  でも、お偉い映画監督の言う事には若者を・・「扇動」する怖さっちゅうもんも

  あるんだよ。それをよく弁えなきゃ。

 悪い事いわねえから、もう一片、図書館さ行って本読め。

  本さ読まねば映画監督なんて務まらないべ。

  偏った「歴史観」をどうにかせねばないっぺ

  この間仙台さ帰って来たんだーー

  たんぼが黄金色になってて、いやーー美しかったーー

  西多賀のあたりは昔と変わらないべ。新しい建物もないし、道も昔のままだー

  「ありのまま舎」があるのも昔のまんま。

  すぐ近くの南団地や動物園はすごいのになーー 

  でも、そんなふるさとを中国に差し出してもいいって思ってるか?

  その昔、傷つけた代償さ払え、西多賀さ全部中国のもんにしてけろって

  言われたらあんた、「わかった」って言えるか?

  震災でガタガタになった東北の土地は危ないべ。中国に買い占められる・・

  どうすんだ?どんなに中国の肩さ持っても、あんたは日本人だべ。

  容易にふるさとに帰ることも出来なくなるっちゃ。あんたの同級生も沢山

  住んでっぺ?「治外法権」ふりかざして入れなくなるっちゃ。

 中国も韓国も「悪縁をたつ」と言うっちゃ。

  勝つか負けるか。皆殺しにするかされるか。

  今を生きる日本人の存在自体が許せないんだー あんた、中国の為に

  自分と家族を差し出してお詫びするか?

  左翼の論理っちゅうもんは、そんな覚悟もないくせにきれいごとばかり並べて

  ちーーっとも国の為にも人の為にもならねえ事ばり言ってるって私は思うけど?

  まあ、とりあえず俊ちゃん、本さ読んで勉強しろ。

  一高行くくらいだもの。頭はいいんだべ?それとも頭よすぎておかしいのかい?

 

コメント (6)