花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

新・水滸伝 其之七

2014年06月04日 | 中華電視劇
閻婆惜...本気で宋江の事が好きだったんだね...(小悪魔とか言ってゴメンよ~前言撤回)

でも、その気持ちを知ってても宋江は閻婆惜の事を放ったらかし...

たとえ気の毒な境遇の閻婆惜を助けるつもりで妾にしたんだとしても

家を与えて何か物を買ってあげればいいってもんじゃないでしょうが  

まったく...宋江ってクソ真面目すぎて全然女心がわかってないんだから



でも...閻婆惜も、いくら宋江がつれないからって、部下の男を家に引っぱり込んじゃダメだろが~



う~ん..やっぱりやる事が小悪魔だワ... 前言撤回を撤回(笑)

だけど宋江も、自分は放っといたクセに、間男されるとやっぱり面白くないんだね...

そして、晁蓋から受け取ったお礼の手紙を閻婆惜に見られ、結婚を迫られて脅され



揉み合った挙句閻婆惜を殺してしまい...宋江も流刑に...


あ、そういえば...この一件の中で、宋江の弟分の朱仝がヒゲ袋を付けていました



関羽アニキが曹操から貰ったヒゲ袋ってのも、こんなヤツだったのかな?

(小説では読んだけど、実際ヒゲ袋を着けてる所を見たのは初めてでした)


一方魯智深は、楊志とやり合って意気投合
力を合わせて二竜山のヤツらを皆殺しにして乗っ取り成功~



って...こいつら...ただの狂暴な殺戮集団だな...


宋江は今までの功績や人柄から、なかなか刑が執行されずにいたけど

罪の意識に苛まれて自ら流刑地に赴き...その途中で武松と出会う事に...

武松って、別名を “二郎” っていうんだね...この前まで “五郎” だったのに(笑)(@少年楊家将)



でも、造型は楊五郎よりもずっとワイルド系でステキ

この武松が人食い虎を素手でやっつける事になるんだけど...

も~そのシーンが可笑しくて可笑しくて、久しぶりに声を出して笑いました

(そういえば最近あんまり笑ってなかったな...)

トラ...実写と合成でけっこう頑張ってたんだけどね~

実際に生きたトラと格闘出来ないのもよ~く解ってるんだけど...それにしても...

ぶ...武松が...ぬっ...ぬいぐるみを虐めてるようにしか見えない~

格闘シーンは動きが速くて上手く撮れなかったので、トラの参考画像です(笑)



まぁ...なんて可愛いぬいぐるみ (笑)(しかも自転車映り込んじゃってるし...)

この集のタイトル...「武松人食い虎を退治する」 じゃなくて... 「武松トラのぬいぐるみを虐める」 ですね

さて...ちょうど6月分が届いたから(ツッコミ入れつつ)続きを観ようっと
コメント (6)