Vic's Weblog


ラジオ
Bike & 車
ラジオを聴く
通信型受信機
ヘッドホン・オーディオなど

Global Radio Guide; Winter 2020-2021

2021年01月24日 06時00分00秒 | BCL周辺機器/雑音対策
今年は結局 WRTH 2021 版はアマゾンに注文して一か月半を過ぎても送って来そうになかったのでキャンセル!本棚に空きが出来てしまいました。
やはり廃刊になった Passport to World Band Radio が良かったなと思いつつ、今回紹介する Global Radio Guide を Kindal で購入して読んでいます。¥940 前後ならいいな、しかし Kindal プレミアム会員は無料?ちょっと不明だけど購入ボタンを押した記憶が無いまま、いつの間にか 738ページ 全て読める状態でダウンロードされた。まあ課金されても ¥940 ならいい買い物です。

 著作権があるので詳細は書けませんが、たまたま早朝に 5995kHz を聴きながら読んでいたらアフリカのページに
「 5995kHz は同じアフリカ圏の放送で Radio Mali と Zambia NBC Radio 1 が周波数をシェアーしているから ID には気を付けて。」
みたいなことが書いてあります。

 現行 SDR 受信機の記事も多く、大昔の受信機などの記事も多く楽しめそうです。
Passport to World Band Radio っぽくていい感じです。
コメント

台灣電台國際廣播 日本語

2021年01月23日 18時00分00秒 | BCL受信ログ
鉄筋アパートの中でロッドアンテナ畳んでも聞こえる!
台灣國際放送 日本語

⇧ で見れないときは上の画像左下の [ 見る YouTube ]  を押すか  をクリック


動画 1分05秒からのいい雰囲気を聴くと臺灣中國料理が食べたくなります。

☆☆☆☆☆ //_/__/___/____/_____/______/
TECSUN PL-330 without External Antenna.
Radio Taiwan International.
Japanese Program.
17:59 Japanese Local (08:59 UTC)
Received in Osaka JAPAN
☆☆☆☆☆ //_/__/___/____/_____/______/
コメント

iPad 用にマウスを買ってみた。

2021年01月20日 06時00分00秒 | Weblog
タッチ式の iPad Display を敢えてマウスでコントロール
なんだかやってはいけないことをやっているような気がするけど
このマウスに以前から使っている純正キーボードを使えばパソコンっぽくなるけど、iPad らしくない使い方が禁断の果実っぽい。


このマウス、そのうちパソコンに繋いで使っているかも?
コメント (2)

日本向けルーマニア国際放送を聴こう❣

2021年01月19日 08時20分00秒 | BCL受信ログ
Radio Romania International は欧州からの放送としては日本向けに限らず安定して受信できることが多いです。
ベランダに出ればポーダブル・ラジオの付属アンテナで聴けます。寒い😵 

日本向けは日本時間の 08:00 - 09:00
周波数は 7325kHz, 9620kHz
折角、日本へ向けて放送していますから仕事が無い日は聴いています。

画像にあるように送信アンテナもなかなか壮大な施設です。


コメント (2)

徳生 PL-330, AM と SYNC 音質の比較

2021年01月17日 10時30分00秒 | その他のラヂオ・受信機
 PL-330 AM vs SYNC AM Comparison.

⇧ 上で再生されない場合は下


00:30 JST, 14 Jan 2021
6115kHz Radio New Zealand, 
Hand-made MLA,
Osaka JAPAN.

AM の Filter は 5kHz が最大幅、SYNC の最大幅は 4kHz のため音質が明らかに異なります。
今日の動画の場合、混信は無いハズですが少し弱いビート音が聞こえます。
SSB は 10Hz の Step Tuning ですが SYNC Mode は 100Hz 毎の Step Tuning になります。
SYNC Mode では "LOCK" という表示がないので SYNC Mode でも Fine Tuning が必要のようです(自信なし)。
ICF-2001D の場合 SYNC Mode は Fine Tuning を上下に操作して上側波帯か下側波帯を意図的に選択して "LOCK" 赤ランプを点灯させますが、これと同じような感じなのでしょうか。
動画では SYNC LSB 選択を忘れましたが SYNC USB とほぼ同じでした。
AM 5kHz 帯域に比べて SYNC Mode だと帯域を 4kHz に抑えているのは隣への浮気防止でしょうか?
動画で時々表示させてる 5.0 とか 4.0 という表示は Filter 帯域幅を示しています。
( 今までの所 ) 混信が無い場合は 5kHz の AM が音は良いです。理由は帯域幅の違いでしょうね。

筐体が小さい割にとても音が良いです。それは FM で聴くとよくわかります。
今は FM で深夜の Jet Stream を聴いています。
コメント

昔自作した3分配器を開けてみた。

2021年01月16日 06時00分00秒 | BCL周辺機器/雑音対策
これは 10 年前に自作した 3 分配器です。
大進無線さんから公開されている回路図を参考に、自己流で作ったのですが、開けてみると我ながら凝った造りでした。特にアースに気を使った製作跡が見れます。基盤の裏はベタ・アース基盤です。
近く二台目を製作します。
自己満足の自画自賛でした。
コメント (4)

サグ(ほうれん草)カレーに挑戦!

2021年01月15日 06時00分00秒 | Weblog
ほうれん草カレーを作ってみた。
インド料理屋に行くと「サグカレー」なるほうれん草のカレーがあります。
自己流で、玉ねぎ、ほうれん草、生姜などをミキサーに入れ、


キノコ類を加えて、好みで集めたスパイスで煮込みます。
この時期は寒いので体温上げるために生姜多めです。
隠し味は「和風白だし」です。
うまみ成分としてナンプラー魚醤も合いそうです。
ご飯は熊本産(くまもん印)無農薬の黒米です。


二回目の緊急事態宣言発令下、仕事以外は部屋で過ごすので自炊、ラジオ三昧の時間になります。
免疫力アップなるか!

娘たちに LINE で画像送ったら、とても褒められた😁
上の娘は昨年からいろんなカレー作りに凝ってて、次回にこのサグカレーを作るらしい。と言うより最近私がカレーにハマっているのは長女の影響。
末娘は、インドカレーのレストランのサグカレーが好きでよく食べるらしい。
お父さんは趣向を愛娘達と共有出来てとても嬉しい😊
コメント

徳生 PL-330 SYNC Mode の恩恵

2021年01月14日 06時00分00秒 | その他のラヂオ・受信機
PL-330 SYNC Mode  

⇧ 上で再生されない場合は下

01:00 JST 14 Jan 2021, 
3325kHz Voice of Indonesia, 
Hand-made MLA,
Osaka JAPAN.

AM または LSB だと 5kHz 下の 3320kHz 朝鮮中央放送の酷い被りを受けますが、SYNC USB に切り替えると LSB 側の混信ををバッサリと排除して聴き易くなります。
コメント (2)

運動不足で室内運動器具を購入

2021年01月13日 06時00分00秒 | Weblog
最近、寒い日が続いています。
運動不足解消に「振動マシン」なる器具を買いました。
しかし作動不良!
代わりに新しい器具を送ってくれました。
Bluetooth で音楽聞けるけど、無用の長物ってくらい音質が悪いです。
肝心な運動機能は良いトレーニングが出来そうです。




しかし、古い壊れていた不良品は引き取ってくれません。
粗大ごみが増えた。
引き取って修理して中古で再版すればいいのに!
コメント

今持っているものを見直す ❣ 第一弾

2021年01月06日 06時00分00秒 | オーディオ
臺灣に住んでいた時に製作した一番右にある ELEKIT TU-882R 真空管ヘッドホン・アンプ
自宅に保管してしたので自宅から隠れ家に持ち出しました。

製作後に個人的趣向で交換した部品は、
 - 旧ソ連 1977 年製 6n3p-DR 双三極管
 - AMCO 国産メタライズド・フィルム・キャパシター 
 - Linkman 製 RD925G 可変抵抗器
本体は過去に Linkman ELEKIT で再販される事がありました。
真空管は NOS, その他の部品も現役で売っていることを確認しました。
保守するには部品があると助かります。

真ん中にあるのは nabe さん設計の
高品質な低電圧ヘッドホンアンプ(単3×2本)キットです。
こちらは頒布は終了しています。

以前製作した nabe さん設計「 PCM2704 で音質のいい DAC 」キットはおよそ 10 年間改良されながら現役で今も頒布されていました。一部改良された部分があるので改修しようかな。
こちらはパソコン出力に自作真空管ヘッドホン・アンプに繋いで使っています。

ダボハゼみたいに新しいものに飛び付くよりは、過去に製作したり、以前買ったものを大事に使っていこうと思っています。
コメント (2)