働く主婦のじゅんこです 

自分探しから始まった幸せへの道・・いくつになっても旬な女性で生きるカギ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「不要不急で自粛するもの」

2020-05-01 11:22:00 | 家族
お金に余裕のある時は、これも必要、あれも大事と、不急なものも購入する。

1か月1万円の収入となれば、これは必要か、あれは大事か、ぎりぎりの選択を迫られる。
そうして今、本当に必要なもの、大事なものだけが残るだろう。

時間も同じ。。。

まだまだあると思えば、これもしよう、あれもしようと不急のことにも消耗する。

あと1日の命と限られたならば。。。。
貴重な時間で果たさねばならぬ一大事を、どれだけの人が知っているだろう。

「世人薄俗にして、 共に不急のことを諍う」 (大無量寿経)

仏教で教える不急のこととは何なのか、人生急務の一大事とは何なのか。
正しく聞いて悔いのない今日一日を過ごしたい★
コメント

「やりましょう」

2020-04-26 21:17:26 | 家族
「やりましょう」というツイートが有名な孫正義氏。。。
ユーザーからの要望が、素晴らしいアイデアだと思えば即座に「やりましょう」とツイートするそうだ。
「追い込まれなければ本当の力を発揮できない」と自分を奮い立たせるための行動と言う。

これまで苦手だったスマホを操作する時間が増え、昨日FBのメッセンジャー機能を教えてもらった。
開くとたくさんの未読というおそらくあり得ない事態が発覚。。。
他にもいろいろな機能を教えてもらったが、若い彼より、脳みそが一回転遅いのか、頷きながらも実
は理解ができていない。覚えたと思った操作も、帰宅する頃には頭が疲れてフリーズ状態。

その夜、認知症になった夢を見てうなされた。

「やりましょう」。。。
今はもう、言わねばならぬ。

たくさんの人に失礼千万なことをしていた反省を込め、自分を追い込んで、脳みそを鍛えて。。。
でなければ、あの恐ろしい夢が現実になる、と思う☆
コメント

悲しくてやりきれない

2020-04-22 06:10:12 | 世事情いろいろ
「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった」。
約10年前、62歳で自殺した音楽家の遺書の一部である。天才と言われ、
一世を風靡した彼も、還暦を過ぎ「世の中が自分を必要としていない」
と感じたのだろうか。。。
彼が作曲した「悲しくてやりきれない」が流れていた。

悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
この限りない むなしさの
救いは ないだろうか

悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このもえたぎる苦しさは
明日も 続くのか

哀愁を帯びたメロディーがつぐむ歌詞に想いを馳せ、目頭を熱くする
人は、今も少なくないのでなかろうか。

この限りない、むなしさの救いはどこにあるのだろう。
このやりきれない苦しみは、一体どこからくるのだろう。。。

老いも若きも、誰もが知りたい。
だが、誰も知りえない本当の答え。。。

親鸞聖人は、その答えのすべては仏教にある、とハッキリ示された。

やりきれないむなしさの救いは、苦しみの根元を知り、その根元が
断ち切られてこそ。。。

すべての人が救われる仏法を、今ほど求められる時はないのだろう☆
コメント

「一喝」

2020-04-17 10:09:20 | 世事情いろいろ
「志村さんと一緒にいられた時間は贅沢で本当に夢のようでした。。。」
そう語るのは、90年代、多忙を極めた志村さんの弟子として7年間勤め、
現在は故郷の鹿児島で活躍する乾き亭げそ太郎氏(49)

師匠を四六時中支えて3年目。
ネタを考える時間が欲しいと弟子を辞める決意を告げると、一喝された。

『ダメだ。お前、この3年の間に何もやってないじゃないか。環境を変え
たら自分ができると思っているかもしれないけど、やる人はどの環境に
いても絶対にやるからな。与えられた環境で何もしていないお前は他へ
行っても何もできない』

ドリフターズの坊や(付き人)の仕事をしながらメンバーやスタッフを
笑わせ、努力を怠らなかった志村さんならではの言葉だろう。
その後、げそ太郎氏は奮起して、テレビに出演するまでになったと言う。

今や自粛で講演会場は閉館となり、聞きたくても外出もままならない。
思うようにならない環境は、仏法を伝える身にとっても同じこと。

「やる人は、どの環境にいても絶対にやる」
この信念で乗り越えたい☆
コメント

「コ・ロ・ナ」の「君」

2020-04-15 20:05:07 | 世事情いろいろ
『しばらくは 離れて暮らす コとロとナ
     つぎ逢ふ時は「君」という字に』

コとロとナの3文字を一つに重ねて書けば「君」となる。

中学時代の友人から教えてもらった。。。。

誰でも、コロナと離れて暮らしたいのは、やまやまだ。
しかし、コロナの猛威によって、「火宅無常」の世を突き付けられ、
仏説まことを聞くご縁になれば、「コロナ」の「君」との出逢いも
懐かしく思い出す日がくるだろう。

光に向かってすべて総がかりと知らされる☆
コメント

「助かる命」

2020-04-12 05:49:00 | その他
医療現場からの悲痛な声より~

ここ数日でコロナウイルス感染症の患者が急増している。
コロナ病床は満床になり、重症者も出て、既に医療崩壊のシナリオも想定され始めていると言う。
報道よりも、一般の人達が思っているよりも、現実は非常に厳しい。
近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる。
このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならない。
それが本当に悲しい。。。
現場の医師の悲痛な叫びである。

「助かる命」であっても「命の線引き」せざるを得ない悲惨な状況。。
この痛みを知る人は、あっても少ないだろう。
イタリアでは100人以上の医師が、最前線で感染して亡くなっている。
命を守るために、命をかけたメッセージを、一人一人が真剣に受け止め、感染防御を守っていか
ねばならないと切に思う☆
コメント

「疫癘」

2020-04-11 06:11:13 | その他
飢餓 疫病 戦争(暴力)
人類を悩ませ、世界が取り組んできた大きな問題がこの3つ。。。

飢餓は今も5秒に1人の子供が餓死していると言われている。
新型コロナは、今や世界の脅威になっている。
14世紀に起きたペストの大流行では、当時の世界人口4億5000万のうち約1億人が死亡したと言う。

見えない細菌や新たなウイルスとの戦いは、今後も続くのだろう。

蓮如上人の時代も例外ではなかったようだ。

「当時このごろ事のほかに疫癘とて人死去す。
 これ更に疫癘によりて、はじめて死するには非ず。
 生まれはじめしよりして定まれる定業なり。
 さのみ深く驚くまじきことなり」 (御文章4帖目第9通)

人類が常に取り組んでいる問題は「どうしたら死なずに済むか」ということだが、この問題に成就は
ない。生まれた時から「死」は定まっていることだから。。。

では、やがて必ず死ぬのに、なぜ生きるのだろう。

「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世稀有の正法、
 聞思して、遅慮することなかれ」  (教行信証)

死が来ても壊れない、永遠に捨てられない「摂取不捨」の幸福。。。
この絶対の幸福こそが、なぜ生きるの答えだと親鸞聖人は断言されている。

「どんな人も必ず、絶対の幸福に救う」と誓われた弥陀の本願まことだから、早く絶対の幸福になって
もらいたい、生きている今が勝負だよ、モタモタせずに聞き開いてもらいたいと、善知識方は常に真剣
な聞法を勧められた。聲をたよりに光に向かいたい☆
コメント

「慢心」

2020-04-10 05:34:01 | 世事情いろいろ
かつて、マリー・アントワネットは、飢えに苦しむ民衆を見て「パンがなければ、ケーキを食べれば良い」と
言ったそうだ。

新型コロナ対策として、全世帯に布マスク2枚を配る経費が、466億円にのぼると言う。
見積もり200億円と聞いていた時でさえ、喜びより失望の声が多く勝っていたのに。。。

都合の悪い声など、どこ吹く風。

コロナで生活に苦しむ国民を見て、
「マスクがなければ、布マスクを与えれば良い」と言う、現代版アントワネットが官邸にいるのだろう。

医療現場では、スタッフが昼夜を分かたず奮闘している。
若い看護師は「家族にウイルスをうつしてはならない」と1か月も病院の寮に泊まり込んで勤めている。
「誰かがやらないと崩壊する」と、感染患者を必死な思いで受け入れている医師達がいる。

かつて東日本大震災で庶民が苦しんでいた時、旧民主党政権は国会議員の給与を1人当たり月額50
万円削減することで、総額21億円を震災の救援資金にあてた。

国会議員の給与は月額約129万円、ボーナスは年約635万円と言う。
大臣や総理大臣ともなれば、いかほどか。

一生安泰の生活の元、その日暮らしの生活苦や、命を削る医療現場の危機感など分かるのだろうか。

「給与全額、救援資金にあてる」と身を切る覚悟を示した上の政策なら、説得力も増すだろう。

保身に汲々とした姿も、立場を変えれば我が身の姿。。。
陥りやすい慢心を叩き、今日も教えに実地に従ってゆこう☆
コメント

贈る言葉

2020-04-09 05:42:54 | その他
日々刻々、変化しているコロナ状況。。。
その日の発言も、明日はたちまち変わる日常となっている。

これでは、何を言っても、少し時間がたてば変わるので、言葉を重く受け止めるどころか、
軽んずる習慣となってしまうだろう。

発言する側も「誰もそんな昔のことは覚えていない」で済むから、緊張感もなく、誤りがあっ
ても、その失敗から学ぶ習慣もなくなるだろう。

4月8日は「花まつり」。
昨日は「お釈迦様の誕生日」だった。

時空を超えた、釈迦の真実の教えは、2600年後の今も変わらず、全人類の心に重く響き、
届いている。

どれだけ時間がたっても、どこの国の人にとっても、変わらぬ本当の幸福を教えられた
お釈迦様。。。

三世十方を貫く釈迦の教え、仏法は、限りなく尊く、重くて深い。

その仏法を伝える身にとって、最も大事な自覚は「言葉は命」。。。

誰もが心に残る真実のお言葉を、自分の言葉で軽く流されないように、今日もしっかり、
目の前の「貴方」に届けたい☆
コメント

「よろずのこと」

2020-04-07 06:07:49 | 家族
多くのカップルが愛を誓って南京錠を取り付けた「ハートロックフェンス」。
9か月前まで「恋人の聖地」に認定の松山自動車道伊予灘サービスエリアに
あったそうだ。
鍵の重さで、フェンスが倒壊する恐れが出てきた為、撤去されたと言う。

 「大変なときもあると思うけど 一緒ならがんばれる」
 「結婚します 一生一緒にいてください」
 「何があっても離れません 誰よりも幸せになる」
 「ずーと一緒 大大大好き」

さびた南京錠に残された文字の数々。。。
撤去のため、南京錠7千個の返却を呼びかけたところ、引き取りは7個だった
そうだ。
「いつも一緒」「一生離れない」の愛の証であったはずなのに。。。

よろずのこと みなもって そらごと たわごと まことあることなし
                       (歎異抄後序)
「よろずのこと」に入らぬ例外は一つもない。
燃える愛も、コロナもいつか終息する。
緊急事態宣言がいよいよ発令することとなった。
怯えず、ひるまず、精一杯光に向かいたい☆
コメント