ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デッドボール

2011年07月19日 | 映画(た行)
(英題:DEADBALL)
【2011年・日本】試写で鑑賞(★★★☆☆)


海外戦略型日本映画レーベル「SUSHI TYPHOON(スシ・タイフーン)」作品。
2002年に公開した『地獄甲子園』の主人公・野球ジュウベイのキャラクターだけを活かして、原作とはまったく違う設定で作られた本格野球バイオレンス青春スプラッ ター映画。

少年時代に魔球で父親を殺して以来、数々の凶悪犯罪を犯すようになった野球ジュウベイ(坂口拓)は、ついに逮捕されてしまう。島竜矯正学院高校に収容される直前に、施設を管理する三船知事(田山涼成)から「野球部へ入部することを要請」されるが、ジュウベイはそれを拒否。しかし、「生き別れた弟ムサシの居場所を教える」という条件に渋々承諾する。島竜矯正学院高校にやってきたジュウベイは野球部に所属する気弱な高校生・鈴木新之助(星野真里)と同室になる。そしてジュウベイは一癖も二癖もある野球部員たちを束ね、全国非行甲子園での優勝を目指す。試合当日、彼らが連れていかれたのは荒れ地のような要塞と化したグランド。1回戦目の相手は殺人少女愚連隊のブラック・ダリア高校。そしてルール無用の極悪非道野球バトルが幕を開ける…。



山口雄大監督と坂口拓ちゃんがタッグを組む2本目の「SUSHI TYPHOON(スシ・タイフーン)」作品。
『侍ジャイアンツ』のハイジャンプ魔球を実写化したような場面や、拓ちゃんが画面の外に手をスッと挙げるといつの間にか手に火のついた煙草が握られてたり(←これ大好き♪)…と小ネタ満載。
『地獄甲子園』以上に野球の試合になってないのはご愛嬌ww。



一番の見所は何と言っても、星野真里の新しい魅力が満載なコト!
普段は演技派女優な彼女ですが、『感染』といったホラー映画や『ケータイ刑事 THE MOVIE 2 石川五右衛門一族の陰謀~決闘!ゴルゴダの森』といった緩~い作品になんかも出たりする、意外とカメレオン系。
今回は髪をショートにし、16歳の男の子を演じているのだ(しかも眼鏡っ子!)。
バラエティ番組にはよく出てるけど、演技では真面目な作品がほとんどだから、こういう馬鹿映画に出るなんてホント貴重だわさ。

…とはいいながら、内容は他の「SUSHI TYPHOON(スシ・タイフーン)」作品とほぼ同等なので、好きになるか嫌いになるかは紙一重(笑)。

監督は山口雄大。
アクション監督は下村勇二。

2011年7月23日~8月19日公開
公式HP:デッドボール


■山口雄大と坂口拓がタッグを組んだ、もうひとつの野球ジュウベイの物語はこちら

地獄甲子園 熱闘 ! スーパートルネードBOX [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る


地獄甲子園 [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 7月18日(月)のつぶやき | トップ | 7月19日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-10-05 23:31:36
この星野真里なら男同士でもSEXしてみていいかもしれない(もちろん女の星野真里の方がいいけど)
人妻 (ともや)
2011-10-05 23:51:48
こんばんは、ふじき78さん♪
実は女の子だった…という展開をずっと待っていたんだけど、最後まで男のままだった(笑)。

まぁ、そんな彼女も人妻になってしまいましたけどねぇ…(遠い目)。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「デッドボール」 (みんなシネマいいのに!)
 スシタイフーン祭で公開される4本の映画の1本。 子供の頃にキャッチボールで父親
デッドボール (銀幕大帝α)
DEADBALL/11年/日本/99分/アクション・コメディ/R15+/劇場公開 監督:山口雄大 過去監督作:『激情版 エリートヤンキー三郎』 出演: ◆坂口拓…野球ジュウベイ 過去出演作:『東京残酷警察』 ◆星野真里…鈴木新之助 過去出演作:『携帯彼氏』 ◆ミッキー・...