ひだまり家族

夫と二人の息子の4人家族。
ドラマ『ぽっかぽか』のような家族に憧れながらも、
現実は子どもたちに振り回される毎日…

せぃせぃ出産秘話③

2007-09-08 22:43:12 | 妊娠・出産
しばらく空きましたが、せぃせぃ出産秘話の第3弾。完結編です

せぃせぃ誕生の前日朝から始まった陣痛

そして夜にいよいよ入院

お産も重なっていたようで、陣痛室ならぬ「陣痛コーナー」での闘いが始まったのが
前回まで

その産院は夜勤は2人体制

しかも、前日のお昼からお産も続いていたようだし
私が入院した時点でも陣痛室がうまっているくらい、
次のお産の気配もあったし
基本的には母児別室だったから、新生児の授乳もあるし・・・
とっても忙しいそうな様子が伝わってきた

よく本とかでは「助産師さんのマッサージが良かった」とか、
「助産師さんがいなかったら産めなかった」とか、
病院のスタッフへの感謝の言葉を多く目にしていたので、
私もそんな光景を思い描いていた


でも、でも、スタッフの人はとっても忙しそう


2時間ごとにお産の進み具合(子宮口の開き具合など)を見に来てくれるのが
精一杯だったようで、マッサージなんてなかった

今となっては確かに大きな声だったかなとは思うけど、
そのときは予想もつかない陣痛の痛みに耐えられなくて、
・・・というか、声を出すことで痛みを逃していた感じ

「う~~~」

我慢しようとしてもやっぱり声は出てしまう


そこへツカツカツカ・・・と足早にスタッフの人がやってきて
「そんなに、大きな声を出したら病院中に響いてるよ
体力消耗するだけだから呼吸で逃さなきゃ!


だって、そんなこと言っても痛いんですけどぉ・・・

声を出すたびにやってくるスタッフ
それが2~3回続いたから、私も頑張って声を押さえた


だから今度はお腹や腰をさすって痛みを逃すことにした


ツカツカツカ・・・とまた足音が


「波形が乱れるからマッサージするならこの辺を・・・」


どうやら陣痛曲線が乱れてお産の進み具合がわからないらしい
でも、スタッフの人が教えてくれた場所は全然痛くないしきかないですけどぉ・・・

声を出してもだめ、マッサージしてもだめ


しかも、私はスローバースだったらしく、
入院時は日付が変わるころかなと言われていたのに、
「う~ん、朝までには産まれるわよ」に変わっていた・・・


結局、分娩室に入れる状態になったのは、陣痛が始まって丸1日たったころ

分娩室に入ってからは1時間もしないうちに産まれたから、
その部分だけとったら安産っていうみたい。

難産なんじゃなくて、ゆっくりなお産だっただけで安産なんだって。

でも、声も出せず、マッサージもできずに痛みと闘った私の右太ももは青あざだらけ・・・

だって、痛みを逃すために陣痛がくるたび呼吸法と太ももをつねることで
痛みを逃していたから。。。


ほんと、出産経験者にこの話をしたら
「厳しいスタッフやったんやね。お気の毒に・・・」と同情される
出産未経験者には笑い話になるらしい


そんなこんなでせぃせぃは生まれてきてくれたのです


ゆっくんは別の産院で産み、せぃせぃのときの教訓から
声を出すことをせず、ひたすら呼吸法で逃していたら、
「すごく呼吸が上手ね」と褒めてもらいました

ゆっくんの産院はとってもスタッフの人が優しくて、
我慢しなくていいのよ、声出していいのよって言ってくれたけど、
せぃせぃのときの苦い思い出から、
家でぎりぎりまで痛みを我慢してから産院に行き、
産院についたときにはもうそく分娩台という状態だったから
わりとスムーズでした

痛いのは変わらなかったけど、声は出さなかった

産後、一緒になった褥婦さんに
「あなたが私の隣の分娩台で産んだ人なんや。すごい静に産んでいてびっくりした
と驚かれました。

あはは





コメント

せぃせぃ出産秘話②

2007-08-31 23:15:04 | 妊娠・出産
先日のせぃせぃ出産話の続きです

お産の始まりの陣痛かと思いきや、寝てしまうとおさまったおさわがせ陣痛

そして、2日ほど全くお産の気配はなかった


そして、せぃせぃ誕生の前日の朝、またもや規則的な痛みがやってきました

でも、最初のほうは生理痛くらいの軽いもの
とりあえずまた陣痛間隔をメモにとり、痛みが強くなってくるのを待っていた


お昼過ぎから次第に強くなり、電話して病院に行ってみた


前日の定期健診のときよりも子宮口も開いていたみたいで、

先生からは入院してもいいし、家でもう少し強くなるのを待ってもいいと言われた。


入院していると何か違うかと聞くと、おなかにモニターをつけるとのこと。

そして、モニターをつけると動きは制限されると言われたので、
お産を早く進めるためにも、いったん家に帰って、ちょっとでも動くことにした


ただ、先日の夜間の連絡のときのことがあったので、

また断られるのは嫌だと思い、先生に伝えると

「次に強くなったらもう入院だと言われてると言ってもらったらいいよ

と言ってくれたので、安心して帰ることができた


病院を出たのが16時ごろやったかなぁ。

陣痛のときに役立つと本で読んだペットボトルストローを買って、

近くに住む義母の家で晩御飯をよばれた


だんだん間隔も短くなってきたので、ご飯もやすみやすみ食べた

顔の表情も変ってきたみたいで、そろそろ入院になるかなぁと、
間歇時間を利用してシャワーを浴び備えた


19時半になり、いよいよ病院に電話

また、なかなか出てくれない


やっと出てくれたので一通り説明。
話ながらも痛みはやってくる

夫は「これは後で思い出になるから」と苦痛に耐えている私を撮影してたわ


その日も忙しいみたいで、できるだけ入院は避けたい様子が伝わってくる

昼間の先生の言葉を話し、一応納得してくれたみたいだったけど、

「ま、ご飯を食べて、シャワーも浴びて1時間後くらいにゆっくり来てもらっていいですよ」



もう全部終わってるんですけどぉ・・・と思ったけど、

でも、まだ暑い頃だったし、痛みで汗もかいたから、もう一度簡単にシャワー。


そして、20時半に病院に着いた


まず助産師さん?が診察してくれて、入院が決まり、
「じゃ、頑張りましょうか!」と


でも、その日はお産が重なっていたみたいで、私が入る陣痛室はなく、
廊下に出されたベッドで痛みと闘うことになった

初めての出産なのに・・・


しかも、分娩室も近く、陣痛室から分娩室に入る人の叫び声も聞こえる

今日中に生まれるか、日付が変わるかのころかな、と言われ、

すでに半日以上痛みと闘っていた私はとにかく早く生まれてきてほしいと願うばかりだった。
 つづく。



コメント

せぃせぃ出産秘話①

2007-08-28 00:06:53 | 妊娠・出産
最近は少子化だといわれているけれど、


自分が妊娠しているときって、

「ほんとに、少子化~?」って思うくらい、

どこへ行っても子どもに目に付いたり、妊婦さんによく遭遇した


月の満ち欠け(?)か潮の満ち干き(?)で、

お産にはピークがあるとは聞いたことがあった


案の定、せぃせぃ出産のときもそうだったみたい


2日前から不規則に痛むことが多くなり、

そろそろか、そろそろかと待ち構えていた。


よくとかに、陣痛が始まったと思ったら、陣痛間隔をメモするだとか、

産院へは家族じゃなく本人が電話をしろだとか書いてあったから、

わりと几帳面な性格の私もにあるとおり、出産準備を始めた。


せぃせぃが生まれる4日前の夜、ついに10分間隔で痛みが・・・


ストップウォッチとメモ帳を枕元に陣痛間隔をつけた。


陣痛と陣痛の間に休息できるとはいえ、

みんな痛いのに陣痛間隔ってつけるんやぁと感心したりして


初めてのことでこれからどこまで痛くなるのかもわからず

6分間隔になった夜中の2時、ついに産院に連絡してみた


痛みがおさまってきたときがチャンス


名前、診察券番号、予定日、陣痛の様子などなど、

落ち着いて話さなきゃ・・・って。


でも、してもなかなか出てくれない

あ~、きっとお産が多いのかな。。。



やっとつながって、必要な情報を順番に伝えていくと


ナース「だいぶ痛いですか・・・?」


私「・・・いたいです・・・」

ナース「たぶん初産ならすぐにお産にはならないから、

体力つけるためにも朝までゆっくり寝てください」



私「えっ、え~~~


ナース「Kさん大丈夫。ずいぶん落ち着いてるし、きっと前駆陣痛だと思うわ」

私「だって、こんなに痛いんですけどぉ~~~

ナース「とりあえず、ゆっくり寝てみてまた朝になったら来て下さい

心の中で「ちょっと、ちょっと」と思っている間に電話も切れた


「こんなに痛いのに寝れるわけないやん

と思いながらも電話にも疲れ、とりあえずまた布団にもぐりこんでみたら、

なんと、なんと、寝れたんですわ・・・


そして、6分間隔まで痛みと闘ったのに、陣痛は止まったんですわ・・・


あのときはなんてひどいナースだって思ったけど、

やっぱり経験積んでるから、経過聞いて、まだ大丈夫っていうのも当たったんやろな。


陣痛と思っていた痛みは前駆陣痛だったみたいで、

その日もその次の日も痛みはまったくなし

また赤ちゃんに逢える日が延びちゃったのでした。つづく。
コメント