Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東急7700系・三態を撮る。

2008-02-26 07:34:55 | 鉄道(都市部)
旗の台駅での電車ウォッチングは続く。
運転間隔が短いため、ひっきりなしに電車がやってくる。
ただ、残念なことに7000系は一度も姿を見せなかった。

ならば、ということで視点を変えてみる。
7000系は増えることが約束された電車でもあるし、今回は置き換え対象になっている電車を撮ることにする。
しばらく待っていると、7600系と並んで置き換え対象となっている7700系が五反田行きとして入線してきた。

7700系は日本初のオールステンレスカーとして登場した7000系(初代)を1987年から1990年にかけてVVVF化、冷房化、車内更新を行った車。
この7703Fは正面に赤帯一本、原形に近いと思う。

この後も7700系が続けてやってきた。

7712Fが入線してきた。
外観が「歌舞伎」になっている。
これはこれで悪くない。
最初違和感があった「歌舞伎」塗装も見慣れると気にならなくなるものだ。


今回、一番撮りたかった編成がやってきた。
7715F。
7700系の車体に1000系タイプの運転台を接合した、いわば「合いの子」編成。
1000系そのものの先頭部とビードの多い側面との落差が面白い。
規格化が進んだ東急電車の中にあって、こうした編成が存在すること自体がレアだし、興味深い。
今度の新車導入で、今後が気になる編成だ。

大体一時間程、蒲田方面ホームに立っていただろうか。
営業線上に出ている車両は一巡したようだ。
7000系も姿を見せそうにないので、そろそろ腰を上げることにした。
その代わり7700系の三態をカメラに収めることができたので、それなりに満足して大井町線ホームへ移動することにした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 変貌前夜・東急池上線の電車... | トップ | 二子玉川にて大井町線の電車... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕もまだ (ZENTAMA)
2008-02-27 08:41:15
今月二度、池上線多摩川線に乗る機会がありましたが、まだ7000系を見てませんね。

コメントを投稿

鉄道(都市部)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事