Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美濃町線を巡る。

2005-01-31 07:43:17 | 鉄道(岐阜の路面電車と周辺情報)
29日に空港線の初乗りを堪能した。 空港線に関する予定は午前一杯見ておけば十分だと思ったし、実際そうなった。 家に帰るには早すぎるし、午後は岐阜600V区間、特に美濃町線に乗ろうと予定を組んだ。 名鉄岐阜駅での撮影を終え、美濃町線の発車時刻を見ると13:49。 発車まで時間があるので改札口の外を出て、駅前の交差点付近で岐阜市内線の電車を撮る。 やってくる電車を見ると、正面方向幕が「新岐阜駅前」の . . . 本文を読む
コメント

今週末の鉄道関係ニュースから。

2005-01-30 23:14:20 | 鉄道(JR)
今週末は名鉄空港線の開業の他にも鉄道関係で色々なニュースがあった。 その中からいくつか拾ってみる。 「先端1.5メートル伸び「ワシの翼」に 新型新幹線を公開」 http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050130/mng_____sya_____002.shtml 以前、構体の製造が報道されたN700系。 日立製作所製造分の先頭車が29日に報道公開され、ようやく実車 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

快速特急に乗ってみた。

2005-01-30 08:27:34 | 鉄道(都市部)
昨日、空港線に乗った。 その帰りに中部国際空港9:50発の快速特急に乗る。 車内は空いており、窓側の列が埋まっている程度の乗車状況だった。 開業記念式典の準備が進む中、ブラスバンドのリハーサルもあったりしてホームは賑やかさを増す。 それを見つつ、静かに発車した。 発車して間もなく車掌が検札に来た。 検札が終わる頃には、列車はりんくう常滑駅を通過していた。 客室妻面のLCDディスプレーには運転室 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

名鉄空港線初乗り。

2005-01-29 21:14:28 | 鉄道(都市部)
今日1月29日、名鉄空港線が開業する。 空港線開業と同時にダイヤ改正も実施され、空港特急「ミュースカイ」こと2000系、一般席・特別車併結特急2200系がデビューする。 こうやって見ると、新路線開業、新型車両デビューと今回のダイヤ改正は例年よりも華やかなものだし、名鉄の今後の命運を左右するだけに力の入れようが違うと思う。 さっそく、開業初日に中部国際空港へ行ってみようと思う。 朝一番の中部国際空 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (2)

そういえば・・・。

2005-01-28 21:28:30 | 鉄道(JR)
名鉄のダイヤ改正とか、600V区間廃止といった地元の話にすっかり気を取られてしまい、JR関係に疎くなってしまったことに気づく。 JRの3月改正で消えていくこの列車の寝台券が今日売り出されたことを新聞で知った。 もちろん、売れ残るという事態にはならず、僅か1分半で完売したとのこと。 同時に姿を消す「さくら」に至っては、完売まで1分しかかからなかったという。 「「あさかぜ」最終列車、1分半で完売 ツ . . . 本文を読む
コメント

DMVはローカル線の救世主になるのか?

2005-01-28 07:35:10 | 鉄道(地方・専用線など)
JR北海道がローカル線の運行コスト削減と活性化を目指して開発を進めているDMV(デュアル・モード・ビークル、以下「DMV」)。 昨年の1月に登場し、学園都市線末端区間での試験運転を経て、昨年末から日高本線で冬季試験が始まっている。 そして、連結運転も視野に入れた第二次プロトタイプの試作も視野に入ってきている。 そんな矢先、こんなニュースを見た。 「山形鉄道、鉄路も道路も走れるDMVの導入検討へ」 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

「古本生活読本」を読んで

2005-01-27 21:13:30 | 読書録(その他)
昨日に引き続いて古本関係。 通勤電車に乗っている時間を読書時間に割いているのだが、同じジャンルの本が数日続くことはよくある。 勢いで本を選んでいることが多いから、どうしてもそうなってしまう。 さて、昨日の本がいわば「店」にスポットを当てているのに対し、今回は古本、古本を買う人・売る人を中心にスポットを当てている。 一読すると、古本に関する諸々の要素を一緒くたにして煮込んだような印象を受ける。その . . . 本文を読む
コメント

「ミステリーファンのための古書店ガイド」を読んで

2005-01-26 07:29:16 | 読書録(その他)
かつてJR全線乗り潰しに燃えていた頃。 列車乗り換えの待ち時間を使って古書店巡りをしていた。 この本を手に取った時、その記憶が甦った。 タイトルとおり、「古書店ガイド」である。 それ以上でも以下でもない。 タイトルの頭に「ミステリーファンのための」とあるが、別にミステリーに強い古書店に特化して書かれていないので、それ以外のジャンルを集めている人でも全く問題はないかと思う。 よく古書店ガイドとし . . . 本文を読む
コメント

福井鉄道の近代化始まる。

2005-01-25 21:46:53 | 鉄道(地方・専用線など)
福井鉄道が3月で廃止される名古屋鉄道の600V区間用車両を国、県、沿線自治体の補助を受けて購入し、車両更新を図るニュースを週末にお伝えしたが、その続報が掲載されていた。 「福鉄が名鉄の路面電車購入へ 国や県など費用支援」 http://www.chunichi.co.jp/00/fki/20050125/lcl_____fki_____005.shtml 週末の記事とも重複する箇所もあるが、今 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

名鉄ダイヤ改正まであと5日。

2005-01-24 21:28:31 | 鉄道(都市部)
名鉄電車に乗ると29日のダイヤ改正をアピールする車内放送を聞くことが多くなった。 やはり目玉は中部国際空港の開港に伴って運転を開始する空港特急「ミュースカイ」と列車種別が6種類に整理されることだろうかと聞いていて思った。 その「ミュースカイ」は新川検車区でじっと出番を待っている。 仕事帰りに、名鉄名古屋駅のポケットサイズ時刻表を入手する。 路線別になっているが、やはり目を惹くのはこれまでの「常滑 . . . 本文を読む
コメント (2)

続・再就職先決まる。

2005-01-23 11:34:35 | 鉄道(岐阜の路面電車と周辺情報)
名鉄600V区間で使用されている車両の行き先がまた決まった。 「低床車両導入へ 市街地での安全、利便性向上 新年度・福井鉄道福武線」 http://www.fukuishimbun.co.jp/topics.php?code=8349 福井鉄道は新年度から2年間で、現在24両のうち18両を低床車両に入れ替え、鉄道車両に合わせている高いプラットホームを路面電車で乗降できるよう切り下げる工事を実施 . . . 本文を読む
コメント

これでも代替バス?

2005-01-22 07:08:13 | 鉄道(岐阜の路面電車と周辺情報)
岐阜の600V区間が今年3月で廃止されるが、ようやく代替バス運行案のチラシを見ることが出来た。 既存バス路線が活用できる美濃町線代替バスはともかく、問題なのは揖斐線代替バスだと思う。 まず運行本数が減った。 現行の路面電車が片道62本に対して、代替バスは路線新設・既存路線の延長を合わせて片道59便。 本数はあまり減っていないように見えるが、本来の意味で揖斐線を代替するルートと思われる新岐阜駅前・ . . . 本文を読む
コメント

またかい・・・。

2005-01-21 20:04:27 | 鉄道(地方・専用線など)
岐阜市周辺地域への公共交通参入を目論むも、ちっとも先が見えないコネックス社。 岐阜市の次に経営参画を希望した神岡鉄道に動きがあった。 「神岡鉄道運営で仏・コ社 「上下分離方式」を提案」 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gifu/news001.htm 「神岡鉄道の経営危機問題:「合同経営で」「はとバス」意思示す /岐阜」 http://www.mainichi- . . . 本文を読む
コメント

鉄道ファンの高校生が電車を運転(当然無許可で)。

2005-01-20 21:02:03 | 鉄道(その他雑感など)
このニュースを見たとき、「行き着くところまで行ったなぁ」と思った。 と同時に、これが日本で起こった事件だったらどういう報道をされるか、それを考えると背筋がちょっと寒くなった。 「鉄道ファン、ベルリンで高校生が電車運転 運転士解雇」 http://www.asahi.com/international/update/0120/003.html 16歳の男子高校生がベルリンの環状線で客を乗せて営業 . . . 本文を読む
コメント

仕事帰りに古書探し。

2005-01-20 20:45:21 | 古書
今日から26日まで丸善名古屋栄店で「乙酉新春 丸善特選古書フェアー」が開催される。 開催場所が栄ということで、仕事帰りに寄ってみるには丁度良い。 しかし、丸善での古書即売会はいつも初夏、6月に開催されるのが通例になっている。 今回は通例から外れた形で開かれるが、一体何があったのだろうか。 まぁ、名古屋古書会館での即売会に較べると小規模だが、いわゆる「黒っぽい本」の比率はこちらの方が高いから、開催 . . . 本文を読む
コメント