つれづれおもふ

思えば遠くに来たもんだ~ぼつぼつ語る日々の出来事

堅さま、再び

2016年04月24日 | 日記

 

平井堅20周年記念スペシャルライブツアーに行ってきた。

このたびは、真駒内のアイスアリーナが会場!

行きたくて、行きたくて、でも、一人で行くより誰かが付き合ってくれると楽しみも倍増で、

そう、旦那は言下に 「いかない」

一人で行こうか、どうしようか、本当に迷って迷ってぶちぶちと末っ子に愚痴っていたら、

「一緒に行こうかな?」

と言い出してくれた!!

やったああ!!

気が変わらないうちに長男に電話、チケットを取ってくれるように頼んだ。

うふふふふふふ!!

もう楽しみで、楽しみで仕方がなかった。

「アイスアリーナでしょう…母はきっと堅ちゃん空飛ぶと思うのだけれど?」

末っ子は呆れた顔で私を見ていた。

 

 

いやあ、素晴らしかった!

平井堅  やっぱりいい歌手だ!

もうどの歌も、どの曲も、聞きごたえのあるいいものだった。

会場にボールを投げいれて受け止めた人のリクエストにこたえるというのも、

予定にない歌をピアニストと長い打ち合わせの後、そん色なく聞かせてくれた。

 

圧巻はアンコールの2曲目、「君はトモダチ」をアカペラで歌いきったことだ。

始めは楽器が無いことに気がつかなかった。

あれ?おかしい?と思ったら、アカペラだった!

聞こえているのは平井堅の歌声だけなのだが、頭の中にはほかの音も響いているような感じだった。

すごい!すごい!すごかったんです!!

コンサートの最後にマイクを手放し、客席に向かって自分の生の声で

「今日はどうもありがとうございました」 と叫ぶ!

その声もしっかりと聞こえた。

 

冬場はスケート場になる会場は底冷えがして寒かったが、

それでも2時間半があっという間だった。

 

そうそう、堅ちゃんはその持ち歌の8割がたがしっとりとした暗めの曲想が多いが、

あの見た目からは思いつかないような曲も何曲もある。

後半はその明るい曲が続いたので、マラソンマンを踊ったり、とにかく明るい平井堅だったり、

そしてやっぱり気球にのって会場を一回りしてくれた。

風船いっぱい出てきて、ハート形の紙飛行機が飛ぶ中

「つらいことがあったら、44のおじさんが可愛い気球にのって会場を一回りした姿を思い出して、

絶対笑えるから」

もう本当にまじかに気球に乗った44歳を観てきました!

 

 

付き合いの悪かった旦那様は、当然ですがアッシー君。

始まりが早かったので、帰りは末っ子と二人でラーメン食べてくるからいいよと言ったら、

「二人でラーメン食べるの?一人で晩飯さびしいから迎えに行く」

平井堅はいかないけれど、ラーメンは行くという旦那に少々呆れながらも、

ま楽チンして往復したからよしとしましょう!

 

 

コメント (2)

ちくわパン

2016年04月19日 | 日記

用事があって街中に行った。

見つけちゃって、ついこの間話題にしたなあと思い、

久しぶりに元祖を購入した。




どんぐり の ちくわパン

北海道では定番のこのパン、道外ではあまり見かけない。


ツナマヨが詰められたちくわが、バターロールみたいなパンにくるまれている。

切るとこんな!



美味いなあ!

久しぶりに満足!満足!!



今日はこんなオシャレなパンも選んでみました。



どんぐりは手のこんだ惣菜パンが人気。
パン自体が美味しくないと生きないから、やっぱり美味しいパン屋さんだと思う。

ちくわパンで有名になるまでは、街から離れた地下鉄駅が最寄駅で、

その駅からも少し離れた場所に店があり、行くには少々厄介なパン屋さんだったが、

あらまああれから20年あまりでテレビ塔の真下に店があった。

すごいなあ、立派なパン屋になったなあ…



なんか、うん、言葉にならないや!


美味しくいただきました、ごちそうさまでした。

コメント (2)

被災された皆様に、祈ります。

2016年04月17日 | 世の中で起こったこと

これまでとは違う大きな地震が九州に起こっている。

何度も、何度も、大きな揺れが起こっている。

どうか、どうか、静まりますように、

どうか、どうか、おさまりますように、

どの方にも

安全と安心が訪れるように、

 

 

心からお祈りしております。

 

 

 

 

コメント (2)

愛しのゴールデン街が、

2016年04月13日 | 世の中で起こったこと

http://matome.naver.jp/odai/2146043599985182701

 

あああ、起こるべくして起こった事件なんだろう…

私は旦那とこの街で出会った。

酔っぱらって、薄暗い照明の下で、お互いにお互いを夢見る相手と勘違いして、

大人同士のことだからと、ここまで続いてきた。

 

わが愛しのゴールデン街。

 

馴染みの店はもうほとんどが代替わりしているが、

それでも行けばよくしてくれる。

昔、地上げの頃にもこの街は火事におののいていた。

オリンピックが近いからなあ…私も旦那もそう感じた。

金もうけのにおいのする話だ・・・おおいやだいやだ!

 

以前私が思い出として残した駄文を、もう一度

 

わが愛しの町“新宿ゴールデン街”

 

コメント (2)

そうだよなあ

2016年04月10日 | 徒然に、

新社会人となった次女が「もおう疲れたああ」と言いながら電話をしてきた。

なんとか一週間を乗り切ったようだ。

 

その娘が学生時代JR駅前のコンビニでバイトをしていた。

数々の面白話を聞かせてくれたのだが、

中でも、なあるほど、そうだよなあと思った話を一つ。

店はいつでも人手が足りなくて、いつでもバイト募集をしている。

4年間同じ店で働き続けた娘は最後には一番長くなっていて、

新しい人が入ると一緒に入るようにシフトを組まれるようになったらしい。

高校生や年配の人、いろいろな人が通り過ぎたようだが、

外国から来ている人もたくさんいたという。

中国、韓国、タイ、オーストラリア、カナダ・・・

それぞれの国の特徴があり、面白かったらしい。

その中で言われたことで娘もその通りだと思ったことがあり、私もそう思うのよと教えてくれた。


カナダ人の男の人と一緒に仕事をしたときのことだそうだ。

日本語の微妙なニュアンスに苦労していたようだが、彼は

わからない言葉やニュアンスはわかったふりをせずに聞いてくれるので、

それはそれでやりやすかったようです。

その時に 「日本の人、おかしいです」 と言い出したそうです。

レジに品物を持ってきて会計をするときに、

「急いでいるから早くやって」と言われることがあるそうだ。

これはあるあると、日本人なら頷く光景だと思う。

娘が言うのも

日本の人はさ、朝忙しい時でもコンビニにちょっと寄るでしょう?

コンビニってそういうときに便利なようにできているし・・・」

ところが、そのカナダ人の言う理屈はこうだった。


「急いでいるのなら、店なんかよらずにまっすぐ行けばいい。

なんで寄り道するの?」


そうだよなあ…時間が無いのなら、まっすぐ行けばいいのに、

寸暇を惜しんで買い物するのは、・・・それはやっぱり国民性なんだろうなあ?

そーだよなあ・・・用意周到怠りなく  というところなのだろうかな?

うん、でもなんか、そんなに生き急がなくてもいいようにも感じます。

国が違えば、考え方も感じ方も違ってくる。

違うありようがあるというのがわかるのは素晴らしいことだとおもう。

若い感性の鋭いときに、たくさんたくさん経験をするといい。

 

カナダ人のその彼は、娘が辞めた後もバイトを続けているそうだ。

頓珍漢な間違いはあるが、ハッとすることをいう事があって面白かったようだ。

いい経験をさせてもらった。


 



 

コメント (2)