つれづれおもふ

思えば遠くに来たもんだ~ぼつぼつ語る日々の出来事

北海道に起こったとびきりのこと

2018年09月07日 | 日記


留守の間に、とんでも無いことが起こった!

関西に被害を与えた台風、あまり言われてないが北海道も大変だったらしい
無事に通り過ぎたとホッとしたその明け方の出来事だったようだ

3時過ぎ、なぜかふと目が覚めた
しばらくして旦那から「地震」と始まり
細かく状況がラインに送られてきた
無事がはっきりわかったので、ありがたかった

我が家は、玄関のニッチに立てかけて飾ってあった版画の額縁が落ち、そのガラスが割れたのと、
本棚から本が何冊か落ちたそうだ

もともと地震が怖くて、本棚の高い部分は飾り棚に使い、落ちても支障が無いものを置くようにしている
高い棚からは落ちず、足元付近の棚から落ちたらしく、揺れの力の伝わり方の不思議です

明日、戻る予定で飛行機を予約しています
空港が閉鎖されていると聞き、どうしようかと悩んでいましたが、きょうの昼くらいから飛び出すようでホッとしました

地震の直前に東京に戻った末っ子
運がいいなあと思いましたが、
旦那が一人で過ごしていると思ったら、この子がそばにいてくれたら安心できたなあと、
いろいろ複雑な思いでした

その時、どこにいるか、


道産子は北海道に災害は無いとなんとなく思っています
そうじゃないと肝に染み込ませないといけません

コメント (1)

生きていた

2018年09月03日 | 日記
東京の暑さに参っていたが、気になっていたことが、

そう、にゃんこ

動物が苦手な末っ子に聞いても、

仕事に追われてしまっている次女に聞いても、

しばらく見ていないと言っていて、

この暑さだから、もしや、今度こそそのときがきたのかといささかドキドキしていた

昨日は雨が降って、ぐっと気温が下がった

あ!



向かいの室外機の上に!

慌てて娘を呼びに行ったら、次はアンモナイトのように、



生きていた!

元気そうだ!

涙が出てきた!

そして今朝、ゴミ出しに出たら、隣を行く仔に出会った


寄っていかないの?



難しい顔をしたが、



特製モーニングを平らげてくれた



毛艶もいいし、汚れていない、
だれか触れる人がいるのかもしれない

また来てね!
あなたが優しい時間を過ごしてほしいんだ!
コメント (1)

ブリューゲル展に行ったんです

2018年08月28日 | 日記
明日は東京に行くという朝、なんとなく私は気ぜわしくしていた
というのも私と入れ替わるように末っ子が帰札するのだ
居ればなんやかんややってやれるが、いないからそれなりになるが、それでもと思い、
布団を出したり、いろいろとしていた

だんなが、トイレから出て来るなり言った

「月曜休館だけど、会期中は開いているってかいてあるんだ、だけど信用ならないから電話して確かめるから!」



きっとどこかでなにかがやってるんだろうけど、それはトイレの中で終わったんだろうなあ?
で、一緒にいこうと誘っているのだろう

この頃はほんとこういう感じ、年取るてこういうことなんだなあと実感している
旦那ばかりで無いから、夫婦で歩くと弥次喜多道中だ!あはは

どうやら芸術の森らしいとわかり、何をやってるの?と聞いてやっとブリューゲル展だとわかった

芸術の森は市内から車で30分ほど、車が無いと地下鉄の真駒内からバスを使わないといけなくて、
なかなか足を運びにくい場所だが、
広々とした敷地に野外コンサート会場もあり、
その名の通りの施設です







美術館や工芸館、アートワークの施設もあります



いやしかし、ブリューゲル、素晴らしかった
500年前の絵が綺麗に残っているのも驚きだが、





絵の内容にしても、絵の技術にしても、
今がこの時より進化したとは思えず、
なんとも言えない感情が湧き上がった













この時代にカメラは無い、当然だが見たものを記憶の中に納めて描いているのだろう
素描は外で描いただろうが、本画はアトリエの中だろう
凄いなあ、

きっと資料にするのだろう「撮影可」の作品を丁寧にいろいろな角度からカメラに納めている若い人が何人かいた

その様子を見ながら、

ああ、カメラの力を使ってしまうところで、もうダメなんだろうなあと思ってしまった
目で見て、頭に刻み込んで、それで手を動かす
それでなければ、ブリューゲルの時代よりもっと先に進むことはできないのかもしれない


でも、なんでもやった方がいいに決まってる!
ガンバだわ!

さあて、ちょうど昼時になり
芸術の森の中にある、地場の野菜を使ったビュッフェレストランに行くことにした



蓮池の脇を通り



こんな階段をトロトロと五分ほど上がったところにあった



美味しかった



豆乳アイスにきな粉をかけて、

思いもかけず、よい一日を過ごしました!
芸術の秋 ですわ!





コメント (1)

暑い

2018年08月28日 | 日記
千歳の気温は18度でした



予報では10月の陽気、上着を忘れずに ということでした

果てさて向かう所の東京は、昨夜雷雨がすざましかったようだ

念のため、傘とレインコートを荷物に入れて、



羽田の近くまで来たら、こんなに近くに隣の飛行機が見え、混んでいるのかな?

着いた!
霞んで見えるのは、暑いからかなあ??



飛行機の扉が開いた途端に、熱が!

暑い💦うわあ、たまらん!

アスファルトからの返りがムッと来る、



それでも涼しい らしい…
コメント (1)

駆け抜ける

2018年08月26日 | 日記


台風が変わった低気圧のひどい雨が昨日の昼まで降っていた

今日はそのせいでいくらか蒸すが、それほど気温も高くなく、風も吹いて、

マラソンにはまずまずの天気だった



いつもの場所に陣取り、いつもの人を待ちます



通り過ぎる時に気がついた、どうやらこの中にいた!

慌てて、声を上げた

ファイト!

今年も元気に駆け抜けていった!

さて、しばらく待つと、





日本のトップランナー達

もうカッコいいの一言に尽きる

風のようだった

一般参加に知り合いが出るというので、また今年も探してみたが、



これだもの、あはは🤣

この混雑の中を、今年から始まった視覚障害者のランナーが何人か走っていた

伴走者と並んで走っていたが、どれだけの信頼で結ばれているのか、
スイスイと走っていく!

凄いや!

車椅子マラソンもそうだが、スポーツとして成熟してくるとやっぱり障害者スポーツもカッコいい!

オリンピック招致は今でも賛成ではないが、
アスリートの皆さんには真っ直ぐに精進して、素晴らしい戦いを見せてもらいたいと思う
コメント (1)