房総半島で釣り。Saiの連れない日誌!

中年になってから釣り好きを思い出し、カヤックから始めてエンジン付きボートに魅せられてどっぷりと嵌ってます。

一人外房 アジの開き作り釣行

2018-06-24 19:53:07 | 釣行記
見知らぬ街の雰囲気の在る居酒屋に、一人でふらりと入りますか?サラリーマン時代国内出張が結構あり、泊りの場合は店構えの

良いお店を選んで利用していました。最近は弱くなったんでもっぱら家飲みですが・・・

という事で6/22.23と連荘で一人外房行って来ました、体の事もあり「単独釣行は控えてね!」との戒めも何のその、今回は孤独

との闘い?ミッションはアジの開き作成  外房春の陣最終章。



自宅出発1時30気温21度、風は3~5m低気圧が通過した後の何だか定まらない風向ですが、日の出から日没まで安心して釣りが出来る

感じです(嬉)

3時30頃の山間の風景、綺麗ですね!


4時30分岸払い、沖合目指してフルスロットル。


今日は前回釣れなかった太刀魚も釣るつもりなんで、少し西寄りのポイントで仕掛け投入!いつもの定番鯖君から始まり、順調に

アジ君を釣り上げます。7.8匹釣れた所でアジの開き作成開始! これが


こんな風になります。(笑)ちょっとかわいそうな感じがしますが、美味しい開きの為にはご勘弁・・・

しかし風がない分開きが出来るか微妙です(泣)、美味しい開きを作る為には太陽と最適な湿度、そして風が無いとダメなんです。

この日天候は曇り時々晴れ、しかし海上でも風が無いんです(悲)・・そうこうしているうちに下を向いて作業していたのが効いた

のか久しぶりの船酔い?こんな凪の日に!?昨日早めに寝たしなんでだろう・・なんて思っているうちに我慢できなくなりました。

仕方ないんで一時戦線離脱、ちょうどアジ君も釣れなく成って来たんで出航場所に帰ります、時刻は7時30分。

着岸して休んでいるとneoカワノさん登場!挨拶してちょっと世間話ししながら、船の下し方を見学させていただきました。

トレーラーにヒッチクレーンが付いていて、それを手慣れた手順でに操作してあっという間に着水!流石ですね。

これならトレーラーを海水に漬けることなく船を下せますが、慣れないとちょっと怖いかも?カワノさんも連荘で釣行だそうです。

さて船酔いも収まったし、そろそろ潮も動き出しそうな時間に成りました、第二ラウンド開始です。

アジの開きを完成させる為には風を当てなければいけません、太刀魚は西の湾だしちょうど良いや!少しクルーズするか?と自分に

言い聞かせて西に大きく舵を切ります。風が気持ち良いんですが余り飛ばしすぎるとアジがふらふらと前に行ったり後ろに来たりで

安定しません、適度な速度で巡行していると「そうだ!今日は外房最後の日だから冷凍庫の海老も使っちゃえ」という事でテンヤ

用の海老を持参した事思い出します。最近物忘れが激しいんです、電動リールのバッテリーを忘れたり、ミンコタのリモコン、究極

は船のエンジンキー・・・・・・。しっかり思いだした所で何故かテンヤ釣り開始??こういう所はB型なんです。人によっては

付いていけないと罵られます(笑)水深4,50mでテンヤ釣り開始!ミンコタを風に立てて良い感じで糸が立ちます。

すると一投目、突然アタリが有り根がかりの様に動かなくなってしまいました、これはハタ系だな?ラインテンションを外して

そおおっと様子を伺うと動いた!と思った瞬間、ハリが外れたようです(泣)こうなると悔しくて当初の目的も忘れて没頭して

仕舞います。気が付けば根魚と知恵比べ!尺越えのカサゴなんかも釣れて テンヤに没頭。

二流し目でなんと、真鯛なんかも釣れてますます当初のミッションから遠ざかります、


いい加減もう行こうと4流し目!今度はテンヤ回収中にひったくる様なアタリ!なんだ・・


テンヤ竿のドラグは結構緩めに設定してあるんで久しぶりにドラグ音を聞いてテンションマックス状態!

「もしかしてヒラマサ?だとしたら無理だな・・この竿じゃ・・(悲)」なんて思って少しドラグを締め込みます。

何度かの突っ込みを竿とドラグのおかげでかわしながら後10mの所迄引っ張り上げて来ました、リーダーが入って海の中を確認

してみると、これはイナワラ?一目でヒラマサでは無い事は判りました、でも中々な引きでタモ入れ迄楽しませてくれました。

生け簀の中はこんな感じ。



この時点で12時30分位でしょうか、ふと気が付くと「アレッ太刀魚行く時間が無い!」まあ無理すれば行けない事も無いんですが

無理は禁物!アジの開きは順調に出来てるみたいなんで、二つ目のミッションは来年に持ち越し決定、狙いを深場に移して真沖に

移動開始、今度は鬼カサゴ仕掛け投入、するとゴンゴンというあたりの後に竿が引き込まれます。

電動のドラグが何度か止まりながら上って来たのは前回と同じコアラ!うーんもうお腹一杯です。

今日は大原の友人宅に泊めてもらい明日再びの挑戦予定!少し早いけど沖上り決定!良い釣りが出来たと満足感一杯で出航場所に

着きました、船を上げようか迷いましたが、何だか面倒くさくなったんで管理のおじさんに一言いってその場を離れました。

大原の友人宅に4時半位について、お風呂を戴いて宴会開始、つまみは今日釣って来た魚!


流石もと調理人!今はサーファーなんですけどね・・・彼曰く「包丁は毎日研ぎなさい」という事でした。

いい加減酔っ払ったんでお先に寝床に入らせてもらい、2時に目覚ましセット、明日は出航場所の夏前最終日なんで混むだろう

なあなんて考えてたらあっという間に意識を失い、目が醒めたら携帯のアラームが出発時間を教えてくれていました。

心の中で友人にお礼を言っていざ出発!しかし頭が・・・・どうも二日酔い?のようです。

それでも現地到着3時30分位、既にステキチさんやぐっちゃん、あひさん、JBB280さんなんかも出航準備してました。

「みなさん気合が入ってますね!」一番気になって居たマイボートを確認して一安心!夜露だらけのボートに乗って準備開始。

ぐっちゃん、ステキチさんに続いて夜間航行開始、沖合目指します。



暫く行くとなんだか潮流が激しいぞ!この日は今まで経験が無い位、潮と風とうねりで海がちゃぽんちゃぽんしてました!

ただ少し沖は海面が平たんになっているんで、そこの流れさえ超えてしまえば何とかなりそうです、こんな感じの潮流を2本

超えてたどり着いたのは水深120m位、遠くにステキチさんのトンボーイが見えます。

早速フラッシャーを投下、そしていつものサバ君攻撃を受けながら底迄落とします、何だか違う引きが有ったら電動リール

で巻き上げ開始、アジだ!今日も釣れてくれました(嬉)ただあまりにもサバ君の攻撃が激しいんでさっさと場所移動開始、

少し西寄りに舵を切ります。1キロくらいした所で再びフラッシャーさびき投入、ここはサバ君のテリトリーでは無いようで

まあまあのペースでアジ君が上がってきました(嬉)暫くするとJBB280さん登場!



まあよくあの流れを超えてきたなあ?なんて感心していると、早速アジ釣り開始してました。釣り師の鏡ですね。

途中こんなうるめイワシが釣れたんで、いか仕掛けなんかも落としてみたんですがイカ君はご機嫌斜めでした。



最終的にこんな感じでうるめ、アジ、サバなんかが釣れたんで今日は早上がり!


出航場所に戻って来たんですが、潮が・・・・・うーん無理だ!結局1時間半くらい待って9時頃ボートを乗せて帰路に着きました。


もう稲も大きく育って来たし夏ですね。





春シーズン最後の外房!満足の釣りが出来ました。

釣れた魚は美味しく頂きました。アジの船上干し最高です。


      今日の一句 大満足 最後の外房 釣り師たち  海の恵みに感謝!




コメント (12)

アジを探して三千里!

2018-06-09 17:11:38 | 釣行記
6/8(金)外房から出撃して参りました。

今回はI先輩とアジ釣り一本で行こうぜ!と決まりましたがそこに外房では珍しい太刀

魚も入れて二本立て!!!


 

4時15分岸払い、この日は曇り空でまだ太陽は見えませんが、いかにも釣れそうな海の気配を感じながらべた凪の


海を疾走します。I先輩前回の釣行で腰を痛めたらしく「そんなにスピード出すなよ(怒)!」との要望があり

ましたが、「了解!ゆっくり行きますよ(優)」と言いつつ40キロ超えていたのは内緒・・(笑)

今日のプランは朝一アジ釣り!その後西に大きく移動して太刀魚からのマルイカ釣り、移動距離を考えるとあまり

時間が有りません・・風は9時頃まで3~5m南西そして10時頃からやや強まり5~7m南西風!遠出の予定なんで風には

敏感になります、出航場所迄帰りに地獄を見たくありませんからね、細心の注意を払い釣りを楽しみます。

アジ場に到着、フラッシャーを落します。
 
 
海はこんな感じ、前日はうねりが有った様ですがこの日はウネリも無く曇天!まさに釣り日和(嬉)釣れそうな

雰囲気満々です!!


雲の合間からの夜明け。 


今にも雨が降りそうで太陽が隠れ、潮も干潮潮止まり下げ9分!今しかないでしょ!という位絶好な条件が

揃いました。ちょっと浅めの水深でI先輩が早速アジ君ゲット、私はいつものサバ君に悩まされます。

アジは底に居るんです、どうも同じ仕掛け何ですが私だけサバ君に遊ばれているようです(悲)仕掛けの

落下速度の違いかな?なんて二人で話していると私の竿が変な感触に襲われます????

何とマルイカ?「こんな所に居るんだ?」イカ仕掛けを投入するか悩みましたが、まだアジが釣れて無い

んで我慢してアジ釣り再開、上手く底まで落ちればアジが釣れてきました(嬉)

暫らく小移動しながらアジ釣りを楽しんでいると、この日のI先輩絶好調!!!???




ホウボウの親方に始まり、アラの一荷と大活躍「もう充分だよ移動するの止めようぜ!」とのたまいます。



生け簀の中はこんな感じなんで判らなくも無いんですが、本日はアジと太刀魚の二本立て!

そしていつも遥か遠くに眺めている西寄りの湾にどうしても行きたかったんです・・・・

人は太陽が沈む西に、神秘的な物を感じるらしく惹き付けられるように西に向かうそうです。

そう言えばこの釣りをしていて旭日はしょっちゅう拝む事が有りますが、夕日と日暮はあまり見ませんよね。



本日はアジと太刀魚釣り! 此のうちまだ太刀魚が釣れてません(怒)大きく西に移動してまずは

マルイカ釣りから開始、この釣り中々テクカルでカワハギ竿で初めて挑戦しましたが、カワハギ釣りよりも

アタリから乗せて釣り上げるまで非常に難しいと感じました。合わせが早いと!



こんな感じで足だけになって上ってくるし(泣)

やっっと4.5杯釣れた所で今度は太刀魚釣り!

湾中央の谷の周りをぐるりと魚影を探して動きますが、この魚探では厳しいのかな?これといった反応はなし(泣)

周りの気配を感じると、なんだか風がピタリと止み海面は相変わらずベターっと凪いでるんですが、少しウネリが

入りだしました!経験上風が止まると、次は風向きが変わり今までと違う風が吹き出し、海が動き出す。

はるか南の海上には雨を降らせている雲が良く見えます。「あれ前線かね?」なんて会話をしながらそろそろ戻ろうか

となりました。

太刀魚は次回の課題となりましたが、また一つ目標が出来て海に出るのが楽しみになりました。

途中海況を気にしながら、テンヤで根魚を釣ったりしながら出航地近くに戻ってくると何だか安心しますね・・

たーさん・みーさんが、近場でシロギスを沢山釣っていたんで真似してやってみましたが残念!ノーフィッシュ(泣)

まあアジも釣れたし高級魚のアラも釣れたし、マルイカも釣れたんで良しとします。



海にサヨナラして沖上り、時刻は12時この日はI先輩夜勤だそうで、早めに帰路に着きました。

 



釣れた魚は美味しく頂きます。


   今日の一句  いつも見る 西の湾にも パラダイス  海の恵みに感謝!




コメント (12)