進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、ゴムボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

またまたMCワークス兄弟誕生~

2016年06月27日 | 釣り道具

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

6月25日土曜日は、外房最終日だったのですが、

終日激しい風が吹き、雨も降って、

とてもゴムボート釣りができる天候ではありませんでした。

残念ですが、これにて春マサシーズンは終了です。

 

ところで、少し前にYahoo!オークションで落札したロッドが届きました。

ん?どこかで見たような…。

 

少し前に、やはりオークションで落札した、

MCワークスNB 583SS EVOLUTIONの10周年記念ロッド、

前回は赤色を落札したのですが、今回は青色です。

赤色の583SSを使って、やっぱりこのロッドは最高!と実感。

何気なくYahoo!オークションを見ていると、

同ロッドの青タイプが出品されていたのです。

「赤と青が揃うっていうのもいいなぁ」

なんて考えもありました。

人気のロッドですから、そこそこの金額がスタート価格です。

それでも、もう少し高額でないと落札できないでしょう。

とりあえず「参加することに意義がある」精神でスタート価格を入札。

そのまま放置…、数日後、オークションの時間が終了。

落札!

やっちまいました。別に後悔しているわけではありませんが、

まさかの赤青連続落札です(爆)

 

で、

再びMCワークスがゴロゴロ状態に。

左から633SSカスタムモデル、583SSレッド記念モデル、583SSブルー記念モデルです。

もう一本、遠征用の574SSカスタムモデルもありますから、

MCワークスのジギングロッドが4本になりました。

過去の奉納が3本ですから、7本目のNBです。

 

まあ、その通りだと思います。

意外な低価格で記念モデルを入手できたという思いがあり、

同じロッドでルアーのサイズや形を変える、なんて使い方ができますから、

自分的には納得しているんですけど…(汗)

 

実はYahoo!オークション、まだネタがあるんですが、

そっちはもう少し後に記事にしようと思っています。

 

この週末は久しぶりに車から船外機を降ろし、

エンジンオイルを交換しました。

思ったほど汚れてはいなかったけど、半年以上経ちますから頃合いでしょう。

後はこゆきを散歩に連れ出したり、買い物に連れ出したり…、

1ヶ月ぶりにこゆきの全身シャンプーも実施。

ちなみにこゆき、生後6ヶ月ちょっとで7.7kg。

予想成犬サイズに早くも到達です。

もう1kgくらいは増えそうですね…(汗)

 

仕事の関係で次回の釣行は少し先になりそうです。

もちろん外房はNGですから、内房が候補ですね。

さて、何を狙いましょうか。

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春シーズン終盤!初夏の海…。

2016年06月20日 | ゴムボート

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ  ←ポチッとお願いします!
にほんブログ村

 

6月19日日曜日、浮いてまいりました。

我がホームは6月25日土曜日がラストデーで、

その後は海水浴場となりボートは出せなくなります。

つまり、この日は春シーズン最後の日曜日。

 

前週NEO河野さんにNEOに乗せていただいて、運良く1本獲れました。

今回は自分のボートでチャレンジです。

ビル・ジャックさん、toshiさんはヒラマサ狙い、

たーさん&ミーサンはイカ狙いで参戦です。

パーフェクタータダノさん、なんとNEO河野さんも連戦で参戦!

NEO河野さんはジギングロッドを新調したとのこと。気合入りまくりです。

少し遅刻気味でステキチさんもやってきました。

 

AM4:20日の出。次々に出航します。

曇り予報はまたしてもはずれ。いい天気です。

暑くなりそう。

今回は前週ぐっちゃんが釣り上げた西のポイントが人気です。

ポイントは御覧のようなゆるーいうねりがあるほぼ凪状態。

遠方にはもやがかかっていて、風が吹いていないことを示しています。

昼ころから南風が吹く予報ですが、午前中はほぼ凪でしょう。

水温は21.5度。また高くなりました。

  

ひと流し、ふた流し…。

近くにいたビル・ジャックさんのロッドが早くも曲がっています。

慌てて近づいてみると、

朝イチでワラサゲットです。

おめでとうございます。

 

この日の魚探からの信号は…、

青物の反応がポツンポツンとあるものの、大きな群れではなさそう。

所々で小さなシラスのような魚が水面で飛び、

あちこちでイナダかシイラのボイルが見られました。

ボイルがあるたび、フローティングのプラグを投げ込みますが無反応。

その後シンキングのプラグに変えましたが、結局トップには出ませんでした。

 

日が高くなるにつれ気温もぐんぐん上昇します。

前週も暑かったですが、この日はさらに暑い…。

いよいよボート釣りが修行になる季節がやってきましたね。

 

突然、「ゴンッ」というアタリとともに、

ジグが異常に重くなりました。

根がかり?でも、ラインを巻くことはできます。

巨大な海藻でもひっかけたか?

程なくあがってきたのは、

外房名物ウマヅラかと思いましたが、なんだか顔が違います。

NEO河野さんも後から同じ魚をあげたそうで、調べたところ、

「ニザダイ」と判明。

見ての通り擦れがかりなので異常に重かったんですね。

冬が旬でこの季節はけっこう匂いがきついんだとか。

 

反応が薄いので遊漁船が大挙して真鯛、イサキなどを狙っているポイントに移動。

いまひとつどこがポイントかわかりづらいのですが、怪しい反応がある場所にジグを落とします。

中層に反応があるので、そのあたりまでジグを落として止めてみると、

しゃくってもいないのに生命反応が伝わってきました。

こ、これは…。

一応アワセを入れて巻き始めると、予想通り小刻みな震え…。

バーサーでした。

写真ではわかりづらいですが40cmくらいはありそうです。

思い浮かんだのは、

こいつ。

前週のヒラマサを焼いたものは半身分冷凍庫に残っているのですが、

バーサーも食うかな?と一応お持ち帰りに。

その場で捌いてみたところ、おなかの中からは大量のオキアミが…。

オキアミ食ったのにジグにも食いつくとは、さすがバーサーですね。

 

思ったような釣果が出ないので、再び最初のポイントに移動です。

前週は全く流れていなかった海ですが、この日は緩やかに西から東に流れます。

この点で、可能性はそこそこあるはず。

時間はAM8:30、下げ止まりがAM9:30~10:00くらいですから、

下げ止まり前のゴールデンタイムです。

「グオンッ!」

あたりました。

一呼吸置いて大きくアワセ。がっちりフッキング。

今度はニザダイでもバーサーでもありません。

青物確定ですが、なんだかいつもの力強さがありません。

TWINPOWER SW6000HGのドラグを鳴らすことなくあがってきたのは、

久々のワラサちゃん。65cmくらいですね。

後から聞いたのですが、

この週の外房はヒラマサがいなくなってワラサの群れが入ってきていたそうです。

それでビル・ジャックさんもぐっちゃんもワラサが釣れたんですね。

 

この後、ボイルはワラサ・イナダからペンペンシイラに変わりました。

ボートを走らせると、凪なのでペンペンが逃げていくのがよく見えます。

そして潮止まり…、無の海がやってきました。

水温はなんと23度まで上がりました。

もう真夏の海ですね。

 

上げ始めを狙ってジギングポイントに移動し、ヒラマサゲットを狙いましたが、

無の海が活性を取り戻すことはありませんでした。

正午まで頑張って納竿としました。

徐々に南風が吹き始め、海面も波立ってきたところで帰航しました。

 

移動距離は平均的な感じですね。

思ったよりは移動していました。

NEO河野さんは本気ジギング&キャスティングをPM1:00頃まで続け、

心身ともに疲れまくって帰航されました。

この日のMVPはヤリイカをけっこうな数ゲットしたたーさん&ミーサンでした。

遅刻気味に参戦したステキチさんは真の無の海を体験したそうです。

toshiさんはまたしてもファイト中にバラシてしまったそうで、悔しそうでした。

とまあ、最終日曜日はそれぞれにドラマがあったわけです。

 

持ち帰ったワラサを捌いたところ、10cmくらいのイワシが大量に胃から出てきました。

釣りの最中はイワシの群れに気付きませんでしたが、

これについてワラサが入ってきたんでしょうね。

 

次週、25日土曜日が最終チャンスなのですが、天気予報が芳しくありません。

行けるか、シーズンオフ突入か?

週末の天気予報に要注目ですね。

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐっちゃん、NEO450に乗る!

2016年06月14日 | ゴムボート

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ ←ポチッと願いします。
にほんブログ村

 

せっかく記事を書き上げたのに、gooブログがメンテナンスに入って全部消えてしまいました(涙)

仕方ないので書き直しです。

 

ぐっちゃんは悩んでいました。

6月11日(土)、12日(日)どちらで浮こうか?

両日とも風は弱く、海況は穏やかそうです。

天気は土曜日が晴れ、日曜日が曇りの予報。

ぐっちゃんの結論は、12日の日曜日に浮く、でした。

11日は相当暑くなりそうだったのと、天気が良すぎて凪倒れが心配でした。

 

で、11日は何をしていたのかと言うと、

朝イチからホームセンターでこゆきとお買い物。

その後、

近くのドッグランで遊ばせました。

ただ、朝だというのに日差しが強く、暑すぎたのかあまりはしゃぎませんでした。

うーん、やっぱりこの日は釣行回避して正解だったか。

 

こんな感じでこゆきと仲良く過ごしたわけですが、もちろんそれだけじゃありません。

 

前回I君と一緒に浮いたとき、帰航時にエアフロアの空気がずいぶん抜けていました。

間違いなくどこかからエアー漏れしています。

ドッグランから帰宅後にエアーフロアを膨らませてチェックしてみると、

こんな布の継ぎ目からかなりの勢いで漏れ出していました。

反対側のサイドには小さめの穴が開いていて、そこからもエアー漏れ。

2ヶ所とも大きめの補修布を貼り付けて修理しました。

これで安心。

実は日曜釣行にした理由の一つがこのエアフロア修理でした。

 

11日の昼過ぎ、釣行の準備をしているとへべれけんさんからメール。

「ダメです。サバとなぜかヒラメ…。」

予想通り凪倒れだったようです。

後日確認したところ、I君もこの日にジギング船に乗っていて、撃沈だったそう。

 

夕方、今度はNEO河野さんからメールが入りました。

「今日撃沈したので明日もやります!」

河野さんは埼玉からトレーラブルでの参戦ですから、車内泊での連チャンでしょうか。

「おいらも明日行きますよ!」

と返信しました。

 

AM3:00過ぎ、現地に到着すると予想通り河野さんは車中泊でした。

この日は2艘あるNEOのうちの大きい方、NEO450で参戦されていました。

ビル・ジャックさん、ステキチさんも参戦。

早速ボートの準備に取り掛かります。

その時、車内泊していた河野さんが起きてきました。

「ぐっちゃん、今日はこっちに一緒に乗りませんか?」

な、なんですと!

ミニボーター憧れのNEO、その最高峰NEO450に乗れとおっしゃる!

これは嬉しい申し入れですが、ぐっちゃんの魚探がないとピンポイントで攻めることができない…。

一度はそれを理由にお断りしたのですが、

よく考えれば、ぐっちゃんの魚探&バッテリーをNEOに持ち込めば、

プロッター2台体制になり、ポイントの問題は解決です。

「やっぱり乗せて~」

ということで、NEO450でタンデム釣行が決定しました。

 

ボートのセットが不要ですから、ぐっちゃんはタックルのセットのみ。

魚探と釣り具を入れたドカットをNEOに持ち込めば、もう準備完了です。

AM4:20、日の出とともに出航。

先週I君が朝2本ゲットした西のポイントへ向かいます。

素晴らしい朝焼け、海は御覧のようにベタ凪です。

ん?日曜日は曇りじゃなかったっけ?

これって晴れだよね。や、やばい。凪倒れの可能性が出てきましたよ。

あっという間にポイントに到着。

魚探のプロッターでポイントを確認。ここは普通にどてら流しでスタートです。

何度も流しなおして、時にはシャローのキャスティングポイントに行ったりして、

貴重な朝まづめの時間を費やしましたが、反応はありませんでした。

き、厳しい…。

凪倒れの文字が頭の中でどんどん大きくなってきます。

 

しかし、NEO450は広いです。

バウ側から写した写真です。広さが伝わりますか?

前後だけでなく、横の広さが感動ものですね。

写真では河野さんはタイラバをマキマキしています。

ジギング&キャスティングオンリーで頑張ると、とっても疲労が溜まります。

こんな時はタイラバで一息という作戦ですね。

一方ぐっちゃんはジギング&キャスティングロッドしか持ち込んでいませんので、

ひたすらしゃくるしかありません。

 

西のポイントに見切りをつけて、徐々に東に移動しながらポイントを叩く作戦に切り替えます。

朝は西から東に緩やかながらも潮が流れていました。

時間とともに潮が流れなくなり、AM9:00近くには全く動かなくなりました。

もちろん、魚からの反応は皆無です。

 

「潮が流れないので、こっちが流れましょうか?」

ん?なにをおっしゃる?

と思っていたら、河野さんが秘密兵器を導入します。

ミンコタのiパイロットです。

ポイントに船を止めるための道具というイメージがありましたが、

「西から東に時速1ノットで流しますね~」

なんていう使い方ができるんですね。

これは快適。ゴムボートだと流れないため苦心することもあるのですが、

iパイロットを使えば狙ったラインを確実に通すことができるのです。

 

やがていつものジギングポイントに到着。

潮が完全に止まったままで、ジギングポイントも全く結果が出ません。

上げ止まりを過ぎ下げに入ると、

小魚がジャンプして青物っぽい魚が追いかけるシーンを何度も目撃しました。

しかし、フローティングプラグやシンキングプラグを投げても無反応でした。

 

そんな中、ようやく河野さんのタイラバにヒット!

「おっ、ついに来ましたよ!」

ご機嫌の河野さんですが、数秒後にあっけなくフックアウト。

「うーん、これがタイラバの欠点ですね~」

残念ながら魚の姿を見ることはできませんでした。

 

結局、ジギングポイントでも結果が出せず、ますます凪倒れが濃厚になりました。

それでも少しずつ魚の活性は上がりつつあります。

ここで再度西に移動。朝イチで攻めたポイントをiパイロットで流して攻めます。

 

そしてAM10:30、ようやくその時が来ました。

「ググンッ!」

となかなか気持ち良いアタリ。

ゆっくりタメを作ってしっかりアワセ。

がっちりフィッキングしました。

「よっしゃー、ヒット!」

かなり底を切った中層であたり、一気に巻き上げにかかりましたので、

魚は横に激しく走ります。

首振りもいつもに比べ小刻みな感じがします。

「んー、シイラかな~?首振りはショゴみたいだな~」

なんて考えましたが、引きの強さはなかなかです。

比較的澄んだ潮だったので、すぐにその魚体を確認できました。

「うん、本命!」

 

河野さんが上手にランディングしてくれて、

やや小ぶりですが、春マサゲットです。

ようやくの一本、河野さんに撮影のアンコールをリクエスト。

NEO450でマルホゲリだったらどうしようとドキドキしていましたが、

何とかヒラマサをキャッチできました。

iパイロットによる流し作戦、見事成功です。

これだけ潮が流れない日に、よく獲れたものだと思います。

勢いに乗って追加をもくろみましたが、そんなに甘い海ではなく…、

12:00近くまで粘ったところでストップフィッシング。

 

帰りにちょっとNEOを操船させてもらいました。

本気で全開にしたら、時速50kmは出るんじゃないでしょうか。

いやー、素晴らしいです。

NEO450は大きすぎて、陸上ではぐっちゃんの手に余りますが、

374や390なら…、本気で欲しくなっちゃいましたよ。

 

最高速度、全開じゃないんですよ。

走り回ったわけではないので、距離は控えめでした。

 

自宅に戻り、ヒラマサを捌きます。

罰当たりですが、このヒラマサの行く末は、

こいつの餌です。

実はヒラマサ祭り時に持ち帰ったヒラマサのストックがなくなっていたんですね。

焼いたヒラマサを小分けして冷凍し、解凍して餌として与えます。

贅沢ですね~。

 

今回の釣行は、準備片づけをほとんどしない楽ちん釣行でした。

NEO河野さん、改めてありがとうございました。

ヒラマサもゲットでき、NEOの操船まで体験させていただいて、

とっても実りのある釣行になりました。

魚探持ち込み作戦、うまくいって実績ができましたので、

次も機会があればよろしくお願いします(笑)

 

さあ、いよいよ来週は外房春シーズン最終となります。

有終の美を飾れるでしょうか。

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

お待たせしました!金曜日&日曜日飛び石釣行!

2016年06月07日 | ゴムボート

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

 

先行してダイジェスト?をお送りしましたが、

改めて釣行記を書きますね。

6月3日(金)、6月5日(日)

飛び石で釣行してきました。

そもそも、今回の目的は、6月5日(日)に行われる、

上司の自宅で開催するホームパーティに持参する魚をゲットすること。

仕事ではありえないほどのプレッシャーをかけられた釣行となりました(笑)

 

前週の祭り時にまたしてもエースロッドを奉納してしまったぐっちゃん、

今回の釣行の前後で補填タックルを揃えましたよ。

時間が多少前後しますがそれは無視して…、

まずはロッドです。

これはMCワークスの583SSでないとダメなのですが、新品は激高です。

で、オークションを模索。

目をつけていたカスタムロッドを落札しようか悩んでいたら、

超珍しいロッドが出品されて即落札しました(笑)

 

わかりますか?

知る人ぞ知る、Northan Blue Evolutionの10周年記念モデルです。

ちなみに赤と青があって、釣友I君は青色の方を3サイズ持っています。

もちろん中身は583SSそのものです。

程度も極上でした。

少々高かったですが、新品を買うよりもずっとお得なので納得。

 

次にリールです。

ステラの買い直しは自分への戒めもあってやめました。

運良く某大型ネットサイトでツインパワーが大幅値引きされていたので、

TWIN POWER SW 6000HGをポチッ。

ついでに3号PEラインもポチッ。

 

奉納の原因となったマルチロッドホルダー極ですが、

ロッドとともに海に沈んでしまったので、

一応買い直しました。

ロッドスタンドとしてはもう使わないようにして、

置き竿で釣る時の竿置きとして活用しようと思います。

 

切れてしまったワイヤー入りの尻手ロープですが、

矢印のダイワ製耐性重量50㎏のワイヤー入りにグレードアップしました。

ちなみに黄緑色の方は前回切れたものと同じタイプです。

ただし、これらはあくまでも保険の保険で、

ロッドホルダーに留意することで、尻手ロープには頼らない艤装にするつもりです。

 

前振りが長くなりました。

それではいよいよ釣行記です。

 

6月3日金曜日、振替休暇を取得してこっそり外房へ行きました。

予報では北東の弱い風が吹きますが、ほぼ凪のはずでした。

実際には予報よりも風が東寄りで強く、波がかなりあったのですが、

釣りにおいてはベタ凪よりもずっとマシな状態です。

もちろんNew583SSのデビュー戦です。

 

水温も20度台ですから高めですね。

でも、黒潮は前週に比べ大きく離岸してしまっています。

結論から言うと、「無の海」でした。

イサキ名人のタダノさんが、

「午前中で1尾しかイサキが釣れないなんてありえない~」

なんて言っていましたから。

魚はいるのに口を使わない、不思議な1日となってしまいました。

海上でSaiさんにお会いしました。

午後まで粘ってようやくアカハタなどが釣れたそうですが、

当然のように青物狙いは撃沈。

けっこう粘って、海上に9時間ぐらい浮いていました。

東へ西へと3往復ぐらい移動を繰り返したために、

ガソリンもけっこう消費しました。

頑張ったのですがドラマはほとんどなかったので、釣行記としては残念な結果です。

 

 

間の土曜日は禁漁日、しかも強風が吹き荒れ海は大荒れ。

我が家では入院していたシェルティのこゆきが退院して戻ってきたのは前回お知らせしたとおりです。

すっかりかっこよく、シャルティらしくなって帰ってきたこゆき。

頭が小さく体型が伸びやかに見えます。

生後6ヶ月余りで6.35kgですが、もうそれほど大きくならないような気がします。

おそらく7kgから8kgの間で落ち着くのではないでしょうか。

親バカですが、シルエットがとっても美しいワンコです。

 

6月3日が不発だったので、

天気が怪しかったのですが6月5日の日曜日も釣行しました。

この日は相棒I君が同乗。

2人で頑張ればノルマ達成できるだろう作戦です。

「〇〇さん邸に持参するヒラマサ、わかっているな!言い訳は一切聞かん」

これは某先輩からのパワハラメールです(涙)

水温は3日よりも少し下がりました。

I君はボートのバウ部分で潮下に向かってジグを投げる作戦。

後姿がサマになっていますね。頼もしい相棒です。

今回はいつものジギングポイントではなく、別の最近の実績ポイントから攻めてみました。

風は弱いですが波はそれなりにあります。

ひと流し目、ポイントの説明をしながらしゃくり始めて数分後…、

 

「き、キタッ! おー、走る走る~!」

I君の声です。

ちなみにやり取りの最中はこんな感じ。

この日のI君、持っている多くのロッドの中から、最も柔らかい物をチョイス。

小ぶりな春マサの引きを十分楽しもうという作戦ですが、

それゆえにキャッチするまでに時間がかかります。

ぐっちゃんは釣りをやめてネットを構えて待機です。

先週の祭りで悔しい思いをしたI君、会心のヒラマサゲットです。

 

よーし、ポイント選びは計算通り!

ぐっちゃんのしゃくりにも気合が入ります。

 

2流し、3流し目…。

「よしっ!キタッ!」

次のヒットもI君でした。

今度は先ほどより少し大きいようで、1本目より時間をかけてやり取りしています。

ぐっちゃんはまたしてもネットを持って待機。

おめでとうの2本目です。

これでミッションはコンプリートです。

上司のパーティに持っていくヒラマサはゲットできました。

ここからは純粋に釣りを楽しみます。

 

ところがここから大苦戦。

2度ほどおさわりがあったもののフッキングしません。

この日は上司の家に行かなければならないので、タイムリミットはAM10:00です。

結局、このポイントでは追加ができずに、いくつかのポイントを移動しながら拾う作戦に。

 

ここまで頑張って釣っていたI君、

「目標達成したんで、僕は寝ます」

今まではこっそり寝ていたI君、ここで堂々の睡眠宣言です。

「ぐっちゃんはまだ釣ってないんだから頑張ってください

余計なお世話です。誰よりもぐっちゃんが焦っています。

どう思います?この舐め切った態度…。

後輩が先輩のボートでとる態度としては…。

まあ、ぐっちゃんは心が広いので気にしませんが(嘘)

ちなみに、本人は5秒しか寝ていないと言い張っていますが、

西から東に移動して、間でぐっちゃんは釣りをしていたわけですから、

30分~1時間は爆睡していたはずです。

途中、ヒラマサがジグを追いかける姿を見ることもありましたが、

残念ながらぐっちゃんのジグは見切られていたようで、全然釣れませんでした。

結局、いつものジギングポイントに到着。

ここでI君起床。

海上にはtoshiさんが浮かんでいました。

ほどなくしてステキチさんも登場です。

 

「お、おーっ、キタキターッ」

もうお分かりかと思いますが、この声もI君です。

この直後に、ぐっちゃんのジグに、

「ゴンッ」

というアタリ!

やっと来た!と思ったのもつかの間、

「スカッ!」

とアワセが空振り。フッキングせず。

そして、

I君、独走の3本目。

ぐっちゃん、さすがに余裕がなくなって、

「そっちが先にかけるから、ぐっちゃんの方に来ないじゃないかあ!」

と意味不明の逆切れ(泣)

「じゅ、10:00までにおいらが4本あげるからな!」

と虚しい宣戦布告。

 

自分のゴムボートで3対0はおろか、2対0すら経験のないことです。

1本なら運もありますが、3本は完全に実力です。

「参りました」

AM10:00、無念の沖あがり。

 

2人乗船でやや波もあったためスピードは出ませんでしたね。

時間も短めですし、距離も少なめ。

効率よくベストのポイントをリレーした感じではあります。

唯一の誤算は3対0ですが。

 

実は釣りはじめ前からI君とぐっちゃんのタックルには大きな違いが一つありました。

仮説を立てるとすればその違いが釣果の差に現れたのかもしれません。

これに関しては次回に検証するしかなさそうですね。

 

ボートの上では八つ当たりをして後輩I君を罵倒していたぐっちゃんですが、

I君が満足のいく釣りをしたことには納得です。

問題はぐっちゃんの技量ですから。

さすがヒラマサキラーと言っておきましょう(笑)

 

この後、釣り上げたヒラマサを持参して上司の自宅へ突入し、

集まった10数名とパーティとなりました。

ヒラマサは1本丸ごと刺身にしたのですが、あっという間になくなりました。

カマ焼きはとても好評でした。

何はともあれ、業務命令?を遂行できてよかったです。

I君のおかげですが…(汗)

 

冷静に考えるとこの2回の釣行はぐっちゃんにとっては課題の残るものになりました。

久しぶりに鼻柱を折られた感がありますが、これがきっと更なる技術アップにつながるでしょう。

 

春シーズンもあとわずかとなりました。

梅雨入りもしましたし、次にいつ浮けるかは難しいところですが、

シーズン中にもう一回は良い思いをしたいなーと考えております。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

速報!次回更新もう少し待って

2016年06月07日 | ゴムボート

みなさん、ごきげんいかがですか?

ブログの更新が遅れて申し訳ありません。

6月3日(金)、6月5日(日)の2回、釣行したのですが、

現在出張中につき、じっくり記事の作成ができません。

この週末は内容盛りだくさんで、

Newタックルが届いたり、

 

入院していたこゆきが復活したり、

 

前週ジギング戦で撃沈したI君がリベンジ参戦したりと、盛りだくさんでした。

 

ん?釣果ですか?てへへ・・・。

次回記事で、笑いと涙の釣行記をお送りします。

 

今回はダイジェスト版ということで、このくらいで失礼します。

 

こゆき、でかくなったなあ。ちなみに今、生後半年余で6.35kgです。

 

それではまた。すぐにお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加