Fine, Peace!

夢を叶えるために

大奥6~7

2011-07-30 19:04:46 | マンガ
ようやく今出ているすべてを読んだぞ・・・。

7巻でやっと1巻の吉宗に戻るのね。
すっかり忘れてたわ。

いろいろとドロドロしているなあ。

こういう世界が嫌いだし、面倒だから、ドラマの大奥すら見てないのに(笑)。
コメント

パンダ

2011-07-27 21:55:22 | 本(雑誌など)
岩合さんのパンダの写真集が文庫本で発売されています。

疲れたあなたを癒やします。
ぜひ、会社の机の引き出しに1頭いかが?

写真見て、「干されてる」とかついひと言添えたくなる。
かわいさに溶けた。
コメント

大奥4~5

2011-07-24 21:30:32 | マンガ
2~3巻はすでに読んでいるのに、感想書かなかったんだー。

映画の部分は1巻のところなのですが、そのあと吉宗の巻が2~3巻です。

4~6巻は綱吉の巻です。

結構この巻はおもしろいかな。
とにかく、触手が伸びなくて、ほったらかしでしたが、ええ加減に返さなくてはいけないので、読み始めました。

女性将軍が吉原の花魁より卑しいのだと言い放つ綱吉。
世継ぎを生むためにだけでいいとは、女性の大奥でも同じこと。
子を産む機械という位置づけはこのときも変わらないのか・・・。

女性としての将軍の哀しさを吉宗の巻でも感じましたが、綱吉の巻でも思いました。
コメント

BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH

2011-07-24 21:18:39 | ライブ
週間ジャンプ連載中の「BLEACH」の実写舞台化です。

もう何回もやってたみたいですねー。
BLEACHに興味を一瞬示したものの、結局絵が好きになれなくて、相方も私も読まなかったんで、舞台化など全然知りませんでした。

今回は私たちお気に入りの西島千博さんが出ていたので、急遽行くことに。

そして、この舞台にはTHE CONVOYの石坂さんやStudio Lifeに客演で出ていた新納くんも出ていて、私たちには「おいしい」舞台だったのです。

黒崎が主人公なのに、オリジナルキャラの新納くん演じる「イルマ」が主人公のようでした。かっこよかったし、歌もうまいし殺陣も上手だし、ダンスも綺麗だった。

ダンスといえば、西島くん!!
着物姿でも優雅に踊ってました!
そして、石坂さんも踊れば、CONVOYのダンスで、相方と私は楽しかったです!

西島くんは浮竹なので、白いロン毛のかつらをしていたのですが、いやー、銀魂のヅラこと桂さんにしか見えなかった!
ぜひ、やってほしいわ。

原作を読んでいないので、違和感なく見ることができました。
コメント

屍鬼11

2011-07-23 22:35:21 | マンガ
最終巻で~す。

何冊読んでも、絵になじめなかった・・・。

そして、相変わらずの小野さんらしい終わり方。

原作は読むべきかなあ。
図書館リストかなあ。
コメント

オーバーホール

2011-07-16 17:30:48 | Weblog
2005年に買ったキネティックオートリレーが今週になってすぐ止まるようになった。
木曜くらいから、ちょっとくらい振ったところでも動かなくなり、どうしたのかな?と思っていて気がついた・・・。

もしや、これ、メンテナンスしないといけない!?

サイトでちょい調べると、やっぱそんな感じ。

いくらかなあ?と思ったけれど、もうこの時計って手に入りにくいし、ずっと使っていく時計と思っていたんで、オーバーホールしてもらうことにしました。

今日、近所のお店に持って行くと、16500円だそうだ。

そう。確かに定価は52500円だった。
でも、私はオークションで買ったの。
半額で。

3年目くらいできちんとしてあげないといけないそうです。

16500円といえば、結構いい時計が買えますが、しかたない。
愛するキネティックのためだもん。

しかし、時計をしていないと不便。
1000円程度の安い時計を探すけど、ないね~。
約1ヶ月でいいんだけど、我が家にある時計はみんな電池を待っているし、それこそオーバーホールもしてあげないといけない子たちばかり。

明日また探しに行こう。
コメント

本屋大賞・・・

2011-07-16 11:12:39 | Weblog
本屋大賞もこの2年連続で読んでるけど、「天地明察」>「謎解きは・・・」って感じです。

調べたら、2004年大賞の「博士の愛した数式」読んでるな~。これはおもしろかった。

まったく本屋大賞の中の本を読んでいない年もあったり、2007年のように3作品読んでいる年もあったりで、自分の読書歴を見てみるとおもしろい。

本屋大賞に選ばれている作家さんは傾向があるように思います。
まあ、その作家さんがコンスタントに「おもしろい」とされる作品を書かれているということなんですが、本屋の店員さんたちの傾向が偏っているのかもしれないですね。もちろん、その中には私の好きな作家さんの作品があったりするわけですから、ある意味大衆受けする作品であることにはかわりないのかもしれないです。

コメント

謎解きはディナーのあとで

2011-07-16 11:02:21 | 小説
「天地明察」に続く本屋大賞の本です。

読みやすい。
ただ、短篇なので、中途半端な感じ。

景山の暴言が麗子でなくてもツッコミをいれたくなるけど、おもしろかった。クっと笑えた。

ミステリー入門編って感じかなあ。
コメント   トラックバック (1)

夏目友人帳12

2011-07-10 21:29:04 | マンガ
友達から昨日借りてきた中にあったなんて!!!友達からのメールで気づいた(爆)

毎巻、ほろっとしてしまう。
夏目の切ないまでの気持ちが伝わってくる。

夏目の守りたいモノ。
周りの人たちが夏目を守っていくように夏目も守っていく・・・。

ニャンコ先生、人に化けれるなら、とっとと化ければいいのに!!!!

うはあ、名取さん、かっ、かっちょいい・・・。
(なんで今更・・・)
コメント

パンダウォーク

2011-07-09 21:45:49 | Weblog
パンダが歩いているところを見るとか、パンダといっしょに歩けるとかではありません。
プリンセストヨトミの舞台でもある空堀商店街にある雑貨屋さんの企画です。

雑貨屋さんめぐりをしながら、スタンプラリーするんです。

空堀は、古い家が多くて、味のある町並みです。

一番最初に行ったお店で、乙女男子に遭遇。
お店のスタッフなんですが、私の着ていたTシャツや友達の持っていた鞄に食いつき、おまけにエクチュアでパンダパフェをやっているよと、写真まで見せてくださったのです。
もちろん、エクチュアで食べてきました。

「和菓子のアン」に出てきた立花くんのような乙女男子でした。

私はそこのお店ではポストカードを買いました。

あとは違うお店で、猫の手ぬぐいを買いました。
めっちゃかわいかってんもん。

明日までです。
コメント