せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

これからどうなる!?、森林環境税と、日本の山

2019年03月21日 | 森と樹と暮らしを繋ぐプロジェクト


「地域のおける民間部門主導の木造公共建築物など整備推進」

先日、残念ながら体調を崩して、伺えなかった表題の「成果報告会」。」
主催者が当日の配布資料を郵送してくださいました。
ありがとうございます。感謝です。

資料を拝見してのレポートをまとめます。
ですので、今日は写真が報告書の一部です。

林野庁の助成事業で、
地域の公共建築物を木造、木質化するための
企画、設計段階からの
技術支援が行われています。

その全国の事例紹介とともに、成果を報告するという会でした。

審査や支援体制の委員長は、建築士会の会長でもある三井所先生、
委員には東大名誉教授の安藤先生など、木造といえばこの方!
という専門の大先生が名前を連ねていらっしゃいます。

支援を必要とする団体と、技術アドバイスできる支援団体と
その両方の成果のようですね。

私自身は、現在公共施設は手がけていないので
具体的に補助事業を活用はできませんが、

熊本の五木村で、五木材を活用を事業化するときに、
補助事業を受けたと聞きました。

地元の設計事務所がコンサルタントが入ったおられたので
多分、この制度の支援を受ける側が前者が、五木村。
コンサルの方が後者、専門的技術者、に該当するのでしょう。

そして、その両方から呼びかけられた当事務所は、
会費を払って、五木村を活用する協定者という形になっています。

会費を払いつつ、活動をボランティアで行い、
自腹でアピール活動もするという立場ですけどね。

少しでも、熊本の山の環境が良くなればの想いで関わっています。

ですので、補助事業が、
概ねどのような制度なのかは、理解できます。

報告会の中身はというと、
広島、高知、埼玉の事例紹介だったようです。



広島も積極的に活動されているのは、
建築のニュースにも流れてきました。

高知は、木造、木質化の
最先端をいく県と建築業界でも認識されてきています。

埼玉は、映画「飛んで埼玉」の大ヒットで、
自虐ネタをモノともしない、その県民性がおおらかである
ということが、話題になっていますね。

(建築ネタではありませんが、映画の原作者の漫画パタリロは、
花とゆめで、子どもの時に読んでいましたので想像できます、笑)

地域性を生かした様々な木の活動が広がっていることが
よく分かります。

公開ワークショップも埼玉の杉戸町の事例。
埼玉が熱いですね!



報告会の最後の締めは、
これから導入される「森林環境贈与税」の活用に向けて
林野庁からの説明。

以前、熊本県からの説明は伺ったので、国の方針を聞きたいと
思っていたところだったので、詳しく見てみますと、

日本の森の課題、小規模・零細な林業家が9割。
経営管理の集積、集約化が最大の課題。とあります。

オーストリアは、日本の地形や小規模なところが酷似、
ところが、製材業の技術革新で
木材の需要が増え、丸太販売の共同化が進み、生産性が向上した。

というモデルが引き合いに出されています。

小規模林業家や山主がタッグを組むイメージでしょうか。

海外のモデルを真似るだけではなく
日本の良き、協調性、協働性が、
発揮されることを願ってやみません。

これから、税金が、本当の意味で山に還元され、
わたしたちの水源を守っていくように、注視しながら

各自治体の政策や考え方、
活かし方に参画したいと思っています。

税金の活かし方のヒントとして、
各県の取り組みを紹介されている資料もありました。

神奈川県は、川崎の事例、
熊本県は「木造設計アドバイザー派遣事業」が出ていました。

アドバイザーといっても、多分この方しかおられないのではないかな。

他に知らないし、熊本の公的木質化の施設は、
ほとんど関わっておられるようです。

西日本建設新聞社の記事にリンクを貼っておきます。
http://www.wjc-news.co.jp/pickup/150420.htm

全国的な動向と事例を把握しながら、
私やお仲間とできることの検討、
そして、今続けている活動の発展も視野に入れながら
方向性を探りたいと思うのでした。

温めているアイデァは、
ぼちぼちと本業と並行して進めてまいります!
コメント

都市の中の茅葺屋根、残す価値は建築文化と生活暮らしの文化

2019年03月18日 | 日本民家再生協会・伝統建築・造園


昨日は日本建築家協会の修復塾の講座に、参加して来ました。

講師、企画、事務方の方々には、お世話になり、
大変有意義な時間でした。ありがとうございました。

修復現場見学後は、横浜市の文化財として
指定された第1号の横溝屋敷を皆で散策。

トップの写真は、その養蚕用に明治に建替えられた横溝屋敷です。

最初に、横浜市の市民の寄付による「馬場花木園」内の
伝統的民家修復現場を見学し、設計監理者から話を伺いました。
(写真は、まだ非公開です。現況の風景をアップしますね)

こちらは、現在の新築の茶室鉄骨造


こちらは、公園からの見える茅葺屋根


調査、設計、監理の苦労。
そして、街中で茅葺き屋根を残すため、
法的除外を受けるための審査
を通す代替措置の工夫や、調査資料をまとめる労力を伺い、
実務レベルの講義に大変勉強になりました。

調査から完成まで、7年間だそうです。
揚屋や曳家のVTRも見せていただき、
まさに臨場感あふれる体験でした。

茅葺屋根は燃えるため、用途地域により、
屋根を不燃材で吹かなくてはならない建築の基準を、満たしません。

では、どうして、それを残すことが出来るのか?

それは、放水銃(初期消火)の設置や、自動通報装置などで
火災予防を行っているから、可能なのです。

代替措置を、消防署や審査会で有識者、
行政と議論の積み重ねの結果なのです。

建築士が修復方針を設計して終わりというのではありません。
建物の耐震、火災予防策、地域でのこれからの活用のあり方
建物の地域での歴史的位置付け、などなど、
まさに、総合プロデュースが求められるのでした。

職人さんも、熟練の技が要される現場。
手間暇がかかっています。技の継承の意味もある修復現場です。
日本人のきめ細やかさ、
建築に対する美意識などを、感じとりたいですね。

完成の暁には、小さな茅葺屋根の茶室、そして主屋を、
ぜひ、ここに残す意味、価値を考えながら、
一般の方にも見学して欲しいと願います。

次の見学先、横溝屋敷は、
地域の名主の住まい兼、采配を振るった
場所であり、養蚕を営んでき建物。

敷地内には、主屋の他に、
兜作りの茅葺屋根の浮き屋根を持つ穀物蔵、文庫蔵、
突き上げ屋根のある蚕小屋があります。






まるで、伝統的建物群の見本市です。

裏には水路、せせらぎ、山神社などもあり、
暮らしと共にあった建築の役割を、よく伝えています。

主屋内で、修復工事の記録と、
四季の行事のビデオがそれぞれ観れるので、
合わせて学ぶと、この地域の特徴と歴史、
そして保存されてきた経緯がよく分かります。

地域の役場的存在、名主の屋敷、横溝邸。
そこには、ここで暮らしてきた人々の想いと歴史が詰まっています。
地域の方々が、是非残したいと活動されたようです。

建築を残すことは、当時の人々の支え合った暮らしをも
伝えていくのだなぁと、感慨深くなります。

古い建物、という見た目だけではなく、
その背景や奥にあるもの、、、
暮らしと歴史、地域性、そういった時間軸を持って
見学すると、民家は俄然と面白くなります。

どうぞ、ご興味のある方は、見学してみてくださいね。

馬場花木園のサイト
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/babakabokuen/
みその園、横溝屋敷のサイト
https://qq2h4dy9n.wixsite.com/yokomizoyashiki

かく言う私も、横浜の拠点から近所ながら、
横浜に越してきて、すぐの出産、子育て、
仕事と家庭に追われるようにして、
ゆっくりと近くの建築をめぐるチャンスを逃してきました。

本当は、もっと子どもとお出かけすべきだったかなぁ。。。
と思いつつも、いえいえこれからと、
少しづつ、実現していきます。

今週末、今度は建築士会主催の、旧吉田邸の修復後の見学会です。
有名すぎるのに、そこもまだ行けていないのです。
企画していただけることが、本当にありがたいですね。

昨日の横浜の昭和最後の大修復工事だった横溝屋敷と、
平成最後の馬場花木園の現場と合わせ見ることで、
変わらないもの、建築文化の真髄を感じられ、春の学びに感謝しました。

コメント

バリアフリーからユニバーサルデザインへ、 有事の時にも役立つ施設へ

2019年03月13日 | ユニバーサルデザイン


今年のはじめに、神奈川県バリアフリーアドバイザーとして
訪れた施設の報告書が、やっと、まとまりました。

施設の方々、お待たせしました。

中身はこんな感じです。


もともと、高齢者対応の施設とあって、
それなりの設計施工がなされていました。

点字ブロック、段差処理、トイレ内の手すりなどなど。。。
一応の対応がなされており、
事前アンケートでも「特に問題は生じていない」の回答でした。

しかしながら、訪れてみると
パーツはそれぞれあっても、機能していない側面や

築15年が経過し、現在の考え方には、
そぐわない部分もあったりと
思った以上に不具合が、ありました。


↑手すりが切れている階段。手すりがあったり誘導ブロックがあっても
この1段目に足を踏み外したり、車椅子でも近づけてしまい、脱輪の恐れも。

今回の施設は、バリアフリリーに配慮された施設。
このままでは、もったいないと考えます。

報告書は、視覚障害者や、色の専門家による
カラーバリアフリーに対するアドバイスは事前に受けたとのことで、
今回は、指摘のみにとどめました。

何より、私たち設計者のアドバイス以上に、
当事者の方々の意見は大事だからです。
もちろん、障害の程度により、対応は少しづつ違います。

私たちの調査には、建築士だけではなく
車椅子を使っている当事者のアドバイザーの方も参加されます。


↑EVの出入り口の溝に、車椅子の前輪が入ってしまい危険。
排水溝のグレーチングなども、ヒールのかかとや、前輪が入らないよう
昨今は細溝タイプを設置します。


実際にみんなのトイレに入って、
使い勝手をチェックしてもらうなどします。

それだけではなく、
最新の事情、情報なども共有させていただき、
私たちも勉強になります。

今回は、2階が受付になっている施設で、EVはあるものの
停電時など有事の時の
車椅子の方が避難する場合の不具合が考えられました。

某メーカーの、避難設備、UDエスケープを紹介してくださり、
その設置が有効であると私たちも判断しました。


↑視覚障害のかたの点字ブロックに変わる誘導シートも
床とのコントラストが大事なため、メーカーも色の種類を出してきています。


バリアフリーから、ユニバーサルデザインへ
時代は、大きく変わっています。

それでも、いくつか調査する施設の経験や、
日頃利用する公的な施設から
まだまだ、対応は追いついていない
というのが実感としてあります。

本当に地味な作業ですが、
一歩一歩こうして、改善策が練られて
一人でも多くの方が、
ハッピーに施設利用してもらえたらと思います。

特に今回は、来るであろう大地震にも備えて、
避難施設となりうる公的な場所としての
提案もさせていただきました。

余計なお設計になるかもしれないと思いながら、
提案しても良いでしょうか?と尋ねると、

施設管理者の方の意識も高く、
ちょうど検討したいと考えておられたようでした。

私自身の熊本地震での体験が活かせます。

日頃は問題ないユニバーサルデザインではない部分も
有事の時は、致命傷になりかねません。

ガラスの飛散防止がなかったために、
使えなくなってしまう施設が、九州で多発しました。

人を守るための建築が、凶器になってはいけません。
今から、どの施設も対応して欲しい部分です。

・電気が使えなくなったら?
・水が止まったら?
・道路が崩壊して、物資が届かなかったら?

などなど、、、想像してみることです。
実際は、想像以上に過酷ですけれどね。

それから、当事者の方から、
『車椅子トイレがある施設が近くに有る』
という看板が道路にあると、立ち寄れて助かる」というお話が出ました。

コンビニでもまだまだ車椅子対応されているところが少なく
車での移動で、トイレ難民になるのだそうです。

確かに、私も断水で、熊本地震の時、
出先でトイレ問題に直面し、

「トイレ使えます!」という親切な看板を道路に出していた施設に
立ち寄り、事なきを得た経験があります。

まさに、他人事ではなく感じました。

一方で、車椅子の方は、日頃から、
そのような大変な思いをされているのだな
気がつかなかったなぁ。。。と、自分自身を反省しました。

常日頃から、当事者の方は、サバイバルな有事なのかもしれません。
もっと、その部分に想いを馳せるべし!と誓った調査です。

一緒に調査してくださったアドバイザーのメンバーにも感謝して。
これからも、人を幸せにする施設が増えていきますように!!
コメント

防災に向けて、今の自分の地域の危険度を知り、備える。

2019年03月11日 | ワークライフハッピー

↑今日は普段仕事で使ってる地震関連のサイトも紹介します。

あの日を忘れない。。。。
東日本大震災から8年。

ニュースでは、亡くなられた方は、
本日時点で、1万5897人になったとのことです。

ご冥福をお祈りするとともに、
未だ避難生活を余儀なくされている方々に
お見舞い申し上げます。

今日は特別に、会社や、各家庭でも、
地震、津波などの災害のことについて
話し合われたのでは、ないでしょうか。

あまりに便利な日常生活に慣れてしまうと
忘れてしまいそうになる、危険。災害対策。

今日は、まずは、自分の住む地域、仕事場のある地域の
危険度を知ろう!

をテーマに綴ります。

昔から、言われてきた
「備えあれば憂いなし」の気持ちで、
読んでいただけたら幸いです。

災害の度に、話題にのぼるハザードマップ

皆さんは、ご自身の地域の危険度を知っていますか?
各自治体が、公表されていますし、
各家庭に配布している自治体もあります。

しかしながら、認知度が低かったり、
見たことがないという方も多い様です。

土砂災害など、その地図が、活かされてなかった!(認知されていなかった)
ということも実際に起きています。

まだ、ご自身の地域を知らないという方がおられたら
ぜひ、自治体のホームページで「ハザードマップ」を見てください。

そして、紙媒体が欲しければ、役所に言えばもらえます。

災害国日本で、『もう自分の命は自分で守るしかない!!』
国の方針も、まずは、自助、共助、公助の順と、8年前に
公表され、また、思い知らされましたね。

都市部では、公的な備蓄も、公的な避難所も
圧倒的に不足しているのですから。
(お米やトイレットペーパーなど関東圏では一時期消えました)

では、当方の事務所のある新横浜駅周辺で、
行政が発表しているハザードマップの事例を見てみましょう。
画像は、抜粋しています。

まず、土砂災害警戒区域について
茶色い部分が、その対象区域です。駅の東側に集中しています。
住宅街も含まれます。



次に、洪水に関して。

JRの線路沿いや地下鉄のある部分もピンク色です。
鶴見川が氾濫し、洪水になる可能性のある地域です。
新横浜駅の西側のほとんどが対象区域です。



幸い、事務所のあるところは、どちらにもかかっていません。

それでも、普段利用している駅周辺が、
このように対象になっていると知るだけでも、心構えが違います。
もし、出先で何かあった場合には、
戻ってこれるだろうか。。。
眼鏡や水などは携帯して外出した方が良いのではないか
と、なりますよね。

それから、地震についてです。
専門家が使うサイトをご紹介します。

こちらは、「国立研究開発法人 防災科学技術研究所」が
公表している「地震ハザードステーション」でチェックします。
http://www.j-shis.bosai.go.jp/

2018年1月には、政府の地震調査委員会が
今後30年間に南海トラフ地震が発生する確率を
従来の「70%程度」から「70~80%」に引き上げています。

このサイトも、毎年も2018年版が最新です。

スタートボタンを押し、左上の「2018年版」を選択、
場所に住所を入力します。そして、活断層をクリックします。
(画像の赤矢印部分参照)


そして、地図上のバナーで、30年間の地震の確率をチェック。
事務所周辺を確認すると

震度6強以上では、[6~26%]の範囲ですが、


震度5強以上では、[26%~100%]と真っ赤になります。


このほかに、このサイトでは、250mメッシュで
「地震ハザードカルテ」を出すことができます。


この表の具体的なことは、専門的なアドバイスがないと
ちょっと分かりにくいかもしれません。

それでも、ご自身の住まいの建っている場所、
或いは建てようとしている場所の地盤が、
どのような地盤なのか、概ね分かります。

今は、こうして情報は共有できるので、設計者としては助かります。
地盤調査の前に、建主に事前にアドバイスしておくことができます。
土地を選定するときの判断材料としても使えますね。

とにかく、避けられないし、予測も正確にはできない災害です。

1に、情報収集、
2に、備え、
3に、対策と、


ご家庭、職場で話し合われることを望みます。

そして、こちらは私の趣味の域ですが、
読書して、面白かった災害本の紹介です。

「武士の家計簿」の著書として有名な
歴史研究家、磯田道史氏の
天災から日本史を読み直す先人に学ぶ防災
(中公新書、2014年発行)は、災害に対する教訓が書かれています。


古文書から、紐解かれる、命を守る術。

明暗を分けたものは何だったのか、
それは、とっさの判断や行動力

まるで、その災害に遭っているかのような臨場感あふれる事例紹介に、
そんなに歴史には明るくなく、特段興味のない私でも面白く、

地震、津波、噴火などの避難について、
先代の知恵や教訓を、感動的に読み進めました。

4に、先代の教訓を活かす
5に、次代へ伝える


でしょうか。

犠牲になった数多くの命の教訓を、
次世代の命につないで参りたい想いです。

歴史も踏まえ、そして今、実際に被災された各地域での教訓が
これからの私たちの、時代をつなぐ生き方に
活かされていきますように。。。

建築のものづくりに関わる身としても、
気を引き締める3月11日でした。

コメント

啓蟄の候に、ワクワクする芸術のこと

2019年03月06日 | アート・文化

↑目を楽しませてくれるご近所の梅の木たち

咲き誇ったと思ったら、散り始めている梅の花。

三寒四温の折、
とうとう今年も「啓蟄」の候を迎えました。

冬ごもりしていた虫たちが,ぞろぞろと土や木から這い出てくるように、
人もぞわぞわと活動したくなり、ワクワクと始動する季節です。

そこで、今日は大好きなアート、芸術から、映画のことを綴ります。

育児中は、自分の好きな映画をのんびり鑑賞するという
趣味からは遠のき、観るものといえば、
子ども向けの話題の映画、
アニメやハリウッド系が多かった昨今。

そろそろ、子どもも友人たちと好きな映画を観る
年齢になってきたところで、

シネマの趣味を少しづつ、復活。

昨年、誕生日月の自分へのご褒美で、
駆け込んだ「フランス映画祭2018」
そこで上映された映画がとても素晴らしく。

これは皆さんにも観て欲しいなぁ、と思っていました。

今年、一般公開されると聞いていたのですが、
それがこの3月から。

英題は「See You Up There」(お会いしましょう)
日本語では「天国でまた会おう」となってます。

戦争の哀しい物語がベースです。

二人の生き残った兵士の寂しくもユーモラスなやり取りが、
家族愛とは何か?平和とは何か?と訴えかけてきます。

そして、披露されるダンスも、衣装、仮面のモチーフも美しく、
完成度の高い芸術作品として、鑑賞できます。
ポスターも絵画のように素敵です。

公式サイトはこちら
http://tengoku-movie.com/

昨年の映画祭では、監督アルベール・デュポンテル氏のインタビュー、
Q&Aが行われました。その様子がこちら、(その場にいました!)

監督、脚本、出演と、一人何役もこなす彼を
芸術家として、とても尊敬します。
http://unifrance.jp/festival/2018/latest/687/

映画をご覧になった後、お読みいただければ、
なお理解が深まることでしょう。

原作は読んでいないのですが
終わり方は、どうも違うらしいです。

興味のある方は、原作を読んだり、
ぜひ映画館に足を運んでくださいね。

「フランス映画祭 2019」は、6月20~23日に
神奈川・横浜みなとみらいホール、
イオンシネマみなとみらいで開催される予定だそうです。

今年は、主催のユニフランスが設立70周年、
横浜と仏リヨンの姉妹都市提携が60周年を迎える記念すべき年とのことで、
どんな映画が上陸するか、今から楽しみです。
今年も、誕生日月に、忘れず行けますように!

ただいま年度末、慌ただしい毎日です。
乗り切ったら、ご褒美に映画(再度鑑賞したい)と思って、
頑張ります!

芸術に触れると、新しい発見があったり、視野が広がり
自分自身の、感覚や感情の動きを、見つめることにもなり、
結果的に、心の余裕が生まれます。

それが、自分の仕事や生き方にも生かされるのです。
日頃、仕事関係や周りの人間関係への感謝で目一杯な私です。

遠く海を越えたフランスで、
極めている芸術家たちに想いを馳せて。

素敵な作品をありがとうの気持ちを込めて。
コメント