せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

新しいもので、気分一新。黒から白へ、シルバーを経て、手帳の色をチェンジ!

2019年01月15日 | ワークライフハッピー

↑先週訪れた相模湖の湖面が美しく、春先にも再度訪れたいと思いました。

三連休、皆様 いかがお過ごしだったでしょうか。
成人式を迎えられた方には、おめでとうございます!

祝日だったため、月曜アップ予定のブログを本日更新します。

私の方は、日中は、進行中のプロジェクトの打合わせや
働く女性としてのブレスト会議参加、

夕方から夜は、家族とのお祝いイベント、
そして、合間に美術館巡りと、
ワークライフハッピーに過ごすことができました。

手帳による時間管理ができているおかげですね!

今日は、これまで社会人として私自身が使ってきた手帳の
色にまつわる話を綴ります。

色には、秘密がある」と、言われたら
ちょっと、ドキッとしますね。

これは、私が、若かりし頃、色のことを勉強していて、
出会った本のタイトル「色の秘密」野村順一著(1990年出版)で、
知ったことです。

色には、潜在的なものがある』ということが書いてあり
空間やインテリアの色の選び方の基本を身につけようと購入した
私の色の入門書です。

昨今は、ラッキーカラーなど、
パーソナルなカラーの話題も盛んですね。

今日は、書籍「色の秘密」に書かれていることと
自分の色選びとを照らし合わせて、
人生の中でチョイスしてきた色の意味について考えてみました。

まずはじめに、
建築のものづくりの仕事は、
色とは、切っても切れないご縁です。

空間に配置する色のバランス、チョイスする家具やカーテン、
内装の色。

そして、仕事の立場やセンスを表す
持ち物の色に、着るモノの色。

その昔!?
デザイナーの服は黒一色でした。
私もしかり。
イッセイミヤケやコムデギャルソンの影響が大でした。

男性は、黒のジャケットに、白のスタンドカラーのシャツ
という出立ちは、まるで建築家のユニフォームみたい。

男性社会になじむように、
私も「女子を売りにしているわけではない!」の自負もあり、
黒がベースでした。

好きなグレーや紺をたまに着るくらい。

それが、、、、子どもを産んでから一変しました。

黒ばかり着ている私を、我が子が
幼少の時、母なのに「男の人」だと思っていたからです。

トイレのマークにある、赤くてスカートを履いているのが女
黒くてズボンは男、と思っていたのでした。

これはいか〜ん!

それに、この「色の秘密」にもあるように、
「黒ばかりを着ると老ける」というのも、思い出し。

普段着は、やや派手めのカラーや明るめの色を
着るようになりました。

アグレッシブな革ジャンや革パンツも履いていたので
プライベートと仕事では、全然違う印象でした。

まだ、手帳は「黒」で、仕事とプライベートの2冊使いでした。

ワークライフバランスの実践には、
公私の切り分けが必要と考えていたからです。

その後、バーチカルタイプの手帳と出会い
時間の見える化を知り、
時間管理はとにかく「一元化が両立の肝!」と教わり

その当時のカラーバリエーションで、思い切って、
一番高価なラインの革クロコ型押しの「シルバー」をチョイスしました。

何でも10年使えるものを!の選択なので、ほぼ10年使いました。
色もずいぶん褪せてきました。


↑右が内側、元の色、左が外側今の色

この手帳の販売元では、カラーバリエーションが豊富なので
毎年カバーごと買い直す方も多いのですが、
私はもったいなくて。

それから、仕事もプライベートも分けず、
両方楽しむ、ハードな子育て期が始まり、
まさにシャインカラー、輝いた時代でした。

そして、なんと今年から「白」へ、カラーを移行します。

先月、iphoneカバーを選ぶときは、女性定員さんから、
「白は汚れが目立ちますよ」と
言われ、大丈夫ですか?というような顔をされました。

手帳レフィル購入先にもカバーの白はないので、独自に探しました。

文房具店で、白の手帳カバーを探しているといえば、
「えっ!?白ですか?」と驚かれ。

それでも、めげずに、決めました。「白」でいきます!



*実際手に取ってみると、白というよりは、サンドベージュ(砂色)に近い。
スマホカバーの白と比べるとよく分かります。

Webで革製品を扱うメーカーを辿って
たどり着いたのは、銀座伊東屋でした。

名刺入れもそういえば最初に伊東屋で購入したっけ。

海外のデザイナーが作った「ホワイトラインノート」も、
取り置きでお世話になって来ました。

やっぱり、文具は、こだわると、伊東屋ですね。
話がそれました。

色の話に戻ります。

革カバーは、栞も、ペン差しもついているのがGood!!
メーカーはAQDO、made in japan です。



「白」を選択した理由は
自分のこれからの生き方の決意の中で、人生折り返しだからこそ、
無垢で、ピュアで、何事にも向き合っていきたい
の気持ちを込めています。

私自身のビジネスセンスを磨くための
パーソナルカラーとして補うべき
カラーでもあります。

先の入門書を読み返してみれば、
「黒」は高貴な印象、威厳を示したい人が選ぶ色。
男性支配の国では女性が黒を着て個性を閉じ込める。とあり、

建築の男性ばかりの社会に出て、自分を大きく見せたいという気持ちを
投影しているようで、やはり、自分の「黒の時代」だったのだなと苦笑いです。

そして、「銀色(シルバー)」を好む人物像は、騎士のように人を助ける。
友人にすれば最高に信頼できる人物とあり、

家族やクライアントさんに尽くしてきたかなぁ。。。
どうだろうか、と振り返ってみました。

「白」は常に完全を目指し、
気高い理想を描いて努力するタイプだそうです。

いいではないですか!
これからは、それで行きましょう、笑。

この入門書は、建築とインテリアに活用しようと、空間のことは読んでいたものの
カラーの持つ人への詳しい内容までは、読み込んでおらず、

本を読んでから手帳の色を選んだのではなかったのですが、
こうして手帳の色選びと、照らし合わせてみると
なかなかに面白い共時性が見られました。

日本の和室の良さのや、木の色が日本の色であるといった
建築空間に関わる内容も、再度読み返してみると、
自分が日頃感じていることを上手に言葉にしてありました。

入門書を、読み返すって、大事ですね。
これも「白」と決めた効果!?

初心に返って、これからも学びつつ、
常に新鮮さを失わず、気持ち良く過ごすことを心がけます。

今年の建築のものづくりや、空間環境のことのキーワードに
『「潜在意識」を意識すること』を
一つのテーマにしようと目論んでいます。

木に関わってきて、いろいろ想うところがあります。
平成からの新年号に向けて、
エビデンスだけではなく、感覚や直観についても
ブログでもっと書いても良い時代になったのではと思います。

目論みのテーマはまた、改めて。

それでは、この新春、皆様も新しい何かを身につけられて
明るい気持ちになられることを願っています。

コメント

有害金属を体内に入れるのを避けよう!

2019年01月08日 | 子ども・環境

↑水源地、生命志では、地球上で最初の植物はコケだそうです。そしてシダ類。
まさに、ミネラルのある水辺にはコケが生えている様子。


健康管理について、昨日の続きです。

補足です。
お子さんをお持ちの親御さんにも知ってほしいことなので
今日のカテゴリーは、「ワークライフハッピー」でななく
「子ども環境」になっています。

暮れに受けたオリゴスキャンの結果、有害金属の数値が、
これまたビックリの結果でした。

前知識として、
「金属アレルギーは、歯の治療によって引き起こされる」
というものがありました。

私は虫歯の治療で、金属の詰め物をしているので、
銀や水銀の高値でした。これは仕方がないですね。
お金を溜めて、セラミックに取り替えるしか方法はないようです。
(虫歯にならないのが一番ですが!)

それから、ご飯をよく食べるので、お米などに含まれる
カドミウムも高め。排泄要素の亜鉛が不足しているので、
溜まっているのかもしれません。表と裏の関係ですね。

この辺りは、過去の出来事なので
もう割り切るしかありません。

しかし、ショックなのは、鉛です。
これは意外でした。

侵入経路が、排ガスなどの環境、陶磁器や缶詰め、
水道水(古い水道管)からとあります。

「生活環境の影響もあるから、思い出してみて」

と言われても、それほど悪い環境で過ごしてきたつもりはなく
考えやすいのが、水道水、、、、。

いろいろなところに住んだので
古い水道管の水を飲んでいた可能性はゼロではないのかな。



「防ぎようがないじゃないか!」
という声が聞こえてきそうですね。

そうはいっても、知ってしまったからには
改善したい。

できるところから少しずつやっていこうと思いました。

そして、日本人に多いのは「アルミ」だそうです。
私も然り。

毒性は、認知症、自己免疫疾患、貧血、肝機能障害などと
多岐に渡ります。

侵入経路は、時短料理、簡単料理のアレです。
そう、アルミホイルと缶詰め。缶ビールも。

私は、すでに、スキャンの前に、
ホイルの情報は教えてもらっていたので
昨年から、アルミホイルの包み焼きなどしなくなりました。

面倒でも、魚焼き器か
鉄のフライパン(テフロン加工は傷があったら危険)
で焼きます。

焼きトマトは大好きですが、ホイルの上で焼くと
酸が溶け出して、一番良くないそう。

数値を聞くと恐ろしくなります。
(最近のトマト缶詰めは内側がコーティングされているか、
紙パックに変わってきていますね)

ビールも瓶がよろしいかと。美味しいはずです。

ここまでは、前知識がある程度ありましたが
知らなかったのは、
サラサラな粉な状のものにも、アルミは使われているそうです。

インスタントコーヒーや、ベーキングパウダー、小麦粉など。
(裏の表示にはないですよね!?)

パンとインスタントコーヒーの朝食、
学生時代は、ご飯一人分炊くのが億劫で、よくやったなぁ。
アルミ、溜めちゃったのね。(涙)

溜まった有毒金属を排出するのは、
強烈な汗をかくしかないようです。

汗腺ではなく、マラソンなど相当な運動量後に出ると言われる
皮脂腺からの汗。なかなかできることではないですね。

なので、これ以上溜めない。
と行動するしかありません。

子どもの時からパン食ばかりしない、
ホイル料理や缶詰め料理に頼らない、

そういったことを
親としては気にかけてあげないなりませんね。

知識不足だったこれまでの母を、
妻を許してね〜って感じです。

食生活は、手抜きでも、美味しく見える、
美味しくなる簡単料理ではなく

出汁をとって、
お豆をたいて、
野菜は新鮮なものを丸ごといただいてと
やっぱり、基本の日本食でいこうと決めたのでした。
(洋食も、中華も作りますが、、)

早速、豆が食べたいという子どもに、冬休みは
大豆を水で戻して、醤油と赤酒で煮ました。

時間はかかっても、
難しくないので、失敗はしませんね。

女性ホルモンに似ている大豆、
私もしっかり食べて、元気になろうと思います。

子どもには、料理の一時の楽が
将来の健康のツケにならぬよう気を配りたいです。

自分自信は、人生折り返し地点、
これまでの食生活の反省をしつつ
これからの長寿社会に向けて、
元気な高齢者を目指して!?

本質の部分で、改善していこう!
と誓う、健康元年です。

余談:
神奈川県知事の今年の一字は、「笑」
さすがに元マスコミの方と思います。
月100キロ走られるそうです。

キャッチは、「笑にあふれた100歳時代を神奈川に」でした。
広報誌トップのテーマは「健康」

私も、笑顔で年齢を重ねられるように。
そして、子どもたちの笑顔も溢れるように。

空間だけではなく、環境の啓発活動も含めて

私の個人的ところは、お恥ずかしい限りですが
みなさまと、少し情報をシェアさせていただきました。

どうぞ、できるところから、
健康生活、始めましょうね!

コメント

「今年は、ミネラルバランス生活を始める!」

2019年01月07日 | ワークライフハッピー

↑水源地の湧き水のミネラル


2019年最初の月曜日のブログは、
昨年の私のちょっとショックな出来事と
それに対処する決意を綴ります。

健康に関することです。
建築と少し離れて、暮らしのテーマです。

仕事人として、家庭人として、
体調改善や、未病に興味のある方は、
読んでみてくださいね。

母がガンになり、熊本に戻ってから
自分なりにその原因と対処法を調べてきました。

私が提案する対処法を、本人がすべて受け入れるわけもなく
学んだことは、自分自身の健康に生かそうと、
食事、運動、心の持ちかたなど、
それなりに努力しているつもりでした。

命の源は、ミネラルということ、
水が大事ということ、

森と樹と暮らしを繋ぐ活動で、水源地で
ミネラルたっぷりの湧き水を目の当たりにして
理論を、まさに実感していたこの数年でした。
(ブログ上記の写真)

熊本のおいしい水と新鮮な野菜での調理、
ミネラルが大事と知ってからは、海藻類も毎日食べています。

そう、それなりに健康には、自信がありました。
しかし、更年期世代となり、ちょっと不調もあり、
昨年は、婦人科系のセミナーに参加したり、通院もしました。

西洋医学だけではなく、
できれば食事で体調改善はできないものかと
思案していたところ、

信頼できる方から、
ミネラルバランスと体内の有害金属の測定ができる
「オリゴスキャン」を紹介してもらいました。

海外製品であり、データ解析も海外のため
使用されている医師もおられますが、まだまだ普及はしていないようです。
保険適用でもありません。

この結果が、、、、驚きのショックでした。
ミネラルバランスが危険信号!?


↑計測結果の一部

全体的なミネラルの量は、
なんとか標準範囲にとどまっているものの
不足気味ものも、多々あり、
比率Ca/Mgと、Cu/Znがよろしくなく、

マグネシウムと、亜鉛は、大至急補う必要ありの結果に。

早速、オススメの補う補強する品を紹介してもらい
食べる、飲む、など始めました。



ここで、思い出したのが、昨年「木材アドバイザー」の講習で
地球環境保全を学んだテキストにある「リービッヒの最小律」です。


↑テキストの一部、ミネラルの化学記号が書かれており、不足しているたるから水が流れる様子の図式

「ミネラルバランスが悪いと、植物は成長しません。」というもの。
化学を専攻してこなかった私は、初めて知りました。(遅い!)

まさに、この状態が私にも起きていたなんて!
山の環境を心配する前に
自分の身体、ちゃんとしなさいよ!
と自分でツッコミを入れています、笑。

私が不足気味のマグネシウム、ケイ素、リチウムを
補う具体的な食材は、「ひじき」が万能選手でした。

そのほかに、青海苔、昆布、イワシ、などなど
お〜、故郷熊本にある食材ではないですか!

「まずは、塩を『天日干し』のものに、変えましょう!」
とアドバイスをもらいました。

これも、天草の塩を思い出しました。
http://saltfarm.jp/process/index.html

「実は、日本人に塩が不足している」という情報は
ちらほら耳に入ってきていましたが、
まさかの結果に。塩の質が変わったことが原因のようです。

関東在住時は
三陸わかめと、日高昆布を愛用していますが
熊本にいる間だけではなく、
もっと、もっと、故郷の食材に頼ろうと思います。

熊本では、
有明海苔、河内「海の駅塩屋」http://jfkawati.com/sioyanori/sioyakatarogu.pdf
八代産「青のり」、https://jf-yatsushiro.com/aonori/
天草のひじきは「高木海藻店」http://www.k-takaki.jp/category13/category27/entry25.html
くまモンパッケージか、昔からのおめでたい紅白柄の天草ひじき

これらを食べています。
いつでも、ちゃんと食べようと、誓うのでした。

学んだ知識を実践していくのが
大人の醍醐味ですね。

ほとんどの現代人がミネラル不足とも言われます。
母親の測定で、同じ食事の子どもも想定できると言われています。

なんとなく不調が続く、原因が病院では分からない
という症状があったら、一度調べて見られるのも
一つの手かもしれません。

明日は、子育て中のお母さんや
食事を作っている方に、ちょっと気をつけてほしい
有害金属の測定結果をお伝えしますね。

今日は、長文へのおつきあい、ありがとうございました。

今年のみなさまの健康もお祈りして。
コメント

これからは「ワークライフバランス」から 「ワークライフハッピー」へ

2019年01月06日 | ワークライフハッピー


今日は「小寒」。各地で冷え込んだ事と思います。
今年最初の新月には、

西暦2019年の初心表明として、
このブログのテーマについて綴ります。

『せっけい日和』を始めたのは、2007年の2月です。

実に12年が経とうとしています。
干支で言えば一周したということです。

当初、「ワークライフバランス」の実現のために、
仕事のこと、自分の私生活のこと、
等身大で綴っていこうと決めました。

実にこの10年で、ワークライフバランスは、
当たり前のことになってきたようです。

ですから、最近は、あまりこの言葉は、使わないらしいのです。

そこで、ブログのテーマを、
自分の生業である、建築のものづくりと一緒にします!

『ワーク・ライフ・ハッピー』
のカテゴリーで、2019年は綴ってまいります。

拠点とする横浜は、市長さんが女性、
住まいの区長さんも女性と、
活躍するトップが女性です。

私も、しっかりと活動の根を張って、
故郷、熊本との2拠点生活をより充実させて行きます!

それにしても、
暮れから新年にかけて、
何がこんなに慌ただしかったのかしら?
と、よくよく考えてみると、

クライアントさん、仕事や趣味の付き合いに加えて
実家の掃除に片付け、自宅の掃除、事務所の片付け

嫁として、お正月の準備、親戚づきあい、、、などなど
役割が年々増えているからだと、改めて気が付きました。

それは、一方で人生が充実しているということ。

やることが何もない。
ではなく、やることが沢山!

やりたいこともどんどん増えて、
関わる人の数もどんどん増えているということ。

ありがたいことです。

これまで、バランスをとるということは、常に意識し、
時間を無駄にしない。相手の時間を奪わない。
を、実感し、実践して来ました。

これからは、更に、より発展させて、
どう相手を喜ばせ、自分を喜ばせるか、
に、順々にシフトして行きます。

HAPPYの輪の広がりを
これまで以上にイメージして活動します。

発展と言えば、
まさに、龍が天に登るようなイメージ!?
でしょうか。

お正月の静けさの中で、写経ならぬ写龍をやってみました。
塗り絵なんて久しぶりです。

龍の色と言えば、青と緑のイメージかなぁと、やや賑やかに。

今度は、黒一色渋く描いてみましょうか。。。
などと心躍らせながら
心落ち着ける時間も、
しっかりと確保していきたいと誓うのでした。

これまらのみなさまの益々の開運、招福を願って!!

今年もどうぞ、お付き合いのほどを、
よろしくお願いいたします。
コメント

備えあれば憂いなしの年にしたい

2019年01月05日 | 熊本便り


西暦新年を迎え、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

新年早々3日の和水町の地震のニュースには驚きました。
fbで様子を確認できない方には、
連絡を取らせていただきました。

揺れは、かなり大きかった。怖かった。
今までと違う感じ。など、
震源地が別ということもあったでしょうか。

現況を伺いましたが、
皆さん無事だったのでホッとしています。

2日の朝、小さな揺れを横浜で感じました。
地震情報にも出ておらず。

嫁ぎ先の親戚の集まりがあったので、
ちょっと大きいの来ないでね、という感じで出かけ
「地震がありましたね」というと皆さん???
でしたが、故郷がまた揺れるとは!?

本当に油断がなりませんね。

熊本の中では、和水町には、
割と近い実家で、
震度4くらいな印象だったと両親。

震度計で出る震度と、
実際の自分がいる場所での感じ方の違いが
あることを知っているので
念のため、連絡した次第です。

それにしても、平成26年の熊本地震後の余震の多さに
「今のは、震度◯◯くらいだね」という会話を
平気でするようになりました。

ニュース速報と、感覚を比べて、
「今のは、もっとあった」などど、TVに向かって
話す光景も、当たり前に。

地震慣れというよりも、備え慣れしたいと思う今日この頃です。

いつどこで、何が起きてもおかしくない時代になってまいりました。

地震の専門家に言わせると、地震がない時代が長かったそうですね。
古文書や歴史的に見ても
90年〜150年周期で繰り返すと言われている各地の大地震。

今年も、用心しながら、命を守ることを第一優先に、
災害に慌てないようにしたいものです。

どうぞ、皆様も元気で過ごせる一年となりますように。
コメント