せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

古代の地盤改良方法を拝見して、 考古学と建築まちのつながりを考える

2018年06月25日 | 日本民家再生協会

↑都築民家園(大塚・歳勝土遺跡公園)

日本民家再生協会のお仲間から、
とってもマイナーな見学会のお知らせを頂き、
週末、関心のあるメンバーと訪問しました。

建築と地面の関係、悠久の時を超えて、
その繋がりを実感した内容を綴ります。

1) 古代の地盤改良方法とは?

なんと、1300年前の地盤改良が観れるというのです!

実際の仕事でも、地盤改良の方法は悩ましく。
工法、予算、工期、安全面など。

実際のプロジェクトでも、まさに、検討中であったので
紹介してもらった時は、ヒントがあればなぁ。。。
といった、学びたい心も持ちつつ、

地面の中の、日本人の知恵と技を拝見できるとあって、
ちょっと興奮しました。

珍しい一般公開。
発掘現場にお邪魔できる機会など、そうそうないので
喜びました。

梅雨の雨空の中、前半の見学者だけでも60人を超えていて
関心の高さに驚きつつ。

学芸員さんの話に熱心に耳を傾けるみなさん。



場所は、川崎市。
現存はしてませんが、3重の塔があったとされる
官衙(かんが=役所)遺跡群。



塔の下の地盤改良は通常12M四方だそう。

それが、今回9M四方程度なので、本当に塔だったのか?
など議論も浮上しているとか。頭が痛いとオフレコ。

それでもどこか楽しそうな学芸員さんのお姿は
歴史を探ることの面白さを実感されているのだろうなと
お見受けしました。

古代の歴史は、堀起こすほどに新たな事実が出てくるのですね。
考古学と建築、しっかり繋がっているのですね。

この公開が終われば、埋め戻されてしまうので
本当に、観れるチェンスは一度きりなのにも驚きました。
ご苦労様という感じです。

実際の地盤改良方法はというと、
土を敷固めるという方法と
瓦を混ぜた土を入れるという方法でした。

弱い部分を賢固な土に置き換えるという
今でいう、置換法ですね。ここに原点があったのですね。

横線が入ってミルフィーユ状になっているのが
その証拠。



土を突き叩いて、薄くするという作業を重ねたもの。

出土した中に、入っていたという縄のような模様の
瓦も見せてもらい、

「砕石の代わりに埋めたのでしょうね。」
と学芸員さん。
この瓦で、建物建設の時代背景を探るのだとか。



瓦の再利用!エコだなぁ。。

周囲で数トンの瓦が出土されているらしく
近くに建物があった証拠でもあるそう。

その当時、瓦は貴重であったわけだから、
もしかしたら、地震で崩壊した瓦を用いた!?など
つい、熊本地震を経験した身としては、そんな関連性も考えてしまいます。
(←これは、私の勝手な推測なので、史実ではありません)

日本民家再生協会の講座でお世話になっている伝統工法を手がける大工さんが、
『大陸から入ってきた木組みが、地震国日本では、、日本独特のものに進化した。』
とおっしゃっていました。

地盤改良も、きっとそうではないでしょうか。
そうでなければ、このような面倒をやりませんよね。

世界の地盤改良というものも、
いずれは調べてみたいテーマです。

2) 過去を明らかにすればするほど、歴史は常に変わる!?

横浜市歴史博物館も、開放日に重なり
併設の古代遺跡群も合わせて、拝見しました。





考古学が専門の民家再生協会のメンバーから
掘っていけば、土の色が違うので、遺跡はわかると教えてもらました。

そういった中から、このような写真のものが出てくるのですね。



縄文式竪穴式住居の屋根が、
茅葺ではなく、土だった可能性大!

なぜなら、『土屋根の遺跡は見つかっているが、
茅葺は想像でしかなかった』という新事実も、
最近のニュース(2018年6月13日読売新聞文化面)
で知り、見解はどうなのか、聴いてみたかったので

「地面から屋根だけ生えているような住居が
時代にそぐわないなぁと、教科書を見て、子ども心に疑問に思っていたことが、
最近、謎が解けたよ〜」と話すと、

実際に縄文時代の茅葺の屋根組みは発見されていないそう。

建物の木組みまでは、
地面の穴や出土した木材などから解析できているそうなのです。

史実とされていことは、、、想像も含まれるのですね。
やはり、自分が「アレ?本当?」と思う気持ちは大事にしなくては
と、思ったものです。

そして、建築屋としては、ついつい上モノ重視。

日本民家再生協会に入っていなかったら、
土の下や古代の歴史は
知識として学んで終わりの人生だったかもしれません。

自分の仕事や、専門知識、見識を深めるチャンスを
仲間にもらったことに、感謝ですね。

日本民家再生協会なので、しっかり、民家も見学。
茅葺の屋根が、雨に濡れて、紫陽花によく合う風景です。
(記事トップの写真)

住まいの中に、七夕の竹竿が入る吹き抜け空間も素敵でした。



3) 遺跡と民家とその先にある私たちのまち・暮らし

次の日には、神奈川県建築士会の
子ども環境を考えるメンバーの活動報告会に出席。

熊本と行き来の生活を始めてからは、報告を聴くばかりです。

発表の中には、小学生の民家体験や、
地域の現存する蔵をまちづくりに活かす検討を中学生と行ったり、
遺跡がある地域を親子で探検したりなど、、、


↑2017年度活動報告表紙

民家、遺跡、×子どもというキーワードで2日間が繋がってことに
一人苦笑いです。

大磯にある日本最初の免震構造の建物紹介も、参加者からあり
あまり知られていない、地面と建物の関連知識も、また一つ、増えて。

こうしてみると自分のフィールドワークの範囲は
決して切れておらず、
すべてに繋がっていることが実感できたのも収穫でした。

先代の知恵と頑張りがあってこそ、今の技術が改良されて出来ている。
建築のものづくりは、後世に残るもの。

遺跡と民家と、その先に、今の私たちのまち・暮らしがあるのです。

探求しながら、学びながら、このブログのテーマでもある
生活者の視点も盛り込みながら、これからも、後々の人々の暮らしを考えて
建築を創っていきたいと改めて思います。

更新を、週1度にしてから、つい長文になってしまうブログです。
最後までお読みいただいている方には、感謝申し上げます。


余談です。

土日、仕事以外でも出かけるということは、
家族のお昼や夕食の仕込みをして、
早起きして掃除と洗濯物を早めに行って、、、と
慌ただしく、自分自身の休息にはならないのですが、

やはり学びの時間はどこかに設けていこう!
と、こうして充実した時間をいただいて改めて思うのでした。

報告会では「仕事や育児の合間に参加した」と途中で
慌ただしく帰る母業建築士のメンバーも、きっと同じ思いだったことでしょう。
お疲れ様、そして、ありがとう。
コメント

予定変更、それもまた福なり、民家再生協会の仲間と

2018年06月04日 | 日本民家再生協会


昨日は、民家の学校で、伝統的木組みの技を、
棟梁に習う講座の予定でした。

講座のサブリーダーとして、
木組み博物館へは2度足を運び、
棟梁のところには、打ち合わせを行い、
スタッフメンバーで積み上げてきた準備資料。

ところが、なんと、棟梁のインフルエンザにて
中止に!

受講生の皆さんには、申し訳ないことをしました。
必ず、再調整して実現したいと思いますので、
しばらくお待ちくださいね。

早朝より集まる予定をしていたスタッフは、
有志で、集合場所近くの高尾山へハイキングをすることに。

高尾山は久しぶり。
新緑が眩しくて、最高に気持ちよかったです。

鋭気を養いました!

実は、まだ完全に腰の痛みが治ったわけではなく
熊本では、整形外科より治療薬が出ており
横浜では、整骨院の先生にお世話になっているので

ハイキングは、チャレンジでした。
慎重に、山靴を履いて登りました。



案内役を買って出てくれた方は、山登りが趣味の方。

皆に気を配ってくださり、リフトも利用しての上り。
途中、やや痛みを感じながらも、姿勢を整えながら
山頂まで行けました。

帰りには、山小屋でのアルコールもあり、
ケーブルカーにて下山。

軟弱な山登りかもしれませんが、私にはちょうど良かったです。

神社では、皆で棟梁の回復と、民家再生協会の仲間の健康を祈りました。
599Mからの眺めも最高に良くて。



引いたおみくじも、大吉!!
引いたもうひと方も、大吉だったので、
引かなかったスタッフからは、
全部大吉かもよ〜と、からかわれながらも、



「病は長引くが全快します」に、ほくそ笑んでしまいました。

次の日の腰痛や筋肉痛を心配しましたが
問題なく、ほっ。

ご利益があったのだと確信しております、笑。

デスクワークや現場監理の合間の
束の間の自然満喫でした。

このような機会を与えてくださった今回の出来事と、
仲間に感謝して。
コメント

熊本地震から2年、感謝と学び

2018年04月16日 | 日本民家再生協会


今日は、平成28年熊本地震の本震が起きて丸2年です。

首都圏では、新聞やニュースで
ほとんど取り上げることもなくなっていた
2年前の熊本地震。
(新聞はどちらかというと東日本大震災の記事が多い)

それが、ここ数日は、連日報道が繰り返されています。

私の中では、長時間激しく続く揺れに、死を覚悟した恐怖と、
これからどうなってしまうのかと焦る気持ちと
自分にできることを冷静に考えようと務めたこと、

建築の無力さも目の当たりにしながら、
進行中の建築の現場をどう進めていくのか、思い悩んだことを
一足早く、振り返えるチャンスを、頂いていました。

先週の日曜日から始まった2018年度の「民家の学校」で
熊本地震に耐えた民家再生の事例の話をさせてもらったのです。
(写真はスタッフの方が撮ってくれました。ありがとうございます)



振り返り作業というのは時に辛く、
休みなしで作成した講座用パワーポイントの作業で
月曜日には体調もダウンしてしまいました。

ブログがお休みになってしまったのも
そんな訳です。

地震の時は、ちょうど、監理中の民家再生の現場があり
工事途中だったために被災し、
工務店さんは仕事柄、多くの現場やお客さんへの対応、
そして役所の仕事などにも追われ、へとへとになっておられたし
被災した職人さんは、車中泊中という方もおられました。

私の現地入りも、交通渋滞と現場近くの橋が1本落下、1本破断したため
遠回りして車で45分の距離が2時間以上もかかってしまったり
トイレ休憩する場所がなく困ったことなど、妙なことまで
当時の困難さが、まざまざと目に浮かびます。

それでも、
また頑張ろうと思えたのは

淡々と施工してくださった職人さん
前向きなクライアントさん、
アドバイスくださる設計の先輩方

いろいろな人の存在のおかげです。

自分のできる目の前のことには
しっかり取り組もうと、思えたのでした。

本当に、大感謝!!!
が浮かんできます。

パワーポイントで説明用の被災した様子の
工事写真を選定するときには、ちょっと目も潤みました。

建物にも、よく踏ん張った!!えらい!
と現地で声をかけたことも思い出します。

余震で揺れるので、身の危険を感じ、その後職人さんには
余震が治まるまで、工事を一時ストップしてもらったり。

余震が少しおさまった頃に、床下に潜った時は、
今、余震来ないでね〜と心で唱えてましたっけ。

最初、民家の学校で、再生事例を話して欲しいというオファーが
あった時には、一瞬躊躇しました。

それでも、地震を経験した建物を再び修復して、
学んだことを
一人でも多くの方に伝え、
そして、
一つでも多くの先代の知恵を技が詰まった
伝統的な民家を残せるようとする活動の場なのだからと
思い直し、張り切らせていただきました。

心がけたのは、深刻な話だけに、
聞き手が暗い気持ちにならないこと。

前向きな気持ちで、そんな困難も乗り越えられる!
という勇気を、皆さんに持って帰ってもらえたらと、
明るく笑いも含めたトークにしようと誓ったことです。


会場のみなさんのおかげで、私も笑顔に。、、、

想いや持論の展開はなるべく控え、
実際に起こったことを伝える、事実を知ってもらう
ということにも努めました。

共に学ぶ、共に分かち合う
体験型の民家の学校です。

一人ひとりが
事例から何を学び、何を今後活かすのか、、、
それはお任せしようと思いました。

民家再生の肝については、さわりの部分はお配りしたので、
私の細かい持論は、HPに追記としてアップしておきます。
http://www.mk-ds.jp/news/2018/04/20184-1.html

実際は、未だに、熊本の新聞では、ほぼ毎日が復興ニュース。
小さな余震も時々あります。

関東圏との情報ギャップをひしひしと感じながら、
人間というものは体験していないこと、
自分と関連がないことには関心も行かず、
考えもなかなかしなくなるものかもしれない、
注意しておきたいと、自戒も含めて、思います。

東日本大震災後に、熊本に帰省した折には、
周りの方々が、地震や津波がそれまで他人事だったこと
(学校に防災頭巾もなかった、横浜では保育園から使っていたなどの違いも)

熊本から横浜に戻れば、
熊本地震はもう復興が終わったかのような扱いに
(熊本の取り組みがメディアで取り上げられた分、
復興住宅は進んでいるとの誤解もあり)

情報に振り回されない、自分自身を保つことも
情報だけが実態ではないことも、私は二つの地震で学びました。

そして、心から心配し、
支援してくださる方が多くおられることへの感謝も
深く心に刻まれました。

まだまだ、熊本は頑張っています。

瓦礫の片付けから、荷物や心の整理まで
肉体的にも精神的にも
時には、疲弊しながらも
それでも明るく笑顔の皆さんに私自身も救われています。
ありがとうございます。

追伸:
2年前、子どもの大好きなアニメの映画が地震でみれませんでした。
映画館の封鎖によって。連れて行ってあげることが出来なくなりました。

春、同じ時期にシリーズが上映される映画を、今年はオンタイムで
鑑賞しました。映画を見ることができる幸せを噛みしめました。

毎年、子どもも、映画を観ると、
あの時の地震の記憶とがリンクすることだろうと思います。
(こわかったよね〜) 親子で、いつまで鑑賞できる幸せを忘れずに、
そして、これから大地震が来ても乗り越える勇気と行動力を持とうね!
コメント

民家から見えてくる世界

2017年12月04日 | 日本民家再生協会

昨日は、日本民家再生協会主催の「民家の学校」修了式でした。


↑会場は、フランクロイドライト設計の明日館、夜景外観


↑中のホールで修了証授与式


border="0">

4月に開講して早8ヶ月。

民家宿泊や伐採体験、里山や畑の手入れなど、
体験型の学びのプログラムはどれも楽しく新鮮でした。


体調の関係で、2講座は伺えず、心残りの部分もありましたが
志同じくする仲間と学べたことは、宝物のようなひと時でした。

参加者は、民家の持ち主(ご自宅や先代が残したもの)の立場での参加
建築専門家としての参加、
そして社会勉強として民家に興味がある方の参加と多岐にわたり、
民家を通してみる社会や風土についても
視点がそれぞれで、非常に濃厚な学びとなりました。

最後には、まとめとして
「民家の持つ魅力、その力には、人を集める、つなげる力がある」
と語る方。

「民家の中には、忘れられた丁寧な暮らしがあり、人間らしさを感じる」
など、空間体験による実感を皆で語り合いました。

私の中では、現代の生活の中で、昔ながらの
そのまま民家の暮らしを丸ごと取り入れるのは
時代性にそぐわない部分もあり、

そこをどう快適にしながら、
良き部分をどう引き継ぐのか、
設計者としての苦悩や葛藤を、
同じ設計や施工の仲間と分かち合えたかなと思います。

持ち主の立場として、これからどう活かしていくのか、
「学校で学んだからといって、答えを得られる訳ではないんだよね」
とおっしゃる方も多く、

「答えがないんだよね〜」

という結論でした。

そう、使い手も作り手も葛藤しながら
自分だけの答えを自分自身で出さないとならないのですね。

むしろ、民家再生とは、答え探しよりも、
感じて、考えて方向性を見出して、やってみて
という流れなのかもしれません。

民家や暮らしを通じて、社会問題や環境問題も見えてきます。
↓天竜の山にて新月伐採を学ぶ


今回、林業体験もできたことで、
木材の手間の割には安値に皆驚きもし、
川下と川上のつながりの重要性が、受講生には響いた様子を見て

私の森と樹と暮らしを繋ぐ活動にも直結したことが、
意外な展開で、収穫でした。

日本の木を使う、生かす活動から
民家再生に関わるようになった私ですが

逆に民家から派生して仲間の中には、
林業を生業としてみたいという方が
出てこられました。そういった流れも、
民家の社会的つながりの広さであると噛みしめました。

新月伐採がどれだけ、木にとって良いのか、のレクチャーも、
私の旧暦を取り入れた生活のリズムの効果を、さらに納得させてくれる
ものでした。

いろいろなものがどんどんつながっていき、
私自身、へぇ〜、そうなんだ。
と、自分自身を確認する学びの場でもありました。

よく周りから、「活動範囲が広いですね」と言われます。

本人は「日本の木」を通じた活動として
ぶれているつもりはないし、
手広くやっているつもりはないのですけれど、

こうして「民家」を通じて見えてくる世界に
私は、遠巻きにしながらも、様々な形で
関わっていた事に気がついたのでした。

いや、むしろその先に民家があるのかもしれない。

鶏と卵ですね、笑。

「これからの生き方を考えさせられた」

受講生の中で、そう感想を述べる方も多く、

ノスタルジーでは語りきれない、
暮らしのある民家、
そして、その先には経済、環境、生き方
さまざまな世界観があることを今回は知ることとなりました。

来年度は、一スタッフとして
お手伝いを出来る範囲で関わらせていただく予定です。

新校長も決まり、テーマが発表されました。
速報としてHPにアップしました。
http://www.mk-ds.jp/news/2017/12/2018419.html

詳しくは、来年初めには、日本民家再生協会のHPに掲載される予定です。
ぜひ、多くの方に学んでいただきたいですね。
コメント

民家再生の仲間がいる心強さ

2017年08月31日 | 日本民家再生協会

↑写真は次回の民家誌のへ検討原稿

昨晩は、日本民家再生協会の技術部会でした。
今回は、横浜在住中にタイミングが合い、参加できました。
夕方から夜にかけて3時間以上の勉強会です。

実務レベルから思想、哲学、建築の話など多岐に渡り
協会のメンバーの懐の深さに感服しつつ
学びの多い場となりました。

「民家」誌に連載中の再生技術の原稿を皆でチェックしながら
更に、揚家、曳家、現地再生
の施工写真をみて、大盛り上がりに。

なかなか、他の現場の様子に触れるチャンスがないので
来れてよかった!

動画で曳家の瞬間が再生されると、「おぉ===」と声も漏れるほど。
現地の職人さん、技術の伝承など、これまた感服。

とてもコアな仲間との時間の共有ですが、
私にとっては至福の時間となりました。

メンバーの中に、本当によくコツコツと
粘り強く現場監理をされている方がいて

「あ〜、この苦労は、私だけじゃなかった。」
と感じると同時に、また頑張ろうと勇気ももらいました。

見えない部分にも想像力を巡らし
チャレンジすることは、新築に比べたら
そのエネルギーは、倍近くかかるのではないでしょうか。

それでも、伝統的建物を生かし、生活の場として再生し
暮らしを豊かにしていく仕事としての自負心で
いっぱいになる民家再生の現場。

大変さと面白さは隣り合わせですよね。

設計稼業も現場監理も、経営と同じで時に孤独になりがち。
時にこうして、志を同じくする仲間と会うことが、

刺激にもなり
学びにもなり、
心の拠り所になる

と感じた夜でした。

普段朝方の私が、0時を過ぎての帰宅。
子どもの朝の弁当を作るのに早起きするのが辛い 
次の日となりましたが、今日も頑張れているのも
面白い仕事があるから。

明日から、9月。
夏の疲れを残さずに、、、
秋も張り切って参りましょう。
コメント