せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

民家再生の仲間がいる心強さ

2017年08月31日 | 日本民家再生協会

↑写真は次回の民家誌のへ検討原稿

昨晩は、日本民家再生協会の技術部会でした。
今回は、横浜在住中にタイミングが合い、参加できました。
夕方から夜にかけて3時間以上の勉強会です。

実務レベルから思想、哲学、建築の話など多岐に渡り
協会のメンバーの懐の深さに感服しつつ
学びの多い場となりました。

「民家」誌に連載中の再生技術の原稿を皆でチェックしながら
更に、揚家、曳家、現地再生
の施工写真をみて、大盛り上がりに。

なかなか、他の現場の様子に触れるチャンスがないので
来れてよかった!

動画で曳家の瞬間が再生されると、「おぉ===」と声も漏れるほど。
現地の職人さん、技術の伝承など、これまた感服。

とてもコアな仲間との時間の共有ですが、
私にとっては至福の時間となりました。

メンバーの中に、本当によくコツコツと
粘り強く現場監理をされている方がいて

「あ〜、この苦労は、私だけじゃなかった。」
と感じると同時に、また頑張ろうと勇気ももらいました。

見えない部分にも想像力を巡らし
チャレンジすることは、新築に比べたら
そのエネルギーは、倍近くかかるのではないでしょうか。

それでも、伝統的建物を生かし、生活の場として再生し
暮らしを豊かにしていく仕事としての自負心で
いっぱいになる民家再生の現場。

大変さと面白さは隣り合わせですよね。

設計稼業も現場監理も、経営と同じで時に孤独になりがち。
時にこうして、志を同じくする仲間と会うことが、

刺激にもなり
学びにもなり、
心の拠り所になる

と感じた夜でした。

普段朝方の私が、0時を過ぎての帰宅。
子どもの朝の弁当を作るのに早起きするのが辛い 
次の日となりましたが、今日も頑張れているのも
面白い仕事があるから。

明日から、9月。
夏の疲れを残さずに、、、
秋も張り切って参りましょう。
コメント

カラーバリアフリーを学ぶ「多様性のある多様な社会を生かす」

2017年08月30日 | まちづくり


昨日は、バリアフリーアドバイザーの研修として
「カラーバリアフリー研修会」が開催され、参加してきました。

(H28年の障害者施設の事件後にできた
「ともに生きる社会、かながわ憲章」のチラシも配布されました)

これまで神奈川県のバリアフリーアドバイザーとして、
施設のバリアフリー化を進める提案を数施設で行ってきました。

色に関しては、具体的には、県の「サインマニュアル」があり、
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/42143.pdf
これをベースにチェックすれば良いのですが、

実際、色弱の方はどのように見えているのかなどは、
感覚として分かりにくく
一度、ちゃんと学ぼうと思っていたので、良い機会でした。

講師の方、会場運営の県の方々には感謝です。

昨日の研修では、
1)当事者の方の実際の色の見え方の説明。
2)当事者に色選びしてもらっている動画。
3)なぜ、見えにくさが起こるのかの医学的根拠から、理論まで。

教えていただきました。
その中で、印象に残ったことを記録してきます。

Point-1
『色に絶対ではないということ』 
(「色とは、感覚である」の説明を受けて)

動物によっても見え方が違うというのは常識になってきましたが、
人間が3色型であるのに対し、鳥は4色型、魚は多色型と
我々より、より色を見分けているようです。

Point-2
『いつ、自分が周りが当事者になるかもしれない』

色弱になるのは、遺伝的なものもあるが、
視力に問題があったり、網膜の病気にかかるとなる。
糖尿病など。。。だそうです。

日本人の男性20人に一人。
世界では2億人、AB型の血液男性人口に等しいそう。

この説明を受けると、
珍しいようで、身近なことなのだと分かってきますね。

Point-3
『カラー化がもたらした弊害がある世の中』

印刷技術の発展とともに、サイン、紙面、書籍など
印刷物のカラー化が進み、実はそのことで混乱を増やしているようです。

学校の教科書、赤線が読めない方は、
漢字の書き順が赤でかかれていて分からないし、
色分けしたものを数えなさいの算数の問題では、数えられない。

折れ線グラフも、色分けだと読み分け出来ないなど。

モノクロ印刷であれば、配慮されていた線種も、
今は色分けされており、逆に区別がつきにくくなっているとのことでした。

当事務所のロゴも、白黒でよかった!
以前は、事務所テーマカラーなどというものも考えたのですが、
候補色は、色弱の方には見分けにくい色だったのが、今回分かり、
やめておいてよかった、と、妙なところで、ほっ。

さらに、帰宅後、子どもの教科書を見たら、赤文字だらけ。

赤は見えない人もいるので、
教科書の大事な部分は、文字サイズアップやアンダーラインが有効だそう。

今では、CUD(カラーユニバーサルデザインの略称)
のマークをつけた教科書もあるそうなのですが、
我が子の学校では、全員には採用されていないようで、やや残念。

というのも、弱者に対する配慮は、
一般の方にも分かりやすくする点で有効だからです。

最後に、今回の学びの最大のPointは、

−1)『伝えやすくする』ことは、『世の中の暮らしを楽しくする』

です。まちづくりも、建築の施設も。

分かりにくさ、使いにくさは、やはり、なくしていきたいものです。

私はまちを歩いていて、不連続なカラー配置をみると
「色の洪水に溺れそう」と常に思ってしまうのですが、
サイン、チラシ、服装、グッズ、食品パッケージ、建築内装、
もう、ゴチャゴチャですよね。

色のない世界は、味気ないのかもしれません。
しかし、人のものづくりは進化しているようで、
複雑化が招く、後退部分もあるのかもしれません。

「私の時は教科書がモノクロで問題はなかったのですけどね」と
当事者でもある講師から漏れた一言が、物語っています。

建築のものづくりだけではなく
事務所の、パンフや、Webサイト、図面の表現などにも
分かりにくさのないように、
意識して色を用いたいと改めて考えさせられました。

これからも、学び続ける建築士でありたいと思います。

そして、

−2)『多様な社会で、多様性を認めながら、多様性を生かす』

バリアフリーアドバイザーとしては、この視点をしっかり持って
取り組んでいきたいと気持ちを引き締めました。

研修開催を、ありがとうございました!!

<補足>
講師の方の所属する
NPO法人「カラーバリアフリー機構」はこちら
気になる方は、チェックしてみてくださいね。
http://www.cudo.jp/
コメント

残暑お見舞い申し上げます。熊本復興の今

2017年08月28日 | 熊本便り


残暑お見舞い申し上げます。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。
そろそろ夏の疲れも出てくる頃かと思います。

週末、横浜に戻りました。

熊本で36度越えの猛暑から、
横浜へ移動後も暑さが一緒に北上したかのような
関東の暑さです。

一時期、関東では日照がなかったそうなのに、こちらは今、夏日です。
(熊本ではひぐらしの声が、横浜ではまだ蝉の声もちらほら聞こえてきます)

ブログのカテゴリーが「熊本便り」なのは、
熊本復興の今を、お伝えしつつ、
皆様へのお得な情報を提供しようと思ったからです。

当事務所のHPに熊本復興基金の住まい建築への補助制度をまとめました。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.mk-ds.jp/news/2017/08/2017-9.html

復興基金の分配が決まった今春。実際の実行はこの夏と言ったところでしょうか。
街を歩けば、ほぼ復興したかのような様子。

一方で、御船町や山都町への通行止の道はまだあり。
あちらこちらで、道路工事も行われているため、かなり渋滞するようになった熊本。

もちろん、地震直後に比べたらスムースですが、救援部隊の車両がなくとも
渋滞するのは、観光バスの増加もあるようです。

復興で観光者も増えるのは嬉しいことなのですが、
県民にとっては日常生活や通勤通学に支障をきたし、複雑な心境です。
熊本城が復旧したら、ひとつまた渋滞問題が浮上しそうです。

9月に入れば、また、熊本に参ります。

それまで、横浜での仕事、学生さんのインターンシップ受入れ、
PTA当番、子どもの行事参加など、行って参ります。

* * * * *

本日は旧暦で7月7日。まだまだ夏。
今年は、5月に閏月が入ったため、夏が長引くと思われます。

バテないように、規則正しい生活と
ビタミン、ミネラルの補給で、乗り切りましょう!

コメント

今年の夏は竹づくし!?

2017年08月21日 | ものづくり



先日まで、お盆休みという方もおられたと思います。
みなさまは、どんなお休みを過ごされたでしょうか。

休みもやっぱり、「日本の木」づくし!?な私です。
正確には、木ではなく、竹ですが、、、。

大分の別府にて、「竹細工」を満喫してきました。

泊まったホテルの内装は、竹の手づくりパーティションに
竹の新しい使い方をした内装。廊下の床は畳と、
壁紙を除けば、本物づくし。



「あんたの好みでしょ。」と宣う母。

ガンの身体もなんのその。
旅行の企画者は、母という楽しい大家族の旅でした。

個人的には、仕事の休みはあまりとらない方で
基本的には、プロジェクトが完成するまでは
精神的にゆっくりできないタイプ。

それでも、一泊二日ならまぁ良いかと、
親戚付き合いの参加を決めた私。

孫や子どもたちと別府温泉にいきたいという
健康が回復した母の願いだったからです。

観光地や子ども向けの場所ばかりでは、大人は少々退屈。

もちろん、楽しいのですけれど、
大好きな(?)建築の仕事を休んでまで行きたいかというと、、、
正直、そうでもなく

タクシーの運転手さんに密かに教えてもらったスポットを
「外ばかりでは暑いから、室内で過ごそう!」と家族を誘導?!

「竹細工伝統産業会館」へ

日用品から芸術作品までたっぷりと鑑賞。



日本人の器用さ、根気強さを垣間見、
その手仕事の技に感動を覚えたのでした。
ものづくりの学びもあり、良い旅となりました。

お土産に、私は竹の箸置き、母は風鈴を購入。
ささやかですが、お買い物も楽しく。

もちろん、温泉県ならではの「地獄めぐり」もしてきました。
ちょうど先週の日経新聞の土曜日版一面を飾っていましたね。





地獄温泉鑑賞は、自然の名勝に、この美しさに
建築は敵わないなぁ。。。と改めて思う次第でした。

母を想っての参加が、、、逆に私好みのツアーとなり、
母への感謝、親戚への感謝と、自然への感謝にあふれた夏です。



母子3代の旅も良いものです。
コメント

現場と一丸になって、暑さも吹き飛ばそう!

2017年08月18日 | A06設計監理_熊本県M邸古民家再生


熊本の古民家再生の現場が、着々と進んでいます。

ベテラン大工さんに加えて、
この夏、若手の大工さんも入ってくださり
心強い限りです。

お盆休み前の現場定例では、
台風対策などもお願いしてきました。


実際、休み中に、豪雨や雷雨があり、ヒヤヒヤでした。
監督さんにお盆休み中に連絡するのは、さすがに心苦しく。。。

祈るばかりの気持ちで、お盆開けて、昨日現場へ。
実際、現地の雨漏れなどなく、ほっ。

心材の柱にはちゃんと養生もできておりました。


それもそのはず、大工さんは9月に休みを取られるそうで
お盆中は、作業してくださっていたとのこと。

こちらとしては、雨対策をしていただき、
本当に助かりました。

久しぶりにお会いした監督さんとは、
追い込みの仕上げの打合せ、建具の打合せなど
お互い、汗ぐっしょりになりながらの(笑)、打合せ。

蚊にも刺されながらも、(虫よけしてても!)
現場の職人さんに比べたら
楽勝と、我慢。

まだまだ、課題も多くありますが、
監理者としては、一つづつ納めを考えていくしかないです。

細かいことも一緒に検討くださる監督さん、
材料やさん、職人さんの皆様の協力あってのこと。

地震後、もううんざりするほど!?
見積もり依頼や、仕事の相談がある施工の皆様方。

それでも、資材高騰などで、
利益幅が増えているわけではなく

業界の苦労話も伺いながら、、、

心の中では、苦しいけど、息長く、良い仕事しようね!

と、エールを送りながら、(自分自身にも)

また、来週の定例打合せの約束をして
現場を後にしました。

関東の日照不足の皆さんには申し訳ないほどの良い天気の熊本。

今日は、くまもと型復興住宅のメンバーと
現地調査をはしごしての現場。

日照時間は足りすぎでしょうか、笑。



帰りには、入道雲に夕焼けが当たるという
幻想的な空を眺めて

天に「お疲れ様〜」と言ってもらえているようで
疲れも吹き飛びました。

残暑厳しい折、皆様ご自愛くださいね!
コメント