せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

古代の地盤改良方法を拝見して、 考古学と建築まちのつながりを考える

2018年06月25日 | 日本民家再生協会

↑都築民家園(大塚・歳勝土遺跡公園)

日本民家再生協会のお仲間から、
とってもマイナーな見学会のお知らせを頂き、
週末、関心のあるメンバーと訪問しました。

建築と地面の関係、悠久の時を超えて、
その繋がりを実感した内容を綴ります。

1) 古代の地盤改良方法とは?

なんと、1300年前の地盤改良が観れるというのです!

実際の仕事でも、地盤改良の方法は悩ましく。
工法、予算、工期、安全面など。

実際のプロジェクトでも、まさに、検討中であったので
紹介してもらった時は、ヒントがあればなぁ。。。
といった、学びたい心も持ちつつ、

地面の中の、日本人の知恵と技を拝見できるとあって、
ちょっと興奮しました。

珍しい一般公開。
発掘現場にお邪魔できる機会など、そうそうないので
喜びました。

梅雨の雨空の中、前半の見学者だけでも60人を超えていて
関心の高さに驚きつつ。

学芸員さんの話に熱心に耳を傾けるみなさん。



場所は、川崎市。
現存はしてませんが、3重の塔があったとされる
官衙(かんが=役所)遺跡群。



塔の下の地盤改良は通常12M四方だそう。

それが、今回9M四方程度なので、本当に塔だったのか?
など議論も浮上しているとか。頭が痛いとオフレコ。

それでもどこか楽しそうな学芸員さんのお姿は
歴史を探ることの面白さを実感されているのだろうなと
お見受けしました。

古代の歴史は、堀起こすほどに新たな事実が出てくるのですね。
考古学と建築、しっかり繋がっているのですね。

この公開が終われば、埋め戻されてしまうので
本当に、観れるチェンスは一度きりなのにも驚きました。
ご苦労様という感じです。

実際の地盤改良方法はというと、
土を敷固めるという方法と
瓦を混ぜた土を入れるという方法でした。

弱い部分を賢固な土に置き換えるという
今でいう、置換法ですね。ここに原点があったのですね。

横線が入ってミルフィーユ状になっているのが
その証拠。



土を突き叩いて、薄くするという作業を重ねたもの。

出土した中に、入っていたという縄のような模様の
瓦も見せてもらい、

「砕石の代わりに埋めたのでしょうね。」
と学芸員さん。
この瓦で、建物建設の時代背景を探るのだとか。



瓦の再利用!エコだなぁ。。

周囲で数トンの瓦が出土されているらしく
近くに建物があった証拠でもあるそう。

その当時、瓦は貴重であったわけだから、
もしかしたら、地震で崩壊した瓦を用いた!?など
つい、熊本地震を経験した身としては、そんな関連性も考えてしまいます。
(←これは、私の勝手な推測なので、史実ではありません)

日本民家再生協会の講座でお世話になっている伝統工法を手がける大工さんが、
『大陸から入ってきた木組みが、地震国日本では、、日本独特のものに進化した。』
とおっしゃっていました。

地盤改良も、きっとそうではないでしょうか。
そうでなければ、このような面倒をやりませんよね。

世界の地盤改良というものも、
いずれは調べてみたいテーマです。

2) 過去を明らかにすればするほど、歴史は常に変わる!?

横浜市歴史博物館も、開放日に重なり
併設の古代遺跡群も合わせて、拝見しました。





考古学が専門の民家再生協会のメンバーから
掘っていけば、土の色が違うので、遺跡はわかると教えてもらました。

そういった中から、このような写真のものが出てくるのですね。



縄文式竪穴式住居の屋根が、
茅葺ではなく、土だった可能性大!

なぜなら、『土屋根の遺跡は見つかっているが、
茅葺は想像でしかなかった』という新事実も、
最近のニュース(2018年6月13日読売新聞文化面)
で知り、見解はどうなのか、聴いてみたかったので

「地面から屋根だけ生えているような住居が
時代にそぐわないなぁと、教科書を見て、子ども心に疑問に思っていたことが、
最近、謎が解けたよ〜」と話すと、

実際に縄文時代の茅葺の屋根組みは発見されていないそう。

建物の木組みまでは、
地面の穴や出土した木材などから解析できているそうなのです。

史実とされていことは、、、想像も含まれるのですね。
やはり、自分が「アレ?本当?」と思う気持ちは大事にしなくては
と、思ったものです。

そして、建築屋としては、ついつい上モノ重視。

日本民家再生協会に入っていなかったら、
土の下や古代の歴史は
知識として学んで終わりの人生だったかもしれません。

自分の仕事や、専門知識、見識を深めるチャンスを
仲間にもらったことに、感謝ですね。

日本民家再生協会なので、しっかり、民家も見学。
茅葺の屋根が、雨に濡れて、紫陽花によく合う風景です。
(記事トップの写真)

住まいの中に、七夕の竹竿が入る吹き抜け空間も素敵でした。



3) 遺跡と民家とその先にある私たちのまち・暮らし

次の日には、神奈川県建築士会の
子ども環境を考えるメンバーの活動報告会に出席。

熊本と行き来の生活を始めてからは、報告を聴くばかりです。

発表の中には、小学生の民家体験や、
地域の現存する蔵をまちづくりに活かす検討を中学生と行ったり、
遺跡がある地域を親子で探検したりなど、、、


↑2017年度活動報告表紙

民家、遺跡、×子どもというキーワードで2日間が繋がってことに
一人苦笑いです。

大磯にある日本最初の免震構造の建物紹介も、参加者からあり
あまり知られていない、地面と建物の関連知識も、また一つ、増えて。

こうしてみると自分のフィールドワークの範囲は
決して切れておらず、
すべてに繋がっていることが実感できたのも収穫でした。

先代の知恵と頑張りがあってこそ、今の技術が改良されて出来ている。
建築のものづくりは、後世に残るもの。

遺跡と民家と、その先に、今の私たちのまち・暮らしがあるのです。

探求しながら、学びながら、このブログのテーマでもある
生活者の視点も盛り込みながら、これからも、後々の人々の暮らしを考えて
建築を創っていきたいと改めて思います。

更新を、週1度にしてから、つい長文になってしまうブログです。
最後までお読みいただいている方には、感謝申し上げます。


余談です。

土日、仕事以外でも出かけるということは、
家族のお昼や夕食の仕込みをして、
早起きして掃除と洗濯物を早めに行って、、、と
慌ただしく、自分自身の休息にはならないのですが、

やはり学びの時間はどこかに設けていこう!
と、こうして充実した時間をいただいて改めて思うのでした。

報告会では「仕事や育児の合間に参加した」と途中で
慌ただしく帰る母業建築士のメンバーも、きっと同じ思いだったことでしょう。
お疲れ様、そして、ありがとう。
コメント

森に入って、癒されつつ、憂う。

2018年06月18日 | 森と樹と暮らしを繋ぐプロジェクト

↑写真は道志川源流


今朝、大阪で震度6弱の地震が発生しましたね。
地震に遭われた方には、お見舞い申し上げます。

朝7時のニュースでは、特に報道がなく、
出かけた新横浜駅で、新幹線が止まっている様子で知りました。

駅に溢れる人を見て、阪神淡路の時を思い出し、ドキリ。
あの時も早朝、新幹線が止まりました。

大阪の友人に連絡すると、とりあえず、無事でほっ。

友人によれば、高速道路の通行止めなどで、仕事にならないとのこと。
余震に十分注意して欲しいと思います。

地震といえば、まずは水の確保ですね。

普段、自分自身が飲んでいる水がどこから来ているのか。。。
皆さんは、知っていますか?

幼少期から熊本の地下水に慣れ親しんだ身にとっては
どこへ引っ越しても水が美味しいと感じたことはないのです。

横浜の水は美味しい方だと、越して来た時には、言われました。
ずっと、ピンと来ず。

今回、横浜の水源の一部に伺うことができ、納得しました。
山梨県道志村の約3割の面積の森林を横浜市が所有しているとのことでした。



道志村といえば、東京近郊の釣り場。
キャンプで来たこともあります。

川の水は澄んでおり、環境もとても良いところです。

週末に参加した、横浜市の水道局主催の水源間伐体験ツアーは
実に2倍の申し込みだったとか
今回、当選して良い体験ができました。



日本の木を設計に使うからには、山の事情をとにかく知りたくて
機会があれば、山に入っています。

身体を使った労働もなんのその〜。
(ただし、腰痛の治療は続いているので、ほどほどにさせていただきました)

横浜市が日本初の近代的な水道管を作った経緯など
歴史も学びつつ、

道志村の水は、横浜港から赤道を渡っても
腐らないと世界で評判になった時代があったとか。

水源涵養保安林としての
天然林の持つ、水のろ過の役割、の実験説明から



ボランティアで、行政が手入れできない民間の植林地を間伐して
天然林に戻すための活動が、15年続いていることなど。

知っているようで、知らなかっこともあり
市民としても勉強になりました。

また、横浜市民だけではなく、ボランティアには川崎や逗子からも参加されていて
皆さんの意識の高さにも驚きました。

バスでお隣になった方は、
ダムなど水源地めぐりもすでになさっていて、

私も、きちんと一度全部行ってみたいと、思い始め
水道局の水源通行手形の誘導に、すっかり、はまっています、笑。



植林した木を伐採し間伐することが、森林を活性化し、
水を守っていくことというのは
理屈ではみなさんご存知かと思います。

それでも、体験してみると、気が遠くなる作業です。
8人グループで2時間で1本の伐採でした。

班によっては3本ということもありましたが、
プロではないので、チェーンソーではなく、ノコでの作業。

枝打ち、玉切りも体験し、
安全確認しながら、交代しながら、それでも息が上がります。

伐採後、少しは、陽が入ったものの。。。
まだまだ山は暗いです。



そして、悲しいかな、立派に50年生きたスギヒノキでしたが、
伐っても、捨て置かれます。

運び出すことができないのです。
制度上、民間地による区域の問題など。。。

工作教室やチップの材料などには一部加工されているようですが
お金にはなりません!

活動資金運営資金くらいには、
せめてならないものかとボランティアの方も
一部疑問の声は伺いました。

私としては、やはり木の命はつなぎたいし、、活かしたい。

毎回、山に入ると、感じるこのモヤモヤ感。

気持ち良い清々しい森林での癒しと共に
虚しさも覚えます。

ご先祖は、土に返すために植林したのではなかったはず。

山の神様に、一礼して、木の命を伐らしていただくのであれば
本来はその命を全うさせるべきなのではないのか。。。。

もちろん、間伐後に残った木が大きく育ち、
主伐され建材になれば良いのですが、
残念ながら、、、その可能性はとても低いのです。

すでに荒廃した山では、健全に育つ可能性が低いからです。

皮むき間伐で、間伐した木を生かす活動をしている仲間がいます。
その方法も一つの手段です。

山の課題は、場所場所により、未だ正解のない世界。

常に山に想いを馳せながら、、、
木を使うことを諦めないで取り組んでいこう!

と帰りのバスで、今では、開港時100戸ほどの横浜村から
人口が370万人膨らんだ横浜に戻ってきて、心に誓うのでした。

皆様も是非、機会がありましたら、植林と天然林の違いのわかる
山に足を運んでみてくださいね。
コメント

木の空間の良さを伝えたい!内装木質化の表現の難しさ

2018年06月11日 | 森と樹と暮らしを繋ぐプロジェクト

写真は、熊本の梅雨入り時の紫陽花


本日は、雑節で、「入梅」。
これは、天体の運行で決まるようですね。

梅雨入りが例年より早いとの今年の気象台発表。

九州では、5月に、
関東でも先週から、梅雨入りだそう。

今日の横浜で本格的に一日中降る雨により
入梅を実感しています。

梅雨時期こそ、無垢の木の空間の良さを実感できることはありません。

木の吸放湿効果で、洗濯物を室内に干しても、
ジメジメ感が少ないのです。

今日は、内部に木を使うことを進めるにあたっての
設計者としての、ちょっとした苦労話を綴ります。



内部に節のある木を使うと、建築写真では節がとても目立ってしまう。
色を塗らないと、木肌の部分と節の部分で、光の反射が違うからだろう。

節の色との差、コントラストが強すぎるのも、その原因ではないかと思う。

建築家は節を嫌う。節の少ない外材が大好きである。
一般ユーザー以上かもしれない。

そんなに節って、嫌われものなのか〜と、
節のある日本の木を採用する、やや異端児の私としては
疑問にも思っていたのだが、

嫌われる原因は、
つまり写真映えしないから、ではないかと疑っている。
今風に言えば、インスタ映えしないのである。

建築写真で、仕事を取っていると言っても過言ではない
建築家の世界で
見た目は、とっても大事なのだ。

お客さんも「節がない方がいいのではないか?」と
サンプルの写真を見ると、おっしゃってくる。

ところが、節のある床を体験してもらい
実際にあなたが立っている床にもありますよ。気になりましたか?

と尋ねると、気にしてなかった。
覚えていないという答えも帰ってくる。

実際は、それほど気にはならないのだ。

写真の見た目で節が嫌われるのは
なんとなく、
和風になるから、ダサくなるから、と先入観も多い。

実際に、私も、工務店さんの施工事例などで、
節が際立った写真を見たりすると、
う〜む。もう少し、バランス良く木が使えないのかなぁ。
と、思うこともしばしばだった。(過去形)

現実の空間に入れば、それほど気にならなくなるのですけどね。
(木の配置のバランスはもちろんありますよ〜)

建築写真家さんに、空間を全部木にすると、
写真が撮りにくい
出来上がりとして、写真が映えないと言われたことがある。

写真の為に空間を創っているのではないが、
やはりバランスは大事だと、
木ばかりの空間には、しないようにしている。

そして厄介なことが、
写真だけではなく、木の内装のパースも、質感が出しにくい。

節のない、つるっとした化粧プリントの木ではなく
実際のざっくりとした感じや、温かみ、木目の個性などは
とても表現しにくいから、苦労する。

図面もパースも、イメージを共有するためのものであるから
かっこいいとか、綺麗とかでは済まされない、木の世界観を、
どう表現したらいいのか。

木目をデータで取り込み、貼り付けた方が良いか、
などなど、テクニックはあるのかもしれないが。

今回、色鉛筆で手書きの内観パースもどきを描いてみた。



杉の赤みがかった色合いをオレンジで塗ってみたものの・・・
う〜む。我ながら、何とも言えず、微妙。

さてはて、どう評価していただけるかは、
まぁ、お楽しみとにしておこう。

木の良さを伝えるのに、写真も、絵も難しいとなると、

その良さを知ってもらいたければ、やっぱり触って、
匂いを嗅いで、木の存在感を、五感で感じてもらうしかない!

と、改めて思うのでした。

そうそう、木材アドバイザーの資格証が届きました。



知識と実践で、日本の木の活用と山の保全を目指します。

表現はまだまだですが、(笑)
山の恵み、おいしい水が守れますように。。。。
コメント

予定変更、それもまた福なり、民家再生協会の仲間と

2018年06月04日 | 日本民家再生協会


昨日は、民家の学校で、伝統的木組みの技を、
棟梁に習う講座の予定でした。

講座のサブリーダーとして、
木組み博物館へは2度足を運び、
棟梁のところには、打ち合わせを行い、
スタッフメンバーで積み上げてきた準備資料。

ところが、なんと、棟梁のインフルエンザにて
中止に!

受講生の皆さんには、申し訳ないことをしました。
必ず、再調整して実現したいと思いますので、
しばらくお待ちくださいね。

早朝より集まる予定をしていたスタッフは、
有志で、集合場所近くの高尾山へハイキングをすることに。

高尾山は久しぶり。
新緑が眩しくて、最高に気持ちよかったです。

鋭気を養いました!

実は、まだ完全に腰の痛みが治ったわけではなく
熊本では、整形外科より治療薬が出ており
横浜では、整骨院の先生にお世話になっているので

ハイキングは、チャレンジでした。
慎重に、山靴を履いて登りました。



案内役を買って出てくれた方は、山登りが趣味の方。

皆に気を配ってくださり、リフトも利用しての上り。
途中、やや痛みを感じながらも、姿勢を整えながら
山頂まで行けました。

帰りには、山小屋でのアルコールもあり、
ケーブルカーにて下山。

軟弱な山登りかもしれませんが、私にはちょうど良かったです。

神社では、皆で棟梁の回復と、民家再生協会の仲間の健康を祈りました。
599Mからの眺めも最高に良くて。



引いたおみくじも、大吉!!
引いたもうひと方も、大吉だったので、
引かなかったスタッフからは、
全部大吉かもよ〜と、からかわれながらも、



「病は長引くが全快します」に、ほくそ笑んでしまいました。

次の日の腰痛や筋肉痛を心配しましたが
問題なく、ほっ。

ご利益があったのだと確信しております、笑。

デスクワークや現場監理の合間の
束の間の自然満喫でした。

このような機会を与えてくださった今回の出来事と、
仲間に感謝して。
コメント