せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

大祓えの季節。茅の輪くぐりと健康祈願 〜今年、半年の頑張りを労って〜

2020年06月30日 | 季節感のある暮らし


6月最終日となりました。
今日は「夏越しの大祓え」

暦通り、半年の区切りですね。

本当に、数ヶ月、めまぐるしい日々でした。

自粛生活は、楽なようで、
家庭人は、むしろ忙しくなったのでは?

やることが時間差で出てくるので、
時間調整と対応に、大わらわでした。

学校が始まるって、リズムができて本当に良いです。

世の中のお母さんは、きっとそう思ってます。
送り出す心配は、もちろんありますよ。

<穢れを祓おう>

みなさん、ご近所の神社で
「茅の輪くぐり」はされましたか?

振り返りつつ、残り半年に向けての準備時期。
後半、息切れ、しないためにも、
季節の行事を取り入れてみましょう。

本日は、昨年の反省も踏まえ、
健康に過ごすために実践しています。

<「夏越しの祓え」 季節の行事は、先人の知恵>

昨年より、この季節の行事を重んじるようになりました。
ちょうどこの季節に病気をしたからですね。

この時期、自分の健康を過信しないで
免疫が落ちないよう、気をつけているところです。

昨年の様子はこちら。

今年は、最寄駅の近くに有る神社に立ち寄りました。

TOPの写真は、そちらの神社です。七夕への短冊には
「コロナ終息」を願う書き込みも多く見られました。



この行事は、半年経つと、人は穢れてくる。
それを祓おうというものです。

(汚れではありません。ケガレとは
「気が枯れる」ことを言います)

心身ともに健康に過ごすための
昔の人の知恵であり、伝統ですね。

今年は、新型肺炎のことで、より一層この
節目の行事に、興味を持たれる方、
盛大に取り組まれる神社もあろうかと思います。

神社の新緑や、整った気を感じて、ぜひ
ご自身の気を整えていただければ幸いです。

私自身、今年は、人型にも挑戦です。
古神道を教えてくださった神社にお願いしました。

人型を流すなんて、なんだか子どもじみているし
気持ち悪いかも!?なんて、昨年は躊躇しましたが、

息は= 命 ということを学び、
呼吸を整えることの延長にあるのだと、

行うことによって
自分自身の呼吸(命)を意識することを

潜在的に落とし込むことなのだと
理解できたので、やってみます。

あくまで、私自身の考えですが、
食事を見直したり、運動を始めたりと
なさる方もおられることでしょう。

お互い、後半に向けて、
健康で、気持ち良く過ごし、

第二波が来るとも言われる
疫病に打ち勝って参りましょう。

それでは、どうぞ、
みなさま 健やかに過ごされますように。。。


コメント

旧暦新年に新しいコト始め。天のご加護に感謝して

2020年01月27日 | 季節感のある暮らし


旧暦新年を迎えて、
梅の蕾の弾ける音を聴いた熊本でした。
そんな熊本から、横浜に戻る道中。

朝のフライトと、夕方のフライトには欠航が出る中
幸いにも、私が乗った飛行機は飛び立ちました。



空は荒れ模様で、上空へたどり着くまでは、かなり揺れて
ジェットコースター並みに、スリル満点。

『揺れても、飛行の安全に問題はありません』

のアナウンスで、どよめいた機内も、
一旦は静かになりました。

小さな飛行機ですので、
揺れは毎回覚悟の上なのですが
やはり肝を冷やします。

お隣の赤ちゃん連れ親子も、ヒヤヒヤ。

下のお子さんは、お母さんに抱っこされていても、
あまりの揺れに泣き出す始末。

お姉ちゃんの方は、面白がって笑顔。

その後、疲れたのか、皆さん、爆睡。
子どもは、本当にたくましいです。
ママは、本当にお疲れさまです。

離陸時には、にわかに晴れて、
上空からの虹も見えました。

無事の離陸と着陸には
いつも整備の方、関係者の方々に
感謝の念が絶えません。

熊本空港では、リニューアル工事に入るため
「今日がロビーでの最後の物産展」と、竹細工のお店のご主人。
しばらく、販売できないそう。

私の生まれ故郷、八代から来られており
買わないわけには、いきません(笑)

前から欲しかった、漆塗りの曲げわっぱのお弁当箱
こちらは日田産のスギだそう。

日奈久名産の竹かごのお弁当箱(サンドイッチ用)
の2個、大人買いです。軽いので、お持ち帰りも楽チン。




横浜では、旧暦新年に合わせて購入した
モダン神棚が届きました。

これからきちんと、毎日背筋を伸ばして
神様を拝みたいと思います。

こちらは、静岡県産、木材はヒノキ。



木のものづくりのお仲間から、
ヒノキで新しい神棚の需要があるのではないか?と
熊本の方から、ご相談があった時には、
すでに、静岡でモダン神棚として、製作されておりました。
いろいろなデザイン、価格帯があります。

お神札は、氏神様で3点セットを
お正月の授与品として扱われていたので、
氏神様へ帰宅の挨拶とともに、頂いてきました。

初詣では、「荒神様もセットです」とのことで、
どの神様かわからず、頂くのを躊躇したのですが、
調べると台所の神様とのこと。

今回は、ゆったりしていましたので、
ちゃんと宮司さんに祀り方を伺ったら、
これだけは、台所に祀るようにと、
別の立て枠(透明プラ)を下さいました。

お札も他の神様とは違っていました。


有難いことです。いずれお社を用意しますね。

さぁ、これで、

ヒノキ
スギ
タケ

と、新しいコト始めのための
日本の木が、揃いました!!

嬉しい限りです。

今年の日常生活も、
日本の木と共に、、、

気持ち良く

共想の思想を忘れずに、、、
感謝しながら、暮らして参ります。

新年に誓うプライベートなことは、
手帳に書き留めました。ここでの自分語りは
控えておきます。(新年の誓いですね)

MKデザインスタジオ一級建築士事務所としての
新年の誓いはHPにアップしました。

森と樹と暮らしを繋ぐプロジェクトの
事始めはこちらにアップしました。
ぜひ、山を感じて下さいませ。
https://www.facebook.com/mori.ki.kurashi/

それでは、本格的に
今年の良きスタートを切ってまいりましょう!

追伸:
春節ハガキ作成は今週になります。
お手元に届くのが
少し遅れること、お許し下さいませ。

コメント

西暦2020年、新年明けましておめでとうございます。

2020年01月06日 | 季節感のある暮らし


西暦2020年を迎えて、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

お休み中に、ゆっくりと寛がれたなら
幸いです。

令和を迎えて初めてのお正月と、
祝福ムードの日本ではあります。

一方で、昨年は、台風など自然被害も多く、
仮設暮らしでのお正月の方
住宅再建や入居を待たれている方々も、
まだ多くおられることと存じます。

そういった方々を想い、
粛々と新年を迎えるのが、
日本人の奥ゆかしさでしょうか。



大晦日から、何やら不法行為!?のニュースや
年初早々の緊迫する国際情勢を鑑みると、
日本の平和が、浮き上がるように思います。

家族と足を運んだ、氏神様への初詣には、
日常の延長にある、清々しさを感じました。

暮れには、建主さま始め、工務店の方々より
お歳暮を賜り、誠にありがとうございました。

また、早々の賀状も嬉しく思います。

昨年知り合った方々には、
マイルールはお伝えしておりませんので、
こちらに書かせていただきます。

旧暦新年(1月25日春節)以降でのご返事とさせていただきます。
ご了承ください。

新年を迎えての目標や、
今年のテーマ、昨年を振り返ってどうだったかなど
春節前後に綴りたいと存じます。

今年一年、皆様にとって
幸多き一年となりますように
祈念して。



コメント

一陽来復、冬至の日に折り返し、再出発

2019年12月23日 | 季節感のある暮らし


12月は、一日一日が瞬く間に過ぎて参ります。

年内の仕事の区切りに加え、
お世話になった方々へのご挨拶や
忘年会など、人と会う機会も増え、

そしてまた、挨拶を受けたり、お歳暮を頂いたりと
みなさまのお気遣いに感謝しているところです。

そんな中、迎えた昨日の冬至の日曜日。
熊本では阿蘇の降雪も。やはり寒かったですね。

これまで、冬至といえば、日が一番短く、
冬の暗さが極まる日と思っていて

二十四節気の中では、
あまり良い印象を持っていなかったのです。

今年は違います。

なんと、人の営みの区切りの日であるということが
易経の本に書かれていました。

「易経」一日一言(致知出版)を読むことを、
心を落ち着ける朝の日課にしてから、
(朝のバタバタの家事による主婦モードから、
専門家としての仕事モードに切り替えるための、儀式みたいなものですね)

その季節に応じた言葉が、時々出てきて、ドキッとしています。
そして、とても納得するのです。

本日は、このことを、「季節感のある暮らし」として
空間ではなく、環境、心や身体での捉え方として
シェアしたいと思い、綴ります。

易経の極意は、以前にも書いたように
「君子占わず」でした。

つまり、兆しを捉え、対処していくことが
自然とできるようになる、生き方のバイブルです。

冬至の大切な意味とは。。。

冬至=一陽来復(いちようらいふく)

この四つの漢字の意味を理解すれば、その意味が分かります。

陽が一番短いということは、明日からは、少しづつ陽が長くなり、
新しい陽気が回復する時、なのだそうです。

良い響きですね!

暮れの慌ただしさに、何もかもスルーしないで
ちょっと立ち止まりなさい。

と、言われている気が致しました。

古代中国では、陽の気を養うために
この日は、君子は政や外出を休み、
旅行客や商人も通行止めになったのだとか。

私も見習って、出歩くのを控えました。
 (インフルエンザも怖いですし、笑)

図面作成の間に出来上がる、ストーブ料理のおでんに、
夜は、ゆずのお風呂。冬満喫です。

自然環境に合わせて、身体を整え、心を落ち着かせ
陽の気を取り入れる。。。

そして、迎えた本日の月曜日には、
早速、来年の新規プロジェクトの相談打ち合わせ。

暦通り、陽の気が入ってまいりました。

日は、単純に流れているのではなく、
自然の摂理で流れていくものなのですね。

人間も自然の一部。

熊本の山暮らしでは、特に強く感じます。
お陰様で、人間らしさを取り戻します。

冬至の日を、これから、寒くなる〜、用心しなくては!
と、ややネガティブに思っていた昨年から、

今年は、これから陽の気が立ち込めるのだから大丈夫!
と、自分の心身に言い聞かせ、
(まさに、今年のテーマだった潜在意識への落とし込みですね)

公私共に、まだまだ年内の課題は山積みですが
一歩づつ、ワクワクする方向へ、進んでまいります。

みなさまもどうか、
陽の気をうまく取り入れて くださいね!
コメント

乾燥の季節、お肌だけではなく、住いの乾燥にも注意して!

2019年12月09日 | 季節感のある暮らし


先週末の土曜日は、二十四節気の「大雪」を迎え
東京では、雪がちらつくかも、と言われたお天気でした。

結果的には降らなかったようですね。
横浜は雨となり、冷え込みました。

紅葉の季節から、本格的な冬への季節の移り変わりを感じます。

<この季節、住まいにとって大切なこと>

この季節には、乾燥の季節とばかりに、
化粧品の保湿の宣伝が増えますね。
(はい、気になるお年頃です、笑)

ご自身のお身体も大切ですが、
この季節、お住いの方も用心してください。

気をつけることは、2点あります。

一つは、火災の予防。
もう一つは、室内の空気乾燥。

今日は、一つ目の火災に関して綴ります。

この季節、暖房器具の多用や、
お鍋やコンロなどの出番も多いことでしょう。

木の住まいを提案している当事務所ですが
やはり、気になるのは、火災のこと。

住まいの火災予防は、
「起こさない、もらわない」です。

最近は、新築お祝いに
消火器をプレゼントするようにしています。

<実験による法改正>

先週は、木造建築物の耐火や防火を学ぶ講習会に
参加してきました。

今年、法改正があり、
耐火要件の性能規定化がなされました。

講師は、設計もしながら、大学で実験も行う研究員とあって
建築実験の結果が、現在の法律にどう活かされているのか
学ぶことができました。

特に印象に残ったキーワードが
「燃え抜けないこと」

糸魚川大火を事例に
まちの中での耐火建築物や土蔵の有効性が示されました。

そして、住まいの中では
「燃え広がらないこと」

設計で、コンロ周りには、不燃材を用い、
空間には準不燃以上の材料を選定する必要があると
規定があっても、

どのくらい有効なのかは、
火災を目撃していない我々には分かりません。

それが、実際に火災を起こす様子の実験動画を示され、
天井材の違いによる燃え広がりの様子が、一目瞭然でした。

改めて設計を気をつけなくてはならないことを、実感しました。

<火災から学ぶ初期消火の大切さ>

今年は、首里城の火災もありました。

文化財の初期消火も大事ということが
ニュースでも取り上げられ、
皆さんの記憶にも新しいと思います。

30年という復元時間と労力を思うと
本当に居たまれせんね。

関わった方、地域の方々のお気持ちは
想像を絶することと存じます。

文化財だけではなく、初期消火の大切さは
どの建物も同じです。

学んだこと、情報やニュース
そして、自分の設計、生活経験から

注意事項を整理してみます。

 ◯住宅の内部の場合

・コンロ周りには、燃えやすいものを置かない!
 調味料や油ポット、可燃物など、つい置いてしまいます。私もそうです。
 気をつけなくては!
  • 消火器、有効期限が切れていませんか?
設置義務化されてから、ずいぶん時間も経ちました。
買い替えどきの方もおられるのでは?(我が家もそろそろ)
  • 煙感知器、熱感知器、ついていますか?
  • 改修工事などで、コンロ周りに不燃以外のものを、
    採用していないかも要チェックです。

    高齢者の生活や一人暮らし

  • コンロの消し忘れに注意
    (最近は自動消火機能付きも多いので、オススメです)
    両親も時々あります。怖いです。
調理時には自動消火のタイマーをかけるようお願いしています。
  • 家電は、コンセントごと抜く。
暖房機などのストーブは、寝るときには、
コンセントごと抜くのも有効ですね。
地震でのうっかりスイッチも怖いですしね。

タイマー付き家電はそうはいきませんね。
我が家では、朝方のヒーターや床暖は、タイマー機能を利用してます。

首里城のLED電灯の延長コードの溶け出しの事実を知ると
通電したままの就寝は、コードのショートが起きないように、
まめにチェックが必要ですね。

 ◯住宅の外部の注意点と対策

特に、外壁に板張り採用の建主さんに
お伝えしていることでもあります。

・玄関周りに可燃物を置かない。散らかさない。
(道路から近いと放火の可能性が高まる)

・内部に入ってこられないように、オープンな車庫などは
植木鉢などで、敷地内には行って来られないような工夫をする。

つまり、境界というか、結界をさりげなく引くといいますか。
工夫をお願いしています。(死角があると、放火されやすいデータあり)
  • 人感センサーもよく採用します。

  • いざという時の、水バケツを用意しておく。
特に、大きな道路や歩道付近でしたら
タバコのポイ捨てなどが起きる可能性もあります。
外部にも初期消火対策ですね。
(夏場は、ボーフラが湧くので、蓋が入りますが)

 ◯文化財など
  • 初期消火の設備設置
 首里城以外にも、スプリンクラーのない文化財は多いのです。
 国宝や重要文化財の建造物の緊急調査で約4800件のうち、
 設置は約80件に留まっていたそうです。実に、2%にも満たないですね。

(建築的な理油や文化財を誤作動から守る理由もあるので、
一概に設置が進まないのです)
  • 消火活動の地域参加
ヘリマネでも情報を伺いましたが、公的な建物には、
周囲住民の気づき、地域における消火活動がとても有効であるそうです。

首里城の火災の直後に、世界遺産の白川郷でも火災が起きましたが
茅葺き屋根を消化ポンプで鎮火する様子がありました。
日頃の訓練、本当に大事ですね。

 ◯最後に、山火事

実は、熊本に帰ると、山暮らしでは、
驚くかな、時々、山火事の緊急連絡が入ります。

「消防車が発動しました。」
「消火しました」の放送もあります。

田舎の方では、焚き火やゴミ燃やしも
割とラフに行われます。

また、自然発火で、たまに木が燃えます。
心無い観光客によるタバコのポイ捨てもあります。

我々人間は、火の恐ろしさを知って、用心する
ことに越したことはありませんね。

ギリシャ神話で、人間の暮らしを豊かにするために、
太陽神から火を盗んだプロメテウスが、後に拷問にあったように。。。

便利は、間違うと、恐ろしいことを招くと、
これは神話による人間への戒めですよね。

これから、良い年を迎えるためにも
皆様どうぞ、ご用心を!

私も気をつけます!
コメント