せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

模型展はじまる

2011年02月25日 | 模型・実験・見学・講習・イベント

昨日から、JIA神奈川(日本建築家協会神奈川地域会)主催の横濱建築際がスタートしました。

第一弾目は、模型展です。
朝から設営にご協力頂いた各事務所のスタッフの方々、お疲れさまでした。

110224

場所は横浜山手の洋館234番館ギャラリーです。10時~17時、3/1日まで

デザインもスケールも様々な模型と迫力ある写真のパネルをぜひご覧下さい!

コメント

現場研修会

2011年02月11日 | 子ども・環境

昨日は貴重な現場研修会に参加。行政が進めている特別支援学校。

関係者ではないとなかなか入れないところ、特別に研修会として勉強させてもらった。

現場の追い込みの中、対応下さった関係者の方々、そして研修会を企画してくれた仲間には感謝である。

施設の経緯、重点を置いた点など、設計のポイントから、カラーバリアフリーの考え方まで説明頂く。

日頃、子どもの環境や、施設づくりに興味のある建築士が集まって、話を聴き、実際に空間体験する。

バリアフリーやユニバーサルデザインのことは、解釈が分かれる。

子どもにとって何が良いのか、大人の理論ではない感覚のようなものが大事と日頃考えるているが、やはりその部分の作り方が難しいなと思う。

逆に言えば、私自身の中で、よりこども目線を大事にして行きたいという気持ちが強まったとでも言えようか。

空間づくりに答えが出せるか・・・今後の精進だろうか。

↓外観はクリーム色。やはり暖色系になるようだ。以前見学した施設もそっくりだったなぁ。
110210

コメント

母さんは夜なべをして・・・

2011年02月10日 | ワーク・ライフ・バランス

てぶくろ、編んだだよ~♪

というのは大げさですが・・・

こどもの上履き入れ、作りました。

11020801
裸足推奨の保育園のため、上履き入れというものは、今は使っていないのですが、
入学と同時には必要なので、そろそろ生地を買って、、、時間のある時にと作ろうと思っていたのです。

ところが、急に保育園でも上履きがいることに!

パートナーが、上履きを買いに走り、私は袋を縫うという事態。
しかし、生地を購入している暇はありません。

そこで、家にあるものを活用。古くなって膝に穴があいたジーンズをカットし、切ったところをざっと直線縫い、手提げを付ければ速攻作れると考え、やってみました。

手提げ部分の縫い糸が表に見えるところは、端切れ利用の花モチーフを付けてごまかし・・・1時間程で完成、ほっ。

子どもっぽいかわいらしさはないけど、まぁ、シンプルにはなりました。これで使ってみて!!

コメント

立春のグリーン計画

2011年02月05日 | 季節感のある暮らし

立春に向けて、前々から検討していたことが一つ。
事務所や住まいに観葉植物を置く計画。

緑の世話は好きというスタッフのUさんが、選定してくれた小型のものは、5つ葉が、かわいらしい「シュガーパイン」

110205
強健で耐寒性もありとのこと。
本棚にちょっと潤いを与えてくれます。

大型の方は、ウンベラータを選びました。

Img_0002
鹿児島は指宿の温暖な気候と温泉によって栽培されて、届きました。こちらも観葉植物初心者向けで、手入れが楽なようです。

ハート形の葉っぱは人気で、品切れも多い中、手に入れることが出来ました。想像以上に大きくてビックリ、嬉しいですね。実物を見ての購入が難しい中、思い切って良かったと思います。

なぜ、緑なのかって!? 理由は二つ。

1)ミスを減らそう!

仕事場のグリーンはリラックス効果と共に集中力も高めてくれるらしく、仕事のミスも減らせるそう。そんなにミスはない(はず)ですが、効率アップは嬉しいですね。

2)乾燥を減らそう!

切実なのは、こちら。この冬、日中温かく陽を取り入れて暖房いらずなのは良いのですが、昨年からの乾燥が異常だからです。

板張りの内装なので、調湿効果はあります。それでも、潤いが不足と感じます。あとは、加湿器も大型のものに買い替えを検討しています。

立春を迎えて、リフレッシュと共に、環境もより良くアップ。気持ちよく暮らし&仕事をしたいものです。

コメント

ものづくりの山頂を目指して

2011年02月03日 | ものづくり

今日は、旧暦で1月1日、春節です。

新年の誓い。

ものづくりの山頂をじっくり登る。

Huji
写真は、義父が撮ったもの。

とっても素敵な富士山!!

データをもらってパソコンの壁紙に使わせてもらうことに。

建築のものづくりは、息が長いです。その割に、スピードも求められて、時には息切れを起こしたり、モチベーションがダウンしたり、気持ちの波もあります。

ハイテンションな気持ちをキープしながら、じっくりと到着点を目指すのが今年の目標。

おごらず、あせらず、惑わされず、自分の感覚を大事にしながら、、、

周りの皆さまに感謝しながら、、、

今年も元気に楽しみたいものです。

コメント