酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

赤坂 一鳥

2012-07-20 11:46:07 | 


連日忙しく一緒に働いている仕事仲間たちと
逃げ出すように会社を出て、飲む。

宮崎地鶏のお店。
お昼はチキン南蛮しかないが夜はいろいろな鶏メニューあり。

奥のは鶏の刺身3種盛り。
砂肝の刺身というのがめずらしかったけど
薄切りながらコリっとした感触の名残があって美味しかった。

手前のチキン南蛮のタルタルソースは
きめ細やかで非常にクリーミー。

お酒は、黒霧島の水割りを寝かせてマイルドにしたもの。
飲みやすくて危険。





なぜか大将が焼酎の熱燗を振舞ってくれる。




その他にも、手羽餃子とか、
何種類かのツマミをサービスしてもってきてくれた。
どうしたのだ。このサービスの良さは?!




これはサービスだったか、注文したのかは忘れた。
ゴーヤのお新香。




あの割り水焼酎を、ウマイウマイ!と絶賛して飲んでいたから、
熱燗(右の「黒じょか」という入れ物に入っている)を
サービスしてくれたのだろうか。
熱燗も褒めちぎっていたら、もう1瓶、サービスしてくれた!

素敵!また来ます!。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大島4_帰る日

2012-07-17 10:43:51 | 旅行記


宿の親父さんの車に乗せてもらって、
弘法浜の隣の、湯の浜へ。

人が誰もいない。プライベートビーチだ。




岩場ではないせいか、魚がいない。
水は綺麗だったけど。

魚が見えないと泳いでいても飽きるので、
弘法浜へ移動する。




弘法浜。
陽が差してきて、海が青くなってきた。

水が引いていて、岩がゴツゴツ見える。
かなり浅くなっていて、ほとんどの場所で立てるくらい。

魚はいたけど、昨日よりは少し少なめかな。




三原山は今日も曇っていて見えなかった。

海のあとは、水着で入れる海沿いの温泉「浜の湯」へ。
観光協会で温泉券を買ったら、
半額の200円だった。

海が見えて気持ちの良い温泉だけど
日焼けした肌がとても痛くて、
なかなかしゃがんで入ることができなかった。




バスの時間前に昼食。
元町港の前の「おともだち」にて。
お通しの、にこごり。
味が濃くて、つまみに美味しい。




時間も少ないし、やっぱりまた、べっこう丼。

昨日食べたのよりも、辛さが少ない。
お店によって、味付けとか違うそうだ。
そしてその日に揚がった魚次第なので、使う魚も日によるみたい。

大島で捕れるのはほとんどが白身魚だそうで、
だからこの白身魚の漬け丼が名物なのですね。




13:30岡田港を出航。
さようなら、大島。




帰りの船は混んでいたので、
階段下、出口近くの穴場席を確保。




大島の焼酎に、大島のつまみで、酒盛り。

甲板でお酒飲むのは、やっぱり気持ちがいいなー。




レストランで、なんこつから揚げを持ち帰りで。

ニチレイ冷凍食品の自販機は、混んでいて長蛇の列で買うのは断念。




東京湾には貨物船がたくさん。

海が黒くなってくると、東京に戻ってきてしまったなー
というかんじがする。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大島3_ふれあい民宿「椿山」の食事

2012-07-17 10:16:15 | 旅行記



宿民は、「椿山(ちんざん)」。
食事が美味しい、と評判だったので予約してみたのであるが、
想像以上に、すごかった。

金目の刺身でまずびっくり。

なんといっても、タカベの煮魚がものすご美味しかった。
味がしっかりしていて、内臓も美味しい。

野菜の煮物に、サザエに、明日葉胡麻和え。
どれも美味しい。




どかーん。
金目の刺身は、追加料理ではなく、デフォルトでこれが出てくる。
二人分でこのボリューム!。




明日葉天ぷら。

椿油で揚げていると思われるのだけど、
油っぽくなく、さっくりとしていて、
ツユなどつけなくても、そのままで美味しい。




シメはオリジナルのべっこう丼をアレンジした「おやじ丼」セット。
刺身の細かくした漬けに山芋がかかっていて
生卵はお好みでかける。

おなかいっぱい。満足だー。




お土産に、椿の実のキーホルダーをくれた。

御神火焼酎(明日葉入り)は、部屋で飲んでいた焼酎。




朝ご飯食べて、チェックアウト。

荷物もって道を歩いていたら、
宿の親父が車で来て、乗せていってくれた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大島2_島めぐり

2012-07-17 10:05:50 | 旅行記


三原山への登りは、とてもキツかった。

自転車に乗って、というより、ほとんど押していた。
曇りだったのが、幸いした。
晴れていたらもっと大変だったであろう。
でも、汗がものすごく出た。

よくやく到着した登山口。
達成感満載。




山頂は曇っていて何も見えないので
回るのはやめて、素直に下りに向かった。

下りの自転車の道は、ものすごく快適で気持ち良い。
この下りを味わうために、あの辛い登りがあったのだなあ。




大島ゴルフ場にはいりこんで、少し見学。

スタートホールはものすごい打ち下ろし。




最終ホールはものすごい打ち上げだった。




相方が高校球児だった時代に合宿で来たという
野球場「大島グランド」へ来てみた。

バスは朽ち果てているし、
今は使われていないのだろうか?




思い出のグランド。




自転車で走りまわっておなかペコペコ。
元町「寿し光」にて、
大島名物「べっこう丼」を食べる。

大島とんがらしが効いた辛いタレに漬け込んだ
白身魚の漬け丼。
ピリリと残る辛さで、ウマイ。




昼食後、弘法浜へ。
まだまだ曇りぎみ。

この曇りに油断して、水着で昼寝したら
けっこう焼けてしまって、後にヒリヒリして
大変だったのだ。




海の家が1件だけ細々と営業している。
炭で焼いたイカ焼きが美味しかった。
注文を忘れられていたため、レモンサワーを一杯サービスしてもらった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大島1_さるびあ丸に乗って向かう

2012-07-17 09:50:42 | 旅行記


23:00竹芝を出航。
東京湾納涼船のお仕事を終えた後の、さるびあ丸に乗り込む。

夜景に、スカイツリーの姿が加わった。




3連休ですが。金曜夜初で行く人が多いのか?
土曜日の今夜の乗客は、少なめで、デッキも空間が多い。
テーブル席に難なく座れたので、そこで宴会。



レインボーブリッジを下から見れるのも
船の醍醐味。



工場地帯に立つ、キリン。




明け方5時頃。
大島が見えてきた。



岡田港に到着。




早朝接続便に乗って、元町港まで移動。
買ってきた朝ごはんを食べたりしてから、
歩いて宿に向かう。

宿に荷物を預けて、
レンタル自転車を借りて、
三原山に登り始めたのは、朝6時半。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする