酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

沖縄から帰る日

2009-10-27 20:25:26 | 旅行記


帰る日の沖縄は
すがすがしく晴れ渡っていた・・
うーむ。




空港のA&Wにて。
出てきたルートビアは、久々のマグ入りだった。
やっぱり、ルートビアはこれで飲むのがいい!。
コメント

ディープスポット桜坂ハシゴ酒パート2

2009-10-27 20:06:37 | 旅行記


沖縄最後の今夜も引き続き桜坂をハシゴして攻めます!

まず一軒目。
「おでんや 悦っちゃん」
桜坂を知っている人にとっては、割と有名店です。

ドアを開けようとすると、鍵がかかっていて驚くが、
すぐに開けてくれて
感じのよいママが明るく出迎えてくれる。




てびち、大根、青菜などを盛り付けてくれた。
オリオンビールを飲みつついただく。
てびちはトロトロでおいしい。




時間も早いせいか客は私一人だった。
悦ちゃんはお喋り好きでよく喋っていた。
何故か恋愛談義になって、盛り上がる。


おでんとビール1本で、1,200円でした。




2軒目
「あすなろ」。




泡盛を頼むと、どんどん食べ物を出してくれる。
大根は、薄味だけど美味しかった。
「もっと食べる?」と追加でどんどん出してくれる。
ソーミンチャンプルも美味しかった。

サービス精神が旺盛のようで
ポテチとかチョコレートとか、どんどんいろいろくれる。

ここのママも人懐っこく、たくさんいろいろ喋っていた。
ここでも客は私一人だったので、つきっきり。

沢山食べて、カラオケ一曲歌って
お会計は700円。安い!




3軒目
「バーエロス」

こんな名前ですが、別にHなお店ではなく、普通のバーです。
ここも有名どころ。

一瞬入り口がよくわからないけど
左の黄色い小さなドアから入る。




70年代の曲が流れるバー。
店の雰囲気は怪しげに雑多でいいかんじ。
個人的には若干古い曲でツボから若干はずれていたが、
どんぴしゃの年代の人には、たまらないかもしれない。

泡盛水割りを飲んだけど、薄かったのもあって
ちょっと不完全燃焼。

お会計は800円。




4軒目。
「garett」
バーエロスの不完全燃焼で、濃いカクテルが飲みたくなったところで
カクテルの種類が多そうなバーを見つけた。




しかし階段の果てが、行き止まり・・
あれ?どこから入るんだ?

よーく見ると、奥の天井と続くドアらしきものに
「押し上げてください」って書いてあった。

この入りにくさに魅了さて、この店に入ることを決めた。
重い天井を、よいしょ、と押し上げて、
屋根裏部屋へあがるようにして入る。

若め、というか同じ年代くらいのお店のおにいさんが
ドアを持ち上げて入れてくれた。




マティーニを飲んだ。
ガーリックトーストをおつまみに出してくれた。

年配ママの話しを聞いてきた後に
同年代的な人と話すと
会話が楽だなあ、と思った。




あそこがお店の入り口。

お会計は900円でした。




5軒目突入!
「餃子の店 新茶屋」

ママが超キレイでかわいい。




ここの餃子は、ニンンクがまるごと一個入っているのだ。
半分量づつ焼いて出してくれるので
アツアツが食べられるのが嬉しい。

隣に座っていた自称ジェームズと名乗るおじさんと
話しながら、ママ含め、カラオケを順番に歌っていたりしていたら
お会計を全部もってくれた。
ゴチソウサマでした!



コメント

那覇市場近辺ぶらぶら

2009-10-27 17:48:41 | 旅行記


帰ると決めた途端、
雨もやみ、青空が見えてきた。

国際通り近辺をうろついて過ごす。




再度、市場を探索。
沖縄の市場って、アジアの市場を思い出す雰囲気で楽しい。




何か野菜を売りつつ皮をむいていたり。




サーターアンダギーはじめ
小分けのおかしを売っているお店も多い。
そしてけっこうおいしそうなのだ。




「ぼうし100円」
だそうだ。
なんだろこれ。中古?!




もやしのひげとりするおばあの姿も、沖縄風の風景。




やちむん屋の店先に飾ってあった
おしゃれシーサー
かわいい。




また生鮮市場を見に行きました。




オジサン




やたらカラフルですが
中味。つまり、臓物なのです。




お昼も桜坂のお店
「ぱーくさいど」という名のおそばやさん。
味のある商店と併設している。




フーチバーそばを食べようと思って入ったのに、
店内に入ったら暑くて、そして「冷やし沖縄そば 夏期限定」の文字を見て
急遽冷やしを注文。

沖縄そばを冷やしで食べるのも、なかなかいける。


コメント

ディープスポット桜坂ハシゴ酒の夜

2009-10-26 16:31:20 | 旅行記

台風だし、もう島は観念して那覇で都市的生活を送ろうと思う。
ということで、今夜は、那覇の桜坂という、ディープ飲み屋スポットを
ハシゴ酒して探索しようと思います。

まず一軒目
「おでん うらわ」

寒かったから、おでんもいいかなと。





こんな奥地に入っていったところに入り口がある。



残派のブラックを注文。
ミミガーピーナッツ和えと煮タコが突き出しで出てきた。

「お客さん、内地の人?。
いや、違うわよねえ。
最初からザンクロ頼むから、慣れてるなあと思ったから
内地の人かと思ったけど、顔見ると違うと思って・・」

と言われた。
まー、確かに、沖縄に関しては
飲み方の濃さは追いついても、顔の濃さは追いついてないですな・・。




店内には無数の地球儀がたれさがっていた。

最初はおじいさんが二人、静かに飲んでいた。
後からやってきた夫婦がカラオケを歌いだした。
沖縄民謡中心。
すごく上手。

おでん屋だけど、おでんを薦められないままだったので
頼みそびれつつ、泡盛1合を飲み干し、店を出た。

ここでのお会計は、800円。




2件目
「餃子 紋次郎」

ここではオリオンビール生を。
餃子屋だけど、やっぱり餃子を薦められない。
そうか、言わないといけないんだ、と気がついて
餃子を注文。

しかしどの店にもメニューってもんが無いから
慣れないと流儀がよくわからないなあ。




餃子は、超パリパリで薄型で、めずらしいかんじのものだった。
台湾ぽいというのか何か、日本の味とちょっと違う。
でも、ビールに合って、おいしかった。
クセになるかも。この餃子。

客は一人静かに飲んでいたおじさんと、
女の人が一人。
女の人は、カラオケを何曲か歌っていた。
アグネスチャンとか。
そのうち、酔ってきたのか、
昔付き合った男に殺されかけられた話をし始めた。
うーむ、ディープ。


お会計はビール1杯と餃子一皿で1000円ちょうど。




さて、お店に入るのも少し慣れてきたところで、3件目!
さっきおでんも食べられなかったので、再度挑戦。
名前が面白いので、入ってみた。
「おでん ホームベース」




なんと、私が今日、最初の客だと言っていた。
粟国島出身のママさんが経営するお店。

ここでは、「お腹空いてる?おでん食べる?」
と、おでんを薦められた!
てびち、大根、じゃがいも、いとこんにゃく、青菜
がどっさりとボリュームたっぷり。

ただし、おでんは今煮ていたものではなくて、
冷蔵庫から出して、チンしていた。




ここのお店のカラオケは、レーザーディスクを手で入れる方式!

近所の別の店のママが、店を閉めた後におでんを食べにやってきた。
そして、一曲歌う。上手だ。
ホームベースのママも沖縄民謡を上手に歌っていた。
そして帰りがてら「この子にも歌わせてあげて」と
カラオケ代を置いて帰っていった。

せっかくなので、歌わせてもらうとする。
やっぱせめて演歌がいいよな、、、と
数少ないレパートリーから選んで歌っていると、
酔っ払ったおじさんがお店に入ってきた。
このおじさんにも、何曲も歌わせてもらった。

ちなみにこの辺りのお店は、カラオケ1曲100円が定番。

もっと早く帰るつもりだったのに、気がつくと1時半になっていた。


泡盛1合と、おでんで1600円。
カラオケ代と追加の泡盛は、おじさんからのおごり。

コメント

オリオンビール工場飛び込み見学

2009-10-26 16:22:29 | 旅行記

伊江島の朝。
今日も不穏なお天気・・。



お天気も回復しなさそうなので、
伊江島を脱出しようと思います。



水族館に行くつもりがバスに乗り間違えて名護まで来てしまった。

機転をきかせて、急遽
オリオンビール名護工場へ、突飛び込みで見学させてもらう。



初代オリオンビールの瓶
歴代のパッケージが並んでいた。楽しい。



アサヒビールと提携してから
オリオンビールの広告は
めっきりアサヒっぽいのです。

流れているCMも、まるでスーパードライ。
ざっぱーん!どっかーん!鮮度!挑戦!うまい!



試飲!
おつまみ付き。1杯までおかわりOK、というシステムだった。

ちなみにわたくし、オリオンビール工場見学は3回目の達人なのですが!
以前は、20分飲み放題だった。
そして、おみやげにオリオンビール缶の貯金箱がもらえたのだ。
これがとっても嬉しくて、
それ以来500円玉貯金を始めて、
おかげさまでものすごく貯まっているという。

しかし今回は、貯金箱プレゼントが無かった。とっても残念・・。
買ってもいいと思うほど、欲しかったのに。

でも、空き缶をくりぬいて作ればいいではないか、
という説もある。



ことごとくシャッターの閉まっている名護の町で
ようやく見つけた食堂で、フーチャンプルー定食を食べて休憩。



コメント