酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

またやってしまった‥。

2010-09-25 12:20:57 | 旅行記

晴れてきて浮かれたのでしょうか。
スーパーに買い物に行って、
また買い物カゴを家まで持ってきてしまった・・・。
コメント (2)

大門 寿々木

2010-09-22 20:12:08 | 


大門を彷徨った挙句、適当に入った焼き鳥屋さん。
焼き鳥も普通においしかったけど、
「全国日本酒めぐり」と題された各種日本酒メニューが充実。

「1合」を頼むと、皿の上にかわいらしい1合徳利が乗っかったのがやってきて、
枡酒を注ぐように一升瓶からどぼどぼどぼー、と徳利に日本酒を注いでくれる。
徳利から溢れさせて、皿の上に日本酒がたまるように注いでくれるのも枡酒様式。

こういうシステムも面白いな。徳利もかわいいし。

コメント

三浦半島のはじっこへ

2010-09-20 17:54:39 | 旅行記


3連休の中日の日曜日に、
前々からずっと来てみたかった三崎の朝市に
ついにやってきました。

朝の3時に家を出て、朝市開始の5時前に会場に着いたけど
すでにけっこう人が満載だった。
人のこと言えないけどみんなすごい気合だなあ。




三崎名物のマグロは、色んな部位が売っている。
一体どこなのかわからないような名称のものも色々。
欲しいけど、あまり大量に買ってもなあ、
ということもあり、ほぼ見てるだけ。
でも見てるだけでも相当楽しい。

マグロはブロック状態のものを購入。




貝類も安い!。
サザエ一山1,000円。
つぼ焼きにしたらものすごく美味しかった。




マグロの目玉。200円。買わなかったけど。

どこのお店でも、けっこう
写真を撮ろうとしてカメラを向けると、
「ガラスはずしましょうか。」
「この動いてるの撮った方がいいわよ。」
などと、なぜかお店の人が撮影にものすごく協力的なのだ。




野菜も大量かつ大きくて安い。





朝ごはんに、屋台で売っていたマグロのヅケ丼を。
赤身をこんなに美味しいと思ったことはないなあ、
という位に、美味しい赤身であった。




朝市で買い物後、三浦半島の一番はじっこの城ヶ島へ行ってみる。
そういえば三浦半島のはじっこに来たのは初めてかもしれない。
はじっこマニア(?)として、来れて良かった。




岩場で海を眺めながら、
屋台で買ったイカげそ焼きやら焼きもろこしをつまみに、ビール!。
海とビールの組み合わせは、ほんと至福この上ない。

七輪でも持ってきて、朝市で買ったものをここで焼いて食べても良かったなあ。




けっこう釣り人が来ている。
あんまり釣れてはいない様子だったけど。




岩場に囲われたあたりでは泳いでる人も多かった。
水着とシュノーケル持ってくれば良かったー、と後悔。
水に足だけつけたけど、気持ちよかった。
コメント

新島4_帰りの船

2010-09-13 12:23:12 | 旅行記


11:25発のさるびあ丸で帰ります。

海の向こうに見えるのは、利島。




コンテナ積み込み作業は、毎度見てしまう。




お昼は船の待合所で買ったお弁当。
オムライスハンバーグはボリューミーで美味しくて
ビール飲みながら食べたら満腹になって眠くなった。




東海汽船のアンケート。
東京23区だろうが「1~5意外の東京」というくくり。




東京湾に入ってきた頃に夕陽。




コンテナが大量に乗っかっているカッコイイ船。




工場地帯に羽田空港。
飛行機がばんばん飛んで来たり、飛んで行ったり。




レインボーブリッジをくぐったら、
到着間近でちょっと切ない。
コメント

新島3_朝を過ごす

2010-09-13 12:16:30 | 旅行記


空が明るくなりはじめた頃に目が覚めた。




空にはまだ月が出ている。




狸かと思ったら、猫だった。
猫?だよね?




登ってくる朝日を拝む。




テントエリア。
台座のような敷地の区切りがまた、自分のエリア感があって良い。




朝の羽伏浦に海を眺めに行く。
もう海に入るという無謀なことはせず、見てるだけ。




帰りの船を待つ間、間々下海岸にてモヤイの石、コーガ石を拾う。

コメント