酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

飯田橋 サイゼリア ~ 神楽坂 加賀屋

2011-04-19 14:50:50 | 


「サイゼリアのコスパを検証する」
をコンセプトに、「サイ呑み」ことサイゼリアでの飲み会を決行。

まずは生中(390円)に、マイカのパプリカソース(189円!)。

この店のメニューを見ているとビールが高く感じられてしまうが、
普通の店に比べたら安い。
のだけど、やっぱりこの店にいると割高感を感じるので
ビールは最初の一杯のみ!。




生ハムプロシュート(399円)。
TV番組でイタリア人がサイゼリアメニューのこれを食べて、絶賛していた。
確かに本格生ハムの味で、美味しい。

柔らか青豆の温サラダ(189円)。
これもまた格安メニューなのだけど、盛りが多くて安い。
自分の家で作るよりも安いのではなかろうか。




エスカルゴのオーブン焼き(399円)。
これまたイタリアンな本格メニューだけど、やっぱり安い。
ソースをパンにつけてたべるとこれまた美味しい。




引き続きワインなのですが。
このワイン、1500mlのマグナムボトルで、
値段がなんと1,060円と、超お得!。

しかも田崎真也も認めたという味の保障!
この値段のワインにしては、普通にちゃんと飲める味でした。




マグナムボトルは注ぐ時も、重い。
というか、ワインというより、醤油を注いでいるように見える。




人気ナンバー1という小エビのカクテルサラダ(459円)。
レタスもシャキシャキで美味しい。
エビもたっぷり入っている。




ポップコーンシュリンプ(249円)。




パンとエスカルゴ、2巡目です。
パンは、プチフォッカ(129円)。




白ワインはデカンタで試してみました。
赤の方が美味しいですが、白も別に飲める。
デカンタは 500ml で 370円です。




水牛のミルクを100%使用したモッツァレラチーズ(299円)。

これは、めちゃくちゃ美味い。
お土産に買って帰りたいほどに、美味い。
モッツァレラチーズが、みずみずしいのです。
美味しすぎて、こちらももう一皿追加。




ほうれん草のオーブン焼き(249円)。
ガーリックトースト(159円)。




2時間くらい滞在して、一人2,000円でした。
かなり飲み食いした感覚からすると、かなり安い。




2次会は、
少し歩いて、同行者のオススメの「イケメン居酒屋」こと
神楽坂の「加賀屋」へ。
ふつうの、ザ、居酒屋というかんじのお店です。




レバ刺し。

確かに同行者の言うように、
純粋親父系飲み屋な風情のお店にしては
店員がみんな若くてイケメンである。

加賀屋はチェーン店らしいのだけど
どこの店でもそうなのか?神楽坂店の特長なのか?




白魚。

サイゼリアはイタリアンレストランということで
確かにメニューは完全イタリアンで、アルコールもビールとワインのみ。
更に、箸が無い!
と、なにげにイタリアンに徹底していたのであった。
なので、加賀屋ではホッピーに居酒屋メニューでせめる。




マカロニサラダのマカロニが、でかかった。




ラビオリ。
あれ、意外にイタリアン(?)なものをここでも食べてるか?




コロッケ。




エイヒレに、生ハムサラダ
という組み合わせ。




何だっけこれ?と写真見て思ったが、
串焼きだったウズラの卵でした。




最後の方は写真がボケてます。。

コメント

花見!

2011-04-10 11:30:36 | 


通常より1、2週間遅いけれども
ようやく桜が満開になって、暖かい花見日和。




お日さまの下、桜の木の下で、乾杯開始。




復興支援ということで、東北のお酒を飲む。

宮城の「浦霞」。




買ってきた焼鳥も
焼いて食べるといいかんじ。




乾き物のイカも、焼くと普通のイカのようなかんじになる。




2本目は、福島の「末廣」。
ラベルのデザインがものすごく焼酎っぽい。

今日の花見は、めずらしく暖かい中での花見で、
気持ちが良かった。
やっぱり春には花見をすべきだなー。
コメント

真夜中のお花見

2011-04-08 15:31:55 | 


真夜中に、家の前の桜が満開になった。




ということで、ワインを持って
家から徒歩0分の花見会場へ夜桜を堪能しに出る。




花見会場はこんなかんじで
公園でワンカップ飲んでるおじさんと違わないかんじですが
ワイングラスで何とかセレブリティなかんじに?




散りもせず、ちょうど満開!の
ベストタイミングな状態。




真夜中ですが。
早々に2本目に突入。

やっぱり桜とお酒は合いますな。

コメント

キャンプ始め 釣り&青根キャンプ場

2011-04-04 12:42:51 | 旅行記


やっと暖かくなって
アウトドア遊びシーズンも本格始動。

まずは朝から晩夕方まで釣り。

写真に撮れなかったけど、
黄色いアライグマの様な狸?イタチ?が現れて
こちらをじっと見ていた。かわいい。
何だろうあれ。
ラスカル、と言っていいような黄色さ。




道志川沿いの青根キャンプ場へ移動。

広くてフリーサイトで安くて、なかなか良い。

併設の温泉に入るつもりが、
地震の影響か閉館が早く、
テントを立てているうちに閉まってしまって入れなかったのが残念。




本日釣ったヤマメとイワナを、
拾った木に刺して焚き火で焼く。




海の魚と山の魚(鯖)のコラボ。




そして、豚も焼く。




立てていただけではなかなか火が通らず、
最終的には網の上で仕上げ。

ヤマメとイワナの味を食べ比べる。




翌朝。
夜から炭火で仕込んでおいたダッチオーブン。




前日とうってかわって、寒い!

相方は朝から釣りに出かけた。




わたくしは寒いので焚き火番。

焚き火で暖を取り、食事を作るというのは
このご時勢の省エネ志向に叶っていて
よいのではなかろうか。




ダッチオーブン料理は、
長時間加熱しすぎて、モノによっては水分が抜け過ぎて
カチカチになってしまった。
野菜類は甘みが出て美味しい。
シャウエッセンはカリントウのように固くなってしまって大失敗。




ダッチオーブンに入れて生き残ったものを全て、
網でトーストしたパン3枚で挟んでみた。

玉葱、ジャガイモ、人参、魚肉ソーセージ、チーズ(カリカリ状)
というとりとめもない食材であるが、
多めに入れたマスタードがうまくそれらをまとめていて
意外に美味しかった。
サンドイッチにマスタードを入れるという意義を
初めてものすごく感じたかもしれない。
おいしいぞ。
コメント   トラックバック (1)