ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

Dry キャンプ、Boondockキャンプ、其の三 - 無料キャンプ場

2019年01月14日 | キャンピング

 ただでキャンプ!?        

ケチなことをあまり考えたくはないのですが、キャンプ一泊$30~40に使っていると行ける回数が限られてしまいます。

毎回ではないにしてもキャンプに行ける回数を増やすためにも無料キャンプ場に関して調べてみようかと思います。

 リソース           

調べるに使えるリソースとして、この様なサイトがあります。

Free Campsites

Campendium

Boondocking.org

 無料キャンプ場の種類     

今回はキャンプ場に限定して調べますので、以前紹介したWal-Martなどの店舗の駐車場は含みません。

キャンプ場として使用できる場所には以下のような物があります。

  • National Forrests
    • これはアメリカ政府が所有・管理している土地で、通常RVや車中泊、テントキャンプが許可されています。一般的にあまり密集しない形でのキャンプを勧められるので、州立公園などのキャンプ場と違ってすぐ隣に別のキャンパーがいるということはないと思われます。14泊が一般的にリミットとなっているようです。水道、電気、トイレなどの施設はなく、キャンプに必要となるものは全て用意する必要がある。
  • Bureau of Land Management (BLM)
    • これもアメリカ政府の管轄の一種であるが、西アメリカの多くある。内容はNational Forestsとほぼ一緒です。
  • その他のPublic Land
    • 上の2つ以外にも州や市が管理するキャンプ場も存在するが、数は少ないので、行きたい場所にあればオプションに考えても良いかもってぐらいでしょうか。
 近くには何があるのか?    
National Forestsはテネシー州との州境近くにあるChattahoochee-Oconee National Forestsに多くキャンプ場がありそうです。
 
 
BLMはジョージア州やテネシー州には無いようです。 一番近くにあるのはアラバマ州でした。西へ行けば行くほど多くなっているようです。
しかしアラバマのBLMまではそれほど距離があるわけでもないので、行けないことも無さそうです。

 関連記事           

Dry キャンプ、Boondockキャンプ、其の二
Dry キャンプ、Boondockキャンプ

 

コメント

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の四

2019年01月11日 | Teardrop Camper

 ディテール           

棚を取り外し出来る様にするために作ったパーツの紹介です。

壁に引っかかるパーツをアルミチューブを短く切ったものをネジで取り付けます。合計4つです。

 これに引っ掛ける鍵になるパーツを棚に4箇所つけました。こちらもアルミでアングル材から切り出しました。

取り付け方法は押し込むだけですが、しっかりと固定されます。

助手席側の磁石はこうなっています。穴にエポキシで固定しただけです。

 関連記事            

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の三
【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の二
【キャンパー快適化】キャビン棚を追加?

コメント

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の三

2019年01月10日 | Teardrop Camper

 ほぼ完成           

クリスマスと年末年始を挟んでしまったので、時間が掛かってしまいましたが、使える形にはなりました。細かなパーツの説明はまた後でするということで、とりあえず全体像です。

運転席側:カメラ、携帯やサングラス等も置けます。

助手席側:基本的には同じですが、棚の下に磁石を2つ取り付けたので、キャンパーと車の鍵がぶら下げれるようになりました。

まだニス塗りはしていないので、完成ではないのですが、キャビン内なので、このまま使用しても問題はないと思います。けど今塗っておかないとこの先ずっと塗らないことになりそうです。

 関連記事            
【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の二
【キャンパー快適化】キャビン棚を追加?

コメント

【キャンパー】ヒーター、其の四

2018年12月19日 | キャンピング

 生産中止?          

 前回書いたUCOの3本キャンドルランタンですが、どこにも売っていません。eBayでは出ているのですが、定価$40物なのに中古で$60なんて強気の出品です。もしかして生産中止にでもなっていてそれでも需要があるため強気の値段設定なのでしょうか?

売り切れの店などでは追加発注済みで入庫待ちなんてなっているのですが、これもどれだけ信用できるか分からないですからね。

もしもこのランタンが手に入らなかったら他にオプションがあるのか探してみます。 

 関連記事           

【キャンパー】ヒーター、其の三
ヒーター、其の二
セラミックヒーター、実践
ヒーター
セラミックヒーター

コメント

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加、其の二

2018年12月17日 | Teardrop Camper

 寸法              

まずはどの程度の棚が追加できるのか調べてみます。

全体像

運転席側のクロースアップ

高さはファンを置けるだけのスペースを下段に残した状態で追加するつもり

そうしますと下段の棚上約12インチ。この高さだと棚の奥行きが約6.5インチぐらいです。幅は運転席側が17.5インチで、助手席側が17.625インチです。

これらのサイズの棚ですとスマホはもちろん、カメラなんかも十分におけるスペースになると思います。USBポートの追加はほぼ決定ですね。

 関連記事            

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加?

コメント

【キャンパー】ヒーター、其の三

2018年12月14日 | キャンピング

 寒さ対策            

過去にも暖房関連の投稿がいくつもありますが、冬になるとやはりどの様にして暖かく過ごすかは気になる点です。冬だからといって冬眠してしまってはもったいない。寒さに弱い妻を外に引きずり出すにはキャンパー内で暖かく過ごせるように工夫する必要があります。一度電源の無いキャンプ場でのキャンプを提案した時に速攻で反対された事があるの、冬場のキャンプでは最重要案件です。

ちなみに過去の暖房関連の投稿です。
ヒーター、其の二
セラミックヒーター、実践
ヒーター
セラミックヒーター

電源がある場所だったらセラミックヒーターと体温で十分キャビン内は暖かくなります。しかし電源が無くセラミックヒーターが使えなかったらどうするのか?

 キャンドルランタン       

一酸化炭素の問題があるので、完璧とは言えませんが、キャンドルランタンを熱源と使う方法です。
既にUCOのランタンを持っているのですが、これを暖房として使えないかという話です。ちなみにこれは中学生の時に初めて購入したアウトドアグッズなのです。当時は$20も簡単に出せるような金額ではなかったのですが、このランタンは即決だったのを覚えています。一目惚れってやつですね。


更にUCO社のキャンドル3本使ったランタンがあるようです。

残念ながらこちらはコンパクトにすることは出来ません。

Youtubeで探してみると、実際にこれを暖房として使っている人たちがいます。車中泊で窓を少し開けて使っていましたが、この人は一酸化炭素警報機も使ってテストしています。問題もなく、十分暖房としても機能していたようです。
別の人は「買うな!」と警告していましたが、よく見てみるとこの人はテントでの使用を試みたようですが、熱くなりすぎてテントが溶けるからとのことでした。キャンパーでの使用を検討しているので、置き方や置き場所を考えれば効果は証明してくれたのかなと思います。

置き場所はやはりエアコンが置かれているところでしょう。勿論冬季キャンプの場合、エアコンは家で留守番です。
奥の邪魔にならない場所に置いて、必要ならば小型のファンでキャビンまで送風しても良いかと思います。

コメント

【キャンパー快適化】キャビン棚を追加?

2018年12月13日 | Teardrop Camper

 快適化            

自作キャンパーの良いところはイジりやすいってことですね。別にメーカーに確認するようなこともないし、思いついたらなんでもやってしまえます。

今回考えている快適化はキャビンキャビネットに棚を追加することです。

写真から分かるように棚上に結構デッドスペースがあります。ちょっとした物(携帯やメガネなど)を置く場所があまりありません。高い位置に棚を追加できれば収納性が高まると思います。

更に現在USBのポートは助手席側にしかなく、私がいつも寝る運転席側には110Vのコンセントしかありません。棚の追加と同時に棚の高さでUSBポートを追加してしまおうかとも考えています。そうすれば充電も出来るので便利ですよね。

 棚のデザイン         

個人的には今のオープンな感じが気に入っているので、幾ら収納性が高まるとはいえあまり目立つような棚にはしたくはありません。また、必要ない場合には取り外せるようにしたいと思っています。

更に取り外した時にあまり目立った金具などが残ってしまうのも気になります。

これらの条件を踏まえて、どの様な棚にするか考えていこうと思います。

 

コメント

【キャンパー修理】バンクベッド

2018年12月12日 | Teardrop Camper

 バンクベッドのラッチ     

結構長い間放置していたのですが、思い出したので直しておきます。バンクベッドを収納する時に折りたたんで固定するときのラッチを取り付けている部分のフレームが割れてしまいました。

見て分かるようにだいぶ薄くする必要があったので、割れてしまっても仕方がないですね。ただ普通に使っているだけならばボンドで割れた部分を直せば大丈夫だと思われます。

 バンクベッド下の活用アイディア  

直している時にヒラメキました。

寒い時期のキャンプでは荷物がかさばってしまいます。特に邪魔になるのが、ジャケットなどの上着です。外に出るときにはすぐ取り出したいのであまり奥まったところに片付けてしまうと使い勝手がよくありません。そこで今回出てきたアイディアがこのバンクベッドの下側の部分です。ネットの様な物を張っておけば寝ている状態でこの部分にジャケッドなどを突っ込んでおけるはずです。

スペース的には2面ありますが、手前の部分だけでいいでしょうね。多分奥は使いにくいと思われます。

ただ奥のスペースも使いみちはあると思います。例えばファンを仕込んでおいて、夏の暑い時期は足元のあまり空気が循環しない部分に風を送ることが出来るかもしれません。

考えれば色々とやることが増えますね。笑

コメント

【キャンパー修理】エアコンの排水、其の二

2018年12月11日 | Teardrop Camper

 エアコンの底         

排水問題を改善するためにまずはエアコンを調べてみます。

裏返してみますと二箇所穴が確認できます。写真の左側(運転席側)に小さめの穴。多分これはドレインホースを繋げれるのではないかと思われます。

写真中央に長方形の穴があります。穴の高さからするとドレインではなさそうですが、もしも水が溜まってしまったらここからも溢れてしまうのかもしれません。

 水の漏れ方          

前回フロリダキャンプでエアコンを使用した時では水は設置時の助手席側から多く垂れていました。上の写真でいうと右下辺りです。ドレイン穴の反対側なので、溜まってしまった水が溢れていたと考えられます。

フロリダキャンプではキャンパーが完全に水平になっていなかったはずですので、十分考えられると思います。となるとこの先もキャンパーが水平でなければ、特に助手席側が低くなっている場合は、ドレイン穴から排水されない可能性があります。

まぁ今度導入されたレベリングブロックで水平に設営することはやりやすくなったのですが、気をつけないといけないですね。

 第一対策案          

まずは折角あるのですからドレイン穴にホースを取り付けて見ようと思います。

ネットを探すとこんなものが売っていました。

 

穴に差し込んでホースを付けてしまえば完成です。一個$15と結構なお値段ですが、手っ取り早いですね。

とりあえずこれを試してみて、上手く行かなかった場合は次の方法を考えます。

 過去の記事           

【キャンパー修理】エアコンの排水

 

コメント

出入り口、其の十七

2018年12月10日 | Teardrop Camper

 タープデザイン     

ロープとポールを実際に幾通りにも立ててタープの形状を試してみました。以下のバージョンを試してみました。

  • ポール一本(小)
  • ポール一本(大)
  • ポール二本(小)
  • ポール二本(大)
  • テントポール(半円)
ポール一本だとタープ下の面積が狭くなってしまい、二本にすると広くなるのですが、部分的に雨水が溜まってしまいそうな場所ができてしまいます。
また、短いポールだとキャンパーよりも低く出来るので、雨水がキャンパーからポールの方へ流れるように出来るのですが、タープ下の高さが足りません。
逆に長いポールだと今度はキャンパーよりもポールのほうが長くなってしまい、キャンパーの方へ流れるようになります。
 
これらの条件を踏まえ、タープ下の面積を出来るだけ広く取れて、タープ下の高さを170cmは最低でも維持し、雨水が溜まらず、できればキャンパーからポールの方へ流れるように出来る形状を探します。
 
結果出来たと思われるのが上の写真です。
 
写真だけではわかりにくいかと思いますが、一本目のポールはほぼキャンパーの先端辺りに位置し、二本目はタイヤの後ろ辺りです。大体2m程離れています。
 
タープは一番奥から紫、水色、ピンク、オレンジの順になっていて真ん中の水色とピンクの部分は下へ引っ張ることで先端をキャンパーよりも低い位置に持ってくることが出来ます。(写真ではキャンパーの方が低く見えますが、実際には少しキャンパーのほうが高くなっています)多分これでほとんどの雨水をキャンパーから離れる形で流せると思います。
 
この形状だとどれだけの生地が必要になるのか調べてみます。

 過去の記事              

出入り口、其の十六 (タープ自作、Ver 2.0 - テントポール装着)
出入り口、其の十五 (タープ自作、Ver 2.0 - 生地サンプル、其の二)
出入り口、其の十四 (タープ自作、Ver 2.0 - 生地サンプル、其の一)
出入り口、其の十三 (タープ自作、Ver 2.0 - テントポールマウント試作)
出入り口、其の十二
出入り口、其の十一 (Kelty タープ Noah 9)
出入り口、其の十 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の九 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の八 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の七 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の六 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の五 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の四 (タープ自作、Ver 1.0)
出入り口、其の三
出入り口、其の二
出入り口

コメント