オヤジのバイクいじり

モンキー、隼、部品作り

スカイウェーブ電気回路不具合対応

2019-06-21 22:40:34 | バイク修理
★6/21記事。
★久しぶりのappです。
 ・作成途中のモンキー盗難からちょっと気力が失われているのが原因。
★本日、バイク屋のお仕事でスカイウェーブの不具合対応しました。
 ・持ち込まれた時点のお客様の説明は、
 ・自分でバッテリー交換して、
 ・キーonしてエンジン起動、
 ・アクセル開けて回転上げたらエンジンストップ。
 ・以降キーonするもランプ類含めて何の変化なし。
★調査開始。
 ・ヒューズボックス内の各ヒューズは切れていません。
 ・バッテリー電圧は12.8vで、まあ正常。
 ・キーonしても何の変化もなし。
 ・スターターRy内のメーンヒューズチェック。
 ・30Aヒューズ切れてます。
 ・ヒューズボックス内の15,10Aヒューズが切れないで、
 ・メーンヒューズのみ切れるということは、
 ・メーンヒューズ(スターターRy)~レギュレート本体~ヒューズボックス、イグニッションsw間の不具合しかありません。
 ・この回路はイグニッションswに関係なく、
 ・常時バッテリーの+電圧が印加されています。
 ・とりあえず、バッテリーの-端子外して、
 ・テスターで上記回路~アース間の抵抗測定。
 ・間違いなく上記回路のどこかで+回路がアースに落ちています
 ・レギュレート外すにはフロントカウル外さないとできません。
 ・下部のグロメット外すのにコツがいります。
 ・で、レギュレート外して配線部測定。
 ・異状なし。
 ・しかしジェネレーター内のコイル不具合の可能性も捨てきれません。
 ・黄色線チェック、異常なし。
 ・レギュレート本体の不具合ですね。
 ・確認のため、
 ・イグニッションsw,onにして、
 ・異状なし確認して一安心します。
 ・sw,onで異常があったらちょっと大ごとになります
 ・で、
 ・仮ヒューズ差し込んで、
 ・バッテリーの-端子接続して異状なし確認。
 ・最終確認として、
 ・バッテリーの-端子外して、
 ・レギュレーター接続。
 ・-端子接触させたら仮ヒューズの単線が切れました。
 ・幸いにもスカイウェーブの事故車が入っています。
 ・事故車からレギュレーター外して、
 ・入れ替えして、
 ・-端子接続、異状なし。
 ・イグニッションsw,on、
 ・メーター周り、ライト回り点灯。
 ・セルsw,onでエンジン起動。
 ・バッテリー電圧確認、
 ・アイドリング~回転上げて14,3v程度で安定。
 ・原因判明したので、
 ・レギュレーター外そうとしたら、やけどしそうな熱さです。
 ・こんなにも熱くなるとは思ってもいなかった。
 ・冷えるまで素手で触ることは不可能です。
★この車両にはアクセサリー部品として、
 ・オーデオ、無線などが接続されています。
 ・長時間、バッテリーが弱っている状態で
 ・定格より消費電流が多いい状態を続けると、
 ・レギュレーターにはよい環境とはいえません。
 ・アクセサリーパーツ付けているときは、
 ・バッテリーの状態に注意が必要ですね。
◎本日はここまで。

コメント