意志のなかにいる

トラバ・リンク・コメントあるようでしたらお気兼ねなく、記事に関連があるのが望ましいですね。

12月31日最初(で最後)のブログ

2006-12-31 02:01:18 | アニメ感想(06以前)
暮れもどんづまった寒日、皆さんいかがお過ごしで

今回は私の独断と偏見にもとづきまくった
今年度アニメいろいろBEST3ってのを試みようと
思います




今年度ベストバウト



3位 →→→これだぁ!




で、2位 →→→なんと!




そして栄えある栄光の第1位は・・・→→→これ






さてさてさて、わんぱく公園より狭いオタク界隈を
飛び越えて、カタギの人にも認知されるようになった
現最強属性「ツンデレ
はい、論争おこしかねないツンデレさんBEST3です~


では、3位!(そしてだれかにとっては1位)→→→この人です!



文句は言わせません!調子づいて
(そしてだれかにry)第2位!→→→この娘ですっっもひとつ




はい、偏ってます
ええでも後悔はしてません
最初は人間扱いしてもらえないのが鉄板ですなぁ

そしてそしてぇ~
今年度オンリーワンナンバーワン
ツンデレさんわぁ~

この人ですっっっっ
一話目


・・・いや冗句じゃなくってですなあ
これが最終回は滝涙無しには見られんのですよ





最後は印象に残ったシーン
BEST3!

3位!後半部



中の人などいない!以上!



第2位!!

呪われてるんだよ


いろいろ怖い


そしてオチの1位!
 ↓ 
これ




てなわけで、いろいろ押し詰まってきたので
今日はここまで
いやーアニメって本当におもしろいですねえ
ではよい休暇を

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ感想

2006-12-27 07:13:34 | アニメ感想(06以前)
いつもどおり、断片的に

おとボク 。 総括

「彼女」が「彼」だって思いながら見てた人って
どれぐらいいたのかな、かな。

ラストあたりはそのへんにけじめを
つけようとしてたとも見えなくもないが
結局うやむやで。

一つ一つは安心してみていられたけど
結局そこまでかなあ、ベホイミアニメで賞


ギャラクシーエンジェる~ん 。 総括


ロストテクノロジィの回収業まだやってたんすね

いつもどうり無内容なんで見所は

紋章機による る~んエンジェル隊(除くアプリコット)VS桜庭姉妹から
合体ロボバトルへのゼロコンボ
アクエリオンばりの流麗なメカが
アドレナリンバトルをくりひろげます



ムダもここまでやるとすごい

最初からこんな調子でやってればなあ
テンションだけで勝負!って芸風は
株式上場したりするとできなくなるのかね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウニメ感想

2006-12-24 14:37:46 | アニメ感想(06以前)
ディープが走るまでw


「よあるり」または「よあけな」または「あけるり」または「けよりな」または「キャベツ

話自体が薄いと、作画とかそういう方面のチェックが
厳しくなるよな。うむ、こうやって訓練されてない
アニメーターがよく訓練されたアニメーターになって
いくんだろうなあ。がんばれ太観アニメーション



はぴねす!

うん、「夜明け」のあとに見るとむやみに
面白くみえるなあ。作画アニメはこれぐらい
やらんとね


BLACK LAGOONせかんど 。 (総括)


さあ、ブタ野郎ども、銃の突っ込みあい
パーティーの始まりだー


非道い悪趣味になった。最高。最低。
この世で最も悪趣味なものの一つに
自分は安全な所にいながら自分を
虐めるってのがある。
マラかきみたいなもんやね。

もう、「爽快感」はない
僕らは事態をただ呆然と観するのみ。











あー面白かった




「できる子は塾を禁止に」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コードギアス感想

2006-12-24 14:12:34 | アニメ感想(06以前)
コードギアス 。 

第11話「ナリタ 攻防戦」


前回の反省をふまえて兵(ポーン)を死地に追い込み
紅蓮二式という駒もそろえたルルーシュくん
はてさて今回はコーネリア(やっぱクイーンかなあ)を
追い詰めることはできるのか
この勝負詰むや詰まざるや?


前半は戦闘パート
コーネリアを追い詰めるために
兵士を動かしたり自分(キング)自らドンパチ
もちろんATフィールド付きシャイニングフィンガーで
紅蓮二式も大活躍
イレギュラーの日本解放戦線の参戦もあって
ついにコーネリアにチェック(取手)
と、ここでお約束のランスロット(騎士((ナイト))
かねえ)
大登場

紅VS白
今年の紅白はハレハレユカイ歌わねえのかなあ
なんて悠長なこと考える暇もないぐらいの激しい
バトル
赤も白も動く撥ねる跳ぶボルテージ揚がる揚がる
視覚で捉えられるギリギリのエウレカバトル
こりゃ今年のベストバウトはこれか長門VS朝倉で決まりだな
酷使が祟ったのか二式の「右手」がブロウクン
ここで撤退に、それを追うランスロット

後半戦
虜になったルルーシュくん、とそこにまたまた
お助けライダーもといC,C,お呼びとあらば即参上
ルルを逃がすために精神攻撃を試みます
「戦わないなら帰れ」とでも父親に言われたので
しょうか
狼狽しまくりのスザクくん
と、ここでC,C,に接触してしまったルルーシュ
C,C,の無くしてしまった過去にまつわるイメージが
流れ込んできます

正直、私は安易な方法である「心内世界へようこそ」
みたいな手法はあまり好きではないのですが
今回はバッパと断片的なイメージでつないでいて
テンポよく受け入れられたと思う

何とか逃げ出したルルとC,C,
洞窟内で怪我を負ったC,C,と
寝物語じみた会話
と、そこに助けにきたカレンに

彼女は、私の大事な仲間だ

のバクダン発言
サプライズを残しつつ次回に続く・・・
と思いきや

オレンジじゃないんです・・・ゼロぉぉぉぉ~ぅ!!!

美味しいとこ全部もっていきやがった(^
愛されてるなぁ

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ雑感

2006-12-18 22:36:17 | アニメ感想(06以前)
※当ブログではアニメ・漫画・ゲーム等のネタバレを
バンバンします。というか、内容を理解していないと
(していても?)何を言ってるやらということに
なると思われますのでご留意下さい。



おとボク 。 第11話「戸惑いの練習曲(エチュード)」

「男」ってことを意識しだしたまりやと、「男」だったって
ことを知ってしまった貴子さんって図かな
秘密もバレてしまってあとは踊るだけですな

「上半身だけ裸」って絵にあんまり性的興奮を覚えない
のだけど、多分「授乳」をイメージしているからだと思う。



ギャラクシーエンジェる~ん 。
第12話「熱湯!コマーシャる~ん」 。 

なんか初代GAを見ていた時ような感覚。ゲームの方は
やってないので知らないのだけど「ロストテクノロジー」
って設定はどうなったのかな



N・H・Kにようこそ! 。 24話(最終話) 「N・H・Kにようこそ!」


「ギャルゲ」「ゲーム専門学校」「自殺サイト」
「ネトゲ」「マルチ商法」とまあひととおりの
グレーだかブラックだかの境界をさ迷った
佐藤君ですが。
私が一番ハートをキックされたのは
「モラトリアムにようこそ!」の回
母親が遊びに来るってお話のとこだったり。

「遠く離れた肉親にウソつきまくって取り繕う話」
っていうのはありがちっちゃあありがちな話で
ニセの恋人を演じてもらうってのもまだ笑って
いられるのだけど、そこで親を
「横浜中華街」に連れて行くってのが

嗚呼

ってなってしまう。
だって自分が同じ立場であってもそんなに
大差ないチョイスをするだろうから。

結局、他のこもごもは「陰謀」でカタが
つくかもしれないけど「母親」だけは
そうはいかん、と。

罵って下さい!
このマザコン!

なんとなく「宙ぶらりん」な感じがある。
良くも悪くも日々は続いていく、ただし最後に
ちょっと形をつけてみたいな終わり。
けど、よく考えてみるとこの話、大概
佐藤君は「いろんなことに首をつっこんでは
いるのだけど、行きつくとこまでいく一歩手前で
止まる」というつくりをしているのであった。

でもまあ、最後に岬ちゃんと「契約」を結ぶ
ことができたのだから、このまま「陰謀」だらけの
セカイとも何とかやっていけるのかもしれない
という希望は残ったということか。


心に残ったせりふ 「ギャルゲーって結構面白いな」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加