意志のなかにいる

トラバ・リンク・コメントあるようでしたらお気兼ねなく、記事に関連があるのが望ましいですね。

平凡、JK、古文、授業、突然の大崩壊! (アニメ感想)

2021-04-09 20:03:06 | アニメ感想2021年其の一





ゴジラ S.P 第1話 はるかなるいえじ  △+





「ゴジラ」は「昭和」の生まれなんで「昭和」の
ガジェットがそのまま「表現」として「意味」を
もつようになった、という感覚(のオッサン)
と、同時に「江戸」までさかのぼることによって「古くささ」
から逃れようとも、ゴジラ復活にあたり様々な兆候を
あらうのがそれこそ「昭和」ののんびりさ加減で
そして「怪獣」が登場すればそれこそ「時代」なんて
のんびりと味わってられないからね、旧軍隊が
「ゴジラ」を兵器として隠していた、というのは納得がいく
かつては「原爆」に対する恐怖を生物化した出自だから
令和の現代でどういう判断を下すかは興味をおぼえるとこだ。







SSSS.DYNAZENON 第1話 怪獣使いって、なに?  △+






センチな高校生たちとうむをいわせぬ怪獣使いで
ハナシがうまいぐあいに進行するねえ
「怪獣」が出れば画(動画)的にはまったく
それを真面目にやればいいだけになるんで
今回は「4人の操縦者」を初話でカタつけるっちゅうのに
チャレンジやね、しかしロボットもの自体が希少になって
しかも「複数」乗りとかそれこそ昭和のかほりよな
これは現代が経費削減中毒なだけでなく昭和は
「キャラクター」をこうざっくりと扱う流儀があった
からだとおっさんはおもうよ。







灼熱カバディ 第1話 カバディってなんだよ  △+





ここ20年ぐらいでもっとも「いじられた」スポーツよな
「カバディ」って。(多分その前は「卓球」)
「非球技」で「格闘技」で「謎ルール」で「インド産」やからね
ここで「サッカー」とか「動画作成者」とか対比てきに
「はやりもの・王道」を主人公にやらせてそして堕としこむのが
やり方自体は定番のやりかたよな、そしてルールの説明を
しながら「動画」として提示すればとりあえずはスポーツの
魅力で見られるものになるわな、しかしこの競技「男女平等」
にはおおよそほど遠いわな「ちおちゃんの通学路」でも
やっておったが、性的な視線から免れるのがむつかしかろう。







さよなら私のクラマー   第1話 みんな △+






「女子サッカーは滅亡寸前」の出だしは単なる「現実」やね
まあ逆に仮構のおはなしならばよい地合なのかもしれん
「才能の突出と孤独」は当邦の「集団性パラノイア」てき
風潮では物語の調度よい「摩擦」としてお約束やね
とくにサッカーは「スタンドプレー」がやりやすい競技だから
そしてそれで「結果」をだすこともできるから「成長過程」では
それがよく見られるのは確かだわな、とまあなにもかもが
足りない、っつう感じがすばらしいかとおもう
しかしまあ「フィジカル重視」の競技が一番はやりってのは
「男女共同」の概念からはほど遠い皮肉だわな。






ましろのおと    第1話 寂寞 △+





俺はフリーしか弾かない




 
津軽三味線は鳴らせばもうアガってしまうからね
こんだけ直に揺さぶられる和楽器は珍しいね
太鼓ぐらいじゃないかねえ、あとは
他の和楽器は「だんだん」盛り上がっていくかんじだ。
「音」を求めて「都会」に行くのはましゅまいれっしゅでもやってて
それとの差異は「津軽三味線」っちゅう楽器であることが
「メジャー」な展開から一歩はずれているうまみかと
あと最初から相当「やれる」条件としても合致しますわな
やれる人が「限界」を感じて環境を変えようとしている図で
それを提供してあげたカタチだ、しかしまあ津軽の冬は
ほんにしばれるだでな、「成長」を求めるなら南に
出ざるを得ないのがつらいとこだ。







Vivy -Fluorite Eye's Song- 1話と2話 〇






「AI」にばっかんばっかん爆発する展開で
こりゃ面白そうなハナシがはじまったってダマされたくなるわな
特に福山が調子づいたことばっかり言ってるのだからアガるよw
「歌で感動させたい」とか「発展による破滅を抑制したい」とか
これこそがAIが発展した姿で、それもあと20~30年ぐらいで
実現しているのではないかという計算らしいからね
それにくらべて「政治的行動」とか「爆弾テロ」とか
人間のやることは極めて前時代的でいやになるねえ
しかしそのみじめさこそが人間のあかしだ。



コメント

アニメ感想2021年其の一まとめ

2021-04-06 22:46:19 | アニメ感想2021年其の一






印象に残ったところ







呪術廻戦より
















あーもうむちゃくちゃだよw
余裕たららんで時間と空間のはざまで遊ぶ男
このギャグすれすれの超俺強いを映像として
提出する胆力も相当だわなあ








蜘蛛ですが、なにか? 第4話 猿、ホアー? 






もう滅茶苦茶な数のおさるさんを
あの手この手縦横無尽で狩りまくっていたんで
こちらの情報許容量がダウンした次第
この思考領域をオーバードーズするほどの
生存競争が視聴できたのはもうけものだったかとおもう





あとは回復術士とか無職転生のエロいとことか
リゼロも転生スライムも虐殺したりされたりのとこ
はたらく細胞(黒)のボッキするとことか
ゆるキャンは最終話の帰るとことか
アイドルものもどれもなかなかだったかと(ざっくり)







声優部門






諏訪部順一さん
隠神鼓八千(いぬがみ) 「怪物事変 」
両面宿儺呪術廻戦
織田作之助 「文豪ストレイドッグス わん!」
紅葉「怪病医ラムネ 」 など)






「大人の余裕」を演じさせるなら右に出るものは少なかろ
みじかくはない芸歴が「どんな事態も対応可能」てきな
感覚を生み出しているかと。






花森ゆみりさん
(各務原なでしこ 「ゆるキャン△」
紙越空魚 「裏世界ピクニック」
ロイド「たとえばラストダンジョン前の村の少年が
序盤の街で暮らすような物語 」
紺 「怪物事変」)





あーもう滅茶苦茶上手い、うますぎる
とくに「弱気」「強気」の切り替えが別人格よな
そういえばダーヴィンズゲームでもそういうキャラ
やっとったっけ。







OP/ED部門














Seize The Day
(ゆるキャン△Season2 OP)






このスタイリッシュの完全武装ぶりよ
しかしこんだけ「きれいなもの」だけで世界が
できあがっているなら、それはすばらしいことだ。














give it back
呪術廻戦 ED)





あれ、こいつらこんなに仲良かったっけw
誰も居ない画と虎杖と仲間達がいる画の二面提示がうまいね
主人公が「世界破壊ばくだん」持ちなんでそれでも受け入れてくれる
仲間がいることが信じられる、というわけね
なんか「怪物事変」の説明と同じような気がするが。



コメント

サヨナラから始まる物語 (アニメ感想)

2021-04-02 22:33:10 | アニメ感想2021年其の一





ウマ娘 プリティーダービー Season 2
第13話 夢をかける とまとめ △++





「アプリゲーム」のほうも結構なヒットのようで
発走が3年近くも遅れたのは報われたもようw
まあ、私はゲームのほうは概要ようしらんのだけど
「故障」とかどう扱っているのだろうね。
テイオーを扱うのにあたり「無敗の二冠馬」っちゅう
それこそ「ゲーム」のような状態からスタートしているわけで
故障から敗北を知ってようやくふつうの「ウマ娘」として
あるいは物語の主人公として、視聴しやすくなったわけで
これは「現実」のテイオーの歴史をアニメーションとして
「再現」したのではなくて「化学変化」をおこしたようなかたちになる
とみに「不調」時のマックイーンとかほかのウマ娘との
からませかたとかが「現実」の「不遇」な状況をすくっていたのが
「ウマ」いつくりになっていたかとおもう
最後の「有馬記念」も「ふつうのウマ娘」が勝つからドラマが
あるわけでまあそういうある意味「歴史もの」である「競馬」を
題材としたハナシで、これだけ手を加えて感動を生むのだから
まあ見事なものだ、と陳腐な感想しかでないねえ。







のんのんびより のんすとっぷ 
第12話 また桜が咲いた とまとめ △++





 桜の花が咲き乱れ




本当に最後になって分かったのだけどこの学校
「校長」とか役職もちの人がいなかったんな
先生ひとりの学校とか、流石に無いだろうねえ
あるいは「学校制度」っちゅうのから乖離した
まあ不思議な国の学校「ぽい」ファンタジーを見ていたのかもしらんね
それはまあ言い過ぎで、今期でもちゃんと「外部」の「現実」は提示
されていたからあれだけど、まあこんだけ何にも波風がたたない
「卒業式」は滅多にないだろうね、おそらく「制度」てきな「くぎり式」
ではなくて「時が流れる」ことを率直に受け入れただけにすぎないから
こんだけ淡泊でかつぬくい感触になるのかもしれない。
まあでも「3期」はまだハナシが相対的にはやく進行していたかもね
ここまではこれよりさらに「ゆっくり」ハナシをしていたのだから
その時間の浪費のなんと有意義で愉しかったことか。







怪物事変    第12話 怪物事変 とまとめ △++






こんだけ「身内」が登場してハナシが澱まないのは
「怪物」らしくバッサリやっているからなんだろうねえ
それは「現実」から果てしなく乖離したアタマのわるいオハナシだけど
手にできる数少ないホンモノの「絆」が
玉のように尊くみえるのはたしかだ。
あとこのおはなし「オトナ」が驚くほど「やなやつ」で
こんだけ純粋に嫌うのはもう珍しい領分に該当するかとおもう
とまあ当作品、「けもの」に身をやつして極めて「少年誌」てきに
純粋なエッセンスが味わえる作品だったかとおもう。








ゆるキャン△ SEASON2 第13話 ただいま  とまとめ 〇





家に帰るまでがキャンプ





なんか芸能人がキャンプする番組がちらちらあるけど
「家路」をやるやつはたぶん無いだろうね、絶対つまらないしw
本当に「寂しい」のだよね、滅茶苦茶濃い時間のあとの
情報量の少ない「平常」の時間の「さびしさ」だよ。
そしてその感覚が語れる友がそばにいるのがすばらしいんだよね
凄いのはモニタを眺めているだけのわれわれがそれがある程度
「共感」できるほどの膨大で上等な情報量を共有してきたからで
まあこれは「贅沢」な視覚の娯楽だったんだとおもう
蛇足いっておくと「現実」の旅番組やればいいというわけではないのね
萌え豚をころす勢いのめでてえキャラクターたちの創り出す「空気」と
えげつない「画」の洪水がつくりだす効果によってできあがる
「何か」を愛でているわけで、それ自体が貴重な体験なわけだ
それはある意味「旅」の本質であるともいえよう。





コメント

アニメを作ることを舐めてはいけない (アニメ感想)

2021-03-30 21:09:29 | アニメ感想2021年其の一





五等分の花嫁∬ 第12話 シスターズウォー 後半戦 とまとめ △+





文句のつけようのないラブコメ





 「勉強に我慢強く付き合ってくれる家庭教師」とか
好意を持たない方がどうかしてるってなもんで
あとはその周りで起きる「イベント」をじっくり消化
していったのが隙のないうまさだったかとおもう
しかも「過去のおもいで」までこなしているのだから
こう「5股」のずるさうまさがこれでもかってぐらい
味わえたかとおもうね。あとまあ「5姉妹」って
作中人物では弁別ができるのがフータロー以外は近親者だけで
あとは「視聴者」のみがそれができるのもまあずるいねえ
彼女たちが入れ替わり立ち替わりしているだけで
ハナシができてしまうわけで、それに不満があるのなら
なんか「特別な」何かを求めている人ってことなんだとおもう
五分にわかたれたラブをぐるぐるぐる持ち回るのだから
えらい長くこの「いい関係」が続けられるわな
「うる星やつら」が関係の決定性をえんえんと逃走していたのなら
当作品は円環の理のうちに「ラブコメ」をゆるゆると続けていた
たのしさがあったかとおもう。







WIXOSS DIVA(A)LIVE 第12話 NO LIMIT! とまとめ △+






しつこく言うけど「カードゲーム」の「強さ」をメディアで
描くのは絶望的に面白くないんで、そこの差異をどう埋めるかが
作品の質を決めるわけだね
最終話も「みんなからもらったカード」でエクスマキナとの差を
埋めていたわけだけど「実際の」カードゲームでデッキに余計な
混ぜ物をすると大概「弱くなる」わけでむつかしいわな
でも、「初心者」の観点からだと当作品は見事に「カードゲーム」の
魅力をつたえているようにもおもえるね「札(魔法)」に
託した「想い」がぶつかる闘いとか、面白くないわけがない
ダイブアライブはそういう「初心」に還ったたのしみを提示
していたかとおもう、でもその初心者も情報過多の現代だと
すぐ中級ぐらいまではいって、そして止めていくのが大半っちゅう
からーい「現実」があるのよねえ、ま、そういう「サイクルのはやさ」は
アニメの視聴にも当然あるのだけどさ。







俺だけ入れる隠しダンジョン 
第12話 負けられない戦い  とまとめ △(+)






「負けられない戦い」とかゴブリンスレイヤーさんからすれば
「いつものことだ」ってなるわなあw つまりはそういうことだ
「チート能力によって去勢されたおはなし」っちゅうことね
アニメーションとしてはそのあたりをだいぶん忠実に再現
していたかとおもうね、っちゅうか「アニメーション」
と言っていいものかどうか、「性欲(LP)」がハナシの
「エンジン」で、それを周りのオンナノコがスナック感覚で
提供してくれるのだからもうひたすらふわふわっと視聴するのみだわな
それは「死」と隣り合わせであるがゆえにメスが欲しいっちゅうのとは
ある意味真逆の売春の趣味ではあろうね、それの何がいかんのか
って言われると困るけどさ。







怪病医ラムネ    第12話 怪病医ラムネ とまとめ △+





前半は「食べ物」に「異常事態」を託していたけど
やっぱりあんまし格好がつかないからねえ、後半はひかえめやね
別にいちがいに否定ではなくて「他人の病気」を描くならば
適切な表現ともとれるわけで 、そうなるとこのラムネっちゅう
「客観的になれない医者」を描く上では適切な展開だったのかも
しれないとおもわれるね。あるいは「医者の領分」を越えて
「セイギノミカタ」をまんが的にせざるを得ないっちゅう
なやみがあるわな、いっそ「異世界」にでも行ったほうがいいのかもだが
ちょっと前にそういう作品があったわなあw









コメント

昔の作品の科学に魂を売り渡した博士の出現率 (アニメ感想)

2021-03-26 22:31:25 | アニメ感想2021年其の一






オルタンシア・サーガ 
第12話 約束~もう一度、夕日の丘で~  とまとめ △(+)





ゾンビランドサーガ





「聖遺物」っちゅうガジェットと「ゾンビ」っちゅう
強力なガジェットで強引にまとめたねえ。
死生観があいまいになると「騎士道」っちゅう「責任」を
伴う行為にケチがついてしまうわな。
道中は真面目に「騎士道物語」やっとったような気がして
それが1クールアニメとして「オチ」をつけようとすると
途端につらいハナシになったというようなよく見るアレすね
主人公を死徒にするオチとかだいたい諸悪の根源
だった前王をなぞるようで、こんだけ気分悪くハナシを
終わらせるのってある意味すげえかもしれんねえ。
「現代」において「騎士道」をつらぬくことの困難さを
当作品は正しく提示していたかとおもう。







Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
第50話 月下、出鱈目なステップ  とまとめ △++





こっちはン年かけて新米騎士の誕生で、まあ正しいよ、これで
このおはなしは「無能な主人公」がどう世界を変革するか
ってのに集中していて、そしてどう考えても「人」を
変えるしかないわけで「説得」を執念でやっていくという
とこに「言葉」が必要なわけで、その面倒くささを
アニメーションとしても律儀に引き受けていたかとおもう
何せ説得する相手がン百年も変わろうとしない相手なんだから
まさに「現実」の「説得」に劣らない面倒くささだったかとおもう
しかしまあもう「アニメーション」としての快楽は
だいぶん壊れちゃってますわな、最後は辻褄が整合して、完成した
パズルを眺める落ち着いたよろこびで「生きてる」ってかんじが
前半の「スバル死にまくりパート」に偏っているとおもう
この死生観のひどい逆転こそ「魔女の呪い」の本体なのかもしれぬ。







装甲娘戦機 第12話 世界を救う絆  とまとめ △(+)





「戦争」なんでいっぱい「死ぬ」のよね
現に1話目と周りでは「死人」がでているはずで
しかしメインの5人の少女達は「修学旅行」をエンジョイ
しているという状況がまずはボク達を惑わせるよね。
いちおう言っておくと「戦争」をつねにシリアスに描く必要は
さらさらなくて、どう描こうが勝手ではあるのよね
では「旅番組」ではどうだろうかね、「死」を隣り合わせに
する必要があるだろうかと、おもう
もちろん「死出の旅」もあるんで一概にはできんけど
「オンナノコを武装してそのコンテンツでガッポガッポ儲けよう」
って考えてる連中の「死生観」を容れるのは「わりきり」
無しには困難がいつもあるわな、最後の「次元を越えた別れ」が
その「死生観」にちょっと触れるのだろうけど、強引に纏めたからね
このオンナノコのがさつな扱い方も現代的事態なんだろけど。







SHOW BY ROCK!!STARS!! 
第12話 アノカナタリウム  とまとめ △+





「ダークモンスター」とかすっかり形骸化した設定すわな
コンテンツが拡大して「敵」と戦うよりも新キャラたちの
アピールで一杯一杯だものねえ、しかも旧キャラたちも
ないがしろにもできず、そんなこんなを「ふつう」に
まわしていくと、こういう感じになるわな、そして
別にいいんだよね、それでw
逆転裁判ごっこしたり、カニカマで誤魔化したり
里帰りしたり、そういうハナシも「音楽」さえ
あればそれが可能なのだから。しかしこの
「ポップでキュートなキャラのコミカルな日常」に
果たして「音楽」が要るのか、とおもえるのね
なんというか「作中の歌」ってOPEDほど耳に入って
こないってのはあって、それは「マクロス」とかでも
感じていたことで、「ミュージックビデオ」ぐらいまでが
「音楽」を楽しめる限界なんじゃないかとおもうわけで
まあそれは私がアタマと耳の切り替えがでけんからで
エンジョイしている人もいるだろうからね、しかし
「魂の声」なんて大仰な言葉を「アニメ」で伝えるのは
そう簡単ではないだろうとはおもうけど。













コメント

そうだね、プロテインだね (アニメ感想)

2021-03-23 21:12:01 | アニメ感想2021年其の一






WIXOSS DIVA(A)LIVE 第11話 限界だよ・・・ △+





格闘漫画で「限界」を感じるなら簡単でボコボコになればいいw
しかるに、この「カードゲーム」のVR世界においてその行為は
果たしてどれぐらい「ココロ」にダメージを与えうるか
「痛み」を感じられるぐらい「リアル」ならSAOてき
「やばさ」を描いているわけで、それはそれで一興だわな
当作品が描いているのは「ガチ勢」が敗北でうける「プライド」
てきな損失で、まあきわめてアニメーションてきな事態ではあるね
ちゅうことはこの「限界」もアニメーションてきな枠内で処理が
なされるわけでそれは「真剣勝負」からどんどん乖離していく
ということではあるわな、そもそも100連勝とか不敗のチャンピオン
とか居る時点で「くそげー」で、そんなのに血道をあげるのが
謎になっちまうが、そこを「ディーヴァ」がダマしてるって図式か。







俺だけ入れる隠しダンジョン 第11話 ノルの決意 △+





師匠を救出しようっていうんだから当然師匠をある意味
「越え」ないと納得がいかんわな、それも「チートスキル」を
伝授されているんでヒドイ困難とトンデモな発想が要求されよう。
師匠をモシャスした敵がノルの住んでいる「街」まで襲撃
してきたのはなかなかよいね、どうせなら滅茶苦茶にして
知人に死傷者でもでれば「まじめ」な展開だとおもうけど
このふやふやしたハナシでそんなことはせんだろうねえ
とういうことは「生け贄」で「自分の持ってる全スキル」を
切るのが最も妥当な着地点ってとこだろうか
「自分を犠牲にする」で事態が解決するって考えるのが
当邦の基本的な「けじめ」の付け方で、それが限界だからね。







はたらく細胞BLACK 
第13話 心筋梗塞、蘇生、変化。  とまとめ △++





おい地獄さ行(え)ぐんだで! 





動かないモノを「動け!」ってやるのはアニメーションの
最も基本的な出だしだわな、それが最後にくるとか、なかなか。
主人公が「赤血球」なんで基本的に「動く」のよね
ところがこの世界が「淀んで」動きが活発でなく
動いているのはロクでもないものばかりときたら
「不健康」を納得せざるを得ないわけで、第3者てきには
こんなに明々白々なのにいざ「自分のカラダ」になると
途端に「鈍感」になるのがまあ不思議ですわなあ
あるいは「世界⇔個」のつながりを最も簡単に提示している
ってことなのかもしれないね、しかし簡単に視聴できるからと
いって簡単に治療できるわけではないわな、AA2153の新しい
「職場」も「よくある」「職場」で「理不尽」で
その事態の明白さと解決の困難さのジレンマがこう「生っぽさ」として
「お勉強」てきな行儀良さとは一線を画す作品になっていたかとおもう。







無職転生~異世界行ったら本気だす~
第11話 子供と戦士 とまとめ △++






「異世界転生」したかとおもったらまたぞろ世界の果てまで
トバされるとかフットワーク軽すぎですわなw
しかしまあここでは元の無職ニートが基本的な人間力をつけて
(ついでに彼女もつくって)
「職」を得たような、そんな不思議な絵面にも見えてくるわな
そうなれば理不尽も失敗も当然あって、そのあたりが
「異世界転生もの」(あるいはアニメーション)がオミット
しているものを提示してくる当作品では当然なんかもしれんね
ま、実は当作品「キャラクター」がこう「まじ」なんだよね
それにルーデンスとして「まじ」で応じているがゆえの
作品の力強さになっているかと思う次第。







たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
第12話 たとえばラストダンジョン前の村の少年が
序盤の街で暮らすとこんな風になるよねって展開 とまとめ △+





 
ざっくり言うと「強さはチート、精神は村人A」のおはなしで
実際は「強さ」と「メンタル」はガッチリ繋がっているわけで
その間を冗談てきに埋めていくハナシっちゅうことになるわな
しかも「強い」ものほど精神の向上もおおむね早いはずなので
このおはなしはロイドくんの成長を期待するふりをして
いかに「遅延」するかっちゅうハナシになっていたかとおもう。
まあロリババアをはじめとして「ハーレム」がまずは邪魔
しているわな、あるいは周りのキャラにハナシをふって
じっくり熱を入れている感じだ、なにせラスボスっぽい人も
「ロイド君を英雄にするハナシだ」なんて悠長なことを言っているしな
しかしこの「時間の無駄」すらも現代人にはニーズのある「夢」
ではあろうね、それはいいことなのかそうでないのか、わからんけど。





コメント

問題なんて何もないよ (アニメ感想)

2021-03-19 22:46:02 | アニメ感想2021年其の一






転生したらスライムだった件 第34話 神之怒(メギド)  △++






「やられたからやり返す」っちゅう単純な因果をめぐって
「異世界モノ」でもっともやりたいことをやっているかと。
鍛えに鍛えた技の冴えはいかばかりか、そしてケンカを売ってきた
人間側も見苦しく対応していて「攻撃⇔防御」の入れ替わりぐあいが
的確に描かれていたかとおもう。そう「虐殺」ですよ
一方的にぶっ殺しているんだからね、それをすんなり視聴している
ということ自体が意義をもっているわけだ
30話もかけて創ってきた王国が1話でズタズタにされたら
納得がいく方便はこれしかないということを提示してるわけで
これではまるで破壊するために創造したかのような画だ。







装甲娘戦機 第11話 遊撃小隊ジャガーノート △++





 
わたしたちの戦争





人類救済の為の最終兵器をなんも知らせずに任せていたとか
これは怒っていいねw でも非常に上手いやり方かと
こういうのは圧がかかっていると失敗するだろうし
この13小隊だけでなく多分複数からのアクセスが裏にあったとおもう
「命がけの闘い」と「少女たちの日常系」をギリギリで
バランスをとるとこんなところに落ち着くのかもしれんね
それはわたしたち日本人がかつての戦争をすっかり忘れ去って
「リアルな戦争」を考えるとこういう図式になるということを
提示しているのかもしれないね、現実に戦っているものでなければ
どうしてもそれは滑稽を逃れられず、それを受け入れてこうなっているんだ。







ゆるキャン△ SEASON2 第11話 伊豆キャン!! みちゆき  △++






アヒー!





なでしこが稼働するとしまりんがスリープするという図式
このへんの視点の譲り合いが息ぴったりなかんじ。
ねぼすけでなくても、長旅で、坂登って、うまいもの食って
暖をとれば眠くならないほうがどうかしているわけで
最高の快眠を得るためにキャンプをしているのではないかと
錯覚してしまうぐらいだ。夜中にふっと恵那と語らいを
するのが素晴らしい瞬間だね、いつも本音で語っているのだろうけど
この状況で余計な考えはしないだろうから、信じられるね
ゆみりとりえりーさんがトークするのは意外と貴重な光景だ。







SHOW BY ROCK!!STARS!! 
第11話 星空ライトストーリー △+





振り返る声をかけて笑う




「思いでガタリ」とかいろいろずるい
まず「歌詞がでない!」ってのも前にやって
そしてまた海に行くw そこで大事なことを想い出すとか
すべて合理的な方法論で
ケチがつけにくいね、その上プラズマの連中も
持ち出してくる執拗さよなあ
まあましゅまいの娘達は結構受け身てきな娘たちで
そこでミディシティの濃ゆめな連中やイベントに巻き込まれて
盛り上がっていくっちゅう図式をとってきたかとおもう
そしてまたも寝坊で、メインは遅れてやってくるものなんだわなw













コメント

やられ千葉ァ!! (アニメ感想)

2021-03-16 22:02:11 | アニメ感想2021年其の一





蜘蛛ですが、なにか? 第10話 このじじい、誰? △+





「異世界転生もの」において「斬られ役」をなぶるのは
定番のたのしみだけど「人間」それも子悪党でない連中を
なぶり殺しにするのは視聴する価値が充分にあるというものだね
自分より圧倒的に強大なモノと闘ってきた経験がそのまま
弱者にはひどい暴力になるのがまあ見物だったかとおもう
魔法使いのじじいの蜘蛛子さんの強さへの賛辞がいい気分だね
しかし「蜘蛛⇔人間」のようにパートが2つあると
こうやってダンジョンを介してつながっているようなかんじで
しかも洞窟の中での時間と果たしてどれぐらい一致しているかも
あやふやで「精神と時の部屋」のようなおもしろさがあるなあ。







はたらく細胞BLACK 第12話 復帰、心臓、終焉。 △+






世界が暗闇につつまれるわけで、生理的に「恐怖」が
ありますわな、文明人のボク達はそれこそ巨大地震のような
状況にそのことを想い出すというわけやね。
しかしまあこのカラダ、「外敵」に打ち負かされるのでなく
「自爆」みたいなカタチで死にかけているのがやるせないね
もう一方の本編が頑張って「敵」と闘っているのに
こちらは「神」の理不尽に耐えているような見え方だ
この世界にこそ某回復魔術師が必要だろうw







ウマ娘 プリティーダービー Season 2
第11話 この気持ちって △++





オスのいない世界だから平然とメスが乳繰りあってやがりますぜw
オス共は「ライバル」っちゅう言葉のもとに競争を肯定するフシがあるけど
メス達は競争外の時間の過ごし方のうまさを提示してくるねえ
そういえばテイオーが勝ち負けにならなくなってもう一月ぐらい
たつんだよね、つまりこういう「日々」を送ってきたほうが
長くなっているわけで、じゃあ「不敗」を続けていてハナシを
見たいかっちゅうと多分つまらないのは分かりきっているわけで
そう考えるとアニメーションとしてこの平穏な日々は
「現実」やあるいは「ゲーム」のように「不敗」であることから
解放されたものを見せているわけで、それだけでなく当作品は
「競馬」が捨てているモノをことごとく補完しているという
まあ仮構のおはなしとしてかなりの強度に達しているかとおもう。







のんのんびより のんすとっぷ 
第10話 寒くなったりあったかくなったりした △++





雪の降り方が横っ面を殴りつけるような雪で、実に正しいw
ひかねえを挟むと実に童心にかえりやすくなるねえ
ちょっとお姉ちゃんなのに子供の領分に引きずりこみ易いのがうまみで
その摩擦力で盤面があったまるのが持ち味かとおもう。
「年賀状」でサッとほのかちゃんのことを想い出させるのがうまいね
これも20枚もくると段々扱いが雑になってくるけど
まだまだ少ない子供の、そしてその友達の価値の差ってやつだ
以前のようにほのかちゃんとはじっくりと時間をかけて遊んでいるね
ボクらにもこうやってゆっくりと時間が流れていた時分が
あったかもしれないところで、今回はきちんと「ばいばい」できて
まずは祝着至極かとおもう、ちょいと過剰に贈り物をして
再会を約束して、そんな当たり前のふるまいがれんちょんの
歳のころにはどれだけ大事なことだったか。





コメント

敵対国のコンテンツの面白さ (アニメ感想)

2021-03-12 22:22:40 | アニメ感想2021年其の一





怪物事変 第9話 家族 △++





「かあちゃん」を巡るひでえ事件を越えて父違いの妹と
はやくくっつくのがうまいやり方で、異議を申し立てにくい
しかしまあこのおはなし「家族」になるまでが異様に早くて上手いのよね
「事変」をとおして生存がスレスレになるのがそれに寄与しているのだろうね
ふつう「少年誌(微妙だが)」では「家族」は「ウザい」のよね
それを「主題」にするのにあたってこういうハナシになるということか
そうしてマセたなりたての妹に右往左往するシキを見てるのも面白い
そこにコンちゃんの嫉妬イベントもってくるのもよいね
このおはなしは「けもの」を通して女性の情愛も露骨にだしてくる。







Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
第48話 血と臓物まで愛して  △++






「死なないオンナ」をめぐる戦闘とこわーいハナシだ
ま、これ以上は分かり易くできない「怪異」だわな
ここではスバルっちゅう「死に戻り」っちゅう近しい存在がいて
「死ぬほど嫌なことを繰り返す」ものと
「嫌なことかどうかすら分からなくなった」ものが対立してる
いつも思うのだけどすぐ再生する系の「不死者」って
体とか脳が「成長」できるんかいなっておもうわけで
人間の成長が相対的にはやく感じるのは「すぐ死ぬ」からで
そういう意味ではスバルきゅんは「消滅しないけど成長する」
ちゅうとびきりの呪いがかかっているわけだね
そしていつも完成された怪物と闘っているという図式だ
ラムもロズワールから本を取り上げるのに成功して
400年だかのくびきから解放したかたち、一途にもほどがあんだろ
ってかんじでこれもまあ「長命者」との闘いだったかと。







ゆるキャン△ SEASON2 
第10話 伊豆キャン! はじまり △++





しまりんは手堅い旅行番組のたのしみで
それに加えて「旅行先のトラブル」が
なまなましくある美味しいことどりよな
みんなちゃんと下調べとかしてるんだよね、それでもある
そういう「自然」にかかわることや「新規」にかかわることが
いつもこの作品の風通しをよくしているわなあ。
あとこの作品のキャンプ慣れした先輩方が「邪魔」に
ならずにむしろ偉大な存在として助けてくれるのが
なんかこうしみるのよね、「立派な大人」に趣味を通して
ふれられるのはそれだけで御利益があるというものだ。







ひぐらしのなく頃に業 第23話 郷壊し編 其の六 △+





「カケラ集め」っちゅうスピンオフ大肯定の展開で
今まで視点があたってなかった沙都子に出番ですわな
「全部の視点を確認する」っちゅうのは当作品の愛好者と
ほぼ同じ視点を手にれるっちゅうことで
まあ一歩「こっち側」に来るということだ
そうやってアタマを徹底的に鍛えて理不尽な「暴力」に
立ち向かうことが当作品の(あるいは子理屈系)のモチベーションですわな
ここでは徹平っちゅう「暴力」を代表するキャラが繰り返し
「死ぬほど」わからされてようやく人格の修正のきざしがつくのが
おもしろかったかとおもう、まあ逆に一般的な「DQN」の
ひとらっちゅうのはこれぐらいしないと反省しないというふうに
私も思うわけで、まあなんだかんだ極まっているのはたしかだ。





 
 
コメント

もしもし輩(やつがれ)です (アニメ感想)

2021-03-09 22:11:55 | アニメ感想2021年其の一






蜘蛛ですが、なにか? 
第9話 アイキャントスピーク、イセカイゴ?  △+





今までハナシにならないモンスターとばっか
戦ってきたから自分の脳内以外で会話が成立しない不思議さw
しかしまあ「不思議のダンジョン」だからねえ
あのゲームは「イベント」が極力排除されていて
プレイヤーがゲームシステムと直にふれあっている感じがするのよね
蜘蛛子さんもだんだん力がついてきたけど邪神だの魔王だの
まだまだ愉しませてくれる要素が盛りだくさんで
いつかそういう手合いとやり合うのかもしれないね
まあ、とりあえずスキル欄がごちゃごちゃで何とかならんのかw






WIXOSS DIVA(A)LIVE
第9話 運命だよ! △+





富田美優のゲーム好きキャラ担当率





 正体を隠したチャンピオンとお友達になる、とか定番のイベントで
しかも1クールのアニメを消化するのには必要なインフレでもある。
ときに「カードゲーム」では1発勝負なら世界王者も
そこそのプレイヤーに敗北することはあるわけでそこは
「麻雀」といっしょなわけで、それを逆手にとって
因果律逆転世界のキャラクターものとして「咲」が
ヒットした理由になっているわけで、「100連勝」っちゅう
途方も無いインチキをもって「夢」を見させている「無限少女」
を持ち出してこの作品から「リアルさ」から脱却
させているようにもみえるわな、善し悪しではなくてな
まあ「オンゲー」に舞台がかわって、そして「リアル」も
そっちに軸を移しつつあるしな。






俺だけ入れる隠しダンジョン
第9話 夜会へゴー △(+)





幼なじみと新しいオンナ





「対人戦」ひさしぶりよな、っちゅうかほとんど初か
怪盗に恋人がさらわれるとか30年来見てねえ設定だわw
というのも「誘拐」って「リアル」にやると果てしなく
気分が悪くなるハナシで、「怪盗」のやる格好の良い行為とは
おおよそ対極にあるゲスな行為だからだね、なんで
当作品でやってるようなほんにゃらごっこぐらいが適切なんだろう
むしろ真剣度は前話のように「ドリア-ド」を魔物から救う
ってほうが納得がいくところだわな。







たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
第10話 たとえば「ネバーランドに一泊二日してくる」
並みにありえない伝説の村への帰郷  △+






「ラスダン前の村の住人」がふつうの村人Aみたく生活
してるっちゅうのは「ゲームてきギャグ」ですわな
あるいは「1周して」こういう生活をしているのが納得がいくか。
同時に「常識の相違」がそのまま「もうけばなし」
みたくリホを魅了するのもわかるね
むかしのRPGみたく次の村まで全力で逃げて
武器防具を買って強くなるようなやり方だw
しかし故郷に帰るとロイドくん本当に存在感が無くなるねえ
彼が「主人公」らしいハナシに巡り会うまでこのおはなしは
もうちょっとだけ続くのだろう。







ウマ娘 プリティーダービー Season 2
第10話 必ず、きっと △++





「やめないで」とか部外者のエゴそのものですわな
しかしまあ冷静に考えてみれば当作品
「馬」に「人格」と「女性のカラダ」を与えてそれのレースを
見てオトコどもが喜んでいるのだからエゴそのものなんだよねえw
しかしまあもうちょっと温和にかんがえると
スポーツにおける「怪我」っちゅう残酷な「現実」に
応援しているだけの輩にくちばしをつっこませる機会を
与えてくれているってだけでも当作品には一見の価値が
あるともいえるかもしれんね、あるいは「大衆」っちゅう
「プロ」とはもっともかけ離れた存在が支えているっていう
矛盾を当作品をみていても考えさせられるってところはある。





コメント