取水口改造

2018-10-16 09:55:39 | 投稿記事

取水口改造
会員番号62-62
澤井 清信

2月の法隆寺運転会報告にも書きましたが、内山編集長のロケット号のハンドポンプのWP-18の詰まりの件で、私のロケットも確認してみました。見事に詰まっていました。石炭の燃えカス(シンダー)の細かい物が詰まっていました。詰まりを取り除き動作確認したところ嘘の様に軽く成りました。

そこで、どうしてWP-18が詰まったのか疑問でした。他の機関車でも水タンクにシンダーが入る事は有るのに、この様に詰まる事が少ないのでは?と。

今回以前から“水樽”から水漏れが有ったのでその対策のために樽の蓋を開けました。確かにシンダーが結構入っていました。そこで前出の疑問が解けました。
他の機関車は水槽の中にハンドポンプが水没している事が多い。ロケット号は外付け!!そうです、水槽の底の水まで吸い込み易いのです。

そこで、取水口を少し上げて底水をすわない様にしてみました。写真貼付します。(正否の結果はすぐに出ないと思います。)

別件の煙突も掃除しましたので、来月はロケット号でリベンジです。

 


取水口

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 平成30年9月法隆寺運転会 | トップ | 平成30年10月法隆寺ナイター... »
最近の画像もっと見る

投稿記事」カテゴリの最新記事