新運転会場とクラブが出発!!

2011-04-28 18:00:58 | 投稿記事

新運転会場とクラブが出発!!
会員番号31-117
岸田  弘 様

 先週、この掲示板でご紹介した千葉市蘇我の新しい運転会場「花の駅そが」のレイアウト(正式名:フェニックスレイアウト/通称:蘇我レイアウト)とNPO法人「蘇我ミニトレインクラブ(以下蘇我MTC)」が2011年4月24日(日)、順調にスタートしました。Photo

▲笑顔の会員が集う

Photo_2

▲出発式でくすだまを割る

Photo_3

▲青空に舞うくすだま

 前日23日には「花の駅そが」の運営会社の主催で、熊谷市長や市内の5つの幼稚園児を招待して出発式を予定していたのですが、雨天のため急きょ中止。24日が実質の出発式となりました。

Photo_4

▲武田理事長の「出発進行」

Photo_5

▲特急「わかしお」をバックに始発列車出発

 このレイアウトは前回ご紹介した通り、2年前に常設レイアウト「ひめはるの里」を失ったOSLSC関東のメンバーが中心となり、NPO法人「蘇我MTC」を設立し、車両の運行を担当します。待ちに待った関東地区の常設運転会場だけに、新たに立てられた「フェニックスレイアウト」の看板アーチの下に、久し振りにメンバーの笑顔が揃いました。
 10:00、打ち上げ花火の合図で「ハーバーシティ蘇我」久保下所長、「蘇我MTC」武田理事長の手でくす玉が割られ、一番列車が出発!!  タイミングよく外房線特急「わかしお」が後ろ
を通過し、(NPOの予算規模に合わせ)100円ショップで整えた祝賀準備に華を添えてくれました。このくす玉、写真のように青空の下で元気にはじけていました。Photo_6

▲子供に人気の新幹線/石川安さん

Photo_7

▲親子の笑顔を載せて

Photo_8

▲レストランテラス前を通過

Photo_9

▲家族のリクエストでロマンスカーも運客を

C11

▲C11のバック運転を楽しむ石川○○さん

今までのOSLSC関東の運転会との最大の差は、「市民の運客責任」があること。このため全員がボランティア保険に加入し、外周線は7.5吋乗用台車を使えるようにしたり、乗客誘導やポイント操作を分担し、メンバー全員が安全運行に心配りをすることが必要ですが、今までのOSLSC関東の活動結果が実り、一人ひとりが自主的に活動していました。S6

▲今回はS6で/大西さん

Photo_10

▲自由走行を楽しむ守田さん

Photo_11

▲無事、運客を終えて

Photo_12

▲神戸から駆けつけ石炭がら掃除/内山さん

 事前計画では外周線(7.5吋+5吋)は運客用、内周線(5吋+3.5吋)ではメンバーの自由走行を予定しスタートしましたが、「ミニ鉄道が走っている/乗車は無料/行列がある」ことが知られると共に行列が伸びて来ました。外周線の列車本数を増やすと渋滞が起きることが分かり、急きょ内周線での運客を始めました。この判断の結果、10~20名の行列が連続的に続くが、混乱にはならず、逆に「蒸気に乗りたい、新幹線に乗りたい、ロマンスカーに乗りたい」と言うお客さまのリクエストに応えるゆとりができました。混雑時のために「乗車整理券、乗車打切り看板」等も用意していましたが、この日は使わずに済みました。
 出発式初日のお客さまは791名。何よりも「子供たちの目の輝き、喜びの笑顔が溢れた」運転会となりました。来月は5月22日(日)、お客さまがさらに増えそうです。
以上
---------------------------------------
◆蘇我ミニトレインクラブについては、別途紹介される記事をご覧ください。


蘇我ミニトレインクラブ 概要紹介

2011-04-27 17:27:31 | 投稿記事

蘇我ミニトレインクラブ 概要紹介
会員番号31-117
岸田  弘 様

千葉市蘇我に誕生した「NPO法人 蘇我ミニトレインクラブ」は、ハーバーシティ蘇我にある施設「花の駅そが」のレイアウトの運行管理を担当すると共に、特に「ミニ鉄道の構造・取扱い技術の伝承、鉄道文化振興の活動を進める中で、青少年育成、地域貢献に寄与すること」をめざし設立されたクラブです。その概要は次の通りです。
 
◆名称:NPO法人 蘇我ミニトレインクラブ(以下蘇我MTC)
◆理事長:武田 光市
◆住所:千葉市中央区川崎町51-1
 ハーバーシティ蘇我 管理事務所内
◆電話:090-1423-8014(理事長携帯)
◆E-Mail:k_takeda@pb3.so-net.ne.jp
--------------------------------------
◆正会員:NPO法人 蘇我MTCの会員(社員)登録が必要です
◆会費:年間1万円(入会金不要)
◆活動:
①蘇我レイアウト運転会時の運行管理
②他クラブ・レイアウトとの交流
◆蘇我運転会の開催日時:
①原則毎月第三日曜日(8・9月を除く)
8:30~17: 00
②10:00~12:00、13:00~15:00は運客
◆レイアウト:
①名称:フェニックスレイアウト(正式名)
    蘇我レイアウト(通称)
②ハーバーシティ/「花の駅そが」園内
③外周線/7.5吋+5吋(主に運客用)
内周線/5吋+3.5吋(主に自由走行用)
線路延長/290m(内外周+渡り線)
◆持込み車両:
①OSのレール、ポイントを通過すれば自作、キット組立、完成品を問わない、メーカーも不問
②ゲージは3.5吋、5吋、7.5吋
③蒸気機関車についてはボイラー検査カードが必要
◆ビジター:
①本クラブの趣旨、ルールに賛同する方のビジター参加を認めます
②ビジターフィー/1回1000円(ボランティア保険料含む)
③状況により、運客、運行管理のお手伝いをお願いすることがあります
◆その他
①「OSLSC関東支部」とは別組織です
②入会希望者は別途定める入会申込書を提出いただきます。
③会員、ビジターは、クラブが指定する「ボランティア保険」に加入していただきます(手続きは事務局で行います)
別途、個人補償のために「ミニ鉄道保険」の加入をお勧めします
④4月24日現在正会員20名でスタートしています
皆さまの積極的な参加をお待ちしています
------------------------------------
問合せ先
①OSLSC事務局 藤坂 泰一 様
②蘇我MTC 会長 武田 光市
 携帯:090-1423-8014
 E-Mail:k_takeda@pb3.so-net.ne.jp

Photo

▲レイアウト入り口/後ろは房総特急「わかしお」

24

▲4月24日の開通式で


蘇我に新たな運転会場とクラブが誕生

2011-04-20 14:42:23 | 投稿記事

蘇我に新たな運転会場とクラブが誕生

会員番号31-117

岸田  弘 様

 2011年4月23日(土)に千葉市蘇我に新しい運転会場とクラブが誕生します。
 運転会場はJR外房線の脇に広がる広大なショッピングモール群(3つのショッピングセンターの他、エンターテインメント・スポーツ等の複合施設)からなる「ハーバーシティ蘇我」の中の東京寄りにある「花の駅そが」の公園内に、運客用7.5+5吋、会員用5吋+3.5吋の2本のレールを敷設するもの。

Photo

「花の駅そが」入口/後ろに京葉線

また、クラブは運客等の運営のために新たに設立されるNPO法人「蘇我ミニトレインクラブ(以下蘇我MTC)」です。実はこのクラブ、OSLSC関東の支部長武田光市さんを中心に関東の会員が設立をお手伝いして生まれたクラブで、毎月の運転会の他、鉄道を核としながら模型全般の振興を図りたいと大きな夢を持って発足します。

 開通に先立ち、4月16日(土)‐17日(日)、公園内に完成したコンクリート路盤に線路を敷設し試運転をするため、蘇我MTCの参加希望者が2日累計で22名集まりました。16日朝、新しい運転場に期待する仲間が集まり、先ずは公園と路盤の様子を確認します。外周線は10R、内周線は7.5R、一部に逆Rを使った変形オーバルで、この運転会場計画を実質全面協力してくれたOS藤坂さんの苦心のデザインです。更に工事で出た残土を東西の曲線中心点に盛り土をした結果、どこからも線路全体が一望できない造りになっていました。

 そして線路の搬入。OS藤坂さんの車から真新しい7.5+5吋レールを搬入。更に倉庫に預けていたひめはるの里で使っていた5+3.5吋のレールを移送し、藤坂さんの指示でレールを敷設して行きます。

Photo_2

車両から資材を降ろす

Photo_3

レールを種類別に積み上げるPhoto_4

レール敷設Photo_5

息の合った共同作業

ひめはるの里で本線乗入線の工事、JAMでの設営に慣れたOSLSC関東のメンバーだけに順調に作業が進みます。一日を予定していた線路搬入~敷設工事は12時前に完了。先ずは敷設完成の記念写真です。

Photo_6

敷設完了/記念写真

 昼食を予定していた「花の駅」のレストランが満席のため、そのまま倉庫の前に椅子を並べ、昼食後に予定していたNPO設立総会を開催し、定款、役員、ボランティア保険等について熱心に話し合った後、「理事長を武田光市さんとする」等、全員の賛同を得て議決しました。(その後武田さんが18日、千葉県庁にNPO設立の申請書類を提出、受理されました)。
 その後レストランで昼食、歓談の後レールの調整等夕方までゆっくり楽しみました。

Photo_7

設立準備総会

 翌17日は試運転会。京葉線を通る車両をバックに石川さんの新幹線が走ります。成田さん(C21)は1年振りの参加。大西さん(BR24)も久し振りの火入れです。

Photo_8

京葉線脇に新幹線! /石川さんPhoto_9

笑顔で参加の/成田さん

Photo_10

花の中を行く/大西さん

 23日の開通式に向けての準備もメンバーが自主的に進めます。7.5吋乗用車両3台分の椅子は石川進一さんが23日までに用意するとして採寸を…。ドローバーは大石さんが前日提供を申し出て、翌日には持参しこの取付作業も完了。早速青木さんのOSパワーユニットを使ったDF50に連結。青木さんの7.5吋、5吋の乗用台車を加え6両の乗用台車に7人の乗客を乗せて長編成の試運転も…。パワーユニットの余裕の牽引力と7.5吋の安定感、完成度の高いコンクリート路盤の効果で快適に走ります。恐るべしパワーユニットの底力。Photo_11

ドローバー取付

Photo_12

パワーユニットの底力Photo_13

エンジン駆動のトピーも参加

 4月23日(土)は11時に熊谷千葉市長のあいさつで開通式を開催。その後市内の5つの幼稚園児を招待しての乗車会を行います。
 また。24日(日)は10時から一般客を対象とした乗車会を予定しています(今後は7、8月を除いた第3日曜日に開催)。
また、各地のクラブ、運転会等との交流も積極的に進めて行くそうです。
 新しく出来た運転会場とクラブの発展を大いに期待しています。

◆蘇我ミニトレインクラブについて
①「花の駅そが」の運転会場を中心に活動するNPO法人です。参加希望の方は法人の会員になることが必要です。
②このため、OSLSC関東とは別組織です。
③車両はOS製品に限らず基本的には何でも参加できます。
詳しくは、別途情報提供されると思います。
◆「花の駅そが」は、http://nexus-inc.jp/hananoekisoga/を検索ください。
◆「ハーバーシティ蘇我」についてはhttp://harborcity-soga.jp/を検索ください。


神戸メリケンパーク運転会のご案内

2011-04-08 11:12:18 | 投稿記事

神戸メリケンパーク運転会のご案内
No.66-35 内山利晶 様

東日本大地震で多くの方々が被災され大変な時ですが、今年も、神戸の港に面した市民の憩う公園で、第4回目を迎えます「ミニ鉄道フェスタin神戸メリケンパーク2011」を開催します。
昨年は、秋に開催しましたが今年は会場の都合で5月に開催します。今回も線路の敷設・撤去を伴う手づくり運転会ですが、ミニ鉄道愛好家の皆様のご参加をお待ちしております。

主  催  カワサキワールド(TEL 078-327-5401)

日  時  平成23(2011)年 5月21日(土)~22日(日)

会  場  神戸メリケンパーク(約9,800㎡)内  神戸市中央区波止場町2番2号

線路構成  仮設線路

・川重製作5吋専用 本線、約500m変形エンドレス 延べ600m

・個人製作15吋(現在調整中)

・3.5吋は敷設しません。

参加車両  OS製を始めメーカー・自作を問いません。

詳細につきましては、参加要項および参加申込書をご覧ください。

参加要項はコチラ→「11youkou.pdf」をダウンロード

参加申込書はコチラ→「11moushikomi.pdf」をダウンロード