晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飾り付け 一安心の 文化展

2013-10-31 23:04:36 | Weblog

飾り付け 一安心の 文化展

25年10月31日 ≪木≫ 曇り霧から晴れの寒い日。  神無月終わり神戻るか  120日目     4度と一番低い朝

トップニュース「天安門車突入5人拘束 共謀容疑 全員ウイグル族か」

濃霧の中に昇る朝陽

 夜半のトイレと血痰少々で、熟眠するが明け方には部屋が冷え込んでいる。明るくなって来ないので、ベランダを見ると露で濡れており朝陽は雲の中である。

霜で濡れる庭と仕舞い忘れたイモ干し

 紅葉に色づいた庭にも霜が降りており、昨日仕舞い忘れたイモ干しが石の上に載っている、

午後には雨に降られ、夜は寒いだろうに霜に遭いと散々なイモ干しである。果たして食べられるか?

盆地は一面の霧世界

 浅間は厚い雲の中で、あたりも霧で霞んでいる山水画モードの朝である。

SPCゆり班の学習会

 13名とパソコンが7台も空いている。農繁期でもないのにどうしたことか。出席者が少ないようだ。

花の写真をコラージュ機能を使って、展示会用の作品を作成し印刷する。

展示用ボードに作品を飾る

 先生や生徒たちで、11月15日の活動報告会用の作品をボードに収める。

ばら班のリラックス体操

 15名とこちらの参加者もいつもよりは少ない。ワードで同窓会案内状を写真と地図入りで作成し印刷する、

熱中してしまい15時40分とタイムオーバーするほどである。作品集のボードは定例会に作成とする。

沈みゆく夕陽を車中から

 佐久からの帰りには早くも西の空に夕陽が沈んでいく。

夕陽に染まる夕焼け雲

 夕焼けに染まる空を眺めつつ、公民館に向かう。

活け花で引き立つ文化展・俳諧師6人衆作品

 文化転用の写真を入れ替えて額2枚を、ふるさと交流館に届ける。

そして公民館で、教育委員会のお手伝いをもらって俳句の提示を2階にする。

 町議であり。活け花の先生であるTさんのアイデァで、俳句ボードの下に活け花を置いてもらう。グット映えてくる。

一茶生誕100年記念掛け軸

 Y氏の父である故源太郎氏の書いた、歴史的にも価値のある掛け軸であるようだ。任務完了でほっとする。

かわいらしい美女人形6人衆

 ときめき人形会が作成した6人のかわいらしい人形も飾られている。

MJIの同期であるY氏は先に肺がんの手術をして退院していた。抗がん剤や放射線治療で会議にも復帰されていたが、最近

は顔を見せなかった。今夜の緊急連絡ものによると,昨日死亡されて3日が葬儀とか。まったく信じれない死亡である。

 3日はふれ愛の意ベンチがあるので、2日に自宅に通夜に行くことになる。

まったく一寸先は闇を実感する、いつがわが身かと他人ごとではない感じである。

 こちらの方が余命6か月を告示されているのに、少しというか120日が延びているのだ。欲を言うとあと3年を願望する。

八重の秋明菊の株をSPCばら班のTさんからいただいてくるが、文化展の飾り付けをしていたら18時過ぎと真っ暗になるので水をやっておいて明日の朝に植える予定である。大事に育てて花を咲かせたいものだ。 

 

 日本シリーズ 勝てば日本一に王手の試合・9回に2:2と巨人が追いつくが、0回の表で2点を追加して・・・

10回の裏は0点で、楽天が日本シリーズに王手をかける。2勝3敗の成績となる。素晴らしい楽天に、面白くなってくる!!

 仙台に帰っての勝利を誓う星野監督である。

 

コメント

豊作や 藁燃す煙 太長く

2013-10-30 22:40:07 | Weblog

豊作や 藁燃す煙 太長く

25年10月30日 (水) 晴れから曇りに、そして小雨降り出す寒い日。  119日    13度

トップニュース「小中高生・保護者が学校評価  県教委来年度から 匿名で5段階授業も評価」

慌てて逃げ出す臆病な町鳥・キジ

 

 昨夜は治療をしてもらったので、夜半での血痰は出ない。5時にトイレに行っただけである。

明るくなってこないが、”ゲン!ゲン!”と今まで聞いたことのない鳥の鳴き声だする。

もしやオスのキジではないかと、ベランダからそっと覗くと、やはり町の鳥であるキジが鳴いているのだ。

 カメラを向けるが、銃口と間違えたのか臆病にも飛ぶように藪に逃げ込んでしまう。

メスに愛を伝えるのには、こんな声変わりの鳴き声では無理だろうと思う。やはり「ケン!ケン!」と鳴いてほしい。

豊かな町にのどかに昇る白い煙

 

 風のない日にはコンバイン刈した藁を焼く煙が立ち昇っている。風があると先日みたいに、消防車が出動する火事になることもあるので慎重に焼いてほしい。

木陰の合間から昇る太陽

 

 朝のうちは晴れ間があり、お日様が昇っていたがやがて曇りから、雨にと変わり気温が上がらない日である。

人生の執着点・肥後で過ごした宮本武蔵最後の5年

 

 ジバング倶楽部11月号が送られてくる。特集は”保護に眠る武蔵”である。

昨年の旅行で九州の熊本城・加藤清正が築いた城を見学した。すばらしい城に感嘆の声を上げたのを思い出す。

 でもこの細川家の客人として晩年を過ごした、二刀一流の構えの姿像を見た記憶がない。残念であった。

剣豪としても名高い武蔵我、その生涯の集大成として記した「五輪書」は、後世まで平和な世を守るための武士の心構えを著した書でもあるという。

武蔵の兵法とは、勝利のためのコツであると同時に、己を含めた人を生かすための方法論だったという。

 今の世の中にも役立つ、活用できる「五輪書」であるようだ。

 この夕焼け雲で明日のお天気は?

 全国的には暖かな日というが、昼間の気温も上がらない。

雨が降っていたが、夕方のは止んで夕陽が黒い雲を染めている。明日のお天気はどうだろうか。ゴルフでもないのでどちらでもよいのだが・・・

秋風に舞い踊る木の葉  

 引退後は濡れ落ち葉にはならない!と心に決めていた。その通リに舞う落ち葉を自称して活躍?していたが、手術後は無理をすると体力が落ちて命を削るようなものだとドクターの声。このところ枯れ落ち葉化して。風は吹くと舞う状況である。

 昨日の高齢者講習でも,枯れ葉マークを買う人もいたがまだこれはつけたくない.法で義務付けられるまでは・・・

 

 「打撃の神様」と言われ、巨人のV9を成し遂げた川上元監督が93歳で亡くなられた。

そんな巨人は楽天に日本シリーズをリードされている。がんばれ!巨人!!

22時25分 6対5で勝利し、成績を2:2となり面白くなってきた。

川上の死で喪章をつけての勝利でホットしたであろう。

 テレビは相棒と水谷の「相棒」を観る。一日一茶関連の本を読むが、良い句が出てこないのは才能ゆえか。

昨年の九州旅行での土産品・「竜馬伝」1本残っていた便の封を切る。

さわやかな口あたりは。時代を駆け抜けた竜馬をしのばせる味である。宮本武蔵に刺激されたのか。

 そして巨人の勝利への祝杯でもある。寺内の活躍が光っているようだ。

コメント

教習の 実技に憎し 秋の雨

2013-10-29 23:55:44 | Weblog

教習の 実技に憎し 秋の雨

25年10月29日 (火)   曇りから雨に、気温の低い日。     118日  5度

トップニュース「天安門前に車突入 炎上 北京 5人死亡 邦人1人けが  中国政府に抗議か」

お日様は雲の中で寒い朝

 

 肌寒くなって覚醒する。曇り空で明るくなってこない。でも燃えるゴミ出しの日なので、起床し朝ドラを楽しむ。

夜半の血痰がだいぶ多く、貧血気味である。寒さを余計に肌に感じる。

 お日様はやはり厚い雲の中に昇っている。

霧にけむる浅間の景観

 

 あたり一面が霧にけ塗っており、浅間山もぼんやりとしか見えない。

秋の夜長を鳴き通したキリギリス

 

 寒い朝なのに、白い壁に止まって動かないキリギリス。長い秋の夜を鳴き続けてさぞやお疲れであろう。

鳴き疲れたように、寒さもあり動かない。余命わずかの感あり。

雨に濡れ色鮮やかなウルシ

 

 ゴミを出しに行って帰ると、雨が降り出しそばの色ずき始めたウルシの葉を濡らしている

鳥の食べ残したナナカマドの実

 

 たくさんの赤い実をつけていたナナカマドであるが、いつの間にか小鳥たちの餌になって残り少なくなっている。

運転者免許の更新講習会場

 

 川西自動車学校で13時から、高齢者対象の運転免許証更新講習が開催される。

近所の86歳の高齢者など6名が集まり、6000円で3時間も講習とは…など試験管を前にして言いたい放題である。

ペーパーテストの後のテレビ学習

 

 テスト中はしゃべるな!指示にも私語の多い野は80代の高齢者たちである。75歳以上の6名が集まったようだ。

模擬運転の機械で運転を

 テレビのあとは3人ずつに分かれて、運転実技とこちらでの模擬テストである。

 

視力テストで真剣に覗く

 

 3種類の視力テストを終えて一休みの、番茶タイムである。

そのあとで雨の降る中での運転実技を交代で行う。終わって修了証書をもらったらちょうど16時である。

 望月の写真屋や病院で母の薬をもらっての帰宅である。

 風呂にゆっくりと入ってから、いつもの生体電流治療を受けに敬妻と行く。

たっぷりと治療をしてもらい、帰宅したのは22時40分である。それから夕飯を食べていたら29日が終わりそうになる。

 忙しく充実した29日である。

コメント

秋雨に 濡れた枯草 白い煙

2013-10-28 21:00:08 | Weblog

秋雨に 濡れた枯草 白い煙

25年10月28日 (月)  晴れて気温が低い日、風は吹かず。     117日  5度

トップニュース「長野市長に加藤氏 4氏を破り初当選 投票率42.0% 3番目の低さ」

秋晴れの空に昇るお日様

 

 寝ていても寒さを感じるような朝である。夜半にトイレに4回も起きたので熟眠の満足感がない。

母がショートに行く日なので起きて、103歳となった記念写真を撮る。

入れ歯が入らなくなっており頬がやせて見え、目を閉じているので満足写真とはならない。

 晴れた秋の空にお日様は昇っており、温度計は最低の5度と寒いほどの気温である。

紅黄葉の鮮やかな庭の木々 

 

 寒さの影響で色ずく紅葉がきれいである。

長野市長・加藤氏70歳が初当選するが、投票率が42%と低いのは関心がない市民ゆえか。

各地での市長選結果が乗っているが、みんな30%台と投票率が悪すぎる。これでは民意を反映しているとは言えない。

濡れて燃えない枯草は白煙

 

 朝敬妻に言われてゴミを集荷場に持っていくと、小屋の中が空である。こんなに早く集荷されたのかと不思議である。

小屋の中のカレンダーを見ると、なんとお休みとなっているのだ。なぜ?今日がお休みの日なのか。

 お天気も良く風もないので、ビーバーで刈ってもらった草を少しでも燃やそうかとかき集める。

すぐ下は台風での雨で濡れており、燃してみると白い煙になってしまうので、枯れ木を集めたりして中止する。

 でもこの後お茶を飲んでいると、多量の血痰が出てきて止まらない。咳も出ると散々である。

このくらいな作業で出るとは困ったものだ。

 ホールインワンを達成したY氏のコンペに参加しなくて正解であったか。

ヤマボウシの下には赤い菊の花

 

 ついでに散歩を兼ねて庭を歩くと、ヤマボウシの下にこんなにきれいな菊の花が咲いている。散歩のご褒美か。

晴れた空に映える浅間山

 

 木の合間から見る浅間山は、青く晴れた秋の空に映えて見える。

南の空には羽衣雲湧き

 

 午後には雲が張り出してきて、南の空には秋の羽衣雲が浮かんでいる。

山裾の人・T氏が出来上がった「たてしなエコ・クラブ会報 第11号」を届けてくれる。

そして26日に開催された「町内の井戸めぐり学習会」の資料も持ってきてくれる。

こんな会議があるとは知らなくて、残念に思っていたのにありがたいことだ。早速に資料を読んで知識の向上にする。

日向で一休みの赤トンボ

 

 陽だまりに赤トンボの群れが飛んでいる。寒さのせいか、少し動きが緩慢になっているようだ。

暖かな硝子戸の下に、一休みと止まっているトンボが多い。秋の深まりを感じさせる風景である。

夕焼けに染まる空と雲

 

 西の空に沈んでいく夕陽が、あたりの雲や空を茜色に染めている。

文化展用の写真と、俳句の短冊は準備できた。俳諧師2人から忙しいのかまだ届かないが間に合うだろうか。

コメント

秋晴れも 息切れ激し コンペ止め

2013-10-27 21:04:20 | Weblog

秋晴れも 息切れ激し コンペ止め

25年10月27日 (日)  晴れも肌寒い日。2日目の疲労感あり。   116日目    8度

トップニュース「口腔管理で菌血症減少 口内の衛生改善 がん患者ら入院期間短縮 信大など3病院確認」

秋空に映える浅間山

 

 夜半の血痰は少量であり、薬が少しは効いているのか? 明かるかなてくるが冷え冷えとする朝である。

新聞を取りに行くと、温度計は8度と低九肌寒い日である。朝ドラのない日曜日で淋しい感じがする。

 寒空に浅間山がすっきりとした全容を見せている。

噴煙なびき小浅間には白い雲

 

 しばらくすると浅間の峰には噴煙がなびき、小浅間には白い雲が浮かんでいる。

咲き残る赤いコスモス

 

 シルバーさんがビーバー除草で残しておいてくれた、コスモスが寒そうに風に揺れている。

おお昼はマカロニグラタンを!

 、今日は敬妻がグラタンを作ってるれる。たまにはこんな昼飯もいいもんである。

25日の坂道・石の階段の疲れが出てきたのか?息切れがする。

 明日はゴル友のホールインワン記念コンペが丸子GCであり、エントリーしておいたのだがTドクターが免疫力向上をと親切にアドバイスしてくれるので、残念ではあるがお断りする。

 無理をすると血流が悪くなり、肌の色が黒くなるのですぐに露見してしまうのだ。

そして31日の立科会も不参加となる旨、K幹事さんに連絡し、併せてN副会長にもよろしくとお願いをする。

ブリジストンオープン・丸山大輔がV

 

 昨日中止となっており、前日首位で並んでいた大会3連覇を狙う、谷口を振り切って丸山が―10で隆昌する。

これが18番ロングでのバーディパットである。

 女子のNOBUTAは、前日首位の横峯が今季3勝目、通算で21勝目を飾る。賞金女王レースも激戦化してきそうだ。

夕陽に染まる噴煙

 

南西の夕焼けと紅葉

 

沈んで行った夕陽に染まる雲

 

 寒さはやわらがないが、夕方には夕陽があたりを染めている。今日一日の無地を感謝する。

安倍政権は戦争のできる国へ、見事な一直線とか。戦争する国になるかどうか。民主国家である以上、責任はすべて有権者にある。先の大戦とは違うのだ。といわれるがしばらくは有権者としての、権利行使ができないので困ったものだ。

 次期選挙まで余命があるのかどうかもわからい夢酔で、憤りを感じるばかりである。

コメント (1)

秋気配 庭の紅葉に ピラカンサ

2013-10-26 22:31:44 | Weblog

秋気配 庭の紅葉に ピラカンサ

25年10月26日 (土) 台風27号により降り続いた雨も、午後には止み太陽が出るも気温は低い。  115日目  18度

トップニュース「農家補助 4ヘクタール以上に限定 政府・与党 減反見直し検討着手 県内農家の大半補助対象外か

色づいて雨に濡れる庭の木々   紅葉

 

ヤマボウシも負けづに

 

そして欅も秋の気配に

 

 昨日あんなに坂道と石段を歩いたので、今朝は起きられるか❓と心配していたが、風呂に入った効果からか意外と疲れや足の痛みがない。年齢から明日のほうが心配ではあるが。

ゆっくりと寝ているよと敬妻に行っておいたが、7時ごろには起床する。

 お茶を飲んで、アロエのサシミを作り、リンゴを食べ、プルンをと栄養を補給する。朝飯が美味いのが嬉しい。

台風27号の影響で昨夜からの雨は降り続いているが、朝の気温は意外と高い。

庭の木々が色づき始めて、秋の気配がひたひたと押し寄せてくる感じがする。

バーチャルな一茶VSちひろのユニークな対談

 

 先日SPCの旅行土産にN先生からいただいた「ちひろと一茶」

信州に響く夢のハーモニーというタイトルで、生誕250年の一茶とちひろの今は亡き二人のバーチャル対談を読む。

 よく作文したものと感心する対談集である。”世も移り 250年目に 甦り” の感あり。

新刊書「ワン・モア」 櫻木柴乃  読みはじめ

 

 死の淵の風景から立ち上がる,生の鮮やかなきらめき。つまずいても傷ついても大丈夫ー人生再生の物語。

色鮮やかなピラカンサの実

 

 回りに食べる実がなくなるまで、鳥が食べに来ないピラカンサの実。美味くないのか、予備に保存して置くつもりか。

赤いきれいな実が長くみられるので、ありがたいことではなるが・・・

台風一過で沈みゆく太陽

 

 

東の空にも夕焼け雲が染まり

 

 夕方のなると気温が下がってくるが、お日様が顔を見せる。台風27号はこのくらいで走り去ったのか。ありがたい!

 文化展出品用の俳句の督促や、自分の写真など手配する。31日には搬入なの、当日は忙しい。

昨日の25日は、母の102歳の誕生日であったが、本人はそんな自覚がなさそうである・今日から103歳の人生が始まる。

 「秘密保護法案」が國会に提出され、機密漏えいに厳罰となる。今日の社説によると、民主政治の根幹を否定する法律であるという。法案をもう一度読み、その危険性をかみしめて廃案にするよう、すべての国会議員に求める。と強調している。

 日本を軍事大国にしていく動きだ!とも斜面では書いている。

 議会政治の否定となる法案の廃止を、国民の一人としてい願いしたい。そんなつもりで選んだ議員ではないのだから・・・

コメント

城址見て 榛名神社に 幸祈念 (ときめきガイド研修)

2013-10-25 22:25:37 | Weblog

城址見て 榛名神社に 幸祈念 (ときめきガイド研修)

25年10月25日 (金)  曇りで寒い朝、10時ごろから台風27号の小雨降り出す。  114日目   12度

トップニュース「減反見直し 来月具体策 政府方針 自民幹事長も容認 県内反発”地域農業が崩壊”」

夜明け前の不気味な空     5時40分

 

 心配なのでセットした置いた目覚まし時計で起床する。まずすぐに障子をあけてお短気の様子を確認する。

東の空には雲が厚く張り出してお日様で不気味に染まっている。

 町のときめきガイドが主催する、年1回のバスによる研修旅行日である。5人のスタッフの副会長として、参加するので心配なのだ。

草軽観光・軽井沢バスで公民館前を出発    7時ジャスト

 

しゃべり通しのジョークが抜群,天童スタイルの自称36歳の独身Sさん

 

雨に色鮮やかな中軽井沢の秋景色    8時

 

浅間酒造で早くもお土産買う人も     8時50分

 

霧の幻想的な岩櫃城址は眺めるだけで  9時40分

 

雨激しくなり霧の岩櫃城址真亀ツツ、バスの前にてガイド説明

 

ご利益甚大!? 急坂、石段、の55キロを50分で   11時30分

 

紅葉の始まった榛名渓谷と滝の流れ

 

地震があれば倒れてきそうな「御姿岩}

 

土産付のデラックス水沢御膳に舌鼓    12時20分

 

お土産のサービス券で切り絵の鑑賞

 

群馬舞茸センターで試食とお買物     13時30分

 

バスは入れずに息を切らして歩きで後閑城址攻略す  15時40分

 

後閑城址の立体図と築城由来を見る  芦田城址にもこんな藻はほしいものだ!!

 

最後という一つの釜飯をやっとゲットする(1000円)  最後の買い物トイレタイム     17時

 

 23日の夜にバス内の食べ物を準備するときは44名であったのが、今朝になると雨の関係もあり39名となる。

ドタキャンがあるだろうからと、40名で予約して置いたのでキャンセルは1名と傷は軽い。

 台風27号と28号の影響で少しは雨に降られ、坂と石段を歩いたが参加者は喜んでくれたようで一安心である。

予定よりも10分ばかり早く、無事に公民館に到着する。

 「I会長また来年も参加するよ!!」との声に疲れも消える思いである。よく頑張ったと自分をほめてやりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

パソコンと 病院ピストン 日が暮れて

2013-10-24 22:00:56 | Weblog

パソコンと 病院ピストン 日が暮れて

25年10月24日 (木)  小雨から曇りで、肌寒い日。      113日目   14度

トップニュース「伊豆大島21ヵ所 災害の危険  台風接近 高齢者ら島外避難」

日の出見えずも浅間は見えて

 

 明るくなってこないがいつもの時間に覚醒する。小雨が降っており日の出は望めそうにない。

不思議なことに浅間山だけが見えている朝である。血痰は少なく気分よく起床できる。

霜にもめげず残り咲き

 

 ミニバラの花が2度目の花を見せているのがうれしい。

目前に広がる雲の空

 

 出がけに年賀はがきの注文をと、毎年の郵便局員より電話がある。今年はSPCにと思ったが長年の付き合いでもあり300枚を注文する。

 SPCの学習会が10時よりあるので、9時には家を出る。車の前方は一面の雲である。

まだ一方通行の新望月トンネル

 

 橋の上の舗装を補修している工事で、佐久方面への通行は旧トンネルへの一方通行である。

SPCばら班の学習 16名

 

 ワードでの同窓会通知の案内状。地図作りである。親切な手順書により作成するが意外と難しいのだ。

ドライアイス予防体操

 

 目が疲れるので、ドライアイ予防の体操をする、

秋一色の活け花展

 

 午後は敬妻が佐久総合病院への定期検診日である。運転を頼まれたのでパソコンを午後は休んで一度家に帰りとピストン運転である。

 そして病院着は13時、診察が終わったのが16時30分と単行本を1冊読みきる時間を待つ。

ロビーに飾られた秋を感じる、ウメモドキをメインにした活け花を鑑賞するが疲れた~の実感である。

夕方の浅間は峰見えず

 

 裾野に白雲をなびかせて、浅間山は峰を見せずにそびえている。

早くもリンゴオンパレードのツルヤ

 

 近所の果樹園ではまだ木にたわわに。赤い実をつけているリンゴなのに・・・ツルヤではもう注文を受け付けている。

りんごの種類が違うのだろうか。そろそろ五輪窪に手配をしなといけないか。今年は数量不足で粒が小さいとか?

 長野から風呂の修理に来てくれたようだ。早めに入って明日は6時前に起きないと、ときめきガイド研修の案内ができなくなるのだ。

 

コメント

曇天に 幟はためく 23夜 (秋葉神社祭)

2013-10-23 22:05:23 | Weblog

曇天に 幟はためく 23夜 (秋葉神社祭

25年10月23日 (水) 今にも雨の降りそうな寒い日。台風27号の影響か、  112日目   14度

トップニュース「”ミゾゴイ” リニア調査で確認 改変地域 600メートル以内 大鹿に”世界で600~1700羽”の鳥」

咲き残る秋明菊と揺れるススキの穂

 

 昨夜は生体電流治療をしてもらったので、血痰がでないので貧血が少なく気分も良い朝である。

お日様を待つが顔を見せないので、部屋の中が明るくなってこない。

 お花畑には秋明菊がまだきれいに咲き残っている。そして藪にはススキの穂が風に揺れ、野菊が咲いている。

秋葉神社の幟立て 部落講中

 

曇天の秋空にはためく23夜

 

 普段は民家の隣の畑にパイプが埋まっているだけである場所。ここが秋葉神社の幟を立てる場所になっているのだ。

毎月23日に幟を立て、夕方には取り込むだけの行事である。

朝飯の前に幟を立てに行くが寒い日で、今にも雨が落ちてきそうなお天気である。

 我が家では平成10年2月23日(晴れ) 14年11月23日(晴れ) 19年8月23日(曇り)と4~5年に一度当番が回ってくるようだ。 別名「23夜」さんともいわれているようだ。ノートによると昭和57年から順番か書かれている。

世田谷区・吉の名産「招き猫最中」

 

 昨日のMJIの交流会でお土産にもらった最中。日一人1個ずつなので、最中好きの敬妻に差し上げる。

なにかいいことを招いてほしいものだ。

曇り空を舞うカラス?トンビ?

 

 浅間山の麓には藁を燃す煙が立ち昇っている。そんな空に1羽のカラスか、トンビが悠然と舞っている。

木の枝の先で一休み

 

 望遠で見るとどうもこれはカラスのようだが。先ほど舞っていたのはトンビみたいだ。

ときめきガイドのバス旅行用のおやつ

 

個人別に袋詰めの作業

 

 19時から役員5人が公民館に集まり、買っておいたお菓子や飲み物など、一人分用に詰め合わせを作る。

種類が多いので袋が満杯になる。参加者44名にバスの運転手やガイド、そして見学案内ガイド用にと50個も作る。

25日に葉集金後バスの座席に座ったところで、工程表や参加メンバーなど一緒に配ることにしてある。

お昼もとくとく御膳とお土産月の大サービスを予定している。

当日「相棒」が見られる時間には、夕食を食べていると順調であるが、やはり疲れるのには閉口する。

コメント

世田谷は 女性ばかりの MJI (先進国並み)

2013-10-22 23:55:28 | Weblog

世田谷は 女性ばかりの MJI (先進国並み)

25年10月22日 (火) 晴れから曇りにも暖かな日。夜は冷えてくる。      111日目     14度

トップニュース「軍批判貫いたジャーナリスト 桐生悠々 検閲前の原稿 孫の男性宅で発見・解読

     近衛内閣政策 国民の不安代弁」

夏雲をいただく浅間山

 昼間依頼された文化展に、故吉村氏の掛け軸などを飾るにはどうしたらよいか❓こんなことを公民館と接衝する夢を見ていたようだ。血痰は少量だが出る。

部屋が明るくなってこないが、起床すると浅間山の上には夏の雲が浮かんでいる。

白雲の中にお日様キラリ!!

 お日様は白い雲に邪魔されてキラリ!と光っているだけである。

浅間は終日綿帽子かぶり

 すっきりとした浅間山を待つが、朝からの夏雲が流れていかない。寒いので帽子代わりにかぶっているのか。

午前中の保育園焼き芋をみんなでご賞味と

 急なお誘いなので行かなかったが、午前中にMJIが10名ばかりお手伝いに行かれたようだ。

園児たちが畑で作ったサツマイモ。焼きあがったものをみんなで賞味してくださいと届く。美味しい味のいもである。

MJI・世田谷区・松原地区MJIとの交流会

女性ばかりの18名委員という

 政令都市の岡山と同じくらいな規模で、5つの地区に分かれているとか。

松原地区は28000人、16000世帯があり高齢化率は20%弱という。子供が増えている珍しい地区という。

 MJIは会長以外はみんな女性という先進国並みなのは、男性は勤務の関係で就任しないようだ。

向こう3軒声掛け合いの災害対策を目指しているとか。

 シナノスイートのリンゴでもてなし、13時30分から15時近くまで交流会で話し合う。会長は2年間もやっており今回で辞任とか。

バスをお見送り  15時05分

 今夜の宿は聞かなかったが、池の平ホテルか?女性ばかりのかしましい夕食かと想像してみる。

新刊コーナーから2冊を

「痛み」 ―警察小説の新たな大地を切り開く3編

 貫井徳郎・・・”見ざる・書かざる・言わざる”―目と手と舌を奪われたデザイナー。

 福田和代・・・”シザーズ”刑事と通訳捜査官、俺が捕まえあいつが落とす。

 誉田哲也・”三十九番”・このまま時は平穏にすぐていくはずだった、三十九番の名を聞くまでは。

  

風呂がまた不機嫌になって困る。修理してもらったばかりなのにどうしたことか?

スイッチを入れると湯が半分ぐらいで、290のアラームが付き、追い焚きもできないし、シャワーも使えないのだ。

 明日は長野に電話をしないと不便で困る。

 

 19時30分から生体電流治療に敬妻と出かける。目まいがすると思っていたらやはり免疫力が低下しているそうだ。

肌の色が黒くなっているのですぐに判明する。治療してもらったら肌の色がよみがえってくる。

病人らしくじっとしたいなかったのだろうといわれるが、ゴルフはみんな断ってあるので、MJIのボランテアがきつかったのか。

やはり最後になる研修旅行はやめにした方が正解のようだ。

 免疫力を高めれば血流も良くなり、寿命が延びるそうなので無理はしないことに決意する。でもゴルフぐらいはやりたいのだが・・・

台風27号と28号が発生しているので、25日のバス旅行が心配である。

 

 

 

コメント