晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

肌寒く 長月惜しむ 名残り雨

2010-09-30 20:14:19 | Weblog
肌寒く 長月惜しむ 名残り雨


 22年9月30日(木)曇から雨に、肌寒い。           15度


秋雨にかすむ浅間山




 何となく疲労感が残るが、覚醒は5時過ぎである。そして起床は6時30分である。
母はデイサービスに、夢酔はSPCに出かけるのでモップ掃除をする。
 浅間山は秋雨に霞んで見える。


パソコン体操でリラックス



 午前はゆり班で、ショートカットと、インタネットの活用を学ぶ。
午前は矢張りインターネットでの「竜馬伝紀行」の案内暑作りである。
 1時間の休憩時間には、パソコン体操で体をリラックスする。

 長い間Tさんから借りていた本を、読み終えたのでお返しする。
丁度図書室が休みであり、ありがたかった。

 教室の建物は市役所だが、管理が指定者制度になり、規律も厳しくなった。
今度は部屋の片隅にある、書庫を撤去さしてほしいとも申し出があり、役員で事情説明をする。これがないと会の運営も出来なくなると・・・16時30分になる。

役場での退職者送別式



 固定資産税を払うために、17時ぎりぎりに役場に飛び込む。
正面に向って職員全員が、整列しているので驚く。聞くと平成元年に入役した人が退職するための送別式のようだ。再就職先で経験を生かして働くようだ。
 数年前の自分の送別式を思い出し、感無量である。

暗夜の南天



 雨が止んだかとガラス戸を開けると、雨に濡れた南天の木が飛びこんでくる。


夜秋桜も風情に咲く



 夜桜は酒にマッチする風情であるが、秋の桜のコスモスもまた趣きがあるものである。


 小商同窓会の親睦ゴルフの案内書と、町活センター研修会ツアーの案内書を配って歩き参加を依頼する。
 小商の同窓会コンペは、来年は佐久地区が担当とか、何か役が回って来そうである。
立科GCで開催すればと、提案をしてみようかな~

 雨降りで気ぜわしク、写真も撮れづに味気ない日となり、ごめんなさい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入賞で 責任果たし美味ビール

2010-09-29 19:44:01 | Weblog
入賞で 責任果たし美味ビール


 22年9月29日(水)晴れ 日の出5時41分、涼しい。      13度


樹間に昇り来る朝陽


 5時にセットした目覚まし時計で起床する。まだ暗いが間もなく日が昇り来るようで、空がだんだん明るくなってくる。
 新聞を取りに玄関に行くと、庭の木の間から朝陽が昇ってくる。天気になりそうだ。


日の出に染まり茜色



 ぐんぐんとスピードを上げて昇ってくる日の出。たちまち空は茜色に染まってくる。


朝陽を浴びる庭のコスモス




 いま庭はコスモスをメインに、キクイモやマリードールドが満開である。
そこに朝陽があたり、ひときわ色を鮮やかにしている。
 写真を撮ろうと窓際に近づくと、雉のつがいが慌てて逃げていく。
ブドウ棚には大きな鳥が止まり、房を眺めているようだ。


佐久・上小支部広域協議会コンペ開会式




 受付が7時というので、6時35分に自宅まで立科GCのH副支配人が迎えに来てくれる。7時前に丸子のゴルフ場に着くが、ドアーが開かない。早すぎたようだ。
 開会式は14組54名の参加で、7時35分から始まる。


ほうき雲に向ってグットショット



 5組目で立科のS氏と、丸子の経営者で知り合いのY氏とT氏の4人でスタートする。
前方の秋空には、ほうき雲が浮かんでショットを見守っている。


秋晴れのロングホール




 ゴルフ日和になり、いつも前方には青い空が広がり、秋の雲が流れている。
70歳以上はゴールドマークからといわれるが、3人jがまだ60代というので同じ白マークから打っていく。ボールの距離はあまり違わない。

スジ雲浮かぶ秋の空


表彰式での乾杯


 アルコールが出るからと、H氏の車に乗せてきてもらったのに、ウーロン茶しか出ないという。S氏と二人でビンビールを4本も飲む。割り勘と思ったらおごってくれるというので好意に甘えることにする。
 グリーンが悪く3パットもあり、スコアーは90台であるが11位に入る。
ニアピンも1個ゲットする。そしてハプニングは、団体戦での3位入賞である。

 ゴルフプレー、そして入浴、ビール4本で大分心地よい。
家に帰り晩酌は、日本酒にする。おつまりのキノコがあるので・・・
 沢山の人々に会え、楽しいゴルフが出来る。満足な一日である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稔り過ぎ ひれ伏す稲穂 いと哀れ

2010-09-28 21:02:42 | Weblog
稔り過ぎ ひれ伏す稲穂 いと哀れ

 22年9月28日(火)雨から曇、夕方には薄日。パソコン記念日という.   15度


今朝の味噌汁の具はキノコ


 覚醒は5時なるも、起床は6時30分である。今朝も気温は低い!
下のダイニングで電話のコール音が聞こえるので、階段を下るが途中で切れてしまう。
2階にあった子機2台がダメになっているので不便である。
 3台目になるが新調しようというが、敬妻は留守電があるので緊急の人は吹き込んでくれるから不要だという。自分が不便になれば買ってくれというだろうから待ち!の状況にする。
 玄関も門柱の自動点滅がしなくなり、MK電気から2人が来て地面を掘っての工事となる。
雨の中の工事で、やる人も大変だが、予想をしない出費となりそうだ。
 今朝の味噌汁の具は、ハツタケとジコウボーである。

佐久ケーブルの隣りが情報センター



 市から民間に委託されてから何かと規制があり不便である。
大きな声を出すと注意される。会場には10分前にしか入れないなど・・・
民間だからフレキシブルになると、期待していたのに反対で戸惑っている。
 佐久ケーグルの建物も、設備も立派である。

SPCの学習



 午前はきく班で、インターネットを利用しての、紅葉の葉が池に舞い落ちるイラスト作り。1時間目の体操を担当する。
 今日は98が発売された日であり「パソコン記念日」となっているそうだ。
パソコンが世に出てまだ30年しかたっていないそうだが、こんなにも普及するとは驚きである。
 午後はらん班で、ワードで野ブドウの房などイラスト作りである。
10月の展示会を意識しての作成であるようだ。

雨止んで西の空には秋の雲



 パソコンのサポートを終えて帰宅する、車の窓から見える西の空には秋の雲が浮かんでいる。明日はお天気になりそうだ。


秋風に倒れる稲田



 稔り過ぎたのか?ほとんど全部の稲穂が倒れている田圃がある。
風が巻いたのか?機械刈りには苦労されるだろう。


浅間の山頂に笠雲浮かび



 白雲の合間から顔を出し、嶺には笠雲が浮かんでいる。


紅海に泳ぐ夫婦鯨?




 しばらく浅間山に見とれていたら、白い雲が海のように見え、紅海を泳ぐ夫婦鯨のようにも見えてくる。

 夕方にTS氏が「町活センターだより4号と、「信州発ボランテア・地域活動フォーラムin saku ]の資料を届けてくれる。
ふるさとプロジェクトの役員には出席してほしいものと、PRしよう。

 少々運動疲れである。明日は6時30分にゴルフのお迎えが来る予定なり。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋いずこ 冬の支度で ボール追い

2010-09-27 20:40:03 | Weblog
秋いずこ 冬の支度で ボール追い

22年9月27日(月)曇~霧~秋雨ちょつぴり!       11度


新聞受けの門柱に朝のが挨拶




 起床6時30分、静かに秋雨が降っている。気温は低く寒いほどである。
新聞を取りにいくと、門柱に新聞を守るかのように青蛙が張り付いている。
 朝の挨拶「おはようさん!!」といっても答えはない。

 今日はシニアナイスバーディの月例が、立科GCで開催される日である。
幹事ではないが、会長として早めにいかないと行けないだろう。
 8時10分母をデイサービスに送っていく。敬妻はその前に佐久病院に定期検査にお出かけである。


力強いTさんのドライバーショット



 第66回の参加者は6組・18人であったが、ドタキャンがあり16名となる。
メンバーを組み替えて、4組で回ることにする。
 連荘幹事のO氏とトップ1組でプレーすることにする。
いつもながらT夫人のスイングはきれいである。
 開会式で、いまは交通安全週間なので、「ドライバーはあまりとばさないいようにとジョークを飛ばせたが、笑いはあまりない!座布団1枚ぐらいか? 
スピード速度の捏造でもされたら、免許の取り上げとなる。

霧に向ってナイスショット












 少し降っていた秋雨も止んで、一面に霧が出て来る。霧が出ると晴れるというので期待するが、太陽は顔を出さずじまいである。
 同伴競技者は、みな霧に向ってショットしていく。O H氏 Y氏そしてTさんの打ち方解し。

秋色に染まるカエデ?




 見事に紅葉となっているので写真と撮るが、ナナカマドと思っていたがカエデのようにも見える。猛暑の真夏日から、秋の訪れが早すぎる感じだ。


短いパットをはずすT夫人



 ロングホールで短いパットをはずすT夫人。パットは効き目でボールを見て 、後ろに水平にパターを引いて打つとワンポイントもらったのに難しいグリーンなのかも知れない。


和やかなパーテー風景




 500円なので、コーヒーにケーキがついたものだが、プレー中の話など出て楽しいひとときをス過ごす。ゴルフ場のメンタは最高だが、食堂のサービス・パーテーはシブい。
 景品も1つだけなので、ボールの3個入りなど5箱を提供する。 


O優勝者の喜びの挨拶



 O氏が優勝、T氏が準優勝で、10月の幹事となる。
猛暑の影響でフエアーウエーの枯れが目立つので、ゴルフ場の選定に苦慮する。
 10月18日は随縁軽井沢900と決める。11月は浅間高原、12月は佐久平とする。 


 中国の漁船衝突事件、船長を帰したら今度は、謝罪と賠償を求めているとか。
なんとも非常識、安い酒でも飲んでくだを巻いているように思える。
 完全に日本は舐められているように見える。民主党の出方を試しているのか?
尖閣諸島は日本固有の領土なのに、ごり押しでも取りたいという中国との話し合いは平行線をたどりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春日野や オービー忘れる さわやか会 

2010-09-26 20:49:57 | Weblog
春日野や オービー忘れる さわやか会 


 22年9月26日(日)晴れから暖かに。朝は寒い!       7度



白煙昇る浅間山




 覚醒は5時だが眠い。でも6時には起床する。
I県議のコンペがあり、7時に迎えに来るので朝飯を食べてスタンバイしている。
 晴れた秋空に浮かぶ浅間山の嶺からは白い煙が出ている。寒く7度である。

春日野カントリー倶楽部が会場




 日曜日に1万円以下でプレーできるゴルフ場は、春日野CKしかないというのでこの会場が選ばれたようだ。400萬円買った会員券がパーになった、恨み骨髄のゴルフ場であり、20年以上も来ていない。一応はメンバーだろうが、年会費を払っていないのでビジターで受付をする。


倶楽部から見える荒船山




 真正面に荒船山が見える。雄大な浅間山も、北アルプスもと標高が高いので景観は良い。

さわやか会ゴルフコンペ開会式



 参加者は32組・124名と多い。最初の方の組だけが開会式に参列する。
県議の旦那、T勧業の社長が司会である。元気の良い県議の挨拶がある。


トリッキイなアウトの1番ホール



 手前はブッシュ、それを終えると広いがすぐに狭いフエアーウエーで、OBラインが待ち構えている。

白樺越しの白い雲浮かぶ浅間山



 どこからも山が見えて、景観は素晴らしいが狭いコースにプレッシャーがかかる。


青空に秋のウロコ雲





 ひつじ雲とゆうのか、うろこ雲というのか、秋そのものの空である。  
浅間連峰の上には秋の雲が浮かんでいる。

景品山積みの表彰式



 参加賞にはブドウとキャベツ、飛び賞に特別賞がありと盛りだくさんである。
最悪のスコアーであったが、88位で「淡麗米酒・蓼科」720MLをいただく。

 帰りは17時過ぎになり、S氏の車で送っていただく。2次会に誘われたが、疲れたのと明日もゴルフなのでお断りする。

 19時から公民館に行き、放送設備の負担金10,000円を払い込みに行く。
朝乗せていただいたS氏宅に成績表を届ける。

 テレビは「竜馬伝」だけを見て、ブログの書き込みをして早く寝たい。
外で音がするので見ると、なんと雨が降っているのだ、明日の朝には止んでほしいものだ。        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋空に 老人パワーの 声響き

2010-09-25 17:21:24 | Weblog
秋空に 老人パワーの 声響き

 22年9月25日(土)曇から秋晴れに、暖かな日。    11度


集合場所はグランド前



 朝夜明けが遅く暗い。そして室内にいても肌寒いほどである。
新聞を取りにいくと、玄関の温度計は11度と低い。
 一人朝飯を食べていると、喉が渇いたと母が顔を出すので、お茶を入れ好物のブドウを出してやる。
そして東御市の運動公園に、ねんりんピックのボランテアのために7時に家を出る。
 浅間山には雲がかかっているようだが予報では天気になりそうだ。

 7時30分に集合とあるが、大会係員が集まったのは8時ジャストである。
賛助会の理事の顔が見える。みな割り当てられてきたようだ。
本部テントの立ち上げが、初仕事である。そしてのぼり旗を掲げて、選手を会場まで先導するのが役目である。
そして係員への弁当と飲み物を運ぶ、怪我人が出たら本部の連絡するのも役目のようだ。


グランドから見るウロコ雲



 9時ごろまで浮かんでいた秋の雲々も、時間の経過と共に紺碧の空になって絶好の運動日和となる。老人パワーの終結効果だろうか。

ソフトバレー選手の案内役



 9種類の競技があり、約1000人もの選手が参加している。
老人達の賛助会の祭典である。平成からのイベントで22回目となるそうだ。
 ソフトテニスののぼり旗を持つのは、いつもお世話になっているパソコンのK会長である。

地元東御市のH市長の祝辞



 法人会や工業振興会で共に活躍した仲間であるが、いまは市長となり格段の差が出ている。
貫禄も出て、挨拶も上手になっている。

こちらも地元H県議の祝辞



 かっては東部町の町長で、会社として大分お世話になった方である。
いまは県議として政治一筋の道を歩まれておる。
ゴルフも上手で年に何回か、ご一諸している。10月にもプレーの予定がある。

受け持ちのソフトバレー会場




 選手宣誓は85歳の元気な老人である。
ソフトバレーにも80歳の老女が参加している。安曇野、伊奈、松本と遠くから12チーム
7名の選手が3つのコートに分かれて競技をする。優勝チームは3つとなる。

グランドではペタンクの競技



 佐久の賛助会のペタンクチームが昨年?優勝して全国大会に出たのを記憶しておる。
どんな競技火と興味深く見て、ルールの質問などして見る。
なかなか面白そうである。小さな玉に、鉄のボールを投げて近くによると点数が良いとか。
投げ方も変わっているように見える。

景観もコースも良いグランドゴルフ



 緑の山に向ってボルを打つ競技。これも初めて見る。
コースは緑濃く、景観も良く、ゴルフ場よりも立派である。
 青空の下で老人 たちの顔が生きいきとしている。好天でよかった。

ここは別ムードのダンススポーツ



 なんともテレビでのダンスショウを見る思いである。ほかの会場と雰囲気がまるで違うのであ。衣装も、姿も、踊る姿も老人ではない。
 青春の血が沸くムードである。ソフトバレーをエスケープして見に来た価値がある。

なかなか的には当たらない、弓道




 女性を含めて58名がエントリーしている。静かに眺めていると、動作はなかなかなのだが、的に当たらない。時代劇か、那須与一の腕並みは本当なのかと疑問する。


秋晴れの浅間三山





 雲一つない秋晴れの運動日和となる。浅間の山頂は勿論のこと、見渡す限り雲はない。
朝も早くから立ち尽くめ作業で、疲れた感あり。
 寸暇を割いてブログ用にと、他の会場を見て歩く。予定良い早く15時には解散する。

 明日は春日井CCでのI県議のコンペがある。家を7時にだないといけないので眠そうだ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きのこ出て 夏から一気 秋気配

2010-09-24 20:14:07 | Weblog
きのこ出て 夏から一気 秋気配

 22年9月24日(金)曇で寒いほど。夏から秋に、夕方に雨。   14度


雨の恵みでキノコ顔出し



 昨夜からの雨が止んでおり一安心する。昨夜早く寝たので目覚めは早い。
起床するがあまりに気温が低くて驚く。長袖を着ていても涼しいほどである。
 立科会があるので、8時に家を出る。
立科会に初めて参加される、昔世話になったM氏にお会いする。
 アウトからスターするが、キャデイさんが「ハツタケ」が出ていますよ!と耳打ちしてくれる。ポケットにはビニール袋を、用意してあるので万全である。
 芝生の中には、「ハラタケ」が待っている。先日教えていただいたキノコである。

アウトスタートに並ぶカート



 8時49分にアウトからスタートしてくると、これからスタートするプレーヤーのカートガ並んでいる。空いていると思ったら、意外と客が多いようだ。

曇空で肌寒い陽気


 猛暑がウソみたいに肌寒い日である。長袖にベストを着ていてもと、晩秋のゴルフスタイルである。


雲間から見える山は陣笠山



 浅間山も立科山も雲の中であるが、上田方面の陣笠山辺りだけが見える。

お花コンペの賞品



 今日はニアピン賞を一つだけゲットする。オンしたのは一人だけのようだ。
お花には珍しいコスモス、そしてシクラメンもある。
今日はこのシクラメンをゲットする。先日買ってきたばかりなのに・・・


いつもベスグロのT氏



 スコアーは73でベスグロ賞である。すべてに熱心で、プレー後も風呂に入らずに、練習するほど真摯に取り組まれている。次は60台でのベスグロを狙うと、目標も高い。
 同じゴルファーとして、尊敬できる人である。


ワンポイントは、パターの握り方



 O支配人のワンポイントでは、パターの握り方を教えてくれる。
3種類ほどあり、自分にあったものにすれば良いという。
 ただ自分の効き目を知って、マスターアイを確認して、右目の人は体重を左に移動して打つのがベターとの指導をいただく。

部落の祭り俳句、昇りは雨でお休み



 昨日から集落の秋祭りで、燈篭があちこちにおいてあるが、雨で濡れて寂しげである。
神社には雨ではずされた幟旗が、乾かすように横になっている。お休みをしているようだ。
 趣味の俳人6人の奉灯句が飾られている。夢酔の3句も掲載されている。


ゴルフやりつつの山の幸



 昨日の雨で一気に地上に姿を見せたきのこ類。
先日食べられると教えてもらった白い「ハラタケ」土手に生えている「ハツタケ」
芝生に「ジコウボウ」など、そして山クリを少しだけと、ゴルフをしながらとるのだから、スコアーが良くなるはずがないだろうか。

 最後の人が霧雨に遭ったかどうか?寒いくらいであったが、31名がゴルフを楽しむことが出来る。

 明日は賛助会の、ねんりんピックのお手伝いで東御市まで、7時30分に行かねばならないので早く寝たい。夜は神和会での報告と、飲み会があるのだ。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋雨で 日の出・日の入り 陽は見えず

2010-09-23 15:16:29 | Weblog
秋雨で 日の出・日の入り 陽は見えず

 22年9月23日(木)秋分の日 雨 朝は雷鳴響き暗く涼しい。 16度


秋雨前線の浅間山麓



 予定通りの雨が降り続いており、時おり雷が鳴り暗い朝である。
気温が急に低くなり、涼しすぎるほどである。上は半袖でいいが、下は半ズボンから長ズボンに履き替える。
 24節気の一つで、太陽が秋分点に達し,昼と夜の長さが等しい日である。
太陽が真西に沈むところから、西方に極楽浄土があるとする佛教には重要な日であるが、
生憎と雨で太陽は、出るも沈むも顔が拝めない日となる。
 母は雨の中を、デイサービスのお風呂に入りに行く。


黄金色に稔る雨の津金寺盆地



 盆地ゆえか倒れた稲田もなく、黄金色に稔る稲穂が豊作を告げている様だ。
この雨が上がると間もなく、稲刈り作業が始まるのだろう。

庭の木に降りしきる秋雨





 時に激しく、そして穏やかに降り続く秋雨。風が吹かないので木の枝に雫が溜まっている。


権力の司祭者たち 早坂 茂三



 平成4年発行と少し古い本で、前に読んだ気がするが田中角栄を中心に権力の司祭者たちが出て来る。
「悪役がいないと政治は動かない」と小沢が出てくるので、いまとダブって面白い。
それにしても、いまの政治家はスケールが小さな気がする。
 名実共に雨読の日である。借りていた本も、ほぼ読み切って満足感がある秋分の日であ
る。

 岐阜県の長男へのお礼と、相模原のT氏への連絡などメールを書き込む。

買い求めてきたシクラメン



 前回のお花コンペ・立科会では、新ペリハンデーのはまりが悪く、ゲットした花は「ドラセナ」という観葉植物で玄関に飾るには寂しすぎる。同じ供給先の花屋から買ってきて玄関に飾る。

パソコンのメンテ



 パソコンの動きが遅くなっているので、デスクデフラグツールとクリーンアップをする。
少しは早くなるだろうか。

今年最後の冷やし中華



 ゴルフ場でも冷やし中華のオーダーは中止となっている。猛暑の夏の終わりを締めくくる意味で、敬妻にねだって作ってもらう。
熱燗の晩酌を飲みながらの味は、また格別である。冬にビールを飲むのと同じ感覚である。


 沖縄県、尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件で逮捕、拘置されている中国人船長をめぐり、中国の温家宝首相が即時無条件での釈放を要求している。
 日本の国内法に基づき船長の司法手続きが行われると、尖閣諸島の日本の実効支配が国際社会でいっそう認知されるとの危機感があるからだという。
 日中のナショナリズム刺激を懸念と、アメリカは「不介入」が国益になると中立をとっている。
 どう決着がつくのか?難しい対応である。新任の前原外相と菅首相の力量が試される。
あまりに身勝手な強気な、中国の言動と思えるのだが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の 名月夕焼け 空に昇り

2010-09-22 19:36:59 | Weblog
中秋の 名月夕焼け 空に昇り

 22年9月22日(水)晴れも雲出て来る。暑い日に。中秋の名月。   24度


石垣からおはようさんとイヌサフラン



 窓を開けると涼しい風が吹き込んでくる。秋の風情であるが暑くなるという予報である。
新聞を取りに行き、庭を見ると石垣の間からイヌサフランが咲いて、朝の挨拶をしてくれる。


朝の空にスジ雲・ほうき雲



 南の空には秋を象徴するかのように、スジ雲・ほうき雲が浮かんでいる。
薄い陽が昇っているが、気温は低く過ごしやすい。


早くもはぜ掛けの稲田



 先日の風雨で倒れたので、早めに稲刈りをしたという田圃が一つだけある。
機械で刈り取るのに、大分苦労したそうだ。
これから本格的な稲刈り作業が始まる。

レッドロビンに赤とんぼ




 生垣のレッドロビンに、赤とんぼが飛んで来て止まる。
慌ててシャッターを押したので、少しボケてしまったのが残念である。

浅間山の上に夏の雲



 記録的な猛暑・真夏日が71回も続いているとか。東京や熊谷では35度にもなったというから異常である。
 空の雲は夏と秋が混在しているが、信州ではそんな暑さはない。

秋空にキクイモの花



 畑に繁茂してこまるのだが、花もきれいで根も美味いので、何とか共存したいものだ。

無消毒・無摘果のリンゴ



 今にも枝が折れそうに実っているリンゴの木。孫のために1本だけ植えたのだが、こんなにたわわに実を付けている。

ハクビシンが食べ残したポッツコーン



 最近狸やハクビシンが庭に来ると思っていたら、好物の食べ物があったのだ。
まだ早すぎるかとポップコーン採りに行くと、木が倒されて大分食べられているのでがっかりする。

コスモスの庭から見る太い虹



 夕陽が沈んでいるのに、南の空に太い虹が昇っている。上の空に雲があるので、太く短く橋になっていないが見事な景観である。

夕焼け空に昇る中秋の名月



 西の空に陽が沈んだのに、東の空には夕焼け雲が浮かんでいる。そして雲間をついて
中秋の名月が顔を見せて来る。
 夕焼けと名月の組み合わせが見事である。ススキの穂も揺れて歓迎をしている。
しかし間もなく雲が張り出して見えなくなる。間もなく雨が降り出してきて涙の名月となる。しばしのお月見だが、至福の時である。晩酌の酒が美味い日である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレットは 疲れ難し 年一度

2010-09-21 21:34:47 | Weblog
マレットは 疲れ難し 年一度

 22年9月21日(火)雲間からのぞく朝陽~晴れて暑くなる。  20度


心配な朝のお天気


 起床は6時である。SPCの年1回のマレットゴルフ大会の日である。
雨だと24日になり、ゴルフの日なので出席できないから心配する。
 朝靄の中から朝陽が光っており、まずは一安心である。

食べられそうなキノコ群



 会場は臼田の山の奥にある運動公園である。自宅を8時に出たので9時前に着いてしまう。まだ誰も来ていない。集合時間が9時30分となっているからである。
 近くのカラマツ林に入ると、こんな美味そうな香りも、形もよくしっかりとしたキノコ群を見つける。採っていき、地元の人に聞いて見るが、食べられるとの回答はなし。
キノコ博士に聞けば、OKが出そうに思うが、恐いので置いてくる。


まずはマレット体操で腕慣らし



 シニアの集団で、慣れないコースでもあり、ケガをしないようにとまずはパソコン体操と違う、マレット体操で腕慣らしをする。
 当初は34名の予定が、ドタキャンもあり29名となる。
阿弥陀くじで組み合わせを決めて、ロケット発射をする。5組で9番からのスターである。
 幹事さんもなれないので、大変ご苦労さんだ。

トンネルを抜けるとピンが見える



 平坦だがトンネルあり、ゲートがありとスコアーを気にしないと面白いコースである。
この細いトンネルを抜かすのが難しい。強すぎるとピンの先で、OBになってしまうのだから・・・


ゲートが2門もあるロングホール



 第一ゲートをくぐると、90度左にまたゲートがある珍しいロングホールである。
戦略的で、何回も来ると攻略方法が、見つかりそうだ。


左が全部、グルーンの奥もみんなOBという、難しいショートホール。



 なんとここでギブアップの6もはたいてしまう。


優勝はなんと女性のHさん



 マレットは総じて女性のほうが上手いようだ。それだけ数をこなしているからであろう。
Hさんはホールインワンも達成して、スコアーは8アンダーの64である。
 因みに夢酔は前半のミスが響いて86と後ろから数えたほうが良いみたいな成績である。
ゴルフでもこのスコアーなら、不満足である。

満開の庭のコスモス



 午前中に終わり、全員に参加賞あり。合庁まで来ていつもの定食を食べる。
義理ちょんで時間には間にあい、食べ終わったら丁度13時である。
 家に帰ると陽を浴びたコスモスが、庭で満開に咲いている。
ゴルフより疲れた感じが少し癒される。コメリでビーバーの歯を買い求めたので、コスモスガ枯れたら刈り取りの作業が待っている。


東の空にはほうき雲




 今日も暑さはあったが、空に浮かぶ雲はもう秋のkもであり、ほうき雲がしばらく見える。
 西空の夕焼けもきれいである。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加