晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

温暖化?春の陽気で 雨模様

2009-01-30 20:24:50 | Weblog
温暖化?春の陽気で 雨模様

21年1月30日(金)曇り 暖か! +2度


 曇天の朝浅間
 

 予報通りでなかなか明るくなってこない。でもと7時には起床する。
矢張り日の出は望めない。暗い浅間山だけが雲もなく聳えている。
気温は暖かく、プラス2度もある。3月の陽気である。

 薄ぼんやりの太陽
 

 掃除、新聞、朝飯を食べた後、何気なく見上げる東の空高く、薄ぼんやりとした太陽が見える。でも間もなく雲に隠れてしまう。

 枯木の花となるツグミ
 


 庭に餌を啄ばむ小鳥の群れが来ている。餌台にはご飯を入れてあるがまだ食べにこない。玄関先の電線にはツグミであろうか?びっしりと並んでいる。
そして庭の木に移って、黒い花と咲いている。

 「黒の狩人」大沢在昌
 

 内田康夫や東野圭吾の新刊本、棚にないので借りてきた2冊。
警視庁、公安、そして中国国家安全部。それぞれの威信と国益をかけた戦い!
逆転に次ぐ逆転、予測不能、驚愕のエンターテインメント。
ジャンルを問わない乱読だが、ストレス解消には最適だろうか。

 雨の振り出した浅間山
 

 ウオーキングに出かけようとするが、空は曇って灰色。
今にも雨が降り出しそうなので、途中で濡れては困るので断念する。

 雨に霞む権現の湯
 

 ウオーキングをやめたのは正解である。たてしな隊の会員は、仮オープンで10時から16時までテスト入浴できるとか。
冬雨の中に明かりが光っている。

 今1番気がかりなのは、巡見道の紀行文作成である。
何とか着手するが、思うように筆が進まない。満足する文にならずイライラする。

 家庭サービス、いや自分で食べる米の精米を小さな器械でやる。
現役時代には母や敬妻がやっていた作業であるが、いまや我が仕事となる。

 飯伊・愛知で4人を殺害した西本死刑囚。確定から2年で刑の執行が実施されたようだ。人の命を僅かの金で、または誰でもよかったと殺す世の中。
 死刑に関しては賛否両論があるが犯罪の再発防止、被害者の立場からも早期の執行には賛成である。


 
コメント (1)

デジカメを 忘れ悔しい 雪浅間

2009-01-29 19:51:24 | Weblog
デジカメを 忘れ悔しい 雪浅間

 21年1月29日(木)晴れ 雨歌霜 霧  -7度

 昇り行く日の出
 

 覚醒はするが起きるのをためらっていると、7時のオルゴール時計が鳴るので、矢張り撮ろうと飛び起きる。
 日の出時間がだんだんと早くなり、朝陽は山から全容を見せている。
寒いと思ったが寒暖計を見ると、昨日より1度も高い零下7度である。

 氷紋越しに芸術的な朝陽
 

 気温は1度も高いのに、ベランダのガラス一面に氷紋が出来ている。
ガラス越しに見る朝陽は、芸術的に光輝いている。

 朝陽と霧に霞む浅間山
 

 津金寺も朝陽と霧
 

 太陽が昇ると霜が解けて霧となり、浅間山や津金寺・権現の湯あたりがなんともいえないムードをかもし出している。

 涼む夕陽と飛行機雲
 

 公民館により家路に着いたら、丁度夕陽が沈む時である。
飛行機雲があちこちに走っている。

 揚げ足取りの国会に罰点
 

 国会中継の代表質問を見る。麻生総理の漢字読み違いのあまりの酷さ。
下を向いて原稿を棒読み、自分の言葉がない。野党は揚げ足を取るだけ。
 アメリカ発の大不況は、日本が一番の被害を受けるのにその認識、緊迫感が感ぜられない。法律で禁じている「わたり」は政令によって正当化しようとしている。
国の将来や国民の生活をどう考えているのか?あまりに遊離している現状に、西の空には飛行機雲が、X罰点のサインを出している。

 夕方の浅間山
 

 朝SPCに向かうべく車を走らせていると、左側に真っ白に冠雪した素晴らしい浅間山が眺望できる。車を止めてブログ用にとカバンに手をのばしてハットする。
そうだ入れるつもりでパソコンの上に置いてきてしまったのだ。
 恨めしそうに眺めるだけ。シャッターチャンスを逃した浅間山は余計に見事だ。
無念さを秘めて夕方に全容を見せる姿を写す。あの素晴らしさがないのは残念。

 敬妻は一人でみどりの湯にお出かけ。母はデイサービスの風呂に行く。
権現の湯は2月1日からなので、一人で良いから沸かして入ろう。
コメント

朝起きて 朝陽拝みて 浅間山 (あ・あ・あ)

2009-01-28 20:09:52 | Weblog
朝起きて 朝陽拝みて 浅間山 (あ・あ・あ)

 21年1月28日(水)晴れ、霜 寒い.今年一番の冷え込みか。 -8度

 昇り始める朝陽
 

 昇りきった朝陽
 

 見事な浅間山
 

 朝陽に光る降霜
 

 待望の氷紋
 

 氷紋の彼方に浅間山
 

 今朝も覚醒は6時過ぎ。ベットの中で日の出を撮るか?もう少し寝ているか?
自問自答するが、矢張り朝陽の素晴らしい誘惑に負けて起床する。
 新聞を取りに行きながら外に出ると、一面が真っ白でまるで雪が降ったような降雪である。入り口の門扉も白く手が触れると冷たい。
 もしやとガラス窓を見ると、待望の氷紋が出来ている。庭の樹木と同じ模様だ。
2階の部屋の窓にも出来ており、氷紋越しにぼんやりとした浅間山が見える。


 借りてきた本2冊
 

 「寸前暗黒」は激動の政局のすべてを描く、日本初・本格的な政治小説である。
小渕ー小沢、中曽根、宮沢、小泉、田中真紀子と実名で書かれており、リアルで現実感がある。おかしいと思ったら、「政界ニュース」の記者が夢の中で見るということで逃げている。
 「天空の祝宴」は地球に自らの爪あとを残す、孤高のアーティストを描くクライミング小説である。2冊とも描く世界が違うので興味がある。

 九頭竜公園に子どもおらず
 

 この公園の目玉となる青い龍。平日なので遊ぶ子どもらの姿はなく、竜の眼だけが太陽の光を受けて光っており、今にも動き出しそうだ。


 改装中の権現の湯
 

 2月1日にリニユーアルオープンされる権現の湯。知らずに訪れる人も多く、
休館の看板を見て、別の温泉にいくようだ。
 大浴場を大改造真っ盛りである。

 マレット楽しむ老夫婦
 

 いつもはクローズされているマレットゴルフ場。
雪の少ない今年は年中無休、無料での開放をしているようだ。
 老夫婦が足を引きずりながら、仲良くプレーを楽しんでいる姿は微笑ましい。
老後を金も使わずに楽しむには、最適なスポーツである。


 番屋側にゴミ袋
 

 権現の湯脇から豊富な水量で,番屋川に流れ込んでいる水。
番屋川もきれいな川になると、喜んで川の淵を歩いていく。
なんと滝の下には不心得者が投げ込んだであろう、ゴミ袋が3つも浮かんでいる。
流れずに浮かんでいるが、土手が深くて降りていけない。
ゴミ収集場に持っていけば良いのに、エコの精神に反する行為である。

 久振りにウオーキング。13時30分から15時まで1時間半と7815歩となる。日中は朝の寒さが信じられないような、春の陽気になり汗が出る気温である。

 敬妻も歩きたいと言うが、風が冷たいので止めにする。
炬燵で好きな推理小説を読んでいるが、機嫌は良いので嬉しい。
 母は相変わらず、マイペスの言動で、笑いを提供している。
コメント (2)

寒さにも めげずパソコン 遊学す

2009-01-27 21:24:31 | Weblog
寒さにも めげずパソコン 遊学す

21年1月27日(火)晴れも寒い! -5度なり。

 日の出を待つ
 

 一面を茜に染めて
 

 今朝の冷え込みは厳しいようだ。でも6時過ぎには窓が明るくなってくる。
寒いので日の出写真はどうしようか?と迷っていたが誘惑に勝てず、6時30分には起きて庭に出る。
 待つほどしばし、待つに値する元気な朝陽が顔を見せる。
瞬く間に東の空は、茜色に染まる。感動の一瞬である。寒さは飛んでいく思い。
氷紋を見たくて、家を一周りをするが出来ていない。残念である。

 広がる田園から浅間連峰
 

 SPCに出かける。朝のうちベールの陰にうっすらと見えていた浅間山。
車を走らせているうちに、綺麗な姿を見せ始める。
 車を止める場所がないので、「道の駅・浅科」まで来てしまう。
道路を横切り、田園地帯に映える浅間連峰に見照れて一枚。

 湯の丸山か?四阿山か?
 

 立科からは見られない浅間の山並みである。雲をいただく丸い山は、湯の丸だろうか、それとも菅平に聳える四阿山だろうか?

 情報センターから望む
 

 風がなく浅間の真ん中にある煙突から出る煙は、真っ直ぐに立ち昇っている。
きく班では、グリーテングカードを楽天から出し、バレンタインデーや誕生カードなど作る。班のメンバーは昼食会にお出かけする。
午後のばら班では、デジカメからパソコンへの取り込みを学ぶ。
ブログで毎日やっているのと、少し違いがあるようだ。

 ヤマダ電機からも浅間が
 

 帰りには頼んでおいた加湿器のコードを買いながら、ヤマダ電機に行く。
充電式の乾湿両用ハンドクリーナや、カードリーダなど衝動買いをしてしまう。
ここから見る浅間山もいい姿だ。

 浅科・御馬寄橋からも
 

 帰りはガソリンスタンドによる都合から、旧中仙道を走る。
丁度御馬寄橋に来たら、夕陽を浴びる浅間が見事なので思わず止めて撮る。
 ガソリンは上がって108円になっている。

 魅惑的な電光掲示板(ブルー)
 

 ハート型のピンクに変わる
 

 TN社長から一度車を止めて、ゆっくりと見てほしい!といわれていた道路際に点滅している電光掲示板。車を止めてしばらく見惚れる。
ハート型のものが、カラフルに色や姿を変えながら光っている。
なんとも魅惑的な光景である。店の宣伝には効果的だろう。
 スナックや飲み屋での利用も出来そうだ。間違えてここに立ち寄る酔っ払いはいないか?少し心配なくらいである。素晴らしいものだ。
コメント

活力を 漲らせつつ 陽は昇り

2009-01-26 17:44:32 | Weblog
活力を 漲らせつつ 陽は昇り

 21年1月26日(月)風あり寒い! -5度

 樹間から昇る朝陽
 

 昨夜はブログが最後のところで消えてしまい、2度目の書き込みを終えたのは1時になっていた。でも6時過ぎには眼が覚める。
カーテン越しに明るくなって来て、日の出が拝めそうなので7時前には起床する。
 新聞での日の出時間は6時53分と少しづつ早くなっている。
新聞を取りに行き、外で待つと丁度7時頃に樹の間から昇ってくる。
寒く音戸は零下の5度である。
これで寝不足も解消される活力がもらえたようだ。

 空を茜に染めて
 

 日の出の昇るスピードは早い。空を茜に染めてぐんぐんと昇ってくる。

 荒れ果てて 空き巣となりし スズメバチ
  


 蕗の董を見つけて、春の香りを晩酌のツマミにと庭を歩き、枯れ草を掻き分けるが姿はまったく見えない。霜柱がザクザクしているので、これではまだ芽が出せないだろう。
 枯葉が落ちた土手下の樹に、破れかけたスズメ蜂の巣が見える。
昨年は東北に一つあり大事にしてきたのに、寸前に人に盗られて仕舞った。
 これは反対側の東南の隅にあり、気がつけば採れたのに知らなかった。
ここならすぐに採れたのに残念なことをしたものだ.樹の葉で見えなかったのだ。
雨と風で破れたようになり、荒れ果てた空き家のようだ。
 町にもこんな人の住む空き家が増えており、集客対策が望まれる。

 烏帽子・湯の丸岳にかかる雲
 

 お昼時には烏帽子・湯の丸岳の上に、何か動物に似た雲がかかっており、慌ててカメラのシャッターを切るがすぐに姿を変えてしまう。

 夕暮れに染まる浅間山
 

 雲が晴れなかった浅間山であるが、夕方には夕陽を浴びて華麗な姿を見せている。

 子の待ちし 山に帰るか カラス二羽
 

 夕陽が沈む頃南の空には、山に帰るカラスの群れが飛んでいる。
夫婦なのだろうか?二羽が一緒に飛んでいるのが微笑ましい。
山には7つの子が待っているのだろうか。

 新聞と雑誌を束ねて、収集日に出す用意をする。
立科GCへ立科会と妙義会の交流会参加申し込みをする。
T氏からふるさとプロジェクトの、事業計画について心配して電話あり。
S氏から部落の俳句会の通知あり。俳句を3句と1000円持参の由。
巡見道の紀行文は、なかなか筆が進まないので困る。


 
コメント

心身を 癒す音楽 温泉で

2009-01-25 23:24:37 | Weblog
心身を 癒す音楽 温泉で

 21年1月25日(雲一つなき晴天なり。気温は寒くー5度

 冬空に映える浅間連峰
 

 昨夜24時ごろから強い風が時折吹き、ピーピー ニャーニャーと聞こえる。
寒さに震える黒い野良猫がいるかと、ベランダの前や下を覗くが見えない。
矢張り風の音だけのようだ。その風が朝まで吹き続け、窓を鳴らしている。
 覚醒は5時30分ごろするが、もう一度眠ると7時過ぎになる。
朝陽は昇り、被写体としては無理だ。
 風が雲を吹き飛ばしたのか、雲一つない冬の空に雪を被り、白煙をなびかす浅間連峰が映えている。


 立科町学校音楽クラブ合同コンサート
 

 小学校、中学校、高校、ゲストでJAZZCANDYのコンサートがある。
CANDYのCDを発売したTFのI氏の好意により、入場料は無料である。
 施設の少ない自立の町では開催できず、丸子文化会館を借りてのコンサートで、
主催は教育委員会である。100年に一度という大不況時代、スリムに利用するのも知恵の一つかも?

 丸子文化会館の緞帳
 

 小学校4年生 (遠い日の歌) 合唱
 

 中学校吹奏学部 (フィオリトゥーラ)フルート4重奏
 

        (ダンスリー)金管8重奏

 
 小学校49名のマンボほか
 

 蓼科高校ジャズクラブ (フロント・バーナーほか4曲)
 


 JAZZ・CANDY   (シング・シング・シングほか3曲)
 

 総メンバーでの(モーニン)
 

 町長をはじめ町の名士、子どもの親と広い会場が満席近い盛況である。
町の文化の高さを表しているのか?また企画したらどうだろうか。


 やすらぎの湯からの蓼科山
 

 長門温泉・やすらぎの湯
 

 敬妻と二人音楽で心を癒したあと、道の駅「マルメロの駅ながと」に隣接した、豊かな自然と歴史に抱かれた温泉で体を癒す。
 露天風呂と温泉掛け流しの「羽釜風呂」にも入る。権現の湯よりも100円高い500円だが、日曜日ということもあるのか、車を置くところがないほど混んでいる。お湯が温泉気分で、体も温まるような気がする。
 風呂から上がったら丁度、朝青龍の優勝が決まったところで、前評判とは大分違ったようだ。

 帰り来て飲む晩酌が、ことのほか旨い!そして少し古いが「007・ユア・アイズ・オンリー」を観る。迫力が昨日のものと比較にならないほどだ。

 今夜も最後にところで全部消えてしまい、26日になってしまう。
癒しの心があるから、再挑戦できたかも?
コメント

ストレスの 解消なるか 007

2009-01-24 20:06:42 | Weblog
ストレスの 解消なるか 007
 
 残り雪 吹き渡る朝の 光る風 (夢酔)

 21年1月24日(土)曇り 晴れ  -3度と寒い!

 雲の陰から昇る朝陽
 

 今朝は寒いようだ。障子も明るくなってこない。矢張り東の空には大きな雲があり、その陰から朝陽が昇っているようだ。浅間山も雲を被っている。
 老人会の新年会が公民館で、10時30分から開催される。
我が家では家族3人がメンバーになっているが、一度も出たことがない。
もうしばらく老春会で居たいのが、本音である。
 俳句の会も合同でということで、短冊に1句書いて届けて失礼する。

 化粧直しの浅間山
 

 雲が消えた浅間山は、見事に雪化粧直しされて美しい姿である。

 粉雪がまた白く
 
 昨夜降ったのか?庭は真っ白に薄く雪が積もっている。でもすぐに溶けてしまう。

 アム・シネマからの眺望
 

 映画を見に出かけた、アム・シネマから見る浅間山は目の前に、真っ白な姿を見せている。

 昼飯はバイキング
 

 12時20分からの映画なので、入り口のレストランで昼飯を食べる。
時間的なこともあるのか、混んでいて席を取るのに苦労する。
ここのバイキングは好評のようで、すぐに食べられるので便利である。

 ゲームに興ずる若者達
 

 自動車を走らせるゲームに興ずる若者達。高齢者講習でテストされたゲームとそっくりである。免許書を取るときに役立つだろう。

 007・慰めの報酬(カルトの闇に挑むボンド)
 

 敬妻のストレス解消にでもなればと、今日から上映開始の映画「007・慰めの報酬」を鑑賞に、佐久のアム・シネマに行く。予想より観客が多いのに驚く。
 オープニングが予想を越えて迫力がある。山間の細く曲線の多い道路でのカーチェイスには、のっけからアドレナリンが吹き出しっぱなし。スリル満点の映像だ。
 従来のイギリス調の007映画とはアクションスケールがまったく違う。
各国を舞台に1種の観光映画的で、ヨーロッパ、メキシコ、パナマ、チリとロケの風景が素晴らしく楽しい。
 ボンドのモデルは16世紀の魔術師かつスパイのジョン。デイーだとか。
めまぐるし過ぎて、ストーリーの理解が出来ないほどアクションがハードで、殺すことは自分を護ることに通じる論理だ。
「裏切った女性の裏を追っていくボンドが、どうしたことか行き着いた先は環境保護の慈善団体のボス」というもの。自然の保護=ボンドの着想は今風である。
 娯楽映画としてあまり考えずに見ることが、楽しむことになるようだ。
映画の撮影は10年以下の懲役または1000万円もの罰金との映写があり、流石にカメラのシャッターは切れなかった。

 帰ってから母用にと時代劇「暴れん坊将軍」をつけてやり、一緒に見るが漫画みたいに見えてしまう。
 予告を見たら、またすぐにでも観に来たい映画は「天使と悪魔」などである。

 夕焼けの浅間山
 

 夕方になり何気なく浅間山を見たら、夕陽に染まって見事な絵になる景観である。
 朝な夕なに、こんな素晴らしい景色を眺めていたら、さぞや長生きできそうだが?
コメント (2)

春陽気 湯気上げ消える 牡丹雪

2009-01-23 19:46:39 | Weblog
春陽気 湯気上げ消える 牡丹雪

 21年1月23日(金) 3度

 反省会に集う面々
 

 日の出がない。昨夜の帰りに雨が降っていたので、もしや雪になったのでは?心配しながら障子を開けると、一面に黒い大地に変化している。雨は止んでいる。
3,4月の陽気とか。温度計は3度と暖かい。これで牡丹雪はほとんど溶けたようだ。

 昨夜は帰宅してブログにチャレンジしたが、写真をパソコンに取り入れてみたが、文章を書き込む段階でダウンしてしまう。

 商工会で開催される「20年度伊勢丹相模原店出店反省会」に出席する。
17時30分からと早いが、24名が集まる予定が遅刻者が5名ほどいる。
でも時間には始まる。
 収支報告は274万円と昨年より大幅に多い。達成できたのは石の上にも3年の努力もあるが、何よりも関係役員の熱意と、みんなの団結の賜物であろう。
 反省の意見を書き、届けたのは13名のみだが、出席者全員が活発な意見を述べる。4年目に役立つ意見がたくさん出る。
 ユーユーたてしなの将来は、筋書きのないサバイバルレースである。
立科の特産品は、ずば抜けて、抜群というものではない。
危機感を持ち、2次加工品の開発にかける努力が必要と、N会長の見識に改めて敬服する。「継続は力なり」4年目にかける関係者の意気込みを感じる。

 盛り上がる懇親会
 

 「団結と熱意」の指導者
 

 会費制による反省・懇親会も会議の熱気を引き継いで盛大、活有意義に終始する。
 最後は中締めで、これを指導した関係役員を慰労しての万歳三唱。
お返しは生産者を選んで、1本締めで締める。
 帰りは雨、地元経済の活性化にとT副会長にタクシーで送ってもらう。

 見え始めた浅間山
 

 朝のうちは曇りで、日の出も浅間も雲で覆われて見られない。

 雲も消えて晴れた山々
 

 午後になると雲と雪が消えて、太陽が顔を見せ雲をいだかないすっきり浅間が見える。

 餌を啄ばむ夫婦キジハト
 

 太陽の熱で雪が溶け、畑から煙のように湯気が出ている。
そんな畑に小鳥が集まってくる。仲の良い夫婦キジハトがノンビリと餌を啄ばんでいる。

 休業中の権現の湯
 

 31日まで改装工事のために休業している権現の湯が見える。
車がなく静かである。2月1日からリニューアルオープンする予定である。
祝いもちのプレゼントもあるという。たてしな温泉隊員として31日には準備のお手伝いに行く予定である。

 2条の飛行機雲
 

 夕方庭に出て空を眺めていたら、2条の飛行機雲が走っている。
明日は一気に気温が、10度も下がるという。風邪に気をつけないといけない。

  昨年敬妻と佐久のアム・シネマに観にいった映画「おくりびと」
遺体をひつぎに納める仕事を通して、生と死の尊さを描いた物語。
 第81回アカデミー賞にノミネートされたという。どうなるか。
現実とは少し違うところもあるが、選ばれてほしい気がする。

 敬妻は気分転換にと、友達と午後はお出かけである。
ノンビリと本を読んだり、ブログを書いたりと過ごす。
 エコ・クラブの放送をしているが、上手なものと感心する。
みんなが聞いて、エコに関心をもってほしいものだ。
コメント (2)

メルヘンの 白雪姫か 銀世界

2009-01-23 14:04:18 | Weblog
メルヘンの 白雪姫か 銀世界

21年1月22日(木)牡丹雪 曇り -2度

 庭に積もった牡丹雪
 

 雪ハナミズキ
 

 雪ヤマボウシ
 

 雪ウメ
 

 白雪姫のご休息?
 

 何度も覚醒しカーテンを見るが、なかなか明るくなってこない。
もしや雪でもと障子を開けると、一面の銀世界が目に飛び込んでくる。
矢張り雪だが、いつ頃降ったのだろうか。ゴルフから帰り、ブログを書き込んで24時ごろ寝た時には雪の気配はなかったのに・・・
 すぐに支度をして、雪掻き作業にと玄関に出る。10センチぐらい積もっており、牡丹雪なので下が水気味で重いのには閉口する。
 しかし庭一面が銀世界で、樹木はすべてが雪の花盛りとまさに童話・メルヘンの世界である。白雪姫が訪ねて来そうなムードである。
 世の中の醜いものをすべて清めてくれているようだ。
オバマ大統領を祝福しているのかも知れない。日本の麻生総理も便乗して「彼は私と同じ考えだ」と月とすっぽんの差があるのに、のたまっている。

 雪掻きに1時間ばかりかかり、心地良い汗を掻く。
モノクロの雪景色、メルヘンの世界をお楽し魅ください。

 SPCでの眼の体操
 

 デイサービスで入浴に行く母を敬妻と見送り、SPCに出向く。
茂田井~観音寺の陸橋下でスリップ事故が発生している。
救急車2台にパトカー4台と大騒ぎをしている。走りながら見ると、乗用車は運転席側がえぐれたように大破。トラックも歩道に乗り上げている。
日陰になっているので、凍結していたのだろう。雪の道は恐い!スピード注意だ。

 午前はばら班で、デジカメのパソコンへの取り込み方を。昼休みの役員会で人事
問題や、当面の課題など決める。午後はきく班で、グリーンティカードの作り方を
インターネット楽天で学ぶ。

 性能アップのデジカメ
 

 昨年購入した加湿器だが、仕舞うときにコードを入れ忘れて紛失。
仕方なくヤマダ電機に買いに行くが、注文なので1週間ばかりかかるという。
あちこちと眼のショッピングを楽しむ。デジカメも形は変わらないが、性能が大分向上しているようだ。もう少し望遠がほしくなるが株安の時期なので我慢するか。

 帰り来てすぐに、敬妻の送りで17時30分から始まる会議に出かける。
懇親会があるので、車ではいけないのだ。

 この模様は明日のお楽しみといたします。
コメント

オバマ氏の イエス・ウィ・キャン 効果なし?

2009-01-21 21:08:51 | Weblog
オバマ氏の イエス・ウィ・キャン 効果なし?

 21年1月21日(水)曇り 時々晴れ間あり。朝はー6度

 茂田井から見る日の出
 

 6時に起床する。一人パンにジャムを塗って食べ、7時には家を出る。
班長宅に回覧板を届け、茂田井に来た頃にようやく日の出が見られる。
 霜が降りたので、あたり一面は真っ白である。

 佐久のおぎのやからの朝陽
 

 7時40分前に駐車場に行くともうY氏が来ている。でも支度が少しおかしい?
聞くと急に遠戚の葬式が出来てプレーが出来ない由。私の駐車券を届けるためにわざわざ来てくれたそうだ。誠に申し訳ないことをした。
 上信越自動車道・松井田妙義ICから約10分。セルフになっているので自分でクラブをは行の場所に置く。

 妙義山に向かってショット!
 

 霧積川の清らかな流れに沿って、自然の地形を贅沢に生かした丘陵コース。どこからも裏妙義の雄姿が望める。

 お気に入りのロングコース
 

 7日に来た時に3打で入ったイーグルを取ったロングホールである。
今日は3打目がグリーンに乗ったが、2パットでパーのスコアーとまあまあである。
 大寒の翌日で天気と寒さを心配したが、日の出は薄かったがゴルフ日和となる。

 惜しげもなく伐採される杉
 

 三井からアコーデアの経営に変わったら、急にコースの大きな木を切り出す。
広く感じるが、もったいない感じがする。
 妙義CCでも太い木をどんどん伐採している。

 横川SAで給油
 

 高速のガソリンスタンドは、一般道での値段が高くなるときには安いようだ。
今朝見たときには108円になっていたが、ここでは103円と5円も安い。

 敬妻は昨日介護保険の診察にI医者に98歳の母を連れてゆく。
今日は役場の町民課から調査に来る。介護疲れから敬妻は「うつ病」になっているとか。
 パソコンだ。ゴルフだ。エコクラブだと私が家にいないことも原因だという。
困ったことになる。今の活動を整理しないと、直らないというから・・・

 オバマ米大統領の就任式で湧いているが、株式市場はご祝儀相場もない。
逆に下がってしまっている。それほどアメリカの経済の建て直しは大変ということだろう。演説は流石に若い人が作った原稿であり、迫力があリ上手い。
 期待したいものである。「新たな責任の時代」といっている。
200万人の聴衆が熱狂している姿は、日本では見ることは出来ない。
コメント (2)