みかんの部屋

自分の趣味(映画・漫画など)に関しての雑記ブログです。

『冬の小鳥』観ました。

2018-10-17 16:00:00 | アジア映画

友だちのスッキが去り、気落ちするジニ。いっそ自らを埋めようとするが。

2006年:韓国・フランス。 監督:ウニー・ルコント。 WOWOWからの録画。
本作の監督、ウニー・ルコントという名前を聞いて、真っ先に思い浮かべたのは、
あの仏映画『髪結いの亭主』のパトリック・ルコント監督のことでした。
ひょっとして父娘ともに監督業やってる??とかじゃなくて、実はまるっきりの赤の他人なのでした(^^;
ウニーは幼いころフランス人夫婦に養女として引き取られ育てられています。
つまりこれは監督の半生とあるていど重なる部分のある、自叙伝的な映画だと思われます。

 
父親に連れられてジニは養護施設に。        新入りに対して周りの子どもたちも興味津々。

父親に連れられて小さなジニは養護施設に。すぐまた迎えに来るから、といい聞かされるが
その約束が果たされることはなかった。
経済事情もあったかもしれないが、後妻とその連れ子に父親が遠慮したというのが本当のようだ。
このあと一家はすぐに転居。ジニが父親と再会することは二度となかった。
この父親役がいかにも生活力の無さそうな、それでいて結構ハンサムなのには笑えました(^^;
まあこの人も仕事(演技)でやってるんだしね~とか思って観てましたが。

 
周りと打解けようとしないジニ。          甘えるなとジニを叱るスッキ。

いつまでも父親を待つジニ。周りの子どもたちや世話役の大人たちとも打解けようとしない。
そんな彼女を少し年上のスッキが叱る。わがままも程々にしなさい。
子どもたちには皆それぞれの事情を抱えている。あんただけが辛いんじゃない。
スッキは何かにつけてジニを気にかけてくれる。
だんだんジニはスッキをお姉ちゃんと思うようになる。

 
養子希望の米人夫婦に、スッキは猛アピール。    養子に選ばれスッキは米国へ。

ときおりアジア人の養子を欲しがる夫婦が施設を訪れる。今回も米国人夫婦がやってきた。
スッキは彼らに猛アピール。知っている英語を全部しゃべってみせ、笑顔で夫婦の関心をひく。
生きていくためには積極性が大事だと信じているかのようだ。
その甲斐あってスッキは夫婦の気持ちを捉え、めでたく養子縁組がなる。
だがそうなるとジニはまたひとりぽっちだ。

  
雨の日の施設。暗欝な気持ちのジニ。        彼女は施設裏の林に向かう。

雨の日の施設。暗欝な気持ちのジニ。大好きなスッキはもうここにはいない。
いっそ死んでしまいたいと思い、施設裏の林に向かう。
彼女は自分で自分の身体に土をかけ、埋めようとするが....。

数年以上まえに録画して、そのまま塩漬けになっていたんですが、
なかなか深みのある良い映画でした。
WOWOWで彼女の第二作『めぐりあう日』が放映されました。
録画したので、そのうちに観ようと思います。
コメント

『新感染 ファイナル・エクスプレス』観ました。

2018-10-12 16:00:00 | アジア映画
2016年・韓国。 監督:ヨン・サンホ。 WOWOWからの録画。

『ソウルステーション・パンデミック』(アニメ)の視聴記を9月3日に載せましたが、
本作はその後日譚的な位置にあります。もちろん製作、公開はこちらの方が先なわけですが(^^;
韓国でも記録的なヒットだったようですが、実際に観て納得でした。
はじめのうちはゾンビたちの動き(演技)に少々ぎこちなさが感じられました。
そのせいで観ていてこちらの方もイマイチな感じがしまいましたが、
映画が進むにつれて、そうした感覚は吹き飛んでしまいました。
まあ何といいますか、人海戦術そのもの。
怒涛のごとく次々に押し寄せる大量のゾンビの群れ、というか山というか津波というか。
これほど切れめなしにゾンビの大集団を見せられると正直圧倒されてしまいますね。
映画は終盤までだれることなく進行していきます。
終わり方もわりとまとまっていて良かったと思いました。

 
ソウル発プサン行きの特急列車。          発車間際に乗り込んできた女性だが....。

プサン行き特急列車。発車まぎわに一人の女性が駈けこむようにして乗り込む。
いくらもたたないうちに女性は苦しみ出し、それに気づいた車掌は声がけをするが....。

 
具合の悪そうな彼女を見て声がけする車掌。     ゾンビ症状が剥き出しになり車掌を襲う。

いきなりゾンビ症状が現われて車掌を襲う女。これによって車掌もまたゾンビとなってしまう。
これを発端としてつぎつぎに車内の乗客を襲い、被害を受けた順々にゾンビ化してゆく。

 
ゾンビは連鎖的に増えて車内は満杯に。山のように積み重なり、それでも未感染者を追いかける。

しかしこのような悲惨な状況は、この列車内に留まらない。大都市や各鉄道路線など軒並み
ゾンビの群れに襲われて、韓国内はさながら戦場の焼け野原のようである。

 
当局の虚しいアナウンス。実際の市街地は壊滅状態。 大田駅で乗客たちの見た悪夢のような光景とは?

この映画を観て、ふと思い出したのは数年前のSARS騒ぎのときのこと。
いささか脆弱な韓国の防疫態勢が露呈してしまいましたね。
あれからなにかが改善がされたとも聞かないし、正直喉元すぎれば何とやらの感じですかね。
国境を越えた人間の往来がさかんな現代では、あっという間に周辺の国にも感染が広まる恐れが
ありますから地道でもしっかりした対応策を普段からお願いしたいものです。
コメント

五味康祐氏の音。

2018-09-23 16:00:00 | オーディオ
有名作家でもありオーディオマニアでもあった五味康祐(故人)氏が、生前使用
していたステレオ装置一式が東京・練馬区に寄贈されています。
以来、そのステレオ装置一式を使用したレコード鑑賞会が練馬区の施設で定期的に
開催されています。

実際に五味氏が日々愛聴されていたオーディオとは一体どういう音だったのか?
ちょっと興味をひかれた自分は、その音を確認したくて電車・バスを乗り継いで
行ってきました(^^;
9月22日(土)の午後。練馬区ふるさと文化館でのレコード鑑賞会です。
ただ残念なことにカメラ持参を忘れたため、写真はありません。悪しからず。

結論としては、思いのほか”いい音だ”と感じました。
製品の製造時期がかなり古いのでどうなのかと思っていましたが、
現代的な音調にも問題なく適応しているように感じました。
いわゆる、陳腐さ感じさせることのない音で、とくに感心したのは音の浸透力。
ゆとりのある大柄なエンクロージュアから繰り出されるその音楽に不足を感じ
させられるところは有りませんでした。

何だこれってウチで聴いてるのと同じ感じの音だな~と思いました。
装置の構成はまったく違うものの、出てくる音の感じは案外に似通っていると感じました。
逆に氏が存命のころ当時のオーディオ製品を組み合わせて、この水準の音質に達したと
考えればやはり凄いことかもです。
現在の非常に進化したオーディオ技術は、既にある一点に収斂する状況に達していて、
水準以上の製品を組み合わせれば、音楽的にはそれほど差は生じないとも思えます。

そして、こうも言えるかと。新製品は絶えず続々と生まれている。
メーカーはユーザーの購買欲をあの手この手で刺激してくる。
しかしそれらにいちいち関わる必要は実はそれほどない。
基本的な装置の構成がいったん出来れば、あとはどう取り替えても大きな違いはない。
....いや違いはあるか(^^;
しかしそれが音質の向上を伴わないなら目先の音調が変わるだけのことでしょう。
そんなことよりも、いまあるお手持ちの装置でもっと音楽を聞くべきだと思います。

オーディオ装置は、あくまで音楽を聴く手段。
オーディオの趣味は確かに楽しいが、キリがないしお金も際限なくかかる。
あらかじめ一線をひいておくべきことでもあるでしょう。
そんな思いが頭を巡るのを感じつつのレコード観賞会でした。

追記:
当日の演目はグレン・グールド特集。
優れたピアニストではあるものの、一方かなりの変人とも聞いていました。
自分は彼のCDを実際に買ったことはなかったです。
実際に彼の演奏を聴いてみて、ナルホドこんな感じの演奏の人だったかと納得。
たしかに癖はあるが、音楽性という意味では一級だなと感じました。
いつも自宅で聴いている同曲の他の演奏家のCDと心の中で比較しつつ、なかなか
面白く聴けました。

追記2:
>何だこれってウチで聴いてるのと同じ感じの音だな~と思いました。
これまでも自宅の装置を何度か紹介していますが、”同じ感じの音”と書いた以上、
ここにラインナップを再度あげておきます。くどいようでスミマセン(^^;

 CDプレーヤー① :ラックスマンD-06
 CDプレーヤー② :デンオン DCD-2500NE
 アンプ :ラックスマン L-507uX
 スピーカー :ピエガ COAX90.2
 サブウーファー :ソニー SA-NA9ES


参加費の領収書がポケットから出てきたので写真を載せときます(^^;
コメント

『スーツ①~⑥』観ました。

2018-09-22 16:00:00 | ドラマ
2011~2017年:米。 WOWOWからの録画。
米国で評判の良かったユニヴァーサル系のテレビドラマの放映権を買い付けて、
2012年ころからWOWOWが放送をはじめたのだったと思います。
でもずっと録ったままにしていたので、正確な記憶ではありません(^^;

ストーリーはニューヨークの一流法律事務所を舞台にして展開。
デキル弁護士を絵にかいたような、ルックスも行動力も外見のイメージそのままに
抜群にキレッキレの男、それがハーヴィー・スペクター弁護士。
NYの法曹界で彼を知らない人間は誰一人としていない。
彼は単独でも恐ろしいまでに有能な法律家だったが、さすがに時には安心して
仕事を任せられるような実力ある相棒を求めていた。
だが彼の眼鏡に叶うような人間は滅多にいない。
何度となく”有能な助手”を求めて面接を行うが、大抵はクソ役立たずばっかりで
心底ウンザリしていた。
その面接会場に、いきなりアポなしで飛び込んできた若い男がマイケル・ロス。
彼の当意即妙かつ周到な受け答えをハーヴィーはすっかり気に入って、助手として雇うことにする。
だがマイクは弁護士資格どころか、ロースクール(法律学校)にさえ足を踏み入れたことのない、
ズブズブの素人だった。
ハーヴィーはそのことにすぐ気づいたが、なぜかマイケルをクビにしようとはしない。
そんな事実が周囲にバレれば、マイクはもちろんだが雇い主のハーヴィーも無事ではいられない。
直ちに弁護士資格を剥奪される事案だ。
そんな危険を冒してまで何故ハービーはマイクを解雇しないのか?
マイクの弁護士としての高い適性ももちろんだが、それ以上に人間的な相性というか、
理屈抜きに同志とよべるものをハーヴィーは感じてしまったのだ。
そんな人間を同僚として一緒に仕事できるなど滅多にあることではない。


スーツ6から。なんとか法律事務所に残るようにマイク㊧を説得するハーヴィー㊨。

マイクの有能さは際立っているだけに、しぜん周囲の注目を集めることになる。
彼はハーバード大学卒を自称しているが、同期だったはずの同大学卒業生の誰に
聞いても、マイクなんて奴はまったく見たこともないと異口同音のコメント。
これはいかにも不自然な話だ。
マイクは何とか問題を誤魔化しつづけるが、限界を悟って遂に観念。罪を償う決心を固めるが....。

まあそんなふうに話は二転三転、テレビドラマらしく話は転がりつづけ展開していきます。
そしてシーズン6でようやくストーリーはひと区切りをみます。
う~ん、やれやれホッとしたという感じ。さすがに6シーズンぶっとおしは疲れますね(^^;
シーズン7も録画済みですが、すこしスーツの視聴はお休みします。
ほかに観たいものもあるので(^^;
コメント

『007スペクター』観ました。

2018-09-15 16:00:00 | 洋画


2015年:英・米。 監督:サム・メンデス。 WOWOWからの録画。
かつて007映画といえば、それは文句なしに娯楽映画の王道でしたね。
S・コネリーやT・ダルトン、R・ムーアなどのスクリーンの向こうの活躍ぶりに心が躍ったものでした。
それがハテ?いつのまに007映画は存在感をこうも薄め埋没してしまったのか?
人によってご異見のある方もあろうかとは思いますが(^^;
今作スペクターで早や24作目。もはや新鮮なアイディアは尽き、マンネリ化してしまった
ということなのかもしれません。

出だしからはじまって中間の話の展開のありよう、そしてエンディングまで過去の作品の
パターンの焼き直しで安易すぎるぞ、これはと思いました。
しかし観客はまだ呼べるので、007映画そのものを止めてしまうわけにはいかない。
そんな業界の事情が透けて見えて「何だかな~」という気分になってしまいました。
007映画ファンの方、ごめんなさい(^^;

映画はメキシコシティの”死者の日”に始まります。これ日本でいえば”お盆”でしょうね。
祭りの熱狂の中、メキシコシティの上空。ヘリコプター内でスパイ同士の死闘が繰り広げられる。
見映えのするシーンですが、それだけに市民たちも自分たちの頭の上で何かが起きていることは
すぐにわかる。
あわやヘリは地上に墜落~大惨事か?しかし事故寸前になんとか危機を脱するボンド。
このことによって英国はメキシコ政府はじめ周囲の顰蹙を買う。

J・ボンドが帰英して本部に出頭するや、そこでは組織の改編が進んでいる真っ最中と知る。
幹部職員ミスターCを中心に「スパイによる諜報活動など最早時代遅れだ」「だから00部門は
閉鎖すべし」などなど。
しかしそれは英国の諜報組織の力は利用しつつ、その弱体化を狙った、悪の組織による陰謀だった。
後になって明らかになるが、なんとミスターCの正体も、その組織から送りこまれた一員だった。
またボンドがメキシコで格闘劇を演じたのも、その組織の核心に迫ろうとしたためなのだ。

僅かな情報を手掛かりに、ボンドは悪の組織の大きな会議が近く開かれると知る。
なんとかその会場に潜り込んだものの、すぐに正体を見破られて逃げ出さざるを得なくなる。
追手はどこまでも執拗に追いかけてきて....。

たっぷり予算をかけたゴージャスな画面を愉しみつつ、でもこの映画、ヤッパリ薄味かなあと
思ってしまいました(^^;
コメント