あだちの再生工房 日記2

機械類の修理を楽しんでいます。その日々の活動記録の積りでしたが、最近は修理とは関係のない記事が多くなっています

真空管チェッカー Sencore TC162の整備 その2

2018年10月06日 17時41分03秒 | 受信機
問題なくCalibrationもできるようになったのですが、多くの抵抗が10%以上高めに(たとえば220Ωに対し277Ωなど)
経年劣化しているので全抵抗と一部のコンデンサを交換しました。

C Loadのロータリースイッチ周りの交換後です。 手持ちの抵抗をかき集めたのでサイズがバラバラになりました。


交換した抵抗、コンデンサです。


なぜかCR2( 1N4616, 2.2VのZener diode )が初めから無かったので取付けました。
メーターのゼロ調回路に入っているのですが、これがなくともゼロ調抵抗(R20,200Ω)の電圧は3Vになっており、
十分ゼロ調ができるのですがメーターの安定度を確保するためのものと思います。


これで整備完了とおもったのですが、LeakageのCalibrationがまたできなくなりました。
回路の導通を調べていったところスライドスイッチNo.4の導通がありません。 一瞬信じられませんでしたが、間違いなしです。
仕方がないので、ばらすことにしました。スイッチ本体はシャーシケースにカシメてあるので外せないので、取付けたまま
開けることにしました。 グリスが固着しています。


スライドする円盤のグリス固着状態です。製造から40年ほど経つのでグリスが固まるのも仕方ないか と思います。
しかし、接触面にグリスを塗るのが本当に良いのか少々疑問です。


端子側のグリス固着状態です。


他のスライドスイッチ(全部で10個)も同じような状態と思うので、問題なく導通のあるものもすべて分解し、清掃しました。
結構カシメの爪が強固なので緩めて戻す作業は大変でした。
これですべての作業は完了です。

配線の全体写真です。

コメント

真空管チェッカー Sencore TC162

2018年10月03日 17時17分23秒 | 受信機
Collinsの51S-1の受信確認のため、すべての真空管を TC162で簡便チェックしようとしたところ、
TC162の動作がおかしいことに気づきました。
Calibrationをしようとしましたが、うまくいきません。 個々の固定抵抗はスペックよりかなり大きめに狂っていたので
Calibrationに関係するところだけとりあえず交換しましたがやはりダメ。
回路図とにらめっこしながらいろいろチェックしましたが、原因が分かりません。

ひょっとしてと思い、キャリブレーション用のプラグ(購入品)を確認したところ、4pin目の100MΩの抵抗が40Mから80MΩと不安定です。
たまたま予備のソケットがあったのでCalibration Moduleを作り直しました。

これは購入品です。


作り直したModuleです。 当然測定するとほぼ100MΩあり、OKです。


新Moduleを使ってキャリブレーションしようとしたところ、Leakageレンジで全く針が振れません
何度かスイッチを切り替えると、振れることもあることから、ロータリースイッチの接触不良があるようです。
とりあえず、4つのロータリースイッチを接点復活剤(DeoxIT D5)をスプレーしました。
(本来なら、スイッチを取り外し、丁寧に塗るべきでしょうが、手抜き工事です。)

何とか、安定して振れるようになったので、先ずLeakageのキャリブレーションです。 指定通りの振れに設定できました。


つぎにEmissionのキャリブレーションです。  うまくいきました。


今回のトラブルは購入Moduleの不具合と、スイッチの接触不良が重なったため迷走してしまいました。
たまにしか使わない機器は接触不良を先ず疑うことも必要です。 やれやれです。
コメント

R-390A 2号機の整備終了

2018年09月12日 18時06分31秒 | 受信機
1年ほど前から整備途中のまま放置していたR390Aを棚に戻すことにしました。
まだ完全な整備は終わってないのですが、作業場所が手狭になっていたので、いったん終了としました。

この状態で一年ほど置いていました。


通電し、NHK(729kHz)が受かることは確認(4KHzほどずれています)。


棚の定位置にもどしました。

コメント

BMW K75S リアショックの取付け

2018年06月22日 14時24分15秒 | バイク
スクーデリア オクムラにオーバーホール(フルメンテナンスと言うらしい)を依頼していたリアショックが6月16日に戻ってきました。 
ちょうど発送してから一週間でした。
ちょっと遅れましたが今日取付けました。


リアショックに同封されていた分解時の写真です。 
リバウンドラバーの交換、窒素ガスが抜けていたので加圧(11kg/cm2)したとのこと。
このサスはBilstein製のようです。


試走してみようとエンジンを掛けたのですが、アイドリングが不調で試走は断念。 インジェクションとイグニッション系の
チェックが必要です。

コメント

BMW K75S リアサスのオーバーホール

2018年06月08日 15時20分59秒 | バイク
去年の車検の際に、リアサスのオーバーホールが必要と指摘されていましたが、そのまま乗っていました。
しかし操安上も良くないのでオーバーホールすることにしました。

取り外し中です。 BMWはハーレーに比べ整備はやり易いです。


簡単に降ろすことができました。


OKUMURAのステッカーが貼ってあることから、前の所有者は名古屋市のスクーデリアオクムラで整備して貰ったようです。
  http://www.scuderia-okumura.com/
オクムラにメールで問い合わせた結果、やって貰えそうなので宅急便で送りました。
納期はおおよそ一週間、費用は3万円弱のようです。


コメント