菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

マル子ちゃん(猫)

2016年12月02日 | 日記
我が家に貰われてきて20年が過ぎようとしている

数日前から左目が腫れて涙目をしている

食欲もあまりない水もあまり飲まない猫年齢だと96歳になるらしい

いつも私と一緒の生活、そばで黙って私の苦労を見ていた

うるさいと怒鳴られる、元気がないと心配で仕方がない

最近は次男が世話をしてくれるので助かっている

ねこの餌をあれこれ買い求めてくれる

マル子の家も有って幸せな老後を迎えている

足腰が弱っているので良からぬことを考えてしまう

もう1度元気になって、マル子ちゃん
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 福島のりんご | トップ | 今年を振り返ると »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい! (静ティー)
2016-12-03 12:26:48
こんんちわ 素晴らしく良いお天気です。

猫って20年も生きられるんですね。
ひとえに環境の良さでしょうか。食が減っているのは心配ですね。
食べることは生きること・・・・だそうです。

三男のところにも13歳の「つくねさん」という猫がいて、先日も夜中に病院に走った と聴きました。
でもマルコちゃんに比べればまだまだ若いおっかさんですね。20年の話をして安心させましょう。

可愛いです (菜の花)
2016-12-03 15:42:42
静ティーさん 今日は

こちらはまぁまぁのお天気でした。
二男の助けを借りて換気扇の掃除をしました。
何も出来ない主婦ってストレスの塊です。

マル子も何度か病院にかかりました。苦しいらしい姿を見るのが忍びがたくてね。
普段から自分で治してねって言い聞かせています。
医者に行くとおびえるので、もう自然に任せようと思います。
今朝は食欲が出て水も飲んでちょっとだけ元気が出てきました。世話のやきすぎはダメみたいです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事