今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国「英国モデル」に…毛沢東からエドマンド・バークに乗り換える

2013-09-12 20:18:24 | Telegraph (UK)
China embraces 'British Model', ditching Mao for Edmund Burke
(中国「英国モデル」に…毛沢東からエドマンド・バークに乗り換える)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 4:30PM BST 08 Sep 2013
David Cameron might be reassured to know that China's Communist leadership is studying the long arc of British history with intense interest, even if Russia's Vladimir Putin deems our small island to be of no account.

デイヴィッド・キャメロン英首相は安心するかもしれませんね…ウラジーミル・プーチン露大統領は我が国をどうでもいいちっせー島と思っているにも拘らず、中国共産党首脳部は強烈な興味を以って英国の長い歴史を学んでいるとわかったら…。


"We want to learn from the British model," said Daokui Li, a member China's upper chamber or 'House of Lords' (CPPCC) and a professor at Beijing's Tsinghua University.

中国の上院/「貴族院」(中国人民政治協商会議;CPPCC)のメンバーで清華大学の教授を務める李稲葵教授は、次のように述べました。
「我々は英国モデルから学びたいのだ」

"Today's leaders in China are looking carefully at the British style of political change over the last 400 years, analysing the difference with France," he told me at the annual Ambrosetti gathering of world policy-makers at Villa d'Este on Lake Como.

「現在の中国首脳陣は過去400年間の英国の政治的変化を慎重に検討して、フランスとの違いを分析している」と教授はコモ湖畔のヴィラ・デステに世界中から政策立案者が集うアンブロセッティ・フォーラムで僕に語りました。

"England went through incredible changes: a war against the US; wars against France; wars against Germany twice, the rise and decline of empire; and universal suffrage. Yet society remained stable through all this turmoil, with the same institutions and political structure. We think the reason is respect for tradition, yet willingness to make changes when needed."

「イングランドは大変な変化を経験した。対米戦争。対仏戦争。2度の対独戦争。帝国の台頭と衰退。そして普通選挙権。それでも社会は同じ制度と同じ政治の仕組みを以って、安定したままこの混乱期を潜り抜けた。その理由は、伝統を尊重しながら必要な場合は変化を起こす姿勢にあると考える」

"It is a contrast with France. We know from De Toqueville's study of the Ancien Regime that if you don't do reforms, you will end up with a revolution, and that is what will happen in China if we don't reform in time,"

「フランスとは対照的だ。ド・トクヴィルの旧体制研究から、改革を行わなければ革命が起こると学んだが、我々の改革が間に合わなければ中国で正にそのようなことが起こるだろう」

Professor Li said the 18th Century Irish philosopher Edmund Burke is now all the rage in Chinese universities, studied for his critique of violent revolution, and esteemed as the prophet of stability through timely but controlled change. They are enamoured by his theories of inheritance, the "living contract" through the generations, the limits of liberty, and -- a harder sell -- his small battalions.

李教授によれば、18世紀のアイルランドの哲学者、エドマンド・バークは今や中国の大学で大流行しており、暴力的革命への批判が研究され、時宜にかないつつも制御された変化による安定の提唱者として高く評価されているそうです。
彼らは相続・世襲、世代を超えた「本源的契約」、自由の限界、そして(より認められ難い)小さなグループの理論に夢中になっています。

Hobbes too is sweeping China's intelligentsia, and so is Hannah Arendt, the philosopher of the twin totalitarian movements Left and Right. It is a ferment of ideas. Mao is out, even if the Communist Party is still coy about saying this too publicly.

ホッブスも中国のインテリゲンチャの間で流行していますし、左右双子の全体主義ムーブメントの哲学者、ハンナ・アーレントも同じくです。
思想の熟成です。
毛沢東は終わったのです…たとえ中国共産党が今だに口を濁していても、そうなのです。

"We went through the Revolution of 1911 when we overthrew the emperor, then the May 4th Revolution of 1919, then the Communist Revolution of 1949, and then the Cultural Revolution. We're looking back at our history, and we are tired of this."

「我々は1911年の革命を経験した。あの時、我々は皇帝を追放し、その後1919年5月4日の革命があり、1949年には共産党革命が起こり、そして文化大革命があった。歴史を振り返ってみて、もうこれには飽き飽きしている」

"This is why Bo Xilai scares people. He was embracing Mao's practice of continuous revolution, and it brings back bad memories."

「だから薄熙来は皆を恐れさせた。彼は毛沢東の継続的革命に賛成して、嫌な記憶を呼び覚ました」

I was aware that Burke is making a much-deserved come-back in Britain, propelled by Jesse Norman's splendid book "Edmund Burke:The First Conservative". But China's enthusiasm for his work has more global "gearing", as traders say.

ジェシー・ノーマンの秀作『エドマンド・バーク:最初の保守派』を推進力に、バークが英国で当然の復活を遂げつつあることは僕も知っていました。
でも中国のバーク哲学熱には、もっとグローバルな「ギアリング」があるとトレーダーは言います。

The Nobel peace laureate -- and dissident -- Liu Xiaobo is a Burkean, as were many of those who signed the 2008 human rights charter.

ノーベル平和賞受賞者(であり反体制派)の劉曉波氏は、2008年に人権の擁護を訴える08憲章に署名した多くの人々同様、バーク主義者です。

Needless to say, Burke has much in common with Confucius, the ancient Chinese philosopher of order, tradition, and harmony, now enjoying a revival in China as a post-Maoist source of authority. Jiang Qing cites Burke extensively in his classic work on the rise of a new Confucian political order published in 2008: "China: Democracy, or Confucianism?"

言うまでもなく、バークと、古代中国の秩序と調和の哲学であり現在はポスト毛沢東主義の権威の源としてリバイバル中の儒学の間には、沢山の共通点があります。
江青は2008年に出版した『中国:民主主義か儒教主義か?』という新儒教的政治秩序の台頭に関する素晴らしい著作の中で、バークを大々的に引用しています。

You will recognise the words and style if you have read Burke's masterful Reflections on the French Revolution, the book that unmasked the squalid character of the Paris Putsch, and shattered the illusions of Jacobin fellow-travellers across Europe.

バークの卓越した『フランス革命の省察』を読んだ人なら、その言葉遣いやスタイルに気付くでしょう。
パリ一揆の卑しい本質を暴き、欧州全土のジャコバン派の旅仲間という幻想を木端微塵にした作品です。

"Circumstances (which with some gentlemen pass for nothing) give in reality to every political principle its distinguishing colour and discriminating effect. The circumstances are what render every civil and political scheme beneficial or noxious to mankind."

「(一部の紳士には無害な)状況は現実にあらゆる政治思想に特徴ある色と差別的な効果を与える。この状況こそ、あらゆる市民および政治スキームを人類にとって有益または有害にするものである」

"To avoid, therefore, the evils of inconstancy and versatility, ten thousand worse than those of obstinacy and the blindest prejudice, we have consecrated the state, that no man should approach to look into its defects or corruptions but with due caution; that he should never dream of beginning its reformation by its subversion; that he should approach to the faults of the state as to the wounds of a father, with pious awe and trembling solicitude.

「従って、不定や多様の弊害、強情や盲目的な偏見の弊害よりも数万倍たちが悪いものを避けるために、我々は国家を捧げた。それは何人もその欠点や腐敗を調べるためではなく、相当の注意を以って挑むべきものである。また、その転覆を以ってその改革を始めることなど夢にも思ってはならないものである。また、国家の欠点には父の傷のごとく、敬虔な畏怖の念と震える配慮を以って挑まねばならない」

By this wise prejudice we are taught to look with horror on those children of their country who are prompt rashly to hack that aged parent in pieces and put him into the kettle of magicians, in hopes that by their poisonous weeds and wild incantations they may regenerate the paternal constitutions and renovate their father's life."


このような賢明な偏見によって、我々は彼の国の子供達を恐怖の目で見ることを教えられるのである。彼の国の子供達とは、毒草と野蛮な呪文が温情主義の政府を再生して父の命を回復させるかもしれないと願って、軽率無鉄砲に年老いた親を切り刻んで魔法使いの鍋に放り込む子供達である」

To hack that aged parent to pieces. How resonant that must seem to survivors of the Cultural Revolution.

年老いた親を切り刻む…。
文化大革命のサバイバーは大いに共鳴出来ることでしょう。

Prof Li said the new team of President Xi Jinping and Premier Li Keqiang -- both singing from the same hymn sheet according to him, though not others -- will start reforming the one-child policy, the hukuo code of rural 'serfdom', and much else, before the end of the year. The last team coasted complacently, he said, relying on post-Lehman stimulus to keep growth going as the old system festered.

李教授曰く、習近平主席と李克強首相という新コンビ(こんなことを言うのは教授だけですが、二人とも路線は同じだそうです)は、一人っ子政策、「奴隷制」のような地方の戸籍制度、その他多くのことを年末前に改革し始めるそうです。
前コンビは自己満足しながら惰性で進み、ポスト・リーマン危機の景気刺激策に依存して旧制度が腐る中でも成長を維持していた、と教授は言います。

Whether China can really pull it off in an orderly way after letting rip with the biggest credit bubble in modern market history is a very open question.

中国が、市場の近代史において最大規模の信用バブルが弾けた後も、秩序ある形でこれを実現出来るのかどうかは、かなりわかりません。

But let us wish them the best of British luck, and celebrate our new Special Relationship with China.

でも、可能な限り幸運を願って差し上げつつ、中国との新しい特別な関係を祝福しましょう。





コメント   この記事についてブログを書く
« 欧州委員会、エネルギー・コ... | トップ | 夢見るドイツはエコ・ドリー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事