今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

睡眠導入剤の服用に「不安」

2012-09-28 15:57:45 | Etcetera
High sleeping pill use 'worrying'
(睡眠導入剤の服用に「不安」)
By James Gallagher
Health and science reporter, BBC News
BBC:27 September 2012 Last updated at 00:13 GMT
Too many people may be damaging their health by self-medicating with sleeping pills, according to the Royal Pharmaceutical Society.

余りにも多くの人が市販の睡眠導入剤を服用して健康を損なっている可能性がある、と王立薬剤師会。


It said half of people with insomnia diagnosed themselves and took medication without seeking medical advice.

王立薬剤師会によれば、不眠症の半数が自己診断によるものであり、医学的アドバイスを求めずに薬を服用しているとのこと。

However, the society said insomnia was often part of other physical or mental health problems which needed treating.

しかし、不眠症は治療すべき他の身体的または精神的な疾患の一部であることが多い、と同会は伝えています。

The warning was based on the findings of a survey of 2,077 people.

睡眠導入剤の服用に関する警告は、2,077人を対象に行った調査の結果に基づいて出されました。

Insomnia is difficulty in getting to sleep, staying asleep or getting enough good quality sleep night after night. One in three people in the UK are thought to have bouts of insomnia.

不眠症は毎夜のように寝つきが悪い、睡眠が途切れ途切れとなる、または十分な深い眠りがとれないといった状態です。
英国では3人に1人が不眠症の症状に悩まされていると考えられています。

It can be caused by psychiatric problems such as depression, anxiety disorders and schizophrenia. Other illnesses including heart disease, Alzheimer's disease and hormonal problems can also disturb the normal pattern of sleep.

不眠症は、うつ病、不安障害、統合失調症といった精神病的な問題が原因になることがあります。
その他にも、心疾患、アルツハイマー病、ホルモンの問題なども、通常の睡眠パターンを崩すことがあります。

In the survey, 30% of people said they had taken sleeping pills for more than a month without getting advice while 14% had gone six months.

調査では、回答者の30%が医者にかからずに1ヶ月以上睡眠導入剤を服用していました。
14%は6ヶ月間服用していました。

One pharmacist, Paul Johnson, said: "It's worrying that so many people are overusing sleeping remedies.

薬剤師のポール・ジョンソンさんは次のように言いました。
「こんあに沢山の人が睡眠導入剤を使い過ぎているなんて心配です」

"They can be effective for short-term treatment of mild insomnia but should not be taken for long periods without advice because they can hide a serious health problem which could get worse if it remains untreated.

「軽度の不眠症の短期的な治療には効果的かもしれませんが、医師からのアドバイスなしに長期間服用してはいけません。治療されないままだと悪化する可能性のある深刻な健康問題が隠れている可能性があるからです」

"It's never a good idea to take any medicine long-term as a result of self-diagnosis, as you can end up treating a symptom rather than addressing the root cause of your problem."

「自己診断の結果、長期間に亘って薬を服用することは、どんな薬でも良いことではありません。というのも、問題の根本的な原因に対処するのではなく、症状に対処することになりかねないからです」

酒飲んで寝れば良いってよく言いますが、酒飲んだら眠れないよ!
読書が良いですね、読書。
でも、一気読みしたくなるスリラーとかだと逆効果だけど(笑)。
私の場合最近は、バイキングだのローマ芸術だの歴史的な経済学者だの戦時中の農家再現ドキュメンタリーだの、あれこれiPadで睡眠学習しています。
Who Do You Think You Areも相変わらず面白いですね。
メインは歌手だったり俳優だったり作家だったり有名人ですが、その2代前とか一般ピープル以下も多く、日本でやっても番組になるぐらい記録が残ってるのかしら、と不思議になりました。
ちなみに我が家の場合は全部焼失、ありがとうございましたー、な感じなので、平均的に「平家の落人の家系でござる」と言っています(まあ、叔父によればそう“らしい”のでいいのかなと)。

…しまった…どうせ適当なこと言うならもっと凄いこと言えば良かった!!

てか、眠れなかったら起きてればいいじゃん。
活動時間が増えてありがたいではないか。
私もそろそろある程度眠らないと動きが鈍くなってきたので、3日不眠不休無問題が懐かしい(笑)。




コメント

スペイン:借入コスト増大で緊縮政策による節約分がチャラに

2012-09-28 14:55:27 | Telegraph (UK)
Spain's rising debt costs eat up austerity gains
(スペイン:借入コスト増大で緊縮政策による節約分がチャラに)
By Ambrose Evans-Pritchard, International Business Editor
Telegraph: 10:00PM BST 27 Sep 2012
Spain has pushed through €40bn of fresh austerity measures in the teeth of recession, despite violent protests across the country and separatist crises in Catalonia and the Basque region that threaten to break the country apart.

スペインは不況の真っ只中で、400億ユーロの追加緊縮策を押し通しました…全国的に起こる暴力的な抗議デモ、スペインをばらばらにしかねないカタロニアとバスク地方の分離独立危機にも拘らず。


Premier Mariano Rajoy has frozen public pay in 2013 for the third year in a row. The agriculture ministry and culture expenses will be cut by 30pc and the defence bureacracy by 15pc. It comes on top of a €62bn squeeze already in the pipeline.

マリアーノ・ラホイ西首相は2013年度も3年連続となる公務員給与の据え置きを行いました。
農業省と文化省への支出は30%削減され、防衛省は15%削減されました。
その他にも、620億ユーロ規模の緊縮策が既に計画されています。

He brushed aside warnings that fiscal overkill – at a time when unemployment is already 25pc – could push the country into turmoil, saying he would listen only to the “silent majority” of responsible citizens.

首相は責任ある市民の「静かなる大多数」にしか耳を貸さないと述べて、失業率が既に25%に達している時に財政緊縮をやり過ぎれば国を大混乱に陥れかねないとの警告を無視しました。

Bowing to pressure from Brussels, the government has agreed to an independent budget office and a clampdown on early retirement. Pensions will rise by 1pc, paid for by raiding the social security reserve fund. The closed professional guilds and old-boy networks dating back to the Franco era will, in theory, be shaken up. There will be a lottery tax.

欧州委員会の圧力に屈して、スペイン政府は独立予算局の創設と早期退職の取り締まりに合意しました。
年金は1%増額されますが、財源は年金積立基金を取り崩すこととなります。
閉鎖的な専門職ギルドとフランコ時代に遡る学閥ネットワークが、理論上、揺さぶられることとなります。
宝くじ税も課されることとなります。

The plan was carefully crafted with the European Commission, which praised the measures as “concrete, ambitious and well-focused”. The hope is that the package will pre-empt any need for extra conditions if and when Spain requests a bail-out from the European Stability Mechanism, which in turn would trigger bond-buying by the European Central Bank. This would allow Mr Rajoy to avoid loss of “sovereign” face.

緊縮計画は欧州委員会と共に慎重にまとめられており、同委員会は「具体的、野心的、かつ極めて集中的」としてこの措置を賞賛しました。
この緊縮策が、スペインが欧州安定化メカニズムに支援要請を行い、欧州中央銀行による国債購入が稼動されることになった場合に、支援条件を追加する必要性を先回りして潰すことが期待されています。
これによって、ラホイ西首相は「主権国」の面子を保てるでしょう。

It is uncertain, however, whether the German and Finnish parliaments would agree to such a formula. In any case, Spain must still meet EU deficit budget targets of 6.3pc this year and 4.5pc next year. This looks impossible. Madrid is chasing its tail in a downward spiral.

とはいえ、ドイツとフィンランドの議会がそのようなやり方に合意するかどうかは不明です。
いずれにせよ、スペインは2012年は6.3%、2013年は4.5%というEUの財政削減目標を達成しなければなりません。
これは不可能らしく思われます。
スペイン政府は悪循環の中で無駄な努力をしているのです。

Rocketing debt service costs alone will eat up almost half the extra savings, rising by €9bn to €36bn next year. The economic slump is eroding the tax base at an alarming rate. Revenues so far this year have fallen by 4.8pc, despite a rise in tax rates.

急上昇する借入コストだけで緊縮策による節約分の半分近くが浪費されるでしょう(来年は90億ユーロ多い360億ユーロに上ります)。
不況は恐ろしいスピードで税収基盤を浸食しつつあります。
増税にも拘らず、今年これまでの税収は4.8%減少しました。

Professor Jesus Fernandez-Villaverde, from Philadelphia University, said the strategy is doomed to failure: “There is no hope that this can work. I think we’ll be lucky if the deficit is below 8pc this year.

フィラデルフィア大学のJesus Fernandez-Villaverde教授いわく、この戦略は失敗間違いなしとのこと。
「成功の望みなし。今年の財政赤字が8%を切ったら奇跡」

“This has accelerated into a complete disaster over the past three weeks, with the Catalan secession spiralling out of control. Rajoy’s people are overwhelmed, running around in circles in the middle of the Titanic screaming.”

「この3週間、スピードアップしながら救いようのない大惨事になったね。カタロニアの分離独立運動も手の付けられない状態になったし。ラホイ陣営は圧倒されて、悲鳴が響き渡るタイタニックのど真ん中で走り回っている」

Madrid has so far shown no willingness to defuse the Catalan crisis. Vice-premier Soraya Sáenz de Santamaría said the government has the means to stop a referendum on self-rule and “is willing to use them”.

スペイン政府はこれまでのところ、カタロニア危機解決への意欲を全く示していません。
ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリア・アントン西副首相いわく、政府は分離独立国民投票を阻止する手段を持っている上に「使う気満々」だそうです。

It is unclear where such a policy will end in the face of separatist fervour in Barcelona. Catalan leader Artur Mas exhorted Spain’s leaders to act in a “civilised” fashion, citing Canada’s handling of Quebec.

バルセロナでの分離独立を願う熱狂を前に、そのような政策がどんな結末を迎えるのかは不明です。
アルトゥール・マス州首相はケベック州に対するカナダの対応を採り上げて、「文明的」に行動しろとスペイン首脳陣に勧告しました。

The government has based its budget sums on economic contraction of 0.5pc of GDP next year. Citigroup fears a 3.2pc contraction, followed by a further fall of 0.8pc in 2014, ending in debt restructuring.

政府は来年は-0.5%のマイナス成長になるという数値に基づいて予算をまとめました。
シティグループは来年は-3.2%、再来年の2014年は-0.8%のマイナス成長となって、結局債務再編しなければならないことになるのでは、と危惧しています。

“Spanish GDP is beginning to fall off a cliff and this is going to make state debt dymanics even worse,” said David Owen from Jefferies Fixed Income.

「スペインのGDPは自由落下中。これは債務ダイナミクスを更に悪化させるね」とジェフリーズ・フィックスト・インカムのデイヴィッド・オーウェン氏。

Miguel Navascues, a former economist at the Bank of Spain, said the country is caught in a debt spiral with no obvious solution other than exit from the euro. “I think there is no way out other than an exchange rate adjustment,” he said.

スペインはユーロ離脱以外に明らかな解決策もない状態で債務スパイラルに囚われている、とスペイン銀行の元エコノミスト、Miguel Navascues氏は言います。
「為替レートを調整する以外ないでしょ」とのこと。

The cuts come as Spain’s chief export markets buckle. The European Commission’s September survey of business and consumers fell to a 37-month low, with trouble reaching the core.

追加緊縮策はスペインの主要輸出市場が崩れる中で実施されます。
欧州委員会の9月の企業消費者景況感調査の結果、37ヶ月ぶり最低の値が出ており、問題はコア国にも及んでいます。

“The eurozone economy is sinking into deep recession,” said Jonathan Loynes, from Capital Economics.

「ユーロ圏経済は不況の奥底に沈みこみつつあるね」とキャピタル・エコノミクスのジョナサン・ロインズ氏は言います。

The ECB said eurozone lending contracted further in August, with loans falling 7.8pc in Portugal, 6pc in Spain and 2.1pc in Italy.

欧州中央銀行によれば、ユーロ圏の融資は8月も減少して、ポルトガルでは-7.8%、スペインは-6%、イタリアは-2.1%になったとのこと。

Julian Callow, from Barclays Capital, said: “There is a credit crunch under way in southern Europe. These countries have not yet had any monetary reward for austerity. The conclusion is obvious. The ECB needs to activate its bond plan.”

バークレイズ・キャピタルのジュリアン・キャロウ氏は言います
「南部欧州が信用不足になりそうだね。この地域の国はどこもまだ緊縮策の金銭的な見返りを一切手にしていないからね。その結果はわかりきってるでしょ。欧州中央銀行は国債購入計画を稼動しなくちゃ」

The decision by the AAA bloc of Germany, Holland, Finland and now Austria to row back from the EU’s summit deal to shore up the Spanish banks directly makes matters far worse.

ドイツ、オランダ、フィンランドのAAAトリオ、そして今度はオーストリアまでもが加わった、スペインの銀行支援を目指したEUサミット合意のちゃぶ台返し決断も大いなる燃料投下となりました。

Spain will have to raise an extra €60bn or so to plug the hole in its banking system. Alberto Gallo, from RBS, said the final shortfall is likely to be €134bn, once the hidden losses from the housing crash become clearer. JP Morgan said the retreat from the June summit pledge will have grave repercussions. The tough line will be taken as “bad faith” in the eurozone periphery, poisoning North-South relations.

スペインは銀行システムの穴埋めに約600億ユーロを追加調達しなければならなくなります。
RBSのアルベルト・ギャロ氏いわく、住宅バブル崩壊の隠れた損失が発掘されれば、最終的には1,340億ユーロほど不足するだろうとのこと。
JPモルガンによれば、6月のEUサミット合意をひっくり返せば深刻な影響があるとか。
強硬姿勢はユーロ圏の周辺地域では「不誠実」と受け止められて、南北関係は悪くなるでしょう。

“Investors may need to look again at the commitments they think the region has agreed,” it said.

「投資家は、ユーロ圏が合意したと思い込んでいる約束をもう一度ゆっくり見直さなきゃいけないかもね」だそうです。

漫画みたいなドイツ陣営の行動に抱腹絶倒ですが…。
血だらけになってデモやって、火炎瓶投げ付けて警官隊火達磨にしてる、スペインの「不況の犠牲者」も一緒。
観光業以外にまともな商売がないのに、癇癪起こして街を無茶苦茶にぶっ壊してるギリシャ人もやっぱり一緒。
まあ、せいぜいがんばれ。




コメント

スペイン、ヨーロッパに裏切られる

2012-09-28 11:33:05 | Telegraph (UK)
Europe's betrayal of Spain
(スペイン、ヨーロッパに裏切られる)
By Ambrose Evans-Pritchard Economics
Telegraph Blog: Last updated: September 27th, 2012
We discover – yet again, you might say – that Germany, Holland, and Finland will not stand behind their solemn pledge of solidarity when push comes to shove.

僕らは知りました(またかよ、と仰るかもしれませんが…)。
ドイツ、オランダ、フィンランドがいざとなって、厳粛な結束の誓いを守らないことを。

Spain’s premier Mariano Rajoy has been betrayed. Nobody should be entirely surprised if he and the Spanish arch-nationalists in his circle offer a condign riposte, and bring down the entire temple on the heads of the creditor powers.

マリアーノ・ラホイ西首相は裏切られました。
ラホイ西首相と仲間の大物民族主義者が当然の反撃に出て、債権国もろともユーロ神殿を吹き飛ばしても、誰も完全に意表を突かれたと言う人はいないでしょう。

He bit the bullet and agreed to the highly intrusive terms of a €100bn eurozone rescue for the Spanish banking system on a specific understanding: that the ESM bail-out fund would ultimately take over the burden by recapitalising Spain’s banks directly.

スペインの銀行に資本を直接注入することで、欧州安定化メカニズムが最終的に負担を引き受けることになる、という具体的な理解の下、ラホイ西首相はグッとこらえて、スペインの銀行システムを救済するためのEUによる1,000億ユーロの支援融資に付けられた、極めて押し付けがましい条件に合意したのです。

This deal has been breached. Can we believe anything that the Chancellor of Germany, the prime minister of Holland, and the prime minister of Finland say from now on? The EMU rescue edifice is built on sand.

この合意が破られました。
ドイツ首相とオランダ首相とフィンランド首相の言葉を、僕らは今後も信じられるのでしょうか?
ユーロの支援組織は砂上の楼閣なのです。

You might say Mr Rajoy had no choice. But he did. There were those whispering in his ear that Spain should instead retake control over its own monetary, exchange, and sovereign policy levers, and break out of its debt-deflation trap.

ラホイ西首相には他に選択肢がなかった、と仰るかもしれませんが、他に選択肢はあったのです。
スペインは支援を受ける代わりに自らの金融、為替、政治手段を奪還して、債務デフレの罠から脱出すべきだ、と首相にささやく人々がいたのです。

Such a course might or might not be disastrous for Spain, depending on your analysis of EMU’s structural flaws, but it would certainly be disastrous for German and Dutch banks. (Given that it would cause the collapse of monetary union in the worst possible way).

そのような道はスペインにとって破滅的であったかもしれませんし、そうではななかったかもしれません。
ユーロの構造的欠陥に関して皆さんがどう分析するかによります。
しかし、ドイツとオランダの銀行にとっては、(これ以上ないほど最悪の形で通貨同盟を崩壊させることを考慮すれば)、確実に破滅的だったことでしょう。

The Spanish bubble was after all a joint venture. Spain was flooded with cheap capital from Germany and Holland that it could not prevent or control under the EMU system. Did the German and Dutch regulators recognise the danger, or try to stop the excesses? Not really. They were complicit.

つまるところ、スペインのバブルは合弁事業だったのです。
スペインは、ユーロというシステムの中では阻止することも管理することも不可能な、ドイツとオランダから流れ込む低金利資金でジャブジャブにされたのです。
ドイツとオランダの規制当局はその危険を認識したり、行き過ぎを止めようとしたでしょうか?
してませんよね。
ドイツもオランダも共謀したのです。

The ECB’s uber-loose money (to help Germany when it was in slump) led to negative real interest rates for Spain – minus 2pc for years – that fuelled a massive credit boom. Policy was far too lax for a fast-growing Tiger economy.

欧州中央銀行の超緩和策(不況にあったドイツを助けるためです)により、スペインは実質金利がマイナスになりました。
何年間も-2%という状況が続きました。
これが猛烈な信用バブルの燃料となったのです。
急成長中のタイガー経済にとって、金融政策は余りにも緩過ぎました。

Did the Spanish make big mistakes? Of course. But the ECB and the European Commission did not make that critique at the relevant moment. They too were smoking weed.

スペインは大きな過ちを犯したのでしょうか?
勿論です。
とはいえ、欧州中央銀行と欧州委員会は適宜批判を行いませんでした。
連中もラリってたのです。

Be that as it may, Mr Rajoy now learns that the AAA trio will not permit direct recapitalisation of the Spain’s "legacy" banks by the ESM, even after the new European bank regulator is up and running.

まあ、そうかもしれませんが、ラホイ西首相も遂に、AAA格付けトリオは、新欧州銀行規制機関が創設、稼動された後も、欧州安定化メカニズムがスペインの「引きずり」銀行に直接資本注入を行うことを認めない、ということを知りました。

The burden will fall entirely on Spain, or so it seems. Spain must raise €60bn in fresh debt on the capital markets to plug the hole, or nearer €150bn if City sceptics are right.

負担は全てスペインの肩にのしかかる、というか、そんな風に見受けられます。
スペインは財政の穴埋めのために資本市場で新たに600億ユーロを調達しなければなりません。
もしくは、シティの疑り深い面々が正しければ、1,500億ユーロ近くを調達しなければならないのです。

The accord signed by EMU leaders in June is crystal clear, as the European Commission remind the Northern powers yesterday. The purpose was to break the "vicious circle" between banks and sovereign states.

6月にユーロ加盟諸国の首脳陣が署名した合意は、欧州委員会が昨日北部欧州陣営にリマインドした通り、非常に明瞭です。
その目的は、銀行と政府の「悪循環」を断ち切ることでした。
EURO AREA SUMMIT STATEMENT
ユーロ圏首脳会談声明

- 29 June 2012 -
2012年6月29日

• We affirm that it is imperative to break the vicious circle between banks and sovereigns. The Commission will present Proposals on the basis of Article 127(6) for a single supervisory mechanism shortly. We ask the Council to consider these Proposals as a matter of urgency by the end of 2012. When an effective single supervisory mechanism is established, involving the ECB, for banks in the euro area the ESM could, following a regular decision, have the possibility to recapitalize banks directly. This would rely on appropriate conditionality, including compliance with state aid rules, which should be institution specific, sector-specific or economy-wide and would be formalised in a Memorandum of Understanding. The Eurogroup will examine the situation of the Irish financial sector with the view of further improving the sustainability of the well-performing adjustment programme. Similar cases will be treated equally.

• 我々は銀行と政府の悪循環を断ち切らなければならないことを確認する。欧州委員会は第127(6)条に基づいて、単独の監督機構について間もなく提案を行う。我々は欧州委員会に対して、これらの提案を緊急に、2012年末までに検討することを求める。欧州中央銀行が関与する、ユーロ圏内の銀行のための効果的な単独の監督機構が創設された場合、欧州安定化メカニズムは通常の決断に続いて銀行に直接資本注入を行うことが可能となる。これは特定の制度、特定のセクター、または経済全体に向けた、覚書に定められる、政府支援規則の遵守他、適切な条件に依存するものである。ユーログループは、良い業績を挙げている調整計画の持続可能性を一層強化することを目標に、アイルランドの金融業界の状況を検討する。

• We urge the rapid conclusion of the Memorandum of Understanding attached to the financial support to Spain for recapitalisation of its banking sector. We reaffirm that the financial assistance will be provided by the EFSF until the ESM becomes available, and that it will then be transferred to the ESM, without gaining seniority status.

• 我々はスペインの銀行の資本増強のための財政支援に付随する覚書の迅速な締結を強く求める。また、欧州安定化メカニズムが稼動するまでは欧州金融安定ファシリティが、また、その稼動後は欧州安定化メカニズムが、上位債権者となることなく、財政支援を提供することを再確認する。
The Germans, Dutch and Finns (in particular) say they were bounced into this deal. It would not surprise if they were outmanoeuvred by Italy’s Mario Monti, and if too-clever-by-half Council officials tweaked the language at the last minute. But this was the accord.

ドイツ、オランダ、(特に)フィンランドは、この合意に跳び付かされたと言っています。
このトリオがマリオ・モンティ伊首相にしてやられたのだとしても、また、秀才ぶりが鼻に付く欧州委員会の当局者が最後の最後に文言を一捻りしていたとしても、驚くことではありません。
でも、これは条約なのです。

It was a key foundation of the global market rally of the last two months. The Nordics have now ripped it up. Investors in Asia and the Middle East might justifiably conclude that the Chancellor of Germany is blowing smoke in their eyes, that Germany will not in fact "save the euro". Eurozone rhetoric is a sham.

これこそが、過去2ヶ月間、世界中で株価が上がりまくった根本的な原因だったのです。
北欧諸国は今やこれを破り捨てました。
アジアと中東の投資家は当然の如く、ドイツ首相に騙された、ドイツは実は「ユーロを救済」しないんだ、という結論に行き着くかもしれません。

So we are back to crisis.

というわけで、危機復活です。

I have no idea what Spain will do, but emotions are running high and the country – in the words of Confidencial this morning – risks "disintegrating". We watch and wait to see whether the Basque revolt or the Catalan revolt will detonate first, and whether the Spanish will really use "all means" to hold the union together.

スペインがどうするのか僕にはさっぱりわかりませんが、感情は高ぶっていますし、この国は(今朝のコンフィデンシアル紙によれば)「分裂」の危機にあるそうです。
バスク反乱またはカタロニア反乱、どちらが先に爆発するか、そして、スペインが本当にユーロを維持するために「あらゆる手段」を講じるのか、それはまだわかりません。

The newspapers ABC and La Razon both called on the government to deploy " the arms of the state" to stop Catalonia holding an independence referendum.

ABC紙とLa Razon紙は、カタロニアの分離独立国民投票実施を阻止するために「国家の武力」を配備するよう政府に呼びかけました。

It is as if the Daily Telegraph were to call for coercion to stop Scottish independence. Imagine the response in Scotland.

これは小紙がスコットランドの独立を阻止するために強制力を要請するようなものです。
スコットランドの反応たるや、どんなものになるか…。

Mr Rajoy’s authority is collapsing. Some 84pc of Spaniards have lost confidence in his leadership. The current course is becoming hopeless.

ラホイ西首相の権威が崩れつつあります。
スペイン国民の約84%は、首相のリーダーシップへの信頼を喪失しました。
今の路線は絶望的になりつつあります。

Today he will announce a fresh round of austerity measures to meet EU targets that cannot be met, adhering to reactionary strategy of "internal devaluation" imposed by Germany that is destroying his country.

今日、首相は達成不可能なEUの財政赤字削減目標達成のための追加緊縮措置を発表して、スペインを破壊しつつある「域内デバリュエーション」というドイツに押し付けられた保守的戦略を遵守しました。

And now he has just been betrayed by the German bloc anyway. Es el colmo. If he were to request full sovereign rescue, he would most likely be shafted again. Who can blame him for dragging his feet?

そして、ついさっき、ラホイ西首相は結局ドイツ陣営に裏切られたのです。
これが限界でした。
首相が全面的な政府支援を要請ていたら、恐らくまた酷い目に遭わされていたことでしょう。
彼が二の足を踏むのを誰が非難出来るでしょう?

The temptation to tell the Germans and Dutch to go to Hell – and to pull the pin on their banking systems – must be growing mightily. Desperate men do desperate things.

ドイツとオランダには「地獄に堕ちろ」と言ってやりたい誘惑(ついでに両国の銀行システムを吹っ飛ばしてやりたい誘惑)は、猛烈に膨らみつつあるに違いありません。
窮鼠猫を噛むと言いますから…。




コメント

2015年までに中国語ユーザー>英語ユーザー

2012-09-27 10:08:23 | Etcetera
Chinese internet users to overtake English language users by 2015
(2015年までに中国語ユーザー>英語ユーザー)
By Conrad Quilty-Harper
BBC:2:53PM BST 26 Sep 2012
The number of internet users accessing the web in Chinese is set to overtake English language users by 2015, according to a report by the UN Broadband Commission.

インターネットの中国語ユーザー数は2015年までに英語ユーザーを上回ることになりそうです(国連ブロードバンド委員会)。


In May 2011, there were 565 million English internet users, compared to 510 million Chinese users, representing 27 per cent and 24 per cent of total global internet users, respectively.

2011年5月時点での英語ユーザー数は5億6,500万人(27%)、対する中国語ユーザー数は5億1,000万人(24%)でした。

The report predicts that if current growth rates continue, Chinese will overtake English as the main language used by internet users in 2015.

同委員会が発表した報告書は、現在のペースで増加すれば、2015年までに中国語ユーザーは英語ユーザーを上回るだろうと予測しています。

This switch is largely due to China's massive population, now over 1.3 billion people.

首位交代の原因は主に中国の人口が圧倒的に多いことです(現在13億人超)。

Just under 40 per cent of people in China use the internet, compared to 82 per cent in the United Kingdom, and 78 in the United States.

中国では人口の40%弱がインターネットを利用していますが、英国は82%、米国は78%です。

Internet adoption in China is happening with a stronger emphasis on mobile phones. Nearly half of all smartphones are now sold in China, but only 12 out of every 100 individuals have a fixed broadband subscription.

中国でのインターネットの普及は携帯電話が強く関与して進んでいます。
中国では現在、全世界のスマートフォンの半分近くが売られていますが、固定のブロードバンド回線を契約している人は100人当たり僅か12人です。

The report ranks every country on various different measures of connectivity, including households with internet access, the number of individuals who use the internet, and the number of mobile and fixed broadband lines.

同報告書は、インターネットアクセスのある世帯数、ネット利用者数、携帯電話および固定ブロードバンド回線の数など、接続性に関する様々な基準で国をランク付けしました。

Nearly 2.26 billion people, a third of the world's population, were using the internet by the end of 2011. By 2016 this number is expected to rise to 40 per cent, or 3 billion people, thanks in large part to the widespread adoption of mobile internet usage.

2011年末までに、インターネット・ユーザーの数は、世界の人口の3分の1にあたる22.6億人近くになりました。
2016年までには、移動体インターネットの利用拡大が主な原因となって、40%増加して30億人になると予想されています。

At the end of 2011, there were twice as many mobile broadband subscriptions as there were fixed broadband connections.

2011年末、移動体ブロードバンド回線契約と固定の比率は2対1でした。

Interactiveな地図が面白い!!
これ、日本の分を拡大してスクショったものです。



ちなみにユーザー数でいくと、日本語ユーザーは、英語、中国語、スペイン語に続く第4位!




コメント

AAA倶楽部が銀行支援合意を粉砕したおかげで、スペイン危機再び!

2012-09-27 09:47:08 | Telegraph (UK)
Spain's crisis flares again as AAA club scuppers bank rescue deal
(AAA倶楽部が銀行支援合意を粉砕したおかげで、スペイン危機再び!)
By Ambrose Evans-Pritchard, International Business Editor
Telegraph: 8:50PM BST 26 Sep 2012
Spain's debt crisis has returned with a vengeance after Germany, Holland and Finland reneged on a crucial summit deal and scuppered hopes of direct eurozone help for Spanish banks.

ドイツ、オランダ、フィンランドが重大なEUサミット合意を破り、ユーロ圏がスペインの銀行を直接支援するかもしれないという希望を粉砕したことを受けて、スペイン債務危機が強烈な勢いでカムバックしました。


Yields on 10-year Spanish bonds punched back above the danger line of 6pc and spreads over German Bunds reached 450 basis points, intensifying pressure on Madrid as it continues to resist a sovereign bail-out.

スペイン政府が政府支援要請を拒み続ける中、スペイン国債10年物の利回りは危険水準の6%超えを再び達成し、ドイツ・ブントとの金利スプレッドは450BPに達し、スペイン政府への圧力を強めました。

The alliance of hardline creditors said the European Stability Mechanism (ESM) – or bail-out fund – could not be used to cover “legacy assets” from past banking crises, even after the eurozone’s banking supervisor starts work next year.

強硬な債権国陣営によれば、欧州銀行監督機構が来年稼動した後ですら、欧州安定化メカニズムを過去の銀行危機からの「引きずり資産(不良資産)」をカバーするために利用することは不可能とのこと。

This prevents the ESM from recapitalising Spain’s crippled banks directly under a €100bn (£79bn) loan package agreed with Madrid in June. The burden will fall entirely on the Spanish state.

これで欧州安定化メカニズムは、6月にスペイン政府と合意を結んだ1,000億ユーロ規模の支援策の下で、スペインのボロボロになった銀行に資本を直接注入することが出来なくなりました。
その負担は全てスペイン政府が背負うことになります。

The Spanish newspaper Expansion said the AAA trio had “dynamited” the EU accord. The extra debt burden is likely to be around €60bn or 6pc of GDP, depending on bank stress tests to be unveiled on Friday. Pessimists fear it could rise to 15pc of GDP once full losses from the property crash are crystallised.

エクスパンシオン紙は、AAA格付け三カ国はEU条約を「爆破した」と報じました。
追加負担することになる債務は、600億ユーロ、GDP比6%程度になりそうですが、金曜日に公表される銀行のストレステスト次第です。
悲観主義者は、不動産バブルの破裂による損失が全て明らかになれば、GDPの15%まで増大するかもしれない、と危惧しています。

The European Commission appeared shocked by the German-led volte-face, saying the original summit deal was “quite clear”. All EMU leaders signed a pledge to break the “vicious cycle” between banks and states. The document said the ESM must be allowed to “recapitalise banks directly”, clearly referring to Spain.

欧州委員会はドイツ率いる手のひら返しがショックだったようで、そもそものサミット合意は「相当明確」だったと述べました。
ユーロ加盟各国の首脳全員が銀行と政府の間に存在する「悪循環」を断つための誓約書に署名しました。
同文書は、明らかにスペインに言及して、欧州安定化メカニズムは「銀行に資本を直接注入する」ことを認められなければならないとしています。

“Europe’s debt crisis may just have returned to centre stage,” said Fathom Consulting. The IBEX index of stocks in Madrid fell 3.7pc.

「欧州債務危機がセンターに戻ってきちゃったのかもね!」とフェイサム・コンサルティング社。
西IBEX指数は3.7%下落しました。

The Bank of Spain said the economy had shrunk at a “significant rate” in the third quarter, with all major indicators deteriorating. This follows a GDP contraction of 1.3pc in the second quarter.

スペイン中銀によれば、2012年度第3四半期の同国経済は「著しいスピード」で縮小したそうで、主要指標は軒並み悪化しました。
この前、第2四半期は-1.3%のマイナス成長を記録しました。

The deepening slump is playing havoc with public finances. Tax revenues fell 4.8pc in July from a year ago, largely offsetting gains from austerity. This replicates the pattern seen in Greece, where drastic fiscal tightening – without monetary stimulus or exchange rate relief – has fed a self-defeating downward spiral. Premier Mariano Rajoy may have accelerated the sell-off by telling the Wall Street Journal that Spain will not request a full sovereign bail-out unless borrowing costs go “too high, for too long”.

悪化を続ける不況は財政を無茶苦茶にしています。
7月の税収は前年比-4.8%となり、緊縮政策の節約分がほぼ全てチャラになりました。
これはギリシャのパターンを踏襲しています。
そう、抜本的な財政緊縮(金融刺激も為替操作もなし)が、自滅的な下方スパイラルに拍車をかけたパターンです。
マリアーノ・ラホイ西首相はウォール・ストリート・ジャーナル紙に、スペインは借入コストが「余りにも長い間余りにも高い」状況にならない限り全面的支援を要請することはない、と語って、売却を加速させてしまったのかもしれません。

“He is inviting the markets to short Spanish debt,” said Marc Ostwald from Monument Securities. “Markets now know they are fighting Rajoy, not the European Central Bank.”

「ラホイさんはマーケットに、スペイン国債売ってちょーだい!って言ってるんだよね」とモニュメント・セキュリティーズのマーク・オストワルド氏は言います。
「マーケットはもう知ってるからさあ。闘ってるあいては欧州中央銀行じゃなくってラホイ首相だってこと」

The ECB says it will not buy Spanish bonds until the country requests an ESM rescue and signs a “memorandum” giving up fiscal sovereignty. Mr Rajoy said he will decide when he learns the exact terms, but talks have become a political minefield.

スペインが欧州安定化メカニズムに支援を要請して財政主権を放棄しますという「覚書」に署名するまで同国の国債なんて買わないからね、と欧州中央銀行は言っています。
支援条件の内容をしっかりわかってから決める、とラホイ西首相は言っていますが、協議は政治的地雷原になってしまいました。

Madrid is gambling that a reform package and a tough Budget to be unveiled this week will suffice without further conditions.

今週公表される構造改革パッケージと切り詰めた予算で十分だ、これ以上の条件など出てこないはず…とスペイン政府は賭けているのです。

Yet the German and Finnish parliaments must vote on each ESM rescue. They are certain to demand tougher terms. Spain in turn has issued thinly-veiled threats to bring down the euro temple on Germany’s head if pushed too far. German bank exposure to Spain is €145bn.

ですが、欧州安定化メカニズムの支援は、一件毎に、ドイツ議会とフィンランド議会の承認が必要です。
両国議会は確実にもっと厳しい条件にしろと言うでしょう。
そうなったらスペインは、お前等が調子に乗るならユーロをぶっ壊してドイツの口にねじ込んでやるぞ、と殆どあからさまな脅しをかけるでしょう。
ドイツの銀行がスペインに抱える債権は1,450億ユーロに上ります。

Desmond Supple from Nomura said Spain’s 10-year yields would rise back to 7pc over coming weeks as the stand-off drags on, not helped by the “fresh hand grenade” of Catalonia’s threatened secession.

にらみ合いが続く今後数週間に、スペイン国債10年物の利回りはまた7%まで戻っちゃうだろうね、しかもここでカタロニアの分離独立なんていう「新たな手りゅう弾」とか最悪、と野村證券のデズモンド・サップル氏は言います。

“We fear Rajoy will try to delay a rescue until after the Catalan election. The conditions of any ESM bail-out will involve control over the regions, so this has become intractable,” he said.

「ラホイ首相はカタロニアの選挙が終わるまで支援を遅らせようとするだろうね。欧州安定化メカニズムの支援条件には地方の管理も含まれるだろうから、これはやっかいなことになったよね」

Catalan leader Artur Mas has set off a constitutional crisis by calling a snap poll for November 25 – deemed a proxy referendum on independence. “If the government refuses to allow a referendum, we will do it anyway,” he said, calling on Spain to learn from Canada’s handing of Quebec and behave in a “civilised” fashion. Mr Mas said nothing could stop the Catalan people taking “sovereign decisions”, describing recent events as the most dramatic in the 300 years of Catalan history.

アルトゥール・マス州首相は11月25日に解散総選挙を行います、と宣言して憲政の危機を引き起こしました。
この選挙は、分離独立を問う国民投票の代わりだと考えられています。
「中央政府が国民投票の実施を拒否してもやってやる」とマス州首相は言うと、カタロニアのケベック対応を見習って「上品に」振舞えとスペインに告げました。
マス州首相は300年に及ぶカタロニア史上最も劇的な最近の事件を表して、カタロニア人が「主権に関する決断」を下すのを止められるものは何もないと言いました。

King Juan Carlos said it would be “blindness” not to recognise the gravity of the crisis. It is becoming unclear how much longer Mr Rajoy can govern. Anti-austerity clashes with police are turning violent. The latest Metroscopia poll shows 84pc of Spaniards have lost confidence in his leadership.

この危機の深刻さがわかんないとか「めくら」だろ、とスペイン国王、ホアン・カルロス陛下。
ラホイ西首相があとどれだけ首相でいられるのか、ますますわからなくなりつつあります。
緊縮政策反対デモ隊の警官隊との衝突は暴力的になりつつあります。
最新の世論調査によれば、84%のスペイン人がラホイ西首相のリーダーシップへの信頼を喪失していると回答しました。

オバマ米大統領は助けてくれないの?

しかし、もー、ドイツ面倒臭い。
一人ドイツ不買運動継続中…とか嘘ですけど…ドイツ・ワイン嫌いなんで…はははー、Hさん、ごめんねー。
私は今年に入り変異を遂げまして、酒飲み目ワイン科フランス属ボルドー種だったのに、酒飲み目ワイン科フランス属ブルゴーニュ種になりました。
M先生とお約束の土曜日夕方が楽しみであります…うひょひょ。



コメント