今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欧州緊縮政策への怒り、広がる

2010-09-30 15:02:31 | Telegraph (UK)
Europe's austerity anger grows
(欧州緊縮政策への怒り、広がる)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:29 Sep 2010
More than 100,000 marchers converged on Brussels from across the EU to protest austerity measures on Wednesday, while Spanish unions took the extraordinary step of breaking ranks with Spain's socialist government by launching a general strike.

水曜日、緊縮政策に抗議すべく、10万人を超すデモ参加者がEU全域からブリュッセルに集結。一方、スペインの労働組合は、ゼネストで社会党政権に反抗という異例の行動に出た。


"Workers are on the streets today with a clear message to Europe's leaders," said John Monks, head of the European Trade Union Confederation. "There is a great danger that workers are going to pay the price for the reckless speculation that took place in financial markets. You have to reschedule these debts so that they are not a huge burden and cause Europe to plunge down into recession," he said, reflecting growing bitterness among ordinary people that they are bearing the brunt of austerity while bondholders have been shielded from losses.

欧州労働組合連合(ETUC)のジョン・モンクス代表は、自分達は緊縮政策の苦しみを味わっているが、債券保有者は損失から守られている、との一般人の間に広がる不満を反映させて、次のように語った。
「今日、デモに参加する労働者は欧州首脳陣に明白なメッセージがある。大きな危険がある。労働者が金融市場での無謀な投機の代償を払わされるかもしれないのだ。債務が大きな負担になったり、欧州を不況に突き落とさないよう、欧州首脳陣はこれらの債務を再編しなければならない」

Spain's car industry was entirely paralysed with the exception of the Mercedes plant in Vitoria, and transport stoppages caused severe disruption. Ignacio Fernandez Toxo, head of the country's CCOO trade union, said premier Jose Luis Zapatero was committing "political suicide" by carrying out harsh cuts while unemployment hovers at 20pc, or 41pc for youths.

スペインの自動車産業は、ビトリアにあるメルセデスの工場を除き、完全に麻痺している。
また、交通機関の停止で深刻な混乱が生じている。
CCOO労組のイグナチオ・フェルナンデス・トクソ代表は、ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相は、失業率が20%、若年層の失業率が41%にも上る中で厳しい支出削減を実行して「政治的自殺」に及んでいると述べた。

Austerity fatigue is surfacing across a large arc of Eastern and Southern Europe, raising concerns that electorates may start to rebel. The Fidesz government in Hungary has already sent the EU and the International Monetary Fund packing, opting for "economic nationalism". Even the police joined demonstrations last week in Romania, hurling their kit at the presidential palace to protest public sector wage cuts of 25pc.

緊縮疲れはヨーロッパの東部と南部の全域で明らかになっており、有権者が反乱を起こし始めるかもしれないとの懸念を高めている。
ハンガリーのフェレンツ政権は既にEUとIMFに追い出し、「経済ナショナリズム」に乗り出した。
ルーマニアでは、先週は警察までもがデモに参加し、25%の公務員賃金引下げに抗議して大統領官邸に装備を投げつけた。

The pro-Russian Harvest Party is leading the polls in Latvia's election this week, threatening to tear up its EU-IMF rescue deal. Critics say the country should have devalued in order to cushion the blow rather than undergoing to harsh deflation under its euro peg.

ラトビアで今週実施された世論調査では、親露派のHarvest党が最も支持率を集め、EU・IMF救済取り決めが御破算になりかけている。
ラトビアはユーロ・ペッグ制を維持して厳しいデフレになるよりも、被害を緩和するために平価切り下げをすべきだった、と評論家は言っている。

Latvia's economy has contracted 18pc since the peak. Unemployment is 20pc, and teachers, nurses and police have seen wage cuts of up to 30pc. Diplomats suspect Harvest may try to play off Moscow against Brussels to extract better terms.

ラトビア経済はピーク時に比べて18%も縮小した。
失業率は20%に上り、教師、看護士、警察官の賃金は最高30%引き下げられた。
外交官等は、Harvest党はより良い条件を引き出すために、ロシア政府と欧州委員会を争わせようとするのではないか、と考えている。

France bowed to pressure for further fiscal tightening yesterday, pledging to cut its deficit from 7.7pc of GDP this year, to 6pc next year, still a modest effort by EU standards.

フランスは昨日、財政赤字を今年のGDP比7.7%から来年は6%に引き下げると誓い、財政引締めを更に強化すると約束したものの、EUの基準で考えれば些細な努力である。

"Considering the current monetary disorder, investors who finance our debt are attentive to our debt-reduction effort," said finance minister Christine Lagarde, alluding to a rise in spreads on France's 10-year bonds to 55 basis points over German Bunds.

「現在金融秩序が乱れていることを考えて、我が国の債券を購入している投資家は債務削減努力に注目している」とクリスティーン・ラガルデ財務相は述べて、
ドイツ・ブントとのフランス10年債金利スプレッドが55%に上昇したことに

In Italy, premier Silvio Berlusconi warned foes that they were playing with fire as his government faced a confidence vote last night after weeks of paralysis, in part triggered by cuts in grants to the regions. "It is absolutely not in the interests of our country to risk a period of instability at a moment when the crisis is not yet over," he said.

イタリアでは、地域助成金の削減も原因の一部となった、数週間の麻痺状態の末、昨夜は政府の信任投票が行われたが、これに際しシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が、君等は火遊びをしていると抵抗勢力に警告を発した。
「危機が終わってもいない今、不安の時代をもたらそうとするのは、我が国の国益には全くならないことだ」

Italy's public debt is 118pc of GDP and the world's third biggest in absolute terms.

イタリアの公共負債はGDPの118%と、絶対的には世界第3位だ。

The protests in Spain and Brussels came as the Commission proposed plans for automatic sanctions of up to 0.2pc of GDP on states that persistently breach the EU's debt and deficit ceilings of 60pc and 3pc of GDP. The mechanism is tougher than the old Stability Pact since states need a qualified majority to stop punishment. There will also be a 0.1pc fine for states that run trade imbalances, including surpluses – a twist likely to anger Germany.

スペインとブリュッセルで抗議運動が行われている頃、欧州委員会は、EUの負債(GDPの60%)と財政赤字(3%)の上限を超過し続ける国に対して、最高でGDPの0.2%に相当する自動的制裁金を科す案を提示した。
この仕組みは欧州安定化条約よりも厳しいものである。
というのも、加盟国は制裁を止めるためには特定多数決に勝たなければならないからだ。
また、貿易黒字を含む貿易不均衡を助長している国には、0.1%の罰金が科されることとなる。
これはドイツを怒らせそうな仕掛けである。

"The EU politicians think they can somehow wipe away economic reality and the structural differences between these countries by bureaucratic means. It's ludicrous," said Ruth Leae, economic adviser to Arbuthnot Banking Group.

「EUの政治家は、官僚的手段によって、経済的現実と諸国間の構造的な違いをないものに出来ると考えている」とアーバスノット・バンキング・グループのエコノミック・アドバイザー、ルース・リー氏は述べた。

Mr Monks said the proposals totally misguided. "How is that going to make the situation better? It is going to make it worse," he said.

モンクス氏によれば、上記の提案は全く間違っている。
「それでどうやってこの状況を改善するのか?悪化させることになる」




お詫び・断り・抗議・依頼の手紙の書き方―誠意が伝わる! (実用BEST BOOKS)

日本文芸社

このアイテムの詳細を見る
コメント

国際通貨戦争の過熱で資本規制も視野に

2010-09-30 13:57:16 | Telegraph (UK)
Capital controls eyed as global currency wars escalate
(国際通貨戦争の過熱で資本規制も視野に)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:29 Sep 2010
Stimulus leaking out of the West's stagnant economies is flooding into emerging markets, playing havoc with their currencies and economies.

停滞する欧米経済から流出する景気刺激が新興市場に雪崩れ込み、新興諸国の通貨と経済に大騒動を巻き起こしている。


Brazil, Mexico, Peru, Colombia, Korea, Taiwan, South Africa, Russia and even Poland are either intervening directly in the exchange markets to prevent their currencies rising too far, or examining what options they have to stem disruptive inflows.

ブラジル、メキシコ、ペルー、コロンビア、朝鮮、台湾、南アフリカ、ロシア、そしてポーランドまでもが、自国通貨の過剰な値上がりを防ぐために為替相場に直接介入するか、破壊的な資金の流入を阻止するための選択肢を検討している。

Peter Attard Montalto from Nomura said quantitative easing by the US Federal Reserve and other central banks is incubating serious conflict. "It is forcing money into emerging market bond funds, and to a lesser extent equity funds. There has truly been a wall of money entering many countries," he said.

野村證券のピーター・アタード・モンタルト氏によれば、米国FRBその他中央銀行による量的緩和策は深刻な抗争を培養している。
「資金を強制的に新興市場債券ファンドに雪崩れ込ませている。もう少しましとはいえ、株式ファンドにも流入させている。実に物凄い額の資金が多くの国々に流れ込んでいる」とモンタルト氏。

"I worry that we are on the cusp of a competitive race to the bottom as country after country feels they need to keep up."

「各国が次から次へと遅れてはならないと感じている。どん底への競争力比べが間もなく始まるんじゃないかと心配だ」

Brazil's finance minister Guido Mantega has complained repeatedly over the past month that his country is facing a "currency war" as funds flood the local bond market to take advantage of yields of 11pc, vastly higher than anything on offer in the West.

ブラジルのギド・マンテガ財務相は一ヶ月前から、欧米諸国を大きく上回る11%という利回りを狙って、ブラジルの債券市場に資金が大量流入しており、ブラジルは「通貨戦争」に直面しているとの苦情を繰り返している。

"We're in the midst of an international currency war. This threatens us because it takes away our competitiveness. Advanced countries are seeking to devalue their currencies," he said, pointing the finger at America, Europe and Japan. He is mulling moves to tax short-term debt investments.

マンテガ財務相は「我々は国際通貨戦争の真っ只中にある。これは我々の競争力を奪う脅威だ。先進諸国は自国通貨を値下がりさせようとしている」と述べて、米国、欧州、日本を指摘した。
同財務相は短期債券投資への課税を検討している。

Goldman Sachs said net inflows have been running at annual rate of $520bn (£329bn) in Asia over the last 15 months, and $74bn in Latin America. Intervention to stop it creates all kinds of problems so the next step may be "direct capital controls", the bank warned.

ゴールドマン・サックスによれば、過去15ヶ月間にアジアに流入した資金は年間5,200億ドル、南米は740億ドルに上る。
資金流入を阻止すべく介入すれば、ありとあらゆる問題を引き起こすので、次の対策は「直接資本規制」だろう、とゴールドマン・サックスは警告した。

Brazil's real has been one of the world's strongest currencies over the past two years, aggravating a current account deficit nearing 2.5pc of GDP. The overvalued exchange rate endangers Brazil's industry, especially companies that compete with Chinese imports. The real has appreciated to 1.7 to the dollar from 2.6 in late 2008, and by almost the same amount against China's yuan.

ブラジル・レアルは過去2年間、世界最強通貨の一つであり、GDPの2.5%に近付く経常赤字を悪化させている。
過剰なレアル高はブラジルの産業、特に中国製品と競争する企業を脅かす。
2008年下旬、レアルは対ドルで1.7%値上がりしており、人民元に対してもほぼ同じくらい値上がりしている。

"Everybody is worried that global growth is fading and they are trying to use exchange rates to protect exports. Brazil has watched as the Asians intervened and feels it can't stand by," said Ian Stannard, a currency expert at BNP Paribas.

「どの国も、世界の経済成長が衰えつつあるのではないかと懸念している。輸出を守るために為替レートを利用しようとしている。ブラジルはアジア諸国の介入を観察してきたが、傍観出来ないと感じている」とBNPパリバのカランシー・エキスパート、イアン・スタナード氏は述べた。

Brazil has used taxes to slow the capital inflows but the allure of super-yields and the country's status as a grain, iron ore, and commodity powerhouse have proved irresistible. It is a textbook case of the "resources curse" that can afflict commodity producers.

ブラジルは税制で資本流入を鈍化させようとしているが、超高利回りと、穀物、鉄鉱石、商品の総合商社というブラジルのステータスは抗い難い魅力となっている。
教科書どおりの、資源国を悩ます「資源の呪い」だ。

A $67bn share issue by Petrobras has been a fresh magnet for funds, forcing the central bank to buy an estimated $1bn of foreign bonds each day over the past two weeks. Such action is hard to "sterilise" and can it fuel inflation.

ペトロブラスによる670億ドルの追加株式発行もファンドを惹きつける新たな魅力となっており、ブラジル中央銀行は2週間前から、毎日10億ドルもの外債を買わざるを得なくなっている。
そのような行動は「不胎化」が困難であり、インフレを煽る可能性がある。

Japan has begun intervening to stop the yen appreciating to heartburn levels for Toyota, Sharp, Sony and other exporters. A strong yen risks tipping the country deeper into deflation.

日本はトヨタ、シャープ、ソニーなどの輸出企業を胃潰瘍にする円高を阻止すべく、為替介入を開始した。
円高リスクは日本をより深いデフレの淵に突き落とす危険がある。

Switzerland spent 80bn francs in one month to stem capital flight from the euro, only to be defeated by the force of the exchange markets, leaving its central bank nursing huge losses.

スイスはユーロからの資本逃避を抑制しようと、一ヶ月間に800億フランを費やしたが、為替相場のフォースに敗北しただけだった。
そして、中央銀行には巨額の損失が残った

Stephen Lewis from Monument Securities said the Fed is playing a risky game toying with more QE. There are already signs of investor flight into commodities. The danger is a repeat of the spike in 2008, which was a contributory cause of the Great Recession. "Further QE at this point may prove self-defeating," he said.

モニュメント・セキュリティーズのスティーヴン・ルイス氏は、FRBは追加量的緩和策などという火遊びをしていると述べた。
投資家が商品相場に逃げ込む兆候は既に出ている。
危険なのは、大不況を助長した2008年の商品相場急騰が繰り返されることだ。
「この時点で追加量的緩和策を行うのは自滅的だと証明されるかもしれない」とルイス氏。

Meanwhile, Dominique Strauss-Kahn, managing director of the International Monetary Fund, tried to play down the fears of a currency war, saying he did not think there was "a big risk" despite "what has been written".

一方、ドミニク・ストロス=カーン専務理事は通貨戦争の危惧を控え目に扱おうと、「どんなことが書かれていようが」関係なく「大きなリスク」があるとは思わないと述べた。


他のアンブローズさん記事はいつかそのうち。



未来世紀ブラジル [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

アイルランドとポルトガルの債券危機、首脳陣が対策を約束した後で状況改善

2010-09-30 13:54:16 | Telegraph (UK)
Ireland and Portugal debt crises start to ease after leaders pledge to take action
(アイルランドとポルトガルの債券危機、首脳陣が対策を約束した後で状況改善)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:28 Sep 2010
Irish and Portuguese borrowing costs have retreated from post-EMU highs after the country's leaders pledged to do whatever it takes to restore investor confidence.

政府首脳人が投資家の信頼感回復のためにはなんでもする、と約束したことを受けて、EMU発足後最高の水準となっていたアイルランドとポルトガルの国債費が下落した。


Irish premier Brian Cowen said Ireland is funded until the middle of next year and faces no solvency crisis, denying that the country is near a "tipping point". We are determined to do what's necessary to achieve international confidence," he said.

ブライアン・カウエン首相は、資金は来年中旬まで大丈夫でソルベンシー危機はないと述べて、アイルランドは「転換点」間近ではないと否定した。
「我々は国際的信頼を得る為に必要なことを実施する決意だ」と首相は述べた。

However, Standard & Poor's said the final cost for the bailout of Anglo Irish could be much higher than the €23bn (£20bn) earmarked so far and may exceed €35bn, putting severe strains on Ireland's public finances. Spreads on Irish bonds reached a record 440 points before slipping back.

しかしS&Pによれば、最終的なアングロ・アイリッシュ銀行救済費用は、これまでに取り置かれた230億ユーロを遥かに上回る可能性があり、350億ユーロを超える可能性すらあり、アイルランドの財政に重大な負担をもたらすだろう。
アイルランド債の利回りは、下落する前、史上最高の440ポイントに達した。

Trevor Cullinan, an S&P analyst, told Irish broadcaster RTE in a previously recorded interview that the higher figure looks ever more likely. "If that were to be the case, then potentially there would be further downward rating actions," he said. The agency cut Ireland's rating to AA– in August. Dublin will outline its plans for Anglo Irish Bank on Thursday, hoping that a final tally of losses will reassure investors.

S&Pのアナリスト、トレヴァー・カリナン氏はアイルランドの放送局RTEとの録画インタビューで、救済費用は更に上回りそうだと語った。
「本当にそうなれば、格付けの更なる引き下げの可能性がある」とのこと。
S&Pはアイルランドの格付けを8月にAA-に引き下げた。
アイルランド政府は木曜日にアングロ・アイリッシュ銀行救済プランを説明し、最終的な損失を明らかにすることで投資家を安心させることを願っている。

Yields on 10-year Portuguese bonds fell 15 basis points to 6.5pc after calls by President Cavaco Silva for the conservative opposition to back a "National Salvation Budget" entailing tax rises and a wage freeze.

ポルトガルの10年債利回りは、カヴァコ・シルヴァ大統領が保守派の野党に増税と賃金凍結を伴う「国家救済予算」を支持するよう呼びかけた後、15ベーシス・ポイント下がって6.5%となった。

There were early signs of a breakthrough after days of deadlock in Lisbon. Ex-president Mario Soares stepped up the pressure, saying it would be treason for political parties to quarrel at such a time and leave Portugal prey to speculators.

ポルトガル政府では数日間の膠着状態の末、状況打破の初期兆候が現れた。
マリオ・ソアレス元大統領は圧力を強め、政治政党がこのような時に言い争いポルトガルを投機家の餌食にするのは裏切り行為だと述べた。

BNP Paribas said debt jitters on the periphery of the eurozone were looking "very dangerous". There are concerns that contagion could spread unless Europe's leaders restore confidence quickly. The mood was not helped by comments from German Chancellor Angela Merkel appearing to rule any chance that the EU's €440bn rescue fund will be made permanent.

BNPパリバは、ユーロ圏周辺国の債券不安は「非常に危険」な様相を呈しているとした。
欧州首脳陣が迅速に信頼を回復しない限り、影響が広がることが懸念される。
アンゲラ・メルケル首相の、4,400億ユーロのEU救済基金の恒久化を裁定するようなコメントも雰囲気を悪化させた。

Rating agency Moody's chilled markets on Monday when it downgraded Anglo Irish Bank senior debt by three notches to Baa3, near junk, even though Irish officials have ruled out any "haircut" on this category of debt, viewed as sacrosanct. No bondholders have faced default on senior bank debt in Europe or America since the crisis. Any change would be a major market event.

ムーディーズは月曜日、アイルランド当局者が同カテゴリーの債券を不可侵のものとして「ヘアカット」は一切ないと発言しているにも拘らず、アングロ・アイリッシュ銀行のシニア債を3段階引き下げてジャンク債目前のBaa3とし、市場を冷え込ませた。
今回の危機以降、欧米の銀行のシニア債がデフォルトに直面したことはない。
何か変化があれば市場に一大事を生じるだろう。


他のアンブローズさん記事はいつかそのうち。



ケルト人―蘇えるヨーロッパ「幻の民」 (「知の再発見」双書)
クリスチアーヌ エリュエール
創元社

このアイテムの詳細を見る
コメント

英国:2010年第2四半期の成長率、9年ぶり最速とONSが確認

2010-09-29 11:10:44 | Telegraph (UK)
UK grew at fastest pace in nine years in second quarter , ONS confirms
(英国:2010年第2四半期の成長率、9年ぶり最速とONSが確認)
Telegraph:28 Sep 2010
Britain's growth in the first three months of the year was revised higher, the Office for National Statistics said as it confirmed the economy grew at its fastest pace in nine years in the second quarter.

ONSによれば、英国の2010年第1四半期の成長率が上方修正された。また、第2四半期の成長率は過去9年間で最速だと確認した。


昨夜『The Special Relationship』を観た。


デニス・クエイドがクリントン大統領役…大変微妙だけど声色は似てました。
でもヒラリー役をやったホープ・デイヴィスの方がはまってた気がします。

俺たちのトニーを演じたのは勿論マーティン・シーン。もう定番ですね。ジェレミー・ブレットがシャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニーJr版は認められない)、デイヴィッド・スーシェがポアロ、ピーター・フォークがコロンボくらいに定番。
シェリー役はちょっと熟女過ぎて、当時(1997年以前)の彼女ではちょっと可哀想かなと(嘘)。

どう贔屓目に見ても英国↑米国↓のオブラードに包んだプロパガンダ作品。
俺たちのトニーの、実は気にし屋さんで寂しがり屋さんで、首相がこれで良いのかよ的なところを目立たせながらも、やはり同氏を大いに讃える一本のようにしか見えない。
現在進行中の裁判とか、出版されたばかりのメモワールの援護射撃なんだろうなあ、と思ってしまうのですが、米英の近親憎悪的な感覚、関係、本質の違いを観察するには良い参考資料だと思って見ると良いと思われます。

おお、今気付いた。
これってばテレビなんだね。
こんな2時間ドラマを製作出来るってだけで、鬼畜米英はエライのだと思ってしまう私は友愛が足りないのでしょう(笑)。



A Journey

Hutchinson

このアイテムの詳細を見る
コメント

ドイツ:消費者信頼感、3年ぶり最高。景気回復への期待続く

2010-09-29 11:07:39 | Telegraph (UK)
German consumer confidence hits three-year high, expect upturn to continue
(ドイツ:消費者信頼感、3年ぶり最高。景気回復への期待続く)
AFP
Telegraph:28 Sep 2010
The German economic recovery and falling unemployment has lifted consumer sentiment to a three-year high in Europe's biggest economy, the Gfk market research group said on Tuesday.

ドイツの景気回復と失業者の減少により、欧州最大の経済の消費者信頼感は3年ぶり最高となった、とGfkが火曜日に発表。


ええこっちゃ。

そういえば、日銀が企業の景気見通し改善、とかいうニュースの見出しも見た気がする。
だといいね。
下向いてたってなんも良いことありませんぜ、だんな。



ドイツ帝国の興亡―ビスマルクからヒトラーへ
セバスティアン・ハフナー
平凡社

このアイテムの詳細を見る
コメント