今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シティグループ、ヨーロッパのより迅速な経済的破滅を宣告

2012-12-29 11:58:20 | Telegraph (UK)
Citigroup sentences Europe to faster economic death
(シティグループ、ヨーロッパのより迅速な経済的破滅を宣告)
By Ambrose Evans-Pritchard Economics
Telegraph Blog: Last updated: November 29th, 2012
The closer you read Willem Buiter's imperial uber-blick of the world economy, the more astonishing it becomes.

ウィレム・ブイター教授の世界経済に関する荘厳なる見通しですが、読めば読むほど物凄さが増します。

Citigroup's end of year forecast - Prospects for Economies and Financial Markets in 2013 and Beyond - is in essence a celebration of American revival and ascendancy. It sentences Europe to slow economic death.

シティーグループの年末フォーキャスト、Prospects for Economies and Financial Markets in 2013 and Beyond(2013年とそれ以降の経済および金融市場の見通し)は、本質的に、
米国の復活とその優勢への賛歌であります。

The growth gap in 2012 between the US (+2.2) and the eurozone (-0.4) is the 2.6pc, the biggest since 1993.

2012年の米国(+2.2%)とユーロ圏(-0.4%)の成長ギャップは2.6%と、1993年以来最大になりました。

Professor Buiter - Citi's chief economist - said this is not a one-off. The differential will widen to 3.4pc in 2014 and continue at extreme levels into the latter part of the decade.

シティのチーフ・エコノミストであるブイター教授は、これは一回限りのことではないと仰っているのです。
上記の差は2014年には3.4%に拡大し、2010年代後半にかけて相当拡大し続けるかもしれません。

The compound effects of this for year after year are dramatic. Europe will be left behind as an outpost of stagnation in a G2 world dominated by the US and China, with a string of emerging powers gaining ground but still far behind.

この複合作用は毎年々々劇的です。
多くの新興国が発展しながらも大きな遅れを残した、米中によって支配されるG2世界において、ヨーロッパは不況の辺境地として取り残されるでしょう。

Euroland's nominal GDP will slip from 78pc of US levels this year to 66pc by 2025. India will overtake Germany by 2020. (German growth will be: 2013 (0.5), 2014 (0.3), 2015 (0.9). 2016 (1.1) - in other words, slow asphyxiation along with the rest of EMU).

ユーロ圏の名目GDPは、今年度の米国比78%から2025年には66%まで下落するでしょう。
インドは2020年までにドイツを追い抜くでしょう。
(ドイツの成長率は2013年が0.5%、2014年0.3%、2015年0.9%、2016年1.1%、つまり他のユーロ諸国と共に緩やかに窒息すると思われます。)



On US decoupling:

以下、米国のデカップリングについてです:
"We expect very different recovery paths, reflecting differing policy choices in managing the deleveraging process, plus underlying differences in terms of the supply-side and energy availability. US real GDP per head probably will rise about 9-10% above the 2007 level by 2017 - clearly outperforming Japan's "lost decade" (real GDP per head rose by 5% from 1992-02).

我々は、デレバレッジのプロセス管理における様々な政策選択、更に供給サイドとエネルギー利用率に関する根本的な違いを反映して、回復への道は極めて異なるものになるだろうと予測している。米国の国民一人当たりの実質GDPは、2017年までに2007年の水準を、日本の『失われた十年』よりも明白に優れた、9-10%上回るまでに上昇する可能性がある。(1992-2002年までに国民一人当たりの実質GDPは5%上昇した。)

"By contrast, in the euro area, we expect continued recession in 2013 and 2014 and prolonged weakness thereafter - with ongoing financial strains and, over the next few years, Grexit (Greek exit) plus a series of sovereign debt restructurings. In the euro area and UK, real GDP per head will probably remain 3-4% below the 2007 level even in 2017 - markedly underperforming versus Japan's "lost decade".

対照的に、ユーロ圏では、2013年と2014年は不況が継続し、その後も軟調が長期継続し、今後2-3年間継続する財政難、ギリシャのユーロ離脱、更にソブリン債のリストラクチャリング多発を伴うだろうと予測する。ユーロ圏および英国は、国民一人当たりの実質GDPは2017年になっても2007年の水準を3-4%下回ったままである可能性があるが、これは日本の『失われた十年』を著しく下回るものである。

"The European economies still have underlying potential to grow: but we expect that private sector deleveraging, weak banking system, early fiscal austerity and financial strains resulting from flawed EMU structures will continue to cap demand for an extended period."

ヨーロッパ経済は引き続き成長の潜在性を保持している:しかし我々は、民間部門のデレバレッジ、弱い銀行システム、早期から始めた緊縮財政、およびEMUの欠陥構造の結果である財政難が、長期に亘って需要を圧迫し続けると予測する。
Italy will slide slowly into the abyss, with further contraction in 2013 (-1.2) and again in 2014 (-1.5), and near zero growth from then on. Spain is not much better. Portugal will contract 4.6pc next year. They will all need debt restructuring. France is dead until 2016.

イタリアはどん底へとゆっくり落ち続け、2013年は-1.2%、2014年は-1.5%のマイナス成長となり、その後も成長率はゼロ付近で停滞するでしょう。
ポルトガルは来年は-4.6%のマイナス成長になるでしょう。
両国共に債務再編が必要になります。
フランスは2016年まで死に体です。

So there you have it, the "flawed EMU structures" have doomed Europe to a generation of depression. The euro itself has become a force of economic destruction.

というわけで、「EMUの欠陥構造」がヨーロッパを長期的不況に陥れたのです。
ユーロそのものが経済を破壊する勢力になったのでした。

Worse than Japan. This is even more dire than most Euro-sceptics expected. We thought EMU was an insidious undertaking - a Trojan Horse for an assault on the democratic nation state and that would eventually eviscerate the fiscal powers of parliaments - but few thought it would lead to economic depression and mass unemployment as well.

日本より悲惨。
これは欧州統合懐疑派の大半が予測するよりも一層悲惨です。
僕らはEMUをたちの悪い事業(民主主義国家へのトロイの木馬攻撃で、最終的には議会の財政を取り仕切る権限を剥奪するもの)だと考えていましたが、それが経済不況と大量の失業者まで生み出すと考えた人は殆どいませんでした。

As readers know, I have long argued that the US was less damaged by the 2008-2009 crisis than seemed the case at first. The US shale and energy revolution has transformed the geo-strategic picture. Cheap gas creates a huge competitive advantage for US chemicals, plastics, glass and other industries, and will do so for years.

読者の皆さんはご存知でしょうが、僕は随分前から、米国は見た目ほど2008-2009年の危機からダメージを受けていない、と論じてきました。
米国のシェール・エネルギー革命が、地理戦略的様相を一転してしまったのです。
安価なガスは米国の化学、プラスチック、ガラス、その他の産業に物凄い競争有意性を生み出しましたし、それは今後何年間も続くでしょう。

The "great homecoming" of manufacturing jobs - fleeing wage inflation in China - has ended the 20-year phase of globalisation we all know. The US housing bubble has essentially cleared. Property is now cheap. US banks have the lowest leverage since the early 1980s.

製造業雇用の「大国内回帰」(賃金インフレの中国から逃走)は、僕らの知る20年間のグローバリゼーションに終止符を打ちました。
米国の住宅バブルは基本的にお掃除完了です。
不動産は今、お値打ちです。
米国の銀行のレバレッジ水準は、1980年代初頭以来の低さにあります。

Yes, US public debt is a big problem at near 110pc of GDP, but private debt has been falling fast. It is the two together that matters. (The US private sector has moved from a deficit of 3.8pc of GDP in 2006 to a surplus of 6.1pc of GDP today).

そうなのです。
米国の公的債務はGDP比100%近く大問題ではありますが、民間部門の債務は急速に減少しました。
その両方を合わせて考えることが重要です。
(米国の民間部門は2006年はGDP比3.8%の赤字でしたが、今では6.1%の黒字です。)

Europe's debt is more intractable because the contradictory effects of austerity overkill are spilling over onto private balance sheets. Brussels obsesses over public debt only. That is crass. It has badly misjudged - if it ever understood - the toxic displacement effect.

欧州の債務はもっと厄介です。
というのも、過剰な緊縮財政の相反する効果が民間部門のバランスシートにまで影響しているからです。
欧州委員会は公的債務にしか執着していません。
これは愚かですよ。
凶悪な転移効果を酷くミスジャッジしたのですね(ちゃんと理解したとしてのことですが)。

Citigroup thinks China will slow to a 7pc growth rate (with a short-term rebound in 2013), and then to around 5.5pc by the end of the decade. The slowdown has huge implications, since the Chinese accounted for 45pc of all global growth from 2008 to 2012.

シティグループは、中国の成長率は7%まで減速するだろう(2013年は短期的なリバウンド)、そして2020年まで5.5%程度になるだろうと考えています。
この減速には著しい影響をもたらします。
なぜなら、中国は2008-2012年の世界の経済成長の45%を背負っていたからです。

China is shifting to a phase that needs a lot less iron ore and metals, and perhaps less oil than people assume as well, so you can forget about a return to the frenetic resources boom of the last decade (Citi's view, not mine - since I still think an energy crunch is a big risk). "It is now clear that the commodity super-cycle is over."

中国は鉄鉱石も金属も今よりも遥かに必要としない、そして皆が想定するほど石油も必要としないフェーズにシフトしつつありますから、過去十年間のきちがい沙汰の資源ブーム復活はお忘れになって頂いて結構です(シティの見解であって僕のじゃないですよ…だって僕は今もエネルギー不足は大きなリスクだと思っていますから)。
「商品のスーパーサイクルが終了したのは今や明白だ」そうで。

Citigroup said China's nominal GDP will overtake the US by 2025 but not by nearly as much as thought earlier. The per capita gulf will remain vast, and per capita is power.

シティグループによれば、中国の名目GDPは2025年までに米国を追い抜くそうですが、先に考えられていたほどでもないとのこと。
国民一人当たりで見た巨大な格差は是正されることはなく、そして国民一人当たりのGDPこそがパワーなのです。

The BRICS/Emerging Market boom will roll on, but more subdued than before, hitting the inflation speed-limit. Brazil will overtake the UK and France next year, but growth is not that special - mostly around 3.7pc to 2017. Ditto for Russia. They will not really close the gap at all with the US.

BRICS/新興市場のブームは続くでしょうが、インフレ・スピードリミットに達してこれまでほどではないでしょう。
ブラジルは来年、英国とフランスを追い抜きますが、成長率はそれほど目を見張るものでもなく、2017年まで3.7%程度といったところでしょう。
ロシアも右に同じです。
これらの国々が米国との差を本格的に縮めることはないでしょう。

That is the Citi house view. A cynic might say that a US bank would say such things, though Mr Buiter is Dutch and an ardent pro-European. I don't agree with it all, especially their claim that Russia will rank fourth in a decade (why so if the commodity cycle is over? makes no sense).

以上、シティグループの見解であります。
米国の銀行ならそんなことも言うだろうさ、と皮肉屋はと言うかもしれませんが、ブイター教授はオランダ人であり、熱烈な欧州統合推進派ですよ。
僕は丸ごと賛成はしません…特に、ロシアが十年以内に第4位になるなんて話は(商品のサイクルが終わったというのに、どうして?矛盾してるでしょ)。

Here is their rankings chart:

以下、シティグループによるランキングです:



Still, in broad-brush terms it is what I think as well. Worth chewing over.

それでもまあ、ざっくり見て僕も同じ考えですよ。
熟考の価値ありですね。


というわけで、今年のエントリ納めです。
皆さまどうぞ良いお年をノシ



コメント

スペイン:供給過剰悪化で住宅価格は更に30%下落

2012-12-28 15:43:38 | Telegraph (UK)
Spain's house prices to fall another 30pc as glut keeps growing
(スペイン:供給過剰悪化で住宅価格は更に30%下落)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 5:50PM GMT 27 Dec 2012
Spain's property slump will deepen for much of the next decade, and tracts of buildings along the Mediterannean coast will have to be demolished, the country's top consultants have warned.

スペインの不動産不況は今後十年間に一層悪化し、地中海沿岸の建築物は解体されなければならなくなるでしょう、と同国のトップ・コンサルタントが警告しました。


RR de Acuña & Asociados expects home prices in Madrid, Barcelona and other major cities to fall a further 30pc in a relentless slide until 2018, but it may be even worse in sunbelt regions where 400,000 Britons either live or own homes.

コンサルティング会社、RR de Acuña & Asociadosの予測によれば、マドリッド、バルセロナなど主要都市の住宅価格は、2018年まで一貫して更に30%下落し続けるでしょうが、40万人の英国人が居住または住宅を所有するサンベルト地帯では、一層悲惨な状況になる可能性があるとのことです。

Fresh losses could reach 50pc and drag on for 10 to 15 years in those places where construction ran wild during the bubble, bringing the total decline from peak to trough towards 75pc.

バブル期に乱建築が行われたそれらの地域では、更なる値下がりは50%に達し、10-15年間も継続して、最終的な値下がり率はピーク比-75%になる可能性があります。

"The market is broken," said Fernando Rodríguez de Acuña, the group's vice-president. "We calculate that there are almost 2m properties waiting to be sold. We have made no progress at all over the past five years in clearing the stock," he said.

「市場は壊れてしまった」と同社のバイス・プレジデント、Fernando Rodríguez de Acuña氏は言います。
「我々の試算では、200万戸もの在庫があると出ている。在庫の処分についてはこの5年間全く進んでいない」

"There are 800,000 used homes on the market. Developers are sitting on a further 700,00 completed units. Another 300,000 have been foreclosed and 150,000 are in foreclosure proceedings, and there are another 250,000 still under construction. It's crazy."

「市場には80万戸の中古物件がある。ディベロッパーは更に70万戸の新築物件を抱えている。そして更に30万戸の差し押さえ完了物件と、15万戸の差し押さえ予定物件があり、その上、建築中の物件は25万戸に上る。きちがい沙汰だ」

The overhang is vast for a country with 48m inhabitants and annual demand near 200,000. It is coupled with an outflow of workers and the start of an aging population crisis.

この在庫の規模は、人口4,800万人、年間需要20万戸の国には巨大です。
更にこれを助長することに、労働者が流出中であり、高齢化の危機も始まっています。

The government says the housing market has already "touched bottom" after falling 30pc since 2008, even though premier Mariano Rajoy admits that there will no economic recovery until 2014.

スペイン政府によれば、住宅市場は2008年比30%の下落を受けて既に「底入れ」したそうですが、マリオ・ラホイ西首相は2014年まで景気回復は一切起こらないだろうと認めています。

The International Monetary Fund forecasts contraction of 1.3pc next year, while Citigroup and Nomura both expect the depression to continue into 2014. The unemployment rate is 26.2pc and rising.

IMFの予測によれば来年は1.3%のマイナス成長だそうですが、シティグループと野村證券は、不況は2014年まで継続するだろうと予測しています。
失業率は26.2%に達しており、まだ上昇し続けています。

As a member of the eurozone, Spain no longer has the monetary levers to engineer a soft landing for "nominal" house prices. This makes it much harder to break the vicious cycle of debt-deflation. The property sector and the banks are each dragging the other down. The share price of nationalised Bankia fell 14pc on Thursday after the authorities said the lender is worthless, with "negative value " of -€4.2bn (-£3.5bn).

ユーロ加盟国として、スペインにはもはや「名目」住宅価格のソフトランディングをはかる金融政策手段はありません。
このことで凶悪な債務デフレのサイクルを打破することは、著しく困難になっています。
不動産業界と銀行はお互いに足の引っ張り合いをしています。
国営化されたバンキアの株価は木曜日、当局が同行は-42億ユーロの「含み損」を抱えた無価値の存在だと発言したことを受けて、14%も下落しました。

Bankia will need a further €13.5bn of taxpayer funds, taking the total to €18bn. Some 350,000 small investors - many talked into buying Bankia's preferred shares as a form of saving - have lost their money.

バンキアは135億ユーロの資本の追加注入を必要とするでしょうが、これによって税金による支援の総額は180億ユーロに上ることとなります。
およそ35万人の個人投資家(多くは一種の貯金としてバンキアの優先株を買わされました)は損をしました。

Banco de Valencia fell to €0.09 after state rescue fund (FROB) said it would seize 99.9pc of the company before selling it on to CaixaBank, a total wipe-out for shareholders.

政府の支援基金(FROB)が株式の99.9%を差し押さえてカイシャバンクに売却する、つまり株主は完敗することになると発表した後、バンコ・デ・バレンシアの株価は0.09ユーロまで値下がりしました。

El Confidencial reported that bank rescue costs will push the budget deficit to 9pc of GDP for 2012, far above the orginal EU target of 4.5pc, later modified to 6.3pc.

エル・コンフィデンシアル紙の報道によれば、バンコ・デ・バレンシアの救済によって2012年の財政赤字はGDPの9%まで上昇し、当初は4.5%、改定後は6.3%のEUの目標値を遥かに超えることになるそうです。

There has been scant improvement since 2009, when the deficit peaked at 11.2pc. The IMF says the deficit is still stuck at 7pc even if bank costs are stripped out.

財政赤字は2009年にピーク(11.2%)を迎えてから、ほとんど改善されていません。
IMFは、銀行の救済費用を除いたとしても7%に上るだろうとしています。

It warns against austerity overkill, arguing that too much fiscal tightening can be self-defeating in a regional slump without offsetting monetary stimulus. New research by the Fund suggests that Spain's "fiscal multiplier" may be three times higher than originally assumed.

IMFは過剰な緊縮政策に反対しており、不況の地域における金融刺激の行われない過剰な緊縮財政は自滅的であると論じています。
同基金による新たなリサーチによれば、スペインの「財政乗数効果」は当初の想定の3倍に上るかもしれないとのことです。

Mr Rodríguez de Acuña said Spain's property crisis varies enormously by region, with the worst damage on the Club Med belt. Even so, recent firesales in the inland city of Toledo have shocked analysts.

Rodríguez de Acuña氏は、スペインの不動産危機は地域によって大きく異なっており、地中海沿岸部が最も痛手を被っているとしています。
それでも、内陸部の都市、トレドで先日行われた投げ売りは、アナリストにショックを与えました。

Santander recently slashed prices by 60pc to clear a backlog of properties. When Banco Sabadel followed shortly after, it had to offer haircuts of 70pc. Another large bank suspended its Toledo sales two weeks ago after prices went into meltdown.

サンタンデルは先日、在庫一掃のために価格を60%も大幅値下げしました。
バンコ・サバデルも直ぐにこれに続き、70%のヘアーカットを提示しなければなりませんでした。
もう一つの大手銀行は、価格がメルトダウンしたことを受けて、2週間前にトレドの投げ売りセールを中止しました。

"We think prices will recover in the traditional coastal areas like the Canaries or Malaga within five to eight years, but for now banks are offering huge discounts and nobody is calling. Marbella has already fallen by 50pc and prices are going down and down," Mr Rodríguez de Acuña said.

「住宅価格は、カナリーやマラガといった昔からの沿岸部では、5-8年の間に回復するだろうと考えているが、今のところ、銀行が投げ売りしていても誰も見向きもしない。マルベーリャでは既に50%も値下がりした。価格はどんどん下がっている」と同氏は言いました。

"In places like Castellon [near Valencia] where over-development was mad, banks are not financing anything and there is a high probability that these properties will never be sold. They will have to be knocked down," he said.

「乱開発が行われたカステジョンなどでは、銀行は一切ファイナンスを停止している上に、これらの不動産は永久に売れない可能性も高い。あれは解体を免れないだろう」

Spain's bank rescue from the EU bail-out fund (ESM) is bringing the crisis to a head quickly, and brutally. Brussels insists that Madrid crystallise the losses in the portfolios of the rescued banks, ending the "extend and pretend" policy that has concealed the full gravity of the crisis until now.

ESMによるスペインの銀行救済によって、危機は急速に、容赦なく本格化しています。
欧州委員会は、スペイン政府は救済を受けた銀行のポートフォリオに損失を具体化して、今まで今回の危機の本当の深刻さを隠してきた「先延ばし、知らぬふり」政策を終わらせろ、との主張を曲げていません。

The big trio of healthy banks - Santander, BBVA, and Caixa - have all rushed to sell their backlog before the state's "bad bank" unloads its holdings. They have already written down 95pc of the value of their land portfolio. "There is little more to lose," said Mr Rodrigues de Acuña.

サンタンデル、BBVA、カイシャという三大健全銀行はいずれも、政府に救済された「バッド・バンク」が在庫を放出する前に、大急ぎで在庫処分を行いました。
ランド・ポートフォリオの価値の95%を既に償却済みです。
「失うものはほとんど何もない」とRodrigues de Acuña氏は言いました。





コメント

米国、貿易規則違反で中国を厳しく非難

2012-12-27 13:17:48 | Telegraph (UK)
US lambasts China for breaches of trade rules
(米国、貿易規則違反で中国を厳しく非難)

By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 9:08AM GMT 26 Dec 2012
Washington has issued a blistering attack on China for persistent breaches of world trade rules and abuse of industrial secrets, accusing Beijing of failing to abide by treaty obligations.

米政府は世界貿易規則の違反と産業機密の不正利用を継続して行っているとして中国を猛烈に非難し、同国政府が条約義務の履行を怠っていると批判しました。


China is still flouting World Trade Organisation rules 11 years after it first joined, misusing the complaints machinery for tit-for-tat retaliation, said US Trade Repesentative Ron Kirk.

中国は世界貿易機関加盟から11年経った今でもその規則に違反し続けており、紛争解決機関を報復のために悪用している、とロン・カーク米通商代表は述べました。

"China's trade policies and practices in several specific areas cause particular concern for the United States," said Mr Kirk in his year-end report to Congress.

「中国の特定分野における貿易政策および貿易慣行は、米国に特に懸念を感じさせている」とカーク米通商代表は米連邦議会に提出した年次報告書に記しました。

"China's regulatory authorities at times seem to pursue anti-dumping and countervailing duty investigations and impose duties for the purpose of striking back at trading partners that have exercised their WTO rights in a way that displeases China," said the report.

「中国の規制当局は、中国が気に入らない形でWTOに基づく権利を行使した貿易相手国に報復するために、アンチダンピングや相殺関税の調査を押し進めたり課税したりするように見受けられることがある」と同報告書には記されました。

A range of policies raised "increasing concerns that China has not yet fully embraced the key WTO principles of market access, non-discrimination and transparency. China's incomplete adoption of the rule of law has exacerbated this situation."

様々な政策が、「中国はいまだにWTOの市場アクセス、無差別、透明性というWTOの主要原理をまだ完全に受け入れていないのではないか、との懸念を高めている。中国が完全に法治主義になっていないことが、この状況を悪化させた」とのことです。

The report accused Chinese officials of running rough-shod over foreign firms, forcing them to give up trade secrets in clear violation of WTO rules.

年次報告書は、外国企業に酷い扱いを行っており、明白なWTO規則違反である産業機密の引き渡しを強要している、と中国当局者を批判しました。

The harsh language will infuriate Beijing at a time when tensions are already high over maritime disputes on the Pacific Rim, where the US is increasingly embroiled as the region's guarantor. Washington's so-called "Asian Pivot" is viewed with deep mistrust by China's Politburo as the start of an encirclement strategy.

米国が太平洋沿岸部の保証国として益々関与を強める同地域における領海問題を巡って既に緊張感が高まっているタイミングで、このような厳しい文言は中国政府を激怒させるでしょう。
米政府のいわゆる「アジアへの回帰」を中国共産党政治局は深い猜疑心を以て囲い込み戦略の始まりと考えています。

The trade frictions are in stark contrast with growing US support for a sweeping trans-Atlantic trade deal with Europe, aimed at eliminating tariffs. It would be the most ambitious deal of its kind ever attempted.

対中貿易摩擦は、関税廃止を目指した欧州との包括的貿易協定への米国の支持の高まりと極めて対照的です。
成功すれば、これまでで最も野心的な貿易協定となるでしょう。

Talks are expected to begin in early 2013 as the US warms to the theme on hopes that Europe will lift curbs on US farm goods and genetically modified crops - though France and Spain are certain to fight hard to defend their farmers.

ヨーロッパが米国製品や遺伝子組み換え作物に対する抑制を廃止するかもしれない、との期待から米国がこのテーマに乗り気になる2013年初頭に、本協議は開始されると予想されていますが、フランスとスペインは確実に国内の農家を保護するために猛烈に抵抗するでしょう。

The US has filed fifteen cases against China at the WTO, the most recent alleging unfair duties on US vehicles and car parts. Washington won a panel dispute over steel duties in September. China in turn has a clutch of cases claiming illegal use of anti-dumping measures by the US.

米国はWTOで中国を15の案件で提訴しましたが、直近のものは、米国の自動車および自動車部品に対する不当課税に対する訴えでした。
米政府は9月には鉄鋼関税を巡って、パネル審理で勝利しました。
一方、中国も米国によるアンチダンピング措置を不正だとして多数の訴えを出しています。

The US trade report marks a switch away from griping about China's currency - less clearly undervalued after years of wage inflation - towards a closer focus on disguised protectionism.

本年次報告書により(賃金上昇が何年も続いていることを受けてさほどあからさまに低過ぎるとも言えなくなった)人民元への不満から、偽装保護主義に焦点が置かれるようになったことは明白です。

It targeted a wide range of alleged abuses, including subsidies, attempts to keep out foreign imports and companies, and failure to enforce intellectual property rights.

同報告書は、補助金、外国からの輸入や企業の締め出し努力、知的財産権の侵害放置などを含む広範な不正疑惑を採り上げました。

Washington said restraints on exports of rare earth metals, tungsten, molybdenum, and other raw materials, as well as manipulation of export rebates, were leading to "tremendous disruption" worldwide.

米政府によれば、希土類金属、タングステン、モリブデン、その他の原材料の輸出規制や、輸出関係の戻し減税の操作は世界中に「著しい障害」をもたらしているそうです。

The report said the root problem is the "heavy state role in the economy" and the top-down structure of industial planning, though it noted "positive signs". Beijing's Development Research Centre has issued a clarion call for reform, warning that China will be left behind in the "middle income trap" unless it ditches its obsolete growth model and embraces the free market.

また、「前向きな兆し」があるとはしたものの、根本的な問題は「政府の大々的な経済介入」および産業計画におけるトップダウン構造であるとしました。
中国国務院発展研究センターは改革への強い要望を出し、中国は時代遅れの成長モデルを放棄し自由市場を受け入れない限り「中所得国の罠」にはまって取り残されるだろうと警告しました。

For all the complaints, China has become America's biggest export market, worth $131bn in 2011. Its current account surplus has fallen from 10pc of GDP five years ago to 2.6pc this year.

このような苦情にもかかわらず、中国は米国にとって最大の輸出市場であり、2011年は1,310億ドルを記録しました。
5年前はGDPの10%だった経常黒字も、今年度は2.6%まで落ち込んでいます。



みなさま、遅れまくりのHappy Christmas!!であります。
それに、そうそう、安倍ましておめれとうござります!

クリスマスは珍しく新聞なんか読んでみましたが、市況のページがほぼ全面ピンク色で笑いが止まりませんでした。
素晴らしいですね~。

というわけでもないのですが、なんだかんだ言って決められずにうろうろしていたおうちPC、遂に買い替え完了。
30分ほどでセットアップ完了とか、冗談でしょってくらいに簡単で倒れました。
ルーターの設定がふんだららとか、石器時代ぐらいの記憶がヨミガエッテwww

しかしまあ、慣れないキーボード、使い辛いわー。
Windows8もなんだかわかるようなわかんないような、便利なような不便なような。
まあ、BBCが観られるならそれでケッコーってことで、ぬふふ…。

ではまた。




コメント