今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界中で二番底ワーニング・サインが点滅中 2

2010-06-30 12:29:09 | Telegraph (UK)
つづき
The Spanish cajas or savings banks are clearly in trouble, relying on the ECB for 21pc of their funding. There were signs of an incipient run on Spanish banks on May 7, an episode described by ECB president Jean-Claude Trichet as perhaps the most serious crisis since the First World War. These pressures linger. The Spanish daily Expansion reports that the Bank of Spain has ordered inspectors to track capital flows abroad after the haemorrhage of €18bn in the first half of the year, mostly to accounts in Switzerland, Luxembourg and Ireland.

スペインの預金銀行は明らかに危機に陥っており、資金調達の21%をECBに依存している。
5月7日にはスペイン系銀行で今にも取り付け騒ぎになりそうな兆しがあった。
ジャン=クロード・トリシェECB総裁が第一次世界大戦以来最も深刻な危機かもしれないと評したエピソードだ。
このプレッシャーは消えていない。
スペインの日刊紙、エクスパンシオン紙によれば、スペイン中央銀行は、今年上半期に180億ユーロもの資金が、主にスイス、ルクセンブルク、アイルランドへ流出したことを受けて、査察官に資金の海外流出を調査するよう命じた。

"Foreign capital flight is under way. This can only make matters worse given the climate of insecurity and the country's lack of credibility," said Borja Duran from Wealth Solutions in Madrid.

「海外への資本の逃避が進んでいる。不安とスペインの信頼喪失を考慮すれば、これは事態を悪化させるだけだ」とマドリッドに拠点を置くウェルス・ソリューションズのBorja Duran氏は言った。

The latest twist is a rise in credit default swaps on Italian debt, which jumped 16 basis points to 203 yesterday. An auction of Italian bonds this week went badly, with low bid-to-cover ratios.

最新の予想外の展開は、イタリア債のCDSの上昇だ。
昨日は16ベーシス・ポイント上昇して203となった。
今週行われたイタリア債の入札も低い入札率で失敗に終わった。

The Bank of New York ­Mellon said its flow data had picked up a relentless flight from both Greek and Italian debt. It is clear evidence that the EU's €750bn shield with the IMF for eurozone debtors has failed to restore the confidence of global investors, who fear that the EU's austerity strategy risks setting off a self-defeating downward spiral.

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンによれば、フロー・データはギリシャとイタリア債から資本が逃避し続けている状況を感知した。
EU・IMFがヨーロッパの債務国に7,500億ユーロを融資するユーロ防衛シールドが、EUの緊縮戦略によって自滅的な下方スパイラルを作動させるのではないか、と危惧する世界の投資家の信頼を回復出来なかったという明白な証拠だ。

Spreads on Greek debt have jumped 350 basis points since the EU announced its plan in early May. Portuguese and Spanish yields have both jumped sharply despite direct action by the European Central Bank to force down yields. Private buyers are clearly dumping their holdings onto the ECB as fast they can.

ギリシャ債の金利は、5月上旬にEUが救済策を発表してから、350ベーシス・ポイントにまで跳ね上がった。
ポルトガルとスペインの国債金利も、ECBによる金利上昇を押し下げるための直接入札にも拘らず、急激に上昇した。
明らかに、民間のバイヤーは可能な限りのスピードで保有債券をECBに投げつけている。

Mr Redeker said Japanese life insurers and institutional investors are slashing their ­estimated $700bn holdings of European debt. The funds are being recycled into yen, which reached \107 against the euro yesterday, the strongest in nine years.

レデカー氏によれば、日本の生命保険会社や機関投資家は、7,000億ドルとされるヨーロッパ債券を処分している。
この資金は円にリサイクルされて、9年ぶり最高値の1ユーロ107円をつけた。

The flight to safety in Tokyo depressed yields on Japanese 10-year bonds to 1.11pc. There are concerns in any case that Japan itself may be sliding back into deflationary deep freeze. Japan's unemployment rose in May for the third straight month to 5.2pc. ­Industrial output fell slightly. Production of capital goods – a leading indicator – fell 4.4pc.

東京への資本の逃避により、日本の10年債の金利は1.11%にまで下がった。
どちらにせよ、日本自体がデフレの泥沼に再び落ち込みつつあるのではないか、との懸念はある。
5月の日本の失業率は3ヶ月連続で上昇して5.2%となった。
工業生産は僅かに下落した。
主要指標である資本財生産は4.4%下落した。

Italy has been largely immune to Europe's bond crisis until now, thanks to high savings. None of its banks have required a rescue. However, fresh threats of secession by the Lega Nord and last week's general strike over austerity measures have revived fears about the stability of the political system.

イタリアは高い貯蓄率のおかげで、これまでヨーロッパの債券危機を概ね免れてきた。
イタリア系銀行はいずれも救済を必要としていない。
しかし、新たな北部同盟離脱の脅威と先週の緊縮政策反対ゼネストにより、イタリア政治システムの安定に関する心配が復活した。

Italy's public debt is the third largest in the world after the US and Japan. Everybody knows that if the crisis ever reaches Rome, the game is up for monetary union.

イタリアの公共負債は、米国、日本に次ぐ世界第3位である。
危機がローマに及べば、通貨同盟もお終いだ、ということは誰もが知っている。



モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)
ヤマザキ マリ
講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント

世界中で二番底ワーニング・サインが点滅中 1

2010-06-30 12:29:00 | Telegraph (UK)
Warning signals of a double-dip recession flash brightly across the world
(世界中で二番底ワーニング・サインが点滅中)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:29 Jun 2010
Global bond markets are flashing warning signals of a sharp slowdown in growth across the world and a possible slide toward a double-dip recession and outright deflation.

世界の債券市場で、世界中での急激な景気減速、そして二番底と全面的デフレへの前進の可能性を報せる警報ランプが点滅している。


The yield on two-year US Treasuries has fallen to a record low of 0.61pc in a flight to safety, a level not seen during the depths of the Great Depression. Ten-year yields dropped below the ­psychologically sensitive level of 2.96pc.

安全圏を求めて資本が逃避するなか、米国の2年債の金利は史上最低の0.61%へと下落した。
このような水準は大恐慌以来初めてだ。
10年債の金利は心理的節目となる水準を下回る2.96%にまで下落した。

Such levels are clearly incompatible with assumptions on Wall Street for 3pc growth in the second half of this year. "If the bond market is correct then this recovery could be dead in the water," said Jim Reid, credit strategist at Deutsche Bank. The credit markets tend to sniff out trouble first and have acted as an early warning alert at every stage of the financial crisis over the past three years.

そのような金利水準は、今年下半期には3%の成長を遂げるだろう、とのウォール街での推測と明らかに矛盾している。
「債券市場が正しいのなら、この景気回復は暗礁に乗り上げているのかもしれない」とドイチェ・バンクのクレジット・ストラテジスト、ジム・リード氏は言った。
信用市場は真っ先にトラブルの臭いを嗅ぎ付ける傾向があり、過去3年間の金融危機のあらゆる段階において、早期警戒装置の役割を果たしてきた。

Mr Reid said deflation has emerged as the dominant risk in the West and will force central banks to renew quantitative easing, the Americans "pre-emptively" and the Europeans "only when their backs are against the world".

リード氏は、デフレは欧米の主要リスクとして出現しており、中央銀行は量的緩和策、米国は「先制攻撃策」、そしてヨーロッパは「世界に背を向けている時だけ」見直しを強いるだろうと語った。

Triple tremors from the banking crisis in Spain, crumbling confidence in the US, and a setback in China's leading economic indicator all combined with a vengeance on Tuesday. "The market in risky assets has capitulated ­today amid fears that the ­global recovery is petering out," said Gavan Nolan, head of credit at Markit.

火曜日は、スペインの銀行危機、米国の信用崩壊、そして中国の主要経済指標の後退という三重苦が、凄まじい勢いで合体した。
「世界経済の回復が消滅しつつあるのではないか、との懸念の真っ只中、今日はリスク資産の市場が降伏した」とMarkitのギャヴァン・ノーラン代表は言った。

Rumbling in the background are influential voices warning of a global slide into economic quagmire. Nobel Laureate Paul Krugman said premature tightening in much of the North Atlantic region at the same time would lead to ­disaster. "We are now, I fear, in the early stages of a third depression, primarily a failure of policy. Both the United States and Europe are well on their way toward Japan-style deflationary traps. The Fed seems aware of these deflationary risks, but what it proposes to do is, well, nothing," he wrote.

その背後からは、世界が経済的苦境に陥ることを警告する影響力のある人々の声が聞こえてくる。
ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授によれば、北大西洋地域の大部分で同時に時期尚早な引き締めを行えば大惨事になる。
「我々は今、3度目の不況の初期段階にあるようだ。主な原因は政策の失敗だ。米国もヨーロッパも、日本型のデフレ・トラップに向かっている。FRBはこれらのデフレ・リスクに気付いているようだが、何も提案していない」とクルーグマン教授は記した。

China's Shanghai composite index of equities fell 4pc on Tuesday and is now 55pc below its peak in late 2008. The authorities have been tightening this year to slow inflation and curb property speculation as home prices in Shanghai and Beijing reach 13 times incomes, but it is unclear whether they can engineer a soft-landing in an economy where state-owned banks have built up huge hidden debts.

上海総合指数は火曜日に4%下落し、現在は2008年終盤のピークを55%も下回っている。
中国当局は今年、上海と北京で住宅価格が年収の13倍もの額に達し、インフレと不動産投機を抑制するために引き締めを行ってきたが、政府系銀行が巨額の不良債権を積み上げている経済がソフトランディングに成功するかどうかはわからない。

The Baltic Dry Index that measures freight rates for bulk goods – and watched as a proxy for the ups and downs of the Chinese economy – has dropped by 40pc over the past month.

バルチック海運指数(BDI)はばら積み品の運賃を測定し、中国経済の動向を示す代理指標として観察されているが、この一ヶ月間で40%も下落した。

In Europe, investors remain jittery as the European Central Bank prepares to shut its emergency facility of €442bn (£361bn) of one-year loans, the largest sum ever lent by a central bank.

ヨーロッパでは、ECBが4,420億ユーロ(ECBが貸し出す金額としては最大)の一年ローンという緊急融資枠を閉鎖する準備をしており、投資家の動揺が落ち着かないままだ。

A report in the Financial Times that Spanish banks have been begging the ECB to extend the one-year scheme has heightened fears that they are totally shut out of the interbank markets. The shares of BBVA fell 7pc and Santander fell 7pc.

スペインの銀行がECBに一年ローンのスキーム延長を嘆願している、とするFT紙の報道は、スペインの銀行はインターバンク・マーケットから完全に閉め出されてしまうのではないか、との危惧を高めた。
BBVAとサンタンデルの株価はそれぞれ7%下落した。

The ECB is offering a three-month tender on Wednesday, which will indicate how many banks are under strain. Hans Redeker, curency chief at BNP Paribas, said this facility is unlikely to reassure the markets. "This just builds up a tidal wave of short-term funding needs that all need to be rolled over at the same time," he said.

ECBは水曜日に3ヶ月ローンの入札を行うが、これでどれだけ多くの銀行が経営難にあるかわかるだろう。
BNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカー氏は、この融資枠で市場が安心することはないだろうと語った。
「これでは同時にロールオーバーしなければならない短資のニーズを増やすだけだ」
つづく


モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)
ヤマザキ マリ
講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント

ヨーロッパの銀行は今も「生命維持装置付」だ、とBISが警告

2010-06-29 17:56:25 | Telegraph (UK)
Europe's banks are still on 'life support', BIS warns
(ヨーロッパの銀行は今も「生命維持装置付」だ、とBISが警告)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:28 Jun 2010
Europe's banks have yet to come clean over bad loans and may struggle to refinance short-term debt unless the region's bond crisis subsides soon, the Bank for International Settlements (BIS) has warned.

ヨーロッパの銀行は今も不良債権を明らかにしていない上に、ヨーロッパの債券危機が間もなく落ち着かない限り、短期借入のリファイナンスに苦戦するかもしれない、とBISが警告している。


The BIS said in its annual report that banks on both sides of the Atlantic remain "highly leveraged and still appear to be on life support. The essential task of reducing leverage and repairing balance sheets is simply not finished. The Greek sovereign debt crisis shows just how fragile the financial system still is.

BISは年次報告書の中で、欧米の銀行は引き続き「高レバレッジで今も生命維持装置付のようだ。レバレッジを減らしバランスシートを修復するという重要な仕事は終わっていない。ギリシャのソブリン危機は、とにかく金融システムが今もどれだけ脆弱かということを示した」と伝えた。

"Losses on European bank balance sheets are expected to mount over the next few years. Some banks are rolling over existing loans rather than inducing foreclosures, thus delaying loss recognition."

「ヨーロッパの銀行のバランスシートの損失は、今後数年間に亘って増加すると予想される。フォークロージャーを誘発するよりも、既存のローンをロールオーバーして、損失計上を先送りする銀行もあるだろう」

The BIS said ultra-low rates and fiscal stimulus by governments is exacerbating matters, causing moral hazard and leading to the sort of "zombie banks" seen Japan during its so-called "Lost Decade". "Such powerful measures have strong side-effects, and their dangers are becoming apparent. The time has come to ask how they can be phased out," it said.

BISによれば、政府による超低金利と財政刺激が事態を悪化させ、モラルハザードを生じ、いわゆる「失われた十年」に日本で見られた「ゾンビ銀行」のようなものの出現につながった。
「そのような強力な対策には強力な副作用があり、その危険は明らかになりつつある。出口戦略を検討する時が来た」

The bank called for both monetary and fiscal tightening to restore discipline, brushing aside concerns that recovery is still fragile. "Keeping interest rates near zero for too long, with abundant liquidity, leads to distortions and creates risks for financial stability. There are limits to how long monetary policy can remain expansionary," it said.

BISは、景気回復はまだ根付いていないのではないか、との懸念を無視して、規律回復のための金融、財政両方の引き締めを呼びかけている。
「ゼロ金利を、ふんだんな流動性と共に、余りにも長い間維持すれば、歪みをもたらし、金融の安定に危険を生じる。金融緩和の実施機関には限度がある」

The BIS said lenders had become reliant on an unstable sources of funding, taking on short-term debt to buy longer-dated bonds for higher yield. Some already face big losses on Greek, Portuguese and Spanish debt. "Financial institutions may underestimate the risk associated with this maturity exposure," it said. "An unexpected tightening of monetary policy might cause serious repercussions."

BISは、金融機関は不安定な資金源に依存するようになり、より金利の高い長期債を買い入れるために短資を利用したとした。
一部の銀行は既にギリシャ、ポルトガル、スペイン債で巨額の損失に見舞われている。
「金融機関はこのマチュリティ・エクスポージャー関連リスクを甘く見ていたのかもしれない。想定外の金融引き締めは、深刻な反動を生じる可能性がある」

The BIS said low rates were playing havoc with the money markets, a crucial credit tool. They have encouraged "evergreening", or rolling over, loans that are not fundamentally viable.

BISによれば、低金利が重要なクレジット・ツールである金融市場に混乱を生じている。
低金利は、根本的に実行可能ではないローンの「エンジニアリング」またはロールオーバーを助長した。

The warnings come as the Bundesbank and Germany's BaFin regulator call banks to discuss the results of stress tests. Some German public banks may be forced to accept state aid on harsh terms to beef up asset ratios. BaFin said last year that German banks may face write-downs of €800bn (£653bn). The EU is conducting tests on up to 100 European banks to help restore confidence in frozen inter-bank markets. The results will be released in late July.

この警告は、ブンデスバンクとドイツ金融監督庁(BaFin)がストレス・テストの結果の話し合いを銀行に求める中で出された。
一部のドイツの公共銀行は資本比率を強化するために、厳しい条件で政府支援を受け入れるよう強いられる可能性がある。
BaFinは昨年、ドイツの銀行は8,000億ユーロの損失を出すことになるかもしれない、としていた。
EUは凍結中のインターバンク・マーケットへの信頼回復を助けるべく、最大100行の欧州系銀行に対してストレス・テストを実施している。
結果が公表されるのは7月下旬である。




ストレスは捨てられる
田中 ちひろ
中経出版

このアイテムの詳細を見る
コメント

BISがIMFに真っ向反論

2010-06-29 14:10:21 | Telegraph (UK)
増税+削減+社会保障=景気回復 (゜Д゜)ハァ?
という新総理を頂いた某国は「例外」として(笑)。

BIS plays with fire, demands double-barrelled monetary and fiscal tightening
(BISは火遊びをし、金融と財政のダブル引き締めを要求している)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:28 Jun 2010
The Bank for International Settlements has warned authorities across the developed world that they cannot rely on ultra-low interest rates to cushion the blow of austerity measures.

BISは、緊縮政策のダメージ緩和を超低金利に頼ることは出来ない、と全ての先進国の当局に警告している。


The Bank for International Settlements says in its 2010 annual report that tighter fiscal and monetary policy is required.

BISは2010年の年次報告書のなかで、財政、金融政策の引き締めが必要だとしている。

Both fiscal and monetary policy may have to be tightened at the same time and ­before recovery is entrenched, a chilling possibility for asset markets. "Macroeconomic support has its limits," said the bank's annual report.

財政政策と金融政策の両政策を同時に、しかも景気回復が根付く前に引き締めなければならない、などとは、資産市場にとって背筋も凍るような可能性だ。
「マクロ経済支援にも限界がある」とBIS年次報告書は記した。

The Swiss-based "bank for central bankers" said ultra-low rates and massive fiscal stimulus saved the world from an economic meltdown during the credit crisis, but the balance of advantage has since shifted.

スイスを拠点とする「中央銀行のための銀行」によれば、超低金利と大規模財政刺激は信用危機の間、世界を経済メルトダウンから救ったものの、利点のバランスはその後変わった。

"Such powerful measures have strong side-effects, and their dangers are becoming apparent. The time has come to ask how they can be phased out," it said.

「そのような強力な措置には強力な副作用があり、その危険は益々明らかになっている。出口戦略を考える時だ」

"There are limits to how long monetary policy can remain expansionary. Keeping interest rates near zero for too long, with abundant liquidity, leads to distortions and creates risks for financial stability. We cannot wait for the resumption of strong growth to begin the process of policy correction."

「金融拡大には限界がある。余りにも長い間、豊富な流動性と共にゼロ金利を維持すれば、歪みを生じ、金融の安定にも危険を及ぼす。堅調な経済成長の再開まで、政策修正プロセス開始を待つことは出来ない」

The clarion call for higher rates and an end to quantitative easing is controversial and pits the BIS against the International Monetary Fund in an epochal policy battle. If wrong, the BIS strategy risks pushing the global economy into depression.

利上げと量的緩和終了への明快な呼びかけは物議をかもしており、画期的な政策闘争でBISをIMFに対抗させている。
間違っていれば、BISの戦略は世界経済を一層深い不況の淵へ追い込む危険がある。

Dominique Strauss-Kahn, the IMF chief, warned against zealous self-flagellation at the G20 summit. "It could be a catastrophe if all the countries were tightening, it could totally destroy the recovery."

ドミニク・ストロス=カーン専務理事は、G20サミットで過剰な自責を行わないよう警告した。
「全ての国が緊縮を行えば破滅する。完全に景気回復を頓挫させるだろう」

Gabriel Stein, of Lombard Street Research, said the BIS is playing with fire. "Fiscal and monetary tightening were tried in tandem in the early 1930s and it didn't work then. The BIS ought to know better," he said.

ロンバード・ストリート・リサーチのガブリエル・シュタイン氏は、BISは火遊びをしていると言う。
「財政と金融の引き締めは、1930年代上旬に同時に試されたが、当時は失敗した。BISはもっと分別があるはずだ」

The bank said the US and Europe made the fatal error of holding rates too low after the dotcom bust, fearing a slide towards deflation. The effect was to fuel asset bubbles and depress credit yields, pressuring lenders to chase risk. "Our recent experience with exactly these consequences a mere five years ago should make us extremely wary this time around," it said.

BISによれば、米国とヨーロッパはドットコム・バブルが弾け、デフレに陥る懸念が生じた後、金利を低くし過ぎるという致命的な過ちを犯した。
それは資産バブルを煽り、信用金利を押し下げ、金融機関にリスクを追わせた。
「このような結果を伴った最近の経験は僅か5年前なのだから、今回は非常に軽快すべきだ」

The BIS warned that central banks are luring banks into a fresh trap by shoring up lenders with cheap access to short-term funding, which is then used to buy long-dated bonds at higher yield – the so-called sovereign "carry trade". Some have already been caught out badly in Greek debt.

BISは、低金利の短資で金融機関を支援して、銀行を新たなトラップに誘い込まないよう、中央銀行に警告した。
このような短資はより金利の高い長期債の買い入れに利用される。
いわゆる、ソブリン「キャリー・トレード」だ。
既にギリシャ債で泥沼にはまっている銀行も存在する。

"Financial institutions may underestimate the risk associated with this maturity exposure. They might face difficulty rolling over their short-term debt. An unexpected tightening of monetary policy might cause serious repercussions," it said.

「金融機関は、このマチュリティ・エクスポージャーに関するリスクを甘く見ているかもしれない。短資のロールオーバーに苦労する可能性がある。想定外の金融引き締めによって、深刻な反動が生じかねない」

The parallel with post dotcom errors is likely to rile critics. Housing markets and banks were robust at the time, whereas the damage now is deeply structural in the US, Britain and Europe. Yet the BIS has clearly concluded that it is better for indebted economies to take their punishment early rather than dragging out the ordeal as in Japan.

ドットコム・バブルの過ちとの類似点は、批判者を苛立たせそうだ。
当時、住宅市場や銀行は堅調だったが、今や米国、英国、ヨーロッパでは、そのダメージは構造上根深いものになっている。
しかしBISは明らかに、日本のように試練を先送りにするより、借金国はさっさと処分される方がましだ、と結論付けている。

On the spending side, the bank called for "immediate front-loaded fiscal consolidation" in key industrial states. "Public debt-to-GDP ratios are on unsustainable trajectories," rising from 76pc of GDP in 2007 to 100pc in 2011. The picture is worse than it looks since the crisis has "permanently" reduced output, and aging costs are soaring.

支出については、主要先進国での「即時先行財政再建」を呼びかけた。
「公共負債の対GDP比率は持続不可能な軌道を描いて」おり、2007年はGDPの76%だったが2011年には100%へ増加する。
今回の危機は「恒久的」に生産高を減少させてしまい、高齢化のコストは急増しているので、状況は一見したよりも一層酷い。

Yet fiscal austerity may be less of a drag on recovery than presumed. Denmark slashed its primary deficit by 13.4pc of GDP from 1983-1986, yet eked out growth of 3.9pc a year. Sweden grew by 3.7pc during its hair-shirt episode in the 1990s, Canada by 2.8pc, and Belgium by 2.3pc.

しかし財政緊縮は、考えられているほど景気回復の足を引っ張ることにはならないかもしれない。
デンマークは1983-86年にGDPの13.4%もの赤字を削減したが、年率3.9%の経済成長を達成した。
スウェーデンは1990年代の緊縮財政中も3.7%の成長率を記録した。
カナダは2.8%、ベルギーは2.3%成長した。

These cases do not tell us what would happen if half the world tightens at the same time, feeding on each other. Even so, the BIS data challenges Keynesian claims about fiscal stimulus. State spending merely "crowds out" private activity.

これらの例で、世界の半分が同時に緊縮政策を行い、お互いに影響しあった場合にどうなるかはわからない。
だとしても、BISのデータはケインズ主義者の財政刺激に関する主張に反論している。
政府支出は民間活動を「クラウド・アウト」するに過ぎない。

Besides, governments have no choice. They must retrench to appease the bond vigilantes in the new era of sovereign frailty. "A sudden loss in market confidence would be far worse," said the BIS.

また、政府にも選択肢はない。
政府はソブリン・フレイルティーの新時代に、ボンド・ヴィジランテを宥めるべく節約しなければならないのだ。
「突然、市場の信頼が喪失されれば、一層大変な事態になるだろう」とBISは伝えた。




民益論―われら官僚主導を排す
鳩山 由紀夫,菅 直人,古川 元久
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る
コメント

FRBの「化け物」紙幣増刷に備えよ 2

2010-06-28 12:44:06 | Telegraph (UK)
つづき
Societe Generale's uber-bear Albert Edwards said the Fed and other central banks will be forced to print more money whatever they now say, given the "stinking fiscal mess" across the developed world. "The response to the coming deflationary maelstrom will be additional money printing that will make the recent QE seem insignificant," he said.

ソシエテ・ジェネラルの超ベア派、アルバート・エドワーズ氏は、先進国全域における「酷い財政混乱」を考えれば、FRBなどの中央銀行が今何と言っていようが関係なく、紙幣増刷を余儀なくされるだろうと言っている。
「来るべきデフレ大混乱には、最近のQEも見劣りするような追加の紙幣増刷によって対処することになる」とロバーツ氏は述べた。

Despite the apparent rift with Europe, the US is arguably tightening fiscal policy just as hard. Congress has cut off benefits for those unemployed beyond six months, leaving 1.3m without support. California has to slash $19bn in spending this year, as much as Greece, Portugal, Ireland, Hungary, and Romania combined. The states together must cut $112bn to comply with state laws.

ヨーロッパとの明らかな不和にも拘らず、米国も同じくらい厳しい財政引締めを行っていると言えるだろう。
議会は失業給付金を6ヶ月間に短縮し、130万人が給付金を得られなくなった。
カリフォルニア州は今年、190億ドルの支出削減を行わなければならない。
ギリシャ、ポルトガル、アイルランド、ハンガリー、ルーマニアを合わせた削減額に相当する金額である。
州法に従って、各州は総額1,120億ドルを削減しなければならない。

The Congressional Budget Office said federal stimulus from the Obama package peaked in the first quarter. The effect will turn sharply negative by next year as tax rises automatically kick in, a net swing of 4pc of GDP. This is happening as the US housing market tips into a double-dip. New homes sales crashed 33pc to a record low of 300,000 in May after subsidies expired.

連邦議会予算事務局(CBO)によれば、オバマ政権の景気対策による刺激は第1四半期の間にピークを過ぎた。
増税が自動的に始まる来年までに、景気対策の刺激は急激にマイナスに転じるだろう。
変動幅はGDP比4%だ。
これが米国住宅市況が二番底に落ち込むなかで起こるのである。
税控除の終了後、5月の新規住宅の売上は33%も激減して史上最低の30万戸となった。

It is sobering that zero rates, QE a l'outrance, and an $800bn fiscal blitz should should have delivered so little. Just as it is sobering that Club Med bond purchases by the European Central Bank and the creation of the EU's €750bn rescue "shield" have failed to stabilize Europe's debt markets. Greek default contracts reached an all-time high of 1,125 on Friday even though the €110bn EU-IMF rescue is up and running. Are investors questioning EU solvency itself, or making a judgment on German willingness to back pledges with real money?

ゼロ金利、全力QE、そして8,000億ドルの景気刺激が、ほとんど結果をもたらさなかったということには、粛然とさせられる。
ECBによる地中海クラブの債券買い入れと、EUの7,500億ユーロの救済「シールド」創設が、ヨーロッパの債券相場を安定化させられなかったことへの粛然とした気分と同じである。
EU・IMFによる1,100億ユーロのギリシャ救済策は稼動中であるにも拘らず、ギリシャのデフォルト・コントラクトは金曜日に史上最多の1,125に達した。
投資家はEUそのものの支払能力に疑問を抱いているのだろうか?
それとも、支援の約束を現金で裏付けることへのドイツの意欲を、判断しようとしているのだろうか?

Clearly we are nearing the end of the "Phoney War", that phase of the global crisis when it seemed as if governments could conjure away the Great Debt. The trauma has merely been displaced from banks, auto makers, and homeowners onto the taxpayer, lifting public debt in the OECD bloc from 70pc of GDP to 100pc by next year. As the Bank for International Settlements warns, sovereign debt crises are nearing "boiling point" in half the world economy.

明らかに、僕等は「インチキ戦争」、つまり各国政府が大借金を帳消しに出来るかのようだった時の世界危機の段階の終わりに近付きつつある。
ダメージを銀行、自動車メーカー、住宅所有者から納税者に移し、OECD諸国の公共負債を来年までにGDP比70%から100%に押し上げたに過ぎない。
BISが警告するように、世界経済の半分でソブリン危機は「沸点」に近付きつつある。

Fiscal largesse had its place last year. It arrested the downward spiral at a crucial moment, but that moment has passed. There is a time to love and a time to hate, a time for war and a time for peace. The Krugman doctrine of perma-deficits is ruinous - and has in fact ruined Japan. The only plausible escape route for the West is a decade of fiscal austerity offset by helicopter drops of printed money, for as long as it takes.

昨年は財政出動も役割があった。
財政出動のおかげで下方スパイラルは危機一髪で停止したのだが、それももう過去のことだ。
愛すべき時、憎むべき時、そして戦う時、平和の時など、物事には時機というものがある。
欧米諸国にとって唯一望みのある出口は、必要な限り、紙幣増刷によって痛みを緩和する、十年間の緊縮財政だ。

Some say that the Fed's QE policies have failed. I profoundly disagree. The US property market - and therefore the banks - would have imploded if the Fed had not pulled down mortgage rates so aggressively, but you can never prove a counter-factual.

FRBの量的緩和策は失敗したと言う人もいる。
僕はその見解には断固として反対する。
FRBがモーゲージ金利をあれほど積極的に引き下げていなければ、米国不動産市場(従って銀行)は破綻していただろうが、反事実を証明することは絶対に不可能だ。

The case for fresh QE is not to inflate away the debt or default on Chinese creditors by stealth devaluation. It is to prevent deflation.

新規QEは、インフレで債務を帳消しにしたり、ステルス・デバリュエーションによって、中国への借金を踏み倒さないから、正当なのである。
これはデフレを阻止する。

Bernanke warned in that speech eight years ago that "sustained deflation can be highly destructive to a modern economy" because it leads to slow death from a rising real burden of debt.

バーナンキ議長は8年前のスピーチのなかで、こう警告した。
実質債務負担の増大による緩やかな死を招くので「持続的デフレは現代経済にとって非常に危険となり得る」。

At the time, the broad money supply war growing at 6pc and the Dallas Fed's `trimmed mean' index of core inflation was 2.2pc.

当時、ブロードマネー・サプライは年率6%で増加しており、ダラス連銀の「トリム平均」CPIは2.2%だった。

We are much nearer the tipping today. The M3 money supply has contracted by 5.5pc over the last year, and the pace is accelerating: the 'trimmed mean' index is now 0.6pc on a six-month basis, the lowest ever. America is one twist shy of a debt-deflation trap.

今では転換点はもっと近くなっている。
M3は過去一年間にわたって5.5%減少したが、そのペースは加速しており、6ヶ月間のトリム平均CPIは現在0.6%と史上最低だ。
米国はあと一歩で債務デフレ・トラップに捕らわれる。

There is no doubt that the Fed has the tools to stop this. "Sufficient injections of money will ultimately always reverse a deflation," said Bernanke. The question is whether he can muster support for such action in the face of massive popular disgust, a Republican Fronde in Congress, and resistance from the liquidationsists at the Kansas, Philadelphia, and Richmond Feds. If he cannot, we are in grave trouble.

FRBがこれを阻止するツールを有しているのは明らかだ。
「十分に資金を注入すれば、いずれ必ずデフレは反転する、とバーナンキ議長は言った。
問題は、世論の不評、連邦議会の共和党陣営、そしてカンザス、フィラデルフィア、リッチモンド連銀の清算主義者の抵抗を前に、バーナンキ議長がそのような行動への支持を集められるかどうかである。
集められなければ、僕等は深刻な危機に陥ることになる。




バーナンキは正しかったか? FRBの真相
デイビッド・ウェッセル
朝日新聞出版

このアイテムの詳細を見る
コメント