今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イタリアの逆襲開始:レッタ首相「緊縮による死」を蹴ってドイツと対決

2013-04-30 11:55:42 | Telegraph (UK)
第二次ラテン陣営の反乱でしょうか?
ローマのゲルマン攻め。
時代は繰り返す(笑)?

モンティさんはやっぱりおじーちゃんだからヘナヘナしたけど、レッタ君なら出来るかな?
がんばれー!

しかし、イタリアが反抗したらフランスももう一回立ち向かってみるとかヘタレ過ぎ、と思うのは私だけでしょうか?

Italian showdown with Germany as Enrico Letta rejects 'death by austerity'
(イタリア:レッタ首相「緊縮による死」を蹴ってドイツと対決)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 7:04PM BST 29 Apr 2013
Italy's new premier Enrico Letta is on a collision course with Germany after vowing to end death by austerity, and warned that Europe itself faces a "crisis of legitimacy" unless it charges course.

イタリアのエンリコ・レッタ伊首相は、緊縮による死を終わらせると約束し、路線変更をしない限りヨーロッパそのものが「正当性の危機」に直面すると警告して、ドイツと衝突コースに乗りました。


"Italy is dying from fiscal consolidation. Growth policies cannot wait any longer," he told Italy's parliament. He said the country is in "very serious" crisis after a decade of stagnation and warned of violent protest if the social malaise deepens.

「イタリアは財政再建で死につつある。成長政策をもはや遅らせることは出来ない」と新首相は議会で発言しました。
イタリアは十年間の低迷の末に「極めて深刻な」危機にあるとして、社会病理が深まれば暴力的な抗議運動が起こると警告しました。

The grand coalition of Left and Right - the first since the late 1940s - will abolish the hated IMU tax on primary residences, a wealth levy imposed by ex-premier Mario Monti, and push for tax cuts for business and young people to pull the country out of perma-slump. A rise in VAT to 22pc in July may be delayed.

1940年代終盤以来初めての、左右両派を集めた大連立政権は、イタリアを恒久的不況から脱出させるべく、マリオ・モンティ前伊首相が実施した資産税である、忌み嫌われた自宅に対して課されるIMU税を廃止し、法人と若年層を対象とする減税策を推し進めます。
7月に予定されているVAT税率の22%への引き上げも延期されるかもしれません。

Vice-premier Angelo Alfano - the appointee of ex-premier Silvio Berlusconi - said he agreed with every word from "beginning to end", as the Berlusconi camp claimed "total victory" over the policy agenda.

アンジェロ・アルファノ副首相(シルヴィオ・ベルルスコーニ前伊首相が任命)は、ベルルスコーニ陣営が政策目標に関する「完全勝利」を主張する中で、自分も「最初から最後まで」全て合意すると述べました。

Mr Letta said Italy would abide by EU budget pledges and but in reality he seems to have broken with the core demands of the EU fiscal compact.

レッタ首相は、イタリアはEU財政削減に従うと言いましたが、実際には、EU財政協定の中心的な要求を捨てたようです。

Markets surged as optimism swept the country, with the Milan bourse up 2pc and yields on 10-year Italian bonds falling to 3.94pc, the lowest since 2010.

楽観がイタリア全土に広がる中、マーケットは急上昇しました。
ミラノ市場は2%値上がりし、イタリア国債10年物の金利は2010年以来最低の3.94%まで下落しました。

Yet it is unclear whether the European Central's Banks bail-out pledge (OMT) to backstop Italy's debt markets is still in place since it entails strict conditions that must be ratified by a vote in the German parliament. This has yet to be tested.

しかし、ECBが、ドイツ議会で可決されなければならない厳しい条件付のOMTを実施するかどうかは不明です。
これは今後明らかになるでしょう。

Mr Letta will visit German Chancellor Angela Merkel on Tuesday, hoping to persuade her that the EU will lose the consent of the people unless it becomes an "engine of growth" once again.

レッタ首相は火曜日にアンゲラ・メルケル独首相を訪問し、EUは再び「成長のエンジン」にならない限り人々の同意を失う、とメルケル首相を説得したいと考えています。

While he is a passionate pro-European - and called for a "United States of Europe" in his speech - his anti-austerity drive takes the eurozone into uncharted waters.

レッタ首相は熱烈な欧州統合推進派であり、演説の中で「ヨーロッパ合衆国」を呼びかけましたが、彼の反緊縮政策の動きはユーロ圏を未知の領域に導いています。

It comes as France, too, appeared close to breaking ranks with German-imposed policy doctrines. A leaked version of French president Francois Hollande's Socialist Party's text openly attacked "German austerity" and the "egoistic intransigence of Mrs Merkel".

フランスも、ドイツが課す政策ドクトリンと袂を分かつ寸前になっているようです。
リークされたフランソワ・オランド仏大統領の社会党の文書は、「ドイツの緊縮政策」と「メルケル首相の利己的強硬姿勢」をあからさまに批判しています。

While the text has since been toned down to the "liberal politics of the German Right", the episode has stunned Berlin and threatens irreparable damage to the Franco-German relationship that anchors the EU Project.

その後、同文書は「ドイツ右派のリベラル政治」までトーンを和らげられたものの、この事件はドイツ政府を驚愕させ、EUプロジェクトの要である仏独関係に取り返しのつかないダメージが生じかねない事態になっています。

The ground is also shifting in Brussels, where EU employment chief Laszlo Andor called on Monday for a radical change in EU crisis strategy. "If there is no growth, I don't see how countries can cut their debt levels," he told the Süddeutsche Zeitung.

ラースロー・アンドル雇用・社会問題・ソーシャルインクルージョン担当委員が月曜日、EU危機戦略の抜本的変更を呼びかけ、欧州委員会でも変化は起こりつつあります。
「成長がなくして、どうやって各国は債務を減らせるんだ。私にはわからない」と同委員は南ドイツ新聞に語りました。

In a direct attack on Berlin, he said the German practice of "wage dumping" within EMU to gain larger export surpluses "could not be justified". The surplus states have to changes their policies as well as the crisis states. "Otherwise the currency union will break apart. Cohesion is already half lost," he said.

アンドル欧州委員はドイツ政府を直接攻撃して、ドイツが貿易黒字を増やすためにユーロ圏内で行っている「賃金ダンピング」行為は「正当化され得ない」と発言しました。
黒字国も危機に陥っている国々同様、政策を変えなければならない。
「さもなければ、通貨同盟は崩壊するだろう。団結は既に半分失われている」と同委員は述べました。

Italy is trapped in a Japanese-style depression. The economy has already contracted by 6.9pc since 2008 and is expected to shrink another 1.3pc this year. By then the economy will have shrunk back to levels last seen in 1999.

イタリアは日本式の不況に囚われています。
経済は2008年以降、既に6.9%も縮小しており、今年は更に1.3%縮小すると予測されています。
イタリア経済は1999年水準にまで後退することになります。

Debt will reach 130pc of GDP in 2013, ever closer to the danger level for a nation with no sovereign currency or central bank. Italy pushed through drastic fiscal tightening of more than 3pc of GDP last year, even though the budget was already near primary surplus.

2013年の債務水準はGDPの130%にまで達し、独自の通貨も中央銀行もない国にとって危険な水準へとこれまで以上に接近することになります。
イタリアは昨年、プライマリーバランスは黒字近かったにも拘わらず、GDPの3%を超える規模の大々的な財政引き締めを推し進めました。

Critics say this has proved worse than useless, even on its own terms. The debt ratio jumped seven percentage points of GDP in a single year as recession eroded the tax base and pushed up unemployment.

批判者は、これは単独で見ても使えないよりも酷いものだと証明されたと言っています。
不要が税収基盤を蝕み失業率を押し上げたために、債務比率は僅か一年間でGDPの7%も急上昇しました。





コメント

ジャン=マルク・エロー首相:「英語を使うな!」

2013-04-30 11:03:23 | Telegraph (UK)
(ノ∀`)アチャー
別に上げて落としてるわけじゃないよ(笑)。

French PM Jean-Marc Ayrault attacks government for using English language
(ジャン=マルク・エロー首相:「英語を使うな!」)
By Andrew Trotman
Telegraph: 10:32PM BST 29 Apr 2013
French Prime Minister Jean-Marc Ayrault has asked his government to stop using English words in their work.

フランスのジャン=マルク・エロー首相は、政府に仕事で英単語の使用を止めるよう求めました。


The demand comes after Arnaud Montebourg, minister for industrial renewal, and Michele Delaunay, minister for the elderly, revealed that they were creating a new sector entitled the "Silver Economy". In future, "all companies working with or for the elderly" will fall under this heading, they said.

この要求が出されたのは、アルノー・モントブール生産再建相とミシェル・ドロネ高齢者・自立担当大臣が、「シルバー・エコノミー」と名付けられた新セクターの創設を発表したことを受けてのことです。
今後「高齢者と共にまたは彼らのために働く全ての企業」は本セクターに含められる、と両大臣は述べました。

The Silver Economy, a reference to greying hair, will focus on the needs of the elderly and the growth in jobs that come with this. "In 2035, a third of France will be over 60, more than 20m people," the ministers said.

シルバー・エコノミーは、高齢者のニーズとそれに伴う雇用に焦点を置きます。
「2035年には、フランス人の3分の1が60歳以上となる。その数は2,000万人を超える」と両大臣は言いました。

However, the move has angered Mr Ayrault, who wrote a letter to members of the government stating that the French language was more than capable of accurately describing policies.

しかし、この動きは首相を怒らせました。
エロー首相は、フランス語にも十分以上に政策を正確に説明する力がある、とする手紙を閣僚に送りました。

He wrote: "Since the Ordinance of Villers-Cotterets, which in 1539 made French the language of administration and justice, to the registration in 1992 in our Constitution the provision that "the language of the Republic is French", our country is built in close relation to the French language.

「1539年にフランス語を統治と司法の言語とした勅令(Ordinance of Villers-Cotterets)から、1992年に我が国の憲法に『フランス共和国の言語』条項が記載されたことまで、我が国はフランス語との密接な関係において築かれている」

"Our language is able to express all the contemporary realities and identify innovations that continue to emerge in science and technology."

「我々の言語は、全ての現代的な現実を表現し、科学や技術において出現し続ける技術革新を特定することが出来る」





コメント

フランス式イスラム聖戦士対策方

2013-04-30 10:48:33 | Telegraph (UK)
フランスに見習うべきポイントがあるとは珍しい(笑)。

France shows us how to deal with jihadis
(フランス式イスラム聖戦士対策方)
By Philip Johnston
Telegraph: 8:28PM BST 29 Apr 2013
Why are our Gallic neighbours so much better at deporting terrorist suspects?

何故、我らが隣国はテロ容疑者の本国送還がこんなに上手いのでしょう?


One of the great mysteries of the Abu Qatada saga is why this country finds it so difficult to deport suspected foreign terrorists while France has no such problem. Here are two nations, both Western liberal democracies, both in the EU, both signatories to the European human rights convention and subject to the rulings of the European Court of Human Rights in Strasbourg. Both face threats from Islamist extremists; and yet their approach to dealing with them is dramatically different. Between 2001 and 2010, the UK deported nine alleged jihadis who were deemed to pose a threat to national security. Over the same period, France removed 129.

アブ・カダタ物語最大の謎の一つは、英国はテロ容疑のある外国人の本国送還にこれほど四苦八苦しているのに、フランスにはそのような問題が全く存在しないのは何故なのかということです。
ここに二つの国があります。
両方とも西側のリベラルな民主主義国であり、両方ともEU加盟国であり、両方とも欧州人権条約を批准しており、ストラスブールの欧州人権裁判所の判決に左右され、両方ともイスラム過激派の脅威に直面しています。
それでも、イスラム過激派への対応は劇的に異なります。
2001-2010年の間に、英国は国家の安全保障に脅威を与えるとみなされるイスラム聖戦士と思われる人物を9人本国送還しました。
同期間、フランスが本国送還したのは129人でした。

Why the contrast? Many of those packed off by France were sent to countries such as Algeria, Tunisia and Egypt, whose judicial systems are not widely thought to be paragons of compassion. Many of the deportees from France were Islamists whose only offence was to make disparaging remarks about the country rather than fanatics bent on fomenting violence.

この違いは何故でしょうか?
フランスを追い出された人物の多くは、アルジェリア、チュニジア、エジプトといった、慈悲心の鏡だと広く考えられてはいない司法制度の国々に送られました。
フランスから本国送還された人物の多くは、暴力を先導する警告のある狂信者ではなくイスラム主義者で、唯一の罪はフランスを馬鹿にするコメントをしたことでした。

Yet we are apparently unable to remove Abu Qatada, who arrived here under false pretences and was identified by MI5 as the most significant Islamic fundamentalist in Britain and an "inspiration" for terrorists both in this country and abroad. He chose his destination well when he came to Europe in 1993. Had he settled in Paris, he would certainly not still be there making a mockery of the French judicial system.

それでも我々は、正体を偽って英国にやって来て、英国で最も重要なイスラム原理主義者であり、英国内外でテロリストにとって「インスピレーション」である人物としてMI5に特定された、アブ・カタダを排除出来ないようです。
アブ・カタダは、1993年にヨーロッパにやって来た時、上手に行き先を選択しました。
パリを選んでいれば、いまだにフランス司法制度を馬鹿にすることなど、確実に出来なかったでしょう。

This disparity is the subject of a timely new book written by the counter-terrorism expert Frank Foley. He, too, had long been baffled by the varied approaches. And one thing that has become clear from his research is that the reason has little to do with the European court and much more to do with the different recent histories of the two countries and how their institutions have developed.

この違いが、素晴らしいタイミングで上梓された、テロリスト対策の専門家、フランク・フォーリー氏の新作のテーマです。
フォーリー氏も長い間、アプローチの違いに困惑してきました。
そしてリサーチから一つはっきりしたのは、その理由は欧州の裁判所とは殆ど無関係であって、両国の近年の歴史やそれぞれの制度の発達の仕方と関係が深いということでした。

In the Commons last week, Theresa May became the fifth home secretary in succession forced to jump through a series of legal hoops to try to get rid of Abu Qatada. She announced that the UK had signed a treaty with Jordan aimed at persuading the Strasbourg court that if the imam were returned for trial the evidence against him would not have been extracted under torture. How that could be proven is anyone's guess; but why do we have to go to such lengths at all? Is it to convince European judges or our own?

先週、下院議会で、テリーザ・メイ英内相は、アブ・カタダを本国送還しようと数々の法的課題に取り組まざるを得なくされた、5人目の内相となりました。
メイ内相は、このイマーム(アブ・カタダ)が再び裁判にかけられても、彼に不利な証拠が拷問によって得られることはない、と欧州人権裁判所を説得することを目指した条約をヨルダンと締結した、と発表しました。
しかし、何故我々がこれほど努力しなければならないのでしょう?
欧州の裁判官を納得させるためなのか、それとも、我々の裁判官を納得させるためですか?

As Foley points out, in France "individuals only have limited means of preventing their deportation because of the relevant legal regulations and because of the swift expulsion practices of the French authorities". Furthermore, an appeal does not suspend expulsion: the individual can still be deported to his home country and the appeal takes place in his absence. It is possible to petition the domestic courts to suspend a deportation but, says Foley, "the French authorities have pre-empted such legal moves by putting the individual on a plane home within just a few days of the order being issued".

フォーリー氏が指摘するように、フランスでは「関連規制とフランス当局の迅速な本国送還措置により、個人は本国送還の限定的な阻止手段しか持たない」のです。
更に、訴えても本国送還が延期されることはありません。
やはり祖国に本国送還され、訴えは本人不在で行われます。
本国送還を中止するために国内の裁判所に訴えることは可能ですが、「本国送還命令の発行から僅か2-3日以内に、祖国行きの飛行機に当該人物を乗せることによって、フランス当局はそのような法的措置に先手を打っている」とフォーリー氏は言います。

In Britain, by contrast, an appeal automatically halts a deportation; but that has nothing to do with Strasbourg and everything to do with the way we do things here. Since 1999, in the case of Algeria – whence most extremists come for historical reasons – "the French courts have not overturned any of the government's deportation decisions on the basis that radical Islamists face a risk of torture or mistreatment if they are returned".

対照的に、英国では訴えれば本国送還措置は自動的に停止します。
しかし、それは欧州人権裁判所とは一切無関係であり、我々のやり方と関係しているのです。
1999年以降、アルジェリア(歴史的理由により大半の過激派がそこからやって来ます)のケースにおいて、「フランスの裁判所は、政府の本国送還決断を、過激派イスラム主義者が帰国させられた場合に拷問または虐待されるリスクを理由に覆したことはない」そうです。

However, in Abu Qatada's case, neither have our courts. In fact, twice since 2001, British courts have upheld Home Office efforts to deport him. In 2007, the Special Immigration Appeals Commission said assurances from Jordan about his treatment were enough to override human rights obstacles. This was upheld in 2009 by the Law Lords, who also ruled that whether or not evidence against him might have been extracted under torture was irrelevant. It was not for the British courts "to regulate the conduct of trials in foreign countries", and the use of such material would not amount to a "flagrant denial of justice''.

しかし、アブ・カタダのケースにおいては、我が国の裁判所も本国送還決断を覆していません。
実際、2001年以降2度、英国の裁判所は内務省のアブ・カタダ本国送還努力を支持しています。
2007年、特別移民上訴委員会は、アブ・カタダの扱いに関するヨルダンからの保証は、人権的障害を覆すに十分であるとしました。
この見解は2009年の英国貴族院の判決でも変わらず、アブ・カタダに対する証拠が拷問によって得られた可能性があるか否かは無関係である、との判決を下しました。
「外国における裁判のやり方を規制することは」英国の裁判所の仕事ではなく、そのような情報の利用は「言語道断の真の正義の否定」に相当しないとしました。

If this country's supreme court said he could be deported, why on earth is he still here? As soon as Qatada's lawyers lodged an appeal, his removal was stayed; but in France, he would have been on a plane to Amman as an act of judicially endorsed political will: the European convention would not have come into it.

英国の最高裁判所が、アブ・カタダの本国送還は可能だとしたのであれば、何故彼は未だに英国にいるのでしょう?
アブ・カタダの弁護士が控訴するや否や、彼の本国送還は中止されました。
しかしフランスでは、法的に承認された政治的意志の行動として、アブ・カタダはアンマン行きの飛行機に乗せられていたことでしょう。
欧州条約も介入しなかったでしょう。

Here, the case went to Strasbourg, which found against the British government – and our courts have since gone along with that decision despite previously taking a completely different view.

アブ・カタダのケースは欧州人権裁判所に行き、同裁判所は英国政府に不利な判決を下しました。
また、我が国の裁判所もその後、これまでは全く異なる見解だったにも拘わらず、欧州人権裁判所の決定に倣いました。

The UK was slow to react to the jihadist threat in the Nineties (or, rather, we turned a blind eye to it). But there are aspects of the French approach to terrorism that we would not wish to adopt here (or at least I wouldn't), such as the police making mass arrests or rounding up the usual suspects.

英国は1990年代、イスラム聖戦士の脅威への対応が緩慢でした(または、というよりも、見て見ぬふりをしていました)。
しかし、フランスのテロリストへの対応には、警察による集団逮捕や容疑者としていつも名指しされる人々の一斉検挙など、国内では採用したくない要素があります(または、少なくとも私は採用したくありません)。

The judiciary in France are also much more tightly locked into the process through their investigating magistrates, who take over the case from the outset. Our tradition of free speech and civil liberties acts as a constraint on the more authoritarian instincts of the state. When it comes to removing from their territory suspected foreign jihadis who might do them harm, however, everyone in France sings from the same hymn sheet. We can't even agree on the tune.

フランスの司法当局は、裁判を最初から引き受ける調査判事によって、このプロセスと遥かに強く結び付いています。
我々の言論の自由や市民の自由の伝統は、政府のより権威的衝動への制約になっています。
しかし、フランスは、危害を加える可能性のあるイスラム聖戦士容疑者の本国送還になると、全員が一致します。
我々は規則すら合意出来ません。

'Countering Terrorism in Britain and France' by Frank Foley (CUP) is published tomorrow





コメント

イスラム教学校計画は「過激派」主張で保留

2013-04-30 09:22:33 | Telegraph (UK)
日本でも、日本社会というコミュニティのまとまりを積極的に傷つけようとする学校をザクザクとデューデリジェンスしちゃうといいかもね♪
チラシの文言が気味悪い…。

Muslim free school plans on hold over 'extremism' claims
(イスラム教学校計画は「過激派」主張で保留)
By John Bingham, Religious Affairs Editor
Telegraph: 7:00PM BST 29 Apr 2013
Ministers have been forced to suspend plans to open a high profile Muslim free school amid allegations of links to "extremist" views.

「過激派的な」見解へのつながりが疑惑視される中、閣僚等は注目を集めるイスラム教フリー・スクールの設立計画保留を余儀なくされました。


The Department for Education has launched an urgent investigation into concerns surrounding the Northern Lights Free School in Halifax, West Yorks, which had been due to open in September his year.

教育省は、今年9月に開校予定の、ウェスト・ヨークシャー、ハリファクスのノーザン・ライツ・フリー・スクールを巡る懸念に関する緊急調査を開始しました。

It follows claims that Muslim families were coming under pressure to enrol their children at the new Islamic-led primary following a leaflet circulated in the area suggesting that they would go to Hell if they did not participate.

これは、協力しなければ地獄に堕ちると示唆するパンフレットがこの地域で配布されたことを受けて、イスラム教徒の家族が子供たちをこの新しいイスラム教の小学校に入学させるよう圧力をかけられている、との訴えに応じて開始されました。

The local MP, Linda Riordan, and the local authority Calderale Council had both raised concerns that the plans could harm community cohesion.

地元のLina Riordan下院議員および地方自治体は、この計画はコミュニティの団結を傷付ける可能性があるとの懸念を提起しました。

The Northern Lights Educational Trust, the group setting up the school under the Education Secretary Michael Gove's flagship scheme, has denied any links to hard-line views and insists that it supports a "modern, democratic Britain".

マイケル・ガヴ教育相の旗艦スキームの下で設立された団体、ノーザン・ライツ教育トラストは、過激派的な見解との関連性を否定し、「現代の民主的英国」を支持していると強く主張しています。

It also insists that it neither endorsed nor supported the controversial leaflet, which was sent out by another group last year.

また、別のグループが昨年配布した問題のパンフレットの承認も支持もしていない、と主張しました。

But Lord Nash, the schools minister, has written to Mrs Riordan to say that the plans would be put on hold until concerns had been investigated.

しかし、ロード・ナッシュ教育担当相はRiordan下院議員に、この計画は懸念が調査されるまで保留とするとの書簡を送りました。

A spokeswoman for the DfE said: "We take any form of extremism very seriously.

教育省報道官は次のように述べています。
「我々はあらゆる過激主義を非常に深刻に受け止めている」

"We are investigating ― and if these serious allegations are confirmed we will not hesitate to take appropriate action.

「我々は調査中だ。また、これらの深刻な疑惑が確認された場合、適切な対応を辞さない」

"We will not take this project further until these matters are resolved.

「我々は事態解決まで本プロジェクトを進めることはない」

"The Department carries out due diligence checks on all Free School proposals to make sure that only suitable people are able to set up and run Free Schools."

「適切な人々のみフリー・スクールを立ち上げ、運営出来るように、教育省は全てのフリー・スクール案についてデューデリジェンスを実施している」

Terry Sanderson, president of the National Secular Society, said: "It is good to see the Government's Education's Diligence and Counter Extremism Division is not just a PR exercise and that sponsors for free schools are being monitored.

National Secular Societyのテリー・サンダーソン代表はこう語りました。
「教育省の評価・過激主義対策部門がPRだけではなく、フリー・スクールの後援者をモニターしているとわかって良かった」

"But we fear that some highly questionable religious groups are seeing an opportunity to spread their influence at the taxpayers' expense through free schools.

「しかし、一部の極めて疑わしい宗教団体が、フリー・スクールによって、税金を使って自分達の影響力を拡大するチャンスを得ようとしているのではないかと危惧している」

"We wonder if the monitoring is rigorous enough to screen out all potentially extremist groups."

「過激主義の可能性のある全ての団体を選別して除去出来るほど、監視が厳しいかどうかは疑わしい」

Concerns were first raised last year when families in the area received leaflets promoting a meeting for parents which said: "If it was said to us ‘If you do not attend this meeting your child will die' I am certain we would all make sure that we attend the meeting.

最初に懸念が生じたのは、同地区の家族が保護者のための集会を勧めるパンフレットを受け取った時でした。
パンフレットには「もしも我々に『この集会に出席しなければ、あなたの子供は死ぬだろう』と書かれていたら、あなた方は集会に絶対出席するだろうと確信している」と書かれていました。

"What I am about to address … is even more serious than death and that is for us and our children to be safe on the Day of Judgment.

「私が語ろうとしていることは、死よりも一層深刻なことであり、それは我々と我々の子供たちが審判の日に安全であることだ」

"There have been several incidents recently where children in various settings have been forced to do things against Islam."

「最近、様々な境遇の子供たちがイスラム教に反することを行うよう強いらる事件が複数回発生している」





コメント

アイスランドで政権交代

2013-04-29 12:22:54 | Telegraph (UK)
にやにやにや。
これはミンスの政権交代じゃなくて、自民の再選パターンですね。

Iceland votes in the party that nearly left it bankrupt
(アイスランド:国家を破綻させかけた政党を選出)
Agence France-Presse in Reykjavik
Telegraph: 6:56PM BST 28 Apr 2013
Iceland's centre-right opposition has returned back to power, marking a spectacular comeback for a coalition ousted in 2009 after presiding over the country's near bankruptcy.

アイスランドの中道右派野党が政権に復帰し、国家を破綻させかけた時に政権を担っており、2009年に野に下った連立政権が目覚ましい復活を果たしました。


Voters from the small North Atlantic nation, fatigued after four years of austerity imposed by a leftist government, handed power to the right-wing Independence Party and the centrist-agrarian Progressive Party, final election results showed today.

北極圏の小国の有権者は、左派政権による4年間の緊縮政策に疲れ果て、右派独立党と中道農地改革派の進歩党を選出したとの選挙結果が今日公表されました。

A final count of nearly 194,000 valid votes cast showed the Independence party won the popular vote with 26.7 percent, giving it 19 seats in parliament.

194,000票近い有効票は、独立党が26.7%の得票率と19議席を獲得したことを決定しました。

"We are ready to lead the government," the party's 43-year-old leader, Bjarni Benediktsson, said in a televised debate, adding his was the party "with the most votes."

43歳の党首、ビャルニ・ベネディクトソン氏はテレビの討論番組の中で「政府を率いる準備は出来ている」と述べて、独立党は「最も沢山票を獲得した」と述べました。

Mr Benediktsson was expected to seek a government with the support of the Progressive Party, which got 24.4 percent of the vote and also 19 legislative seats.

ベネディクトソン氏は、進歩党との連立政権樹立を目指すと予想されています。
進歩党の得票率は24.4%で、同じく19議席を獲得しました。

But leftist rivals claimed the leader of the resurgent Progressive Party was more likely to be tasked with forming a government.

しかし、左派のライバル政党は、復活した進歩党のリーダーの方が組閣を任される確率は高いとしています。

"The president will talk to each leader, that is the custom. A lot of things point to the Progressive Party getting the first opportunity," said Social Democratic Alliance leader Arni Pall Arnason.

「大統領は両党首と協議する。それが習慣だ。進歩党が最初のチャンスを得る兆しは多数存在する」と社会民主同盟のアルニ・アルナソン党首は言いました。

The Progressive Party leader himself, Sigmundur David Gunnlaugsson, would only say it was "up to the president to decide" who would form a government.

進歩党のシグムンドル・デービッド・グンラウグソン党首自身、首相は「大統領が決めることだ」としか言わないと思われます。

Negotiations to form a coalition could last several days.

連立政権交渉は数日間続きそうです。

The centrist party was punished at the polls in 2009 for its role in the financial deregulation that preceded the collapse of Iceland's banking system.

この中道派政党は2009年に、アイスランドの銀行システム崩壊を招いた金融緩和の責任を問われ、選挙で大敗しました。

But support soared after a European court ruling this year vindicated the party's refusal to reimburse British and Dutch savers at failed online bank Icesave.

しかし、欧州司法裁判所が今年、破綻したネット銀行、アイスセーブの英国人とオランダ人の預金者に、同党が返金を拒絶したことを支持したことを受けて、支持率は急上昇しました。

The opposition victory could also spell the end of EU membership negotiations, as both parties are in favour of halting Iceland's bid.

両党共にアイスランドのEU加盟交渉停止を支持しているので、今回の野党の勝利は同交渉の終焉も意味すると思われます。

Edited at telegraph.co.uk by Sarah Titterton





コメント