今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例の漫画はそれほど大げさではない

2009-01-30 21:33:10 | Telegraph (UK)
Trichet is bounced into defence of the euro
(トリシェのユーロ擁護)
By Ambrose Evans-Pritchard in Davos
Telegraph:30 Jan 2009
Europe's top officials have been forced into repeated assurances that the eurozone is in no danger of falling apart, despite growing stress in the Greek, Italian, Irish, Spanish and Austrian bond markets.

ギリシャ、イタリア、アイルランド、スペイン、そしてオーストリアの債券市場がやばくなってたって、ユーロ経済圏が空中分解なんてありえないから、とヨーロッパで一番えらいお役人さんが繰り返し宥めさせられましたとさ。


"There is no risk that the euro will break apart," said Jean-Claude Trichet, the European Central Bank's president, speaking at the World Economic Forum.

「ユーロが空中分解なんてありえないし」とジャン・クロード・トリシェECB総裁はWEFで語った。

Yesterday was the second day Mr Trichet has had to parry questions about the viability of monetary union. He seemed ill at ease when asked whether Greece and Italy had become so uncompetitive they might be forced out of the EMU.

昨日もトリシェ氏は、統一通貨が存続出来る可能性に関する質問をかわさなければならなかった。
2日連続のことである。
ギリシャとイタリアの競争力は救いようがないから、EMUから放り出されるかもしれないんでしょうかねえ、と訊ねられると、居心地悪そうなご様子。

EU officials are furious over comments this week by Dominique Strauss-Kahn, head of the International Monetary Fund, who said the euro could prove unworkable unless the member states give up some control over fiscal policy. "Otherwise, differences between states will become too big and the stability of the currency zone is in danger," he said.

今週ドミニク・ストロス・カーンIMF専務理事が出したコメントに、EU当局者は怒り狂っていた。
彼はよりによって、加盟国が財政政策のハンドルをちょっと放棄しない限り、ユーロは失敗だって証明されちゃうかもね、なんぞとのたまわったのである。
「じゃなけりゃ、国と国との差がでっかくなり過ぎちゃって、ユーロ経済圏の安定性がやばくなるじゃん」とのこと。

The yield spreads on Greek 10-year bonds have reached post-EMU highs of 265 basis points over German Bunds. The spreads have jumped to 236 for Ireland and 153 for Italy, levels unthinkable just months ago.

ギリシャ10年債のドイツ・ブントとのイールド・スプレッドは、EMU発足以来最高の265ベーシス・ポイントに達した。
アイルランドの場合は236、イタリアは153と、ほんの数ヶ月前には考えられなかった数値だ。

イタリアの場合、2008年12月は120だったんですねえ。
ギリシャの場合、2007年は26ってほんと?みたいな。


The spreads are watched by traders as the eurozone's stress barometer. They also imply a large jump in funding costs for the budget deficits of heavily indebted states such as Italy and Greece. The Italian treasury needs to raise €200bn (£184bn) of debt in 2009.

このスプレッドというのは、ユーロ経済圏のストレス・バロメーターとして、トレーダーに観察されている。
ついでに、イタリアやギリシャといった、借金火達磨国の予算赤字穴埋め費用が、大きく跳ね上がることも意味している。
そう、イタリア財務省は2009年、2,000億ユーロも集めなければならないのだ。

José Manuel Barroso, the European Commission's president, insisted that the single currency had more than proved its worth since the crisis erupted. "The euro has acted as a very important shield," he said. "Just compare Ireland with Iceland. I don't agree at all that the euro is at risk."

ジョセ・マニュエル・バローゾECB委員長は、統一通貨は危機勃発以来ずっとその価値をしっかり証明してきたもんね、と言い張った。
「ユーロは物凄く大事な楯になってるもん」とのこと。
「アイルランドとアイスランドを比べてみろ。ユーロが危険だなんて、これっぽっちも思わないもんね」。

However, the questions refuse to go away. Investor George Soros said it was far from clear whether EMU's weaker states would be able to uphold their bank guarantees, given the "structural weaknesses" of a system where each country is in charge of fiscal policy and EU bail-outs are prohibited.

が、それで許してもらえるわけじゃない。
投資家ジョージ・ソロス曰く、EMUの弱小加盟国がてめえの銀行の保証をし切れるのかどうかわかったもんじゃねえ、財政政策の舵を切っている各国のシステムに「構造的弱点」があることと、EUの救済策が禁止されてることを考えてみろ、とのこと。

"There has to be agreement at EU level on spreading risk. Germany has been reluctant to reach into her deep pockets for countries like Italy," said Mr Soros.

「リスク分散については、EUレベルで合意が必要だろうが。ドイツはイタリアみたいな国のために金を出し渋ってるじゃないか」とソロス氏。

Mr Trichet denied the ECB was unable to take the sort of measures being considered by the Bank of England and US Federal Reserve. "We could engage in non-standard actions and, indeed, have already done so. What we have done is extraordinary," he said.

トリシェ氏は否定した。
いいや、ECBだってBoEとかFRBが検討したような対策は出来ないわけじゃないもんね、と。
「我々だってアブノーマルなこと出来るもんね。つか、もうやっちゃったもんね。すっげーことやっちゃったんだから」と彼は言った。


+   +
  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +        
 と__)__) +


The ECB has increased its balance sheet by more than the Fed, accepting housing debt as collateral from banks. But it has not gone to the next stage by purchasing bonds outright.

ECBはなんと、銀行からモーゲージ債を受け取って、FRBよりもBSをでっかくしちゃったのである。
でも片っ端に債券買い付ける、という次のステージはまだだ。

Such a radical move would open a political can of worms, raising suspicions that German taxpayers were funding a covert bail-out of Club Med.

このようなラジカルなムーブは、ポリティカルなキャン・オブ・ワームズをオープンしちゃうかもしれない(要するにパンドラの箱を開けちゃうってこと)。
でもって、地中海倶楽部の秘密救済大作戦の金出してんのって、ドイツの納税者じゃね?なんて疑惑を高めちゃうのだ。

Italy's finance minister, Giulio Tremonti, who was sitt-ing on the same Davos panel, nevertheless called for the issue of a "union bond". Any such instrument would amount to a huge leap forward for an EU debt union.

でも、それでも、同じくこのダヴォス・パネルにお座りしていたイタリアのジュリオ・トレモンティ財務相は、「ゆにおん・ぼんど」の発行をお願いした。
こんなもんが出てきたら、EUってば欧州連合じゃなくて借金連合になっちゃうじゃん。

Mr Tremonti said Italy had been unfairly singled out. While its public debt is high at 107pc of GDP, its private debt is very low. Indeed, Italy has avoided the sort of housing bubbles that are affecting other states.

イタリアはアンフェアに村八分にされたんだ、とトレモンティ氏。
国家債務はGDPの107%だけど、民間債務はとっても低いんだ。
そうだよね、イタリアは他の国みたいな住宅バブルに襲われなかったもんね。

"Our banking system is quite solid. They don't speak English," he said.

「我々のバンキング・システムはかなりしっかりしてる。英語を話さないからな」。

(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー
コメント

WEF2009:ダヴォスなんか二度とこねーよヽ( `Д´)ノ

2009-01-30 18:07:26 | Telegraph (UK)
(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー


いつも愉快なテレグラフのダヴォス・フォト特集ページより


WEF 2009:I will never come back to Davos
(WEF2009:ダヴォスなんか二度とこねーよヽ( `Д´)ノ)
Ambrose Evans-Pritchard at Jan 29, 2009
Damn, we are all sitting here in open-mouthed astonishment.

………。
我々全員開いた口が塞がらんのだが…。

Turkish premier Tayyip Erdogan has just stormed off the rostrum after calling Israel's president Shimon Peres a "killer" to his face.

トルコのタイップ・エルドガン首相が、イスラエルのシモン・ペレス大統領に面と向かって「人殺し」と言った後、演壇から飛び出てったぞ。

(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー

Mr Peres in turn has been thundering and fulminating at the top of his voice for 25 minutes -- while the UN Secretary-General Ban Ki-moon sat in embarrased silence next to him, mostly looking at his shoes.

でもって、ペレス氏は25分間、声の限りに怒鳴りまくるは罵りまくるは…その間、潘基文国連事務総長はバツ悪そうな面持ちで隣に座ってたよ。
自分の靴から殆ど視線をそらさなかったね。

The incensed leaders then walked out passed packed ranks of trembling Davos enthusiasts - all believers in civilized comity, and all horrified by this display of raw and visceral feeling - into a hall where a light-hearted Strauss Waltz being played with shocking insouciance.

で、この完全にトサカに来たリーダー共は、気が遠くなるほどの無頓着さでお気楽なシュトラウスのワルツが流れるホールへと、震えるダヴォス・ファンの山(皆礼儀正しい連中だから、この生々しく原始的な感情を見せ付けられてビビリまくり)の横を通り過ぎて出て行った。

If we journalists missed our deadlines - and leaving a big gap in our newspapers tomorrow - you must forgive us, because we none could concentrate on anything as this extraordinary spectacle of Mid-East passion unfolded before our eyes.

ジャーナリストが締め切り逃しちゃったらゴメンナサイね(ついでに、明日の新聞にデッカイ穴空けちゃったらもっとゴメン)。
でも目の前で繰り広げられた、中東の情熱的溢れる 異常 異例のスペクタクルに、もう何も手がつかなくなっちゃって。

Mr Peres -- winner of the 1994 Nobel Peace prize -- had reason to be angry. The Turkish leader called today for the Obama administration to list Israel as a terrorist state for alleged atrocities against civilians in Gaza.

1994年のノーベル平和賞受賞者、ペレス氏は怒って当然なのだ。
今日はトルコのリーダーがオバマ政権に、イスラエルをテロ国家リストに入れてくれ、と訴えたんだもの。
ガザで民間人に残虐行為を行ったからだそうな。

"President Obama must redefine terror and terrorist organizations in the Middle East, and based on this new definition, a new American policy must be deployed in the Middle East," he said.

「オバマ大統領は中東のテロとテロ組織の定義を改めなければならない。そしてこの新しい定義に基づいて、新しいアメリカの政策を中東で実施しなければならない」と彼はのたまわった。

This seems to have tipped Mr Peres over the edge. A genteel panel on Mid-East issues flew out of control after he let rip such eloquence and emotion that nobody dared stop him, and people sat enthralled, or in tears, or aghast, as he related how Hamas was deploying terror in Gaza.

これにペレス氏は切れたみたいだね。
彼が誰も止められない勢いで感情をぶちまけた後は、中東問題のお上品なパネルも一気に制御不能。
ペレス氏がガザでハマスがどんな風にテロ行為をやらかしているかまくし立てる中、人々はワクテカ、涙目、呆然のいずれかの状態で座っていた。

(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー

A hundred Fatah prisoners in Gaza had been thrown from roof-tops, he said. Dozens had been shot in the legs. The Gaza schools had become a Gulag of Palestinian prisoners, he said, reading aloud a letter from Fatah's secretary-general.

ガザではファタハの囚人100人が屋根から放り投げられた、と彼は言った。
数十人が足を撃たれていた。
ファタハ事務局長の手紙を大声で読み上げながら、ガザの学校はパレスチナ囚人向けグーラグになった、と彼は言った。

"The tragedy of Gaza is not Israel, it is Hamas. They created a dictatorship. A very dangerous one."

「ガザの悲劇はハマスのせいで、イスラエルのせいじゃない。奴等は独裁政権を打ち立てた。思いっ切り危険な政権だ」。

Israel had withdrawn its troops and settlements from Gaza. It had complied to the letter with all accords, yet it was still attacked, and bombed, and rocket daily. (I merely relate his words this without wishing to make any judgment of my own on a conflict that has killed 1,300 people in Gaza, and 14 Israelis)

イスラエルはガザから軍と移民を撤収した。
全ての協定に従ったが、来る日も来る日も攻撃され、爆撃され、ロケット砲撃された。
(って、彼が言ったんだよ。ガザで1,300人を殺し、イスラエル人14人を殺した紛争について、個人的な判断を下したいなんて、僕は一切思ってませんから。)

"What would you do?" he screamed into the face of Mr Erdogan, who sat stony faced, pulling slightly back, his legs twisted, his whole body language at war

「どうするつもりだよ」と彼はエルドガン氏に罵声を浴びせた。
エルドガン氏は無表情に、少々背にもたれながら足を組み、全てのボディ・ランゲージから戦闘状態をかもしだして座っていた。

"We have been a nation for sixty years, and which other nation has had to fight seven wars?"

「60年間、我々は国だった。他に7回も戦争しなきゃならなかった国が他にあるか?」。

Mr Erdogan perhaps feels betrayed because Turkey was mediating on behalf of Israel when the Gaza occurred. "I saw this as a lack of respect for us and also a shadow cast over peace," he said.

ガザ紛争勃発時は、トルコがイスラエルの代理人として仲介していたんだから、エルドガン氏は裏切られた気分だったろうね。
「私はこれは我々への侮辱だと考え、平和に影を落とすものだと考える」と彼。

His Swiss trip has ended very badly. "I will never come back to Davos", he said as he strode out, complaining that his own rant had been cut short by the moderator.

エルドガン氏のスイス旅行は、悲惨な終わり方を迎えた。
司会が自分の暴言を途中で邪魔したことに腹を立て、「二度とダヴォスなんかこねーよ」と捨て台詞を残して出て行った。

It has been a bad hair for Turkey's pro-Islamic leader. The negotiations for an IMF stand-by loan broke down. "It's not the end of the world", he said.

トルコの親イスラム教指導者にとっちゃ、実に酷い一日だった。
IMFから借金する交渉もおじゃんになったし。
「世界の終わりじゃねーよ」と仰るが…。

We'll see what the markets have to say about that tomorrow.

明日、市場がどう言うか楽しみですな。
コメント

WEF2009:更なる石油需要激減に見舞われるBP…OPECは泥縄状態

2009-01-30 18:07:02 | Telegraph (UK)

WEF 2009: BP sees further crash in oil demand, OPEC behind the curve
(WEF2009:更なる石油需要激減に見舞われるBP…OPECは泥縄状態)
By Ambrose Evans-Pritchard in Davos
Telegraph:29 Jan 2009
The worldwide recession is likely cause a far deeper slump in demand for crude oil this year than recognized so far by the OPEC cartel, according to BP's chief executive Tony Hayward.

BPのトニー・ヘイワードCEOによれば、世界不況は今年の原油需要を、OPECがこれまでに認めているよりも更に酷く落ち込ませそうだ、とのこと。


"Things depend entirely on the global economy and success in resolving the banking crisis, but the pessimistic view is that there will be no growth in the world this year. Demand loss of perhaps 1m barrels per day is likely," he said, addressing an energy panel at the World Economic Forum in Davos.

「全ては世界経済と銀行危機解決の成功にかかっているけど、今年は世界経済は全く成長しないだろう、というのが悲観的な見解だ。一日あたり100万バレルほども需要がなくなるかもしれない」と彼はダヴォスWEFのエネルギー・パネルに向かって言った。

Abdalla El Badri, OPEC's secretary-general, said the group of oil exporters is expecting further "demand destruction" of just 200,000 barrels per day this year.

OPECのアブダラ・エル・バドリ事務総長は、産油国は今年は一日当たりたったの20万バレルという更なる「需要破壊」を予測している、と語った。

If Mr Hayward is right, the supply glut on the market will almost certainly push oil prices even lower in coming months – perhaps below $30, as Goldman Sachs and Merrill Lynch both now expect.

ヘイワード氏が正解なら、今後数ヶ月間に、市場の供給過多はほぼ確実に石油価格をますます押し下げるだろう…もしかしたら30ドル以下とか…ゴールドマン・サックスもメリルリンチも今はそう予想してるけどね。

The cartel has already announced three sets of cuts totalling 4.2m bpd since prices began to collapse from their summer peak of $147 a barrel – although there is intense scepticism in the markets over the level of compliance by countries that depend heavily on oil revenues to fund their budgets.

OPECは既に3回減産を発表している。
夏のバレル147ドルなんてピークから値下がりが始まって以来、合計で一日当たり420万バレルになるね。
まあ市場には、国家予算を異常に石油収入に依存してる国のコンプライアンス・レベルについて、疑いの目がギラギラしてるけどさ。

"We'll have to see how the market reacts, but if there is a problem we will not hesitate to take more off the market," said Mr Al Badri, speaking in Davos.

「市場の反応を見なければならないが、問題があれば躊躇うことなくもっと減産する」とダヴォスでエル・バドリ氏は言った。

"I'm really concerned. We don't want a repeat of the 1980s where we did not invest and laid off a lot of qualified people, and then when demand picked up we were short of materials and skilled manpower."

「物凄く心配だ。1980年代の繰り返しはゴメンだ。あの時は投資しなかったし、沢山の優秀な人材をクビにしたし、その後で需要が増えたらモノも人も足りなかった」。

That's YOUR problem.としか…。

"We're not happy with oil at $40 or even $50. We can't get a decent income for our countries, and $50 does not permit us invest. If we don't invest we're going to have a problem in three to four years," he said. OPEC's view is that $60 to $80 is a sustainable range.

「バレル40ドルじゃダメだ。50ドルでも不満だ。まともな収入を得られない。50ドルじゃ投資出来ない。投資しなけりゃ3-4年以内に問題になるぞ」と彼は言った。
OPEC様は60-80ドルが持続可能な価格帯だとお考えである。

TOUGH

Mr Haywood said the violent swing in prices is storing up inevitable trouble.

価格が激しく上がったり下がったりするおかげで否応ない問題が積み上がっている、とヘイワード氏。

"The big challenge is to recognize that when the economy recovers, demand is going to recover very fast. It won't be long before we run into supply constraints."

「経済が復活すれば、需要は物凄い勢いで回復する。これを認めるのが大きな問題。もうすぐ供給不足になるから」。

"The energy industry needs to invest a trillion dollars a year for the next twenty years. It is crucial to continue to invest during the downturn," he said.

「エネルギー業界は今後20年間、年間1兆ドルの投資をしなくちゃならない。景気が低迷している間も投資し続けることが重要だ」。

The Davos panel called for fresh rules to prevent hedge funds and traders running amok with the oil market.

ダヴォスのパネルは、ヘッジファンドだのトレーダーだのが石油市場で暴れ回るのを防ぐための、新しい規則を作るよう呼びかけた。

"For every barrel that is actually sold, 30 barrels are traded on Wall Street," said Mukesh Ambani, chairman of India's Reliance Industries.

「実際に1バレル売られる毎に、ウォール街では30バレルも取り引きされている」とインドのリライアンス・インダストリーズのムケシュ・アンバニ会長。

"We need an over-arching regulation to make this transparent. We need to know who is buying and selling," he said.

「これを透明にする包括的規制が要る。誰が売ったり買ったりしてるのか知らなきゃならない」。

OPEC's Mr Al Badri said some form of code was needed to restrain the funds.

OPECのエル・バドリ氏は、ファンドを規制するために何らかの規則が必要だと述べた。

"When I was in my office looking at $147 a barrel , I was not happy at all. It was not based on any fundamentals. The price was created by speculators and nothing else. There was no queue of customers wanting our oil. Some countries were giving discounts, so something strange was going on."

「オフィスでバレル147ドルの値段がついているのを見た時、ちっとも嬉しくなかったね。なんの根拠もなかったんだから。あの値段は投機家が作り出したものだよ。石油をくれーって、客の行列が出来てたわけじゃなし。値引きしてる国だってあったんだから、なんか妙なことになってたわけだよ」。

"We can't eliminate speculators but we do need a guideline to prevent damage to demand," he said.

「投機家を完全駆除するのは無理だろうけど、せめて需要にダメージが及ばないようなガイドラインを作らなくちゃ」と彼は語った。
コメント

プーチン首相:ドル覇権を終焉させよ

2009-01-29 18:38:28 | Telegraph (UK)
(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャー


Russian prime minister Vladimir Putin calls for end of dollar stranglehold
(ウラジーミル・プーチン首相:ドル覇権を終焉させよ)
By Ambrose Evans-Pritchard in Davos
Telegraph:28 Jan 2009
Russian prime minister Vladimir Putin has called for concerted action to break the stranglehold of the US dollar and create a new global structure of regional powers.

一致団結して米ドル覇権を粉砕し、地域勢力による新グローバル・ストラクチャーをうちたてよ、とのウラジーミル・プーチン首相の仰せである。


"The one reserve currency has become a danger to the world economy: that is now obvious to everybody," he said in a speech at the World Economic Forum.

「ただ一つの基軸通貨が世界経済の危険と化した。今や全ての人々に明らかだ」と彼はWEFのスピーチで語った。

It is the first time that a Russian leader has set foot in the sanctum sanctorum of global capitalism at Davos.

ロシアのリーダーが、ダヴォスの国際資本主義の最も神聖な聖域に足を踏み入れたのは初めてのことだ。

Mr Putin said the leading powers should ensure an "irreversible" move towards a system of multiple reserve currencies, questioning the "reliability" of the US dollar as a safe store of value. "The pride of Wall Street investment banks don't exist any more," he said.

プーチン氏は米ドルの安全な価値の保存場所としての「信頼性」を疑問視し、大国は複数の基軸通貨によるシステムへの「不可逆的」移行を実現しなければならん、とのたまわった。
「ウォール街の投資銀行のプライドはもう存在しない」。

余程損を出されたのだろう…お気の毒。

For all his bluster, Mr Putin's bargaining power is weakening by the day. Russia's foreign reserves have fallen by 34pc since August to $396bn (£277bn) after months of capital flight and the collapse in the price of Urals crude oil to $45 a barrel. The rouble also fell to a record low yesterday after sliding for weeks in a controlled devaluation.

とまあ、空威張りは凄まじいのだが、プーチン氏のカードは日に日にヘタれているわけで。
ロシアの外貨準備は、資本大流出とウラル原油の価格大暴落(バレル45ドル)にこてんぱんにされた数ヶ月の後、昨年8月以来34%もなくなっちゃって、3,960億ドルになっちゃいました。
制御しながらのデバリュエーションを何週間も続けた挙句、ルーブルも昨日は最安値を付けましたっけね。

Mr Putin said: "We are witnessing a truly global crisis. The speed of developments beats every record, and the strategic difference from the Great Depression is that under globalisation this touches everyone. This has multiplied the destructive force. It looks exactly like the perfect storm."

プーチン氏曰く、
「我々は真の世界危機を目撃している。その展開の速度は記録破りであり、大恐慌との戦略的違いは、グローバライゼーションにより全員がこれに影響を受けるということだ。これが破壊力を数倍に増した。正に完璧な嵐のようだ」。

The Soviet Union avoided depression in the 1930s due to its totally closed autarkic system, although the regime inflicted other terrible hardships.

1930年代、ソ連は全く閉鎖された自立システムだったおかげで大恐慌を免れたが、まあ、他に色々とシンドイ思いをしている。

However, Mr Putin's own government in Russia is facing mass protest as unemployment surges and austerity measures start to bite.

だがプーチン氏のロシア政府が目の前にしているのは、失業者の急増と緊縮政策の影響に伴って出現した大規模デモだ。

The Kremlin expects the Russian economy to contract by 0.2pc this year. Expecting a deep global downturn, it has redrafted its budget plans based on oil prices at $41 this year, entailing drastic cuts in public spending.

クレムリンは、今年のロシア経済は0.2%縮小するだろう、と予測している。
深刻な世界的景気低迷を予測し、今年は石油価格をバレル41ドルとして予算を修正したわけだが、必然的に公共支出は激減してしまった。
コメント

米中通貨戦争がダヴォスに影…そして世界にも

2009-01-29 18:38:16 | Telegraph (UK)

US-China currency war eclipses Davos, and threatens the world
(米中通貨戦争がダヴォスに影…そして世界にも)
Ambrose Evans-Pritchard at Jan 28, 2009
Turning a corner in the labyrinthine corridors of the Davos nerve-centre, I ran smack into Chinese premier Wen Jiabao - followed by a regiment of retainers and senior offices in full regalia.

ダヴォス司令塔の迷宮じみた廊下。
角を曲がったら温家宝首相にバッタリ。
その後ろには正装した家来やら高官やらがゾロゾロしていた。

They have not quite adapted to the "sport" dress code of capitalism in Alpine retreat. Jeroen van der Weer - a Davos stalwart - wears horrendous corduroy trousers (pink sometimes) with a 1950s-era Tyrolean woolly. I dread to think how they react to Swiss prices if they venture into the restaurants.

中国人は未だどうやら、アルプスの静養所の資本主義「スポーツ」ドレスコードを余り採用していないらしい。
ダヴォスの重鎮Jeroen van der Weer は、1950年代もののチロル・セーターに、とんでもないコーデュロイのズボンを履いている(時々ピンク)。
レストランに行ったらスイス値段にどう反応するやら…考えるのも恐ろしい。

Mr Jiabao smiled at me benignly, but he is not in a good mood. Indeed, he is fuming over the remarks by US Treasury Secretary Tim Geithner that China was "manipulating" its currency to gain market share. Reports were circulating this afternoon in Davos that Mr Jiabao erupted into a tirade after lunch at the mere mention of Mr Geithner's name.

温家宝氏は優しい笑顔を僕に見せたものの、ご機嫌は斜めだ。
そう、中国はマーケット・シェアのために人民元を「操作している」なんて、ティム・ガイトナー財務長官のコメントに怒り狂ってるわけだ。
今日の午後、ダヴォスではこんなレポートが出回っていた。
温家宝氏がランチの後は、ガイトナー氏の名前を出すだけで、噴火するとかなんとか…。

Mr Geithner - the first US Treasury chief who can actually speak Chinese, and Japanese, nota bene - is clearly operating under instructions from President Barack Obama. If his resolve fails, Hillary Clinton is there at Foggy Bottom (State Department) to renew the broadside against Beijing - at least judging by her Sinophobe reflexes in the campaign.

ガイトナー氏(中国語と日本語を本当に喋ることが出来る初の米国財務長官だよ、気をつけな)は明らかに、バラク・オバマ大統領の指揮下で動いている。
彼でダメなら、次は国務省のヒラリー・クリントンが、中国政府に対する猛攻撃を新たに仕掛ける番だ…少なくとも、彼女の大統領予備戦中の脊髄反射的中国嫌悪から判断すればやるだろうね。

This has the makings of an almighty superpower bust-up. It is fast becoming the theme of Davos 2009. It may soon be the burning issue of our times. We will all learn how to pronounce Renminbi.

これは超大国を木っ端微塵にしそうだね。
急速に2009年ダヴォス会議のテーマになりつつあるし。
もう直ぐ時代の大きなテーマになるかもね。
僕らも人民元って発音の仕方を覚えることになるかも。

The Bush Administration -- in its day -- deflected all attempts by Congress to crack down on China's currency policy. Perhaps sagely, perhaps not.

(最盛期の)ブッシュ政権は、中国の通貨政策を取り締まろうとする議会の試みを全部そらしてしまった。
賢明だったかもしれないし、賢明じゃなかったかもしれないけど。

There is no question that Beijing has pursued a mercantilist strategy of conquering US and European markets by holding down the yuan/renminbi. It has a monthly trade surplus of $40bn, the highest ever recorded by any country. Or put another way, China is exporting its surplus capacity to the rest of the world. It has become a global deflation machine.

中国政府は人民元を抑え込むことで、欧米市場を占領する重商主義戦略を押し進めてきた。
これは疑いようのないことだ。
月間貿易黒字は400億ドル。
歴史上のどの国よりも大きな額だ。
言い換えれば、中国は余剰生産能力を世界中に輸出しているってことだ。
世界のデフレ・マシーンになったのさ。

Even so, Mr Geithner is playing with fire. Beijing has amassed reserves of $1.9 trillion. From what we know, most of this money is held in the form of US Treasuries and other bonds. Creditors exercise power. Don't be fooled by claims that China could not deploy this weapon without damaging its own interests. All kinds of things can and do happen when tempers flare, and they were flaring today.

たとえそうだとしても、ガイトナー氏は火遊びしてることになるね。
中国政府は1.9兆ドルも準備金を貯め込んでいるんだよ。
僕らの知る限りでは、この金の殆どは米国債その他の債券らしいじゃないか。
債権者は力を行使するんだよ。
中国は自分が傷ついてまでこの武器を使うわけないじゃん、なんて言葉に騙されるなよ。
ぶち切れたら何をしでかすかわからないし、何だってしでかすんだから。
でもって、今日の中国勢はぶち切れてたってわけだ。

The IMF's chief economist Olivier Blanchard said it was unwise to "obsess" over the exchange rate in this fragile climate. "It is probably not the right time to focus on the Chinese exchange rate, given that it is not a central element of the world crisis. There are many other things we should be thinking about. It is an item on the list, but it is not at the top of the list."

IMFのチーフ・エコノミスト、オリヴィエ・ブランチャードは、このヤバイ状況で為替レートに「こだわる」のはバカだと言った。
「中国の為替レートに粘着する時じゃないかもよ…今の世界的危機の要じゃないでしょ、それって。考えるべきことは他に山ほどあるじゃん。課題は課題だけど、最優先課題じゃないってば」。

Stephen Roach, head of Morgan Stanley Asia, offered a harsher verdict, calling it pure folly to pick a fight with Beijing. "The Chinese economy most likely contracted in final quarter of 2008 and most likely in this quarter too. China has hit a wall," he said.

モルガン・スタンレーのアジア代表スティーヴン・ローチは、もっと厳しかった。
これを、中国政府に喧嘩を売る100%純粋愚行、と呼んだ。
「2008年第4・四半期の中国経済は、ほぼ確実に縮小したはずで、今期も恐らくそうだろう。中国は行き詰ってる」と彼は言った。

"A country that is contracting doesn't take kindly to its major trading partners saying you have to increase the value of its currency. What they are being told to do is tantamount to economic suicide," he said.

「縮小している国が、主要貿易相手国に通貨を上げろと言われて、はいそうでございますかと言うか?連中にしてみれば、経済的自殺をしろ、と言われているようなもんなんだから」。

Quite. This conflict needs to be handled with extreme care. There is a battle going on within the Chinese Communist leadership over currency policy. A bloc within the central bank has long argued that China itself is the victim of a policy that fuels domestic inflation and leaves the country dangerously dependent on the goodwill of export markets.

仰る通り。
このイザコザは大変慎重に扱わねば…。
為替政策については、中国共産党の首脳部内でもバトルが起こってるんだし。
中国人民銀行陣営は、中国自体が、国内のインフレに燃料を投下し中国を輸出市場に危険なほど依存た政策の犠牲者だ、と前々から主張してきたのである。

Wen Jiabao, speaking as I write, says that China's fiscal stimulus package of $600bn will be worth 16pc of GDP over two years. If so, that is huge. China is now doing its part to shore up the global system, even if he rather annoyingly continues to blame "low-savings" countries for the crisis - skipping over the role of Asia in stoking a credit bubble (Takes two to tango).

僕がこれを書いている間もスピーチを続けている温家宝は、中国の2年間で6,000億ドルの規模になる経済刺激策は、GDPの16%に相当すると言っている。
だとすれば、こりゃあデカイ。
中国は今、グローバル・システム支援に一役買っているわけだ…この危機の犯人はそもそも「貯金もしてない」国じゃないか、とかなりトサカに来てるのにね…まあ、信用バブルに燃料投下したアジアの役割は棚に上げちゃってるけどね…(両方とも悪いってことさね)。

Be that as it may, China's fiscal blitz is the beginning of a shift in strategy that should - over time - start to boost domestic demand enough to eat into the trade surplus.

さはさりながら、中国のフィスカル・ブリッツは、貿易黒字に食い込めるくらいまで(時間をかけて)内需を押し上げなきゃ、って戦略シフトの始まりだね。

Mr Jiabao said it was "imperative that China and the US step up their co-operation". He pleaded with the West not to retreat into protectionism. Washington - and above all Capitol Hill -- would be well advised to listen.

温家宝氏は「中国とアメリカの協力強化は絶対に欠かせない」とのたまわった。
彼は西側に保護主義に走らないでくれ、と懇願した。
アメリカ政府と、どこはさておき連邦議会は、しっかり聞いとけよ。

Vladimir Putin speaks next. The autocrats are lining up.

おっと、次はウラジーミル・プーチンさんだ。
独裁者共が集まってきたぞ。
コメント