今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブレギジット恐怖は大法螺か、今は次の嵐の前の静けさか?

2016-07-02 12:53:23 | Telegraph (UK)
最初はぎょっとしたけど、開票結果の地図見て「よくわかりました。本当にありがとうございました」でした。あっちで頭から湯気立てて「あの低能の低学歴の貧民愚民どもめ!」とやってる友人をなだめる私…鎮まらないけど(笑)。50歳になったRick Astley君がゲスト出演のSaturday Kitchenでも観て和めばいいのに。

中年になって益々Honey richな声になった感じ。会話してる姿も初観で、こんなひょうきんな人だったと30年経って知り、色々感慨深い…良いもん、昭和組だもん。

『50』、iTuneでもPrimeでも見つからないよ!どっちでも良いから早く扱って下さい。

Was Brexit fear a giant hoax or is this the calm before the next storm?
(ブレギジット恐怖は大法螺か、今は次の嵐の前の静けさか?)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 29 JUNE 2016 • 8:35PM
Let us separate matters. We face a political upheaval of the first order, but this is a necessary catharsis. Governments come and go. So do political parties.

整理しようじゃありませんか。
僕らは超一級の政治混乱に直面していますが、これは必要なカタルシスです。
政府ってのは変わるものでね。
政党だって同じですよ。

We face a much more serious constitutional crisis. It is why some of us want a national unity government, keenly alert to the interests of Scotland and Northern Ireland.

僕らは遥かにシリアスな立憲危機に直面してます。
だからこそ、僕らの一部は、スコットランドと北アイルランドの利益に油断なく目を光らせる挙国一致政府を望んでいるわけです。

As Professor Kevin O'Rourke from All Souls College argues here, most Leavers waltzed into Brexit with scarcely a moment's thought for trauma inflicted on both sides of the Irish border. This carelessness must be rectified immediately.

オックスフォード大学、オール・ソウルズ・カレッジのケヴィン・オルーク教授が論じているように、EU離脱派の殆どはアイルランド国境の両側にもたらされるトラウマについて殆ど考えもなくブレギジットを支持しました。
この不注意は即座に直されなければいけませんね。

What we do not yet face is a global financial crisis or a "Lehman moment". The world's central banks were ready for Brexit and have acted in unison.

僕らが未だ直面していないのは、世界的な金融危機、または「リーマン・モーメント」です。
各国の中銀はブレギジットへの備えが完了していましたし、一致団結して行動しました。

The S&P 500 index of Wall Street stocks has shrugged off the vote. It is 13pc above its lows in February, when we really did have a nasty fright across the world.

S&P500はブレギジットをものともしませんでした。
僕らが世界中にとんでもない恐怖をばらまいた2月の底値を13%も上回っています。

Jerome Schneider from Pimco says there have been none of the tell-tale signs of systemic seizure. Rates on commercial paper have hardly moved. The Libor/OIS spread – the stress gauge – has been well-behaved. So have collateralised funding markets.

PIMCOのジェローム・シュナイダー氏は、システミックな機能不全を示すサインは全く出ていないと言っています。
コマーシャル・ペーパーの金利は殆ど変化なしです。
LIBOR/OISスプレッドも落ち着いています。
担保資金市場も落ち着いています。

This may be no more than the calm before the real storm. The prime money market funds have much shorter maturities than in 2008, and this could lead to a "roll-over" crunch if fear returns. Assume nothing.

これは本物の嵐の前の静けさに過ぎないのかもしれません。
プライムMMFの償還期間は2008年より遥かに短かくなっていますから、恐怖が復活すれば「ロール・オーバー」クランチを生じるかもしれません。
憶測は禁物です。

It was a dead certainty that the rating agencies would strip Britain of its AAA status. Standard & Poor's told this newspaper before the vote exactly what it planned to do, and we reported the warning – not that it has made any difference to borrowing costs.

格付け機関が英国のAAA格付けをはぎ取るのは火を見るよりも明らかでした。
スタンダード・アンド・プアーズは小紙に国民投票の前、どうするつもりか語ってくれましたし、僕らは彼らのワーニングを報じました…借入金利に何か変化があったというわけではありませんが。

More worrying is what S&P also said: that debt coming due over the next 12 months is 755pc of Britain's external receipts and large sums have to be rolled over continuously. This is the highest for all 131 rated states, thanks to London's role as a global financial hub. We will not know whether there is any mismatch, either in currencies or maturities, until the repayment deadlines hit and the skeletons come out of the closet. The test lies ahead.

もっと心配なのはスタンダード・アンド・プアーズがこうも言っていたことです。
曰く、今後12ヶ月間に期限を迎える債券は英国が海外から受け取るものの755%であり、巨額を継続的にロールオーバーしなければならない、とのこと。
ロンドンが国際金融のハブを担っているおかげで、これは格付けを受けている131ヶ国中トップです。
為替か償還期限のミスマッチが出るかどうかは、返済期限が訪れてクローゼットから白骨が出てくるまでわからないでしょう。
試練はこれからです。

What we have learnt from the market moves since Brexit is that Europe is just as vulnerable as Britain. The vote has already triggered a banking crisis in Italy, where the government is struggling to put together a €40bn (£33bn) rescue but is paralysed by the constraints of euro membership.

僕らがブレギジット後のマーケットの動きから学んだことは、ヨーロッパは英国と同じ位に脆弱だということです。
あの国民投票は既に、政府が400億ユーロの救済資金を集めるのに四苦八苦しているのにユーロ加盟のせいで手枷足枷状態、というイタリアで銀行危機を引き起こしました。

The eurozone authorities never sorted out the structural failings of EMU. There is still no fiscal union or banking union worth the name. The North-South chasm remains, worsened by a deflationary bias. The pathologies fester.

ユーロ当局はEMUの欠陥構造を一度も直していません。
未だにまともな財政同盟も銀行同盟も存在していません。
南北欧州の亀裂も残っていますし、デフレ・バイアスで悪化しています。
病状は悪化しています。



The FTSE 100 index of equities in London is back to where it was on the eve of the vote, compared to falls of roughly 6pc in Germany and France, 10pc in Spain, 11pc in Italy, 13pc in Ireland, and 14pc in Greece.

FTSE100は国民投票前夜のレベルまで戻りましたが、ドイツとフランスは約6%、スペインは10%、イタリアは11%、アイルランドは13%、ギリシャは14%下がったままです。

My point is not that they we are in OK and that they are in trouble. That would be facile. The FTSE 100 is cushioned - or flattered - by the devaluation effect on foreign earnings of big multinationals. The broader FTSE 250 is a purer gauge, and that has dropped 8pc. Homebuilders Persimmon and Taylor Wimpey are still down by a third. It is not painless.

僕が言いたいのは、僕らは大丈夫で彼らは困っている、ということではありません。
それは安直というものです。
FTSE100は大手多国籍企業の海外からの収益に対するデバリュエーション効果で、衝撃を緩和されて(もしくは横ばいになって)いるのです。
より広範なFTSE250の方がより純粋な基準ですが、あちらは8%下落しています。
住宅建設会社のパーシモンやテイラー・ウィンピーは未だに3分の1値下がりしたままです。
無痛ではないのです。

Yet it should be dawning on European politicians by now that the economic fates of the UK and the eurozone are entwined, that if we go over a cliff, so do they and just as hard, and therefore that their bargaining position is not as strong as they think. They cannot dictate terms.

それでも、英国とユーロ圏の経済的な運命は絡み合っている、僕らが崖っぷちから落っこちれば彼らも諸共で同じ位の衝撃を受けるし、従って彼らは自分達が思っているほど強い立場にはないのだ、とヨーロッパの政治家も既にわかっているはずです。
彼らが仕切ることは出来ません。

Few seem to grasp this, much like the wishful thinking in September 2008 when so many supposed that Lehman posed little danger to them. Britain has "collapsed politically, monetarily, constitutionally and economically," said Dutch premier Mark Rutte, almost seeming to enjoy the flourish of his own words. Our great ally William the Silent would not have been so frivolous.

これを理解しているらしい人は殆どいません。
あれほど多くの人が、リーマンなど自分達には殆ど危険を及ぼさないと思っていた2008年9月の希望的観測とよく似ています。
英国は「政治的、金融的、憲法的、経済的に崩壊した」とマルク・ルッテ蘭首相は自分の言葉に酔っているかのように言いました。
僕らの偉大なる同盟、沈黙公ウィリアムはこれほど無分別ではなかったでしょう。

Morgan Stanley says they need to wake up. It warns that the eurozone will suffer almost as much damage as Britain in a 'high stress scenario', and so do others. Danske Bank says the UK and the eurozone will both crash into recession later this year.

モルガン・スタンレーによると、彼らは目を覚ます必要があるとか。
同社は、「ハイ・ストレス・シナリオ」通りなら、ユーロ圏は英国と同じ位の大きなダメージを被るし、その他も同様だと警告しています。
ダンスク・バンクは、英国とユーロ圏は両方とも今年中に不況に突入するだろうとしています。



If so - and that is not yet clear - it is hard to see how the eurozone could withstand such a shock, given the levels of unemployment and the debt-deflation dynamics of southern Europe, and given the intesity of political revolt in Italy and France.

だとすれば、そうなるとは未だ決まっていませんが、南部欧州の失業率や債務デフレ・ダイナミクスを考えれば、そしてイタリアとフランスの政治的反乱を考えれば、ユーロ圏がそれほどのショックを耐えられるとは思えません。

Contrary to the supposition of Mr Rutte, the fall in sterling is a blessing for the British economy, and a headache for the eurozone. The exchange rate is acting as a shock-absorber, just as it did in 1931, 1992, and 2008, all bigger falls, and all benign.

ルッテ首相の推測とは逆に、英ポンドの下落は英経済にとって恩恵であり、ユーロ圏の頭痛の種です。
為替レートは1931年、1992年、2008年にそうしたように、緩衝剤の役目を果たしています。
いずれも大幅な下落であり、いずれも良性の下落でした。

Devaluation strikes no fear in a chronic deflationary world where almost every major country is trying to push down its currency to break out of the trap, and largely failing to do so. It would facetious to suggest that Britain has pulled off this trick. Crumbling investor confidence is never a good thing. But the UK has stolen a march of sorts, carrying out a beggar-thy-neighbour devaluation by accident.

デバリュエーションは、ほぼどの主要国もトラップ脱出のために通貨安を試みながら、概ね失敗している慢性的デフレ世界においては、全く怖くありません。
英国がこれに成功したと言うのは可笑しな話でしょう。
投資家の信頼感崩壊は決して良いことではありません。
しかし英国は或る意味、抜け駆けして、偶然にも近隣窮乏的なデバリュエーションを実行したわけです。

The pound needs to fall further. It is still too strong for a country with a current account deficit running consistently above 5pc of GDP. The International Monetary Fund said just before Brexit that sterling was 12pc to 18pc overvalued, and may have to fall more than this to force a lasting realignment of the British economy.

英ポンドはもっと下落する必要があります。
経常赤字が一貫してGDPの5%という国にとっては、まだまだ高過ぎます。
IMFはブレギジットの直前に、英ポンドは12-18%高過ぎる、英経済の持続的調整を押し進める為にもっと下落しなければならないかもしれない、と述べました。



This cure has hardly begun. As of today, sterling is 5pc below its trading range for the last month against the euro and the Chinese yuan. It is weaker against the US dollar but the dollar is on steroids, much to the horror of the US Treasury.

この治療は殆ど始まってもいません。
本日の時点で、英ポンドは先月の対ユーロ、対人民元の取引レンジを5%下回っています。
米ドルに対してはもっと下落していますが、FRBを大いに恐れ戦かせることに、米ドルは強化されています。

The more sterling falls, the greater the net stimulus for the British economy. The reverse holds for the eurozone. It is a further deflationary shock at a time when Europe is already in deflation, when inflation expectations are in free-fall and bond yields are collapsing below zero, and when the ECB is running out of options.

英ポンド安が進むほど、英経済にとっての刺激は強化されます。
ユーロ圏にとってはその逆になります。
ヨーロッパが既にデフレに陥っている時に、インフレ期待が自由落下中で債券金利がマイナスまで下落している時に、そしてECBが万策尽きつつある時に、デフレ・ショックのおかわりというわけです。

There are two dangers for the world economy. One is that China is exporting deflation with alarming intensity. Morgan Stanley estimates that China's trade-weighted devaluation is running at an annual rate of 11pc, and factory gate deflation adds another 2pc. This is a tsunami coming from the epicentre of global overcapacity.

世界経済にとって二つの危険があります。
一つは中国が猛烈なすさまじさでデフレを輸出していることです。
モルガン・スタンレーの試算では、中国は実効レートで年率11%のデバリュエーションを行っており、工場渡し価格は更に2%も下落しています。
これは世界的な過剰生産性の震源地から押し寄せる津波です。



The other danger is that British and European politicians fail to understand what is coming straight at them from Asia. Britain's Brexiteers must come up with a coherent policy on trade very fast, and the EU must come off their ideological high-horse and face the reality that they have absolutely no margin for economic error.

もう一つの危険は、英国とヨーロッパの政治家がアジアから一直線に襲ってくるものを理解し損ねることです。
英国のブレギジット陣営は極めて迅速にまともな貿易政策をまとめなければなりませんし、EUは傲慢なイデオロギーを捨てて、経済的ミスを犯す余地など皆無だという現実を直視しなければなりません。

US Secretary of State John Kerry warned in stark terms on his post-Brexit swoop into Europe that nobody should lose their head, or go off half-cocked, or "start ginning up scatter-brained or revengeful premises."

ジョン・ケリー米国務長官はブレギジット後の訪欧で酷くあからさまに、誰も狼狽えるな、誰も生半可なことをするな、また「間抜けな前提や仕返しを前提を煽り立て始めるな」と警告しました。

Nobody seemed to heed his words at the EU's imperial summit in Brussels, an exercise in righteous anger but not much else. The markets may yet speak in harsher language.

ブリュッセルでほぼ義憤だけで開催されたEUの大首脳会談では、誰も彼の言葉に従いそうもありませんでした。
マーケットはもっと厳しい言葉を使うかもしれません。






コメント

イタリアでブレギジットの初被害。銀行救済に400億ユーロ

2016-07-02 12:52:46 | Telegraph (UK)
Italy eyes €40bn bank rescue as first Brexit domino falls
Italy

(イタリアでブレギジットの初被害。銀行救済に400億ユーロ)
Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 27 JUNE 2016 • 6:50PM
Italy is preparing a €40bn rescue of its financial system as bank shares collapse on the Milan bourse and the powerful after-shocks of Brexit shake European markets.

ミラノ市場での銀行株暴落とブレギジットの強烈な余波が欧州市場を揺るがし、イタリアは400億ユーロ規模の金融システム救済策を準備しつつあります。

An Italian government task force is watching events hour by hour, pledging all steps necessary to ensure the stability of the banks. "Italy will do everything necessary to reassure people," said premier Matteo Renzi.

イタリア政府の作業部会は事態を常にウォッチングし、銀行の安定性を確保する為に必要な全ての措置を行うと宣言しました。
「イタリアは人々を安心させるために必要なことを全て行う」とマッテオ・レンツィ伊首相は言いました。

"This is the moment of truth we have all been waiting for a long time. We just didn't know it would be Brexit that set the elephant loose," said a top Italian banker.

イタリアの某トップ・バンカーによると「今が僕らが長い間待っていた真実の時だ。引き金を引くのがブレギジットになるのかどうか、とにかくわからなかった」とか。

The share price of banks crashed for a second trading day, with Intesa Sanpaolo off 12.5pc, and falls of 12pc for Banka MPS, 10.4pc for Mediobana, and 8pc for Unicredit. These lenders have lost a third of their value since Britain's referendum.

銀行株は翌日も暴落を続け、インテーザ・サンパオロは-12.5%、バンカ・モンデ・デイ・パスキは-10.4%、ユニクレジットは-8%となりました。
これらの銀行はブレギジット以降、市場価値の3分の1を失いました。

"When Britain sneezes, Italy catches a cold. It is the weakest link in the European chain," said Lorenzo Codogno, former director-general of the Italian treasury and now at LC Macro Advisors.

「英国がくしゃみをするとイタリアが風邪をひく。ヨーロッパのチェーンでは一番弱い環だ」とイタリア財務省高官で現在はLCマクロ・アドバイザーズに勤める、ロレンツォ・コドーニョ氏は言います。

The country is the first serious casualty of Brexit contagion and a reminder that the economic destinies of Britain and the rest of Europe are intimately entwined. Morgan Stanley warned in a new report that eurozone GDP would contract by almost as much as British GDP in a "high stress scenario".

イタリアはブレギジットの初犠牲者であり、英国とヨーロッパの経済的な運命が密接に絡み合っていることのリマインダです。
モルガン・スタンレーは最新レポートの中で、「ハイ・ストレス・シナリオ」だと、ユーロ圏のGDPは英国のGDPと同じ位縮小するとワーニングしました。

Italian officials are studying a direct state recapitalisation of the banks, to be funded by a special bond issue. They also want a moratorium of so-called 'bail-in' rules and bondholder write-downs, but these steps are impossible under EU laws. Mr Renzi raised the subject urgently at a meeting with German Chancellor Angela Merkel and French president Francois Hollande at a Brexit summit in Berlin on Monday.

イタリア当局は特別債を財源とする銀行への直接資本増強について研究中です。
また、「ベイル・イン」ルールや債権の減価と呼ばれるモラトリアムも求めていますが、これらはEU法の下では実行不可能です。
レンツィ首相は月曜日にベルリンで、アンゲラ・メルケル独首相、フランソワ・オランド仏大統領と共に開いたブレギジット・サミットで、この問題を緊急に採り上げました。

"There has to be a suspension of the bail-in rules and state aid rules at the highest political level in the EU, otherwise I don't see how this can work," said Mr Codogno.

「EUの高い政治レベルで、ベイル・イン・ルールや政府支援ルールの差し止めを行わなければダメだ。これがどう機能するのか分からない」とコドーニョ氏は言いました。

Unlike the eurozone debt crisis in 2011-2012, there is no serious trouble yet in the sovereign debt markets. The ECB is effectively capping yields under quantitative easing.

2011-2012年のユーロ債務危機とは異なり、国債市場に深刻なトラブルは未だありません。
ECBはQEの下で、金利を事実上制限しています。

The stress gauge in this episode is the health of the private banks. The Euro STOXX index of bank stocks has collapsed by half since last July, and is now probing depths seen in the white heat of the debt crisis. British bank shares have also plummeted since Brexit but this has no systemic implication so far. It chiefly reflects recession fears, and potential loss of access to the EU market for business.

この事件におけるストレス・ゲージは、民間銀行の健全性です。
銀行銘柄のユーロ・ストックス指数は昨年の7月の半分まで下落していますし、今では債務危機の真っ只中で確認された底を試しています。
英国の銀行株もブレギジット以後に暴落しましたが、これまでのところシステミックな影響は見えません。
主に不況への不安や、企業のEU市場へのアクセス権喪失の可能性を反映しています。



Italy's banks are the Achilles Heel of the eurozone financial system. Non-performing loans have ratcheted up to 18pc of total balance sheets as a result the country's slide into depression after the Lehman crisis.

イタリアの銀行はユーロ圏の金融システムのアキレス腱です。
リーマン危機の後にイタリアが不況に陥った結果、不良債権の割合はバランスシート全体の18%に達しました。

The new bail-in reform this year has brought matters to a head, catching EU authorities off guard. It was intended to protect taxpayers by ensuring that creditors suffer major losses first if a bank gets into trouble, but was badly designed and has led to a flight from bank shares. The Bank of Italy has called for a complete overhaul of the bail-in rules.

今年導入されたベイル・イン改革も事態を悪化させ、EU当局に不意打ちを食らわせました。
銀行がトラブルに見舞われた場合、先ず債権者が損失の大半を負担するようにして納税者を護ろうとしたものですが、設計が下手だったため銀行株から資金を逃避させることになりました。
イタリア中銀はベイル・イン・ルールの根本的なオーバーホールを要求しました。

It is now almost impossible for Italian banks to raise capital. They are caught in a pincer as the ECB simultaneously demands compliance with tougher capital adequacy buffers, in some case demanding fresh infusions of capital three or four times. Mr Codogno said the ECB is unwittingly destabilizing the banks in an overzealous attempt to make Europe's banks safer.

イタリアの銀行が資本を集めることは今やほぼ不可能です。
ECBは同時により厳格化された自己資本比率を順守するよう要求しており、中には3-4倍の新規資本注入を必要とするケースもあり、これらの銀行は挟み撃ちに見舞われています。
コドーニョ氏は、ECBはヨーロッパの銀行をより安全にしようとする過剰な試みの中で、意図せずして銀行を不安定化させていると言います。

Italy is now paralyzed under the existing eurozone structure. Analysts say it desperately needs a US-style bank rescue along the lines of the 'TARP' in 2008, which used federal funds to mop up bad assets and stabilize the banks. This is forbidden by the eurozone.

イタリアは今やユーロ圏の既存構造の下で麻痺状態です。
アナリスト曰く、この国は2008年の「TARP」のような米国式銀行救済策を切実に必要としているとのこと。
TARPは連邦危機を使って不良債権を整理し、銀行を安定させました。
これはユーロ圏によって禁止されています。

The government introduced a €5bn rescue fund called Atlante earlier this year, but this was funded largely by the banks themselves rather than the state and has been overwhelmed by events.

イタリア政府は今年先にアトランテという50億ユーロの救済基金を設立しましたが、これは政府ではなく主に銀行に資金を供与されており、事態に圧倒されています。

Mr Codogno said Italy is caught in a low-growth trap that is slowly eroding debt dynamics. "I don't think the Italian system is about to blow up. We could muddle through for years, but we need to get out of this loop," he said.

コドーニョ氏は、イタリアは債務ダイナミクスをゆっくりと損なう低成長トラップに囚われていると言いました。
「イタリアのシステムが吹っ飛ぶとは思わない。何年か凌げるだろうが、このループを脱出する必要がある」



Hedge fund veteran George Soros warned that Italy faces the risk of a "full-blown banking crisis" that could bring the rebel Five Star Movement to power as early as next year.

ヘッジファンドのベテラン、ジョージ・ソロス氏は、イタリアは早ければ来年にも五つ星ムーブメントに政権をとらせかねない「本格的な銀行危機」が起こるリスクに直面していると警告しました。

The banking squeeze has become politically explosive in Italy after thousands of small depositors were wiped out at four regional banks late last year. They were classified as junior bondholders, even though most of them were just ordinary savers who did not realize what was being done with their money.

昨年末に地銀4行で数千人分の預金が整理されてしまった後、銀行の締め付けはイタリアで政治的火薬庫になりました。
これらの預金者の大半は、自分達の預金に何が起こっているのか気付かなかった一般の預金者だったにも拘らず、後順位債権者とされました。

Mr Renzi may be forced to take matters into his own hands and enact a unilateral sovereign rescue of the Italian banking system in defiance of the EU, unless he wins concessions soon from Brussels. Those who know him say he will not go down in flames for the sake of European ideological purity.

レンツィ首相が間もなく欧州委員会から妥協を勝ち取れないならば、彼は自ら乗り出して、EUに逆らって政府によるイタリア銀行システムの包括的救済を実行しなければならなくなるかもしれません。
首相がヨーロッパのイデオロギーの純粋さのために倒れることはない、と彼を知る人は言っています。






コメント

全英の利益におけるブレギジットの意味を、議会は決断しなければならない

2016-07-02 12:52:28 | Telegraph (UK)
Parliament must decide what Brexit means in the interests of the whole Kingdom
(全英の利益におけるブレギジットの意味を、議会は決断しなければならない)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 26 JUNE 2016 • 7:14PM
Post-Referendum events are moving with lighting speed. The battle ground has already shifted to the neuralgic question of what Brexit actually means, and here the old lines of political cleavage are breaking down.

国民投票後の事態が電光石火のスピードで動いています。
戦場は既に、ブレギジットとは実は何を意味するのかという難問に移り、ここで昔からの政治的亀裂が崩れつつあります。

Remainers and "liberal Leavers" - to use a loose term - are suddenly on the same side. They both seek a safe settlement that protects Northern Ireland and Scotland, and the economy.

EU残留派と(大雑把な表現で言えば)「リベラルなEU離脱派」が突然、味方同士になりました。
双方とも、北アイルランドとスコットランド、そして経済を護る安全な調停を目指しています。

Boris Johnson, Dan Hannan, and others in the sovereignty camp are signalling that they could live with a Brexit compromise that accepts EU migrant flows, but going back to pre-Maastricht rules that guaranteed only the right to work, before the concept of EU citizenship. This would be a modified variant of the Norwegian Model, or European Economic Area (EEA).

ボリス・ジョンソン市長、ダニエル・ハナン欧州議会議員など、主権陣営はEU移民流入を認めるブレギジット妥協策を受け容れられるとほのめかしていますが、EU市民権のコンセプトより前の、働く権利のみ保証するマーストリヒト条約前の状態に立ち戻るというものです。
これはノルウェー式、またはEEAの一種と言えるでしょう。

A "soft-Brexit" would be accepted by the vast majority of Parliament, which has a duty in these unique circumstances to act on behalf of citizens who voted for Remain and as well as for Leave. This is not an event where the winner takes all.

「ソフト・ブレギジット」は、これらのユニークな状況においてEU残留に票を投じた市民、そしてEU離脱に票を投じた市民の代理として行動する義務を負う、議会の圧倒的大多数に認められるでしょう。
これは勝者が全て手に入れる出来事ではありません。



It would have the backing of the trade unions, industry, and the City of London. Internal documents from the pro-Remain group TheCityUK show that they could live with an EEA option - or hybrid variant - that would preserve the City's viability by safeguarding EU passporting rights for financial services.

労組、産業、シティの支持を得られるでしょう。
EU残留派グループのTheCityUKの内部文書からは、彼らが金融サービス用のEUパスポート権を護ることでシティの存続を確保するEEAオプション(またはその亜種)も受け容れられることがわかります。

TheCityUK has mapped out a post-Brexit order in which it could still thrive - rather than being reduced to the level of "Bolivia" as it said in the campaign - by switching efforts to global bodies that increasingly set rules above the EU level, such as the Financial Stability Board, the Basel Committee, or the World Trade Organisation.

金融安定性委員会、バーゼル委員会、またはWTOのような、EUレベル以上でルールを規定することが増えている国際機関に働きかけを切り替えることで、選挙運動で言われていたような「ボリビア」並に落ちぶれるのではなく、それでも繁栄出来るブレギジット後の秩序を、TheCityUKは提示しています。

An EEA-style compromise may be the only safe way to reconcile a divided country and ensure a safe withdrawal from the EU in managed stages.

EEA式の妥協は、分裂した国を和解させて、管理した段階を踏んで安全なEU離脱を確保する、唯一の安全な方策かもしれません。

EU legislation is incorporated into the devolution settlements of Scotland and Northern Ireland. In effect, they have a "reserve" that can greatly complicate Brexit, giving them legal leverage as well as a moral claim for special care. By the same token, Scottish and Northern Irish demands give Leavers the political "cover" they need to accept a compromise.

EU法はスコットランドと北アイルランドの委譲協定に組み込まれています。
事実上、スコットランドと北アイルランドは、ブレギジットを非常に複雑化出来る「条件」を持っており、双方に法的レバレッジと特別注意を要求する道徳的権利を与えています。
同様に、いずれもEU離脱派に彼らが妥協を受け容れなければならない政治的「カバー」を与えることを要求しています。

Whether a "safe Brexit" along these lines would be enough to prevent a fresh referendum in Scotland remains to be seen, but a failure to address these concerns almost guarantees the break-up of the United Kingdom.

このような「安全なブレギジット」でスコットランドの次の国民投票を防げるかどうかわかりませんが、このような懸念に対応し損ねれば、英国の分裂はほぼ確実です。

It is not certain that the rest of the EU would grant Britain a hybrid EEA-style arrangement, but the signals from Europe are positive. Francois Villeroy de Galhau, France's member of the European Central Bank, said Britain could "keep access to the single market" and its passporting rights if it opts for the Norwegian model.

他のEU加盟国が英国にハイブリッドEEA式を認めるかどうか不明ですが、ヨーロッパからは前向きなシグナルが出ています。
ECB理事を務めるフランソワ・ビルロ ワ・ドガロー仏中銀総裁は、英国がノルウェー式を選択すれば、「単一市場へのアクセス」とパスポート権を「保持」出来ると言いました。

The all-powerful German industry lobby (BDI) said it would be "very, very foolish" to impose tariff barriers or protectionist measures between the EU and Britain.

影響力の強いドイツ産業連盟によれば、EUと英国の間に関税障壁を打ち立てたり保護主義措置をとることは「極めて愚かだ」とのこと。

The cacophany of voices from EU capitals is hard to filter. A joint paper by the French and German foreign ministers is calling for a great leap forward to "political union", but neither have the support of their own leaders - let alone the Dutch, Nordics, Poles, Czechs, and others. The proposal seems surreal at a time of rising eurosceptic revolt everywhere.

EU各国の政府からの耳障りな意見はフィルターし難いものです。
フランスとドイツの外相による共同文書は、「政治同盟」への大躍進を呼びかけていますが、いずれの国の首脳陣からも支持を得ていませんし、オランダ、北欧、ポーランド、チェコなども言うまでもありません。
この提案は、アンチEUの反乱がそこら中で巻き起こっている時には、非現実的に思えます。

Jean-Claude Juncker, the Commission's president, is clearly bitter. "Brexit is not a friendly divorce, but then it was never a roaring love affair," he said.

ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長は明らかに憤慨しています。
「ブレギジットは友好的な離婚ではないが、そもそも一度も熱烈に愛し合っていたわけでもなかった」とのこと。

"Whatever Juncker and a few federalist diehards in Brussels may think, most EU governments have woken up to the reality that the more Europe the push, the more euroscepticism they get," said Charles Grant from the Centre for European Reform.

CERのチャールズ・グラント氏はこう言っています。
「ユンケルやブリュッセルの一握りの連邦主義抵抗勢力がどう考えようが、EU加盟国の政府の大半は、ヨーロッパが押せば押すほどアンチEUが強まるという現実に目覚めたよ」

"The knee-jerk reaction of the Commission is always to try to seize on any crisis to try to push for more Europe and closer integration, but they can dream on this time," he said.

「欧州委員会の脊髄反射は常に、ヨーロッパ強化、統合強化を目指してプッシュするために、あらゆる危機を利用しようとするものだけど、今回は勝手に言ってなさいってとこだね」

German Chancellor Angela Merkel matters most and she has held out an olive branch to London, calling for patience - within limits - and talks conducted in a civil manner. "There is no need to be nasty," she said.

アンゲラ・メルケル独首相は最も重要であり、彼女は(適度な)我慢と大人の話し合いを呼びかけ、英政府に手を差し伸べました。
「意地悪する必要はない」そうです。

In essence, EU policy will be forged by an emerging "directorate" of Mrs Merkel, French leader Francois Hollande, and Italy's Matteo Renzi. But they are at odds with each other. The French and Italians want a radical shift in economic policy in response to Brexit, calling for a reflation blitz to break out of the low-growth trap. Germany will hear none of it.

要するに、EUの政策は、メルケル首相、フランソワ・オランド仏大統領、マッテオ・レンツィ伊首相で作る「理事会」によって作られるようになります。
フランスとイタリアはブレギジットに応じて経済政策の抜本的シフトを望んでおり、低成長の罠を脱出するための財政出動を呼びかけています。
ドイツは全く受け付けないでしょう。

What is clear is that two cardinal objectives of post-Brexit policy are hard to reconcile: the EU cannot impose a harsh settlement on the UK, to prevent a "domino effect", while at the same time nursing the eurozone economy back to health.

明確なことは、ブレギジット後の政策の二大目標をなかなか一致させられないということです。
つまり、EUは「連鎖反応」を防ぐための英国に厳しい措置を実施出来ず、同時に、ユーロ圏の経済を回復させなければなりません。

Failure to mend fences with London risks an economic crisis that would expose the long-festering pathologies of monetary union. "There is a cocktail of factors that could lead to disintegration," said Pier Carlo Padoan, Italy's finance minister. "We face a double reaction from Brexit: financial and political."

英政府と和解出来なければ、通貨同盟の長期的病変を暴く経済危機になりかねません。
「崩壊をもたらす様々な要素が存在する」とイタリアのピエル・カルロ・パドアン財務相は言いました。
「我々はブレギジットからの、金融と政治のダブル・リアクションに直面している」

The 12.5pc collapse of Milan's FTSE MIB index on Friday was a warning shot. Unicredit was down 24pc, below depths reached in the Lehman crisis. Italy's banking system has been so destabilized by the EU's new "bail-in" rules that it cannot withstand any serious errors made over Brexit.

金曜日にミラノのMIB指数が12.5%も暴落したのは威嚇射撃でした。
ユニクレジットは24%も値下がりし、リーマン危機の時に達した底値を下回りました。
イタリアの銀行システムはEUの新「ベイル・イン」ルールによって酷く安定性を失っており、ブレギジットがらみで何か深刻なミスがあれば耐えられないでしょう。

While the EU could block an EEA-plus compromise, it would be courting fate to do so. The much greater difficulty is explaining to large numbers of Leave voters in Britain that Brexit may not slam the door on immigrants after all.

EUはEEA+の妥協策を阻止出来ますが、それも宿命を呼び寄せることになるでしょう。
遥かに難しいのは、英国でブレギジットに投票した人々の多くに、ブレギジットも移民を締め出すことは出来ないかもしれないと説明することです。

The Leave campaign misled the nation about the full risks of Brexit and what can be achieved without collateral damage to the economy and the unity of these Isles. While it is true that UKIP has only one seat in Parliament, and does not own the vote, its powerful voice cannot be ignored without setting off a dangerous popular revolt.

ブレギジット陣営は、ブレギジットのリスクの全貌と経済と英国の島々に対する巻き添え被害なしに達成出来ることについて、国民を誤解させました。
UKIPには一人しか下院議員がおらず、彼らがこの投票に勝ったわけではありませんが、その強力な発言は危険な大衆の反乱を引き起こすことなく無視出来ません。

We will need our own Solon now to heal this kingdom.

この国を癒すために、僕らは独自の賢人が必要になるでしょう。





コメント

ブレギジットで空が落ちたわけじゃないが、長期的に苦労しそう

2016-07-02 12:52:06 | Telegraph (UK)
The sky has not fallen after Brexit but we face years of hard labour
(ブレギジットで空が落ちたわけじゃないが、長期的に苦労しそう)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 24 JUNE 2016 • 6:14PM
It is time for Project Grit. We warned over the final weeks of the campaign that a vote to leave the EU would be traumatic, and that is what the country now faces as markets shudder and Westminster is thrown into turmoil.

プロジェクト・グリットの時です。
僕らは選挙運動最後の数週間に亘って、EU離脱の決定はトラウマになるだろうと警告しましたが、それこそ正に英国が市場に激震が走り議会が大混乱に陥る今直面しているものです。

The stunning upset last night marks a point of rupture for the post-war European order. It will be a Herculean task to extract Britain from the EU after 43 years enmeshed in a far-reaching legal and constitutional structure. Scotland and Northern Ireland will now be ejected from the EU against their will, a ghastly state of affairs that could all too easily lead to the internal fragmentation of the Kingdom unless handled with extreme care.

昨夜の見事な興奮状態は、戦後の欧州秩序の崩壊を印しています。
43年間も広範な法的、憲法的構造に巻き込まれた挙句、英国をEUから離脱させるのは酷く骨が折れることでしょう。
スコットランドと北アイルランドはこれで自らの意志に反してEUから離脱させられることになり、極めて慎重に対応しない限り、英国の内部分裂を容易に招きかねない恐ろしい状況です。

The rating agencies are already pricing in a different British destiny. Standard & Poor's declared that Brexit "spells the end" of the UK's AAA status. The only question is whether the downgrade is one notch or two, and that hangs on Holyrood. Moody's has cocked the trigger too.

格付け機関は既に英国の様々な運命を折り込みつつあります。
スタンダード・アンド・プアーズはブレギジットは英国のAAA格付けの「終わりを意味する」と宣言しました。
唯一の問題は、格下げが1段階なのか2段階なのかであり、それはスコットランド議会次第です。
ムーディーズも撃鉄を起こしました。

Just how traumatic Brexit will be depends on whether Parliament can rise to the challenge and fashion a credible trade policy – so far glaringly absent – to safeguard access to European markets and ensure the viability of the City, and it depends exactly how Brussels, Berlin, Paris, Rome, Madrid, and Warsaw react once the dust settles. Both sides are handling nitroglycerin.

ブレギジットがどれほどトラウマになるかは、議会が障害に立ち向かえるか、そしてヨーロッパの市場へのアクセスを護り、シティの存続を確保するために、信頼出来る貿易政策をまとめられるかにかかっていますし(これまでのところ明らかにありませんが)、それは騒動が収まった時にEU、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランドの政府がどのように反応するかにかかっています。
双方とも危険物を扱っているのです。

Angry reproaches are flying in all directions, but let us not forget that the root cause of this unhappy divorce is the conduct of the EU elites themselves. It is they who have pushed Utopian ventures, and mismanaged the consequences disastrously. It is they who have laid siege to the historic nation states, and who fatally crossed the line of democratic legitimacy with the Lisbon Treaty. This was bound to come to a head, and now it has.

怒りの非難はありとあらゆる方向へ向けられていますが、この不愉快な離婚の根本的な原因はEUのエリート自身の行いだということを覚えておきましょう。
ユートピア事業を押し進め、その結果を悲惨なほど管理し損なったのは、彼らなのです。
歴史ある国を包囲し、リスボン条約で民主的正当性の一線を致命的に越えてしまったのは、彼らなのです。
これは表面化するものですし、今、表面化したわけです。

The wild moves in stocks, bonds, and currencies this morning were unavoidable, given the positioning of major players in the market, and given that the Treasury, the International Monetary Fund, and the Davos brotherhood have been deliberately – in some cases recklessly – stirring up a mood of generalized fear.

マーケットの主要プレーヤーのポジションを考えれば、そして英財務省、IMF、ダボスの仲間達が意図的に(時に無謀に)全般的恐怖ムードをかき立てたことを考えれば、今朝の株、債券、為替の乱暴な動きは避けられないものです。

But let us separate the noise from what matters. This is not a 'Lehman moment'. The sterling rout has not been as bad as some feared. You could almost say that we have had a miraculous reprieve, at least for now.

しかしノイズと重要事項を分別しましょう。
これは「リーマン・モーメント」ではありません。
英ポンドの下落も一部の人が恐れていたほどではありませんでした。
少なくとも今のところは、奇跡的な一時的救済を得たと言っても良いくらいでしょう。

The pound has fallen by 6pc to €1.23 against the euro, slightly below where it was in April. This is a far cry from warnings of parity, never credible since the eurozone itself faces an existential risk if Brexit is bungled.

英ポンドはユーロに対して6%下落して、4月の水準を若干下回る1.23ユーロとなりました。
これは同価値になるなどというワーニングからは程遠い水準であり、ブレギジットが失敗すればユーロ圏そのものが存亡の危機に追い散るのですから、とても想定出来ません。

The slide against the US dollar has been steeper, but at $1.37 'cable' is only down 4pc from its trading range over the last four months. The apparent violence of the drop was amplified by the upward spike hours earlier.

米ドルに対しても大きく下げていますが、1.37ドル(電信)ということは過去4ヶ月間のレンジを4%下回ったに過ぎません。
下落の明白な激しさは、数時間前の急上昇によって増幅されたのです。



The FTSE 100 is down just 3.15pc, cushioned of course by the effects of devaluation on repatriated earnings. The broader FTSE 250 index has fallen 7pc. There are horror stories: house-builders Persimmon and Taylor Wimpey have crashed by more than 25pc; Barclays is off 17.7pc.

FTSE100は、海外利益に対するデバリュエーションの効果が当然緩衝剤となり、3.15%下落したに留まりました。
より多くの銘柄を対象とするFTSE250は7%下落しました。
恐ろしい話もあり、住宅建設会社のパーシモン社とテイラー・ウィンピー社は25%以上、バークレイズ銀行は17.7%も値下がりました。

It is unpleasant but it is not a systemic financial crisis, and it is not global. The S&P 500 index of Wall Street stocks opened down 2.6pc, a bad day but not a drama. The warnings of inter-galactic destruction already look like a campaign hoax.

不愉快ではありますがシステミックな金融危機ではなく、グローバルな金融危機でもありません。
S&P500は前日比-2.6%で取り引きを開始するという、悪い日ではありましたが劇的ではありませんでした。
世界の終わりワーニングは既に選挙運動中のデマらしくなっています。

The yield on 10-year Gilts has dropped almost 29 basis points to an historic low of 1.08pc, the result of flight to safety, recession fears, and hopes of more quantitative easing. These collapsing borrowing costs expose the fallacy behind George Osborne's 'punishment Budget'.

英国債10年物の金利は29BP近く下落して、史上最低の1.08%に達しましたが、これは安全への逃避、不況への不安、そして追加QEへの期待の結果です。
このような急落する借入金利は、ジョージ・オズボーン英財務相の「懲罰的予算」の背景にある大嘘をばらしています。

There was never any chance that Parliament would enacted his demented plan to crash the economy with a violent fiscal squeeze when macro-economic logic called for the exact opposite. His credibility is shattered. He must go immediately.

マクロ経済の理論がその真逆を求めている時に、暴力的な財政引き締めによって経済を潰そうとする同大臣のキチガイ計画を、議会が実行する確率は全くありませんでした。
彼の信頼性は木端微塵です。
直ぐに辞任しなければいけません。

The proper policy is to take advantage of these rates for a 'growth Budget', a fiscal investment stimulus of 2pc of GDP to carry Britain through the next two years of pain. We need trade experts. Recruit them.

まともな政策は、このような金利を「成長予算」のために、つまり英国が今後2年間、痛みを乗り越えるための、GDPの2%に相当する財政出動に利用するというものです。

Dangers certainly abound. Italian bank shares have crashed – Intesa Sanpaolo and Unicredit are down more than 22pc – and this may matter more than the parallel dive in UK bank stocks. Events of recent months have shown how hard it is for the Italian state to shore up its banking system under the constraints of EMU. It is no surprise that the bourses in Milan and Madrid have both dropped by around 11pc.

確かに、危険は山積みです。
イタリアの銀行株は暴落しましたし(インテーザ・サンパオロとユニクレジットは共に22%以上暴落)、これは英国の銀行株が並行して下落したよりも問題かもしれません。
この数ヶ月間の事態は、イタリア政府がユーロの制約の下で自国の銀行システムを補強することがどれほど困難かを見せつけています。
ミラノとマドリッドの市場が11%ほど下落したのも驚きではありません。

Yet the same voices of authority that so frightened us before the vote are now bathing us with words of soothing calm. Everything will be alright after all, said the Bank of England's Mark Carney. British banks are stress-tested for Armageddon.

しかし、投票前に僕らをあれほど震え上がらせた権威の声は、今や慰めの言葉をかけています。
何もかも結局なんとかなる、とマーク・カーニー英中銀総裁は言います。
英国の銀行はハルマゲドンのストレス・テストを受けています。

Capital buffers are ten times higher than before the Lehman crisis. Banks have raised £130bn of equity, and are sitting on £600bn of high-grade liquid assets. Mr Carney is ready with £250bn of liquidity, and foreign currency on demand. The ECB, the Fed, and the central banking fraternity are joining forces to douse the fire, as we all knew they would have to do.

資本バッファーはリーマン危機前比10倍です。
銀行は1,300億ポンドもの資本を調達し、6,000億ポンドものハイグレード流動資産を抱えています。
カーニー総裁は2,500億ポンドの流動性を用意しており、要求に応じて外貨も準備してあります。
ECB、FRBなど中銀の仲間達は、彼らはそうしなければならないと誰もが知っている通り、火を消すために結束しています。

The pro-Remain group TheCityUK already has a plan to limit the damage, insisting that the City can prosper outside the EU, provided the post-Brexit government launches a bonfire of red-tape, keeps the door open to foreign talent, and takes the lead in the G20, the IMF, the global Financial Stability Board and the Basel Committee.

EU残留派グループ、TheCityUKには既にダメージ制限プランがあり、ブレギジット後の政府が規制を緩和して海外からの人材に門戸を開き続けてG20、IMF、国際金融安定性委員会、バーゼル委員会でリードをとる限り、シティはEUの外でも繁栄出来ると強く主張しています。

They want unfettered access to the EU single market and passporting rights for the City, and this means either pushing for the Norway option of the European Economic Area (EEA), or a hybrid variant.

彼らはEU単一市場へのスムーズなアクセスとシティのパスポート権を求めていますが、これはEEAのノルウェー式かハイブリッド式のいずれかを押し進めることを意味しています。

This safe-exit is a compromise, and an olive-branch to the EU since we would continue paying into the EU budget and accepting the EU Acquis. It would last until we have negotiated our bilateral trade deals with the rest of the world. It also means accepting the free flow of EU migrants for a while. This is incendiary, of course.

僕らはEU予算を払い続けEU法も認め続けるのですから、この安全な出口は妥協であり、EUへの和解です。
これは僕らが世界各国との二ヶ国貿易協定を交渉し終わるまで続くでしょう。
また、EU移民の自由な流入を受け容れることも意味しています。
これは勿論、感情を刺激することでしょう。



If Parliament imposes such an option, the UKIP base will erupt in fury. But UKIP has only one seat in Westminster and cannot dictate the outcome. Nor is it beyond the wit of man to come up with a formula to manage the scale of migration into the EEA. If EU leaders have any sense they will seek to find a way out of this imbroglio.

議会がそのようなオプションを実施すれば、UKIPは激怒するでしょう。
しかしUKIPは一人しか議員がいませんから、結果を左右することは出来ません。
また、EEAへの移転の規模をなんとかする方法を思いつけないこともありません。
EU首脳陣に良識があれば、この難局からの脱出を模索することでしょう。

Precisely because the political mood is so tense, my preference is for a national unity government of all parties, especially the Scots and the Ulster Catholics, to come up with a negotiating plan. Since David Cameron has honourably offered to stay on as a care-taker, he should lead this emergency administration.

政治ムードがこれほど緊張しているからこそ、僕は交渉プランを考えるために、特にスコットランドとアルスター・カトリックを含む全政党による統一政府が望ましいと思います。
立派にも、デイヴィッド・キャメロン英首相は世話役として残ることを申し出たのですから、彼が非常事態政府を率いるべきです。

Some in Europe accuse the British people of strategic nihilism, of setting in motion the disintegration of the EU. It is true that French, Dutch, Italian, and Swedish eurosceptics are now agitating even more loudly for their own referenda, but voters are rising up across the EU in defence of national self-government and cultural 'terroir' for parallel reasons.

ヨーロッパの一部は戦略的無政府主義や、EUの崩壊プロセスを稼働させたとして、英国人を非難しています。
フランス、オランダ、イタリア、スウェーデンのアンチEUが、自国の国民投票を今まで以上に騒ぎ立てるようになったのは確かですが、EU全土の有権者も同等の理由により、国家の自治政府と文化的「土壌」を護るべく蜂起しつつあります。

Brexit is not the cause and this is not contagion. The latest PEW survey shows that anger with Brussels is just as great in most of Northwest Europe as it is Britain, and in France it is higher at 61pc.

ブレギジットはその原因ではなく、これは悪影響ではありません。
直近のPEW研究所世論調査によると、欧州委員会に対する怒りはヨーロッパ北西部の大半において英国と同じ位に強く、フランスではそれを上回る61%だそうです。

This referendum was never a fight between Britain and Europe, as so widely depicted. It was the first episode of a pan-Europe uprising against the Caesaropapism of the EU Project and its technocrat priesthood. It will not be the last.

この国民投票は、広く考えられているような英国とヨーロッパの闘いでは決してありませんでした。
EUプロジェクトの皇帝教皇主義およびそのテクノクラート坊主に対する全ヨーロッパ的蜂起における、最初の事件だったのです。
そして、最後の事件にはならないでしょう。






コメント

ブレギジット失敗なら英欧はMAD

2016-07-02 12:51:32 | Telegraph (UK)
UK and Europe face Mutual Assured Destruction if they botch Brexit
(ブレギジット失敗なら英欧はMAD)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 22 JUNE 2016 • 8:13PM
Whatever the result of Britain's referendum on the EU we can be sure of one thing: there will not be a global financial crisis the next day.

EUを巡る英国民投票の結果がどうであれ、僕らが確信出来ることが一つあります。
それは、翌日に世界的金融危機は起こらない、ということです。

Nothing dreadful will suddenly happen. The US Federal Reserve, the European Central Bank, the Bank of Japan, and the Olympian fraternity of money printers will stand with the Bank of England, ready to flood the international system with liquidity.

恐ろしいことが突然起こることはないでしょう。
FRB、ECB、日銀、そして中銀クラブは、国際金融システムに流動性をいつでも注入出来るよう、イングランド銀行と結束するでしょう。

The central banks have had months to prepare, and they have prepared. Currency swap facilities are in place to cover the dollar funding needs of UK-based banks, and many of these are well-insulated branches of American, European, Asian, and Mid-East banks in any case.

中銀には数ヶ月に亘る準備期間がありましたし、実際に準備をしました。
英国内の銀行が必要とする米ドルを供給すべく、通貨スワップ・ファシリティも準備済みですし、いずれにせよ、このような銀行の多くは米国、ヨーロッパ、アジア、中東の銀行のしっかりと保護された支店です。

The circumstances are nothing like the collapse of Lehman Brothers in September 2008, a Black Swan event that caught the world off guard and metastasized only because the US authorities unwisely choose to make an example of the hapless bank and let the debacle occur. Nobody will fret piously about moral hazard this time.

状況は、2008年9月のリーマン・ブラザーズ破綻の時とは全く違います。
あれは米当局が愚かにも不運な銀行を見せしめにして危機発生を許してしまったがために、世界を不意討ちして転移しまくったブラック・スワンでした。

Central banks have learned the lessons of Lehman and of Europe's debt crisis: that events can spin out of control if they fail to an act as a lender-of-last resort in moments of extreme stress.

中銀はリーマン危機とヨーロッパ債務危機から、極度のストレスが発生している時に最後の貸し手として行動し損ねれば事態は制御不能になり得る、という教訓を学びました。

Yes, we must heed the warnings of experts, so long as they are acting in their expert capacity, and this is where the British government and its allies in the global nomenklatura have badly muddied the waters. The Treasury's claims of a 3.6pc to 6pc crash in output are patent propaganda - intended to frighten people - since they start from the political premise that Britain's authorities will entirely abdicate their fiscal and monetary responsibilities.

そうです。
僕らは、彼らが自分達の専門家としての能力内で行動している限り、専門家のワーニングに従わなければならず、これこそ英政府や世界のノーメンクラトゥーラが酷く混乱させた部分です。
英当局は自国の財政および金融の責任を完全に放棄するという政治的仮定からスタートしているのですから、英財務省の生産は3.6-6%減少するという主張は(人々を怖がらせるための)明白なプロパガンダです。

More worthwhile are comments from George Soros, the speculator turned philanthropist, and a man I admire for his humanitarian campaigns, as well as for his heroic role in liberating Britain from Europe's Exchange Rate Mechanism in 1992.

投機家から慈善家に転身されたジョージ・ソロス氏のコメントの方がもっと価値があります。
僕がその人道的活動や1992年の英国のERMからの解放における英雄的役割を敬愛する人物です。

Mr Soros tells us that Brexit will not be as benign as 1992 when the Bank of England was able to slash interest rates, end recession, and head off a collapse of the housing market. This time we will suffer all the pain of devaluation - 15pc, or 20pc, or more - without the cuts in rates. And we have enemies.

ソロス氏は僕らにこう語っています。
ブレギジットは、イングランド銀行が利下げを行い、不況を終わらせ、住宅市場崩壊を阻止出来た1992年ほど性質の良いものではないだろうと。
今回は利下げなしでの(15%か20%かそれ以上の)デバリュエーションの痛みを全て味わうことになる。
また敵もいる、と。

"Today, there are speculative forces in the markets that are much bigger and more powerful. They will be eager to exploit any miscalculations by the British government or British voters," he said.

「今、マーケットには遥かに巨大で遥かに強力な投機筋が存在する。彼らは英政府または英国の有権者によるあらゆる誤算を利用したがるだろう」

This cannot pass. We are not in recession, and we do not need rate cuts. If sterling really fell by 20pc, it would be painful for eurozone exporters but a net economic stimulus for Britain in strict macro-economic terms.

これはあり得ません。
僕らは不況に陥っているわけでもなければ、利下げも必要ありません。
英ポンドが本当に20%も下落すれば、ユーロ圏の輸出国にとっては痛いでしょうが、厳密なマクロ経済的な観点からすれば英国にとっては刺激になります。

I would rather that we did not have to vote on Brexit at a time when Britain's current account deficit is 7pc of GDP and we are so reliant on inflows of foreign capital to fund consumption. But the imbalance is prima facie evidence that the pound is too strong.

GDPの7%も経常収支があり消費を賄うために海外資本の流入にこれほど依存している時に、EU国民投票などやらなくても良い方が良かったと思います。
しかしこの不均衡は英ポンドが高過ぎるという一応の証拠なのです。

Devaluation is a crude cure - though no panacea - and a weak exchange rate holds no fear in a world in where everybody is trying to drive down their currency to stave off deflation.

デバリュエーションは(万能薬ではありませんが)基本の治療法ですし、誰も彼もがデフレ回避のために自国通貨を押し下げようと頑張っている世界においては、通貨安など恐れるに足りません。

Whatever Mr Soros really thinks, he is not speaking as an expert. He is speaking as a passionate advocate of European unity, understandable given his war-time trauma as a Jewish boy in the Budapest ghetto.

ソロス氏が本当はどう思っているかに関係なく、彼はエキスパートとして話しているのではありません。
ブダペストのゲットーでユダヤ人少年として過ごした戦時中のトラウマを考えれば当然ですが、彼はヨーロッパの統一を熱烈に擁護する者として話しているのです。

I do not wish to belittle the contagion risks in Europe. Officials in Brussels fear that Brexit could set off a financial run in the eurozone periphery, lifting the lid on Portugal's multiple woes or crystallizing the non-performing loan crisis in Italy's banks.

ヨーロッパにおける悪影響リスクを甘く見ようとは思いません。
欧州委員会の当局者は、ブレギジットがユーロ周辺で取り付け騒ぎを引き起こして、ポルトガルの様々な苦境の蓋を開けたり、イタリアの銀行の不良債権危機を明らかにしてしまうことを危惧しています。

Every time a new poll flatters the Leave side, we see hints of stress. Bond spreads spike in Club Med and Eastern Europe, and Euro STOXX index of bank equities plummets, turbo-charged with extra leverage.

ブレギジット優勢という世論調査結果が出る度に、ストレスの影が見えます。
地中海クラブと東欧の債券金利スプレッドは急上昇し、銀行銘柄のユーロ・ストックス指数は追加レバレッジのせいもあり激しく急落しました。



But right now the ECB is purchasing €80bn of eurozone debt each month, and is running out of bonds to buy. As of today, Ireland can borrow for ten years at 0.78pc, Italy at 1.35pc, Spain at 1.49pc, and Portugal at 3.13pc. The bond market is shielded from attack.

しかし今現在、ECBは毎月800億ユーロのユーロ加盟国の債券を買い付けており、買えるものもなくなりつつあります。
今日の時点における10年債の金利は、アイルランドが0.78%、イタリアが1.35%、スペインが1.49%、ポルトガルが3.13%です。
債券市場は攻撃から護られています。

There may well be a slow 'political' contagion if the EU project is shown to be reversible, though the rise of the eurosceptic Right in France is an infinitely greater threat to EMU integrity, and that has little to do with events in Britain.

EUプロジェクトが可逆的だと示されれば、緩やかな「政治的」影響拡大もあるかもしれませんが、アンチEUなフランス右派の台頭の方がユーロの統一にとっては限りなく大きな脅威であり、それは英国での出来事とは殆ど無関係です。

The real danger for the eurozone is a global downturn before the region escapes its debt-deflation trap, for that would expose the festering pathologies of monetary union. It is doubtful whether the ruling order in France, Italy, or Spain could withstand another surge in unemployment.

ユーロ圏にとっての真の危険は、通貨同盟の悪化を続ける病巣が明らかにされてしまうので、同地域が債務デフレ・トラップから脱出する前に世界的な景気後退が起こることです。
フランス、イタリア、またはスペインの秩序が失業者急増の再発に耐えられるかどうか、怪しいものです。

Precisely for these reasons it would be grievous self-harm for the EU to provoke a deep recession in the UK by trying to 'punish' Britain. The fall-out would engulf them too. Let us call it MAD - Mutual Assured Destruction - in fond memory of deterrence in the Cold War.

正にこれらの理由から、英国に「お灸を据えよう」としてここに深刻な不況を引き起こすことは、EUにとって重大な自傷行為となります。
その影響はEUを飲み込むでしょう。
冷戦時代の抑止を懐かしく思い出しつつ、これをMAD(相互確証破壊)と呼びましょう。

For Britain, the dangers of Brexit are not immediate. They are hazily distant and they have been well-rehearsed in this campaign. If a post-Brexit government fails to offer a credible trade and finance policy, Britain could lose its global footing and slide into decline, like the Dutch in the 18th Century.

英国にとって、ブレギジットの危険は差し迫ったものではありません。
遠くにぼんやりと見えるものであり、それは今回の選挙運動中にしっかりリハーサルされています。
ブレギジット後の政府が信頼のおける貿易と金融の政策を提示出来なければ、英国は18世紀のオランダのように国際的立場を失い没落するかもしれません。

My preference is the European Economic Area, the Norwegian option, a temporary way-station to retain unfettered access to the EU market and 'passporting' rights for the City. It is a withdrawal in safe stages, with all the compromises that this entails.

僕はEEA(ノルウェー式)が良いと思います。
EU市場へのアクセスとシティの「パスポート」権を保持するための暫定措置です。
それから生じる全ての妥協を伴った、安全な段階的撤収です。

Remainers warn that the EU might block this. Some even claim that it would have to crush a post-Brexit Britain as a demonstration to prevent others breaking loose. There would be no kid gloves for "deserters" in the telling words of Jean-Claude Juncker, the Commission chief.

EU残留派はEUはこれを邪魔するかもしれないとワーニングしています。
他国の離脱を防ぐための見せしめにブレギジット後の英国は潰さなければいけない、とまで主張する人もいます。
ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長曰く、「脱走兵」に手緩いことはしないとのこと。

But to argue such a case is to imply that the EU can be held together only by coercion, like the British, French, Spanish, and Russian empires in their day. It is to suggest that the EU is a prison, and if that were the case the project could not possibly have any future.

しかし、そのような主張をするのは、かつての英国、フランス、スペイン、ロシアなどの帝国のように、EUは強制によってのみ団結可能だと言っているようなものです。
EUは監獄だと言っているようなものであって、だとすれば、このプロジェクトに未来などあり得ません。



We are told too, with the gun of moral blackmail held to our temples, that Europe's strategic order will unravel if we pick at the EU thread, but this an evasion. The EU is unraveling already because the status quo is intolerable and a failed currency project is sapping its credibility. It is far from self-evident that this supranational venture should be saved in anything like its existing form.

また、道徳的ブラックメールの銃を僕らのこめかみに突き付けて、僕らがEUの糸を引っ張ればヨーロッパの戦略的秩序はバラバラになる、とも言われていますが、こんなものは言い逃れです。
EUはもうバラバラになりつつありますが、これは現状維持が耐え難いからであり、また、失敗した通貨プロジェクトが信頼性を蝕んでいるからです。
この超国家事業が今のような形で救済されなければならないなど、わかり切ったこととは到底言えません。

There are certainly grave threats to the world economy, but none have anything to do with Brexit. China's latest mini-boom is already topping, and nobody knows whether the Communist Party has reached the limits of its $28 trillion experiment with credit.

世界経済には確かに深刻な脅威が存在しますが、そのいずれもブレギジットとは無縁です。
中国の直近のミニ・ブームは既にピークを過ぎましたし、中国共産党が28兆ドルの信用実験の限界に達したかどうか、誰も知りません。

We are seven years into this global cycle and signs of ageing are too obvious to ignore, not least the collapse in US bond yields to depression levels. "More Economic Signs Point to a US Recession", warned a front-page headline across the Wall Street Journal this week. The labour market has buckled. Car sales have slipped. Business investment and profits are both falling.

今回の世界的な景気サイクルは7年目に突入していますが、米国債金利が恐慌レベルまで落ち込んだこともあり、陰りは無視出来ないほど明らかです。
WSJ紙は今週、『更なる経済指標が米国の不況を暗示』という見出しを一面においてワーニングしました。
労働市場も崩れました。
自動車販売も減少しました。
企業の投資と利益は減りつつあります。

This may be a false alarm but what is slightly chilling is the sudden ideological pivot by the St Louis Fed, which has come close to suggesting that the US authorities may not be able to restore the economy to equilibrium. We face a daunting world where central banks have used up their ammunition, and there is no political consent anywhere for a fiscal New Deal or the nuclear option of helicopter money.

これは嘘の警報かもしれませんが、若干背筋が寒くなるのは、セントルイス連銀が突然信条を変えたことで、米当局は経済の均衡を取り戻せないかもしれないとまで言いかけました。
僕らは、中銀が刀折れ矢尽き、財政ニューディールやヘリコプター・マネーという究極のオプションへの政治的合意も一切ない、恐ろしい世界に直面しています。

But whether we vote Leave or Remain will not change any of this. All we can do when the next global recession hits is to fall back on Britain's tested institutions and our own elected Parliament to protect us. The EU certainly can't.

とはいえ、僕らがブレギジットまたはEU残留に票を投じることで、これが変わるわけではありません。
次の世界的不況が襲ってきた時に僕らに出来ることは、英国の試練を経た制度と僕らが選挙で選んだ議会が護ってくれるのを当てにすることです。






コメント