今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イェレン議長が金融危機終結を宣伝…縁起悪し

2017-10-29 08:42:47 | Telegraph (UK)
Janet Yellen courts fate by trumpeting end to financial crises
(イェレン議長が金融危機終結を宣伝…縁起悪し)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 28 JUNE 2017 • 8:00PM
The US Federal Reserve has progressed from complacency to delusion. Janet Yellen's fond belief that there will never again be a financial crisis in "our lifetimes" takes the biscuit.

FRBが自己満足を誇大妄想まで進化させました。
ジャネット・イェレンFRB議長が大好きな、「あたしたちが生きてる間に」金融危機が再発するなんてぜったいぜったいあり得ない!という信仰は全くもってお見事です。

While the Fed chief offered up her wicked hostage to fortune in London, the Institute of International Finance in Washington released figures showing that global debt has reached $217 trillion (£168 trillion).

FRB議長がロンドンで縁起でもないことを言い放ってくれた頃、国際金融協会はワシントンで世界の総債務残高が217兆ドルに足したと発表しました。

This is 327pc of world GDP. It is up from 276pc in 2007 – shortly before the western financial system collapsed – and up from 246pc fifteen years ago.

これは世界のGDPの327%に相当します。
2007年(西側の金融システムが崩壊した直ぐ後)の276%、15年前の246%よりも増えています。

Claudio Borio from the Bank for International Settlements (BIS) – the high priest of monetary orthodoxy – said nobody knows how long this can go on or what it will look like when the denouement arrives, but arrive it will.

BIS(金融正教の大祭司)のクローディオ・ボリオ氏は、これがいつまで続くのか、また、終末が到来した時にはどうなるのかなど誰にもわからないが、いずれ終わると言っています。

"Financial booms can't go on indefinitely. They can fall under their own weight, " he told The Telegraph earlier.

「金融ブームが永遠に続くなんてあり得ないから。自重で潰れるもんだ」と以前小紙に語りました。

Ms Yellen may be correct in claiming that the big US banks are in rude good health. It is courting fate to extrapolate from this that the system as a whole is "much safer and much sounder".

米国の大手銀行が絶好調だというイェレン議長の主張は正しいのかもしれません。
これからシステム全体が「遥かに安全で遥かに堅実」になったなどと推測するのは縁起の悪いことです。

Those at the coal face fret over whether central counterparties (CCPs) clearing trillions in derivative contracts will withstand a full storm. Ill-judged regulations have frozen out market-makers and led to a frightening lack of liquidity. Margin debt on Wall Street is at record levels.

第一線にいる人々は、数兆ドルものデリバティブ契約を決済する清算機関が本格的な嵐にも耐えられるかどうか不安を感じています。
無思慮な規制はマーケット・メーカーを締め出し、恐ろしい流動性不足をもたらします。
ウォール街の証拠金負債は記録的レベルに上っています。

Credit is so distorted that serial-defaulter Argentina has just launched a 100-year bond amid voracious demand. "There is leverage all over the place and system is as lethal as ever. We haven't seen this much complacency since 1987," said Marc Ostwald, a credit expert at ADM.

信用はデフォルト常習犯のアルゼンチンが貪欲な需要の真っ只中で100年債を発行するほど歪みまくっています。
「どこもここもレバレッジだらけで、システムはこれまで以上に激ヤバ。こんな無頓着っぷりは1987年以来見たことないね」とADMのクレジット・エキスパート、マルク・オストヴァルト氏は言いました。

The Bank of England's Andy Haldane warned in his "Halfway up the stairs" speech in 2014 that danger has merely migrated from banks to mutual funds, insurance companies, and pension funds. Investors are crowded into trades with narrow exits.

イングランド銀行のアンディ・ハルデーン氏は2014年に行った『Halfway up the stairs』スピーチの中で、危険は銀行から信託銀行、生命保険、年金基金に移動したに過ぎないと警告しました。
投資家は狭い出口を争っています。

"Risk, like energy, tends to be conserved not dissipated, to change its composition but not its quantum," he said.

「リスクってのは、エネルギーみたいに、放出されずに保存されるものだし、構成は変わっても質量は変わんないものなんだね」とのこと。

What is disturbing is how much of the world has been drawn into a debt trap. The West is still reeling from the Lehman aftermath. Public debt ratios have jumped by 32 percentage points in France, 41pp in the US, 49pp in the UK, 55pp in Japan, and 60pp in Spain.

不穏なのは、世界のどれだけが債務トラップに引きずり込まれているかということです。
西側は今もリーマン・ショックの後遺症を引きずっています。
政府債務比率はフランスで+32%、米国で+41%、英国で+49%、日本で+55%、スペインで+60%も跳ね上がりました。

China and large parts of the emerging market nexus have at the same time levered up with gusto. They are adding $1 trillion of net debt every four months.

中国や新興国の大半は同時に全力でレバレッジを増やしました。
純負債を4ヶ月毎に1兆ドルずつ増やしています。

In 2008, China was able to cushion the Lehman shock with immense fiscal and monetary stimulus. This shielded East Asia and commodity exporters from lasting recession.

2008年、中国は超大規模な財政金融刺激でリーマン・ショックを凌げました。
これは東アジアや資源輸出国を長期不況から護りました。

This time the country itself is the epicentre of risk. It has added more debt in six years than the outstanding balance sheets of the US and Japanese commercial banking systems put together.

今回は同国そのものがリスクの震源地です。
6年間で米国と日本の商業銀行システムの債務残高を合計した以上の負債を積み上げました。

The BIS warned in its 77th Annual Report this week that its key gauge of trouble – the credit-to-GDP gap – is flashing red alarms for both China and Hong Kong (as well as Canada and Thailand), and amber alarms for much of emerging Asia. The indicator has been a reliable predictor of banking crises over the following three years, with few 'false positives'.

BISは今週出した年次報告書の中で、トラブルの主要指標(GDPに対する総与信のギャップ)が中国と香港(カナダとタイも)で赤信号、アジアの新興国の大半で黄信号だと警告しました。
同指標は今後3年間に銀行危機が起こるかどうかの信頼出来る警報装置で、「偽陽性」は殆ど出ません。

The global cycle is long in the tooth but it may not finish with an old-style flare-up of inflation. "The end may come to resemble more closely a financial boom gone wrong, just as the latest recession showed. Leading indicators of stress point to financial booms that in a number of countries look quantitatively similar to those that preceded the global financial crisis," said Mr Borio.

今の世界の景気循環は長過ぎるものの、昔ながらのインフレ大爆発で終わらないかもしれません。
「どっちかっていうとバブルが弾けた時みたいな終わり方になるかもね。ほら、この間の不況みたいな感じ。ストレスの先行指標だってバブルだって示してるし、沢山の国が量的に言って世界金融危機の前みたいだし」とボリオ氏は言いました。

Interest rates near zero and quantitative easing have kept the lid on record debt leverage so far. Central banks have bought $26 trillion of bonds and other assets.

これまでは、ゼロ金利とQEが史上最高の債務の山に蓋をしてきました。
中銀は債券その他諸々を26兆ドル分も買い込んでいます。

The Swiss National Bank – now an equity fund – has bought over $100bn of US and European stocks in its battle to hold down the franc. The SNB owns 26m shares of Microsoft, 31m shares of General Electric, and 16m shares of Coca Cola and Exxon.

スイス中銀(今ではエクイティ・ファンドです)はスイス・フラン防衛戦で米国とヨーロッパの株式を1,000億ドル以上も買いました。
マイクロソフトを2,600万株、GEを3,100万株、コカコーラとエクソンを1,600万株も保有しています。

The Bank of Japan's 'Banzai charge' continues. It now owns two thirds of the Japanese market for exchange traded funds. This leaves it with half the free float of Fast Retailing's stock.

日銀の「バンザイ突撃」も続いています。
今では日本のETF市場の3分の2を保有しています。
ファストリテイリングの浮動株の半分を保有しているわけです。

So what happens when the central banks tighten in earnest? The Fed is already underway with three rate rises since December and with plans to start unwinding its $4.4 trillion balance sheet this autumn. The European Central Bank and the Bank of England are signalling a shift.

というわけで、中銀が本気で引き締めにかかったらどうなるのでしょう?
FRBは既に12月以来、3度利上げを行っており、今秋には4.4兆ドルのバランスシートを減らし始める計画です。
ECBとイングランド銀行は政策シフトのサインを出しています。

Ms Yellen may pretend that the Fed can calibrate this delicate extraction but this is a white lie, a necessary bluff. "They have no idea how to unwind it," says Professor Danny Blanchflower, a former UK ratesetter.

イェレン議長は、FRBはこのデリケートな出口戦略を成功出来るようなふりをしていますが、これは善意のウソ、必要なはったりです。
イングランド銀行金融政策委員会の元メンバー、ダニー・ブランチフラワー教授は「連中はどうやって解消するかなんて全くわかってないから」と言います。

Fed officials admit privately that QE was a foray into terra incognita. Undoing it is fraught with hazard. Ben Bernanke, the architect himself, advises his old colleagues to leave the $4.4 trillion portfolio well alone. It is too risky to slash the balance sheet before the Fed has built a safety buffer by lifting interest rates a long way off the zero-floor.

FRB当局者は密かに、QEは未知の領域への進出だったと認めています。
その解消には危険が一杯です。
設計した張本人のベン・バーナンキ元FRB議長は元同僚達に、4.4兆ドルのポートフォリオに触るなと助言しています。
FRBがゼロから遠い水準まで金利を引き上げて安全バッファーを築く前にバランスシートに大鉈を振るうのは超危険です。

Nor does anybody know what will happen to $10.5 trillion of offshore debt as US borrowing costs ratchet up. The BIS said the dollar funding markets will be a "key pressure point" when stress heats up, but not the only one.

また、10.5兆ドルの米ドル建て債務の借入コストが急上昇したらどうなるか、についても誰もわかりません。
BISは米ドルの資金調達市場はストレスが悪化した場合に「重要な弱点」になるだろうとしていますが、ここだけではありません。

"Policy normalisation presents unprecedented challenges. It could trigger or amplify a financial bust in the more vulnerable countries," it said.

「政策の正常化で前代未聞の課題に直面することになる。より脆弱な国々で金融破綻を引き起こしたり増幅させたりする可能性がある」そうです。

The world economy has never been more sensitive to interest rate rises. It has become harder to exit.

世界経済が利上げにこれほど敏感になったことはありません。
脱出を一層難しくしています。

I doubt Janet Yellen really believes that the Fed has abolished crises. She is certainly perpetuating the myth that the root cause of the Lehman debacle was wild behaviour by bankers and speculators. This version of events is an exculpatory half-truth at best. Private banks are conduits. Governments and central banks set policy.

僕は、ジャネット・イェレンFRB議長はFRBが危機をなくしたんだと本気で信じているんじゃないかと思っています。
議長は確かに、リーマン危機の根本原因は銀行家と投機家のやりたい放題だ、という神話を永続させています。
これはよく言っても半分しか本当じゃありません。
民間銀行は仲介人です。
政府と中銀が政策を決めているのです。

The counter critique is that the Fed badly misjudged the effects of globalisation. The influx of two billion people from China and Eastern Europe into the global economy in the early 1990s was an epochal supply-side shock, compounded by digital technology. It sent deflation pulses across borders, playing havoc with the inflation-targeting models used by central banks.

FRBこそグローバライゼーションの影響を思いっ切り読み損なったじゃないか、という反論があります。
1990年代の初めに中国と東欧から20億人も国際経済に流入したのは歴史的なサプライサイド・ショックだったし、それにデジタル技術が拍車をかけただろう、というものです。
あれでデフレ電波が国境を越えて飛びまくり、中銀が使っていたインフレ・ターゲット・モデルを滅茶苦茶にした、と。

The Fed and others failed to adapt. This was their original sin. They should have permitted gentle price deflation while it was still benign in a world of soaring productivity and lower debt ratios. They should have lent "against the wind", tightening money to choke off incipient asset bubbles.

FRBなどの中銀は適応に失敗したのです。
これは彼らの原罪です。
生産性がぐんぐん伸びて債務比率も低く、世界が未だ穏やかだった内に、緩やかな価格の下落を容認すべきだったのです。
資産バブルの芽を摘むために金融を引き締めて、「世論に逆らって」行動すべきだったのです。

Central banks were too wedded to the broken DGSE model (dynamic stochastic general equilibrium). They luxuriated in the Great Moderation. They slept through bubble after bubble thinking the coast clear because inflation was low.

中銀は壊れたDGSE(動学的確率的一般均衡)モデルと深く結び付いています。
彼らは大平穏期を満喫していました。
バブルの後もインフレが低いから無問題だと考えて惰眠をむさぼっていたのです。

Indeed they patted themselves on the back. They thought inflation was low because they themselves had been so marvellously successful in convincing markets that it would not rebound. The inflation was there all along. It went into asset prices instead.

そうです。
中銀は自画自賛しました。
インフレは低い、何故ならば中銀は、インフレがリバウンドすることはないということを市場に納得させるのに大成功したからだ、と考えていました。
そこにはいつもインフレがあったのです。
資産価格を代わりにインフレさせたのです。

Unbridled debt-creation pulled forward prosperity from the future. The corrosive effect of this 'intertemporal misalignment' is that real rates must fall ever lower at the trough of each cycle, until they are so deeply negative that they cannot fall any further. That is more or less where we are today. There is no road left.

野放図な債務創出は未来から豊かさを奪いました。
この「異時点間ミスアラインメント」の有害な影響は、景気循環の谷間で以前にも増して、これ以上下落しようがないほど大きくマイナスになるまで、実質金利を下落させるのです。
僕らの今の状況は大体そんな感じです。
もう先はありません。

The situation is now so precarious that some of us who were monetary hawks when it all began were later forced by circumstances to become doves, because the alternative for society is too awful to contemplate.

状況は今や、全ての事が始まった時に金融的にタカ派だった僕らの一部がその後、状況によって、さもなければ社会にとって耐え難いほど悲惨なことになるため、ハト派転向を余儀なくされるほど危ういのです。

So let us be clear. The Fed caused the dotcom bubble in the 1990s. It caused the pre-Lehman subprime bubble. Whatever Ms Yellen professes, it has already baked another crisis into the pie. The next downturn may be so intractable that it calls into question the political survival of capitalism. The Faustian pact is closing in.

ですから、はっきりさせましょう。
FRBは1990年代にドットコム・バブルを引き起こしました。
リーマン危機の前にサブプライム・バブルを引き起こしました。
イェレン議長がどう公言しようが、FRBは既に次の危機の種を蒔いてしまったのです。
次の景気後退は、資本主義の政治的生き残りを危うくするほど厄介なものになるかもしれません。
悪魔の契約を履行する日が迫っています。

"Policy normalisation presents unprecedented challenges. It could trigger or amplify a financial bust in the more vulnerable countries," it said.

「政策の正常化で前代未聞の課題に直面することになる。より脆弱な国々で金融破綻を引き起こしたり増幅させたりする可能性がある」そうです。

The world economy has never been more sensitive to interest rate rises. It has become harder to exit.

世界経済は前例がないほど利上げに敏感になりました。
脱出はこれまで以上に難しくなりました。

I doubt Janet Yellen really believes that the Fed has abolished crises. She is certainly perpetuating the myth that the root cause of the Lehman debacle was wild behaviour by bankers and speculators. This version of events is an exculpatory half-truth at best. Private banks are conduits. Governments and central banks set policy.

僕は、ジャネット・イェレンFRB議長はFRBが危機をなくしたんだと本気で信じているんじゃないかと思っています。
議長は確かに、リーマン危機の根本原因は銀行家と投機家のやりたい放題だ、という神話を永続させています。
これはよく言っても半分しか本当じゃありません。
民間銀行は仲介人です。
政府と中銀が政策を決めているのです。

The counter critique is that the Fed badly misjudged the effects of globalisation. The influx of two billion people from China and Eastern Europe into the global economy in the early 1990s was an epochal supply-side shock, compounded by digital technology. It sent deflation pulses across borders, playing havoc with the inflation-targeting models used by central banks.

FRBこそグローバライゼーションの影響を思いっ切り読み損なったじゃないか、という反論があります。
1990年代の初めに中国と東欧から20億人も国際経済に流入したのは歴史的なサプライサイド・ショックだったし、それにデジタル技術が拍車をかけただろう、というものです。
あれでデフレ電波が国境を越えて飛びまくり、中銀が使っていたインフレ・ターゲット・モデルを滅茶苦茶にした、と。

The Fed and others failed to adapt. This was their original sin. They should have permitted gentle price deflation while it was still benign in a world of soaring productivity and lower debt ratios. They should have lent "against the wind", tightening money to choke off incipient asset bubbles.

FRBなどの中銀は適応に失敗したのです。
これは彼らの原罪です。
生産性がぐんぐん伸びて債務比率も低く、世界が未だ穏やかだった内に、緩やかな価格の下落を容認すべきだったのです。
資産バブルの芽を摘むために金融を引き締めて、「世論に逆らって」行動すべきだったのです。

Central banks were too wedded to the broken DGSE model (dynamic stochastic general equilibrium). They luxuriated in the Great Moderation. They slept through bubble after bubble thinking the coast clear because inflation was low.

中銀は壊れたDGSE(動学的確率的一般均衡)モデルと深く結び付いています。
彼らは大平穏期を満喫していました。
バブルの後もインフレが低いから無問題だと考えて惰眠をむさぼっていたのです。

The BIS warned in its 77th Annual Report this week that its key gauge of trouble – the credit-to-GDP gap – is flashing red alarms for both China and Hong Kong (as well as Canada and Thailand), and amber alarms for much of emerging Asia. The indicator has been a reliable predictor of banking crises over the following three years, with few 'false positives'.

BISは今週出した年次報告書の中で、トラブルの主要指標(GDPに対する総与信のギャップ)が中国と香港(カナダとタイも)で赤信号、アジアの新興国の大半で黄信号だと警告しました。
同指標は今後3年間に銀行危機が起こるかどうかの信頼出来る警報装置で、「偽陽性」は殆ど出ません。

The global cycle is long in the tooth but it may not finish with an old-style flare-up of inflation. "The end may come to resemble more closely a financial boom gone wrong, just as the latest recession showed. Leading indicators of stress point to financial booms that in a number of countries look quantitatively similar to those that preceded the global financial crisis," said Mr Borio.

今の世界の景気循環は長過ぎるものの、昔ながらのインフレ大爆発で終わらないかもしれません。
「どっちかっていうとバブルが弾けた時みたいな終わり方になるかもね。ほら、この間の不況みたいな感じ。ストレスの先行指標だってバブルだって示してるし、沢山の国が量的に言って世界金融危機の前みたいだし」とボリオ氏は言いました。

Interest rates near zero and quantitative easing have kept the lid on record debt leverage so far. Central banks have bought $26 trillion of bonds and other assets.

これまでは、ゼロ金利とQEが史上最高の債務の山に蓋をしてきました。
中銀は債券その他諸々を26兆ドル分も買い込んでいます。

The Swiss National Bank – now an equity fund – has bought over $100bn of US and European stocks in its battle to hold down the franc. The SNB owns 26m shares of Microsoft, 31m shares of General Electric, and 16m shares of Coca Cola and Exxon.

スイス中銀(今ではエクイティ・ファンドです)はスイス・フラン防衛戦で米国とヨーロッパの株式を1,000億ドル以上も買いました。
マイクロソフトを2,600万株、GEを3,100万株、コカコーラとエクソンを1,600万株も保有しています。

The Bank of Japan's 'Banzai charge' continues. It now owns two thirds of the Japanese market for exchange traded funds. This leaves it with half the free float of Fast Retailing's stock.

日銀の「バンザイ突撃」も続いています。
今では日本のETF市場の3分の2を保有しています。
ファストリテイリングの浮動株の半分を保有しているわけです。

So what happens when the central banks tighten in earnest? The Fed is already underway with three rate rises since December and with plans to start unwinding its $4.4 trillion balance sheet this autumn. The European Central Bank and the Bank of England are signalling a shift.

というわけで、中銀が本気で引き締めにかかったらどうなるのでしょう?
FRBは既に12月以来、3度利上げを行っており、今秋には4.4兆ドルのバランスシートを減らし始める計画です。
ECBとイングランド銀行は政策シフトのサインを出しています。

Ms Yellen may pretend that the Fed can calibrate this delicate extraction but this is a white lie, a necessary bluff. "They have no idea how to unwind it," says Professor Danny Blanchflower, a former UK ratesetter.

イェレン議長は、FRBはこのデリケートな出口戦略を成功出来るようなふりをしていますが、これは善意のウソ、必要なはったりです。
イングランド銀行金融政策委員会の元メンバー、ダニー・ブランチフラワー教授は「連中はどうやって解消するかなんて全くわかってないから」と言います。

Fed officials admit privately that QE was a foray into terra incognita. Undoing it is fraught with hazard. Ben Bernanke, the architect himself, advises his old colleagues to leave the $4.4 trillion portfolio well alone. It is too risky to slash the balance sheet before the Fed has built a safety buffer by lifting interest rates a long way off the zero-floor.

FRB当局者は密かに、QEは未知の領域への進出だったと認めています。
その解消には危険が一杯です。
設計した張本人のベン・バーナンキ元FRB議長は元同僚達に、4.4兆ドルのポートフォリオに触るなと助言しています。
FRBがゼロから遠い水準まで金利を引き上げて安全バッファーを築く前にバランスシートに大鉈を振るうのは超危険です。

Credit is so distorted that serial-defaulter Argentina has just launched a 100-year bond amid voracious demand. "There is leverage all over the place and system is as lethal as ever. We haven't seen this much complacency since 1987," said Marc Ostwald, a credit expert at ADM.

信用はデフォルト常習犯のアルゼンチンが貪欲な需要の真っ只中で100年債を発行するほど歪みまくっています。
「どこもここもレバレッジだらけで、システムはこれまで以上に激ヤバ。こんな無頓着っぷりは1987年以来見たことないね」とADMのクレジット・エキスパート、マルク・オストヴァルト氏は言いました。

The Bank of England's Andy Haldane warned in his "Halfway up the stairs" speech in 2014 that danger has merely migrated from banks to mutual funds, insurance companies, and pension funds. Investors are crowded into trades with narrow exits.

イングランド銀行のアンディ・ハルデーン氏は2014年に行った『Halfway up the stairs』スピーチの中で、危険は銀行から信託銀行、生命保険、年金基金に移動したに過ぎないと警告しました。
投資家は狭い出口を争っています。

"Risk, like energy, tends to be conserved not dissipated, to change its composition but not its quantum," he said.

「リスクってのは、エネルギーみたいに、放出されずに保存されるものだし、構成は変わっても質量は変わんないものなんだね」とのこと。

What is disturbing is how much of the world has been drawn into a debt trap. The West is still reeling from the Lehman aftermath. Public debt ratios have jumped by 32 percentage points in France, 41pp in the US, 49pp in the UK, 55pp in Japan, and 60pp in Spain.

不穏なのは、世界のどれだけが債務トラップに引きずり込まれているかということです。
西側は今もリーマン・ショックの後遺症を引きずっています。
政府債務比率はフランスで+32%、米国で+41%、英国で+49%、日本で+55%、スペインで+60%も跳ね上がりました。

China and large parts of the emerging market nexus have at the same time levered up with gusto. They are adding $1 trillion of net debt every four months.

中国や新興国の大半は同時に全力でレバレッジを増やしました。
純負債を4ヶ月毎に1兆ドルずつ増やしています。

In 2008, China was able to cushion the Lehman shock with immense fiscal and monetary stimulus. This shielded East Asia and commodity exporters from lasting recession.

2008年、中国は超大規模な財政金融刺激でリーマン・ショックを凌げました。
これは東アジアや資源輸出国を長期不況から護りました。

The US Federal Reserve has progressed from complacency to delusion. Janet Yellen's fond belief that there will never again be a financial crisis in "our lifetimes" takes the biscuit.

FRBが自己満足を誇大妄想まで進化させました。
ジャネット・イェレンFRB議長が大好きな、「あたしたちが生きてる間に」金融危機が再発するなんてぜったいぜったいあり得ない!という信仰は全くもってお見事です。

While the Fed chief offered up her wicked hostage to fortune in London, the Institute of International Finance in Washington released figures showing that global debt has reached $217 trillion (£168 trillion).

FRB議長がロンドンで縁起でもないことを言い放ってくれた頃、国際金融協会はワシントンで世界の総債務残高が217兆ドルに足したと発表しました。

This is 327pc of world GDP. It is up from 276pc in 2007 – shortly before the western financial system collapsed – and up from 246pc fifteen years ago.

これは世界のGDPの327%に相当します。
2007年(西側の金融システムが崩壊した直ぐ後)の276%、15年前の246%よりも増えています。

Claudio Borio from the Bank for International Settlements (BIS) – the high priest of monetary orthodoxy – said nobody knows how long this can go on or what it will look like when the denouement arrives, but arrive it will.

BIS(金融正教の大祭司)のクローディオ・ボリオ氏は、これがいつまで続くのか、また、終末が到来した時にはどうなるのかなど誰にもわからないが、いずれ終わると言っています。

"Financial booms can't go on indefinitely. They can fall under their own weight, " he told The Telegraph earlier.

「金融ブームが永遠に続くなんてあり得ないから。自重で潰れるもんだ」と以前小紙に語りました。

Indeed they patted themselves on the back. They thought inflation was low because they themselves had been so marvellously successful in convincing markets that it would not rebound. The inflation was there all along. It went into asset prices instead.

そうです。
中銀は自画自賛しました。
インフレは低い、何故ならば中銀は、インフレがリバウンドすることはないということを市場に納得させるのに大成功したからだ、と考えていました。
そこにはいつもインフレがあったのです。
資産価格を代わりにインフレさせたのです。

Unbridled debt-creation pulled forward prosperity from the future. The corrosive effect of this 'intertemporal misalignment' is that real rates must fall ever lower at the trough of each cycle, until they are so deeply negative that they cannot fall any further. That is more or less where we are today. There is no road left.

野放図な債務創出は未来から豊かさを奪いました。
この「異時点間ミスアラインメント」の有害な影響は、景気循環の谷間で以前にも増して、これ以上下落しようがないほど大きくマイナスになるまで、実質金利を下落させるのです。
僕らの今の状況は大体そんな感じです。
もう先はありません。

The situation is now so precarious that some of us who were monetary hawks when it all began were later forced by circumstances to become doves, because the alternative for society is too awful to contemplate.

状況は今や、全ての事が始まった時に金融的にタカ派だった僕らの一部がその後、状況によって、さもなければ社会にとって耐え難いほど悲惨なことになるため、ハト派転向を余儀なくされるほど危ういのです。

So let us be clear. The Fed caused the dotcom bubble in the 1990s. It caused the pre-Lehman subprime bubble. Whatever Ms Yellen professes, it has already baked another crisis into the pie. The next downturn may be so intractable that it calls into question the political survival of capitalism. The Faustian pact is closing in.

ですから、はっきりさせましょう。
FRBは1990年代にドットコム・バブルを引き起こしました。
リーマン危機の前にサブプライム・バブルを引き起こしました。
イェレン議長がどう公言しようが、FRBは既に次の危機の種を蒔いてしまったのです。
次の景気後退は、資本主義の政治的生き残りを危うくするほど厄介なものになるかもしれません。
悪魔の契約を履行する日が迫っています。

This time the country itself is the epicentre of risk. It has added more debt in six years than the outstanding balance sheets of the US and Japanese commercial banking systems put together.

今回は同国そのものがリスクの震源地です。
6年間で米国と日本の商業銀行システムの債務残高を合計した以上の負債を積み上げました。

Ms Yellen may be correct in claiming that the big US banks are in rude good health. It is courting fate to extrapolate from this that the system as a whole is "much safer and much sounder".

米国の大手銀行が絶好調だというイェレン議長の主張は正しいのかもしれません。
これからシステム全体が「遥かに安全で遥かに堅実」になったなどと推測するのは縁起の悪いことです。

Those at the coal face fret over whether central counterparties (CCPs) clearing trillions in derivative contracts will withstand a full storm. Ill-judged regulations have frozen out market-makers and led to a frightening lack of liquidity. Margin debt on Wall Street is at record levels.

第一線にいる人々は、数兆ドルものデリバティブ契約を決済する清算機関が本格的な嵐にも耐えられるかどうか不安を感じています。
無思慮な規制はマーケット・メーカーを締め出し、恐ろしい流動性不足をもたらします。
ウォール街の証拠金負債は記録的レベルに上っています。

Nor does anybody know what will happen to $10.5 trillion of offshore debt as US borrowing costs ratchet up. The BIS said the dollar funding markets will be a "key pressure point" when stress heats up, but not the only one.

また、10.5兆ドルの米ドル建て債務の借入コストが急上昇したらどうなるか、についても誰もわかりません。
BISは米ドルの資金調達市場はストレスが悪化した場合に「重要な弱点」になるだろうとしていますが、ここだけではありません。




コメント