今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リーマン・ブラザーズ、あぼんぬ寸前ですか

2008-08-31 15:41:31 | Telegraph (UK)
因果は回る糸車、っと。

Lehman Brothers in urgent talks on capital injection
(リーマン・ブラザーズ、緊急資本注入協議)
By Mark Kleinman
Telegraph:31/08/2008
The Wall Street investment bank Lehman Brothers is this weekend locked in talks with a group of foreign government-backed investment funds in an effort to secure billions of dollars in new equity capital.

リーマン・ブラザーズは今週末、数十億ドル相当の新規資本調達努力の中、海外の某政府支援投資ファンド・グループと協議を行っている。

The Sunday Telegraph has learned that Lehman has intensified talks in recent days with Korea Development Bank, the South Korean -government-backed lender, about a capital injection of as much as $6bn (」3.3bn). KDB has drafted in bankers from the heavyweight advisory boutique Perella Weinberg to provide counsel on the talks, which could be concluded this week.
advertisement

サンデー・テレグラフ紙は、リーマン・ブラザーズがこの数日間、南朝鮮の政府支援貸付機関、韓国投資銀行(KDB)との、最高$60億相当の資本注入に関する協議を活発化している、との情報を提供された。
KDBは今週にもまとめられそうな協議に関するアドバイスを求めるべく、重量級の顧問ブティック投資銀行、ペレラ・ワインバーグのスタッフを獲得した。

The acceleration of the negotiations, which Lehman wants to have wrapped up before it reports third-quarter earnings in mid-September, underlines the urgency with which one of the US banking industry's most venerable names is seeking capital.

リーマン・ブラザーズが、9月中旬のQ3決算報告の前にまとめたがっている交渉の加速は、アメリカ銀行界で最も由緒ある銀行の一つが、どれほど緊急に資本を必要としているかを強調している。

If the talks with the Koreans fall through, Lehman is lining up alternative investment from other sources, including Citic Securities, a Chinese brokerage which was on the verge of investing in Bear Stearns before its implosion earlier this year, which resulted in a cut-price takeover by JP Morgan, another Wall Street banking group.

朝鮮側との協議がまとまらなければ、CITIC証券を含む、別の資金源から投資を手配するこおtになる。
CITICは、今年先にベア・スターンズが破綻する前に同行に投資する寸前だった中国の証券会社であり、ベア・スターンズは結局、別のウォール街の銀行グループ、JPモルガンによって破格の値段で買収された。

Lehman is also holding talks with a number of sovereign funds from the Middle East, which have been invited to participate in a capital-raising. These are understood to include investors from Abu Dhabi and Qatar.

またリーマン・ブラザーズは、資本注入参加を招かれた、数々の中東のソブリン・ウェルス・ファンドとも協議を行っている。
これらにはアブダビおよびカタールの投資機関も含まれる、と理解されている。

Under the structures being discussed by Lehman executives, including Richard Fuld, the bank's chairman and chief executive, KDB could buy up to 25 per cent of Lehman, which has a market value of just $11.2bn following a slump in its share price this year.

リチャード・ファルド会長兼CEOを含む、リーマン・ブラザーズ幹部が協議する構造の下、KDBは最高25%を買収することになるだろうが、今年の株価暴落の結果、その時価総額はたったの$112億だ。

Alternatively, if it proceeds with a deal with Citic or the Gulf investors, Lehman is likely to sell no more than 10 per cent of itself to each of those funds, but could combine it with a broader equity-raising in the open market. Fuld, who is determined to avoid a sale of the bank's prized assets at distressed prices, is understood to have assigned several of his key executives to look at different fundraising scenarios.

代替策として、CITICまたは中東の投資機関と取り引きすることになれば、リーマン・ブラザーズは各ファンドには10%以下しか売却しないだろうが、公開市場でのより広範な資本調達と組み合わされることになるだろう。
リーマン・ブラザーズの貴重な資産を投げ売り価格で処分することは避ける、との決意を固めているファルドは、様々な資金調達パターンを主要幹部数名に検討させた、と理解されている。

Other options open to the Lehman board, whose members include Sir Christopher Gent, the former chief executive of Vodafone and current chairman of GlaxoSmithKline, include the sale of part or all of its asset management arm.Lehman's so-called "crown jewel", it includes Neuberger Berman, a highly rated fund management business. Analysts have valued the division at up to $10bn.

元ボーダフォンCEO、現グラクソ・スミスクライン会長のクリストファー・ジェント卿を含む、リーマン・ブラザーズ経営陣が利用出来る他の選択肢には、資産運用部門の一部または全部売却が含まれる。
リーマン・ブラザーズのいわゆる「クラウン・ジュエル」には、非常に評価の高いファンド・マネジメント事業であるNeuberger Bermanが含まれる。
アナリストは、同部門は最高$100億の価値があるだろう、との評価だ。

"The preferred option is not to sell any of it unless they cannot raise enough from external investors," said a person involved in the talks. Dozens of parties, including JC Flowers and Kohlberg Kravis Roberts, have expressed an interest in the business.

「より好ましいのは、外部投資家から十分な資金調達を出来ない限り、このどれも売却せずに済むということだ」と協議に参加する某氏が言った。
JCフラワーズやKKRを含む、数十のグループが関心を示している。

Fuld is also keeping Lehman's board appraised of plans to spin off the bank's troubled $40bn commercial real estate portfolio, which may result in the creation of a separately quoted company in which Lehman Brothers shareholders would be given equity. The demerger of the real estate assets would leave the investment bank with a cleaner risk profile and remove one of the main drags on its share price.

ファルドは役員会に、低迷する$400億相当の商業用物件ポートフォリオを、スピンオフするという計画を査定させている。
これは、リーマン・ブラザーズの株主が株式を与えられる、上場会社を別途設立するという結果になるかもしれない。
不動産資産の分割で、よりクリーンなリスク・プロファイルが残され、株価暴落の主な原因の一つを除去することが出来る。

If the Korean, Chinese or Gulf institutions proceed with an investment in Lehman, it will be the latest in a series of international banking groups to tap the Middle East and Asia for capital since the credit crisis began just over a year ago.

朝鮮、中国、または中東の投資機関がリーマン・ブラザーズに投資を行えば、これはほんの一年前に始まった信用危機以来行われた、数々の国際銀行グループによる中東およびアジアからの資本注入の、最新例になるだろう。

In the US, Citigroup, Merrill Lynch and Morgan Stanley have been the principal recipients of such capital injections, while in Europe, Barclays, Fortis and UBS have sought new capital.

アメリカでは、シティグループ、メリルリンチ、モルガン・スタンレーが、このような資本注入を受け、ヨーロッパではバークレーズ、フォルティス、そしてUBSが新規資本を調達した。

Banking stocks have suffered a fresh battering on Wall Street in recent weeks following analysts' predictions that another major US financial institution will collapse.

この数週間、アナリストがまた大手米系金融機関が破綻する、と予想したのを受けて、銀行株は新たな値下がりに見舞われている。

At its earnings announcement next month, Lehman is expected to disclose further writedowns of about $4bn, to add to the $8bn in writedowns and losses already declared.

来月の決算報告でリーマン・ブラザーズは、既に発表されている評価損および損失$80億に加えて、約$40億の評価損を公表すると予想されている。

There have been suggestions in recent weeks that Lehman could become the target of a hostile takeover following the failure of an earlier round of talks with KDB and Citic. Potential buyers might include Barclays, although people close to both companies say no serious discussions have been held between them so far.

先のKDBおよびCITICとの協議失敗の後、リーマン・ブラザーズが敵対的買収の標的にされるかもしれない、との話がこの数週間出回っていた。
両行に近しい人々は、真剣な話し合いはこれまで一切持たれていない、としているものの、予想された買収会社にはバークレーズが含まれているかもしれない。

Last night, Lehman Brothers did not return calls seeking comment.

昨夜、リーマン・ブラザーズはコメントを求める電話を折り返してこなかった。








KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
コメント

グルジアとバルカン諸国:どっちがどっち?

2008-08-30 17:15:34 | Economist
ややこしい(笑)。

Georgia and the Balkans:Parallel bars
(グルジアとバルカン諸国:どっちがどっち)
The Economist:Aug 28th 2008
Serbia and Kosovo ponder their positions after the war in Georgia
グルジアでの戦争後、自らの立場を物思うセルビアとコソボ



RUSSIA'S road to South Ossetia went through Kosovo. Or so many Russians and even some Western diplomats believe. It has become commonplace to assert that Russia's invasion of Georgia and its recognition this week of the independence of South Ossetia and Abkhazia flowed directly from Kosovo's declaration of independence from Serbia in February, which was recognised by many Western countries. The parallels are superficial at best, but they have led to new calculations in Serbia and Kosovo over which stands to gain or lose the most from the war in Georgia.

ロシアから南オセチアへの道は、コソボを通る。
または、非常に多くのロシア人、更に西側外交官の一部すら、そんな風に考えている。
ロシアのグルジア侵攻と、今週の南オセチア・アブハジア独立認知は、西側諸国の多くが認知した、2月のセルビアからのコソボ独立宣言からの直接的な流れだ、という主張は一般的になっている。
しかしこの類似は良くて表面的なものに過ぎないが、グルジアの戦争から得か損をしようとしている、セルビアとコソボでの新たな計算に繋がっている。

Russia has long supported Serbia's claim that Kosovo, 90% of whose 2m people are ethnic Albanians, has no right to independence. The reasoning is that it was a province of Serbia and not, like Montenegro, a republic in the federation of Yugoslavia. Only former republics within the old communist federations, together with the two parts of former Czechoslovakia, have become independent since 1989. Yet America and 21 out of 27 European Union countries have endorsed Kosovo's independence.

ロシアは長らく、200万人の人口のうち90%がアルバニア系住民である、コソボが独立する権利は一切存在しない、というセルビアの主張を支持してきた。
ここはセルビアの一地域であり、モンテネグロのような、ユーゴスラビア連邦内の一共和国ではないから、というのが理屈だ。
旧チェコスロヴァキア内の2つの地域と共に、旧共産連邦内の旧共和国しか、1989年以降独立を果たしていない。
しかしアメリカとEU加盟27カ国中21カ国は、コソボの独立を承認した。

Now the West and the Russians seem to have exchanged arguments. Sergei Lavrov, Russia's foreign minister, says that the world can forget about Georgia's territorial integrity, whereas Western countries are demanding that it be respected. With their patrons apparently flip-flopping like this, it is no wonder the authorities in Belgrade and Pristina feel embarrassed―and that both have been largely mute over Georgia.

今、西側とロシアは意見を取り替えたようだ。
セルゲイ・ラヴロフ外相は、世界はグルジアの領土保全を忘れられると言っているが、西側諸国はこれを尊重するように要求している。
それぞれの保護者があからさまにこのように手の平を返しては、セルビア政府とコソボ政府が恥ずかしい思いをするのも当然だ。
そして、双方ともグルジアについては、殆ど一言も口をきいていない。

An early test will come on September 17th. A United Nations committee will decide whether to put on the agenda of the UN General Assembly a Serbian motion to request from the International Court of Justice an opinion on the legality of Kosovo's declaration of independence. If the motion were proposed, Serbia would need only a majority of those voting to get it passed.

9月17日には、早々と試練が訪れるだろう。
コソボの独立宣言の合法性に関する意見を国際司法裁判所に要請する、とのセルビアの申し立てを国連総会の議題に加えるかどうか、国連の委員会は結論を下すだろう。
この申し立てが提議されれば、セルビアは後は、可決させるために過半数の票を獲得すれば良いだけだ。

The Russian action in Georgia "may have helped us", claims one senior Serbian official, noting that many countries agnostic about breakaway states were frightened by Russia's war. Or maybe not, retorts Lulzim Peci, a Kosovar foreign-policy analyst. Since Russia backs both the motion and self-determination for the South Ossetians and Abkhaz, it may seem no more than a cynical manoeuvre, "because Russia's claim to be helping Serbia will no longer seem like a matter of principle but rather like a political game. Russia has now lost credibility."

分離主義地域について知らぬ顔をしている多くの国が、ロシアの戦争で怯えてしまったと指摘して、グルジアでのロシアの行動は「我々を助けてくれたかもしれない」とセルビアの某高官は言っている。
または、そうではないかもしれない、とコソボ人の外交政策アナリストLulzim Peciは反論する。
ロシアはこの提議と、南オセチアとアブハジアの民族自決を支持しているのだから、これは皮肉な動き以上のなにものにも見えないかもしれない。
というのも「ロシアのセルビアを支援するという主張は、もう原則の問題と言うより、政治ゲームのように見えるだろうから。ロシアはもう信頼性を喪失した」のである。

Serbian sympathies have always lain with Russia because of its support over Kosovo. But it is clear to Serbia's leaders that they are to some extent in the same boat as Georgia. However, Veton Surroi, publisher of Kosovo's main daily, insists that, if one wants comparisons, "we are Georgia". He argues that since Kosovo is independent, the Serb-run north of the country is the new potential breakaway, no longer Kosovo itself.

コソボ問題での支持のために、セルビアは常にロシアを支持している。
しかしセルビア首脳陣には、自分達が或る程度グルジアと同じ運命にある、ということは明らかだ。
だがコソボの主要日刊紙の発行者Venton Surroiは、どうしてもたとえたいなら「我々こそグルジアだ」と主張している。
彼によれば、コソボは独立しているのだから、セルビアが統治する北部こそが、もうコソボではなく新たな分離主義地域になろうとしている場所、なのだそうだ。







KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
コメント

ECB:ゴミ箱しめまーす

2008-08-30 16:14:52 | Economist
The European Central Bank:Closing the dustbin lid
(ECB:ゴミ箱しめまーす)
The Economist:Aug 28th 2008
Banks will soon find it a bit harder to game the euro-zone's liquidity support
銀行はユーロ経済圏での流動性支援確保に、もちょっと苦労するだろ



NO ONE could accuse the European Central Bank (ECB) of taking its lead from America. While policymakers there contemplate the salvation of Fannie Mae and Freddie Mac, the troubled government-sponsored mortgage firms, the ECB is set to tighten up its rules to ensure that what it offers to banks is strictly liquidity support, and nothing more. A change to the rules that govern its money-market operations could be agreed on by the bank at its next rate-setting meeting on September 3rd and 4th.

ECBはアメリカの言いなりになっている、などと批判出来る者は誰もいない。
アメリカの政策立案者は、苦境に陥った政府支援モーゲージ機関、ファニー・メイとフレディー・マックの救済を検討しているが、銀行に提供しているサービスが流動性支援以上のものには絶対成らないように、とECBは規則を引き締めた。
9月3日、4日に開催される、次回のECB金利決定会議で、資金市場オペレーションを納める規則の改正は合意されるかもしれない。

If so, it will mark a minor reversal in a global trend. As the credit crunch has intensified, central banks have relaxed the conditions for supplying ready cash to commercial banks. The Federal Reserve has made loans available for longer, and to more banks, to provide some security of funding. The Bank of England has temporarily widened the range of securities it accepts to include less pukka bonds, such as asset-backed securities (ABS).

合意されれば、これは世界的傾向におけるささやかな逆行となるだろう。
信用収縮が激しくなる中、中央銀行は商業銀行に対する流動性供給の条件を緩和してきた。
FRBは資金供給を保証しようと、より長期的に利用出来る融資を、更に多くの銀行に貸し出した。
BoEは一時的に、ABSのような格付の低い債券を含めるべく、受け容れ可能な証券の種類を増やした。

Jean-Claude Trichet, the ECB's chief, has been able to boast that, unlike these central banks, the ECB has not had to change its lending policy. But there is growing concern that the ECB's liberality is being abused. A worry is that banks in countries where housing busts have made investors wary of mortgage-backed assets have created securities for the express purpose of gaining central-bank funding. This practice may be exposing central banks to too much credit risk, as well as stalling the recovery of the market for mortgage-backed assets.

ジャン・クロード・トリシェECB総裁は、他の中央銀行とは違って、ECBは貸付方針を変えなくても良いのだ、と自慢することが出来た。
しかし、ECBの自由は乱用されているのではないか、との懸念が深まっている。
この心配は、住宅バブルが弾けたお陰で、投資家がモーゲージ担保証券を警戒するようになっている国の銀行が、中央銀行(ECB)からの資金調達を目当てに証券を発行しているのではないか、ということだ。
このような行為は、中央銀行を余りにも多大な信用リスクにさらす上に、モーゲージ担保証券市場の回復も滞らせてしまっているかもしれない。

There are signs of an increased dependence on ECB funding in some markets. The supply of central-bank cash in Ireland and Spain has more than doubled in the past year, both in size and as a share of the euro-area total (see chart). Ireland's huge share is bloated by lending to non-Irish banks located in Dublin. Fitch, a credit-rating agency, said in May that standards for newly minted mortgage-backed securities in Spain had slipped since the credit crunch started. Despite this, such securities are appraised at close to their face value. Because trading in ABS is so limited, there is no reliable market benchmark.

一部の市場で、ECBへの依存が高まっている、との兆しがある。
アイルランドとスペインでの中央銀行の流動性の供給は、規模とユーロ経済圏全体における割合の両方において、この一年間で倍以上に増えた。
アイルランドの莫大な割合は、ダブリンにある非アイルランド系銀行への貸し付けで膨れ上がっている。
フィッチは5月に、スペインで新たに作られたモーゲージ担保証券の水準は、信用収縮が始まって以来最低に落ち込んでいる、と伝えた。
これにも拘わらず、このような証券は額面に近い金額で評価されている。
ABSの取引は非常に限定的なので、信頼出来るマーケット・ベンチマークが存在しないのだ。

Another concern is that affiliates of foreign banks are using the ECB as a source of funds for lending outside the euro area. Macquarie, a Sydney-based investment bank (see article), was recently able to secure an ECB loan through a euro-area affiliate, putting up a security backed by Australian car loans.

もう一つの懸念は、海外の銀行の子会社が、ユーロ経済圏以外での貸付用の資金源として、ECBを利用しているということだ。
シドニーに本社を置く投資銀行のマッコーリーは先日、ユーロ経済圏にある子会社を通じて、オーストラリアのマイカー・ローンを担保とする証券で、ECBからの借入を確保することが出来た。

The ECB has been discussing for several months how to tighten the rules to prevent such abuses, without disrupting its cash lifeline to banks. One idea is to increase the "haircuts" it subtracts from the market value of collateral, in order to protect against a decline in asset prices (the bigger the haircut, the smaller the amount that can be borrowed). Haircuts vary from less than 1% for the safest and most liquid government bonds to 18% for some long-dated asset-backed securities. Increasing the haircuts for some securities would offer extra protection against the risk that initial valuations of collateral are too generous.

ECBは何ヶ月もの間、このような不正利用を阻止するために、銀行への流動性の命綱を絶やすことなく、規則を引き締める方法について話し合ってきた。
一つの案は、資産価格の下落に対する防衛策に、担保の時価総額から差し引く「ヘアカット」を引き上げる事だった(つまり、ヘアカットが多いほど、借りられる金額は少なくなる)。
ヘアカットは、最も安全かつ流動性の高い国債の1%以下から、長期的ABSへの18%まで様々だ。
一部の証券に対してこれを引き上げる事は、当初の担保評価額が寛容過ぎる、というリスクに対する護りを強化するだろう。

When accepting collateral, the ECB could also restrict or ban the use of some securities that seem to have been created primarily to take advantage of central-bank funding. One tactic would be to rule that only a small fraction of any ABS or corporate-bond issue could be permissible. A severe haircut on newly created securities that have not been traded in private markets may be considered too. The ECB could insist that collateral is backed by income streams in euros, which would curb banks from using its funds to finance loans made outside the euro area.

担保を受け容れる際にECBが、中央銀行からの借り入れを第一義として発行されたらしい、証券の利用を制限したり禁止したりすることも可能だ。
一つの方法は、ABSまたは社債のほんの一部しか受け容れない、とする規則だろう。
新たに発行されたばかりで、民間市場で取り引きされたことのない証券に対するヘアカットを、厳しくする方法も考えられる。
銀行がユーロ経済圏以外でのローン資金調達に、ECBの窓口を利用すること減らすために、担保はユーロ建の収入があるものでなければならない、とすることも可能だろう。

Yves Mersch, head of Luxembourg's central bank and a member of the ECB's governing council, said at the weekend that any adjustments to the bank's collateral policy would amount to fine-tuning. The bank is unlikely to want to disrupt the flow of liquidity by making big changes.

ルクセンブルク中央銀行総裁で、ECBの理事であるYves Merschは週末、ECBの担保方針に関するどのような調整も、非常に微妙なものになるだろうと語った。
ECBも、大きな変更を加えて流動性の流れを邪魔したい、とは思わないだろう。

The ECB's main concern should be to shield its constituent central banks from the risk of loss if a bank defaults, and to ensure that banks are not shifting their credit risk onto the ECB on favourable terms. That would amount to a subsidy to those banks putting up poor-quality collateral.

ECBが主に腐心しているのは、どこかの銀行が破綻した際に、ユーロ経済圏の中央銀行を損失リスクから護ることのはずであり、また、銀行に自分達の信用リスクを、より好ましい条件を提示するECBに押し付けさせないようにすることだ。
要するに、このような銀行の子会社に、低品質の担保を押し付けさせないようにする、ということだ。

Protecting central-bank capital is especially important in the euro area, which has no central fiscal authority. If a multinational bank collapsed and defaulted on its loans from the central bank, making good on any losses on the collateral would be a messy business.

全体を統治する財務省がないユーロ経済圏では、中央銀行の資本を護ることは特に重要だ。
多国籍銀行が破綻したり、中央銀行からの借入に対して支払不能になれば、担保の損失を補填するという、大変な厄介事を抱えることになるだろう。







KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
コメント

アンチ・ロシア原理主義者の典型的解説 3

2008-08-30 14:43:54 | Telegraph (UK)
つづき
The German philosopher GF Hegel wrote that the owl of Minerva spreads her wings only at dusk: we perceive historical changes only when they are almost complete. We have enjoyed an extraordinary 20-year period in which Russia was weak and seemingly benign. Europe became (mostly) whole and free.

ドイツの哲学者G・F・ヘーゲルは、梟は黄昏にしか翼を広げない、と記した。
つまり、歴史的変化がほぼ完了する時まで、我々はそれに気付かない、ということだ。
我々は、ロシアが弱く無害らしい、驚くべき20年間を楽しんできた。
ヨーロッパは(ほとんど)完全かつ自由になった。

The idea that the continent could again become a battleground between East and West is unwelcome, and to many still inconceivable. But it is happening: and our resurgent enemy seemingly holds most of the cards.

欧州大陸が再び東西対決の戦場になるかもしれない、との考えは歓迎されない上に、多くの人には未だに想像も出来ないものだ。
しかしそれは起こりつつある…また、我々の復活した敵国は、殆どのカードを握っているようだ。

There is, however, one chink of light, for us if not for the Russians. In the long term, the Putin regime means catastrophe for his country. The political system is opaque and fossilised, unable to respond to the needs of a changing economy or to rein in corruption, let alone deal with the fast-growing Muslim population, which has soared to 25 million - a 40 per cent rise since 1989 - as the birthrate among the Slavs has plunged. Modernisation of public services and infrastructure, in a country awash with money, has been dismally slow.

しかしロシア人にとって、でなければ我々にとって、一つだけ希望の光がある。
長期的には、プーチン政権はロシアにとって大惨事なのだ。
この政治制度は曖昧かつ過去の遺物であり、変わり行く経済のニーズに対応することも出来なければ、不正を取り締まることも出来ず、勿論、スラヴ系住民の出生率が大きく落ち込む中、2,500万人へと急増した(1989年以来40%増)イスラム教とにも対応出来ない。
金があふれかえっている国にしては、公共サービスやインフラの近代化も惨めなほど遅い。

Foreign adventures are the traditional way for autocratic rulers to distract public opinion from problems at home, and Russia is no exception. The regime running Russia will come unstuck in the end. But the cost in the meantime will be dreadful.

海外での冒険は、独裁者が国内の問題から大衆の目をそらすために利用する、伝統的な手段である。
ロシアも例外ではない。
最終的には、この国を動かしている政権も失敗するだろう。
しかしその間の犠牲は、多大なものになりそうだ。

Edward Lucas is the author is The New Cold War: How the Kremlin Menaces Both Russia and the West (Bloomsbury).







KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
コメント

アンチ・ロシア原理主義者の典型的解説 2

2008-08-30 14:43:15 | Telegraph (UK)
つづき
Similarly, although the Kremlin makes life difficult domestically for Western oil companies and tightly restricts foreign investment in any industry that it dubs "strategic" (which potentially covers almost anything), it is another story abroad. Russia delights in the possibilities of the global economy. If regulators in New York are sniffy about listing stolen companies on the stock exchange, there is always London. And if you fail even London's undemanding test, Dubai, Bombay and Shanghai await with open arms.

同じようにロシア政府は、ロシア国内の西側石油会社に嫌がらせを行い、「戦略的」(ほぼありとあらゆるものに適用可能な表現だ)とする産業への海外の投資を厳格に規制しているにも拘わらず、海外では違うことをしている。
ロシアは世界経済の可能性に大喜びしてる。
ニューヨークの監督機関が、強奪された企業の上場を詮索しても、ロンドンに行けば良いだけである。
そしてロンドンの生温いテストにも不合格でも、ドバイ、ボンベイ、そして上海が待っている。

Russia also uses its colossal war chest, fuelled by oil and gas revenues, to buy up assets in other countries. And that is the taproot of European softness: money.

海外で資産を買い漁るために、ロシアは石油ガス収入で膨れ上がった、莫大な準備金も利用している。
また、それこそがヨーロッパの弱腰の元々の原因なのだ…金である。

In the Cold War, doing business with the Soviet Union was a rare and suspicious activity. Now Russia has penetrated our markets and businesses to a huge degree. Energy companies such as Austria's OMV, Germany's E.ON and Italy's ENI work hand-in-glove with outfits such as Gazprom, which is nominally Russia's biggest company, but better described as the gas division of Kremlin, Inc.

冷戦時代、ソ連との商売は滅多になく、しかも怪しい活動だった。
今、ロシアは物凄い規模で、我々の市場や企業に進出している。
オーストリアのOMV、ドイツのE.ON、イタリアのENIといったエネルギー企業は、名目上ロシア最大の企業だが、クレムリン株式会社ガス部門と評した方が良いガスプロムのような企業と、密接に活動している。

This directly affects politics. Germany, with Russia, is building the Nord Stream gas pipeline along the Baltic seabed to bypass Poland. Russia has already cut off energy supplies to punish Lithuania, the Czech Republic and other countries. When Nord Stream is built, it will be able to do the same to Poland.

これは政治に直接響いている。
ドイツはロシアと、ポーランドを迂回すべくバルト海海底に沿った、ノード・ストリーム・ガス・パイプラインを建設中だ。
ロシアは既にリトアニア、チェコ、その他を罰するために、エネルギー供給を途絶させた。
ノード・ストリームが完成すれば、同じことをポーランドに出来るだろう。

Yet even now, after a clear and brutal demonstration of Russian imperialism, Germany refuses to consider cancelling the pipeline. Angela Merkel was willing to pay a high-profile visit to the Baltic states - a likely target for Russia's next push westwards - to offer support. But she would not even contemplate ending her energy alliance with Russia.

しかし今ですら、明白かつ残忍なロシア帝国主義のデモンストレーションの後ですら、ドイツはこのパイプラインの断念を検討することを拒絶している。
アンゲラ・メルケルは喜んで、支援を提供するために、注目を集めたバルト諸国訪問を行った(バルト諸国は次のロシアの西方進出の標的になりそうな場所だ)。
しかし彼女は、ロシアとのエネルギー同盟を終わらせることを、考えることすらしていない。

And it is hard to see this changing: European consumers will not pay hugely higher energy prices to finance alternative supplies, nor will politicians give the EU the weight it needs to bargain properly with Russia (a country, don't forget, that is three times smaller in population than the EU, with an economy roughly a tenth of the size).

またこれが変わるとも思えない。
ヨーロッパの消費者は、別の場所からのエネルギー供給を確保するために、大枚を叩こうとはしないだろうし、
政治家も適切にロシアと価格交渉するために必要な支援を、EUに与えないだろう(ロシアは人口では3倍、経済では10倍もEUに負けている国だ、ということを忘れてはいけない)。

With the EU and Nato hopelessly divided, Russia can dismiss our toothless whimpers about Georgia. That leaves Eastern Europe to base its security on the United States.

EUとNATOが絶望的なほどに分裂する中、ロシアは我々のグルジアに関する無力な不平不満など、一顧だにしなくて良いのだ。
そして東欧は、アメリカの安全保障の傘に入った。

Yet even America's willingness to confront Russia is limited. Every incoming president since Bill Clinton has criticised his predecessor for being soft on Russia. But none has proved any better. For all John McCain's fighting talk, and Barack Obama's belated belligerence, neither man will be able to take a hard line. America needs Russia - for nuclear security, to hold back Iran, to contain North Korea, as a supply route to Afghanistan, in hunting down terrorists. And Russia knows it. If the mood in Washington is frosty, the Kremlin need only flirt more intensively with Iran, Venezuela and China, or withhold co-operation on some pressing topic, and America will buckle.

しかしアメリカですら、ロシアとの対立意欲は限られている。
ビル・クリントン以降、どの大統領も前任者はロシアに対して甘かった、と批判している。
しかしそう言う人間も皆同類だ。
どれほどジョン・マケインのような連中が好戦的なことを言おうが、バラク・オバマが遅れ馳せながら喧嘩腰になろうが、どちらも強硬姿勢をとることは出来ないだろう。
核の安全保障のために、イランを抑え込むために、北朝鮮を食い止めるために、アフガニスタンへの補給ルートとして、そしてテロリストを追い詰めるに当たって、アメリカはロシアを必要としているのだ。
また、ロシアもそれを知っている。
アメリカ政府でのムードが冷淡であれば、ロシア政府はイラン、ベネズエラ、中国との友好関係を強化する、または重大な問題における協力を停止したりするだけだ。
それでアメリカは、退く。

On top of all that, Russia's leaders have a massively secure position at home. Their central bank has nearly $600 billion in hard-currency reserves, while their popularity is far greater than the Politburo ever dreamed of. Mr Putin, and the war in Georgia, are acclaimed - a view stoked by the docile media, which portrayed the conflict as a valiant crusade against genocide and Georgian leader Mikheil Saakashvili as a murderous fascist.

それに加えて、ロシア首脳陣は国内基盤が恐ろしくがっしりしている。
中央銀行は$6,000億近い外貨準備を抱えており、彼らの支持率は政務局が夢見たよりも遙かに高い。
プーチン氏、そしてグルジアでの戦争は、高い評価を浴びている。
この紛争を大量虐殺に対する勇気ある聖戦として、また、グルジアの指導者ミハイル・サーカシュヴィリを人殺しのファシストとして描いた、従順なメディアによって煽られた見方である。

Abroad, Russia senses that power in the world is shifting east and south, to countries such as India and China, which see Georgia very differently. They may not much like separatism, but they also think that the West is practising double standards: America would not tolerate the Kremlin's meddling in its backyard, so why should Russia have to put up with an America protege in the Caucasus?

海外では、グルジアを非常に異なった形でみなす、インドや中国といった国へ向けて東へ、そして南へ世界の覇権がシフトしていることを、ロシアは嗅ぎ取っている。
これらの国々は余り分離主義を好みはしないが、西側がダブル・スタンダードだと考えている。
アメリカはロシア政府が自分の勢力範囲を荒らすことは許さない。
ならば何故、ロシアはコーカサスにいるアメリカの手下に我慢しなければならないのか、ということだ。
つづく
コメント