今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

情けないねえ

2008-12-28 11:49:16 | Telegraph (UK)
自業自得だよねえ…残念ながら。
どうでもいいけど、犯罪率どうにかしないとねえ。
まるで80年代終盤から90年代初頭のマッドチェスター状態じゃないか。
酷いねえ。

Japanese companies leaving London for Germany
(ロンドンを去りドイツへ向かう日本企業)
By Michael Levitin in Berlin and Julian Ryall in Tokyo
Telegraph:26 Dec 2008
Japanese companies have started to move their European headquarters from London to Germany to escape Britain's high costs, poor transport infrastructure and rising crime rates.

高コスト、交通機関劣悪、犯罪率上昇中のイギリスから逃げ出そうと、日本企業がロンドンからドイツへ欧州本部のお引越しを始めました。


Buoyed by the soaring yen, Japanese businesses have also been put off the United Kingdom as a hub of their operations by Britain's decision not to join the euro. A further black mark has been the sense of the UK's "geographical isolation" from the rest of the continent.

円急騰に支えられ、ユーロ加盟せずの決断に、やっぱイギリスはハブにも使えねー、との失望を日本企業も抱いている。
更なる失点は、イギリスがヨーロッパ大陸から「地理的に孤立している」という感覚だ。

Top of the list of reasons for firms' departure for Germany is transport links in the south-east. Businesses in Japan assume that trains and planes will arrive on time, be clean and not prohibitively expensive, and first-time visitors are shocked to find that the same does not hold true in London.

企業がドイツ行きを決断する原因リストの第一位は、南東部の交通機関だ。
電車も飛行機も時間通りに運行され、清潔で、運賃は恐ろしく高価ではないもの、と日本の企業は思っているので、初めてイギリスを訪れる人はロンドンではそうではない、と知って仰天している。

Tomohisa Asano, a spokesman for Macnica, which has moved its European headquarters from London to Munich, said: "I used to live in Bournemouth 20 years ago and things were very different then.

ヨーロッパ本部をロンドンからミュンヘンに移転したマクニカの広報担当者、アサノ・トモヒサはこう語った。
「20年前はボーンマスに住んでいたんだけど、当時とは随分変わったねえ」。

"London is very expensive now, the Tube is convenient but often dirty and it can also be dangerous. We also had concerns about increasing crime."

「ロンドンは今じゃ酷く物価が高いよ。地下鉄は便利だけど、汚いことも多い上に危険でもあるんだから。それに、犯罪の増加も心配だ」。

Similar fears were echoed by Yoshizumi Naitoh, of pharmaceutical company Maruho Co, which initially set up its operations in London but has now moved its business base to Düsseldorf.

当初はロンドンで開業しながらも、やはり今はデュッセルドルフに事業拠点を移してしまった、制約会社マルホのナイトウ・ヨシズミも同じ懸念を抱えている。

"We saw that other companies were making the same decision and looked at our own business again," said Mr Naitoh.

「他の会社も同じ決断を下しているしね。我々も自分の事業を見直したよ」とナイトウ氏。

"The prime reason was because we needed easier access to our other markets in Europe, but also we wanted better security and were attracted by lower crime rates in Germany."

「一番の理由は、他のヨーロッパ市場へのアクセスの容易さだったけど、セキュリティも改善したかったし。ドイツの犯罪率の低さが魅力だったね」。

Many companies are setting up in Düsseldorf, where 168 companies are members of the Japanese Business Association, or Frankfurt because of its good access to markets across Europe. Also the home of the European Central Bank, some 210 Japanese companies – including Honda, Mitsubishi, Suzuki and Canon – are now operating in the Frankfurt area, which is home to more than 4,000 Japanese nationals.

ヨーロッパ全域へアクセスし易いので、日系企業協会の会員が168社に上るデュッセルドルフやフランクフルトで、沢山の企業が開業している。
また、ECBの本部もあるフランクフルトでは、ホンダ、三菱、スズキ、キャノンを含む日系企業210社が事業活動を行っており、日本人は4,000人以上居住している。

Jeana Shoji, a spokeswoman for Panasonic, said: "In October 2006, our PR team covering Europe was moved to Wiesbaden.

パナソニックの広報担当者Jeana Shojiは「2006年10月、弊社のヨーロッパ担当PRチームはウィースバーデンに移転しました」と述べた。

"Geographically the UK is isolated from the rest of Europe and we wanted to improve our communications within the region, including Britain."

「地理的に、イギリスはヨーロッパから孤立しています。私たちは、イギリスを含め、この地域内でのコミュニケーションを改善したかったのです」。

Hamburg is increasingly catering to ship logistics firms, Berlin is attracting companies closely connected with politics, while nowhere has seen faster growth in Japanese industries and companies of late – especially when it comes to IT – than Munich.

ハンブルクでは流通関連会社が増え、ベルリンは政治と強く結びついている企業を集め、しかしミュンヘンほど日本の産業や最近の企業(特にIT関連)の成長が速いところはない。

"We think it's easier to live here than in London," said Hartmut Schwesinger, CEO of FrankfurtRheinMain investment agency. "The general problem [there] seems to be the infrastructure, whether it's too much traffic or the underground being unreliable and trains not running. That doesn't happen here."

「ロンドンよりも暮らし易いと思っている」とフランクフルト・ライン・メイン投資会社のHartmut Schwesinger代表。
「(イギリスの)一般的な問題は、交通渋滞、あてにならない地下鉄、電車の運休とか、何でも良いが、とにかくインフラみたいだね。ここではあんなことは起こらない」。

High costs have also been a key reason for the shift – both in terms of renting office space and the high housing and personal costs of south-east England for expatriate Japanese employees.

高コストも引越しの主な原因のようだ。
オフィスの賃料、イギリス南東部の特に日本人向けの住宅コストも生活費も高い。

"London is extremely expensive, we all know that," said Eva Henkel, spokesperson for Investment Germany. "And if you are rearranging your company and business plan, then other locations may be more suitable. When it comes to renting office space and other real estate, the costs are so much less in Germany."

「ロンドンは恐ろしく高価だ、ということはわかっている」とインヴェストメント・ジャーマニーの広報担当者エヴァ・ヘンケル。
「会社やビジネス・プランを変えるなら、他の場所の方がもっと合っているかもしれない。オフィスなどを借りるなら、ドイツの方が遥かに安価だ」。

Other Japanese companies that have opted to set up their European headquarters in Germany include IHI Charging Systems, now based in the Thuringian city of Arnstadt, and Casio Computer Co, which is presently constructing its new European office at Norderstedt, near Hamburg's airport.

ドイツに欧州本部を立ち上げることにした他の日系企業に、IHIチャージング・システムズが含まれる。
同社は現在チューリンゲンの街アルンシュタットにある。
また、カシオ・コンピューターは現在、ハンブルク空港に近いノルダーシュテットに、新欧州事務所を建設中だ。
コメント

ロシア経済:ブームからバストへ、そして…

2008-12-26 17:40:55 | Economist

Russia's economy:Boom to bust and worse
(ロシア経済:ブームからバストへ、そして…)
Economist.com:Dec 16th 2008
The state of the economy in Russia looks worse with each passing day

ロシアの経済情勢は日々悪化しているようだ。


ECONOMIC growth and political stability: those were the two proudest achievements of Vladimir Putin and his ex-KGB associates in the eight years since they gained control of Russia. Now the economy is looking wobbly—industrial output in November slumped by 8.7% compared with a year earlier, according to figures published on Tuesday December 16th—the big question is whether the regime’s political control will crack too.

経済成長と政治安定。
それこそがウラジーミル・プーチンと彼の元KGBの仲間達が、ロシアを掌握してからの8年間で達成した、最も誇れる二大業績だった。
今、経済はぐらついているようであり(12月16日火曜日に公表されたデータによれば、11月の工業生産は前年に比べて8.7%減少したとのこと)、同政権の政治的支配力も崩れるのではないか、というのが大きな問題だ。

The rouble—a rock-hard currency since the oil price started to rise—is losing value at an accelerating rate, down by 3% this week against a basket of currencies. It has lost around 15% of its value since the summer. Even so, Russia’s huge foreign-currency reserves are steadily shrinking as the authorities defend the rouble. They are down by more than a quarter, or around $160 billion, from their August peak of $600 billion.

石油価格が上昇し始めて以来非常に強かったルーブルは、加速度的に値下がりしており、恩讐はバスケット通貨に対して3%値下がりした。
夏から見れば15%ほども安くなってしまった。
それでも、当局がルーブル防衛する中、ロシアが抱える巨額の外貨準備は着々と減っている。
実はピークだった8月の6,000億ドルから1/4、もしくは約1,600億ドルほど減っているのだ。

Russia has been hit by a double blow. One is a collapse in the oil price. Urals crude is trading around $44 a barrel, whereas Russia’s budget had pencilled in an oil price of $70. The other is the credit crunch which means an end to cheap loans for an economy that had become used to a flood of petroroubles.

ロシアは往復ビンタを食らっている。
一つは石油価格の暴落だ。
ウラル原油はバレル44ドル程度で取引されているが、ロシアの国家予算の前提は70ドルだ。
もう一つは信用収縮である。
これは怒涛のオイルマネーに慣れ切った経済のために、もう低金利ローンが得られなくなることを意味している。

The stockmarket has fallen by some 70% since its peak in May. Lay-offs are mounting. Western credit ratings agencies are downgrading Russian banks; earlier this month Standard & Poor’s downgraded Russia’s sovereign debt for the first time in nearly a decade. Industrial production is plummeting: this week marked the steepest fall since the crisis of 1998. Oleg Vyugin, a former deputy finance minister, reckons that 2009 may see GDP shrinking by as much as 4%. (The Economist Intelligence Unit, more optimistically, has cut its growth forecast from 3.7% to 3%.)

株式市場は5月のピーク以来、約70%も値下がりしてしまった。
人員削減も進んでいる。
西側の信用格付機関は、ロシア系銀行を格下げしており、今月先にはS&Pがロシア国債の格付を10年ぶりに引き下げた。
工業生産も落ち込んでいて、今週は1998年以来最も激しい落ち込みとなった。
オレグ・ヴィユーギン元副財務相は、2009年はGDPが最大4%縮小するだろうとしている。
(エコノミスト・インテリジェンス・ユニットはもう少し楽観的で、予想成長率を3.7%から3%に下方修正するに留まった。)

Finding an economic-policy mix to deal with that is a daunting task. Russia’s main macroeconomic problem of the past two years—inflation—is far from vanquished: it was down only slightly to 13.8% in November. But a far bigger problem is maintaining growth in an economy that during the boom years borrowed recklessly and used the money for higher living standards rather than diversification.

これに対処するための経済政策パッケージを見つけ出すことは至難の業だ。
ロシアの過去2年間の主なマクロ経済問題(インフレ)は、殆ど克服されていない。
11月は13.8%へと微減しただけだ。
しかし、ブームの時期に無謀な借金をして、これを多様化するのではなくセレブ生活のために使ってしまった経済において、遥かに大きな問題は経済成長維持である。

The rouble's depreciation does cut Russia’s current-account deficit, by making imports pricier. It takes some of the strain off the budget. But it does not help much else. Russia’s underlying uncompetitiveness was disguised by the oil boom. Now it is exposed.

ルーブル安は輸入を高価にすることで、確かにロシアの経常赤字を減らしてくれる。
予算への負担は若干弱まるだろう。
しかし他の方面では大した役に立たない。
ロシアの根本的な競争力の欠如は、石油ブームの仮面で誤魔化されてきたのだ。
今、それが暴かれたのである。

Nor do bail-outs seem to be working. A $200 billion programme is helping Kremlin-linked companies stay afloat (and also consolidating the authorities’ control of the economy). But much of the money that was meant to unblock the financial system is instead going offshore. Confidence is shrivelling.

救済策も上手く行っていないように見える。
2,000億ドルを投じた救済策は、クレムリンつながりの企業が生き延びるのを助けている(ついでに政府の経済への支配力も強化している)。
しかし金融システムの目詰まりを取り除くためのものであるはずの資金の殆どは、本来の役目を果たす代わりにオフショアに流れてしまっている。
信頼は萎み続けている。

A rise in the oil price might buy the Kremlin some time. President Dmitry Medvedev last week suggested that Russia might even join OPEC, the oil-producers’ cartel. It is unclear how that would square with the nominally private ownership of most of Russia’s oil industry, or Russia’s membership of the G8 club of rich industrialised countries. OPEC members themselves may be unconvinced by Russia’s new-found enthusiasm.

石油価格の上昇は、クレムリンの時間稼ぎになるかもしれない。
ディミートリ・メドヴェージェフ大統領は先週、ロシアのOPEC入りもあるかもしれない、と示唆した。
名目上は民間とされる殆どのロシア石油産業、またはロシアのG8メンバーシップと、どのように折り合いをつけるのかは明らかではない。
OPEC加盟国自体、ロシアが新たに見せているやる気に、不信感を持っているかもしれない。

Public discontent is beginning to simmer. The problem is less the tiny self-proclaimed opposition, but spontaneous protests by citizens fed up with incompetent and arbitrary behaviour. A protest by drivers in the Russian far east brought a nervy response from official Kremlin media. The regime’s popularity rested on a combination of higher living standards and selective repression. The economic crisis has weakened the effect of the former. The latter is one of the few options left. The signs are ominous. Memorial, a group that champions the cause of truth about the Stalin era, has had its computers seized in a police raid. The Soldiers’ Mothers Committee, which campaigns against conscription, says law-enforcement officials have asked its staff to prove that their offices are not used for drug-dealing.

世論の不満も高まり始めている。
問題はちっぽけな自称野党というよりも、無能さと勝手な振る舞いに飽き飽きした市民が、散発的に起こす抗議運動だ。
ロシア極東で起こった、運転手のデモは、政府系メディアの神経質な反応をもたらした。
政権の支持率は、生活水準向上と選択的弾圧の組み合わせに基づいている。
経済危機は生活水準向上の効果を弱めてしまった。
後者、つまり選択的弾圧は、数少ない残されたオプションの一つだ。
不吉なサインである。
スターリン時代の真実を求める団体メモリアルは、警察に捜索されPCを押収されてしまった。
徴兵制度反対運動を行う、ソルジャーズ・マザーズ・コミティーは、司法当局者がスタッフに、事務所が麻薬取引に利用されていないことを証明するよう求められた、と語る。

For now, the economic crisis is scarcely discussed in Russia’s mainstream media, which has come under steadily tighter control since Mr Putin came to power. That is not likely to persuade Russians that the authorities have everything under control.

今の所、プーチン氏が政権を掌握して以来、徐々に厳しい管理の対象とされてきたロシアの主流メディアでは、経済危機は殆ど話し合われていない。
これでは、当局は何もかも把握管理していると言っても、ロシア人は納得しないだろう。
コメント

バラク・オバマが脱いだ:よっ、世界一?

2008-12-25 17:54:00 | Telegraph (UK)
なんのメリクリだかよくわかりませんが(笑)。


Barack Obama shirtless: Best of the world leaders?
(バラク・オバマが脱いだ:よっ、世界一?)
By Matthew Moore
Telegraph:24 Dec 2008
Barack Obama's impressive physique is the talk of the web, after he became the latest world leader to be photographed without a shirt.

バラク・オバマがシャツなしで写真に撮られた最新の世界的指導者になった後、彼の素晴らしい肉体美がネットで話題になっている。


というわけで、テレグラフさんが4人の写真を並べて下さいました。ウホな皆様、どうぞご堪能下さい。


わざとヨレヨレ気味のを選んだな(笑)。

わかります、ロイター修正前のおサルですね。


The US president-elect candidate revealed his muscular pectoral muscles and flat stomach while on holiday in Hawaii ahead of his inauguration next month.

アメリカ合衆国次期大統領は、来月の大統領就任式を前に休暇で訪れているハワイで、逞しい胸筋と引き締まった腹筋を披露した。

But while Mr Obama's shapely frame is testament to his daily fitness routine, other bare-chested premiers left an altogether less impressive mark on the public consciousness.

しかし、オバマ氏の肉体美は日課のフィットネスの証だが、他の首脳陣はシャツを脱いでも世論は然程評価してくれなかった。

Tony Blair was pictured topless while on holiday in the Caribbean in 2006, displaying the body of a man who had spent nearly 10 years enjoying the hospitality at diplomatic receptions and state banquets.

トニー・ブレアは2006年カリブ海でのホリデーで、10年近く外交式典やら晩餐会やらを楽しんだ男の体を見せ付ける、トップレスの写真が撮影された。

His French counterpart Nicholas Sarkozy also looked a little overweight when photographed paddling a canoe on holiday in the US last year, although readers of Paris Match were not to know.

フランス大統領のニコラス・サルコジも、去年アメリカでの休暇でカヌーを漕いでいるところを撮影された時は、少々太り気味のようだった…Paris Match誌の読者諸氏はご存じないだろうが。

The magazine retouched the images to remove his love handles, or tighten his "poignees d'amour" as the French say.

同誌は彼のラブ・ハンドル(腹部の贅肉)を除去すべく、もしくはフランス人言うところの「poignees d'amour」を引き締めるべく、画像を修正した。

Perhaps the only world leader with a body to rival Mr Obama's is Vladimir Putin, the former Russian president who stripped off while on a fishing trip in the Siberian mountains. Photos of his barrel chest and rugged arms, which were posted on the Kremlim website, burnished his image as a political and physical strongman.

恐らく、オバマ氏に対抗出来る肉体を持つただ一人の世界的指導者は、シベリア山脈での魚釣り旅行の間服を脱いでいたウラジーミル・プーチン元ロシア大統領だ。
クレムリンHPにアップされた彼のがっしりした胸板と逞しい腕の写真は、政治的にも肉体的にも強い男、というイメージを磨き上げた。

というわけで、こっちの写真を載せようか(笑)。
コメント

お金のことを考えると、脳味噌が元気になるようです

2008-12-25 17:51:31 | Telegraph (UK)

クリスマスなので、今週はマスコミも機能不全ですね。
市場もお休みですしね。
でもお仕事引き寄せちゃったワタクシは休んでられないんですね。
昔取った杵柄とか引っ張り出しちゃったりなんかしたりして。

Thoughts of money light up the brain
(お金のことを考えると、脳味噌が元気になるようです)
Telegraph:24 Dec 2008
Like the pound signs in the eyes of cartoon characters, thoughts of money light up visual areas of the brain, scientists have found.

お金のことを考えると(マンガで目に¥マークが出る感じ)脳味噌の視覚野が明るくなる、と科学者が発見。


Volunteers in the US had their brains scanned as they chose between red and green targets that varied in value at different times.

アメリカのボランティアが、それぞれ価値の異なる赤と緑のターゲットを選択しながら、脳のスキャンを受けた。

Selecting a target might yield 10 cents, or nothing. But participants who made the right choices could earn up to 10 dollars.

ターゲットの選択により、10セントもらえるかもしれないが、何ももらえないかもしれない。
だが正しい選択をした被験者は、最高10ドルまでもらうことが出来る。

The experiment showed that rewards altered brain activation in many areas of the human visual system.

脳には視覚をつかさどるエリアがあるが、その多くの活動に報酬が影響をもたらしたことが、この実験でわかった。

One of these was the first visually responsive region of the brain, a part of the visual cortex known as “V1” which represents basic features such as edge orientation and colour.

これらのエリアの一つは、最初は「V1」としてしられる視覚野の一部である一次視覚野脳で、これは方位や色といった基本的な情報を処理している。

Study leader Dr John Serences, from the University of California at San Diego, said: “When a target has been valuable in the past - if selecting it had paid off with money - the visual system represented it more strongly.

研究を指揮したサンディエゴ、カリフォルニア大学のジョン・セレンシス博士はこう語った。
「以前、ターゲットに価値があったばあい、例えばそれを選んだことで報酬が支払われた場合、視覚野はより強く反応した」。

“Rewards affected information processing, not just at a high level of cognitive function but right from the get-go.

「報酬は情報処理に影響を与えた。認識機能の高レベルのところだけではなく、一番最初のところからだ」。

“Though it is too early to say how this relates to perception, it raises the intriguing possibility that we see things we value more clearly - much like the way the brain responds to a bright object versus a dimly-lit one.”

「これが認識とどのように関係しているかを語るのは時期尚早だが、我々は価値があると思うものはより明確に見ているかもしれない、という非常に興味深い可能性を示している。脳が、光輝くものと薄暗くボンヤリしたものに反応するのと殆ど同じようにね」。

The research is published in the Boxing Day issue of the journal Neuron.

研究内容は、ニューロン誌ボクシング・デイ(12月26日)号に掲載される。

Activation was also seen in the frontal and parietal regions of the brain which have previously been implicated in anticipating and tracking rewards.

これまで報酬を期待したり見守ったりする際に関係してきた、前頭部や頭頂部でも活動が見られた。

These areas were very active when one choice was much more valuable than the other, indicating a role in decision-making.

或る選択肢が他の選択肢よりも価値があった時、これらのエリアの活動は非常に活発になり、意思決定における役割を示した。

Further research on how the brain represents the value of different objects could improve understanding of how addictions influence information processing, said Dr Serences.

脳がどのように異なる対象の価値を処理するか、に関する更なる研究は、中毒が以下に情報処理に影響をもたらすかの理解を改善するかもしれない、とセレンシス博士は語った。

The mere sight of drugs, cigarettes or particular foods, for example, may have an unusually big impact on some people.

例えば、麻薬、煙草、または特定の食べ物を見ただけで、異常に大きなインパクトを受ける人がいるかもしれない。
コメント

ウィタード、パスト・タイムスに買収される

2008-12-24 17:55:30 | Telegraph (UK)
これまた懐かしい名前ですなあ(笑)。
(英語ONLY)
90年代でも製造はインドだったりして、今思えば時代の最先端だったパスト・タイムス(過去、というブランド名だから余計に面白い)。
ここの製品は好きでしたね~…マッキントッシュ、アール・ヌーヴォーにアール・デコ、ウィリアム・モリス、プリ・ラファエライツ、ケルト、メディーヴァル、その他諸々。
実に愛おしい素敵なものが沢山あるお店でした。
あれだってバリバリのミドルクラスなJ姐さん(ハンプシャー在住)に言わせりゃ「タッキー」なんだけど、まあ、良いじゃないですか。
カフスボタンとか花瓶とか絵とか買った記憶があるなあ。

そこがウィタード救済団の仲間ってのがまた、なんというか、あの時代にあそこにいた人間だと感慨深くなってしまうのであります。

しかしプライベート・エクイティの動きを素直に「良かった~」と思えたのは初めてです(笑)。
エピックがパスト・タイムスを所有していて、ウィタードを飲み込むって、両店舗とも知ってるあなたなら、なんだかウフフじゃありませんか?

Whittard bought by Past Times chairman
(ウィタード、パスト・タイムスに買収される)
By James Hall and Ben Harrington
Telegraph:23 Dec 2008
Past Times chairman Will Hobhouse has emerged as part of the consortium that has rescued Whittard of Chelsea, the stricken tea and coffee retailer, out of administration.

経営難に陥った紅茶コーヒー小売業者のウィタード・オブ・チェルシーを破綻の憂き目から救済したコンソーシアムの参加者として、パスト・タイムスのウィル・ホブハウス会長の名前が浮上した。


The consortium backed by private equity house Epic has bought Whittard and Boaters Coffee Limited, a wholesaler and retailer of coffee products, for an undisclosed sum.

プライベート・エクイティ会社のエピックが後援する同コンソーシアムは、ウィタードとボーターズ・コフィーを買収した。
買収金額は非公開。
後者はコーヒー製品の卸と小売を行っている。

The 130-store chain businesses will continue to be run as a going concern, saving around 1,000 jobs.

130店舗を持つ同社は引き続き継続企業として経営され、約1,000人の職を守った。

Epic already owns Past Times and it is thought that Whittard could be combined with the historical accessories chain.

エピックは既にパスト・タイムスを所有しており、ウィタードはこの歴史をモチーフとしたアクセサリー・チェーン店と合併するかもしれない、と考えられている。

The deal would reunite Mr Hobhouse with Whittard, which he built up into a national chain in the 1980s and floated on London's Alternative Investment Market in 1996.

この取引でホブハウス氏は、彼が1980年代に全国チェーンに育て上げ、1996年にAIMに上場させたウィタードと再び合流することとなる。

Ernst & Young, the accountant, has been appointed as administrator of Whittard and oversaw the sale, in a "pre-pack" administration. Pre-pack administrations typically involve agreeing a deal to sell a company before it is put into administration.

ウィタードの管財人、そしてこの「プリパック」破産申請における買収を監督すべく任命されているのは、会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングだ。
プリパック破産申請では通常、会社が破産手続きに入る前に買収契約が結ばれる。

Epic was chosen as the preferred bidder for Whittard by advisers from KPMG, which was appointed by Baugur to run a sale of the business a couple of months ago.

バウグルが2ヶ月ほど前に同社を売却するために任命した、KPMGのアドバイザーにより、エピックはウィタードにとってより好ましい買収者として選ばれた。

The private equity company was selected from a shortlist of five potential bidders, which included Hilco and Gordon Brothers, and entered into serious talks to buy Whittard last Friday.

プライベート・エクイティ会社は、ヒルコやゴードン・ブラザーズを含む5つの候補から選出され、先週金曜日に正式な買収協議を開始した。

Sources familiar with the situation said that Epic had been willing to pay between £1m-£2m for Whittard.

これに詳しい情報筋は、エピックは100-200万ポンドで買収することに前向きだとしている。

Whittard was founded as a family business by Walter Whittard in 1886 as a specialist tea and coffee importer on London’s Fleet Street.

同社は1886年にロンドンのフリート・ストリートで、紅茶コーヒーの輸入を専門とする家族経営の会社として、ウォルター・ウィタードにより設立された。

Baugur’s Java Acquisitions bid vehicle bought the chain in 2005 for £21.5m but the chain was hit by poor sales over recent years. In October Baugur appointed KPMG to review cash management at the chain following an extended period of underperformance.

バウグルのジャヴァ・アクイジションズは、2005年に2,150万ポンドで同社を買収したが、近年は売上低迷に見舞われていた。
10月、バウグルは長期業績低迷を受けてKPMGにキャッシュ・マネジメントの見直しを任せた。

Whittard was put up-for-sale a few weeks later.

その数週間後、ウィタードは売りに出された。

At the time of KPMG’s appointment Gunnar Sigurdsson, chief executive of Baugur, said that the chain was not in trouble. Sigurdsson said: “I wouldn’t say trouble, but it is under pressure like everyone else. KPMG is looking to help Whittard out of it.’’

KPMGを任命した時、バウグルCEOのガンナー・シーグルズソンは同社に問題はないと語っていた。
シーグルズソンは「問題とは言わないが、皆と同じようにプレッシャーは受けている。KPGMがウィタードを救い出す方法を検討している」と言っていた。

Whittard could go into pre-pack administration, whereby it quickly is bought out with fewer liabilities. It is understood that Landsbanki, the Icelandic bank which backed Whittard, cut its funding lifeline in recent days. Ernst & Young declined to comment.

ウィタードは、負債をより減らして素早く買収することが可能な、プリパック破産申請を行うかもしれない。
ランズバンキがこの数日間に、同チェーンへの資金調達打ち切りを決断した、と理解されている。
アーンスト・アンド・ヤングはコメントを控えた。
コメント