今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イタリア:MPS銀行スキャンダルが「一触即発」で政治危機リスク

2013-01-31 12:11:23 | Telegraph (UK)
Italy risks political crisis as MPS bank scandal turns 'explosive'
(イタリア:MPS銀行スキャンダルが「一触即発」で政治危機リスク)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 8:57PM GMT 30 Jan 2013
Italian magistrates investigating losses at Banca Monte dei Paschi say the mushrooming scandal has taken a dramatic turn, with political fallout that threatens to rock the country's elections next month and upset eurozone plans for a banking union.

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行の損失を調査中のイタリア検察によれば、拡大中のスキャンダルに劇的展開があり、来月予定されている総選挙を混乱させユーロ圏の銀行同盟設立計画をとん挫させかねない政治的余波がありそうだとのこと。


"The situation is explosive," said Tito Salerno, head of the prosecuting team in Siena, describing the fast-moving events at Italy's third-largest bank as extremely grave.

「状況は一触即発だ」とシエナの検察官チームを率いるティト・サレルノ氏は述べて、イタリア第3位の規模を有する同行で急速に展開する事態を極めて深刻と評しました。

The Milan bourse tumbled 3.4pc and yields on 10-year Italian bonds spiked 15 basis points to 4.31pc as the political scandal widened.

政治スキャンダルが拡大する中、ミラノ市場は3.4%下落し、イタリア国債10年物の利回りは15BP急上昇して4.31%に達しました。

Monte dei Paschi (MPS), the world's oldest bank dating back to 1472, is under investigation for covering up losses on derivatives and paying over the odds for its €9bn (£7.8bn) purchase of Banca AntonVeneta in 2007. Italy's press alleges that the inquiry has unearthed a network of bribes and kickbacks, a claim denied by the bank.

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS銀行)は1472年に設立された世界最古の銀行ですが、デリバティブ取引の損失を隠蔽し、2007年にアントンヴェネータ銀行の買収に90億ユーロという法外な金額を支払った容疑で捜査を受けています。
イタリアのメディアによれば、この捜査で賄賂やキックバックのネットワークが暴かれたとのことですが、同行はこの主張を否定しています。

The lender has lost €6.4bn since early 2011 and the damage is mounting. Italy's weekly news magazine Panorama reports MPS could face another €500m losses from its "Chianti Classico" venture into property loans, a claim also denied.

同行は2011年初旬以降64億ユーロの損失を出しており、そのダメージは増大中です。
イタリアの週刊誌、パノラマ誌の伝えたところによると、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は「キャンティ・クラシコ」ベンチャーから不動産ローンまで多岐にわたる事業で更に5億ユーロの損失を出しそうだとのことですが、同行はこれも否定しています。

MPS has had to be rescued a third time, issuing a €4.5bn convertible bond at a 9pc interest rate. The stock price has crashed 95pc.

MPS銀行は3度目の救済を受けなければならなくなっており、9%の利回りで45億ユーロ相当の転換社債を発行しました。
株価は95%も暴落しました。

What makes the case so delicate are the bank's close ties to the Italian political Left. Right-wing critics claim it was a patronage machine for the Democratic Party (PD) of Luigi Bersani, current front-runner in Italy's close-fought elections.

この事件を極めてデリケートなものにしているのは、MPS銀行がイタリア政界左派と緊密なつながりを持っているからです。
保守系批判者は、この銀行は、激戦のイタリア総選挙で現在トップのピエル・ルイジ・ベルサーニ議員(民主党)の支援機構だとしています。

MPS is 35pc-owned by a foundation that answers to the PD-controlled Tuscan province of Siena and was run by ex-Communist Giuseppe Mussari until his abrupt exit this month.

MPS銀行の株式の35%は、民主党の支配下にあるトスカーナ州シエーナに責任を負う財団に保有されており、今月突然辞任するまで元共産党のジュッゼッペ・ムサーリ氏がこれを経営していました。

The debacle has led Italian news bulletins and is sapping support for Mr Bersani and ex-premier Mario Monti, the two pro-EU candidates committed to austerity and the EU reform agenda.

この混乱にイタリアではニュース速報が流れ、ベルサーニ議員とマリオ・モンティ元首相という、緊縮財政とEU改革アジェンダに献身的な二大欧州統合推進派候補への支持を弱めつつあります。

Comedian Beppe Grillo, scourge of the banking elites, is running at 18pc in the polls on an anti-European monetary union (EMU) ticket. The scandal has revived the hopes of former premier Silvio Berlusconi, struggling until now to make headway with populist attacks on the EU and daily fulminations against Germany, laced with warm words for Fascist dictator Benito Mussolini .

エリート銀行マンにお灸をすえるコメディアン、ベッペ・グリッロ氏は、反ユーロを掲げて18%の支持率を集めています。
今回のスキャンダルでは、シルヴィオ・ベルルスコーニ前伊首相の希望も復活しました。
元首相はこれまで、大衆迎合的なEU攻撃と日々のドイツ叩きと、これにファシスト独裁者のベニート・ムッソリーニへの温かな言葉をちりばめたものでは、なかなか効果を出せずにいました。

Mr Berlusconi's Party of Liberties (PdL) and its Northern League allies are running at 26pc in the polls. There is a growing likelihood of a split result in the elections, with the anti-EU Right gaining enough seats to block legislation. Any slippage on reform would call into question the European Central Bank's pledge to back-stop Italian bonds, endangering fragile confidence in Club Med debt markets.

ベルルスコーニ前首相の自由国民党と北部同盟を合わせると、26%の支持率があります。
選挙結果が分かれて、反EU保守派が法案を阻止出来るだけの議席を獲得する可能性が高まりつつあります。
改革に何らかの支障が出れば、ECBのイタリア国債保証に問題が生じ、地中海クラブの債券相場への脆弱な信頼感を危機にさらす可能性があります。

"The Italian elections are a major cause for worry," said Athanasios Orphanides, a former European Central Bank governor and now at MITs Sloan School of Management. "The eurozone is not out of the woods yet. People don't seem to fully realise that the economy is in a much weaker state than a year ago and unemployment dynamics are getting worse. All it would take is an event that triggers uncertainty again and there could be a fresh crisis."

「イタリア総選挙は大きな懸念の種だ」と元ECB理事で現在はMITスローン・スクール・オブ・マネジメントに勤務する、アタナシオス・オルファニデス氏は言います。
「ユーロ圏はまだ危機を脱していない。人々は経済が一年前に比べて遥かに脆弱になっていること、そして失業の力学が悪化中であることを、きちんと認識していないようだ。不安を引き起こすような事件が一つでも再発すれば、新たな危機になりかねない」

The scandal has drawn in the ECB's president Mario Draghi, who was head of the Bank of Italy and in charge of oversight when regulators failed to pick up the warning signs at MPS. Daily newspaper Corriere Della Sera has obtained documents showing that the Italian central bank knew about trouble in 2010 and sent two missions to go through the books, but then played down the affair. Italian magistrates in Trani have opened a parallel investigation into the conduct of the Bank of Italy itself.

MPS銀行スキャンダルはマリオ・ドラギ総裁も巻き込みました
ドラギ総裁は、規制当局がMPS銀行のワーニングサインを察知し損ねた時に、イタリア中銀総裁を務めており、監督責任を負っていたのです。
日刊紙のコリエーレ・デラ・セラ紙は、イタリア中銀が2010年に問題を知っており、帳簿の確認を2度行ったものの、事件をもみ消してしまったことを示す文書を入手しました。
トラニの検察は、イタリア中銀そのものの行動に関する捜査を並行して開始しました。

Mr Draghi has held closed-door meetings in Italy over recent days to calm waters, but the scandal is a gift to those in Germany opposed to a full EMU banking union under ECB control. "This could seriously damage Mr Draghi's credibility. If he did not know what was going on at MPS, they will say he is hardly the ideal man to take over eurozone bank supervision," said Stephen Lewis from Monument Securities.

ドラギ総裁はイタリアでこの数日間、事態の鎮静化を目指して密室会議を行っていますが、このスキャンダルはECB管理下の完全なユーロ銀行同盟設立に反対するドイツ勢にとって点からの贈り物です。
「これはドラギ総裁の信頼性に深刻なダメージを与える可能性がある。総裁がMPS銀行で起こっていることを知らなかったのなら、ドラギ総裁はユーロ圏の銀行監督を任せるに理想的な人物とは言えない、と彼らは言うだろう」とモニュメント・セキュリティーズのスティーヴン・ルイス氏は言います。

The Berlusconi-controlled newspaper Il Giornale is relishing its moment of revenge on the Left, writing that the MPS scandal had exposed the hypocrisy of Tuscany's high-minded elites. "The supposed moral superiority of that world is collapsing as the investigation closes in," it said.

ベルルスコーニ前首相の新聞、イル・ジョルナーレ氏は左派に報復するチャンスを楽しんでおり、MPS銀行スキャンダルはトスカーナ州の高潔なエリート連中の偽善を暴いたと伝えています。
「世界の道徳的優位性とやらは、捜査が進むにつれ崩壊しつつある」とのことです。


ベルたんが復活したら面白いのになー、と無責任に思っています。
ついでに、基本嫌いだけどオランドさんより面白いからOKなサルたんも復活したら笑えるのに。
プー大帝も自民党も保守党も復活したんだし。
植毛直後で頭にバンダナ巻いちゃってるベルたんがウロウロして「ばんがばんがー!!」とか叫んで、それを「不愉快」とデカいフォントで顔に書いたメルケルが眺めつつ、シークレットシューズなサルがプー大帝のランチで飲み過ぎてへろへろ会見して、陰からニヤニヤと見守るロシア勢とか、その横で「ねえねえ、僕たちスペシャル・リレーションだよね」「うっせーなー」なキャメロン&オバマ…愉快なG8が見たい。



コメント

ギリシャ支援:IMFが国債買い戻し行き詰まりで撤収をほのめかして立ち消えか

2013-01-31 11:32:34 | Telegraph (UK)
古い記事~、古い記事~、の最後です。

11月末の記事ですから、ほんの2か月でこのありさま。
というか、2か月経ってもこのありさま。

Greek deal frays as IMF threatens walk-out on debt buy-back impasse
(ギリシャ支援:IMFが国債買い戻し行き詰まりで撤収をほのめかして立ち消えか)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 6:14PM GMT 29 Nov 2012
The eurozone's debt relief plan for Greece has hit serious trouble within days as banks and pension funds balk at fresh losses, raising fears that the package could unravel before a deadline in mid-December.

銀行や年金基金が新たな損失に異議を唱え、12月中旬のデッドラインまでに支援策が崩壊するかもしれないとの懸念を高めており、ユーロ圏のギリシャ救済計画は数日以内に難問に直面するでしょう。


The International Monetary Fund said on Thursday that it would not disburse funds under its part of the EU-IMF package unless the eurozone delivers on a bond "buy-back" scheme, which is supposed to cut Greece's burden by 10pc of GDP and is deemed crucial for restoring long-term viability.

IMFは木曜日、ユーロ圏が債券「買い戻し」計画を実施しない限り、EU・IMF支援における負担分を出さないと述べました
同計画は、ギリシャの負担をGDP比10%軽減し、長期的持続可能性を回復させるために重要だと考えられています。

If the IMF withdraws, Finland and Holland will also pull out of the programme. "This has become a really big problem," said Raoul Ruparel from Open Europe.

IMFが手を引けば、フィンランドとオランダも手を引くでしょう。
「これは極めて大きな問題になった」とオープン・ヨーロッパのラウール・ルパレル氏は言います。

The dispute comes as Moody's said the EU-IMF deal to unlock ?44bn in bail-out payments to Athens merely papers over cracks and does little to alleviate Greece's "extreme economic and social fragility".

この議論が起こった頃、ムーディーズはEU・IMF支援策による440億ユーロのギリシャ政府への支援金は焼け石に水であり、ギリシャの「極端な経済的、社会的脆弱性」を改善出来るほどの規模ではないとの見解を表明しました。

"We believe that the country's debt burden remains unsustainable," it said. Moody's warned that there can be so lasting solution until EU states and official creditors agree to write down their holdings, now the lion's share.

「ギリシャの債務負担は引き続き持続不可能だと考える」とムーディーズは述べて、EU諸国と公的債権者が今や巨額に上る保有残高の償却に合意しない限り、継続的解決策はあり得ないと警告しました。

Private investors are furious at demands that they take a second "haircut" of 70pc on residual holdings, after already taking a 53.5pc loss earlier this year, while official creditors still refuse all loses.

民間投資家は、今年先に既に53.5%の損失を被った挙句、保有残高への2度目の70%「ヘアーカット」を受け容れろと要求されて激怒していますが、公的債権者は引き続き一切の損失を拒絶しています。

Greek banks told finance minister Yannis Stournaras on Thursday that they cannot take part in the "buy-back" plan unless the Troika-imposed terms of Greece's bank recapitalisation scheme are relaxed. They still hold ?22bn of Greek bonds, mostly used as collateral for raising money under the European Central Bank's emergency liquidity assistance (ELAs).

ギリシャの銀行は木曜日、ヤニス・ストゥルナラス希財務相に、EU・IMFトロイカが課した資本注入条件が緩和されない限り「買い戻し」プランに参加出来ないと伝えました。
これらの銀行は今も220億ユーロに上るギリシャ債を抱えており、その大半はECBの緊急流動性支援で資金を調達するための担保に使われてしまっています。

"It is our patriotic duty to make the scheme succeed. It must succeed," said Mr Stournaras, although he also alluded vaguely to a "Plan B".

「プランを成功させるのは我々の愛国的義務だ」とストゥルナラス財務相は言いましたが、「プランB」も曖昧に示唆しました。

Mr Ruparel said the burden will have to fall on foreign pension funds, insurers and banks with some ?30bn of bonds, but it is unclear how they can be made to comply. The scheme is supposed to be voluntary. "Most want to hold the debt to maturity and have no interest in crystalising losses," he said.

ルパレル氏によれば、この負担は300億ユーロ相当の債権を保有する海外の年金基金、保険会社、そして銀行に降りかかるものの、どのように彼らを従わせるかはわかりません。
「大半は償還期限まで債券を保有したいと考えており、損失の結晶化には一切関心がない」と同氏は言います。

Under the buy-back plan, investors sell their bonds back to Greece at a 70pc discount - last week's market price. Greece in turn borrows the money from the eurozone bail-out funds.

買い戻しプランでは、投資家は(先週の市場価格の)7割引きの金額でギリシャに債券を売却します。
ギリシャは次に、欧州安定メカニズムから資金を借り入れます。

The Institute of International Finance (IIF) said it would be an outraged if its members are forced to take further losses.

IIFは、メンバーが追加損失を強いられるなどとんでもないことだとしています。

"Debt restructuring was clearly explained to investors as a one-off, as unique, not to be repeated. If they do restructure again, their own credibility is at risk," said the IIF's Hung Tran.

「債務再編は投資家に対して、一回限りの単独のものであって繰り返されないとはっきり説明された。再び債務再編を行うなら、彼らの信頼性を危険にさらすことになる」とIIFのHung Tran氏は言いました。

In theory, the plan could cut Greece's ?301bn debt by ?20bn, but the IMF has been sceptical from the start. Without it, Greece cannot come close to meeting the agreed debt target of 124pc of GDP by 2020.

理論的には、このプランはギリシャの債務を200億ユーロ減らして3,010億ユーロにすることが出来ますが、IMFは最初から懐疑的でした。
それなしには、ギリシャが2020年までにGDPの124%という合意済みの財政赤字目標に達することはほぼ不可能です。

Leaked documents have already cast serious doubts on that target, much to the irritation of the IMF, which fears that its own credibility is being damaged by the continued fudge over figures that appear to be extracted out of thin air and have repeatedly proved wide of the mark over the past two years.

IMFを大いに苛立たせることに、リークされた文書は既にこの財政赤字削減目標に重大な疑義を呈しています。
IMFは、過去2年間に亘って根拠もなければ何度も大外れした数字のでっち上げが続いていることで、自らの信頼性が傷つけられることを懸念しています。

There is mounting irritation among the Asian and Latin American members of the IMF Board - as well as the US - at the failure of the Europeans to deploy their full wealth to clean up an internal EMU problem.

IMF専務理事会のアジアおよび南米の理事(米国もですが)は、欧州勢がユーロ圏の域内問題を解決するために全力を投じていないことに、苛立ちを高めています。

Gary Jenkins from Swordfish said there is a risk that the deal will "fall apart" over coming months. "It is a long way away from the permanent fix that the IMF had been insisting upon. It is just one more big kick of the can down the road."

ソードフィッシュのギャリー・ジェンキンス氏は、支援合意が今後数か月以内に「崩壊する」リスクがあると言います。
「IMFが口を酸っぱくしているような恒久的解決策には程遠い。五月雨の大きなのがまた一つ落ちるだけだ」

Dario Perkins from Lombard Street Research said the convoluted deal aims to veil the fact - until after Germany's elections next year - that German taxpayers are facing real losses for the first time since the crisis began. "In the meantime, Greece's Greater Depression will just get greater," he said.

ロンバード・ストリート・リサーチのダリオ・パーキンス氏は、この複雑な取り決めは、ドイツの納税者は危機勃発以来初めて現実の損失に直面している、という事実を(来年予定されているドイツの総選挙が終わるまで)隠ぺいすることを目指していると言います。
「その間に、ギリシャの大恐慌は更に悪化する一方だ」とのことです。

Mr Perkins said the package inflicts serious humiliations on Greece. The Troika will confiscate all privatisation revenues and the primary surplus at source for debt payments, yet offers no real change in strategy. "The plan to 'save' Greece shares the same fatal flaw as all the others. Rather than recognize that its policy prescriptions are fundamentally wrong - that austerity is no solution to a depression and Greek debt must eventually be written down completely - the Troika has stuck to its view that lack of success reflects poor Greek effort."

パーキンス氏は、この支援策はギリシャを悉く侮辱するものだと言います。
EU・IMFトロイカは民間部門の収益と財政黒字を債務の返済のために根こそぎ持っていくでしょうが、戦略については一切実質的な変更を提案しません。
「ギリシャ『支援』計画には、その他全ての計画と同じ致命的な欠陥がある。自分たちの政策案が根本的に間違っていること(緊縮財政は不況の解決策ではなく、ギリシャの債務は最終的には完全に損失処理を余儀なくされる)を認識するのではなく、成功しないのはギリシャの努力が足りないからだ、という自らの見解にトロイカはしがみついている」

It is far from clear whether Greek society will accept yet more cuts as the economy contracts a further 4.5pc next year. Youth unemployment is already 58pc. The anti-Memorandum Syriza movement is running at 32pc in the polls.

来年は経済が更に4.5%も縮小する中で、ギリシャ社会がこれ以上の緊縮を受け容れるかどうかは全く分かりません。
若年層失業率は既に58%に達しています。
反覚書の急進左派連合の支持率は32%に上っています。

While there is no doubt that the German Bundestag will back the deal for Greece in a vote on Friday, it is becoming hard for Chancellor Angela Merkel to disguise the mounting cost.

ドイツ連邦議会が金曜日の投票でギリシャ支援策を支持することは間違いないものの、アンゲラ・メルケル独首相にとって増大するコストを誤魔化すことは益々難しくなりつつあります。

FT Deutschland said the process had become a charade. "Almost everybody knows Greece will need debt restructuring in the long run. It will remain cut off from capital markets and dependent on the international community for aid, and European citizens should be made aware of this. Political integrity from the eurozone-IMF talks are long overdue. Instead they are maintaining the illusion - especially in Germany - that the whole thing won't cost taxpayers much."

FTドイツ紙によれば、このプロセスは茶番劇と化したとのこと。
「ギリシャは長期的には債務再編が必要になるということは、ほとんど誰もが知っている。この国は資本市場から切り離されたままで、国際社会からの支援に依存したままになるだろう。欧州の人々はこれを知らされなければならない。ユーロ圏・IMFの政治的統合協議は延び延びになっている。その代わりに、特にドイツだが、納税者への負担は大したものにならないなどという幻想を維持している」

Die Welt said the Chancellor's office is still trying to "play down" the awful truth that the eurozone is turning into a "transfer union". The newspaper said it will soon be clear to everyone that the ultimate red line has been breached.

ディ・ヴェルト紙は、メルケル首相側はユーロ圏が「債務移転同盟」に変わりつつあるという酷い真実を未だに「軽く扱おう」としていると報じました。
同紙によれば、絶対に越えてはならない一線は既に越えられているということが、間もなく皆に明らかになるそうです。





コメント

中国、昔の悪い癖に戻ってハードランディング回避

2013-01-30 13:09:48 | Telegraph (UK)
古い記事~、古い記事~。
在庫残り一個です。やたー。

China shakes off hard landing by reverting to bad old ways
(中国、昔の悪い癖に戻ってハードランディング回避)
By Ambrose Evans-Pritchard, International business editor
Telegraph: 7:30PM GMT 02 Dec 2012
China's gauge of manufacturing industry jumped to a seven-month high last month in the latest sign that Asia's powerhouse is springing back to life.

中国の製造業指数は先月、7ヶ月ぶり最高を記録しました。アジアのパワーハウスが急速に息を吹き返しつつあるという最新の兆しです。


"It appears that the much-feared 'hard landing' has been averted. Growth has bottomed out," said Xianfang Ren, from IHS Global Insight.

「恐れられていた『ハードランディング』は回避されたようだ。成長は底入れした」とIHSグローバル・インサイトのXianfang Ren氏は言います。

The official purchasing managers' index (PMI) for November jumped to 50.6, safely above the expansion line of 50 for the third month. It ends a protracted industrial slump over the past year that has left Chinese steel mills idle and ravaged shipbuilders.

政府が発表した11月の購買担当者景況指数は50.6に跳ね上がって、3ヶ月連続で50を上回りました。
これで過去1年間続き、中国の製鋼所を休止させ造船業を荒廃させた、産業不況も終わるでしょう。

Korea's exports rose 3.9pc last month and Japan's industrial output has begun to rebound after months of contraction, suggesting the worst is over for the Pacific rim. "The signs of a turnaround in the global trade and manufacturing cycle are accumulating," said Joachim Fels, from Morgan Stanley.

先月は、韓国の輸出は3.9%伸び、日本の産業生産も何か月にも亘る減少を経て回復し始めましたが、これは環太平洋地域が最悪の状況を脱したことを示唆しています。
「国際貿易と生産サイクルの方向転換サインが続々と出ている」とモルガン・スタンレーのヨアキム・フェルズ氏は言いました。

China's slowdown was deliberately engineered by Beijing last year through property curbs and monetary tightening, but slipped control in mid-2012 as the economy came close to outright deflation. The regime has since opened the credit spigot and cranked up stimulus.

中国の景気減速は、中国政府が昨年意図的に不動産制限と金融引き締めにより起こしたものでしたが、2012年中盤には中国経済が全面的デフレ間近となる中で制御不能になりました。
政府はその後信用の引き締めを解放して刺激を注入しました。

Mrs Xianfang said the PMI data wrongly heralded recovery in the spring but this time the revival of state-driven infrastructure projects and road-building points to a more durable rebound.

Xianfang氏によれば、購買担当者景況指数は春に間違った回復の兆しを示してしまったが、今回は政府主導のインフラ計画や道路建設の再開で、より持続的な回復になりそうだとのことです。

However, regional authorities are storing up trouble by "riding to the rescue of debt-laden firms which - in a pure market economy - would be going bust". She said the refusal to let market forces clear dead wood will sap the country's dynamism over time, but for now there is no denying the power of stimulus.

しかし、地方自治体は「(純粋な市場経済なら)倒産するような借金だらけの会社の救済に駆け付ける」ことで問題を蓄積中です。
Xianfang氏は、市場の力のゾンビ駆逐を拒絶することは、中国のダイナミズムを徐々に弱らせるだろうが、今のところ刺激の力は否定しようがないと言います。

Moody's said China's recovery is on track for the next few years but the era of easy growth is coming to an end. The country will have to make the shift from top-down planning to free-market reform to remain vibrant into the next decade.

ムーディーズによれば、今後数年間の中国の景気回復は順調だとしながらも、簡単に成長出来る時代は終わりつつあるとしています。
中国が次の十年間も活況を維持するには、トップダウン型の計画から自由市場改革にシフトしなければならなくなるでしょう。

Incoming premier Li Keqiang has given mixed signals over recent days. He said China must change its structure to avoid falling into the "middle-income trap" with a growing gap between rich and poor and "increasing social unrest".

李克強首相は数日前から複雑なシグナルを出しています。
曰く、中国は貧富の差が広がり続け「社会不安が増大」する「中所得国の罠」を回避するために構造改革を行わなければならない、と発言しました。

Yet at the same time he has boosted hopes of another cycle of torrid growth and mega-projects by pledging that the urbanisation drive would be a "huge engine" of growth over the coming decade. Another 100m migrants are expected to reach Chinese cities by 2020, lifting the urbanisation rate to 60pc.

しかし、それと同時に、李首相は都市化推進は次の十年間、成長の「巨大エンジン」になると約束して、急激な経済成長とメガプロジェクトの新たなサイクルへの期待を高めました。
更に1億人の移民が2020年までに都市部に移り、都市化率を60%に押し上げるだろうと予測されています。

The comments sent shares of developers and property companies sharply higher last week. The rest of the stockmarket remains depressed, with the Shanghai composite index slumping below 2,000. It is down two-thirds from its peak in 2007, one of the world's worst bear markets in more than 50 years.

上記の首相のコメントにより、先週は開発業者と不動産会社の株価が急上昇しました。
他の銘柄は回復しておらず、上海総合指数は2,000を下回ったままです。
2007年のピークから3分の2下落しており、過去50年間で最も弱気な市場の一つとなっています。

Jung Ulrich, from JP Morgan, said small investors have fled the market due to lack of trust in the opaque practices of state companies, but the securities regulator is pushing reforms to lure back capital. The rules have been changed to let foreigners take a 30pc stake in Shanghai's so-called "A" shares.

JPモルガンのユング・ウルリッヒ氏は、個人投資家は公営企業の曖昧なやりかたに信頼を喪失して市場から逃げてしまったが、証券規制当局は資本を呼び戻そうと改革を推し進めている。
外国人も上海市場のいわゆる「A」株を30%まで変えるように規則が変更された。

Mrs Jung said recent weakness offers a good entry point for investors. Industrial profits rose 20.5pc in October, and the ratio of equities to the M1 money supply is far below historic norms.

ユング女史曰く、最近の株価低迷で投資家は市場に参加し易くなっていると言います。
10月は工業セクターの企業利益が20.5%上昇し、M1マネーサプライに対する株式の比率は歴史的水準を大きく下回っています。


コメント

世界の商品スーパーサイクルの終わりはまだ遠い

2013-01-30 13:09:26 | Telegraph (UK)
古い記事~、古い記事~。

The world's commodity supercycle is far from dead
(世界の商品スーパーサイクルの終わりはまだ遠い)
By Ambrose Evans-Pritchard, International business editor
Telegraph: 7:46PM GMT 02 Dec 2012
Great resource booms usually end abruptly, catching almost everybody by surprise.

大資源ブームは通常、突然終了して、ほぼ全ての人々を仰天させるものです。


The rhythm is as old as mankind. It is poignantly described Nobel laureate Halldor Laxness through the life of an Icelandic sheep farmer a hundred years ago in Independent People, harrowing because his ruin is so utterly human.

そのリズムは人類と同じくらいの歴史を持ちます。
ノーベル賞受賞者のハルドル・ラクスネス氏が、100年前のアイスランドの羊飼いの人生を通じて『Independent People』に鋭く描かれています。
羊飼いの破滅が余りにも人間らしいがために、恐ろしいのです。

Studies by the World Bank covering two centuries of data sketch a pattern of 10-year supercycles, followed by a slide for the next 20 years or so as excess investment leads to a flood of supply. The long bear market can be cruel for those hanging onto to resource stocks, convinced that the rebound must be nigh.

2世紀分のデータを網羅した世銀の調査は、過剰投資が供給過剰をもたらすことによって次の20年程度下降する、10年間のスーパーサイクルのパターンを描き出しました。
長期的なベア・マーケットは、リバウンドは間近に違いないと確信して、資源銘柄にしがみついている人々にとって、冷酷たり得ます。

Mark Ryder, Australian investment chief for UBS, says we are reaching just such an inflexion point as China's manic construction phase gives way to more sedate growth, and Europe, America, and Japan take their fiscal medicine. "The commodity super cycle's end is at hand. The scene is set for a momentum shift," he said.

UBSのオーストラリア人のインベストメント・チーフ、マーク・ライダー氏によれば、中国の狂気じみた建設フェーズがより落ち着いた成長に道を譲り、欧州、米国、日本が財政再建に乗り出す中で、僕らはちょうどそんな転換点に至りつつあるのだそうです。
「商品スーパーサイクルの終焉はすぐそこだ。この光景はモメンタムが変わる用意は整っている」と同氏は言いました。

This view is daily dinner talk in Australia, a country that lives off iron ore and coal sales to China - and described contentiously by Dylan Grice from Societe Generale as "a credit bubble built on a commodity market built on an even bigger Chinese credit bubble".

この見解は、鉄鉱石と石炭の対中販売で食べているオーストラリアでは、毎日話題に上っており、ソシエテ・ジェネラルのディラン・グライス氏には「これまで以上に巨大な中国信用バブルの上に作られた商品市場の上に築かれた信用バブル」と喧嘩腰で評されました。

It is starting to take hold as the new consensus in the City where funds are keeping a close eye on the mining trio of BHP Biliton, Rio Tinto, and Brazil's Vale. All three are battening down the hatches as hopes fade that this year's 23pc fall in iron ore prices will soon reverse. Rio is cutting $5bn in spending by 2014. Vale is expected to pare back its $40bn investment plans next week.

これはファンドがBHPビリトン、リオ・ティント、ヴァーレの三大鉱業会社に注目し続けるシティの新たな常識とされ始めました。
三社とも、今年は23%も下落した鉄鉱石価格が間もなく再上昇するかもしれない、との希望が消えつつある中で、危機への備えを進めています。
リオ・ティントは2014年までに支出を50億ドル削減し、ヴァーレは来週、400億ドルの投資計画を縮小すると予想されています。

But it is a report by Citigroup's Edward Morse that has most rattled resource. He claims that America's shale gas revolution - which has cut US natural gas prices by 70pc - is a taste of what will happen across the gamut of commodities as vast investment comes on stream. The inference is that parking money in "long-only" resource index funds - worth $250bn - has become a mug's game.

しかし、資源業界を最も同様させたのは、シティグループのエドワード・モース氏のレポートです。
米国のシェール・ガス革命(米国の天然ガスの価格を70%引き下げました)こそ、巨額の投資が急激に集まる中で、様々な商品を通じて起こる事態の一端を垣間見せている、と同氏は主張しています。
「ロング・オンリー」の資源指数ファンドに資金を投資しておくこと(2,500億ドル相当)はカモネギだとほのめかしているのです。

It is the classic pincer movement of supply and demand, with Chinese imports of iron, copper, coal, and oil cooling at just the wrong moment. "It is now clear the commodity super-cycle is over. The overall slowing and the restructuring of the Chinese growth model should mark a watershed in global commodity markets. For many industrial metals, China, in fact, was responsible for all of net global demand growth after 1995," he said.

これは古典的な需要と供給の挟み撃ちの動きです。
中国勢の鉄、銅、石炭、石油の輸入が間違ったタイミングで冷え込んでいます。
「商品のスーパーサイクルが一巡し切ったのは今や明らかだ。全体的な減速と中国の成長モデルの再構築は、世界の商品相場の転換点を印したはずだ。多くの工業金属については、実は、中国が1995年以降の世界需要の純増させたのは全て中国だった」とモース氏は言います。

To be precise, China's share of total world demand in 2011 was: soya (27pc) cotton (38pc), aluminium (40pc) iron ore (40pc), coal (42pc), zinc (42pc), lead (43pc), copper (43pc), and lean-hogs (50pc).

厳密には、2011年の世界総需要に占める中国の割合は、大豆が27%、綿が38%、アルミニウムが40%、鉄鉱石が40%、石炭が42%、亜鉛が42%、鉛が43%、銅が43%、豚赤身肉が50%です。

Mr Morse says China's growth will slow from 10.5pc to 5.5pc by 2020 - Credit Suisse thinks it could be as low as 4pc, and the US Conference Board 3.7pc - but the crucial twist is that appetite for resources will wane as the Politburo calls time on history's greatest building boom in history and opts instead for a modern, sleek, consumer and service-driven economy.

モース氏によれば、中国の成長は2020年までに10.5%から5.5%に減速するだろうとのことです(クレディ・スイスは最悪4%、米国産業審議会(CBC)は3.7%)。
しかし、中国共産党政務局が史上最大の建設ブームに待ったをかけて、モダンで、スマートで、消費者とサービス主導型の経済を選ぶ中で、資源への需要が減退する展開となれば大変なことです。

This then is the argument of the bears, one that many of us will have to grapple with over coming months. If they are right, it will churn up the global investment landscape, rippling through the currency markets. Much of the London Stock Exchange is a resource play, either directly or through Russian and Kazakh companies and such-like that feed off commodity economies. But are they right?

そしてこれはベア派の主張であり、今後数ヶ月間に僕らの多くが立ち向かわなければならなくなる多くの主張の内の一つです。
ベア派が正しければ、それは世界の投資見通しをかき回し、為替相場を通じて広がるでしょう。
ロンドン市場の参加者のほとんどは、直接的またはロシアやカザフスタンの企業などの商品経済で食べている企業経由で間接的に、資源を取引しています。
しかし、ベア派は正しいのでしょうか?

It is not entirely clear to me why a such a China would be energy frugal. The country is to add 125m cars over the next five years, half the entire US fleet, which will have to be parked in multi-story blocks or below ground. Petrol at the pump costs 66p a litre, so it is not exactly rationed. (Saudi Arabia is worse of course: it costs 5p for diesel).

中国がどうしてこれほどエネルギーに淡泊になるのか、僕にははっきりわかりません。
この国では今後毎年1,250万台も自動車が増えますが、これは米国の自動車台数の半分に相当します。
これらの自動車は立体駐車場か地下駐車場に停めなければならなくなります。
ガソリン価格は1リッター66ペンスですから、配給制というわけではありません。
(サウジアラビアは言うまでもなくもっと酷い状況で、ディーゼルで1リッター5ペンスです。)

In any case, the Reserve Bank of Australia - keenly alert to the China's story - disputes the basic premise. It argues in a report that construction will not peak in absolute terms for another five years as 20m rural migrants pour into the cities each year. The pace will not slow much until the urbanisation rate reaches 70pc in 2030.

いずれにせよ、中国情勢を熱心に観察するオーストラリア中銀は、大前提に反論しています。
同行はレポートの中で、都市部に毎年2,000万人の移民が地方から雪崩れ込むので、まだ5年間は絶対的にはピークに達しないとしています。
2030年に都市化率が70%に達するまで、ペースが大きく鈍化することはないだろうとのことです。

The RBA said China's growth will become more "steel-intense" - not less - as building shifts to high-rise blocks and urban sophistication. "Steel used in residential construction will peak around 2024, at a level that is 30 per cent higher than in 2011," it said.

オーストラリア中銀によれば、建物が高層化し都市が洗練される中で、中国の成長はより「鉄中心」になる(のであって軽減されるのではない)そうです。
「住宅建設に用いられる鉄は2024年頃にピークを迎える。2011年の水準を30%上回る水準になるだろう」

I have made two trips this year to cities deep in the interior and it is hardly a secret that Chengdu, Chongqing, Xi'an, Changsha, and Kunming and others are attempting to replicate the East Coast booms with their own metropolitan extravaganzas over the next decade.

僕は今年2度、中国内陸部の都市を訪れましたが、成都、重慶、西安、長沙、昆明などは公然と今後十年間にメトロポリス建設祭で東沿岸部のブームを真似しようとしています。

Chengdu's planning chief told me the Hukuo feudal system that keep peasants stuck in their villages is being dismantled in Sichuan, opening they way for a fresh wave of migration. She expects her city to grow from 14m to 20m by 2020.

成都の都市計画のトップは僕に、農民が村に縛り付けられる制度は四川省では解体されており、新たな移民の波に門戸を開きつつあると話しました。
彼女は成都の人口は2020年までに1,400万人から2,000万人に増加すると予想しています。

Nor is it clear that the Communist Party is yet ready to wean the country off state credit, top-down planning, and chronic over-investment, an addictive model for Maoist patronage.

また、政府の信用供与、トップダウン計画、慢性的過剰投資といった、毛沢東主義支援への中毒的モデルから国を解放する準備が中国共産党にあるかどうかも、よくわかりません。

China's Development Research Council knows that the catch-up model launched by Deng Xiaoping in 1978 is no longer fit for purpose as China moves up the technology ladder.

中国国務院発展研究センターは、1978年に小平が開始したこのキャッチアップ・モデルが、中国がテクノロジーの梯子を上る中では、もはや目的にそぐわないということを知っています。

Yet the Party's 10-year power transition last month seems to have been a victory for hardliners. Key reformers were shut out of the seven-man Standing Committee. The North-Korea trained Zhang Dejiang has tightened his grip, a boon to the state-owned behemoths. It looks as if the Politburo may try to keep the infrastructure blitz going for another cycle, extending it to the 800m or so people of the hinterlands.

しかし、先月行われた中国共産党の10年に一度の政権交代は、強硬派の勝利に終わったように見えます。
主な改革派は7人の委員からなる常任委員会から締め出されました。
北朝鮮で訓練を受けた習近平主席は、公営巨大企業には朗報なことに、支配力を強めました。
政務局はインフラ投資のサイクルをもう一度回して、内陸部に住む8億人の人民へと拡大しようとしているようです。

This is fatal for China. Such a course risks ensnaring the country in the "middle income trap" over the long-run. But in the short-run - say another five-year cycle - it could kindle a fresh burst of uber-growth, with demand cascading through the Asian tigers and the commodity complex.

これは中国にとって致命的です。
そのような路線は、同国を長期的に見て「中所得国の罠」にかける危険があります。
しかし短期的、例えば5年サイクルで見ると、新たな急成長に火を点けて、需要はアジアの新興国やコモディティ・コンプレックス全域に広がります。

Standing back, you might argue that commodities have held up remarkably well this year given that Europe has crashed back into double-dip slump, that the US slowed to stall-speed over the early summer, and that China itself has been through a quasi-recession with falling electricity use and rail freight, and a collapse in steel output.

一歩引いて、ヨーロッパが二番底に陥ったこと、米国の経済成長が初夏はゼロに停滞したこと、そして中国そのものが準不況状態を経験し、電力使用量も鉄道輸送量も減少した上に、鉄の生産も激減したことを考えれば、商品相場は今年は極めてよくもったと言うことが出来るかもしれません。

For Brent crude to trade at $111 a barrel in such a bleak world suggests that Asia's industrial revolutions have pushed oil prices to a structurally higher plateau. Energy costs may well punch higher once the next cycle of growth is under way.

そのような状況でブレント原油に1バレル111ドルの値が付くことは、アジアの産業革命が石油価格を構造的により高い水準まで押し上げたことを示唆しています。
エネルギー費は、次の成長サイクルが進めば、更に押し上げられる可能性が高いかもしれません。

No doubt the Malthusian narrative - peak this, peak that - at the top of the commodity boom four years ago was overblown. The US energy revival has shown how quickly human ingenuity can sweep away assumptions.

4年前の商品ブームの頂点で言われた、これもピークに達する、あれもピークに達する、マルサス的な物語が大げさだったことは間違いありません。
米国のエネルギー・リバイバルは、どれほど素早く人間の知恵が推測を圧倒出来るかを見せつけました。

Yet all the nagging worries about resource depletion are still there. New supplies of oil are mostly deep in the ocean beneath of layers of salt, or in Russia's arctic High North, or in Canadian tar sands at a production cost of $90.

とはいえ、資源不足に関する全ての懸念は消えていません。
石油の新しい供給元の大半は、深海底油田か、ロシアの北極圏の油田か、またはカナダのタール・サンドで、その原価は90ドルに上ります。

The US National Academy of Sciences says that 26pc of all copper that ever existed in the earth's crust has already been lost in usable form for mankind, and to my knowledge this claim has not been refuted. Platinum supplies are even tighter.

全米科学アカデミーによれば、地殻の銅の26%は人類が使ってしまったとのことで、僕が知る限り、この主張への反論は出ていません。
プラチナの供給は銅を上回る厳しさです。

The shift towards an animal-protein diet in China and across Asia continues to gobble up supply of grains as feed, in competition with biofuels. United Nations data shows that the world is losing 12m hectares of arable land each year (Britain's total is 17m) due to urban sprawl and degradation, yet there are an extra 73m mouths to feed each year.

中国およびアジア全土で進む動物性蛋白質への食のシフトは、穀物を飼料として大量に使用し続けており、バイオ燃料と良い勝負です。
国連のデータによれば、世界は耕地を年に1,200万ヘクタールずつ都市化と土地の悪化により失いつつあるそうです(英国の総面積は1,700万ヘクタール)が、人口は年に7,300万人ずつ増加しています。

For two centuries, commodity prices fell ever lower in real terms with the nadir of each cycle, in what is known as the Singer-Prebisch process. The terms of trade seemed forever rigged agaisnt the primary producers.

2世紀に亘って商品価格はサイクルの底毎に実質的に下落してきました(シンガー・プレビッシュ命題)。
取り引きの条件は永遠に一次産品の生産者にとって不利になっているようです。

There is a some evidence that this is finally going into reverse as scarcity takes its revenge. If so, we may find that the supercycle is still in rude good health next year as China cranks up construction again, and America turns the corner.

この仕組みが、不足が復讐に出て、遂に逆転しつつあるという証拠が見られます。
だとすれば、中国が再び建設を強化し米国が不況を脱する来年、僕らはスーパーサイクルがまだ健在であることを知ることになるかもしれません。

And never, ever ignore the global money supply. The key gauge - real six-month M1 - touched bottom at 1.5pc in May. It jumped to 3.7pc in September and seems on the same track for October. The world's kindling wood is crackling again. Can commodities really stay cold?

そして絶対にグローバル・マネー・サプライを無視してはいけません。
この主要指標は5月に1.5%で底入れしました。
9月には3.7%に上昇し、10月もこの路線で進むようです。
世界で燻る熾火がまた炎を上げつつあります。
商品相場は本当に冷え切ったままでいられるのでしょうか?




コメント

スペイン経済再び後退で、同国危機戦略に批判集まる

2013-01-30 11:26:57 | Telegraph (UK)
Spain's crisis strategy under fire as economy buckles again
(スペイン経済再び後退で、同国危機戦略に批判集まる)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 7:39PM GMT 29 Jan 2013
Spain's economy has tipped into an accelerating downturn as sales data and the money supply flash serious warnings, calling into question Madrid's high-risk strategy of refusing an EU-IMF rescue.

スペイン経済が、小売売上とマネーサプライが重大な警鐘を鳴らす中で、加速度的に悪化しており、スペイン政府のEU・IMFトロイカの支援を拒絶するというハイリスク戦略が疑問視されています。


The country's retail sales plunged 10.7pc in December from a year earlier as austerity bites deeper, one of the worst months since the crisis began.

2012年12月のスペインの小売売上は、緊縮財政が本格化して、前年比-10.7%となり、今回の危機が始まって以来最悪の一ヶ月の一つとなりました。

The Spanish car lobby (Anfac) said the country's output of vehicles has fallen below 2m for the first time since 1993, crashing 17pc last year. The industry has shrunk by a third since the boom.

スペインの自動車業界団体(ANFAC)によれば、昨年の自動車生産台数は17%も激減し、1993年以来初めて200万台を切ったそうです。
自動車業界はピーク時に比べて規模が3分の1縮小しました。

Ominously, car exports plunged even faster at 18pc, dimming hopes that foreign trade can lift the economy out of slump as internal demand shrinks. While Spanish exports have been a bright spot over the past three years - keeping pace with German exports - the momentum has faltered due to lack of investment.

気味の悪いことに、自動車輸出はそれを上回る勢い(18%)で減少し、内需が減る中でも国際貿易で景気回復は可能だという希望を潰えさせています。
これまでの3年間、スペインの輸出は明るい材料でした(ドイツと肩を並べるペースを保っていました)が、その勢いは投資不足のせいで衰えてしまいました。

Citigroup said it now expects Spain's economy to contract by 2.2pc this year and another 2pc in 2014, pushing unemployment to 28pc.

シティグループによれば、今やスペイン経済の成長見通しは今年は-2.2%、来年も-2%であり、失業率も28%まで上昇するだろうとのことです。

The effects of the slump will overpower any gains from fiscal austerity. The bank said public debt will surge from 88pc to 110pc of GDP in just two years.

不況の影響は、緊縮財政で得たものを全て圧倒するでしょう。
シティグループは、公的債務は僅か2年間でGDPの88%から110%に増加するだろうとしています。

Professor Luis Garicano from the London School of Economics said the recovery of EMU sovereign debt markets has not fed through to the real economy, leaving Spanish firms starved of credit and investment. "Credit constraints are forcing Spanish companies to eat up their future," he said.

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのルイ・ガリカーノ教授は、ユーロの国債相場の回復はまだ実体経済までフィードされておらず、スペイン企業は信用と投資の不足に苦しみ続けていると言います。
「信用不足がスペイン経済に未来を食い潰させている」そうです。

The loan crunch has put Spanish firms at a "severe competitive disadvantage" with rivals in the EMU-core, further widening the North-South gap. German firms such as Volkswagen are conquering market share across southern Europe by offering cheap credit for sales.

信用不足でスペイン企業はEUコア国の競合他社に対して「深刻な競争力不足」に陥っており、これが南北欧州格差を一層拡大しています。
フォルクスワーゲンなどのドイツ企業は、顧客に低金利ローンを提供して、南部欧州一体でマーケットシェアを拡大しつつあります。

There has been little relief for Spanish firms since the European Central Bank agreed to back-stop Spanish debt in the summer. Private loans contracted by a further €30bn in December alone, even after stripping out distortions.

ECBが夏にスペイン国債の保証をすることに合意して以降、スペイン企業に対する救済は殆どありません。
民間融資も、歪みを排除した後ですら、2012年12月だけで300億ユーロも減少しました。

Prof Garicano said Brussels has made matters worse by forcing the pace of bank deleveraging under the terms of Spain's bank rescue. "It is too fast. There is a gigantic financial multiplier at work," he said.

ガリカーノ教授によれば、欧州委員会はスペインの銀行救済の条件として、銀行のデレバレッジのペースを強制的に加速させることで、事態を一層悪化させたのだそうです。
「速過ぎる。強大な金融乗数が働いている」と教授は言いました。

Premier Mariano Rajoy has so far resisted a full rescue from the EU bail-out fund (ESM), fearing a political backlash and loss of sovereignty. Yet the ECB cannot purchase Spanish debt until Madrid pulls the trigger and signs a "memorandum".

マリアーノ・ラホイ西首相はこれまでのところ、政治的反発と主権の喪失を懸念して、欧州安定メカニズムの全面的支援に抵抗しています
しかしECBはスペイン政府が引き金を引いて「覚書」に署名するまで、スペイン国債を購入することは出来ないのです。

Mr Rajoy's team believe the 250 basis point drop in yields on Spanish bonds since July is enough to restore confidence and drive growth, but economists say this falls far short of actual purchases of debt.

ラホイ首相のチームは、スペイン国債の利回りが7月以降250BP下落したことで、信頼回復と成長推進には十分だと考えていますが、エコノミストはこの下落は国債購入そのものにはとても至らないとしています。

Julian Callow from Barclays said the ECB's Mario Draghi is "itching" to buy Club Med bonds, seeing this as a way of targeting monetary stimulus on the countries in trouble - without an causing inflationary spillover in Germany - but he is paralysed until Madrid relents.

マリオ・ドラギ総裁は地中海クラブの国債購入を「したくて仕方がない」、これこそが財政難にある国で(ドイツにインフレ影響を及ぼすことなく)金融刺激を狙う方法だと考えているものの、スペイン政府が折れるまで何も出来ないのだと、バークレイズのジュリアン・キャロウ氏は言います。

The current calm may be misleading. Spanish yields have fallen largely because local banks have gorged on Spanish bonds, now deemed safe. This has diverted lending from firms and further entwined the banking system with the sovereign state. This defeats the purpose of EU strategy, which is to break the "vicious circle".

現在の落ち着きは誤解を招くものかもしれません。
スペイン国債の利回りが下落した主な理由は、国内の銀行が今や安全と考えてこれを大量購入したからです。
これにより、企業に対する融資資金が国債購入に回されて、銀行システムと政府との絡み合いを一層強くしました。
これでは「悪循環」を断つというEU戦略の目的は達成出来ません。

Monetarists say Spain's money supply is buckling again after a brief respite in the early autumn, giving an early warning alert of further trouble this year. A key gauge - real six-month M1 - fell 4.5pc in December, while broad M3 has also begun to roll over.

マネタリストは、スペインのマネーサプライは初秋に短期的に落ち着いた後で再び減少しつつあり、今年は更なるトラブルが起こるだろうという早期警報を出していると言います。
2012年12月、6ヶ月もの実質M1という主要指標は4.5%下落しましたが、より広義なM3もロールオーバーし始めています。

"The ECB must be given the pretext to buy the bonds," said Tim Congdon from International Monetary Research.

「ECBは国債購入の条件を出さなければならない」とインターナショナル・マネタリー・リサーチのティム・コングドン氏は言います。

"The critical issue is to raise the quantity of money in Spain. In order to do that the ECB must actually buy things and not just lower rates. They don't seem to understand this in Madrid. It makes you want to cry," he said.

「重要な問題は、スペインのマネーの量を増やすことだ。そうするために、ECBは実際に何か買わなければならないし、低金利のものだけではいけない。スペイン政府はこれを理解していないようだ。泣きたくなるよ」と同氏は言いました。

Mr Rajoy on Tuesday unveiled a plan of "micro-policies" to revive growth, but the overall setting of fiscal policy is yet further tightening to meet EU deficit targets.

ラホイ首相は火曜日、経済成長復活のための「ミクロ政策」計画を発表しましたが、財政政策の相対的設定はEUの財政赤字削減目標達成を目指した追加引き締め策を行うというものです。

Olli Rehn, the EU economics commissioner, said Brussels is drawing up plans for a "convergence instrument" to help steer investment to crisis countries as a reward for good conduct. But the scheme will not be ready for up to 18 months and is unlikely to be large enough to turn the tide.

オッリ・レーン経済・通貨担当委員は、欧州委員会は善行のご褒美に、財政難の国に投資を差し向ける手助けをするための「コンバージェンス商品」の企画を練っていると言いました。
しかしこの計画の実現にはあと最長であと18ヶ月間かかり、情勢を変えるほどの規模もなさそうです。

Mr Rehn signalled that Madrid may be given more time to cut its deficit. "If there has been a serious deterioration in the economy, we can propose an extension of a country's adjustment path… That's what we did last year in the case of Spain," he said.

レーン委員は、スペイン政府は財政赤字削減についてもっと時間の猶予を与えられえるかもしれない、と示唆しました。
「経済の深刻な悪化があった場合は、同国の調整機関の延長を提案することも可能だ。昨年はスペインでこれを行った」と同委員は言いました。

The Spanish authorities and the Commission are betting that Spain's policy of "internal devaluation" and wage cuts within EMU will slash unit labour costs enough to claw back competitiveness, but this is a risky strategy that may overlook the lasting damage to the productive economy - a concept known as "hysteresis".

スペイン政府と欧州委員会は、ユーロ圏内での「域内デバリュエーション」と賃金引き下げというスペインの政策は、競争力を取り戻せるほどに単位労働コストを引き下げることを期待していますが、これは生産的経済に対する長期的ダメージ(「ヒステリシス」)を見落としている可能性があるため、高リスクな戦略です。

The US Conference Board said in a report on Tuesday that overkill could backfire in the end. "There is a danger that a drastic lowering of labour costs for an extended period of time could trigger an economic downward spiral," it said.

米国産業審議会は火曜日に公表したレポートの中で、やり過ぎはいずれバックファイアするとしました。
「長期に亘る労働コストの大幅引き下げは経済的下方スパイラルを引き起こしかねない危険がある」とのことです。




コメント